『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

PERM=閲覧 山田 安希子

登録情報の数

有効な情報: 194件 + 無効な情報: 15件 = 全ての情報: 209件

全ての有効な情報 (194件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(58)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(58)
閲覧 (未定義) …(65)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 山田 安希子, 山本 武範, 片岡 正俊, 永田 俊彦, 寺田 弘, 篠原 康雄 : Permeability transition induced in yeast mitochondria also causes release of cytochrome c from mitochondria, 第78回 日本生化学会大会, (巻), (号), (頁), 2005年10月..[著者] ...
閲覧 山本 武範, 山田 安希子, 吉村 勇哉, 山下 菊治, 山﨑 尚志, 片岡 正俊, 寺田 弘, 篠原 康雄 : Caイオンによって誘導される酵母ミトコンドリアの透過性遷移とシトクロムc放出, 第27回 生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2005年11月..[著者] ...
閲覧 Akiko Yamada, Takenori Yamamoto, Masatoshi Kataoka, Toshihiko Nagata, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : Induction of Permeability Transition in Yeast Mitochondria Causes Release of Mitochondrial Cytochrome c, 45th American Society for Cell Biology Annual Meeting, (巻), (号), (頁), San Francisco, Dec. 2005..[著者] ...
閲覧 山本 武範, 山田 安希子, 渡邊 政博, 吉村 勇哉, 山﨑 尚志, 吉村 好之, 山内 卓, 永田 俊彦, 寺田 弘, 篠原 康雄 : Expression levels of voltage-dependent anion channel (VDAC) isoforms in mitochondrial outer membrane revealed by immunological and proteomics techniques, 第28回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2006年11月..[著者] ...
閲覧 山田 安希子, 山本 武範, 山﨑 尚志, 永田 俊彦, 寺田 弘, 篠原 康雄 : Differential protein release from mitochondria induced by Ca2+ and valinomycin as revealed by immunological and proteomics techniques, 第6回ミトコンドリア学会, (巻), (号), (頁), 2006年12月..[著者] ...
閲覧 Takenori Yamamoto, Akiko Yamada, Masahiro Watanabe, Yuya Yoshimura, Naoshi Yamazaki, Yoshiyuki Yoshimura, Takashi Yamauchi, Masatoshi Kataoka, Toshihiko Nagata, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : VDAC1, having a shorter N-terminus than VDAC2 but showing the same migration in an SDS-polyacrylamide gel, is the predominant form expressed in mitochondria of various tissues., Journal of Proteome Research, Vol.5, No.12, 3336-3344, 2006..[著者] ...
閲覧 Masayuki Kohashi, Naozumi Ishimaru, Akiko Yamada, Rieko Arakaki, Jun Kanno and Yoshio Hayashi : The effect of TCDD administration on murine model for Sjogren's syndrome, 第37回日本免疫学会総会・学術集会, Vol.37, (号), 116, Nov. 2007..[著者] ...
閲覧 Miho Okuno, Naozumi Ishimaru, Takashi Izawa, Rieko Arakaki, Akiko Yamada and Yoshio Hayashi : Analysis of NF-kB in T cell activation in murine autoimmune model, 第37回日本免疫学会総会・学術集会, Vol.37, (号), 119, Nov. 2007..[著者] ...
閲覧 Akiko Yamada, Naozumi Ishimaru, Rieko Arakaki and Yoshio Hayashi : T cell functions with aging in NF-kB1-deficient mice, 第37回日本免疫学会総会・学術集会, Vol.37, (号), 174, Nov. 2007..[著者] ...
閲覧 Rieko Arakaki, Naozumi Ishimaru, Akiko Yamada and Yoshio Hayashi : Role of estrogen deficiency for aberrant MHC class 2 expression in the exocring gland cells, 第37回日本免疫学会総会・学術集会, Vol.37, (号), 265, Nov. 2007..[著者] ...
閲覧 山本 武範, 山田 安希子, 山﨑 尚志, 山下 菊治, 永田 俊彦, 寺田 弘, 篠原 康雄 : シトクロムcと伴にミトコンドリアから放出されるタンパク質のプロテオーム解析, 第29回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2007年11月..[著者] ...
閲覧 Naozumi Ishimaru, Akiko Yamada, Masayuki Kohashi, Rieko Arakaki, Tetsuyuki Takahashi, Keisuke Izumi and Yoshio Hayashi : Development of Inflammatory Bowel Disease in Long-Evans Cinnamon Rats Based on CD4+CD25+Foxp3+ Regulatory T Cell Dysfunction, The Journal of Immunology, Vol.180, No.10, 6997-7008, 2008..[著者] ...
閲覧 山田 安希子, 石丸 直澄, 新垣 理恵子, 林 良夫 : Ⅰ型糖尿病モデルマウスにおけるカテプシンL阻害剤を用いた治療学的解析, 第97回日本病理学会総会, Vol.97, No.1, 266, 2008年5月..[著者] ...
閲覧 新垣 理恵子, 石丸 直澄, 山田 安希子, 林 良夫 : エストロゲン欠乏による外分泌腺上皮クラスⅡ発現の誘導メカニズム, 第97回日本病理学会総会, Vol.97, No.1, 322, 2008年5月..[著者] ...
閲覧 Naozumi Ishimaru, Rieko Arakaki, Satoko Yoshida, Akiko Yamada, Sumihare Noji and Yoshio Hayashi : Expression of the retinoblastoma protein RbAp48 in exocrine glands leads to Sjögren's syndrome-like autoimmune exocrinopathy., The Journal of Experimental Medicine, Vol.205, No.12, 2915-2927, 2008..[著者] ...
閲覧 Akiko Yamada, Naozumi Ishimaru, Rieko Arakaki and Yoshio Hayashi : Therapeutic analysis for autoimmune diabetes in NOD mice using specific inhibitor for cathepsin L, 第38回日本免疫学会総会・学術集会, Vol.38, (号), 93, Dec. 2008..[著者] ...
閲覧 Naozumi Ishimaru, Kohashi Masayuki, Akiko Yamada, Rieko Arakaki and Yoshio Hayashi : Neonatal exposure to low-dose 2,3,7,8-tetrachlorodibenzo-p-dioxin(TCDD)causes autoimmunity due to the disruption of T cell tolerance, 第38回日本免疫学会総会・学術集会, Vol.38, (号), 97, Dec. 2008..[著者] ...
閲覧 Rieko Arakaki, Naozumi Ishimaru, Akiko Yamada and Yoshio Hayashi : Identification and functional analysis of CD11c+B220+ dendritic cells induced by estrogen deficiency in salivary glands ., 第38回日本免疫学会総会・学術集会, Vol.38, (号), 97, Dec. 2008..[著者] ...
閲覧 Akiko Yamada, Takenori Yamamoto, Naoshi Yamazaki, Kikuji Yamashita, Masatoshi Kataoka, Toshihiko Nagata, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : Differential permeabilization effects of Ca2+ and valinomycin on the inner and outer mitochondrial membranes as revealed by proteomics analysis of proteins released from mitochondria., Molecular & Cellular Proteomics, Vol.8, No.6, 1265-1277, 2009..[著者] ...
閲覧 Rieko Arakaki, Ai Nagaoka, Naozumi Ishimaru, Akiko Yamada, Y Satoko and Yoshio Hayashi : Role of Plasmacytoid Dendric Cells for Aberrant Class Expression in Exocrine Glands from Estrogen-Deficient Mice of healthy Background, The American Journal of Pathology, Vol.174, No.5, 1715-1724, 2009..[著者] ...
閲覧 山田 安希子, 石丸 直澄, 新垣 理恵子, 林 良夫 : Ⅰ型糖尿病マウスにおけるカテプシンLを介した治療学的解析, 日本病理学会会誌, Vol.98, No.1, 240, 2009年5月..[著者] ...
閲覧 新垣 理恵子, 石丸 直澄, 山田 安希子, 林 良夫 : エストロゲン欠乏によって唾液腺に誘導される樹状細胞の同定とその機能, 日本病理学会会誌, Vol.98, No.1, 365, 2009年5月..[著者] ...
閲覧 石丸 直澄, 山田 安希子, 新垣 理恵子, 林 良夫 : Local Toleranceの破綻による臓器特異的自己免疫疾患の発症機序, 日本病理学会会誌, Vol.98, No.1, 249, 2009年5月..[著者] ...
閲覧 Naozumi Ishimaru, Takagi Atuya, Kohashi Masayuki, Akiko Yamada, Rieko Arakaki, Kanno Jun and Yoshio Hayashi : Neonatal Exposure to Loe-Dose 2.3.7.8-Tetrachlorodibenzo-p-Dioxin Causes Autoimmunity Due to the Disruption of TCell Tolerance1, The Journal of Immunology, Vol.182, No.10, 6576-6586, 2009..[著者] ...
閲覧 Akiko Yamada, Takenori Yamamoto, Yuya Yoshimura, Shunichi Gouda, Satoshi Kawashima, Naoshi Yamazaki, Kikuji Yamashita, Masatoshi Kataoka, Toshihiko Nagata, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : Ca2+-induced permeability transition can be observed even in yeast mitochondria under optimized experimental conditions., Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Bioenergetics, Vol.1787, No.12, 1486-1491, 2009..[著者] ...
閲覧 Masayuki Kohashi, Naozumi Ishimaru, Akiko Yamada, Rieko Arakaki and Yoshio Hayashi : Neonatal exposure to low-dose 2,3,7,8-tetrachlorodibenzo-p-dioxin(TCDD)causes autoimmunity due to the disruption of Tcell tolerance, 2009日本免疫学会総会・学術集会記録, Vol.39, Dec. 2009..[著者] ...
閲覧 山本 武範, 吉村 勇哉, 山田 安希子, 合田 俊一, 山﨑 尚志, 山下 菊治, 片岡 正俊, 寺田 弘, 篠原 康雄 : 呼吸基質非存在下において透過性遷移を誘起したミトコンドリアに観察される特徴的なタンパク質の放出様式, 第31回 生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2009年12月..[著者] ...
閲覧 Naozumi Ishimaru, Rieko Arakaki, Akiko Yamada, Yousuke Takahama and Yoshio Hayashi : In situ patrolling of regulatory T cells is essential for protecting organ-specific autoimmunity, 日本免疫学会総会・学術集会, Dec. 2009..[著者] ...
閲覧 Ritsuko Oura, Naozumi Ishimaru, Akiko Yamada, Rieko Arakaki, Takashi Izawa, Kazuma Matsumoto, Eiji Tanaka and Yoshio Hayashi : Immune Regulation by Macrophages through cross-talk between Fas and NF-B Signaling, 日本免疫学会総会・学術集会, Dec. 2009..[著者] ...
閲覧 Akiko Yamada, Naozumi Ishimaru, Rieko Arakaki and Yoshio Hayashi : Therapeutic Analysis by Selective Inhibition of Cathepsin L for Autoimmune Diabetes in NOD Mice, 日本免疫学会総会・学術集会, Dec. 2009..[著者] ...
閲覧 Akiko Yamada, Naozumi Ishimaru, Rieko Arakaki, Nobuhiko Katsunuma and Yoshio Hayashi : Cathepsin L inhivition prevents murine autoimmune diabetes via suppression of CD8+ T cell activity., PLoS ONE, Vol.5, No.9, e12894, 2010..[著者] ...
閲覧 Naozumi Ishimaru, Takeshi Nitta, Rieko Arakaki, Akiko Yamada, Martin Lipp, Yousuke Takahama and Yoshio Hayashi : In situ Patrolling of Regulatory T cells is Essential for Protecting Autoimmune Exocrinopathy, PLoS ONE, Vol.5, No.1, e8588, 2010..[著者] ...
閲覧 石丸 直澄, 小橋 真之, 山田 安希子, 新垣 理恵子, 林 良夫 : 新生児におけるダイオキシンへの曝露と自己免疫病の発生, 臨床免疫·アレルギー科, Vol.53, No.1, 92-96, 2010年..[著者] ...
閲覧 新垣 理恵子, 石丸 直澄, 山田 安希子, 林 良夫 : エストロゲン欠乏依存的に唾液腺に誘導される膵ラ氏島アミロイドポリペプチドの機能とその意義, 日本病理学会会誌, Vol.99, 307, 2010年4月..[著者] ...
閲覧 松本 一真, 石丸 直澄, 新垣 理恵子, 山田 安希子, 大浦 徳永 律子 律子, 田中 栄二, 林 良夫 : マウス関節炎モデル樹状細胞のRANKL/FASシグナルを介した免疫抑制効果, 日本病理学会会誌, Vol.99, No.1, 220, 2010年4月..[著者] ...
閲覧 山田 安希子, 石丸 直澄, 新垣 理恵子, 林 良夫 : Ⅰ型糖尿病モデルマウスにおけるカテプシンL特異的阻害剤を用いた治療効果の検討, 日本病理学会会誌, Vol.99, No.1, 222, 2010年4月..[著者] ...
閲覧 石丸 直澄, 山田 安希子, 新垣 理恵子, 林 良夫 : シェーグレン症候群における調節性T細胞の役割, 日本病理学会会誌, Vol.99, No.1, 228, 2010年4月..[著者] ...
閲覧 松本 一真, 石丸 直澄, 新垣 理恵子, 山田 安希子, 大浦 徳永 律子 律子, 田中 栄二, 林 良夫 : マウス関節炎モデル樹状細胞のRANKL/Fasシグナルを介した免疫抑制効果, 日本病理学会, Vol.99, No.1, 220, 2010年4月..[著者] ...
閲覧 大浦 徳永 律子 律子, 石丸 直澄, 山田 安希子, 新垣 理恵子, 田中 栄二, 林 良夫 : Fas分子を介したマクロファージによる末梢T細胞の維持機構, 日本病理学会, Vol.99, No.1, 374, 2010年4月..[著者] ...
閲覧 山本 武範, 山田 安希子, 吉村 勇哉, 合田 俊一, 川島 聡, 寺田 弘, 篠原 康雄 : Ca2+によって酵母ミトコンドリアに誘起される透過性遷移の解析, 第2回 日本生物物理学会 中国四国支部大会, (巻), (号), (頁), 2010年5月..[著者] ...
閲覧 山本 武範, 山田 安希子, 篠原 康雄 : プロテオミクスで探るミトコンドリアからのシトクロムc漏出機構, 生物物理, Vol.50, No.3, 124-125, 2010年5月..[著者] ...
閲覧 Naozumi Ishimaru, Akiko Yamada, Rieko Arakaki, Yousuke Takahama and Yoshio Hayashi : Critical signaling pathway via CCR7 of Foxp3+CD25+CD4+ regulatory T cells for the egress from lymph nodes., 第14回国際免疫学会, (巻), (号), (頁), Kobe, Aug. 2010..[著者] ...
閲覧 Ritsuko Oura, Naozumi Ishimaru, Rieko Arakaki, Takashi Izawa, Akiko Yamada, Kazuma Matsumoto, Eiji Tanaka and Yoshio Hayashi : Rapid T cell death via interaction with CD11b+ macrophages in Fas-deficient host, international immunology, Vol.22, No.1, 116, (都市), Aug. 2010..[著者] ...
閲覧 Naozumi Ishimaru, Akiko Yamada, Rieko Arakaki, Yousuke Takahama and Yoshio Hayashi : Critical Signaling Pathway via CCR7 of Foxp3+CD25+CD4+ Regulatory T Cells for the Egress from Lymph Nodes, international immunology, (都市), Aug. 2010..[著者] ...
閲覧 Megumi Watanabe, Naozumi Ishimaru, Meinar Nur Ashrin, Rieko Arakaki, Akiko Yamada, Tetsuo Ichikawa and Yoshio Hayashi : A Novel DC Therapy with Manipulation of MKK6 Gene on Nickel Allergy in Mice, PLoS ONE, Vol.6, No.4, E19017, 2011..[著者] ...
閲覧 石丸 直澄, 山田 安希子, 新垣 理恵子, 林 良夫 : 自己免疫疾患の病態におけるメモリーCD8陽性T細胞の役割, 第100回日本病理学会学術集会, Vol.100, No.1, 59, 2011年4月..[著者] ...
閲覧 新垣 理恵子, 石丸 直澄, 山田 安希子, 林 良夫 : エストロゲン欠乏によって誘導されるシェーグレン症候群病態増強へのTh17細胞の関与, 第100回日本病理学会学術集会, Vol.100, No.1, 63, 2011年4月..[著者] ...
閲覧 松本 一真, 石丸 直澄, 新垣 理恵子, 山田 安希子, 田中 栄二, 林 良夫 : 関節リウマチ病態における破骨細胞を介したT細胞活性化機構の解析, 第100回日本病理学会学術集会, Vol.100, No.1, 60, 2011年4月..[著者] ...
閲覧 Nur Meinar Ashrin, Megumi Watanabe, Rieko Arakaki, Akiko Yamada, Tetsuo Ichikawa, Yoshio Hayashi and Naozumi Ishimaru : Analysis of Immune Responess to Metal using Murine Nickel Allergy Model., Proceedings of the Japanese Society for Immunology, Vol.40, 102, Nov. 2011..[著者] ...
閲覧 Rieko Arakaki, Akiko Yamada, Yoshio Hayashi and Naozumi Ishimaru : The role of Th17 cell on the development of Sjogren's syndrome in estrogen deficient NOD mice., Proceedings of the Japanese Society for Immunology, Vol.40, 128, Nov. 2011..[著者] ...
閲覧 Akihiko Iwasa, Rieko Arakaki, Akiko Yamada, Eiji Tanaka, Yoshio Hayashi and Naozumi Ishimaru : A critical role of aromatase in the pathogenesis of Sjogren's syndrome., Proceedings of the Japanese Society for Immunology, Vol.40, 127, Nov. 2011..[著者] ...
閲覧 Ritsuko Oura, Rieko Arakaki, Masahiro Hiasa, Akiko Yamada, Eiji Tanaka, Yoshio Hayashi and Naozumi Ishimaru : In vivo T cell apoptosis via interaction with CD11b+ macrophages in Fas-deficient host., Proceedings of the Japanese Society for Immunology, Vol.40, 111, Nov. 2011..[著者] ...
閲覧 日浅 雅博, 新垣 理恵子, 山田 安希子, 大浦 徳永 律子 律子, 安倍 正博, 松本 俊夫, 林 良夫, 石丸 直澄, 淺岡 憲三 : A novel role of NF-B relB in bone remodeling., 第40回日本免疫学会学術集会, 2011年11月..[著者] ...
閲覧 松本 一真, 新垣 理恵子, 山田 安希子, 日浅 雅博, 大浦 徳永 律子 律子, 岩浅 亮彦, 田中 栄二, 林 良夫, 石丸 直澄 : Hyperfunctions of osteoclasts in pathogenesis of rheumatoid arthritis in MRL/lpr mice., 第40回日本免疫学会学術集会, 2011年11月..[著者] ...
閲覧 Takenori Yamamoto, Akiko Yamada, Yuya Yoshimura, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : The mechanisms of the release of cytochrome C from mitochondria revealed by proteomics analysis., Journal of the Pharmaceutical Society of Japan, Vol.132, No.10, 1099-1104, (month)2012..[著者] ...
閲覧 Naozumi Ishimaru, Akiko Yamada, Takeshi Nitta, Rieko Arakaki, Martin Lipp, Yousuke Takahama and Yoshio Hayashi : CCR7 with S1P1 signaling through AP-1 for migration of Foxp3+ regulatory T-cells controls autoimmune exocrinopathy., The American Journal of Pathology, Vol.180, No.1, 199-208, 2012..[著者] ...
閲覧 山本 武範, 山田 安希子, Yuya Yoshimura, 寺田 弘, 篠原 康雄 : プロテオミクスで解き明かすミトコンドリアからのシトクロムc放出機構, 日本薬学会第132年会, (巻), (号), (頁), 2012年3月..[著者] ...
閲覧 新垣 理恵子, 山田 安希子, 林 良夫, 江口 洋, 三田村 さやか, 堀田 芙美香, 三田村 佳典, 石丸 直澄 : シェーグレン症候群モデルマウスを利用したレバミピド点眼投与による病態抑制機序の解明, 第101回日本病理学会, 2012年4月..[著者] ...
閲覧 石丸 直澄, 山田 安希子, 新垣 理恵子, 林 良夫 : 自己免疫疾患におけるCCR7を介した制御性T細胞のパトローリング機能, 第101回日本病理学会, 2012年4月..[著者] ...
閲覧 大浦 徳永 律子 律子, 新垣 理恵子, 山田 安希子, 林 良夫, 石丸 直澄 : Fas分子を介したマクロファージによる末梢T細胞の維持機構, 第101回日本病理学会, 2012年4月..[著者] ...
閲覧 山田 安希子, 新垣 理恵子, 林 良夫, 石丸 直澄 : シェーグレン症候群における制御性T細胞の役割, 第101回日本病理学会, 2012年4月..[著者] ...
閲覧 Akiko Yamada, Naozumi Ishimaru, Rieko Arakaki and Yoshio Hayashi : Cathepsin L inhibition prevents murine autoimmune diabetes via suppression of CD8+T cell activity., 8th International Congress on Autoimmunity, Granada, May 2012..[著者] ...
閲覧 Ritsuko Oura, Akiko Yamada, Rieko Arakaki, Naozumi Ishimaru and Yoshio Hayashi : Pathological Analysis of Autoimmunity in NF-B1KO/LPR mice., 8th International Congress on Autoimmunity, (巻), (号), (頁), Granada, May 2012..[著者] ...
閲覧 日浅 雅博, 安倍 正博, 新垣 理恵子, 山田 安希子, 淺岡 憲三, 松本 俊夫, 林 良夫, 石丸 直澄 : RelBは古典的NF-κB経路の活性化を阻害し骨芽細胞分化を正に制御する, 第30回日本骨代謝学会, (巻), (号), (頁), 2012年7月..[著者] ...
閲覧 岩浅 亮彦, 新垣 理恵子, 山田 安希子, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : シェーグレン症候群発症機序におけるアロマターゼの役割, 第31回分子病理学研究会, 2012年7月..[著者] ...
閲覧 Masahiro Hiasa, Masahiro Abe, Rieko Arakaki, Akiko Yamada, Kenzo Asaoka, Toshio Matsumoto, Yoshio Hayashi and Naozumi Ishimaru : RelB attenuates the activation of the classical NF-κB pathway to facilitate osteoblastogenesis, ANZBMS Annual Scientific Meeting, (巻), (号), (頁), Perth, Sep. 2012..[著者] ...
閲覧 新垣 理恵子, 山田 安希子, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : エストロゲン欠乏によって増悪されるシェーグレン症候群病態へのTh17細胞の関与, 日本歯科基礎医学会誌, Vol.54, (号), 145-145, 2012年9月..[著者] ...
閲覧 山田 安希子, 新垣 理恵子, 黒澤 愛実, 近藤 智之, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : シェーグレン症候群における制御性T細胞の役割, 第21回日本シェーグレン症候群学会, (巻), (号), (頁), 2012年9月..[著者] ...
閲覧 近藤 智之, 山田 安希子, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : 口蓋に生じた悪性リンパ腫の2症例, 第23回日本臨床口腔病理学会, (巻), (号), (頁), 2012年9月..[著者] ...
閲覧 近藤 智之, 山田 安希子, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : 口蓋に生じた悪性リンパ腫の2症例, 第60回日本口腔科学会中国・四国地方部会, 2012年10月..[著者] ...
閲覧 Akihiko Iwasa, Rieko Arakaki, Akiko Yamada, Eiji Tanaka, Yasusei Kudo and Naozumi Ishimaru : The dysfunction of the aromatase worsens the pathogenesis of Sjogren's syndrome., Proceedings of the Japanese Society for Immunology, (巻), (号), (頁), Dec. 2012..[著者] ...
閲覧 Akiko Yamada, Rieko Arakaki, Mie Kurosawa, Tomoyuki Kondo, Yasusei Kudo, Yoshio Hayashi and Naozumi Ishimaru : Functional defect of Foxp3+Treg cells in Sjogren's syndrome., Proceedings of the Japanese Society for Immunology, Dec. 2012..[著者] ...
閲覧 Mie Kurosawa, Akiko Yamada, Rieko Arakaki, Tomoyuki Kondo, Yasusei Kudo and Naozumi Ishimaru : Analysis of infiltrating immune cells in the target tissues of murine models for Sjogren's syndorome., Proceedings of the Japanese Society for Immunology, (巻), (号), (頁), Dec. 2012..[著者] ...
閲覧 Rieko Arakaki, Hiroshi Eguchi, Akiko Yamada, Yasusei Kudo, Yoshinori Mitamura, Yoshio Hayashi and Naozumi Ishimaru : An Effective Therapy of Ocular Lesions in a Murine Model for Sjogren's Syndorome by Eye Drop Administration of Rebamipide., Proceedings of the Japanese Society for Immunology, Dec. 2012..[著者] ...
閲覧 Takashi Izawa, Tomoyuki Kondo, Mie Kurosawa, Ritsuko Oura, Kazuma Matsumoto, Eiji Tanaka, Akiko Yamada, Rieko Arakaki, Yasusei Kudo, Yoshio Hayashi and Naozumi Ishimaru : Fas-Independent T-Cell Apoptosis by Dendritic Cells Controls Autoimmune Arthritis in MRL/lpr Mice, PLoS ONE, Vol.7, No.12, e48798, 2012..[著者] ...
閲覧 Akiko Yamada, Rieko Arakaki, Yasusei Kudo and Naozumi Ishimaru : Targeting IL-1 in Sjögren's syndrome., Expert Opinion on Therapeutic Targets, Vol.17, No.4, 393-401, Jan. 2013..[著者] ...
閲覧 Ritsuko Oura, Rieko Arakaki, Akiko Yamada, Yasusei Kudo, Eiji Tanaka, Yoshio Hayashi and Naozumi Ishimaru : Induction of Rapid T Cell Death and Phagocytic Activity by Fas-Deficient lpr Macrophages., The Journal of Immunology, 2013..[著者] ...
閲覧 山本 武範, 吉村 勇哉, 山本 篤司, 懸山 啓太, 山田 安希子, 寺田 弘, 原島 秀吉, 篠原 康雄 : ミトコンドリアからのapoptosis-inducing factor (AIF)の漏出を促進する因子の同定と漏出したAIFの分子構造解析, 日本薬学会第133年会, 2013年3月..[著者] ...
閲覧 Natsumi Shimizu, Izumi Nakako Nakajima, Takaaki Tsunematsu, Ikuko Ogawa, Hidehiko Kawai, Ryoichi Hirayama, Akira Fujimori, Akiko Yamada, Ryuichi Okayasu, Naozumi Ishimaru, Takashi Takata and Yasusei Kudo : Selective enhancing effect of early mitotic inhibitor 1 depletion on the sensitivity of doxorubicin or X-ray treatment in human cancer cells., The Journal of Biological Chemistry, (巻), (号), (頁), 2013..[著者] ...
閲覧 岩浅 亮彦, 近藤 智之, 黒澤 実愛, 新垣 理恵子, 山田 安希子, 田中 栄二, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : アロマターゼ遺伝子欠損マウスにおける肥満とシェーグレン症候群様病変との関連, 第102回日本病理学会, 2013年6月..[著者] ...
閲覧 近藤 智之, 工藤 保誠, 山田 安希子, 石丸 直澄 : 自己免疫疾患モデルを用いた腫瘍免疫システムの解析, 第102回日本病理学会, 2013年6月..[著者] ...
閲覧 新垣 理恵子, 山田 安希子, 工藤 保誠, 江口 洋, 三田村 佳典, 林 良夫, 石丸 直澄 : シェーグレン症候群モデルを用いたレバミピド点眼薬によるドライアイの改善効果とその作用機序, 第102回日本病理学会, 2013年6月..[著者] ...
閲覧 山田 安希子, 新垣 理恵子, 黒澤 実愛, 近藤 智之, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : シェーグレン症候群における制御性T細胞の機能解析, 第102回日本病理学会, 2013年6月..[著者] ...
閲覧 岩浅 亮彦, 新垣 理恵子, 山田 安希子, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : アロマターぜ遺伝子欠損マウスにおけるシェーグレン症候群様病変と肥満との関連, 四国免疫ファオーラム, (巻), (号), (頁), 2013年6月..[著者] ...
閲覧 Akiko Yamada, Rieko Arakaki, Mie Kurosawa, Tomoyuki Kondo, Koichi Yamada, Yoshio Hayashi and Naozumi Ishimaru : Deficient differentiation of Treg cell in a murine model of Sjogren's syndrome., 15th International Congress of Immunology, Milan, Aug. 2013..[著者] ...
閲覧 近藤 智之, 山田 安希子, 新垣 理恵子, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : 自己免疫疾患モデルを用いた腫瘍免疫システムの解析, 日本歯科基礎医学会誌, 2013年9月..[著者] ...
閲覧 山本 武範, 吉村 勇哉, 山本 篤司, 山田 安希子, 寺田 弘, 篠原 康雄 : 透過性遷移を誘起したミトコンドリアからのApoptosis-inducing factor(AIF)の漏出機構, 第35回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム講演要旨集, 60, 2013年11月..[著者] ...
閲覧 Koichi Yamada, Akihiko Iwasa, Tomoyuki Kondo, Mie Kurosawa, Rieko Arakaki, Akiko Yamada, Yasusei Kudo, Y Taquahashi, A Takagi, J Kanno and Naozumi Ishimaru : Invivo effect of multi-wall carbon nanotubes on immune system., 6th International Symposium on Nanotechnology,Occupational and Environmental system., Nagoya, Nov. 2013..[著者] ...
閲覧 新垣 理恵子, 江口 洋, 山田 安希子, 工藤 保誠, 三田村 佳典, 林 良夫, 石丸 直澄 : Eye drop administration of rebamipide is effective to a dry eye symptom in a model mice of Sjogren's syndorome., 日本免疫学会総会·学術集会記録, 2013年12月..[著者] ...
閲覧 岩浅 亮彦, 黒澤 実愛, 新垣 理恵子, 山田 安希子, 田中 栄二, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : Relationship between aromatase-related obesity and autoimmunity in Sjogren's syndorome., 日本免疫学会総会·学術集会記録, (巻), (号), (頁), 2013年12月..[著者] ...
閲覧 黒澤 実愛, 石丸 直澄, 新垣 理恵子, 山田 安希子, 工藤 保誠, 近藤 智之 : Anovel role of CXCR7 in controlling autoreactive T cells of a murine model for Sjogren's syndorome., 日本免疫学会総会·学術集会記録, 2013年12月..[著者] ...
閲覧 Kouta Yano, Christine Carter, Naofumi Yoshida, Takaya Abe, Akiko Yamada, Takeshi Nitta, Naozumi Ishimaru, Kensuke Takada, W Geoffrey Butcher and Yousuke Takahama : Gimap3 and Gimap5 cooperate to maintain T-cell numbers in the mouse., European Journal of Immunology, Vol.44, No.2, 561-572, 2014..[著者] ...
閲覧 Tomoyuki Kondo, Akiko Yamada, Rieko Arakaki, Takaaki Tsunematu, Yasusei Kudo and Naozumi Ishimaru : Analysis of the regulatory mechanism for tumor immunity by using autoimmune lpr mice., International Congress on Autoimmunity, Niece, March 2014..[著者] ...
閲覧 Akihiko Iwasa, Rieko Arakaki, Akiko Yamada, Eiji Tanaka, Yasusei Kudo and Naozumi Ishimaru : Pathologenesis of Sjogren's syndrome through Aromatase and adipose tissue., International Congress on Autoimmunity, Niece, March 2014..[著者] ...
閲覧 近藤 智之, 黒澤 実愛, 常松 貴明, 山田 安希子, 新垣 理恵子, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : 自己免疫疾患モデルを用いた腫瘍免疫制御機構の解析, 日本病理学会会誌, Vol.103, No.1, 268, 2014年4月..[著者] ...
閲覧 常松 貴明, 工藤 保誠, 近藤 智之, 黒澤 実愛, 山田 安希子, 新垣 理恵子, 石丸 直澄 : ユビキチン分解による複製前複合体形成因子CDT1の発現制御機構の解析, 日本病理学会会誌, Vol.103, No.1, 268, 2014年4月..[著者] ...
閲覧 新垣 理恵子, 山田 安希子, 工藤 保誠, 林 良夫, 石丸 直澄 : ニッケルアレルギー発症におけるThmic Stromal Lymphopoiethinの重要性, 日本病理学会会誌, Vol.103, No.1, 268, 2014年4月..[著者] ...
閲覧 山田 安希子, 新垣 理恵子, 黒澤 実愛, 近藤 智之, 常松 貴明, 工藤 保誠, 林 良夫, 石丸 直澄 : シェーグレン症候群の発症における制御性T細胞の役割, 日本病理学会会誌, Vol.103, No.1, 268, 2014年4月..[著者] ...
閲覧 工藤 保誠, 常松 貴明, 近藤 智之, 黒澤 実愛, 山田 安希子, 新垣 理恵子, 石丸 直澄 : 癌細胞におけるペリオスチンのスプライシングバリアントの発現とEMTとの関連, 日本病理学会会誌, Vol.103, No.1, 268, 2014年4月..[著者] ...
閲覧 Ashrin Nur Meinar, Rieko Arakaki, Akiko Yamada, Tomoyuki Kondo, Mie Kurosawa, Yasusei Kudo, Megumi Watanabe, Tetsuo Ichikawa, Yoshio Hayashi and Naozumi Ishimaru : A critical role for thymic stromal lymphopoietin in nickel-induced allergy in mice., The Journal of Immunology, Vol.192, No.9, 4025-4031, 2014..[著者] ...
閲覧 Rieko Arakaki, Akiko Yamada, Yasusei Kudo, Yoshio Hayashi and Naozumi Ishimaru : Mechanism of Activation-Induced Cell Death of T Cells and Regulation of FasL Expression., Critical Reviews in Immunology, Vol.34, No.4, 301-314, May 2014..[著者] ...
閲覧 Rieko Arakaki, Hiroshi Eguchi, Akiko Yamada, Yasusei Kudo, Akihiko Iwasa, Enkhmaa Tserennadmid, Hotta Fumika, Mitamura-Aizawa Sayaka, Yoshio Hayashi and Naozumi Ishimaru : Anti-Inflammatory Effects of Rebamipide Eyedrop Administration on Ocular Lesions in a Murine Model of Primary Sjögren's Syndrome., PLoS ONE, Vol.9, No.5, e98390, 2014..[著者] ...
閲覧 近藤 智之, 鯨岡 聡子, 牛尾 綾, 黒澤 実愛, 常松 貴明, 山田 安希子, 新垣 理恵子, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : 自己免疫疾患モデルを用いた腫瘍増殖制御機構の解明, 第33回分子病理学研究会, 2014年7月..[著者] ...
閲覧 近藤 智之, 鯨岡 聡子, 牛尾 綾, 黒澤 実愛, 常松 貴明, 山田 安希子, 新垣 理恵子, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : 自己免疫疾患モデルを用いた腫瘍増殖抑制機構の解明, 免疫サマースクール2014, 2014年7月..[著者] ...
閲覧 鯨岡 聡子, 工藤 保誠, 常松 貴明, 近藤 智之, 牛尾 綾, 黒澤 実愛, 山田 安希子, 新垣 理恵子, 石丸 直澄 : 口腔癌細胞におけるペリオスチンのスプライシングバリアントの発現とその意義, 第25回日本臨床口腔病理学会, (巻), (号), (頁), 2014年8月..[著者] ...
閲覧 牛尾 綾, 新垣 理恵子, 黒澤 実愛, 近藤 智之, 鯨岡 聡子, 常松 貴明, 山田 安希子, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : シェーグレン症候群モデルマウスにおけるマクロファージの役割, 第25回日本臨床口腔病理学会, (巻), (号), (頁), 2014年8月..[著者] ...
閲覧 近藤 智之, 常松 貴明, 黒澤 実愛, 鯨岡 聡子, 牛尾 綾, 山田 安希子, 新垣 理恵子, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : 自己疾患モデルを用いた腫瘍増殖抑制システムの解明, 第25回日本臨床口腔病理学会, (巻), (号), (頁), 2014年8月..[著者] ...
閲覧 牛尾 綾, 新垣 理恵子, 黒澤 実愛, 近藤 智之, 鯨岡 聡子, 常松 貴明, 山田 安希子, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : シェーグレン症候群モデルマウスの標的臓器におけるマクロファージの役割, 日本シェーグレン症候群学会学術集会, (巻), (号), (頁), 2014年9月..[著者] ...
閲覧 黒澤 実愛, 山田 安希子, 新垣 理恵子, 近藤 智之, 常松 貴明, 工藤 保誠, 鯨岡 聡子, 牛尾 綾, 石丸 直澄 : A novel role of CXCR7 in memory T cells of a murine model for Sjogren's syndorome., 日本免疫学会総会·学術集会記録, (巻), (号), (頁), 2014年12月..[著者] ...
閲覧 新垣 理恵子, 牛尾 綾, 山田 耕一, 黒澤 実愛, 鯨岡 聡子, 近藤 智之, 常松 貴明, 山田 安希子, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : Influence of multi-wall carbon nanotubes on immune system in nomal mice and MRL/lpr mice., 日本免疫学会総会·学術集会記録, (巻), (号), (頁), 2014年12月..[著者] ...
閲覧 牛尾 綾, 新垣 理恵子, 黒澤 実愛, 近藤 智之, 鯨岡 聡子, 山田 安希子, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : Analysis of macrophages in the pathogenesis of murine models for Sjogren's syndorome., 日本免疫学会総会·学術集会記録, (巻), (号), (頁), 2014年12月..[著者] ...
閲覧 Chieko Sugawara, Akira Takahashi, Fumiaki Kawano, Takaharu Kudoh, Akiko Yamada, Naozumi Ishimaru, Hara Kanae and Youji Miyamoto : Neuroendocrine tumor in the mandible: a case report with imaging and histopathologic findings, Oral Surgery, Oral Medicine, Oral Pathology and Oral Radiology, Vol.119, No.1, e41-e48, 2015..[著者] ...
閲覧 Akihiko Iwasa, Rieko Arakaki, Naoko Honma, Aya Ushio, Akiko Yamada, Tomoyuki Kondo, Emi Kurosawa, Satoko Kujiraoka, Takaaki Tsunematsu, Yasusei Kudo, Eiji Tanaka, Noriko Yoshimura, Nobuhiro Harada, Yoshio Hayashi and Naozumi Ishimaru : Aromatase controls Sjögren syndrome-like lesions through monocyte chemotactic protein-1 in target organ and adipose tissue-associated macrophages., The American Journal of Pathology, Vol.185, No.1, 151-161, 2015..[著者] ...
閲覧 新垣 理恵子, 常松 貴明, 山田 安希子, 工藤 保誠, 菅野 純, 石丸 直澄 : 自己免疫疾患モデルマウスを利用した多層化カーボンナノチューブの免疫システムへの影響, 日本病理学会会誌, Vol.104, No.1, 380, 2015年4月..[著者] ...
閲覧 工藤 保誠, 常松 貴明, 鯨岡 聡子, 近藤 智之, 牛尾 綾, 山田 安希子, 新垣 理恵子, 石丸 直澄 : 顎骨中心性粘表皮癌細胞株の樹立とその性状, 日本病理学会会誌, Vol.104, No.1, 401, 2015年4月..[著者] ...
閲覧 牛尾 綾, 新垣 理恵子, 近藤 智之, 鯨岡 聡子, 常松 貴明, 山田 安希子, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : Analysis of macrophages in the pathogenesis of a murine for Sjogren's syndorome., 日本病理学会会誌, Vol.104, No.1, 450, 2015年4月..[著者] ...
閲覧 近藤 智之, 常松 貴明, 鯨岡 聡子, 鯨岡 聡子, 牛尾 綾, 山田 安希子, 新垣 理恵子, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : 自己免疫疾患モデルを用いた腫瘍増殖制御機構の解明, 日本病理学会会誌, Vol.104, No.1, 497, 2015年4月..[著者] ...
閲覧 鯨岡 聡子, 工藤 保誠, 常松 貴明, 近藤 智之, 牛尾 綾, 山田 安希子, 新垣 理恵子, 石丸 直澄 : 口腔癌細胞におけるペリオスチンのスプライシングバリアントの発現とその意義, 日本病理学会会誌, Vol.104, No.1, 497, 2015年4月..[著者] ...
閲覧 常松 貴明, 工藤 保誠, 近藤 智之, 牛尾 綾, 鯨岡 聡子, 山田 安希子, 新垣 理恵子, 石丸 直澄 : 染色体パッセンジャー複合体タンパク質Borealinのユビキチン分解とその癌化への関与, 日本病理学会会誌, Vol.104, No.1, 504, 2015年5月..[著者] ...
閲覧 Takaaki Tsunematsu, Rieko Arakaki, Akiko Yamada, Naozumi Ishimaru and Yasusei Kudo : The non-canonical role of Aurora-A in DNA replication., Frontiers in Oncology, Vol.96, No.4, 468-480, 2015..[著者] ...
閲覧 Akiko Yamada, Aya Ushio, Rieko Arakaki, Takaaki Tsunematsu, Yasusei Kudo, Yoshio Hayashi and Naozumi Ishimaru : Impaired expansion of regulatory T cells in a neonatal thymectomy-induced autoimmune mouse model., The American Journal of Pathology, Vol.185, No.11, 2886-2897, 2015..[著者] ...
閲覧 黒澤 実愛, 山田 安希子, 新垣 理恵子, 齋藤 雅子, 常松 貴明, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : Migratory activity of memory T cells in aly/aly mice., 日本免疫学会総会·学術集会記録, 2015年11月..[著者] ...
閲覧 新垣 理恵子, 牛尾 綾, 黒澤 実愛, 大塚 邦紘, 山田 安希子, 齋藤 雅子, 常松 貴明, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : Analysis of function of macrophages in murine models of Sjogren's syndorome., 日本免疫学会総会·学術集会記録, (巻), (号), (頁), 2015年11月..[著者] ...
閲覧 山本 武範, 山越 亮平, 原田 一樹, 河野 麻由, 桑原 かな, 南 尚希, 山田 安希子, 寺田 弘, 篠原 康雄 : 酵母を使ったミトコンドリアのカルシウム取込みにおけるEMRE の機能解析, 第37回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2015年11月..[著者] ...
閲覧 (種別) : Tomoyuki Kondo, Takaaki Tsunematsu, Akiko Yamada, Rieko Arakaki, Masako Saito, Kunihiro Otsuka, Satoko Kujiraoka, Aya Ushio, Mie Kurosawa, Yasusei Kudo and Naozumi Ishimaru : Acceleration of tumor growth due to dysfunction in M1 macrophages and enhanced angiogenesis in an animal model of autoimmune disease., Laboratory Investigation; a Journal of Technical Methods and Pathology, Vol.96, No.4, 468-480, (発行所), (都市), Jan. 2016..[著者] ...
閲覧 (種別) : Masako Saito, Rieko Arakaki, Akiko Yamada, Takaaki Tsunematsu, Yasusei Kudo and Naozumi Ishimaru : Molecular Mechanisms of Nickel Allergy., International Journal of Molecular Sciences, Vol.17, No.2, (頁), (発行所), (都市), Feb. 2016..[著者] ...
閲覧 Akiko Yamada, Rieko Arakaki, Masako Saito, Takaaki Tsunematsu, Yasusei Kudo and Naozumi Ishimaru : Role of regulatory T cell in the pathogenesis of inflammatory bowel disease., World Journal of Gastroenterology : WJG, Vol.22, No.7, 2195-2205, Feb. 2016..[著者] ...
閲覧 Takenori Yamamoto, Ryohei Yamagoshi, Kazuki Harada, Mayu Kawano, Naoki Minami, Yusuke Ido, Kana Kuwahara, Atsushi Fujita, Mizune Ozono, Akira Watanabe, Akiko Yamada, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : Analysis of the structure and function of EMRE in a yeast expression system., Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Bioenergetics, Vol.1857, No.6, 831-839, 2016..[著者] ...
閲覧 山本 武範, 山越 亮平, 原田 一樹, 河野 麻由, 桑原 かな, 南 尚希, 山田 安希子, 寺田 弘, 篠原 康雄 : ミトコンドリアのカルシウムイオンチャネル複合体におけるEMREの機能解析, 日本薬学会年会, 2016年3月..[著者] ...
閲覧 (種別) : 常松 貴明, 工藤 保誠, 山田 安希子, 新垣 理恵子, 小川 博久, 上原 久典, 石丸 直澄, 常山 幸一 : 染色体パッセンジャー複合体タンパク質Borealinのユビキチン分解の意義とその癌化への関与, 日本病理学会会誌, Vol.105, No.1, 548, (発行所), (都市), 2016年4月..[著者] ...
閲覧 常松 貴明, 工藤 保誠, 山田 安希子, 新垣 理恵子, 小川 博久, 上原 久典, 石丸 直澄, 常山 幸一 : 染色体パッセンジャー複合体タンパク質Borealinのユビキチン分解の意義とその癌化への関与, 日本病理学会会誌, Vol.105, No.1, 548, 2016年4月..[著者] ...
閲覧 鯨岡 聡子, 工藤 保誠, 常松 貴明, 近藤 智之, 牛尾 綾, 大塚 邦紘, 山田 安希子, 新垣 理恵子, 石丸 直澄 : 顎骨中心性明細胞性腫瘍からの細胞株の樹立とその性状, 第105回日本病理学会総会, Vol.105, No.1, 2016年5月..[著者] ...
閲覧 牛尾 綾, 齋藤 雅子, 山田 安希子, 大塚 邦紘, 黒澤 実愛, 鯨岡 聡子, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : シェーグレン症候群モデルマウスの病態形成におけるマクロファージの役割, 第105回日本病理学会総会, Vol.105, No.1, (頁), 2016年5月..[著者] ...
閲覧 新垣 理恵子, 常松 貴明, 山田 安希子, 齋藤 雅子, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : 全身吸入暴露による多層化カーボンナノチューブの免疫システムへの影響, 第105回日本病理学会総会, Vol.105, No.1, (頁), 2016年5月..[著者] ...
閲覧 Takenori Yamamoto, Yamagoshi Ryohei, Harada Kazuki, Kawano Mayu, Minami Naoki, Ido Yusuke, Ozono Mizune, Watanabe Akira, Akiko Yamada, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : Analysis of the Structure and Function of EMRE in Mitochondrial Calcium Channel using a Yeast Expression System, European Bioenergetics Conference 2016, Riva del Garda, July 2016..[著者] ...
閲覧 Takaaki Tsunematsu, Natsumi Fujiwara, Maki Yoshida, Yukihiro Takayama, Satoko Kujiraoka, Guangying Qi, Masae Kitagawa, Tomoyuki Kondo, Akiko Yamada, Rieko Arakaki, Mutsumi Miyauchi, Ikuko Ogawa, Yoshihiro Abiko, Hiroki Nikawa, Shinya Murakami, Takashi Takata, Naozumi Ishimaru and Yasusei Kudo : Human odontogenic epithelial cells derived from epithelial rests of Malassez possess stem cell properties., Laboratory Investigation; a Journal of Technical Methods and Pathology, (巻), (号), (頁), 2016..[著者] ...
閲覧 梅田 将旭, 常松 貴明, 齋藤 雅子, 山田 安希子, 新垣 理恵子, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : 口腔扁平上皮癌におけるPeriostinスプライシングバリアントの新たな役割, 第27回日本臨床口腔病理学会総会・学術大会, (巻), (号), (頁), 2016年8月..[著者] ...
閲覧 鯨岡 聡子, 工藤 保誠, 常松 貴明, 牛尾 綾, 大塚 邦紘, 山田 安希子, 石丸 直澄 : 小児に発生した歯原性下顎骨腫瘍の1例, 日本臨床口腔病理学会総会・学術集会, Vol.27, 2016年8月..[著者] ...
閲覧 牛尾 綾, 工藤 保誠, 鯨岡 聡子, 大塚 邦紘, 常松 貴明, 山田 安希子, 石丸 直澄 : 上顎骨腫瘍, 日本臨床口腔病理学会総会・学術集会, Vol.27, (号), (頁), 2016年8月..[著者] ...
閲覧 Masako Saito, Kunihiro Ohtsuka, Aya Ushio, Mie Kurosawa, Akiko Yamada, Yasusei Kudo, Rieko Arakaki and Naozumi Ishimaru : Abnormal germinal center(GC)reaction in autoimmunity., ICI2016, Melbourne, Aug. 2016..[著者] ...
閲覧 Akiko Yamada, Aya Ushio, Rieko Arakaki, Yasusei Kudo and Naozumi Ishimaru : Impaired Expansion of Regulatory T cells in a Neonatal Thymectomy-induced Autoimmune Mouse Model, ICI2016, (巻), (号), (頁), Melbourne, Aug. 2016..[著者] ...
閲覧 大塚 邦紘, 齋藤 雅子, 牛尾 綾, 山田 安希子, 新垣 理恵子, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : シェーグレン症候群モデルにおける濾胞ヘルパーT細胞の機能解析, 日本シェーグレン症候群学会, Vol.25, 2016年9月..[著者] ...
閲覧 牛尾 綾, 新垣 理恵子, 大塚 邦紘, 齋藤 雅子, 山田 安希子, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : シェーグレン症候群の病態形成におけるマクロファージの役割, 日本シェーグレン症候群学会, Vol.25, (号), (頁), 2016年9月..[著者] ...
閲覧 大塚 邦紘, 牛尾 綾, 宮本 由貴, 鯨岡 聡子, 山田 安希子, 青田 桂子, 工藤 保誠, 東 雅之, 石丸 直澄 : 1, 第64回日本口腔科学会中国四国地方部会, Vol.64, 2016年10月..[著者] ...
閲覧 大園 瑞音, 山本 武範, 山越 亮平, 山田 安希子, 廣島 佑香, 寺田 弘, 篠原 康雄 : 酵母再構成系を用いたミトコンドリアカルシウムユニポーター(MCU)の構造機能解析, 第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2016年11月..[著者] ...
閲覧 山本 武範, 大園 瑞音, 山越 亮平, 山田 安希子, 廣島 佑香, 寺田 弘, 篠原 康雄 : 酵母再構成系を用いたミトコンドリアカルシウムユニポーターの 構造機能解析, 第38回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2016年11月..[著者] ...
閲覧 Aya Ushio, Rieko Arakaki, Masako Saito, Akiko Yamada, Kunihiro Ohtsuka, Mie Kurosawa, Satoko Kujiraoka, Yasusei Kudo and Naozumi Ishimaru : Analysis of macrophages in the pathogenesis of a murine model for Sjogren's syndrome., 第45回日本免疫学会学術集会, Vol.45, Dec. 2016..[著者] ...
閲覧 Kunihiro Ohtsuka, Masako Saito, Mie Kurosawa, Aya Ushio, Akiko Yamada, Rieko Arakaki, Yasusei Kudo and Naozumi Ishimaru : Analysis of follicular helper T cells in a mouse model for Sjogren's syndrome., 第45回日本免疫学会学術集会, Vol.45, (号), (頁), Dec. 2016..[著者] ...
閲覧 Akiko Yamada, Rieko Arakaki, Aya Ushio, Takaaki Tsunematsu, Yasusei Kudo and Naozumi Ishimaru : 1)Impaired Expansion of Regulatory T cells in a Murine model of Neonatal Thymectomy-induced Sjogrens Syndrome, 第45回日本免疫学会学術集会, Vol.45, (号), (頁), Dec. 2016..[著者] ...
閲覧 Rieko Arakaki, Kohichi Yamada, Aya Ushio, Mie Kurosawa, Kunihiro Ohtsuka, Masako Saito, Takaaki Tsunematsu, Akiko Yamada, Yasusei Kudo and Naozumi Ishimaru : Immunological and toxicological effect of multi-wall carbon nanotubes by whole body inhalation exposure in B6 mice, 第45回日本免疫学会学術集会, Vol.45, (号), (頁), Dec. 2016..[著者] ...
閲覧 Masako Saito, Kunihiro Otsuka, Aya Ushio, Akiko Yamada, Rieko Arakaki, Yasusei Kudo and Naozumi Ishimaru : Unique Phenotypes and Functions of Follicular Helper T Cell and Regulatory T Cell in Sjögren's Syndrome., Current Rheumatology Reviews, Vol.14, No.3, 239-245, Jan. 2017..[著者] ...
閲覧 常松 貴明, 工藤 保誠, 山田 安希子, 新垣 理恵子, 小川 博久, 常山 幸一, 石丸 直澄 : 胎児性癌細胞におけるユビキチンプロテアソーム経路による未分化性維持機構, 日本病理学会会誌, Vol.106, No.1, 356, 2017年3月..[著者] ...
閲覧 山本 武範, 大園 瑞音, 山越 亮平, 山田 安希子, 廣島 佑香, 寺田 弘, 篠原 康雄 : 酵母発現系によるミトコンドリアカルシウムユニポーター(MCU)の構造機能解析, 日本薬学会年会, 2017年3月..[著者] ...
閲覧 谷口 あい, 山本 武範, 井戸 佑介, 廣島 佑香, 山田 安希子, 篠原 康雄 : クロナゼパムがマウスの遺伝子発現に及ぼす影響のマイクロアレイ解析, 日本薬学会年会, 2017年3月..[著者] ...
閲覧 Akiko Yamada, Rieko Arakaki, Masako Saito, Yasusei Kudo and Naozumi Ishimaru : Dual Role of Fas/FasL-Mediated Signal in Peripheral Immune Tolerance., Frontiers in Immunology, Vol.8, No.403, 2017..[著者] ...
閲覧 Satoko Kujiraoka, Takaaki Tsunematsu, Yukiko Sato, Maki Yoshida, Ayataka Ishikawa, Rei Tohyama, Michio Tanaka, Yutaka Kobayashi, Tomoyuki Kondo, Aya Ushio, Kunihiro Otsuka, Mie Kurosawa, Masako Saito, Akiko Yamada, Rieko Arakaki, Hirokazu Nagai, Hiromasa Nikai, Kengo Takeuchi, Toshitaka Nagao, Youji Miyamoto, Naozumi Ishimaru and Yasusei Kudo : Establishment and characterization of a clear cell odontogenic carcinoma cell line with EWSR1-ATF1 fusion gene., Oral Oncology, Vol.69, 46-55, 2017..[著者] ...
閲覧 大塚 邦紘, 山田 安希子, 齋藤 雅子, 牛尾 綾, 黒澤 実愛, 鯨岡 聡子, 常松 貴明, 工藤 保誠, 新垣 理恵子, 石丸 直澄 : シェーグレン症候群モデルマウスにおける濾胞ヘルパーT細胞の解析, 第106回日本病理学会総会, Vol.106, 2017年4月..[著者] ...
閲覧 梅田 将旭, 常松 貴明, 齋藤 雅子, 山田 安希子, 新垣 理恵子, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : 口腔癌におけるPeriostinスプライシングバリアントの新たな役割, 第106回日本病理学会総会, Vol.106, (号), (頁), 2017年4月..[著者] ...
閲覧 鯨岡 聡子, 工藤 保誠, 常松 貴明, 牛尾 綾, 大塚 邦紘, 山田 安希子, 新垣 理恵子, 石丸 直澄 : 歯原性明細胞癌細胞株の樹立とその性状解析, 第106回日本病理学会総会, Vol.106, (号), (頁), 2017年4月..[著者] ...
閲覧 牛尾 綾, 新垣 理恵子, 山田 安希子, 大塚 邦紘, 鯨岡 聡子, 常松 貴明, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : シェーグレン症候群の唾液腺におけるマクロファージサブセットと病態への関与, 第106回日本病理学会総会, Vol.106, (号), (頁), 2017年4月..[著者] ...
閲覧 常松 貴明, 工藤 保誠, 山田 安希子, 新垣 理恵子, 小川 博久, 常山 幸一, 石丸 直澄 : 胎児性癌細胞におけるユビキチンプロテアソーム経路による未分化性維持機構, 第106回日本病理学会総会, Vol.106, (号), (頁), 2017年4月..[著者] ...
閲覧 新垣 理恵子, 山田 耕一, 齋藤 雅子, 大塚 邦紘, 山田 安希子, 常松 貴明, 工藤 保誠, 菅野 純, 石丸 直澄 : Chronic influence of Multi-walled carbon nanotubes (MWCNT) on immune system, 第106回日本病理学会総会, Vol.106, (号), (頁), 2017年4月..[著者] ...
閲覧 大園 瑞音, 山本 武範, 渡辺 朗, 山田 安希子, 廣島 佑香, 寺田 弘, 篠原 康雄 : ミトコンドリアカルシウムユニポーター(MCU)の構造と機能の相関解析, 第9回日本生物物理学会中国四国支部大会, 2017年5月..[著者] ...
閲覧 Aya Ushio, Rieko Arakaki, Hiroshi Eguchi, Fumika Hotta, Akiko Yamada, Yasusei Kudo and Naozumi Ishimaru : Pathological Analysis of Ocular Lesions in a Murine Model of Sjögren's Syndrome., International Journal of Molecular Sciences, Vol.18, No.6, (頁), 2017..[著者] ...
閲覧 牛尾 綾, 新垣 理恵子, 山田 安希子, 大塚 邦紘, 黒澤 実愛, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : シェーグレン症候群モデルマウスの唾液腺マクロファージと病態への関与, 第16回四国免疫フォーラム, 2017年6月..[著者] ...
閲覧 Takenori Yamamoto, Akiko Yamada, Ozono Mizune and Watanabe Akira : The Functions of EMRE in Mitochondrial Calcium Uptake System, Seikagaku, Vol.89, No.3, 453-457, 2017..[著者] ...
閲覧 大塚 邦紘, 山田 安希子, 齋藤 雅子, 牛尾 綾, 鯨岡 聡子, 黒澤 実愛, 常松 貴明, 新垣 理恵子, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : シェーグレン症候群疾患モデルにおける胚中心反応の解析, 第28回日本臨床口腔病理学会, Vol.28, (号), (頁), 2017年8月..[著者] ...
閲覧 大塚 邦紘, 山田 安希子, (著者), 工藤 保誠, 新垣 理恵子, 石丸 直澄 : シェーグレン症候群疾患モデルにおける胚中心反応の解析, 第26回日本シェーグレン症候群学会学術集会, Vol.26, (号), (頁), 2017年9月..[著者] ...
閲覧 Mie Kurosawa, Rieko Arakaki, Akiko Yamada, Takaaki Tsunematsu, Yasusei Kudo, J Sprent and Naozumi Ishimaru : NF κB2 Controls the Migratory Activity of Memory T Cells by Regulating Expression of CXCR4 in a Mouse Model of Sjögren's Syndrome, Arthritis & Rheumatology, Vol.69, No.11, 2193-2202, 2017..[著者] ...
閲覧 大塚 邦紘, 山田 安希子, 牛尾 綾, 黒澤 実愛, 新垣 理恵子, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : Analysis of follicular helper T cells in a mouse model for Sjogren's syndorome., 日本免疫学会総会·学術集会記録, Vol.46, 81, 2017年12月..[著者] ...
閲覧 牛尾 綾, 新垣 理恵子, 山田 安希子, 大塚 邦紘, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : CCL22-producing resident macrophages enhancesnautoimmune lesions in a mouse model of Sjogren's syndorome., 日本免疫学会総会·学術集会記録, Vol.46, (号), 119, 2017年12月..[著者] ...
閲覧 Kunihiro Ohtsuka, Akiko Yamada, Masako Saito, Aya Ushio, Takaaki Tsunematsu, Rieko Arakaki, Yasusei Kudo, Hidehiro Kishimmoto and Naozumi Ishimaru : Analysis of follicular helper T cells in a mouse model for Sjogren's Syndorome., 11th International Congress of Autoimmunity, (巻), (号), (頁), Lisbon, May 2018..[著者] ...
閲覧 Takenori Yamamoto, Moe Tsunoda, Mizune Ozono, Akira Watanabe, Kazumasa Kotake, Yuka Hiroshima, Akiko Yamada, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : Polyethyleneimine renders mitochondrial membranes permeable by interacting with negatively charged phospholipids in them, Archives of Biochemistry and Biophysics, 2018..[著者] ...
閲覧 大塚 邦紘, 山田 安希子, 齋藤 雅子, 牛尾 綾, 常松 貴明, 工藤 保誠, 新垣 理恵子, 石丸 直澄 : シェーグレン症候群疾患モデルの自己免疫病変における濾胞ヘルパーT細胞の役割, 日本病理学会会誌, Vol.107, 2018年6月..[著者] ...
閲覧 沼田 雪乃, 大塚 邦紘, 山田 安希子, 牛尾 綾, 常松 貴明, 工藤 保誠, 新垣 理恵子, 石丸 直澄 : シェーグレン症候群疾患モデルにおけるNotchシグナルの役割, 日本病理学会会誌, Vol.107, (号), (頁), 2018年6月..[著者] ...
閲覧 大塚 邦紘, 山田 安希子, 齋藤 雅子, 牛尾 綾, 木曽田 暁, 常松 貴明, 工藤 保誠, 新垣 理恵子, 石丸 直澄 : シェーグレン症候群疾患モデルの自己免疫病変における濾胞ヘルパーT細胞の役割, 分子病理学研究会, (巻), (号), (頁), 2018年7月..[著者] ...
閲覧 大塚 邦紘, 山田 安希子, 齋藤 雅子, 牛尾 綾, 木曽田 暁, 常松 貴明, 工藤 保誠, 新垣 理恵子, 石丸 直澄 : Asc/2を介した濾胞ヘルパーT細胞分化異常が自己免疫疾患の病態形成に関与する., 日本臨床口腔病理学会, 2018年8月..[著者] ...
閲覧 Takenori Yamamoto, Mizune Ozono, Akira Watanabe, Kousuke Maeda, Akiko Yamada, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : The structure-function analysis of mitochondrial calcium uniporter (MCU) using a yeast expression system, The 20th European Bioenergetics Conference, Budapest, Aug. 2018..[著者] ...
閲覧 大塚 邦紘, 山田 安希子, 齋藤 雅子, 牛尾 綾, 木曽田 暁, 常松 貴明, 工藤 保誠, 新垣 理恵子, 石丸 直澄 : シェーグレン症候群疾患モデルの自己免疫病変における濾胞ヘルパーT細胞の役割, 日本歯科基礎医学会誌, 2018年9月..[著者] ...
閲覧 大塚 邦紘, 山田 安希子, 齋藤 雅子, 牛尾 綾, 木曽田 暁, 常松 貴明, 工藤 保誠, 新垣 理恵子, 石丸 直澄 : シェーグレン症候群疾患モデルの自己免疫病変における濾胞ヘルパーT細胞の役割, 日本シェーグレン症候群学会, (巻), (号), (頁), 2018年9月..[著者] ...
閲覧 山本 武範, 角田 萌, 渡辺 朗, 大園 瑞音, 井戸 佑介, 廣島 佑香, 山田 安希子, 寺田 弘, 篠原 康雄 : ポリエチレンイミンがミトコンドリアからの シトクロムc漏出を誘起するメカニズム, 第40回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2018年10月..[著者] ...
閲覧 Kunihiro Ohtsuka, Kohichi Yamada, Yuhji Taquahashi, Rieko Arakaki, Aya Ushio, Masako Saito, Akiko Yamada, Takaaki Tsunematsu, Yasusei Kudo, Jun Kanno and Naozumi Ishimaru : Long-term polarization of alveolar macrophages to a profibrotic phenotype after inhalation exposure to multi-wall carbon nanotubes., PLoS ONE, Vol.13, No.10, e0205702., 2018..[著者] ...
閲覧 Aya Ushio, Rieko Arakaki, Kunihiro Ohtsuka, Akiko Yamada, Takaaki Tsunematsu, Yasusei Kudo, Keiko Aota, Masayuki Azuma and Naozumi Ishimaru : CCL22-Producing Resident Macrophages Enhance T Cell Response in Sjögren's Syndrome., Frontiers in Immunology, Vol.9, 2594, 2018..[著者] ...
閲覧 Kunihiro Ohtsuka, Akiko Yamada, Masako Saito, Aya Ushio, Satoru Kisoda, Takaaki Tsunematsu, Yasusei Kudo, Rieko Arakaki and Naozumi Ishimaru : A crucial role of follicular helper T cells in autoimmunity of a mouse model for Sjogren's syndorome., Proceedings of the Japanese Society for Immunology, Dec. 2018..[著者] ...
閲覧 Aya Ushio, Rieko Arakaki, Kunihiro Ohtsuka, Akiko Yamada, Yasusei Kudo and Naozumi Ishimaru : CCL22-producing macrophages promote T cell autoimmunity in the target organ of Sjogren's syndorome., Proceedings of the Japanese Society for Immunology, (巻), (号), (頁), Dec. 2018..[著者] ...
閲覧 Rieko Arakaki, Nakayama Shinichiro, Aya Ushio, Otsuka Kunihiro, Kisoda Satoshi, Takaaki Tsunematsu, Akiko Yamada, Yasusei Kudo and Naozumi Ishimaru : The role of the cleaved from IL-33 in pathogenesis of Sjogren's syndorome(SS), Proceedings of the Japanese Society for Immunology, Dec. 2018..[著者] ...
閲覧 牛尾 綾, 新垣 理恵子, 山田 安希子, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : シェーグレン症候群モデルマウスの標的組織マクロファージが病態形成に及ぼす影響, 第18回四国免疫フォーラム, 2019年6月..[著者] ...
閲覧 Takenori Yamamoto, Mizune Ozono, Akira Watanabe, Kosuke Maeda, Atsushi Nara, Mei Hashida, Yusuke Ido, Yuka Hiroshima, Akiko Yamada, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : Functional analysis of coiled-coil domains of MCU in mitochondrial calcium uptake, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Bioenergetics, 148061, 2019..[著者] ...
閲覧 Aya Ushio, Rieko Arakaki, Akiko Yamada, Yasusei Kudo and Naozumi Ishimaru : The new therapeutic strategy targeting chemokine in Sjogren's Syndorome., 日本RNAi研究会, (巻), (号), (頁), Aug. 2019..[著者] ...
閲覧 Kunihiro Otsuka, Akiko Yamada, Masako Saito, Aya Ushio, Mami Sato, Satoru Kisoda, Wenhua Shao, Takaaki Tsunematsu, Yasusei Kudo, Rieko Arakaki and Naozumi Ishimaru : Ascl2-Regulated Follicular Helper T Cells Promote Autoimmunity in a Murine Model for Sjögren's Syndrome., The American Journal of Pathology, (巻), (号), (頁), 2019..[著者] ...
閲覧 Aya Ushio, Rieko Arakaki, Akiko Yamada, Yasusei Kudo and Naozumi Ishimaru : Analysis of pulmonary lesions in a murlne model of sjogren's syndorome., Proceedings of the Japanese Society for Immunology, Dec. 2019..[著者] ...
閲覧 林 亜門, 清水 朱里, 中西 美緒, 山内 加奈, 佐藤 真美, 邵 文華, 木曽田 暁, 福井 仁美, 木野 倫子, 牛尾 綾, 山田 安希子, 常松 貴明, 新垣 理恵子, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : 口腔分子病態学分野における免疫・癌研究, 徳島県歯科医学大会(四国歯学会第56回例会), 2020年2月..[著者] ...
閲覧 橋田 芽依, 渡辺 朗, 小迫 英尊, 前田 康輔, 猪熊 翼, 山田 安希子, 篠原 康雄, 山本 武範 : 近接依存性標識法によるミトコンドリアCaユニポーターの新規制御因子の探索, 日本薬学会第141年会, 2021年3月..[著者] ...
閲覧 大塚 邦紘, 山田 安希子, 齋藤 雅子, 牛尾 綾, 佐藤 真美, 木曽田 暁, 邵 文華, 常松 貴明, 工藤 保誠, 新垣 理恵子, 石丸 直澄 : Achaete-Scute Homologue 2-Regulated Follicular Helper T Cells Promote Autoimmunity in a Murine Model for Sjögren Syndrome., 第32回日本臨床口腔病理学会 奨励賞(実験病理分野), 2021年8月..[著者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 0.74, Max(EID) = 393106, Max(EOID) = 1063443.