『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

PERM=閲覧 中根 俊成

登録情報の数

有効な情報: 23件 + 無効な情報: 3件 = 全ての情報: 26件

全ての有効な情報 (23件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(1)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(1)
閲覧 (未定義) …(14)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 Yoshinori Nitta, Masatake Akutagawa, Hiroshi Miyamoto, Toshiya Okahisa, Yoshiaki Ohnishi, Masaji Nishimura, Shunya Nakane, Ryuji Kaji and Yohsuke Kinouchi : Possibility of predicting Ht values during a plasma exchange therapy using back propagation neural network, Proceedings of 2006 World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering, Seoul, Korea, August 27-September 1, 2006, Vol.1, 1041-1044, Seoul, Aug. 2006..[著者] ...
閲覧 原田 雅史, 森田 奈緒美, 西谷 弘, 宇野 昌明, 永廣 信治, 中根 俊成, 和泉 唯信, 梶 龍兒 : 1.5 Tesla Stroke Unit MRI: 画像診断の新展開, 分子脳血管病, Vol.6, 258-263, 2007年..[著者] ...
閲覧 松井 尚子, 中根 俊成, 和泉 唯信, 永廣 信治, 西田 善彦, 梶 龍兒 : 健常者に発症し治療に難渋したクリプトコッカス髄膜脳炎の1例, 神経治療学, Vol.24, 497-502, 2007年..[著者] ...
閲覧 宇野 昌明, 原田 雅史, 森田 奈緒美, 西 京子, 松原 俊二, 中根 俊成, 和泉 唯信, 藤田 浩司, 永廣 信治 : 3T-MRIによるstroke MRIの有用性と問題点, 脳卒中, Vol.29, No.6, 824-829, 2007年..[著者] ...
閲覧 宇野 昌明, 原田 雅史, 森田 奈緒美, 中根 俊成, 西 京子, 永廣 信治 : 3T-MRIによるstroke MRIの有用性と問題点, 第32回日本脳卒中学会総会, 2007年3月..[著者] ...
閲覧 宇野 昌明, 原田 雅史, 森田 奈緒美, 中根 俊成, 西 京子, 永廣 信治 : 3T-MRIによるstroke MRIの有用性と問題点,, 第36回日本脳卒中の外科学会, 2007年3月..[著者] ...
閲覧 宇野 昌明, 森田 奈緒美, 原田 雅史, 中根 俊成, 和泉 唯信, 西 京子, 永廣 信治 : 3T stroke MRIによる脳卒中急性期の画像診断, 第5回日本神経疾患医療・福祉従事者学会, 2007年8月..[著者] ...
閲覧 新田 佳伯, 芥川 正武, 岡久 稔也, 宮本 弘志, 大西 芳明, 西村 匡司, 中根 俊成, 梶 龍兒, 木内 陽介 : 血液浄化療法時における1分後のHt値の解析, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 225, 2007年9月..[著者] ...
閲覧 嘉村 友一, 芥川 正武, 岡久 稔也, 宮本 弘志, 大西 芳明, 西村 匡司, 中根 俊成, 梶 龍兒, 木内 陽介 : 血漿交換療法時におけるヘマトクリット値の解析, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 226, 2007年9月..[著者] ...
閲覧 新田 佳伯, 芥川 正武, 岡久 稔也, 宮本 弘志, 大西 芳明, 西村 匡司, 中根 俊成, 梶 龍兒, 木内 陽介 : ニューラルネットワークを用いたHt値の予測と信号解析, システム・情報部門学術講演会2007講演論文集, 141-146, 2007年11月..[著者] ...
閲覧 宇野 昌明, 鈴江 淳彦, 西 京子, 森田 奈緒美, 原田 雅史, 和泉 唯信, 中根 俊成, 永廣 信治 : 徳島大学病院stroke centerでの脳卒中医療の現状 -特にstroke MRIの有用性-, 脳卒中の外科, Vol.35, No.6, 427-431, 2007年..[著者] ...
閲覧 Yoshinori Nitta, Masatake Akutagawa, Toshiya Okahisa, Hiroshi Miyamoto, Yoshiaki Ohnishi, Shunya Nakane, Ryuji Kaji, Abhijit S. Pandya and Yohsuke Kinouchi : Analysis of hematocrit value during the plasma exchange, Proceedings of the Intenational Symposium on Biological and Physiological Engineering /The 22nd SICE Symposium on Biological and Physiological Engineering, 278-279, Harbin, Jan. 2008..[著者] ...
閲覧 宇野 昌明, 森田 奈緒美, 原田 雅史, 和泉 唯信, 中根 俊成, 永廣 信治 : Stroke MRIと血栓溶解療法, 脳と循環, Vol.13, No.2, 125-132, 2008年..[著者] ...
閲覧 嘉村 友一, 芥川 正武, 岡久 稔也, 宮本 弘志, 大西 芳明, 西村 匡司, 中根 俊成, 梶 龍兒, 木内 陽介 : 血漿交換療法時におけるヘマトクリット値の固有値解析, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 256, 2008年9月..[著者] ...
閲覧 新田 佳伯, 芥川 正武, 岡久 稔也, 宮本 弘志, 大西 芳明, 西村 匡司, 中根 俊成, 梶 龍兒, 木内 陽介 : 自己組織化を用いたHt 波形のパターン分類の検討, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 257, 2008年9月..[著者] ...
閲覧 Yoshinori Nitta, Masatake Akutagawa, Takahiro Emoto, Toshiya Okahisa, Hiroshi Miyamoto, Yoshiaki Ohnishi, Masaji Nishimura, Shunya Nakane, Ryuji Kaji and Yohsuke Kinouchi : Investigation of a Classification about Time Series Signal Using SOM, The 13th International Conference on Biomedical Engineering, 598-601, Singapore, Dec. 2008..[著者] ...
閲覧 Yoshinori Nitta, Masatake Akutagawa, Takahiro Emoto, Toshiya Okahisa, Hiroshi Miyamoto, Yoshiaki Ohnishi, Shunya Nakane, Ryuji Kaji, Masaji Nishimura and Yohsuke Kinouchi : The possibility of the classification about Ht values using the AR model, Proceedings of 2009 World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering, Vol.25, No.7, 525-528, Munich, Sep. 2009..[著者] ...
閲覧 Naoko Matsui, Shunya Nakane, Fumi Saitou, Izumi Ohigashi, Yasushi Nakagawa, Hirotsugu Kurobe, Hiromitsu Takizawa, Takao Mitsui, Kazuya Kondo, Tetsuya Kitagawa, Yousuke Takahama and Ryuji Kaji : Undiminished regulatory T cells in the thymus of myathenia gravis patients, Neurology, Vol.74, No.10, 816-820, 2010..[著者] ...
閲覧 鎌田 正紀, 中根 俊成, 和泉 唯信, 梶 龍兒 : アルツハイマー病(AD)に正常圧水頭症(NPH)が合併していると考えられた1例, 日本老年医学会雑誌, Vol.47, No.4, 337, 2010年7月..[著者] ...
閲覧 Masaki Kamata, Shunya Nakane, Naoko Matsui, Osamu Higuchi, Sakai Waka, Koji Fujita, Yuishin Izumi, Hidenori Matsuo and Ryuji Kaji : Ocular myasthenia gravis with anti-muscle-specific tyrosine kinase antibodies: Two new cases and a systematic literature review, Clinical & Experimental Neuroimmunology, Vol.7, No.2, 168-173, 2016..[著者] ...
閲覧 Shunya Nakane, Kaori Furutani, Masafumi Harada, Ryo Urushihara, Naoko Matsui, Yuishin Izumi and Ryuji Kaji : Multimodal analysis based on high-field magnetic resonance and motor evoked potentials: A case report of multiple sclerosis, Clinical & Experimental Neuroimmunology, Vol.8, No.1, 43-46, 2016..[著者] ...
閲覧 松井 尚子, 中根 俊成, 梶 龍兒 : ステイッフパーソン症候群, Modern Physician, Vol.36, No.7, 745-747, 2016年7月..[著者] ...
閲覧 鎌田 正紀, 中根 俊成, 松井 尚子, 樋口 理, 酒井 和香, 藤田 浩司, 和泉 唯信, 松尾 秀徳, 梶 龍兒 : 抗MuSK抗体陽性の眼筋型重症筋無力症, 第28回日本神経免疫学会学術集会, 172, 2016年9月..[著者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 2, LA = 1.01, Max(EID) = 372557, Max(EOID) = 996428.