『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

PERM=閲覧 徳島大学.薬学部.薬学科.臨床薬学講座.医薬品情報学 (2006年4月1日〜)

登録情報の数

有効な情報: 20件 + 無効な情報: 0件 = 全ての情報: 20件

全ての有効な情報 (20件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(20)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(20)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 Masaya Denda, Jun Yamamoto, Kohei Sato, Ken Sakamoto, Akira Shigenaga, Youichi Sato, Aiko Yamauchi and Akira Otaka : Development of a novel chemical probe that enables selective labeling of proteins, The 1st International Symposium on Chemical Biology of Natural Products: Target ID and Regulation of Bioactivity, (巻), (号), (頁), Kyoto, Oct. 2012..[組織] ...
閲覧 Akira Otaka : Development of "Tracable Linkerfor" Protein Idebtification Using Stimulus-responsive Amino Acid, The 1st International Symposium on Chemical Biology of Natural Products: Target ID and Regulation of Bioactivity, (巻), (号), (頁), Kyoto, Oct. 2012..[組織] ...
閲覧 山本 純, 傳田 将也, 戎野 紘司, 重永 章, 佐藤 陽一, 山内 あい子, 大髙 章 : フッ化物イオン応答型トレーサブルリンカーを利用したタンパク質精製実験, 第30回メディシナルケミストリーシンポジウム, (巻), (号), (頁), 2012年11月..[組織] ...
閲覧 山本 純, 北 未来, 重永 章, 佐藤 陽一, 山内 あい子, 大髙 章 : 標的タンパク質を釣り上げろ!∼トレーサブルリンカーの開発∼, 第45回若手ペプチド夏の勉強会, (巻), (号), (頁), 2013年7月..[組織] ...
閲覧 山本 純, 北 未来, 重永 章, 佐藤 陽一, 山内 あい子, 大髙 章 : 標的タンパク質精製・選択的ラベル化ツール''Traceable Linker''の開発研究, 生命分子機能研究会2013学術集会, (巻), (号), (頁), 2013年9月..[組織] ...
閲覧 Jun Yamamoto, Miku Kita, Akira Shigenaga, Youichi Sato, Aiko Yamauchi and Akira Otaka : Development of thiol-responsive traceable linker for efficient enrichment and selective labeling of target proteins, 4th Asia-Pacific International Peptide Symposium, 50th Japanese Peptide Symposium, (巻), (号), (頁), Suita, Nov. 2013..[組織] ...
閲覧 佐藤 浩平, 傳田 将也, 山本 純, 坂本 健, 重永 章, 佐藤 陽一, 山内 あい子, 大髙 章 : タンパク質機能解明を指向した新規ラベル化試薬''SEAL-tag''の開発研究, 第31回メディシナルケミストリーシンポジウム, (巻), (号), (頁), 2013年11月..[組織] ...
閲覧 森崎 巧也, 山本 純, 重永 章, 佐藤 陽一, 猪熊 翼, 山内 あい子, 大髙 章 : 標的タンパク質の効率的濃縮および選択的ラベル化を可能とする新規リンカー分子の開発, 日本薬学会第134年会, (巻), (号), (頁), 2014年3月..[組織] ...
閲覧 傳田 将也, 山本 純, 佐藤 浩平, 坂本 健, 重永 章, 佐藤 陽一, 山内 あい子, 大髙 章 : ラベル化試薬"SEAL-tag"の開発とCOX-1およびhCA1のラベル化, 日本薬学会第134年会, (巻), (号), (頁), 2014年3月..[組織] ...
閲覧 Jun Yamamoto, Miku Kita, Akira Shigenaga, Youichi Sato, Aiko Yamauchi and Akira Otaka : Development of thiol-responsive traceable linker for efficient enrichment and selective labeling of target proteins, Peptide Science 2013, (巻), (号), 205-206, 2014..[組織] ...
閲覧 Jun Yamamoto, Masaya Denda, Nami Maeda, Miku Kita, Chiaki Komiya, Tomohiro Tanaka, Wataru Nomura, Hirokazu Tamamura, Youichi Sato, Aiko Yamauchi, Akira Shigenaga and Akira Otaka : Development of a traceable linker containing a thiol-responsive amino acid for the enrichment and selective labelling of target proteins, Organic & Biomolecular Chemistry, Vol.12, No.23, 3821-3826, 2014..[組織] ...
閲覧 Jun Yamamoto, Nami Maeda, Chiaki Komiya, Tomohiro Tanaka, Masaya Denda, Koji Ebisuno, Wataru Nomura, Hirokazu Tamamura, Youichi Sato, Aiko Yamauchi, Akira Shigenaga and Akira Otaka : Development of a fluoride-responsive amide bond cleavage device that is potentially applicable to a traceable linker, Tetrahedron, Vol.70, No.34, 5122-5127, 2014..[組織] ...
閲覧 山本 純, 森崎 巧也, 北 未来, 小宮 千明, 重永 章, 佐藤 陽一, 山内 あい子, 大髙 章 : 標的タンパク質の効率的濃縮および選択的ラベル化を可能とするチオール応答型トレーサブルリンカーの開発, 第32回メディシナルケミストリーシンポジウム, (巻), (号), (頁), 2014年11月..[組織] ...
閲覧 小倉 圭司, 平川 寛子, 森崎 巧也, 山本 純, 戎野 紘司, 宮本 理人, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 重永 章, 大髙 章 : 低酸素環境応答型アミノ酸の開発研究, 日本薬学会第135年会, (巻), (号), (頁), 2015年3月..[組織] ...
閲覧 Masaya Denda, Takuya Morisaki, Jun Yamamoto, Kohei Sato, Tsubasa Inokuma, Youichi Sato, Aiko Yamauchi, Akira Shigenaga and Akira Otaka : In Cell Labeling of Target Proteins using ''SEAL-tag'', American Peptide Symposium 2015, (巻), (号), (頁), Florida, June 2015..[組織] ...
閲覧 傳田 将也, 森崎 巧也, 猪熊 翼, 佐藤 陽一, 山内 あい子, 重永 章, 大髙 章 : N-Sアシル基転移反応を利用した新規ラベル化試薬の開発, 創薬懇話会2015 in 徳島, (巻), (号), (頁), 2015年7月..[組織] ...
閲覧 傳田 将也, 森崎 巧也, 猪熊 翼, 佐藤 陽一, 山内 あい子, 重永 章, 大髙 章 : N-Sアシル基転移反応を基盤としたin cellタンパク質ラベル化法の開発, 第47回若手ペプチド夏の勉強会, (巻), (号), (頁), 2015年8月..[組織] ...
閲覧 Masaya Denda, Takuya Morisaki, Taiki Kohiki, Jun Yamamoto, Kohei Sato, Ikuko Sagawa, Tsubasa Inokuma, Youichi Sato, Aiko Yamauchi, Akira Shigenaga and Akira Otaka : Labelling of endogenous target protein via N-S acyl transfer-mediated activation of N-sulfanylethylanilide, Organic & Biomolecular Chemistry, Vol.14, 6244-6251, 2016..[組織] ...
閲覧 Taiki Kohiki, Yusuke Kato, Yusuke Nishikawa, Kazuko YORITA, Ikuko Sagawa, Masaya Denda, Tsubasa Inokuma, Akira Shigenaga, Kiyoshi Fukui and Akira Otaka : Elucidation of inhibitor-binding pocket of D-amino acid oxidase using docking simulation and N-sulfanylethylanilide-based labeling technology, Organic & Biomolecular Chemistry, Vol.15, No.25, 5289-5297, 2017..[組織] ...
閲覧 Taiki Kohiki, Yusuke Kato, Yusuke Nishikawa, Kazuko YORITA, Ikuko Sagawa, Masaya Denda, Tsubasa Inokuma, Akira Shigenaga, Kiyoshi Fukui and Akira Otaka : Inside Front Cover: Elucidation of inhibitor-binding pocket of D-amino acid oxidase using docking simulation and N-sulfanylethylanilide-based labeling technology, Organic & Biomolecular Chemistry, Vol.15, (号), 5240, 2017..[組織] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 6, LA = 0.49, Max(EID) = 382225, Max(EOID) = 1021015.