『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

PERM=閲覧 物質合成化学講座 (2006年4月1日〜2016年3月31日/->組織[徳島大学.先端技術科学教育部.物質生命システム工学専攻.化学機能創生コース.物質合成化学講座])

登録情報の数

有効な情報: 21件 + 無効な情報: 1件 = 全ての情報: 22件

全ての有効な情報 (21件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(21)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(21)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 田中 正己, 南川 慶二, Mohamed Reda Berber, 森 健 : トラゾドンとヒト血清アルブミンとの相互作用, 第58回高分子学会年次大会, 2009年5月..[組織] ...
閲覧 池内 良典, 南川 慶二, 田中 正己 : ウレタン化ポリエチレングリコール系ER流体におけるER効果の分子量依存性, 第58回高分子学会年次大会, 2009年5月..[組織] ...
閲覧 田中 正己, 南川 慶二, Mohamed Reda Berber, Inas Hazzaa Hafez, 森 健 : アモキサピンとヒト血清アルブミンとの相互作用, 第58回高分子討論会, 2009年9月..[組織] ...
閲覧 南川 慶二, 土井 邦朗, 上木 健司, 池内 良典, 田中 正己 : カルボキシル化ポリエチレングリコールを用いたER流体の調製, 日本レオロジー学会第37年会, 2010年5月..[組織] ...
閲覧 田中 正己, 南川 慶二, Mohamed Reda Berber, Inas Hazzaa Hafez, 森 健 : アミトリプチリンとヒト血清アルブミンとの相互作用, 第59回高分子学会年次大会, 2010年5月..[組織] ...
閲覧 Mohamed Reda Berber, Inas Hazzaa Hafez, 南川 慶二, 田中 正己, 森 健 : The effect of molecular parameters on thermal behavior of poly (N-n-propylacrylamide-co-acrylic acid) aqueous solutions, 第59回高分子学会年次大会, 2010年5月..[組織] ...
閲覧 Mohamed Reda Berber, Inas Hazzaa Hafez, Takeshi Ueki, Yoshinori Ikeuchi, 南川 慶二, 田中 正己, 森 健 : Hydrophobically modified N-alkylacrylamide polymershaving reversible gelation properties [I], 第59回高分子学会年次大会, 2010年5月..[組織] ...
閲覧 Takeshi Ueki, Mohamed Reda Berber, Inas Hazzaa Hafez, Yoshinori Ikeuchi, 南川 慶二, 田中 正己, 森 健 : Hydrophobically modified N-alkylacrylamide polymershaving reversible gelation properties [II], 第59回高分子学会年次大会, 2010年5月..[組織] ...
閲覧 Hirotaka Yanagida, Erika Umeki, Yasutaka Tamura, Tadashi Saitoh, Tatsuhisa Takahashi, Masanaga Ikegami and Keiji Minagawa : Ultrasonic Polymerization of N-Isopropylacrylamide below and above Critical Temperature, Japanese Journal of Applied Physics, Vol.49, No.7, 07HE07, 2010..[組織] ...
閲覧 Inas Hazzaa Hafez, Mohamed Reda Berber, Keiji Minagawa, Takeshi Mori and Masami Tanaka : Design of a Multifunctional Nanohybrid System of the Phytohormone Gibberellic Acid Using the Inorganic Layered Double Hydroxide Material, Journal of Agricultural and Food Chemistry, Vol.58, No.18, 10118-10123, 2010..[組織] ...
閲覧 南川 慶二 : ポリエチレングリコールを用いた粒子分散系および液体混合系のER効果, ケミカルエンジニヤリング, Vol.55, No.9, 659-664, 2010年8月..[組織] ...
閲覧 南川 慶二, Mohamed Reda Berber, Inas Hazzaa Hafez, 田中 正己, 森 健 : アルキルアクリルアミド系刺激応答高分子溶液の可逆および不可逆物理ゲル化挙動, プラスチック成形加工学会第18回秋季大会「成形加工シンポジア2010」, 2010年11月..[組織] ...
閲覧 田中 正己, 南川 慶二, Mohamed Reda Berber, Inas Hazzaa Hafez, 森 健 : クロルサイクリジンとヒト血清アルブミンとの相互作用, 2011年日本化学会西日本大会, 2011年11月..[組織] ...
閲覧 田中 正己, 南川 慶二, Mohamed Reda Berber, Inas Hazzaa Hafez, 森 健 : ジフェンヒドラミンとヒト血清アルブミンとの相互作用, 第61回高分子学会年次大会, 2012年5月..[組織] ...
閲覧 椎崎 元揮, 上田 裕章, 南川 慶二, 田中 正己 : ポリ(N-n-プロピルアクリルアミド-co-(メタ)アクリル酸)水溶液の二重熱応答挙動, 第58回高分子研究発表会, 2012年7月..[組織] ...
閲覧 田中 正己, 南川 慶二, Mohamed Reda Berber, Inas Hazzaa Hafez, 森 健 : トンジルアミンとヒト血清アルブミンとの相互作用, 第61回高分子討論会, 2012年9月..[組織] ...
閲覧 田中 正己, 南川 慶二, 今田 泰嗣, Mohamed Reda Berber, Inas Hazzaa Hafez, 森 健 : ドキシラミンとヒト血清アルブミンとの相互作用, 第62回高分子学会年次大会, 2013年5月..[組織] ...
閲覧 田中 正己, 南川 慶二, 今田 泰嗣, 荒川 幸弘, Inas Hazzaa Hafez, Mohamed Reda Berber, 森 健 : セチリジンとヒト血清アルブミンとの相互作用, 第63回高分子学会年次大会, 2014年5月..[組織] ...
閲覧 田中 正己, 南川 慶二, 今田 泰嗣, 荒川 幸弘 : トリプロリジンとヒト血清アルブミンとの相互作用, 第63回高分子討論会, 2014年9月..[組織] ...
閲覧 田中 正己, 南川 慶二, 今田 泰嗣, 荒川 幸弘 : ヒドロキシジンとヒト血清アルブミンとの相互作用, 高分子学会第63回年次大会, 2015年5月..[組織] ...
閲覧 田中 正己, 南川 慶二, 今田 泰嗣, 荒川 幸弘 : メタピリレンとヒト血清アルブミンとの相互作用, 第64回高分子討論会, 2015年9月..[組織] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 0.59, Max(EID) = 362779, Max(EOID) = 970357.