『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

PERM=閲覧 寺澤 由佳

登録情報の数

有効な情報: 56件 + 無効な情報: 17件 = 全ての情報: 73件

全ての有効な情報 (56件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 (未定義) …(56)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 (種別) : Kazumi Kimura, Yasuyuki Iguchi, Kensaku Shibazaki, Yuka Terasawa, Junya Aoki and Noriko Matsumoto : The presence of a right-to-left shunt is associated with dramatic improvement after thrombolytic therapy in patients with acute ischemic stroke., Stroke, Vol.40, No.1, 303-305, (発行所), (都市), Oct. 2008..[著者] ...
閲覧 (種別) : Kazuto Kobayashi, Yasuyuki Iguchi, Kazumi Kimura, Yoko Okada, Yuka Terasawa, Noriko Matsumoto, Kenichirou Sakai, Jyunya Aoki and Kensaku Shibazaki : Contrast transcranial Doppler can diagnose large patent foramen ovale., Cerebrovascular Diseases, Vol.27, No.3, 230-234, (発行所), (都市), Jan. 2009..[著者] ...
閲覧 (種別) : Kensaku Shibazaki, Kazumi Kimura, Yoko Okada, Yasuyuki Iguchi, Yuka Terasawa and Junya Aoki : Heart failure may be associated with the onset of ischemic stroke with atrial fibrillation: a brain natriuretic peptide study., Journal of the Neurological Sciences, Vol.281, No.1-2, 55-57, (発行所), (都市), March 2009..[著者] ...
閲覧 (種別) : Yuka Terasawa, Kazumi Kimura, Yasuyuki Iguchi, Kensaku Shibazaki, Yoko Okada and Noriko Matsumoto : Predictors of aortic complicated lesions in stroke patients., Hypertension Research, Vol.32, No.6, 462-465, (発行所), (都市), May 2009..[著者] ...
閲覧 (種別) : Kensaku Shibazaki, Kazumi Kimura, Yoko Okada, Yasuyuki Iguchi, Jyunichi Uemura, Yuka Terasawa and Junya Aoki : Plasma brain natriuretic peptide as an independent predictor of in-hospital mortality after acute ischemic stroke., Internal Medicine, Vol.48, No.18, 1601-1606, (発行所), (都市), Sep. 2009..[著者] ...
閲覧 宮崎 由道, 高松 直子, 宮城 愛, 寺澤 由佳, 松井 尚子, 浅沼 光太郎, 和泉 唯信, 梶 龍兒 : 筋エコーにより筋炎の関与が判明した右房拡張症の一例, 神経超音波医学, Vol.23, (号), 106, 2010年4月..[著者] ...
閲覧 山本 伸昭, 寺澤 由佳, 藤田 浩司, 森垣 龍馬, 里見 淳一郎, 梶 龍兒, 永廣 信治 : 3T MRI T2強調画像におけるischemic vessel signsの検討, 第39回日本脳卒中の外科学会, 2010年4月..[著者] ...
閲覧 (種別) : Yuka Terasawa, Kazumi Kimura, Yasuyuki Iguchi, Kazuto Kobayashi, Junya Aoki, Kensaku Shibazaki and Ryuji Kaji : Could clinical diffusion-mismatch determined using DWI ASPECTS predict neurological improvement after thrombolysis before 3 h after acute stroke?, Journal of Neurology, Neurosurgery, and Psychiatry, Vol.81, No.8, 864-868, (発行所), (都市), June 2010..[著者] ...
閲覧 里見 淳一郎, 寺澤 由佳, 永廣 信治 : 頸動脈狭窄症の狭窄率測定における超音波検査所見と血管撮影所見の比較, 第29回日本脳神経超音波学会総会, 2010年7月..[著者] ...
閲覧 坂東 美佳, 山本 伸昭, 寺澤 由佳, 和泉 唯信, 梶 龍兒, 里見 淳一郎, 永廣 信治 : 進行性に増悪をきたし血管内治療を施行した右内頸動脈閉塞の1例, 四国医学雑誌, Vol.66, No.3-4, 101-106, 2010年..[著者] ...
閲覧 寺澤 由佳, 高松 直子, 佐藤 健太, 和泉 唯信, 梶 龍兒 : CIDPにおける頸部脊髄神経根内のHiS sign, 神経超音波医学, Vol.23, (号), 58, 2010年..[著者] ...
閲覧 高松 直子, 寺澤 由佳, 佐藤 健太, 和泉 唯信, 梶 龍兒 : ALSの超音波所見, 神経超音波医学, Vol.23, (号), 58, 2010年..[著者] ...
閲覧 森田 奈緒美, 大塚 秀樹, 原田 雅史, 里見 淳一郎, 永廣 信治, 寺澤 由佳, 梶 龍兒 : TIA症例に対するDWI所見の検討, 日本医学放射線学会学術集会抄録集, (巻), (号), S191, 2010年10月..[著者] ...
閲覧 高松 直子, 寺澤 由佳, 山本 伸昭, 佐藤 健太, 宮本 亮介, 宮城 愛, 島谷 佳光, 松井 尚子, 浅沼 光太郎, 和泉 唯信, 梶 龍兒 : 超音波所見が診断に有用であった筋サルコイドーシスの1例, 臨床神経生理学, Vol.38, No.5, 333, 2010年10月..[著者] ...
閲覧 島谷 佳光, 松井 尚子, 宮城 愛, 浅沼 光太郎, 藤田 浩司, 寺澤 由佳, 佐藤 健太, 和泉 唯信, 梶 龍兒 : Neuromyelitis opticaにおけるVEPの検討, 臨床神経生理学, Vol.38, No.5, 330, 2010年10月..[著者] ...
閲覧 宮城 愛, 寺澤 由佳, 松井 尚子, 山本 伸昭, 佐藤 健太, 浅沼 光太郎, 和泉 唯信, 梶 龍兒 : ステロイド投与が奏功した卵巣奇形腫を伴う抗グルタミン酸受容体抗体陽性脳炎の1例, 臨床神経学, Vol.50, No.7, 517, 2010年10月..[著者] ...
閲覧 山本 伸昭, 宮城 愛, 寺澤 由佳, 佐藤 健太, 浅沼 光太郎, 和泉 唯信, 梶 龍兒 : 下肢深部静脈血栓症から両心房内血栓,脳梗塞,肺塞栓を合併した1例, 臨床神経学, Vol.50, No.7, 516, 2010年10月..[著者] ...
閲覧 宇高 憲吾, 松井 尚子, 宮本 亮介, 寺澤 由佳, 佐藤 健太, 浅沼 光太郎, 和泉 唯信, 梶 龍兒, 藤井 志朗, 竹内 恭子, 安倍 正博, 原田 雅史 : 多発性骨髄腫の経過中に進行性多巣性白質脳症をきたした一例, 四国医学雑誌, Vol.66, No.5-6, 198, 2010年12月..[著者] ...
閲覧 宮﨑 由道, 宮城 愛, 山本 伸昭, 佐藤 健太, 寺澤 由佳, 松井 尚子, 浅沼 光太郎, 和泉 唯信, 梶 龍兒 : t-PA治療が奏功した超高齢発症脳梗塞の2例, 日本老年医学会雑誌, Vol.48, No.4, 418, 2011年(0月)..[著者] ...
閲覧 宮本 亮介, 山本 伸昭, 宮城 愛, 寺澤 由佳, 佐藤 健太, 松井 尚子, 浅沼 光太郎, 和泉 唯信, 梶 龍兒 : 遷延する膀胱直腸障害を主徴としたataxic sensory-autonomic neuropathyの一例, 臨床神経学, Vol.51, No.2, 157, 2011年2月..[著者] ...
閲覧 山本 伸昭, 酒井 和香, 宮本 亮介, 宮城 愛, 佐藤 健太, 寺澤 由佳, 松井 尚子, 浅沼 光太郎, 和泉 唯信, 梶 龍兒 : 高齢発症のNeuromyelitis optica(NMO)についての検討, 臨床神経学, Vol.51, No.2, 154, 2011年2月..[著者] ...
閲覧 宮﨑 由道, 高松 直子, 宮城 愛, 寺澤 由佳, 松井 尚子, 浅沼 光太郎, 和泉 唯信, 梶 龍兒 : 筋エコーにより筋炎の関与が判明した右房拡張症の一例, 神経超音波医学, Vol.24, No.1, 12-14, 2011年..[著者] ...
閲覧 兼松 康久, 里見 淳一郎, 寺澤 由佳, 山本 伸昭, 梶 龍兒, 永廣 信治 : 徳島大学病院Stroke Care Unit入院患者の最近の動向と予後, 第14回徳島脳卒中研究会, 2012年2月..[著者] ...
閲覧 寺澤 由佳, 山本 伸昭, 和泉 唯信, 梶 龍兒, 里見 淳一郎, 永廣 信治 : 当院におけるt-PA実施100例の検討, 第14回徳島脳卒中研究会, 徳島, 2012年2月..[著者] ...
閲覧 山本 伸昭, 酒井 和香, 寺澤 由佳, 兼松 康久, 里見 淳一郎, 永廣 信治 : Small vessel disease患者の進行予測, 第37回日本脳卒中学会総会, 2012年4月..[著者] ...
閲覧 酒井 和香, 松井 尚子, 寺澤 由佳, 藤田 浩司, 佐藤 健太, 鎌田 正紀, 和泉 唯信, 梶 龍兒 : 50歳以上発症重症筋無力症における臨床像 64歳迄vs65歳以上, 第53回日本神経学会学術大会, 2012年5月..[著者] ...
閲覧 里見 淳一郎, 兼松 康久, 寺澤 由佳, 梶 龍兒, 永廣 信治 : CAS周術期における頸動脈プラークの変化—超音波エコーによる追跡—, 第11回日本頸部脳血管治療学会, 2012年6月..[著者] ...
閲覧 梶 龍兒, 松井 尚子, 古川 貴大, 宮﨑 由道, 寺澤 由佳 : Fingolimodは重症筋無力症の治療となりうるか?, 免疫性神経疾患に関する調査研究班(平成24年度), 2013年1月..[著者] ...
閲覧 J Hotchi, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 佐田 政隆, 近藤 剛史, 福森 知治, 藤田 浩司, 寺澤 由佳, 井上 昌幸, H Sato : 原発性副甲状腺機能亢進症・高血圧・糖尿病・脂質異常症に合併した若年性多発性脳梗塞の一例, 第246回徳島医学会学術集会(平成24年度冬期), 2013年2月..[著者] ...
閲覧 永廣 信治, 里見 淳一郎, 影治 照喜, 寺澤 由佳, 原田 雅史 : 徳島大学病院における脳卒中救急システムの進化, 第38回日本脳卒中学会総会, 2013年3月..[著者] ...
閲覧 寺澤 由佳, 山本 伸昭, 和泉 唯信, 梶 龍兒, 里見 淳一郎, 兼松 康久, 永廣 信治 : CAS後ステント内プラークの頻度および予測因子-超音波エコーによる追跡-, 第38回日本脳卒中学会総会, 2013年3月..[著者] ...
閲覧 山本 伸昭, 酒井 和香, 寺澤 由佳, 兼松 康久, 里見 淳一郎, 永廣 信治 : Small vessel disease患者の進行予測, 第38回日本脳卒中学会総会, 2013年3月..[著者] ...
閲覧 Naomi Morita, Masafumi Harada, Junichiro Satomi, Yuka Terasawa, Ryuji Kaji and Shinji Nagahiro : Frequency of emerging positive diffusion-weighted imaging in early repeat examinations at least 24 h after transient ischemic attacks, Neuroradiology, Vol.55, No.4, 399-403, 2013..[著者] ...
閲覧 山本 伸昭, 酒井 和香, 寺澤 由佳, 和泉 唯信, 梶 龍兒, 里見 淳一郎, 永廣 信治 : small vessel diseaseの進行予測, 第15回徳島脳血管障害カンファレンス, 2013年4月..[著者] ...
閲覧 松井 尚子, 古川 貴大, 宮﨑 由道, 寺澤 由佳, 和泉 唯信, 西田 善彦, 梶 龍兒 : Fingolimodは重症筋無力症の治療となりうるか?, 第54回日本神経学会学術大会, 2013年5月..[著者] ...
閲覧 山本 伸昭, 寺澤 由佳, 和泉 唯信, 梶 龍兒, 里見 淳一郎, 兼松 康久, 永廣 信治 : CAS後ステント内プラークの頻度および予測因子 -頸動脈エコーによる追跡-, 第32回日本脳神経超音波学会総会, 2013年6月..[著者] ...
閲覧 Yuka Terasawa, Yusuke Osaki, Toshitaka Kawarai, Tatsurou Sugimoto, Antonio Orlacchio, Takashi Abe, Yuishin Izumi and Ryuji Kaji : Increasing and persistent DWI changes in a patient with Hereditary Diffuse Leukoencephalopathy with Spheroids., Journal of the Neurological Sciences, 2013..[著者] ...
閲覧 Yuka Terasawa, Nobuaki Yamamoto, Ryoma Morigaki, Koji Fujita, Yuishin Izumi, Junichiro Satomi, Masafumi Harada, Shinji Nagahiro and Ryuji Kaji : Brush sign on 3-T t2*-weighted MRI as a potential predictor of hemorrhagic transformation after tissue plasminogen activator therapy, Stroke, Vol.45, No.1, 274-276, 2014..[著者] ...
閲覧 Nobuaki Yamamoto, Yuka Terasawa, Junichiro Satomi, Ryoma Morigaki, Koji Fujita, Yuishin Izumi, Shinji Nagahiro and Ryuji Kaji : Reversibility of ischemic findings on 3-tesla magnetic resonance T2(*)-weighted image after recanalization, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.61, No.1,2, 190-196, 2014..[著者] ...
閲覧 山本 伸昭, 寺澤 由佳, 藤田 浩司, 和泉 唯信, 梶 龍兒, 森垣 龍馬, 里見 淳一郎, 永廣 信治, 原田 雅史 : 主幹動脈閉塞に伴う虚血性脳卒中における3T-MR T2*-weighted image所見とその変化, 第16回徳島脳卒中研究会, 2014年2月..[著者] ...
閲覧 Hiroyuki Nodera, Naoko Takamatsu, Yoshimitsu Shimatani, Atsuko Mori, Kenta Sato, Masaya Oda, Yuka Terasawa, Yuishin Izumi and Ryuji Kaji : Thinning of cervical nerve roots and peripheral nerves in ALS as measured by sonography., Clinical Neurophysiology, Vol.125, No.9, 1906-1911, 2014..[著者] ...
閲覧 山本 伸昭, 寺澤 由佳, 藤田 浩司, 和泉 唯信, 梶 龍兒, 森垣 龍馬, 多田 恵曜, 里見 淳一郎, 永廣 信治 : 急性期虚血性脳卒中患者のT2*強調画像所見とその変化, 第39回日本脳卒中学会総会, 2014年3月..[著者] ...
閲覧 山本 伸昭, 里見 淳一郎, 寺澤 由佳, 曽我部 周, 中島 公平, 佐藤 泰仁, 坂東 一彦, 阿川 昌仁, 浅野 登, 本藤 秀樹, 和泉 唯信, 梶 龍兒, 永廣 信治 : 脳梗塞発症後早期からの抗血小板薬使用が予後に及ぼす影響の検討, 2014年脳卒中学会総会, 2014年3月..[著者] ...
閲覧 山本 伸昭, 寺澤 由佳, 藤田 浩司, 和泉 唯信, 梶 龍兒, 森垣 龍馬, 多田 恵曜, 里見 淳一郎, 永廣 信治 : 急性期虚血性脳卒中患者のT2*強調画像所見とその変化, 2014年脳卒中学会総会, (巻), (号), (頁), 2014年3月..[著者] ...
閲覧 Nobuaki Yamamoto, Yuka Terasawa, Junichiro Satomi, Ryoma Morigaki, Koji Fujita, Masafumi Harada, Yuishin Izumi, Shinji Nagahiro and Ryuji Kaji : Reversibility of ischemic findings on 3-tesla magnetic resonance T2*-weighted image after recanalization, European Stroke Conference 2014, Nice, France, May 2014..[著者] ...
閲覧 影治 照喜, 永廣 信治, 里見 淳一郎, 寺澤 由佳, 原田 雅史 : 徳島大学病院における脳卒中救急システムの進化, 脳卒中, Vol.36, No.3, 223-229, 2014年..[著者] ...
閲覧 Nobuaki Yamamoto, Yuka Terasawa, Junichiro Satomi, Sakai Waka, Masafumi Harada, Yuishin Izumi, Shinji Nagahiro and Ryuji Kaji : Predictors of neurologic deterioration in patients with small-vessel occlusion and infarcts in the territory of perforating arteries, Journal of Stroke & Cerebrovascular Diseases, Vol.23, No.8, 2151-2155, 2014..[著者] ...
閲覧 大崎 裕亮, 藤田 浩司, 瓦井 俊孝, 寺澤 由佳, 乾 俊夫, 阿部 考志 : 年単位で持続する大脳白質の拡散強調画像高信号, 脳神経外科速報, Vol.24, No.9, 980-986, 2014年..[著者] ...
閲覧 山本 伸昭, 里見 淳一郎, 寺澤 由佳, 曽我部 周, 中島 公平, 佐藤 泰仁, 板東 一彦, 阿川 昌仁, 浅野 登, 本藤 秀樹, 和泉 唯信 : 脳梗塞発症後早期からの抗血小板薬使用が予後に及ぼす影響の検討, 脳卒中, Vol.36, No.6, 419-424, 2014年..[著者] ...
閲覧 山本 伸昭, 里見 淳一郎, 寺澤 由佳, 曽我部 周, 中島 公平, 佐藤 泰仁, 板東 一彦, 阿川 昌仁, 浅野 登, 本藤 秀樹, 和泉 唯信, 梶 龍兒, 永廣 信治 : 脳梗塞発症後早期からの抗血小板薬使用が予後に及ぼす影響の検討, 脳卒中, Vol.36, No.6, 419-424, 2014年..[著者] ...
閲覧 宮城 愛, 山本 伸昭, 藤田 浩司, 阿部 考志, 寺澤 由佳, 梶 龍兒 : 大脳半球に多発するT2*強調画像の点状低信号, (発行所), (都市), 2015年2月..[著者] ...
閲覧 山本 伸昭, 寺澤 由佳, 酒井 和香, 和泉 唯信, 梶 龍兒, 里見 淳一郎, 永廣 信治, 原田 雅史 : Small vessel occlusion患者の神経症状増悪の予測因子, 第40回日本脳卒中学会総会, 2015年3月..[著者] ...
閲覧 Hiroyuki Nodera, Naoko Takamatsu, Naoko Matsui, Atsuko Mori, Yuka Terasawa, Yoshimitsu Shimatani, Yusuke Osaki, Keiko Maruyama, Yuishin Izumi and Ryuji Kaji : Intramuscular dissociation of echogenicity in the triceps surae characterizes sporadic inclusion body myositis, European Journal of Neurology, Vol.23, No.3, 588-596, 2016..[著者] ...
閲覧 梶 龍兒, 野寺 裕之, 高松 直子, 松井 尚子, 森 敦子, 寺澤 由佳, 島谷 佳光, 大崎 裕亮, 丸山 恵子, 和泉 唯信 : 下腿三頭筋エコー輝度の解離により孤発性封入体筋炎と炎症性筋炎とを鑑別できる, 稀少難治性筋疾患に関する調査研究班「IBM分科会」(平成27年度), 49-50, 2016年2月..[著者] ...
閲覧 松井 尚子, 野寺 裕之, 高松 直子, 寺澤 由佳, 森 敦子, 島谷 佳光, 大崎 裕亮, 丸山 サラデイーニ 恵子, 和泉 唯信, 梶 龍兒 : 下腿三頭筋におけるエコー輝度の解離は封入体筋炎に特徴的である, 第57日本神経学会学術大会, 657, 2016年5月..[著者] ...
閲覧 Takashi Abe, Toshitaka Kawarai, Koji Fujita, Wataru Sako, Yuka Terasawa, Tsuyoshi Matsuda, Waka Sakai, Ai Tsukamoto-Miyashiro, Naoko Matsui, Yuishin Izumi, Ryuji Kaji and Masafumi Harada : MR Spectroscopy in Patients with Hereditary Diffuse Leukoencephalopathy with Spheroids and Asymptomatic Carriers of Colony-stimulating Factor 1 Receptor Mutation., Magnetic Resonance in Medical Sciences, Vol.16, No.4, 297-303, 2016..[著者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 1, LA = 1.49, Max(EID) = 372553, Max(EOID) = 996420.