『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

PERM=閲覧 松本 一真 ([徳島大学.口腔科学教育部.口腔科学専攻.口腔健康科学講座.口腔顎顔面矯正学])

登録情報の数

有効な情報: 28件 + 無効な情報: 1件 = 全ての情報: 29件

全ての有効な情報 (28件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(17)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(17)
閲覧 (未定義) …(6)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 松本 一真, 井澤 俊, 大浦 徳永 律子 律子, 日浅 雅博, 田中 栄二 : Oligodontiaを伴う著しい過蓋咬合に対する包括的治療例, 第52回中・四国矯正歯科学会学術大会, (巻), (号), (頁), 2009年7月..[著者] ...
閲覧 松本 一真, 井澤 俊, 田中 栄二 : RANKLシグナルを介した関節リウマチモデルマウスの骨・軟骨破壊機構の解析, 第22回日本顎関節学会総会・学術大会, Vol.21, No.supplement, 117, 2009年7月..[著者] ...
閲覧 松本 一真, 井澤 俊, 大浦 徳永 律子 律子, 林 良夫, 田中 栄二 : 関節リウマチにおけるRANKL/Fasシグナルを介した骨・軟骨破壊機構の解析, 第68回日本矯正歯科学会学術大会, (巻), (号), (頁), 2009年11月..[著者] ...
閲覧 Ritsuko Oura, Naozumi Ishimaru, Akiko Yamada, Rieko Arakaki, Takashi Izawa, Kazuma Matsumoto, Eiji Tanaka and Yoshio Hayashi : Immune Regulation by Macrophages through cross-talk between Fas and NF-B Signaling, 日本免疫学会総会・学術集会, Dec. 2009..[著者] ...
閲覧 Kazuma Matsumoto, Naozumi Ishimaru, Takashi Izawa, Rieko Arakaki, Ritsuko Oura, Eiji Tanaka and Yoshio Hayashi : Immunoregulatory effect via RANKL and Fas signaling of dendritic cells in immurine autoimmune arthritis models, 日本免疫学会総会・学術集会, Dec. 2009..[著者] ...
閲覧 松本 一真, 石丸 直澄, 新垣 理恵子, 山田 安希子, 大浦 徳永 律子 律子, 田中 栄二, 林 良夫 : マウス関節炎モデル樹状細胞のRANKL/FASシグナルを介した免疫抑制効果, 日本病理学会会誌, Vol.99, No.1, 220, 2010年4月..[著者] ...
閲覧 松本 一真, 石丸 直澄, 新垣 理恵子, 山田 安希子, 大浦 徳永 律子 律子, 田中 栄二, 林 良夫 : マウス関節炎モデル樹状細胞のRANKL/Fasシグナルを介した免疫抑制効果, 日本病理学会, Vol.99, No.1, 220, 2010年4月..[著者] ...
閲覧 川合 暢彦, 中村 彩花, 木内 奈央, 川上 恵実, 松本 一真, 高原 一菜, 泰江 章博, 藤原 慎視, 堀内 信也, 田中 栄二 : インダイレクトボンディング法を用いた顎顔面骨骨折時の顎間固定装置装着の試み, 第20回日本顎変形症学会総会 プログラム・抄録号, Vol.22, No.2, 195, 2010年6月..[著者] ...
閲覧 高原 一菜, 川合 暢彦, 中村 彩花, 川上 恵実, 松本 一真, 大浦 徳永 律子 律子, 石本 恭子, 藤原 慎視, 田中 栄二 : 徳島大学病院矯正歯科における矯正患者の動向, 第53回中・四国矯正歯科学会学術大会, (巻), (号), (頁), 2010年7月..[著者] ...
閲覧 松本 一真, 川合 暢彦, 井澤 俊, 藤原 慎視, 中村 彩花, 大浦 徳永 律子 律子, 高原 一菜, 日浅 雅博, 田中 栄二 : Oligodontiaを伴う著しい過蓋咬合に対する包括的治療例, 中·四国矯正歯科学会雑誌, Vol.22, No.1, 49-56, 2010年..[著者] ...
閲覧 Ritsuko Oura, Naozumi Ishimaru, Rieko Arakaki, Takashi Izawa, Akiko Yamada, Kazuma Matsumoto, Eiji Tanaka and Yoshio Hayashi : Rapid T cell death via interaction with CD11b+ macrophages in Fas-deficient host, international immunology, Vol.22, No.1, 116, (都市), Aug. 2010..[著者] ...
閲覧 Kazuma Matsumoto, Naozumi Ishimaru, Takashi Izawa, Rieko Arakaki, Ritsuko Oura, Eiji Tanaka and Yoshio Hayashi : Fas-independent apoptosis of T cells via DCs controls autoimmune arthritis, international immunology, Vol.22, No.1, 113, (都市), Aug. 2010..[著者] ...
閲覧 大浦 徳永 律子 律子, 石丸 直澄, 日浅 雅博, 松本 一真, 林 良夫, 田中 栄二 : Fasを介した末梢T細胞維持機構の破綻による関節リウマチ発症機序の解明, 第69回日本矯正歯科学会, (巻), (号), (頁), 2010年9月..[著者] ...
閲覧 Kazuma Matsumoto, Naozumi Ishimaru, Takashi Izawa, Yoshio Hayashi and Eiji Tanaka : Analysis of osteoclast activation in the pathogenesis of rheumatoid arthritis, 58th JADR, (巻), (号), (頁), Nov. 2010..[著者] ...
閲覧 Kazuma Matsumoto, Naozumi Ishimaru, Yoshio Hayashi and Eiji Tanaka : Analysis of osteoclast activation in the pathogenesis of rheumatoid arthritis, International Joint Symposium: The University of Tokushima, Universitas Gadjah Mada, Niigata University, (巻), (号), (頁), Denpasar, Bali, Dec. 2010..[著者] ...
閲覧 松本 一真, 石丸 直澄, 新垣 理恵子, 山田 安希子, 田中 栄二, 林 良夫 : 関節リウマチ病態における破骨細胞を介したT細胞活性化機構の解析, 第100回日本病理学会学術集会, Vol.100, No.1, 60, 2011年4月..[著者] ...
閲覧 松本 一真, 石丸 直澄, 井澤 俊, 大浦 徳永 律子 律子, 岩浅 亮彦, 林 良夫, 田中 栄二 : 関節リウマチ病態における破骨細胞を介したT細胞活性化機構の解析, 日本顎関節学会雑誌, Vol.23, (号), 102, 2011年7月..[著者] ...
閲覧 松本 一真, 石丸 直澄, 井澤 俊, 日浅 雅博, 田中 栄二, 林 良夫 : 関節リウマチモデルマウスにおける破骨細胞の機能解析, 日本骨代謝学会学術大会, 256, 2011年7月..[著者] ...
閲覧 高原 一菜, 川合 暢彦, 中村 彩花, 松本 一真, 天知 良太, 渡邉 佳一郎, 川上 恵実, 大浦 徳永 律子 律子, 石本 恭子, 藤原 慎視, 黒田 晋吾, 田中 栄二 : 徳島大学病院矯正歯科における患者の動向調査, 中·四国矯正歯科学会雑誌, Vol.23, No.1, 77-82, 2011年..[著者] ...
閲覧 Kazuma Matsumoto, Naozumi Ishimaru, Takashi Izawa, Masahiro Hiasa, Yoshio Hayashi and Eiji Tanaka : Hyperfunctions of osteoclasts in a rheumatoid arthritis model, ASBMR 2011 Annual Meeting, (巻), (号), (頁), San Diego, Sep. 2011..[著者] ...
閲覧 松本 一真, 石丸 直澄, 井澤 俊, 日浅 雅博, 大浦 徳永 律子 律子, 岩浅 亮彦, 林 良夫, 田中 栄二 : 関節リウマチモデルマウスにおける破骨細胞の機能亢進, 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集, 218, 2011年10月..[著者] ...
閲覧 松本 一真, 新垣 理恵子, 山田 安希子, 日浅 雅博, 大浦 徳永 律子 律子, 岩浅 亮彦, 田中 栄二, 林 良夫, 石丸 直澄 : Hyperfunctions of osteoclasts in pathogenesis of rheumatoid arthritis in MRL/lpr mice., 第40回日本免疫学会学術集会, 2011年11月..[著者] ...
閲覧 松本 一真, 川合 暢彦, 堀内 信也, 高原 一菜, 川上 恵実, 日浅 雅博, 黒田 晋吾, 田中 栄二 : 矯正治療により良好な咬合を獲得した軟骨無形成症患者の長期観察例, 第55回中・四国矯正歯科学会大会, 29, 2012年7月..[著者] ...
閲覧 堀内 信也, 天知 良太, 金 南希, 川上 恵実, 松本 一真, 松田 りえ, 日浅 雅博, 黒田 晋吾, 田中 栄二 : 継続的なフッ素供給がS-PRGフィラー含有矯正歯科用接着剤の歯質脱灰抑制効果に及ぼす影響, 第71回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集, 187, 2012年9月..[著者] ...
閲覧 Takashi Izawa, Tomoyuki Kondo, Mie Kurosawa, Ritsuko Oura, Kazuma Matsumoto, Eiji Tanaka, Akiko Yamada, Rieko Arakaki, Yasusei Kudo, Yoshio Hayashi and Naozumi Ishimaru : Fas-Independent T-Cell Apoptosis by Dendritic Cells Controls Autoimmune Arthritis in MRL/lpr Mice, PLoS ONE, Vol.7, No.12, e48798, 2012..[著者] ...
閲覧 黒田 優子, 岩田 光弘, 松本 一真, 篠原 丈裕, 玉村 長都, 田中 栄二 : 中等度歯周炎および咬合平面の傾斜を伴う成人上顎前突患者に対して包括的歯科治療を行った1症例., 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 第75回大会, (巻), (号), (頁), 2016年11月..[著者] ...
閲覧 (種別) : Hiroyo Mori, Kazuma Matsumoto, Nobuhiko Kawai, Takashi Izawa, Shinya Horiuchi and Eiji Tanaka : Long-term follow-up of a patient with achondroplasia treated with an orthodontic approach., American Journal of Orthodontics and Dentofacial Orthopedics (AJO-DO), Vol.151, No.4, 793-803, (発行所), (都市), April 2017..[著者] ...
閲覧 (種別) : 松本 一真, 石丸 直澄, 井澤 俊, 日浅 雅博, 田中 栄二, 林 良夫 : 関節リウマチモデルマウスにおける破骨細胞の機能解析, 日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集, (巻), (号), 256, (発行所), (都市), (年月日)..[著者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 2, LA = 0.75, Max(EID) = 363131, Max(EOID) = 972023.