『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

PERM=閲覧 徳島大学.大学院ヘルスバイオサイエンス研究部.保健科学部門.医用検査学講座.微生物・遺伝子解析学 (2008年4月1日〜2015年3月31日)

登録情報の数

有効な情報: 20件 + 無効な情報: 2件 = 全ての情報: 22件

全ての有効な情報 (20件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(1)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(1)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 相川 文子, 鹿山 鎭男, 村上 圭史, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌の抗菌薬抵抗性におけるtcp遺伝子の役割, 四国歯学会第35回例会, 2009年6月..[組織] ...
閲覧 Shizuo Kayama, Keiji Murakami, Tsuneko Ono, Makiko Ushimaru, Akitake Yamamoto, Katsuhiko Hirota and Yoichiro Miyake : The role of rpoS gene and quorum-sensing system in ofloxacin tolerance in Pseudomonas aeruginosa, FEMS Microbiology Letters, Vol.298, No.2, 184-192, 2009..[組織] ...
閲覧 鹿山 鎭男, 小野 恒子, 谷口 友伯, 三宅 洋一郎 : 付着緑膿菌における抗菌薬抵抗性とcyclic-di-GMPの関与について, Bacterial Adherence & Biofilm第23回学術集会, 2009年7月..[組織] ...
閲覧 谷口 友伯, 鹿山 鎭男, 山本 明毅, 小野 恒子, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎, 長宗 秀明 : 緑膿菌のcyclic-di-GMPと表現型変化の関与について, 第62回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2009年10月..[組織] ...
閲覧 山本 明毅, 小野 恒子, 鹿山 鎭男, 谷口 友伯, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌シグマ因子が抗菌薬抵抗性に及ぼす影響, 第57回日本化学療法学会西日本支部総会, 2009年11月..[組織] ...
閲覧 福田 幸恵, 高谷 亜加里, 小野 恒子, 松浦 千惠子, 鹿山 鎭男, 村上 圭史, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎, 山本 明毅, 谷口 友伯 : 緑膿菌におけるσ因子関連遺伝子と抗菌薬抵抗性に関する研究, 第33回徳島県医学検査学会, 2009年12月..[組織] ...
閲覧 高谷 亜加里, 福田 幸恵, 小野 恒子, 松浦 千惠子, 鹿山 鎭男, 村上 圭史, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎, 山本 明毅, 谷口 友伯 : 緑膿菌臨床分離株におけるwsp関連遺伝子と抗菌薬抵抗性に関する研究, 第33回徳島県医学検査学会, 2009年12月..[組織] ...
閲覧 鹿山 鎭男, 村上 圭史, 小野 恒子, 山本 明毅, 谷口 友伯, 弘田 克彦, 長宗 秀明, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌QS Las-systemとシグマ因子が抗菌薬抵抗性に及ぼす影響について, 第83回日本細菌学会総会, 2010年3月..[組織] ...
閲覧 Keiji Murakami, Darija Viducic, Katsuhiko Hirota, Tsuneko Ono and Yoichiro Miyake : The involvement of psl genes and the second messenger c-di-GMP in antibiotic tolerance of adherent Pseudomonas aeruginosa, EUROBIOFILMS 2011 -Second European Congress on Microbial Biofilms-Basic and Dlinical Aspedts-, Copenhagen, July 2011..[組織] ...
閲覧 村上 圭史, 小野 恒子, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎 : クラリスロマイシン添加による緑膿菌への影響, 第60回日本化学療法学会学術集会, 2012年4月..[組織] ...
閲覧 村上 圭史, 小野 恒子, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎 : 付着及びバイオフィルム形成緑膿菌の抗菌薬抵抗性関連遺伝子の探索, 第26回Bacterial Adherence & Biofilm学術集会, 2012年7月..[組織] ...
閲覧 曽宮 葉子, 西田 みなみ, 村上 圭史, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌の抗菌薬抵抗性に及ぼすpsl遺伝子とc-di-GMPの関与について, 第65回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2012年10月..[組織] ...
閲覧 西田 みなみ, 曽宮 葉子, 小野 恒子, 村上 圭史, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎 : クラリスロマイシンによる緑膿菌RSCVsの誘導について, 第65回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2012年10月..[組織] ...
閲覧 村上 圭史, 小野 恒子, 髙丸 菜都美, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌における付着及びバイオフィルム形成菌の抗菌薬抵抗性遺伝子のスクリーニング, 第60回日本化学療法学会西日本支部総会, 2012年11月..[組織] ...
閲覧 星野 佑太, 白水 裕也, 西田 みなみ, 曽宮 葉子, 松浦 千惠子, 小野 恒子, 村上 圭史, 三宅 洋一郎, 櫻井 明子, 佐藤 雅美, 岡本 貴子, 香川 葉子, 畑 美智子 : 緑膿菌臨床分離株における抗菌薬抵抗性と病原因子について, 第36回徳島県医学検査学会, 2012年12月..[組織] ...
閲覧 白水 裕也, 星野 佑太, 西田 みなみ, 曽宮 葉子, 松浦 千惠子, 小野 恒子, 村上 圭史, 三宅 洋一郎, 櫻井 明子, 佐藤 雅美, 岡本 貴子, 香川 葉子, 畑 美智子 : 緑膿菌臨床分離株における抗菌薬耐性のメカニズム, 第36回徳島県医学検査学会, 2012年12月..[組織] ...
閲覧 Keiji Murakami, Tsuneko Ono, Katsuhiko Hirota and Yoichiro Miyake : Effects of theaddition of Clarithromycin on Pseudomonas aeruginosa biofilm formation, 第86回日本細菌学会総会, March 2013..[組織] ...
閲覧 Nur Asikin, Katsuhiko Hirota, Hiromichi Yumoto, Kouji Hirao, Kanako Takahashi, Keiji Murakami and Yoichiro Miyake : The role of extracellular DNA in Pseudomonas aeruginosa and Streptococcus intermedius infection, 第86回日本細菌学会総会, March 2013..[組織] ...
閲覧 村上 圭史, 小野 恒子, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎 : 付着及びバイオフィルム形成緑膿菌の抗菌薬抵抗性関連遺伝子の探索, Bacterial Adherence & Biofilm, Vol.26, 237-238, 2013年..[組織] ...
閲覧 Keiji Murakami, Momoyo Azuma, Katsuhiko Hirota, Tsuneko Ono, Nishida Yasuhiko and Yoichiro Miyake : The correlation between antibiotic tolerance and virulence of Pseudomonas aeruginosa clinical isolates, 28th International Congress of Chemoteherap and Infection, Yokohama, June 2013..[組織] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 2, LA = 0.44, Max(EID) = 393868, Max(EOID) = 1066746.