『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

PERM=閲覧 徳島大学.大学院ヘルスバイオサイエンス研究部.再生修復医歯学部門.顎口腔再建医学講座.生体材料工学 (2004年4月1日〜2015年3月31日)

登録情報の数

有効な情報: 45件 + 無効な情報: 1件 = 全ての情報: 46件

全ての有効な情報 (45件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(18)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(18)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 堀内 信也, 日浅 雅博, 川上 恵実, 藤原 慎視, 淺岡 憲三, 田中 栄二 : 水硬性リン酸亜鉛セメントのアパタイト置換を応用した新しいバイオマテリアルの開発, 第67回日本矯正歯科学会学術大会, (巻), (号), (頁), 2008年9月..[組織] ...
閲覧 Shinya Horiuchi, Kenzo Asaoka, Takashi Izawa, Shinji Fujihara, Nao Kinouchi, Shingo Kuroda and Eiji Tanaka : Development of novel bioceramic by modification of zinc phosphate cement, 87th IADR, (巻), (号), (頁), Miami, April 2009..[組織] ...
閲覧 Shinya Horiuchi, Kenzo Asaoka and Eiji Tanaka : Development of a novel cement by conversion of hopeite in set zinc phosphate cement into biocompatible apatite, Bio-Medical Materials and Engineering, Vol.19, No.2, 121-131, 2009..[組織] ...
閲覧 Shinya Horiuchi, Kazuyuki Kaneko, H Mori, Emi Kawakami, T Tsukahara, K Yamamoto, Kenichi Hamada, Kenzo Asaoka and Eiji Tanaka : Enamel bonding of self-etching and phosphoric acid-etching orthodontic adhesives in simulated clinical conditions: Debonding force and enamel surface, Dental Materials Journal, Vol.28, No.4, 419-425, 2009..[組織] ...
閲覧 浜田 賢一, 武川 恵美, 誉田 栄一, 淺岡 憲三 : 生体用非磁性AuPtX合金の機械的特性, 日本金属学会2009年秋季大会, 2009年9月..[組織] ...
閲覧 堀内 信也, 日浅 雅博, 森 博子, 浜田 賢一, 淺岡 憲三, 田中 栄二 : ボンディング前処理剤がセルフエッチングプライマーを用いるダイレクトボンディングに与える影響について, 第68回日本矯正歯科学会学術大会, (巻), (号), (頁), 2009年11月..[組織] ...
閲覧 Masahiro Hiasa, Masahiro Abe, Ayako Nakano, Asuka Oda, Hiroe Amou, Shinsuke Kido, Kyoko Takeuchi, Kumiko Kagawa, Kenichiro Yata, Toshihiro Hashimoto, Shuji Ozaki, Kenzo Asaoka, Eiji Tanaka, Keiji Moriyama and Toshio Matsumoto : GM-CSF and IL-4 induce dendritic cell differentiation and disrupt osteoclastogenesis through M-CSF receptor shedding by up-regulation of TNF-{alpha} converting enzyme (TACE), Blood, Vol.114, No.20, 4517-4526, 2009..[組織] ...
閲覧 Seitaro Saku, Hirotomo Kotake, RJ Vilchis Scougall, Shizue Ohashi, Masato Hotta, Shinya Horiuchi, Kenichi Hamada, Kenzo Asaoka, Eiji Tanaka and Kohji Yamamoto : Antibacterial activity of composite resin with glass-ionomer filler particles, Dental Materials Journal, Vol.29, No.2, 193-198, 2010..[組織] ...
閲覧 Masahiro Hiasa, Masahiro Abe, Eiji Tanaka, Kenzo Asaoka and Toshio Matsumoto : Stroma inhibit DC differentiation through the suppression of M-CSFR shedding, 88th IADR, (巻), (号), (頁), Barcelona, July 2010..[組織] ...
閲覧 松本 一真, 川合 暢彦, 井澤 俊, 藤原 慎視, 中村 彩花, 大浦 徳永 律子 律子, 高原 一菜, 日浅 雅博, 田中 栄二 : Oligodontiaを伴う著しい過蓋咬合に対する包括的治療例, 中·四国矯正歯科学会雑誌, Vol.22, No.1, 49-56, 2010年..[組織] ...
閲覧 浜田 賢一, 武川 恵美, 誉田 栄一, 淺岡 憲三 : 生体用非磁性AuPtNb合金の体積磁化率, 日本金属学会2010年秋季大会, 2010年9月..[組織] ...
閲覧 大浦 徳永 律子 律子, 石丸 直澄, 日浅 雅博, 松本 一真, 林 良夫, 田中 栄二 : Fasを介した末梢T細胞維持機構の破綻による関節リウマチ発症機序の解明, 第69回日本矯正歯科学会, (巻), (号), (頁), 2010年9月..[組織] ...
閲覧 Shinya Horiuchi, Kenzo Asaoka, Shinji Fujihara, Akihiro Yasue and Eiji Tanaka : Development of zinc-releasing apatite cement modified by zinc calcium phosphoate, 89th IADR, (巻), (号), (頁), San Diego, March 2011..[組織] ...
閲覧 Kazumitsu Sekine, Kenichi Hamada, Emi Takegawa, Kikuji Yamashita, Fumiaki Kawano and Kenzo Asaoka : Bone conductivity and regeneration evaluation of Strontium-substituted apatite bone cement., 第50回日本生体医工学会大会, (巻), (号), (頁), April 2011..[組織] ...
閲覧 Kazumitsu Sekine, Yambe Tomoyuki, Shiraishi Yasuyuki, Sato Fumihiro, Matsuki Hidetoshi, Maeda Tsuyoshi and Kenzo Asaoka : Structural improvement and evaluation of peristaltic actuation artificial esophagus using shape memory alloy fiber., 第50回日本生体医工学会大会, (巻), (号), (頁), April 2011..[組織] ...
閲覧 関根 一光 : 金属粉末を用いた微細porous表面の作製によるオーダーメイド加工可能なbiolized血液接触表面の作製, 人工臓器, Vol.40, No.1, 42-43, 2011年..[組織] ...
閲覧 渡邉 佳一郎, 安倍 正博, 崔 衢, 川谷 誠, 日浅 雅博, 長田 裕之, 田中 栄二, 松本 俊夫 : A novel anti-resorptive agent, reveromycin A, ameliorates bone destruction and tumor growth in myeloma, 第2回骨バイオサイエンス研究会, (巻), (号), (頁), 2011年7月..[組織] ...
閲覧 Kazumitsu Sekine, Kenichi Hamada, Emi Takegawa, Kikuji Yamashita, Fumiaki Kawano and Kenzo Asaoka : In vitro and consistency evaluation of strontium apatite bone cement., 3rd International Symposium on Surface and Interface of Biomaterials, (巻), (号), (頁), Sapporo, July 2011..[組織] ...
閲覧 渡邉 佳一郎, 安倍 正博, 川谷 誠, 日浅 雅博, 中村 信元, 田中 栄二, 長田 裕之, 松本 俊夫 : リベロマイシンAによる酸性環境がもたらす骨髄腫薬剤耐性の克服と骨病変形成の抑制, 日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集, (巻), (号), 208, 2011年7月..[組織] ...
閲覧 日浅 雅博, 安倍 正博, 中野 綾子, 渡邉 佳一郎, 中村 信元, 田中 栄二, 淺岡 憲三, 松本 俊夫 : Pimキナーゼの阻害は骨芽細胞分化を促進し,骨髄腫骨病変の形成と腫瘍進展を抑制する, 日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集, 178, 2011年7月..[組織] ...
閲覧 Masahiro Hiasa, A Nakano, Keiichiro Watanabe, C Qu, T Harada, S Fujii, H Miki, S Nakamura, K Kagawa, K Takeuchi, Eiji Tanaka, Kenzo Asaoka, Shuji Ozaki, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe : Prevention of tumor growth and bone destruction in myeloma by Pim kinase inhibition, Bone Biology Forum, 19-21st Aug, 2011, Shizuoka., (巻), (号), Aug. 2011..[組織] ...
閲覧 Kazumitsu Sekine, Yambe Tomoyuki, Shiraishi Yasuyuki, Matsuki Hidetoshi, Sato Fumihiro, Maeda Tsuyoshi, Honma Dai and Kenzo Asaoka : Drinking Mechanism for the Development of the Artificial Esophagus, 38th Congress of the European Society for Artificial Organs and 4th Biennial Congress of the International Federation on Artificial Organs, (巻), (号), (頁), Porto, Oct. 2011..[組織] ...
閲覧 堀内 信也, 黒田 晋吾, 日浅 雅博, 天知 良太, 渡邉 佳一郎, 川上 恵実, 川合 暢彦, 田中 栄二 : S-PRGフィラー含有矯正歯科用接着剤の歯質脱灰抑制効果に関する検討, 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集, 312, 2011年10月..[組織] ...
閲覧 松本 一真, 石丸 直澄, 井澤 俊, 日浅 雅博, 大浦 徳永 律子 律子, 岩浅 亮彦, 林 良夫, 田中 栄二 : 関節リウマチモデルマウスにおける破骨細胞の機能亢進, 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集, 218, 2011年10月..[組織] ...
閲覧 浜田 賢一, 武川 恵美, 誉田 栄一, 淺岡 憲三 : 生体用非磁性 AuPtNb 合金を構成する 2 相の特性, 日本金属学会2011年秋季大会, 2011年11月..[組織] ...
閲覧 Keiichiro Watanabe, Masahiro Abe, Q Cui, Masahiro Hiasa, M Kawatani, T Harada, Shiroh Fujii, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, A Nakano, K Kagawa, K Takeuchi, H Osada, Eiji Tanaka and Toshio Matsumoto : Targeting an acidic microenvironment by reveromycin A to overcome drug resistance to myeloma cells and ameliorate bone disease., 第36回日本骨髄腫研究会総会, Nov. 2011..[組織] ...
閲覧 関根 一光, 山下 菊治, 河野 文昭, 淺岡 憲三 : ストロンチウム徐放性リン酸カルシウムセメントに関する検討, 第24回代用臓器・再生医学研究会シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2012年1月..[組織] ...
閲覧 天知 良太, 安倍 正博, 渡邉 佳一郎, 賀川 久美子, 藤井 志郎, 原田 武志, 三木 浩和, 中村 信元, 小田 明日香, 日浅 雅博, 田中 栄二, 松本 俊夫 : 酸環境は骨髄腫細胞のTRAILに対する抵抗性を増強する, 第3回骨バイオサイエンス研究会, (巻), (号), (頁), 2012年7月..[組織] ...
閲覧 天知 良太, 安倍 正博, 渡邉 佳一郎, 中村 信元, 日浅 雅博, 田中 栄二, 松本 俊夫 : 酸性環境は骨髄腫細胞にDR4 の発現抑制とcFLIP の活性化を惹起しTRAIL に対する抵抗性を獲得させる, 第30回日本骨代謝学会学術集会, 259, 2012年7月..[組織] ...
閲覧 渡邉 佳一郎, 安倍 正博, 天知 良太, 日浅 雅博, 中村 信元, 遠藤 逸郎, 森 裕史, 田中 栄二, 松本 俊夫 : カテプシンK 阻害剤KK1-300-01 は骨髄腫骨病変部の骨破壊を抑制し骨形成を惹起する, 第30回日本骨代謝学会学術大会, 217, 2012年7月..[組織] ...
閲覧 堀内 信也, 天知 良太, 金 南希, 川上 恵実, 松本 一真, 松田 りえ, 日浅 雅博, 黒田 晋吾, 田中 栄二 : 継続的なフッ素供給がS-PRGフィラー含有矯正歯科用接着剤の歯質脱灰抑制効果に及ぼす影響, 第71回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集, 187, 2012年9月..[組織] ...
閲覧 Keiichiro Watanabe, Masahiro Abe, Ryota Amachi, Masahiro Hiasa, T Harada, Shiroh Fujii, S Nakamura, H Miki, K Kagawa, I Endo, Eiji Tanaka and Toshio Matsumoto : Induction of bone formation in myeloma osteolytic lesions by cathepsin K inhibition, 14th International Myeloma Workshop, (巻), (号), (頁), April 2013..[組織] ...
閲覧 Ryota Amachi, Keiichiro Watanabe, Shiroh Fujii, T Harada, H Miki, S Nakamura, A Oda, Masahiro Hiasa, Eiji Tanaka, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe : An acdic milieu suppresses histone acetylation in myeloma cells to down-regulate the TRAIL receptor DR4 expression, 14th International Myeloma Workshop, (巻), (号), (頁), April 2013..[組織] ...
閲覧 Keiichiro Watanabe, Masahiro Abe, H Mori, Ryota Amachi, Masahiro Hiasa, T Harada, Shiroh Fujii, S Nakamura, H Miki, K Kagawa, I Endo, Eiji Tanaka and Toshio Matsumoto : Induction of cathepsin K induce bone formation in myeloma osteolytic lesions, International Bone and Mineral Society 2013, (巻), (号), (頁), May 2013..[組織] ...
閲覧 Ryota Amachi, Keiichiro Watanabe, Shiroh Fujii, T Harada, H Miki, S Nakamura, A Oda, Masahiro Hiasa, Eiji Tanaka, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe : An acdic milieu confers the resistance to TRAIL in myeloma cells through the PI3K-Akt-mediated epigenetic down-regulation of the TRAIL receptor DR4, International Bone and Mineral Society 2013, (巻), (号), (頁), May 2013..[組織] ...
閲覧 天知 良太, 渡邉 佳一郎, 日浅 雅博, 安倍 正博, 松本 俊夫, 田中 栄二 : 酸性環境が骨髄腫細胞の破骨細胞活性に及ぼす影響, 第72回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集, (巻), (号), (頁), 2013年10月..[組織] ...
閲覧 Shinya Horiuchi, Masahiro Hiasa, Akihiro Yasue, Kazumitsu Sekine, Kenichi Hamada, Kenzo Asaoka and Eiji Tanaka : Fabrications of zinc-releasing biocement combining zinc calcium phosphate to calcium phosphate cement., Journal of the Mechanical Behavior of Biomedical Materials, Vol.29C, (号), 151-160, 2014..[組織] ...
閲覧 浜田 賢一, 武川 恵美, 乾 志帆子, 誉田 栄一 : 生体用非磁性Au-Pd基合金の特性, 日本金属学会2014年春季大会, 2014年3月..[組織] ...
閲覧 浜田 賢一, 武川 恵美, 乾 志帆子, 誉田 栄一 : 生体医療用Au-X合金の磁化率, 日本金属学会2014年秋季大会, 2014年9月..[組織] ...
閲覧 浜田 賢一, 乾 志帆子, 武川 恵美, 誉田 栄一 : 生体医療用非磁性Au-Nb合金の時効析出物が磁化率に及ぼす影響, 日本金属学会2015年春季大会, 2015年3月..[組織] ...
閲覧 浜田 賢一, 乾 志帆子, 武川 恵美, 誉田 栄一 : 生体医療用Au-Nb-Ti合金の磁化率と硬さに及ぼす時効熱処理の影響, 日本金属学会2015年秋季大会, 2015年9月..[組織] ...
閲覧 浜田 賢一, 乾 志帆子, 武川 恵美, 誉田 栄一 : MRI適合生体医療用Au-Nb-Ti合金の開発, 第37回日本バイオマテリアル学会大会, 2015年11月..[組織] ...
閲覧 邉見 蓉子, 関根 一光, 神野 洋平, 神保 良, 内藤 禎人, 友竹 偉則, 浜田 賢一 : 高い変形能を示す多孔性チタン織物の骨伝導能, 日本金属学会2016年秋季大会, 2016年9月..[組織] ...
閲覧 邉見 蓉子, 関根 一光, 神野 洋平, 神保 良, 内藤 禎人, 友竹 偉則, 浜田 賢一 : 多孔性チタン編物の変形特性の異方性, 日本金属学会2017年春季大会, 2017年3月..[組織] ...
閲覧 浜田 賢一, 乾 志帆子, 武川 恵美, 誉田 栄一 : 生体医療用Au–Nb合金の時効熱処理条件が磁化率に及ぼす影響, 日本金属学会2017年春季大会, 2017年3月..[組織] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 1.09, Max(EID) = 382766, Max(EOID) = 1022356.