『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

PERM=閲覧 濱野 修一

登録情報の数

有効な情報: 21件 + 無効な情報: 10件 = 全ての情報: 31件

全ての有効な情報 (21件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 (未定義) …(21)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 Keisuke Ishizawa, Kunihisa Yamaguchi, Yuya Horinouchi, Yayoi Fukuhara, Soichiro Tajima, Shuichi Hamano, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki : Toward drug discovery for overcoming CKD: Development of drugs on endothelial cell protection for overcoming CKD, Journal of Pharmacological Sciences, Vol.109, No.1, 14-19, 2009..[著者] ...
閲覧 Keisuke Ishizawa, Yuki Izawa-Ishizawa, Sachiyo Ohnishi, Yuki Motobayashi, Kazuyoshi Kawazoe, Shuichi Hamano, Koichiro Tsuchiya, Shuhei Tomita, Kazuo Minakuchi and Toshiaki Tamaki : Quercetin Glucuronide Inhibits Cell Migration and Proliferation by Platelet-Derived Growth Factor in Vascular Smooth Muscle Cells, Journal of Pharmacological Sciences, Vol.109, No.2, 257-264, 2009..[著者] ...
閲覧 Yuki Motobayashi, Yuki Izawa-Ishizawa, Keisuke Ishizawa, Sakiko Orino, Kunihisa Yamaguchi, Kazuyoshi Kawazoe, Shuichi Hamano, Koichiro Tsuchiya, Shuhei Tomita and Toshiaki Tamaki : Adiponectin inhibits insulin-like growth factor-1-induced cell migration by the suppression of extracellular signal-regulated kinase 1/2 activation, but not Akt in vascular smooth muscle cells, Hypertension Research, Vol.32, No.3, 188-193, 2009..[著者] ...
閲覧 Koichiro Tsuchiya, Soichiro Tajima, Keisuke Ishizawa, Shuhei Tomita, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Yoshiyuki Yoshimura, Shuichi Hamano and Toshiaki Tamaki : Effect of Angiotensin II on the intracellular labile iron concentration in HGECs, 16th Annual Meeting of the Society for Free Radical Biology and Medicine (SFRBM 2009), (巻), (号), (頁), (都市), Nov. 2009..[著者] ...
閲覧 Keisuke Ishizawa, Yuki Izawa-Ishizawa, Narantungalag Dorjsuren, Erika Miki, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Shuichi Hamano, Kazuyoshi Kawazoe, Kazuo Minakuchi, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki : Angiotensin II receptor blocker attenuates PDGF-induced mesangial cell migration in a receptor-independent manner, Nephrology, Dialysis, Transplantation, Vol.25, No.2, 364-372, 2010..[著者] ...
閲覧 Koichiro Tsuchiya, Yuya Horinouchi, Soichiro Tajima, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Keisuke Ishizawa, Yoshiyuki Yoshimura, Shuhei Tomita, Shuichi Hamano and Toshiaki Tamaki : Antioxidant effects of photodegradation product of nifedipine, 17th Annual Meeting of the Society for Free Radical Biology and Medicine (SFRBM 2010), (巻), (号), (頁), (都市), Nov. 2010..[著者] ...
閲覧 Yayoi Fukuhara, Koichiro Tsuchiya, Yuya Horinouchi, Soichiro Tajima, Yoshitaka Kihira, Shuichi Hamano, Kazuyoshi Kawazoe, Yasumasa Ikeda, Keisuke Ishizawa, Shuhei Tomita and Toshiaki Tamaki : Protective effect of photodegradation product of nifedipine against tumor necrosis factor alpha-induced oxidative stress in human glomerular endothelial cells, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.58, No.1, 2, 118-126, 2011..[著者] ...
閲覧 Yuya Horinouchi, Koichiro Tsuchiya, Chiaki Taoka, Soichiro Tajima, Yoshitaka Kihira, Yuko Matsuda, Kozo Shishido, Masahiro Yoshida, Shuichi Hamano, Kazuyoshi Kawazoe, Yasumasa Ikeda, Keisuke Ishizawa, Shuhei Tomita and Toshiaki Tamaki : Antioxidant effects of photodegradation product of nifedipine, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.59, No.2, 208-214, 2011..[著者] ...
閲覧 濱野 修一, 香川 葉子, 宮本 理人, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : セスキテルペンラクトン誘導体の鉄依存ラジカル生成機構の検討, 日本薬学会大132年会, 2012年3月..[著者] ...
閲覧 Yuki Izawa-Ishizawa, Keisuke Ishizawa, Takumi Sakurada, Masaki Imanishi, Licht Miyamoto, Shoko Fujii, Hironori Taira, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Shuichi Hamano, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki : Angiotensin II receptor blocker improves tumor necrosis factor-α-induced cytotoxicity via antioxidative effect in human glomerular endothelial cells, Pharmacology, Vol.90, No.5-6, 324-331, 2012..[著者] ...
閲覧 佐藤 佑太, 山脇 早穂, 宮本 理人, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 濱野 修一 : セスキテルペンラクトン誘導体の鉄依存ラジカル生成過程の解明, 第37回徳島県医学検査学会, 2013年12月..[著者] ...
閲覧 山脇 早穂, 佐藤 佑太, 宮本 理人, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 濱野 修一 : リチウム定量にあたえる共存物質の影響, 第37回徳島県医学検査学会, (巻), (号), (頁), 2013年12月..[著者] ...
閲覧 森本 悠里, 宮本 理人, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 濱野 修一 : セスキテルペンラクトン誘導体の鉄依存細胞障害機構の解明, 第38回 徳島県医学検査学会, (巻), (号), (頁), 2014年12月..[著者] ...
閲覧 津田 勝範, 宮本 理人, 森本 悠里, 濱野 修一, 石澤 啓介, 木平 考高, 池田 康将, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 : 鉄過剰ストレスに対するニトロソニフェジピン(NO-NIF)の抗酸化メカニズム検討, 徳島医学会, 2015年8月..[著者] ...
閲覧 繁冨 明日香, 宮本 理人, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 濱野 修一 : LED灯によるビリルビン光分解の検討, 徳島検査医学会, (巻), (号), (頁), 2015年12月..[著者] ...
閲覧 福榮 千花, 寒川 裕未, 津田 勝範, 宮本 理人, 土屋 浩一郎, 池田 康将, 玉置 俊晃, 濱野 修一 : Artesunateによる細胞傷害発現機序の解明2, 第40回 徳島県医学検査学会, (巻), (号), (頁), 2016年12月..[著者] ...
閲覧 寒川 裕未, 福榮 千花, 津田 勝範, 宮本 理人, 土屋 浩一郎, 池田 康将, 玉置 俊晃, 濱野 修一 : Artesunateによる細胞傷害発現機序の解明1, 第40回 徳島県医学検査学会, (巻), (号), (頁), 2016年12月..[著者] ...
閲覧 別所 将弘, 村上 圭史, 藤猪 英樹, 津田 勝範, 宮本 理人, 土屋 浩一郎, 池田 康将, 玉置 俊晃, 濱野 修一 : Actinomyces spp. による硝酸イオンの還元と生理作用の検討, 第41回徳島県医学検査学会, (巻), (号), (頁), 2017年12月..[著者] ...
閲覧 Katsunori Tsuda, Licht Miyamoto, Shuichi Hamano, Yuri Morimoto, Yumi Kangawa, Chika Fukue, Yoko Kagawa, Yuya Horinouchi, Wenting Xu, Yasumasa Ikeda, Toshiaki Tamaki and Koichiro Tsuchiya : Mechanisms of the pH- and Oxygen-Dependent Oxidation Activities of Artesunate., Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.41, No.4, 555-563, 2018..[著者] ...
閲覧 土屋 浩一郎, 宮本 理人, 濱野 修一, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 玉置 俊晃, 津田 勝範 : 抗マラリア薬artesunateからの鉄依存活性酸素生成メカニズムの検討, 第71回日本酸化ストレス学会,第18回日本NO学会 合同学術集会, (巻), (号), (頁), 2018年5月..[著者] ...
閲覧 藤本 望, 村田 梨菜, 村上 圭史, 藤猪 英樹, 宮本 理人, 井上 貴久, 土屋 浩一郎, 池田 康将, 石澤 有紀, 濱野 修一 : 唾液中の硝酸イオンが口腔細菌に与える影響について·, 第42回徳島県医学検査学会, (巻), (号), (頁), 2018年12月..[著者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 1, LA = 0.51, Max(EID) = 382766, Max(EOID) = 1022356.