『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

PERM=閲覧 東北大学

登録情報の数

有効な情報: 12件 + 無効な情報: 7件 = 全ての情報: 19件

全ての有効な情報 (12件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(4)
閲覧 閲覧 岡山大学 …(1)
閲覧 閲覧 首都大学東京 …(1)
閲覧 閲覧 東北大学 …(12)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(4)
閲覧 閲覧 日本結晶学会 …(1)
閲覧 閲覧 日本結晶成長学会 …(1)
閲覧 閲覧 日本物理学会 …(1)
閲覧 閲覧 独立行政法人 物質·材料研究機構 …(1)
閲覧 閲覧 山形大学 …(1)
閲覧 閲覧 立命館大学 …(1)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 Yasuo Oyama and Norio Akaike : Molluscan Neurobiology, --- GABA affects the glutamate Cl- response in physically-isolated and internally-perfused Aplysia neurons ---, North-Holland, Amsterdam, Jan. 1984..[組織] ...
閲覧 Yasuo Oyama, Yoshimi Ikemoto, Karel Kits and Norio Akaike : GABA affects the glutamate receptor-chloride channel complex in mechanically-isolated and internally-perfused Aplysia neurons, European Journal of Pharmacology, Vol.185, No.1, 43-52, 1990..[組織] ...
閲覧 Yasuo Oyama and Norio Akaike : Triphenyltin: a potent excitatory neurotoxicant. Its reciprocal effects on voltage-dependent Na+ and K+ currents of mammalian brain neuronss, Neuroscience Letters, Vol.119, (号), 261-264, 1990..[組織] ...
閲覧 Toshio Takayanagi, T. Kudoh and T. Yotsuyanagi : 5,7-Dimethyl-8-Quinolinol as a Specific Non-Extracting Reagent for Lanthanide Ions at Usual pH Region, Chemistry Letters, Vol.1994, No.4, 687-690, 1994..[組織] ...
閲覧 Toshio Takayanagi and T. Yotsuyanagi : Ion-Associate Solvent Extraction and Separation of Lanthanides(III) with 2,3-Naphthalenediol and Benzyldimethyltetradecylammonium Chloride, Bulletin of the Chemical Society of Japan, Vol.67, No.7, 1835-1839, 1994..[組織] ...
閲覧 Kazuo Kurihara, Satoru Miyashita, Gen Sazaki, Toshitaka Nakada, Yoshihisa Suzuki and Hiroshi Komatsu : Interferometric study on the crystal growth of tetragonal lysozyme crystal, Journal of Crystal Growth, Vol.166, (号), 904-908, 1996..[組織] ...
閲覧 S. Motomizu and Toshio Takayanagi : Electrophoretic Mobility Study on Ion-Ion Interactions in an Aqueous Solution, Journal of Chromatography. A, Vol.853, No.1-2, 63-69, 1999..[組織] ...
閲覧 Toshio Takayanagi and Shoji Motomizu : Equilibrium Analysis of Reactions between Aromatic Anions and Nonionic Surfactant Micelles by Capillary Zone Electrophoresis, Journal of Chromatography. A, Vol.853, No.1-2, 55-61, 1999..[組織] ...
閲覧 Takao Hanawa, S Hiromoto, K Asami, Osamu Okuno and Kenzo Asaoka : Surface oxide films on titanium alloys regenerated in Hanks' solution, Materials Transactions, Vol.43, No.12, 3000-3003, 2002..[組織] ...
閲覧 I Takahashi, M Nishimura, K Onodera, JW Bae, H Mitani, Masako Okazaki, Y Sasano and H Mitani : Expression of MMP-8 and MMP-13 genes in the periodontal ligament during tooth movement in rats., Journal of Dental Research, Vol.82, No.8, 646-651, 2003..[組織] ...
閲覧 菅原 康代, 黒田 晋吾, 山田 和代, 山本 照子, 山城 隆 : 下顎枝垂直骨切り術を行った上顎両側側切歯矮小歯を伴う骨格性下顎前突症例, 中·四国矯正歯科学会雑誌, Vol.20, No.1, 71-76, 2008年..[組織] ...
閲覧 Ryosuke Tomita, Atsushi Mori, Masafumi Yamato, Hidemitsu Furukawa and Kohki Takahashi : Structural Anisotropy of Silica Hydrogels Prepared Under Mangetic Field, Eighteenth Annual International Conference on Composite/Nano Engineering, Anchorage, July 2010..[組織] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 0.74, Max(EID) = 360295, Max(EOID) = 965066.