『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

PERM=閲覧 口腔分子病態学 (2004年4月1日〜2015年3月31日)

登録情報の数

有効な情報: 99件 + 無効な情報: 5件 = 全ての情報: 104件

全ての有効な情報 (99件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(16)
閲覧 閲覧 川崎医科大学 …(3)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(16)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 Nao Kinouchi, Yutaka Osawa, Naozumi Ishimaru, Yoshio Hayashi, Keiji Moriyama, Sumihare Noji and Eiji Tanaka : Atelocollagen-mediated lapplications of myostatin-targeting siRNA increase skeletal muscle mass, 86th IADR, Toronto, July 2008..[組織] ...
閲覧 Naozumi Ishimaru, Rieko Arakaki, Satoko Yoshida, Akiko Yamada, Sumihare Noji and Yoshio Hayashi : Expression of the retinoblastoma protein RbAp48 in exocrine glands leads to Sjögren's syndrome-like autoimmune exocrinopathy., The Journal of Experimental Medicine, Vol.205, No.12, 2915-2927, 2008..[組織] ...
閲覧 川上 恵実, 足立 太郎, 田中 栄二, 野地 澄晴 : ナノ粒子によるsiRNAの導入検討法, こころの健康科学研究事業(砂田班)リサーチミーティング, (巻), (号), (頁), 2009年6月..[組織] ...
閲覧 川上 恵実, 木内 奈央, 田中 栄二, 野地 澄晴 : 慢性筋委縮疾患制圧を目指したRNA干渉法を利用した咀嚼筋量制御法の開発研究, 先端歯学スクール2009, (巻), (号), (頁), 2009年8月..[組織] ...
閲覧 井澤 俊, 石丸 直澄, 田中 栄二, 林 良夫 : RANKLとFasシグナルクロストークによる樹状細胞の機能調節機構, 臨床免疫·アレルギー科, Vol.52, No.5, 471-477, 2009年11月..[組織] ...
閲覧 松本 一真, 井澤 俊, 大浦 徳永 律子 律子, 林 良夫, 田中 栄二 : 関節リウマチにおけるRANKL/Fasシグナルを介した骨・軟骨破壊機構の解析, 第68回日本矯正歯科学会学術大会, (巻), (号), (頁), 2009年11月..[組織] ...
閲覧 Ritsuko Oura, Naozumi Ishimaru, Akiko Yamada, Rieko Arakaki, Takashi Izawa, Kazuma Matsumoto, Eiji Tanaka and Yoshio Hayashi : Immune Regulation by Macrophages through cross-talk between Fas and NF-B Signaling, 日本免疫学会総会・学術集会, Dec. 2009..[組織] ...
閲覧 Kazuma Matsumoto, Naozumi Ishimaru, Takashi Izawa, Rieko Arakaki, Ritsuko Oura, Eiji Tanaka and Yoshio Hayashi : Immunoregulatory effect via RANKL and Fas signaling of dendritic cells in immurine autoimmune arthritis models, 日本免疫学会総会・学術集会, Dec. 2009..[組織] ...
閲覧 Akiko Yamada, Naozumi Ishimaru, Rieko Arakaki, Nobuhiko Katsunuma and Yoshio Hayashi : Cathepsin L inhivition prevents murine autoimmune diabetes via suppression of CD8+ T cell activity., PLoS ONE, Vol.5, No.9, e12894, 2010..[組織] ...
閲覧 Emi Kawakami, Nao Kinouchi, Yutaka Osawa, Naozumi Ishimaru, Hideyo Ohuchi, Yoshihide Sunada, Yoshio Hayashi, Eiji Tanaka and Sumihare Noji : Strategic study of atelocollagen-mediated application of mystatin-targeting siRNA for therapeutic use for muscular atrophy diseases, QOL International Congress, Niigata, Feb. 2010..[組織] ...
閲覧 Masahiro Hiasa, Masahiro Abe, I Endo, A Nakano, Shuji Ozaki, Eiji Tanaka, Kenzo Asaoka and Toshio Matsumoto : Myeloma-bone marrow stromal cell interaction enhances osteoclastogenesis and suppresses dendritic cell differentiation from monocytes, 14th International Congress of Endocrinology, Kyoto, March 2010..[組織] ...
閲覧 Rieko Arakaki, Naozumi Ishimaru and Yoshio Hayashi : Immunotherapeutic targets in estrogen deficiency-dependent Sjögren's syndrome-related manifestations, Immunotherapy, Vol.2, No.3, 339-346, May 2010..[組織] ...
閲覧 Emi Kawakami, Nao Kinouchi, Adachi Taro, Yutaka Ohsawa, Naozumi Ishimaru, Hideyo Ohuchi, Yoshihide Sunada, Yoshio Hayashi, Eiji Tanaka and Sumihare Noji : Special Processed Collagen-mediated Application of Myostatin-siRNA for Muscular Atrophy Diseases, 88th IADR, Barcelona, July 2010..[組織] ...
閲覧 Nao Kinouchi, Emi Kawakami, Yutaka Ohsawa, Naozumi Ishimaru, Hideyo Ohuchi, Yoshihide Sunada, Yoshio Hayashi, Eiji Tanaka and Sumihare Noji : Atelocollagen-mediated Systemic Administration of Myostatin siRNA Improves Muscular Dystrophy, 88th IADR, Barcelona, July 2010..[組織] ...
閲覧 Ritsuko Oura, Naozumi Ishimaru, Eiji Tanaka and Yoshio Hayashi : Rapid peripheral T cell death in Fas-deficient mice, 88th IADR, (巻), (号), (頁), Barcelona, July 2010..[組織] ...
閲覧 Naozumi Ishimaru, Akiko Yamada, Rieko Arakaki, Yousuke Takahama and Yoshio Hayashi : Critical signaling pathway via CCR7 of Foxp3+CD25+CD4+ regulatory T cells for the egress from lymph nodes., 第14回国際免疫学会, (巻), (号), (頁), Kobe, Aug. 2010..[組織] ...
閲覧 大浦 徳永 律子 律子, 石丸 直澄, 日浅 雅博, 松本 一真, 林 良夫, 田中 栄二 : Fasを介した末梢T細胞維持機構の破綻による関節リウマチ発症機序の解明, 第69回日本矯正歯科学会, (巻), (号), (頁), 2010年9月..[組織] ...
閲覧 Taro Adachi, Emi Kawakami, Naozumi Ishimaru, Takahiro Ochiya, Yoshio Hayashi, Hideyo Ohuchi, Masao Tanihara, Eiji Tanaka and Sumihare Noji : Delivery of small interfering RNA with a synthetic collagen poly(Pro-Hyp-Gly) for gene silencing in vitro and in vivo., Development Growth & Differentiation, Vol.52, No.8, 693-699, 2010..[組織] ...
閲覧 Kazuma Matsumoto, Naozumi Ishimaru, Takashi Izawa, Yoshio Hayashi and Eiji Tanaka : Analysis of osteoclast activation in the pathogenesis of rheumatoid arthritis, 58th JADR, (巻), (号), (頁), Nov. 2010..[組織] ...
閲覧 Kazuma Matsumoto, Naozumi Ishimaru, Yoshio Hayashi and Eiji Tanaka : Analysis of osteoclast activation in the pathogenesis of rheumatoid arthritis, International Joint Symposium: The University of Tokushima, Universitas Gadjah Mada, Niigata University, (巻), (号), (頁), Denpasar, Bali, Dec. 2010..[組織] ...
閲覧 Emi Kawakami, Nao Kinouchi, Taro Adachi, Yutaka Ohsawa, Naozumi Ishimaru, Hideyo Ohuchi, Yoshihide Sunada, Yoshio Hayashi, Eiji Tanaka and Sumihare Noji : Atelocollagen-mediated systemic administration of myostatin-targeting siRNA improves muscular atrophy in caveolin-3-deficient mice., Development Growth & Differentiation, Vol.53, No.1, 48-54, 2011..[組織] ...
閲覧 T Yamano, S Watanabe, H Hasegawa, T Suzuki, R Abe, H Tahara, T Nitta, Naozumi Ishimaru, J Sprent and H Kishimoto : Ex-vivo expanded DC induce donor-specific central and peripheral tolerance and prolong the acceptance of donor skin allografts., Blood, Vol.117, No.9, 2640-2648, 2011..[組織] ...
閲覧 石丸 直澄, 井澤 俊, 林 良夫 : RANKLとFasによる免疫応答の制御, 臨床免疫·アレルギー科, Vol.55, No.2., 142-147, 2011年4月..[組織] ...
閲覧 石丸 直澄, 山田 安希子, 新垣 理恵子, 林 良夫 : 自己免疫疾患の病態におけるメモリーCD8陽性T細胞の役割, 第100回日本病理学会学術集会, Vol.100, No.1, 59, 2011年4月..[組織] ...
閲覧 新垣 理恵子, 石丸 直澄, 山田 安希子, 林 良夫 : エストロゲン欠乏によって誘導されるシェーグレン症候群病態増強へのTh17細胞の関与, 第100回日本病理学会学術集会, Vol.100, No.1, 63, 2011年4月..[組織] ...
閲覧 松本 一真, 石丸 直澄, 新垣 理恵子, 山田 安希子, 田中 栄二, 林 良夫 : 関節リウマチ病態における破骨細胞を介したT細胞活性化機構の解析, 第100回日本病理学会学術集会, Vol.100, No.1, 60, 2011年4月..[組織] ...
閲覧 石丸 直澄 : 自己免疫疾患発症機序の解明∼疾患モデルから臨床応用に向けて∼, 第30回分子病理学研究会瀬戸内シンポジウム, 2011年4月..[組織] ...
閲覧 林 良夫, 新垣 理恵子, 石丸 直澄 : Sjogren症候群, 日本内科学会雑誌, Vol.100, No.5, 1262-1268, 2011年6月..[組織] ...
閲覧 松本 一真, 石丸 直澄, 井澤 俊, 大浦 徳永 律子 律子, 岩浅 亮彦, 林 良夫, 田中 栄二 : 関節リウマチ病態における破骨細胞を介したT細胞活性化機構の解析, 日本顎関節学会雑誌, Vol.23, (号), 102, 2011年7月..[組織] ...
閲覧 石丸 直澄 : 口腔乾燥症の病態機序と治療戦略, 第9回徳島大学研究者との集い, 2011年7月..[組織] ...
閲覧 松本 一真, 石丸 直澄, 井澤 俊, 日浅 雅博, 田中 栄二, 林 良夫 : 関節リウマチモデルマウスにおける破骨細胞の機能解析, 日本骨代謝学会学術大会, 256, 2011年7月..[組織] ...
閲覧 石丸 直澄 : 臓器特異的自己免疫疾患の病態解明に向けた多角的研究, 第53回歯科基礎医学会学術大会, 2011年10月..[組織] ...
閲覧 松本 一真, 石丸 直澄, 井澤 俊, 日浅 雅博, 大浦 徳永 律子 律子, 岩浅 亮彦, 林 良夫, 田中 栄二 : 関節リウマチモデルマウスにおける破骨細胞の機能亢進, 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集, 218, 2011年10月..[組織] ...
閲覧 石丸 直澄 : イメージング技術を用いた臓器特異的自己免疫疾患の病態解明, 第3回革新的特色研究シンポジウム, 2011年11月..[組織] ...
閲覧 石丸 直澄 : 口腔乾燥症の病態機序と治療戦略, 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部公開市民講座, 2011年11月..[組織] ...
閲覧 石丸 直澄 : 免疫学から見た病理学, 日本臨床衛生検査所中四国支部会, 2011年11月..[組織] ...
閲覧 石丸 直澄 : 口腔免疫疾患の分子メカニズムと治療戦略, 第59回NPO法人日本口腔科学会中国・四国地方部会, 2011年11月..[組織] ...
閲覧 石丸 直澄 : 口腔免疫疾患の分子メカニズムと治療戦略, 日本口腔科学会中四国支部会, 2011年11月..[組織] ...
閲覧 Nur Meinar Ashrin, Megumi Watanabe, Rieko Arakaki, Akiko Yamada, Tetsuo Ichikawa, Yoshio Hayashi and Naozumi Ishimaru : Analysis of Immune Responess to Metal using Murine Nickel Allergy Model., Proceedings of the Japanese Society for Immunology, Vol.40, 102, Nov. 2011..[組織] ...
閲覧 Rieko Arakaki, Akiko Yamada, Yoshio Hayashi and Naozumi Ishimaru : The role of Th17 cell on the development of Sjogren's syndrome in estrogen deficient NOD mice., Proceedings of the Japanese Society for Immunology, Vol.40, 128, Nov. 2011..[組織] ...
閲覧 Akihiko Iwasa, Rieko Arakaki, Akiko Yamada, Eiji Tanaka, Yoshio Hayashi and Naozumi Ishimaru : A critical role of aromatase in the pathogenesis of Sjogren's syndrome., Proceedings of the Japanese Society for Immunology, Vol.40, 127, Nov. 2011..[組織] ...
閲覧 Ritsuko Oura, Rieko Arakaki, Masahiro Hiasa, Akiko Yamada, Eiji Tanaka, Yoshio Hayashi and Naozumi Ishimaru : In vivo T cell apoptosis via interaction with CD11b+ macrophages in Fas-deficient host., Proceedings of the Japanese Society for Immunology, Vol.40, 111, Nov. 2011..[組織] ...
閲覧 松本 一真, 新垣 理恵子, 山田 安希子, 日浅 雅博, 大浦 徳永 律子 律子, 岩浅 亮彦, 田中 栄二, 林 良夫, 石丸 直澄 : Hyperfunctions of osteoclasts in pathogenesis of rheumatoid arthritis in MRL/lpr mice., 第40回日本免疫学会学術集会, 2011年11月..[組織] ...
閲覧 Naozumi Ishimaru, Akiko Yamada, Takeshi Nitta, Rieko Arakaki, Martin Lipp, Yousuke Takahama and Yoshio Hayashi : CCR7 with S1P1 signaling through AP-1 for migration of Foxp3+ regulatory T-cells controls autoimmune exocrinopathy., The American Journal of Pathology, Vol.180, No.1, 199-208, 2012..[組織] ...
閲覧 石丸 直澄 : 口腔乾燥症の病態機序と治療戦略, 第7回次世代医療システム産業化フォーラム, 2012年1月..[組織] ...
閲覧 石丸 直澄 : Analysis of Organ-Specific Autoimmune Disease, New Horizons in the Immune System Symposium, 2012年2月..[組織] ...
閲覧 石丸 直澄 : ライフサイエンスにおける口腔病理学の新展開, 四国歯学会教授就任講演, 2012年3月..[組織] ...
閲覧 新垣 理恵子, 山田 安希子, 林 良夫, 江口 洋, 三田村 さやか, 堀田 芙美香, 三田村 佳典, 石丸 直澄 : シェーグレン症候群モデルマウスを利用したレバミピド点眼投与による病態抑制機序の解明, 第101回日本病理学会, 2012年4月..[組織] ...
閲覧 工藤 保誠 : ユビキチン分解異常によってもたらされる細胞周期調節の異常と癌化との関連, 第101回日本病理学会, (巻), (号), (頁), 2012年4月..[組織] ...
閲覧 常松 貴明, 工藤 保誠, 高田 隆 : 細胞分裂期キナーゼAurora-AによるDNA複製調節機構, 第101回日本病理学会, 2012年4月..[組織] ...
閲覧 石丸 直澄, 山田 安希子, 新垣 理恵子, 林 良夫 : 自己免疫疾患におけるCCR7を介した制御性T細胞のパトローリング機能, 第101回日本病理学会, 2012年4月..[組織] ...
閲覧 大浦 徳永 律子 律子, 新垣 理恵子, 山田 安希子, 林 良夫, 石丸 直澄 : Fas分子を介したマクロファージによる末梢T細胞の維持機構, 第101回日本病理学会, 2012年4月..[組織] ...
閲覧 山田 安希子, 新垣 理恵子, 林 良夫, 石丸 直澄 : シェーグレン症候群における制御性T細胞の役割, 第101回日本病理学会, 2012年4月..[組織] ...
閲覧 Akiko Yamada, Naozumi Ishimaru, Rieko Arakaki and Yoshio Hayashi : Cathepsin L inhibition prevents murine autoimmune diabetes via suppression of CD8+T cell activity., 8th International Congress on Autoimmunity, Granada, May 2012..[組織] ...
閲覧 Ritsuko Oura, Akiko Yamada, Rieko Arakaki, Naozumi Ishimaru and Yoshio Hayashi : Pathological Analysis of Autoimmunity in NF-B1KO/LPR mice., 8th International Congress on Autoimmunity, (巻), (号), (頁), Granada, May 2012..[組織] ...
閲覧 Yasusei Kudo, Takaaki Tsunematsu and Takashi Takata : Aurora-A controls pre-replicative complex formation and DNA replication by promoting the stabilization of geminin and CDT1 in mitosis., The Cell Cycle, (都市), May 2012..[組織] ...
閲覧 Yasusei Kudo, Takaaki Tsunematsu and Takashi Takata : Aurora-A controls pre-replicative complex formation and DNA replication by promoting the stabilization of geminin and CDT1 in mitosis., The Cell Cycle, (巻), (号), (頁), New York, May 2012..[組織] ...
閲覧 岩浅 亮彦, 新垣 理恵子, 山田 安希子, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : シェーグレン症候群発症機序におけるアロマターゼの役割, 第31回分子病理学研究会, 2012年7月..[組織] ...
閲覧 石丸 直澄 : シェーグレン症候群の発症機序と臨床応用研究, 第23回日本臨床口腔病理学会, (巻), (号), (頁), 2012年8月..[組織] ...
閲覧 常松 貴明, 工藤 保誠, 高田 隆 : 細胞分裂期キナーゼAurora-AによるDNAライセンス化抑制因子Gemininの安定化機構, 第23回日本臨床口腔病理学会総会・学術大会, (巻), (号), (頁), 2012年8月..[組織] ...
閲覧 新垣 理恵子, 山田 安希子, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : エストロゲン欠乏によって増悪されるシェーグレン症候群病態へのTh17細胞の関与, 日本歯科基礎医学会誌, Vol.54, (号), 145-145, 2012年9月..[組織] ...
閲覧 山田 安希子, 新垣 理恵子, 黒澤 愛実, 近藤 智之, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : シェーグレン症候群における制御性T細胞の役割, 第21回日本シェーグレン症候群学会, (巻), (号), (頁), 2012年9月..[組織] ...
閲覧 常松 貴明, 工藤 保誠, 高田 隆 : 細胞分裂期におけるDNA複製抑制因子Gemininのユビキチン分解抑制機構とその新たな役割, 日本歯科基礎医学会誌, 2012年9月..[組織] ...
閲覧 工藤 保誠, 常松 貴明, 近藤 智之, 石丸 直澄, 高田 隆 : 染色体パッセンジャータンパクであるBorealinは,APC/C-Cdh1ユビキチンリガーゼ複合体により制御される, 日本癌学会総会記事, (巻), (号), (頁), 2012年9月..[組織] ...
閲覧 近藤 智之, 山田 安希子, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : 口蓋に生じた悪性リンパ腫の2症例, 第23回日本臨床口腔病理学会, (巻), (号), (頁), 2012年9月..[組織] ...
閲覧 近藤 智之, 山田 安希子, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : 口蓋に生じた悪性リンパ腫の2症例, 第60回日本口腔科学会中国・四国地方部会, 2012年10月..[組織] ...
閲覧 Takashi Izawa, Tomoyuki Kondo, Mie Kurosawa, Ritsuko Oura, Kazuma Matsumoto, Eiji Tanaka, Akiko Yamada, Rieko Arakaki, Yasusei Kudo, Yoshio Hayashi and Naozumi Ishimaru : Fas-Independent T-Cell Apoptosis by Dendritic Cells Controls Autoimmune Arthritis in MRL/lpr Mice, PLoS ONE, Vol.7, No.12, e48798, 2012..[組織] ...
閲覧 岩浅 亮彦, 新垣 理恵子, 山田 安希子, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : アロマターぜ遺伝子欠損マウスにおけるシェーグレン症候群様病変と肥満との関連, 四国免疫ファオーラム, (巻), (号), (頁), 2013年6月..[組織] ...
閲覧 Yasusei Kudo, Takaaki Tsunematsu and Naozumi Ishimaru : Aurora-A controls pre-replicative complex formation and DNA replication by promoting the stabilization of geminin and Cdt1 in mitosis, 第35回Naito Conference, July 2013..[組織] ...
閲覧 Tsunematsu Takaaki and Yasusei Kudo : Chromosome passenger complex protein,Borealin is regulated by APC/CCdh1 ubiquitin ligase complex, 第35回Naito Conference, July 2013..[組織] ...
閲覧 近藤 智之, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : 自己免疫疾患モデルを用いた腫瘍免疫システムの解析, 第32回分子病理学研究会, 2013年7月..[組織] ...
閲覧 Akiko Yamada, Rieko Arakaki, Mie Kurosawa, Tomoyuki Kondo, Koichi Yamada, Yoshio Hayashi and Naozumi Ishimaru : Deficient differentiation of Treg cell in a murine model of Sjogren's syndrome., 15th International Congress of Immunology, Milan, Aug. 2013..[組織] ...
閲覧 石丸 直澄 : シェーグレン症候群の病理診断の新機軸, 第22回日本シェーグレン症候群学会学術集会, 2013年9月..[組織] ...
閲覧 近藤 智之, 山田 安希子, 新垣 理恵子, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : 自己免疫疾患モデルを用いた腫瘍免疫システムの解析, 日本歯科基礎医学会誌, 2013年9月..[組織] ...
閲覧 岩浅 亮彦, 石丸 直澄, 井澤 俊, 徳永 律子, 工藤 保誠, 田中 栄二 : アロマターゼ遺伝子欠損マウスにおけるシェーグレン症候群様病変と肥満との関連, 第72回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集, (巻), (号), (頁), 2013年10月..[組織] ...
閲覧 Koichi Yamada, Akihiko Iwasa, Tomoyuki Kondo, Mie Kurosawa, Rieko Arakaki, Akiko Yamada, Yasusei Kudo, Y Taquahashi, A Takagi, J Kanno and Naozumi Ishimaru : Invivo effect of multi-wall carbon nanotubes on immune system., 6th International Symposium on Nanotechnology,Occupational and Environmental system., Nagoya, Nov. 2013..[組織] ...
閲覧 Yasusei Kudo, 常松 貴明 and Naozumi Ishimaru : Aurora-A controls pre-replicative complex formation and DNA replication by promoting the stabilization of geminin and CDT1 in mitosis., 第36回日本分子生物学会年会, Dec. 2013..[組織] ...
閲覧 新垣 理恵子, 江口 洋, 山田 安希子, 工藤 保誠, 三田村 佳典, 林 良夫, 石丸 直澄 : Eye drop administration of rebamipide is effective to a dry eye symptom in a model mice of Sjogren's syndorome., 日本免疫学会総会·学術集会記録, 2013年12月..[組織] ...
閲覧 岩浅 亮彦, 黒澤 実愛, 新垣 理恵子, 山田 安希子, 田中 栄二, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : Relationship between aromatase-related obesity and autoimmunity in Sjogren's syndorome., 日本免疫学会総会·学術集会記録, (巻), (号), (頁), 2013年12月..[組織] ...
閲覧 黒澤 実愛, 石丸 直澄, 新垣 理恵子, 山田 安希子, 工藤 保誠, 近藤 智之 : Anovel role of CXCR7 in controlling autoreactive T cells of a murine model for Sjogren's syndorome., 日本免疫学会総会·学術集会記録, 2013年12月..[組織] ...
閲覧 Shinji Iizuka, Naozumi Ishimaru and Yasusei Kudo : Matrix metalloproteinases: the gene expression signatures of head and neck cancer progression., Cancers, Vol.6, No.1, 396-415, Feb. 2014..[組織] ...
閲覧 Tomoyuki Kondo, Akiko Yamada, Rieko Arakaki, Takaaki Tsunematu, Yasusei Kudo and Naozumi Ishimaru : Analysis of the regulatory mechanism for tumor immunity by using autoimmune lpr mice., International Congress on Autoimmunity, Niece, March 2014..[組織] ...
閲覧 Akihiko Iwasa, Rieko Arakaki, Akiko Yamada, Eiji Tanaka, Yasusei Kudo and Naozumi Ishimaru : Pathologenesis of Sjogren's syndrome through Aromatase and adipose tissue., International Congress on Autoimmunity, Niece, March 2014..[組織] ...
閲覧 Yasusei Kudo, 常松 貴明 and Naozumi Ishimaru : Geminin regulates pre-replicative complex formation though the stabilization of CDT1 in mitosis., American Association for Cancer Reseach, San Diego, April 2014..[組織] ...
閲覧 近藤 智之, 黒澤 実愛, 常松 貴明, 山田 安希子, 新垣 理恵子, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : 自己免疫疾患モデルを用いた腫瘍免疫制御機構の解析, 日本病理学会会誌, Vol.103, No.1, 268, 2014年4月..[組織] ...
閲覧 常松 貴明, 工藤 保誠, 近藤 智之, 黒澤 実愛, 山田 安希子, 新垣 理恵子, 石丸 直澄 : ユビキチン分解による複製前複合体形成因子CDT1の発現制御機構の解析, 日本病理学会会誌, Vol.103, No.1, 268, 2014年4月..[組織] ...
閲覧 新垣 理恵子, 山田 安希子, 工藤 保誠, 林 良夫, 石丸 直澄 : ニッケルアレルギー発症におけるThmic Stromal Lymphopoiethinの重要性, 日本病理学会会誌, Vol.103, No.1, 268, 2014年4月..[組織] ...
閲覧 山田 安希子, 新垣 理恵子, 黒澤 実愛, 近藤 智之, 常松 貴明, 工藤 保誠, 林 良夫, 石丸 直澄 : シェーグレン症候群の発症における制御性T細胞の役割, 日本病理学会会誌, Vol.103, No.1, 268, 2014年4月..[組織] ...
閲覧 工藤 保誠, 常松 貴明, 近藤 智之, 黒澤 実愛, 山田 安希子, 新垣 理恵子, 石丸 直澄 : 癌細胞におけるペリオスチンのスプライシングバリアントの発現とEMTとの関連, 日本病理学会会誌, Vol.103, No.1, 268, 2014年4月..[組織] ...
閲覧 Ashrin Nur Meinar, Rieko Arakaki, Akiko Yamada, Tomoyuki Kondo, Mie Kurosawa, Yasusei Kudo, Megumi Watanabe, Tetsuo Ichikawa, Yoshio Hayashi and Naozumi Ishimaru : A critical role for thymic stromal lymphopoietin in nickel-induced allergy in mice., The Journal of Immunology, Vol.192, No.9, 4025-4031, 2014..[組織] ...
閲覧 Rieko Arakaki, Akiko Yamada, Yasusei Kudo, Yoshio Hayashi and Naozumi Ishimaru : Mechanism of Activation-Induced Cell Death of T Cells and Regulation of FasL Expression., Critical Reviews in Immunology, Vol.34, No.4, 301-314, May 2014..[組織] ...
閲覧 Yasusei Kudo, 常松 貴明 and Naozumi Ishimaru : Aurora-A controls pre-replicative complex formation and DNA replication by promoting the stabilization of geminin and CDT1 in mitosis., 7th International Conference SUMO,Ubiquitin,UBL Proteins:Implications for Human Diseases, (巻), (号), (頁), Shanghai, May 2014..[組織] ...
閲覧 Rieko Arakaki, Hiroshi Eguchi, Akiko Yamada, Yasusei Kudo, Akihiko Iwasa, Enkhmaa Tserennadmid, Hotta Fumika, Mitamura-Aizawa Sayaka, Yoshio Hayashi and Naozumi Ishimaru : Anti-Inflammatory Effects of Rebamipide Eyedrop Administration on Ocular Lesions in a Murine Model of Primary Sjögren's Syndrome., PLoS ONE, Vol.9, No.5, e98390, 2014..[組織] ...
閲覧 黒澤 実愛, 山田 安希子, 新垣 理恵子, 近藤 智之, 常松 貴明, 工藤 保誠, 鯨岡 聡子, 牛尾 綾, 石丸 直澄 : A novel role of CXCR7 in memory T cells of a murine model for Sjogren's syndorome., 日本免疫学会総会·学術集会記録, (巻), (号), (頁), 2014年12月..[組織] ...
閲覧 新垣 理恵子, 牛尾 綾, 山田 耕一, 黒澤 実愛, 鯨岡 聡子, 近藤 智之, 常松 貴明, 山田 安希子, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : Influence of multi-wall carbon nanotubes on immune system in nomal mice and MRL/lpr mice., 日本免疫学会総会·学術集会記録, (巻), (号), (頁), 2014年12月..[組織] ...
閲覧 牛尾 綾, 新垣 理恵子, 黒澤 実愛, 近藤 智之, 鯨岡 聡子, 山田 安希子, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : Analysis of macrophages in the pathogenesis of murine models for Sjogren's syndorome., 日本免疫学会総会·学術集会記録, (巻), (号), (頁), 2014年12月..[組織] ...
閲覧 黒澤 実愛, 山田 安希子, 新垣 理恵子, 齋藤 雅子, 常松 貴明, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : Migratory activity of memory T cells in aly/aly mice., 日本免疫学会総会·学術集会記録, 2015年11月..[組織] ...
閲覧 新垣 理恵子, 牛尾 綾, 黒澤 実愛, 大塚 邦紘, 山田 安希子, 齋藤 雅子, 常松 貴明, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : Analysis of function of macrophages in murine models of Sjogren's syndorome., 日本免疫学会総会·学術集会記録, (巻), (号), (頁), 2015年11月..[組織] ...
閲覧 齋藤 雅子, 新垣 理恵子, 大塚 邦紘, 山田 耕一, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : Biological effect of Multi-Walled Carbon Nanotubes(MWCNTs)on imune system., 日本免疫学会総会·学術集会記録, (巻), (号), (頁), 2015年11月..[組織] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 2.03, Max(EID) = 366672, Max(EOID) = 982175.