『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

PERM=閲覧 徳島大学.口腔科学研究科 (2004年4月1日〜)

登録情報の数

有効な情報: 12件 + 無効な情報: 1件 = 全ての情報: 13件

全ての有効な情報 (12件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(12)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(12)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 Ritsuko Oura, Naozumi Ishimaru, Akiko Yamada, Rieko Arakaki, Takashi Izawa, Kazuma Matsumoto, Eiji Tanaka and Yoshio Hayashi : Immune Regulation by Macrophages through cross-talk between Fas and NF-B Signaling, 日本免疫学会総会・学術集会, Dec. 2009..[組織] ...
閲覧 Kazuma Matsumoto, Naozumi Ishimaru, Takashi Izawa, Rieko Arakaki, Ritsuko Oura, Eiji Tanaka and Yoshio Hayashi : Immunoregulatory effect via RANKL and Fas signaling of dendritic cells in immurine autoimmune arthritis models, 日本免疫学会総会・学術集会, Dec. 2009..[組織] ...
閲覧 Islamy Rahma Hutami, Takashi Izawa, Akiko Mino, Takehiro Shinohara, Hiroki Mori, Akihiko Iwasa and Eiji Tanaka : Fas/S1P1 crosstalk via NF-B activation in osteoclasts controls subchondral bone remodeling in murine TMJ arthritis, Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.490, No.4, 1274-1281, 2017..[組織] ...
閲覧 Tsendsuren Khurel-Ochir, Takashi Izawa, Hiroki Mori, Akihiko Iwasa, Islamy Rahma Hutami and Eiji Tanaka : The role of p21 on the development of TMJ-OA, 6th Meeting of Mongolian Association of Orthdontists,, (号), Ulaanbaatar, Mongolia., Sep. 2018..[組織] ...
閲覧 Tsendsuren Khurel-Ochir, Takashi Izawa, Hiroki Mori, Akihiko Iwasa, Islamy Rahma Hutami and Eiji Tanaka : The role of p21 on the development of TMJ-OA, The 77th Annual Meeting of the Japanese Orthodontic Society, Vol.77, 79, Nov. 2018..[組織] ...
閲覧 Mizukami Miki, Kikutani Takeshi, Miwa Matsuyama, Nagashima Keigo, Isoda Tomoko and Tamura Fumiyo : INVESTIGATING FACTORS RELATED TO THE ACQUISITION OF MASTICATORY FUNCTION IN DOWN SYNDROME CHILDREN, The International Journal of Orofacial Myology, Vol.V45, 46-56, 2019..[組織] ...
閲覧 横谷 亜希子, 松山 美和, 中居 伸行 : 歯科初診患者の歯周病重症度と口腔関連QOL の関連性, 日本歯周病学会会誌, Vol.61, No.4, 168-177, 2019年..[組織] ...
閲覧 田積 匡平, 松山 美和, 小林 靖, 長尾 恭史, 西嶋 久美子 : パーキンソニズム患者における肺炎発症後の経口摂取に関わる臨床的特徴, 学会誌JSPEN, Vol.2, No.1, 16-25, 2020年..[組織] ...
閲覧 梶原 美恵子, 伊丹 幸香, 福沢 幸明, シュバリエ 貴子, 川畑 早香, 松山 美和 : 病棟看護師による「水を使わない口腔ケアシステム」実施の効果, 日本慢性期医療協会誌, Vol.28, No.1, 93-97, 2020年..[組織] ...
閲覧 Matsuo Takao, Miwa Matsuyama, Ken Nakatani and Naoe Mori : Evaluation of Swallowing Movement Using Ultrasonography, Radiological Physics and Technology, Vol.13, No.1, 62-68, 2020..[組織] ...
閲覧 梶原 美恵子, 松山 美和, 守谷 恵未, 角 保徳 : 非経口摂取高齢入院患者に対する「水を使わない口腔ケアシステム」実施による口腔細菌数の変化, 老年歯科医学, Vol.34, No.4, 494-502, 2020年..[組織] ...
閲覧 Wenhua Shao, Natsumi Fujiwara, Yasuhiro Mouri, Satoru Kisoda, Kayo Yoshida, Kaya Yoshida, Hiromichi Yumoto, Kazumi Ozaki, Naozumi Ishimaru and Yasusei Kudo : Conversion from epithelial to partial-EMT phenotype by Fusobacterium nucleatum infection promotes invasion of oral cancer cells., Scientific Reports, Vol.11, No.1, 14943, 2021..[組織] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 0.56, Max(EID) = 393106, Max(EOID) = 1063443.