『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

PERM=閲覧 徳島大学.大学院ソシオテクノサイエンス研究部.ライフシステム部門.生命システム工学 (2006年4月1日〜2016年3月31日)

登録情報の数

有効な情報: 127件 + 無効な情報: 13件 = 全ての情報: 140件

全ての有効な情報 (127件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(15)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(15)
閲覧 閲覧 日本細菌学会 …(1)
閲覧 閲覧 日本分子生物学会 …(1)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 前田 史郎, 森 貴志, 佐々木 千鶴, 国本 浩喜 : 放線菌由来ポリ(ε-L-リジン)の分子構造解析, 高分子加工, Vol.52, (号), 36-42, 2003年5月..[組織] ...
閲覧 Shiro Maeda, Ko-Ki Kunimoto, Chizuru Sasaki, Akio Kuwae and Kazuhiko Hanai : Characterization of microbial poly (ϵ-L-Lysin) by FT-IR, Raman and solid state 13C NMR spectroscopies, Journal of Molecular Structure, Vol.655, No.1, 149-155, 2003..[組織] ...
閲覧 Shiro Maeda, Takashi Mori, Chizuru Sasaki, Ko-Ki Kunimoto, Akio Kuwae and Kazuhiko Hanai : Structure investigation of microbial poly (ϵ-L-Lysine) derivatives with azo dyes by solid-state 13C and 15N NMR, Polymer Bulletin, Vol.53, No.4, 259-267, 2004..[組織] ...
閲覧 Chizuru Sasaki, So-ichi Kitoh, Hiroshige Hayashi and Ko-Ki kunimoto : Crystal structure of 4-Dimethylaminoazobenzene-4'-sulfonyl-L-tryptophan Dimethylsylfoxide solvate, Analytical Sciences: X-ray Structure Analysis Online, Vol.20, (号), x117-x118, 2004..[組織] ...
閲覧 林 宏成, 佐々木 千鶴, 国本 浩喜, 前田 史郎, 細井 信造, 桑江 彰夫, 花井 一彦 : 水溶液中におけるダブシルアミノ酸の会合挙動, 分析化学, Vol.54, No.9, 799-805, 2005年..[組織] ...
閲覧 Chizuru Sasaki, Takao Hamada, Hisako Okumura, Shiro Maeda, Junnosuke Muranaka, Akio Kuwae, Kazuhiko Hanai and Ko-Ki Kunimoto : Aggregation behavior of dabsylated poly(-L-Lysine) in aqueous DMSO solution, Polymer Bulletin, Vol.57, No.5, 747-756, 2006..[組織] ...
閲覧 Heni Susilowati, Katsuhiko Hirota, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Keiji Murakami, Atsushi Tabata, Hideaki Nagamune, Tatsuji Haneji and Yoichiro Miyake : The mechanisms of Intermedilysin to induce cell death on HepG2 and HuCCT1 cell lines, The 1st international symposium and workshop ''The Future Direction of Oral Sciences in the 21st century'', Awajishima, March 2007..[組織] ...
閲覧 友安 俊文, 廣島 理樹, 石田 俊輔, 小南 章, 田端 厚之, 長宗 秀明 : Streptococcus intermediusの病原性発現調節機構の解析, 第16回Lancefieldレンサ球菌研究会, 2007年6月..[組織] ...
閲覧 Kachiko Sekiya, Takumi Akagi, Kiyoko Tatsuta, Eriko Sakakura, Tsutomu Hashikawa, Akio Abe and Hideaki Nagamune : Ultrastructural analysis of the membrane insertion of domain 3 of streptolysin O, Microbes and Infection, Vol.9, No.11, 1341-1350, 2007..[組織] ...
閲覧 関矢 加智子, 赤木 巧, 龍田 季代子, 端川 勉, 安部 章夫, 長宗 秀明 : ストレプトリジンOによる溶血機構の超微形態学的解析, 第54回毒素シンポジウム, 2007年9月..[組織] ...
閲覧 西木 一生, 内山 成人, 上野 友美, 只野 健太郎, 長宗 秀明, 吉田 照豊 : 日本の海産魚類由来Lactococcus garvieaeとその他種由来株の遺伝疫学に関する研究, 第4回日本魚病学会, 2007年9月..[組織] ...
閲覧 山下 祐哉, 佐々木 千鶴, 櫻庭 春彦, 中村 嘉利 : ホモジナイザーを用いたハナビラタケ菌糸体の効率的生産方法の開発, 第59回日本生物工学会大会, 2007年9月..[組織] ...
閲覧 黒住 明大, 佐々木 千鶴, 櫻庭 春彦, 中村 嘉利 : オゾンとシュウ酸資化性菌を用いたアゾ染料の分解, 第59回日本生物工学会大会, 2007年9月..[組織] ...
閲覧 田端 厚之, 三好 宗一郎, 角田 明由葉, 助野 晃子, 弘田 克彦, 友安 俊文, 三宅 洋一郎, 長宗 秀明 : Streptococcus intermedius が分泌する細胞溶解毒素インターメディリシンが関与するヒト細胞特異的な感染現象, 第54回毒素シンポジウム, 2007年9月..[組織] ...
閲覧 Akihiro Kurosumi, Chizuru Sasaki, Kentaro Kumada, Fumihisa Kobayashi, Godliving Mtui and Yoshitoshi Nakamura : Novel extraciton method of antioxidant compounds from Sasa palmata (Bean) Nakai using steam explosion, Process Biochemistry, Vol.42, No.10, 1449-1453, 2007..[組織] ...
閲覧 篠原 由樹, 石田 巧, 田端 厚之, 友安 俊文, 長宗 秀明 : インターメディリシンの分子間相互作用部位の解析, 第60回日本細菌学会中国四国支部総会, 2007年10月..[組織] ...
閲覧 弘田 克彦, Susilowati Heni, 劉 大力, 鹿山 鎭男, 田端 厚之, 長宗 秀明, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : Intermedilysinにより誘導されるヒト培養胆管上皮細胞死の分子機構の解明, 第60回日本細菌学会中国四国支部総会, 2007年10月..[組織] ...
閲覧 Yuya Yamashita, Akihiro Kurosumi, Chizuru Sasaki, Haruhiko Sakuraba and Yoshitoshi Nakamura : Suspended culture system coupled with mechanical disruption of Sparasis crispa myceria by a homogenizer and addition of olive oil, Asia Pacific Biochemical Engineering Conference, Taipei, Nov. 2007..[組織] ...
閲覧 Akihiro Kurosumi, Chizuru Sasaki, Haruhiko Sakuraba and Yoshitoshi Nakamura : Biodegradation of persistent organic pollutants by laccase with natural mediator ectracted from bamboo grass, Asia Pacific Biochemical Engineering Conference, Taipei, Nov. 2007..[組織] ...
閲覧 山下 祐哉, 佐々木 千鶴, 櫻庭 春彦, 中村 嘉利 : ホモジナイザーを用いたハナビラタケ菌糸体の効率的生産方法の開発, 第119回 徳島生物学会, 2007年12月..[組織] ...
閲覧 黒住 明大, 佐々木 千鶴, 山下 祐哉, 中村 嘉利 : 農業系廃棄物由来リグニンの効率的有効利用法の開発, 第18回日本MRS学術シンポジウム, 2007年12月..[組織] ...
閲覧 Susilowati Heni, Hirohiko Okamura, Katsuhiko Hirota, Kaya Yoshida, Keiji Murakami, Hideaki Nagamune, Tatsuji Haneji and Yoichiro Miyake : NFAT1 activation in intermedilysin-induced human cholangiocellular carcinoma cell HuCCT1, The 2nd International Symposium on "The Future Direction of Oral Sciences in the 21st Century", Tokushima, Dec. 2007..[組織] ...
閲覧 廣島 理樹, 友安 俊文, 田端 厚之, 長宗 秀明 : Streptococcus intermediusが生産するヒト特異的細胞溶解毒素インターメディシンの発現調節, 第80回日本生化学会大会-第30回日本分子生物学会年会合同大会, 2007年12月..[組織] ...
閲覧 田端 厚之, 三好 宗一郎, 角田 明由葉, 福島 江, 助野 晃子, 友安 俊文, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎, 大国 寿士, 長宗 秀明 : 細菌感染反応場としてのヒト型CD59:ヒト細胞指向性コレステロール依存性細胞溶解毒素の受容体及びStreptococcus intermedius感染の宿主側トリガー因子としての役割, 第80回日本生化学会大会-第30回日本分子生物学会年会合同大会, 2007年12月..[組織] ...
閲覧 Dali Liu, Hiromichi Yumoto, Katsuhiko Hirota, Keiji Murakami, Kanako Takahashi, Kouji Hirao, Takashi Matsuo, Kazuto Ohkura, Hideaki Nagamune and Yoichiro Miyake : Histone-like DNA binding protein of Streptococcus intermedius induces the expression of pro-inflammatory cytokines in human monocytes via action of ERK1/2 and JNK pathways, Cellular Microbiology, Vol.10, No.1, 262-276, 2008..[組織] ...
閲覧 友安 俊文, 田端 厚之, 長宗 秀明 : 連鎖球菌(S. intermedius)ClpP破壊株の作成とその表現型の解析, 第81回日本細菌学会総会, 2008年3月..[組織] ...
閲覧 弘田 克彦, 鹿山 鎭男, 田端 厚之, 長宗 秀明, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : Intermedilysinにより誘導される非アポトーシス型細胞死と細胞内Ca2+濃度の変動, 第81回日本細菌学会総会, 2008年3月..[組織] ...
閲覧 大国 寿士, 留目 優子, 高橋 秀実, 長宗 秀明 : Streptococcus mitis由来ヒト血小板凝集因子(Sm-hPAF)に関する研究, 第81回日本細菌学会総会, 2008年3月..[組織] ...
閲覧 関矢 加智子, 安部 章夫, 長宗 秀明 : 溶血毒素ストレプトリジンOのドメイン3の膜貫入による溶血機構の超微形態学的解析, 第81回日本細菌学会総会, 2008年3月..[組織] ...
閲覧 長宗 秀明, 友安 俊文, 田端 厚之 : ヒト特異的な細胞溶解毒素インターメディリシンの発現調節の遺伝学的解析, 第81回日本細菌学会総会, 2008年3月..[組織] ...
閲覧 間世田 英明, 上手 麻希, 白井 昭博, 高麗 寛紀 : 緑膿菌多剤耐性化遺伝子mexTの機能解析, 第81回日本細菌学会総会, 2008年3月..[組織] ...
閲覧 田端 厚之, 三好 宗一郎, 友安 俊文, 長宗 秀明 : 宿主細胞膜構造がStreptococcus intermediusのヒト細胞感染に及ぼす影響, 第81回日本細菌学会総会, 2008年3月..[組織] ...
閲覧 Liu Dali, Hiromichi Yumoto, Keiji Murakami, Katsuhiko Hirota, Tsuneko Ono, Hideaki Nagamune, Shizuo Kayama, Takashi Matsuo and Yoichiro Miyake : The essentiality and involvement of Streptococcus intermedius histone-like DNA-binding protein in bacterial viability and normal growth, Molecular Microbiology, Vol.68, No.5, 1268-1282, 2008..[組織] ...
閲覧 垣口 貴沙, 田端 厚之, 友安 俊文, 長宗 秀明 : ヒト特異的な細胞溶解毒素インターメディリシン(ILY)の膜孔形成に関わる部分構造に関する解析, 第49回日本生化学会中国・四国支部例会, 2008年5月..[組織] ...
閲覧 石川 洋子, 友安 俊文, 田端 厚之, 長宗 秀明 : サルモネラ属細菌が保有する小型分子シャペロンAgsAの機能解析, 第49回日本生化学会中国・四国支部例会, 2008年5月..[組織] ...
閲覧 長宗 秀明 : アンギノーサス群連鎖球菌の病原因子, 日本細菌学雑誌, Vol.63, No.2-4, 425-435, 2008年6月..[組織] ...
閲覧 間世田 英明 : Quorum-sensing機構の制御と薬剤排出ポンプ, 第22回Bacterial Adherance & Biofilm学術集会, 2008年7月..[組織] ...
閲覧 弘田 克彦, Heni Susilowati, 岡村 裕彦, 吉田 賀弥, 田端 厚之, 鹿山 鎭男, 湯本 浩通, 羽地 達次, 長宗 秀明, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : Intermedilysinにより誘導されるカルシウム振動と胆管上皮細胞死, 第17回Lancefielfレンサ球菌研究会 2008, 2008年7月..[組織] ...
閲覧 田端 厚之, 齋藤 静香, 坂倉 永里子, 鈴木 圭祐, 山本 泰裕, 篠原 由樹, 福島 江, 友安 俊文, 大国 寿士, 長宗 秀明 : ヒトCD59指向性コレステロール依存性細胞溶解毒素の受容体認識特性に関する検討, 第17回 Lancefieldレンサ球菌研究会, 2008年7月..[組織] ...
閲覧 廣島 理樹, 友安 俊文, 田端 厚之, 長宗 秀明 : ヒト特異的細胞溶解毒素インターメディリシンの発現調節機構の解析, 第17回 Lancefieldレンサ球菌研究会, 2008年7月..[組織] ...
閲覧 白井 昭博, 小野 勉, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : 新規gemini型グリシンベタインの合成とその抗菌特性, 第35回日本防菌防黴学会年次大会, 2008年9月..[組織] ...
閲覧 室巻 良彦, 白井 昭博, 森下 裕生, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : ジェミニ型第四アンモニウム塩の環境毒性および抗菌性の評価, 第35回日本防菌防黴学会年次大会, 2008年9月..[組織] ...
閲覧 森下 裕生, 室巻 良彦, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : ジェミニ型第四アンモニウム塩の毒性・抗菌活性の定量的構造活性相関解析, 第35回日本防菌防黴学会年次大会, 2008年9月..[組織] ...
閲覧 谷村 賢一, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : 徐放型固定化殺菌剤の合成とその特性, 第35回日本防菌防黴学会年次大会, 2008年9月..[組織] ...
閲覧 冨脇 真理, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : エステル結合型疎水性基を有する新規抗菌剤の合成と抗菌活性, 第35回日本防菌防黴学会年次大会, 2008年9月..[組織] ...
閲覧 大徳 桃子, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : 新規ハイブリット型第四アンモニウム塩の合成, 第35回日本防菌防黴学会年次大会, 2008年9月..[組織] ...
閲覧 藤岡 耕太郎, 白井 昭博, 高麗 寛紀, 斉藤 美佳子, 松岡 英明 : 超深焦点可変域顕微システムを使用した抗菌加工固相表面の抗菌作用機作の迅速評価方法の検討, 第35回日本防菌防黴学会年次大会, 2008年9月..[組織] ...
閲覧 曽我 部咲, 岡崎 貴世, 高麗 寛紀, 松村 佳奈枝, 加藤 一郎, 沢村 信一 : 冷茶と保存容器に関する調査, 日本防菌防黴学会 第35回年次大会, 2008年9月..[組織] ...
閲覧 岡崎 貴世, 曽我 部咲, 高麗 寛紀, 松村 佳奈枝, 加藤 一郎, 沢村 信一 : 冷茶用容器の衛生管理状態に関する調査および検討, 日本防菌防黴学会 第35回年次大会, 2008年9月..[組織] ...
閲覧 白井 昭博, 住友 倫子, 岡村 菜穂, 大久保 彰洋, 湯浅 明彦, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : 銀担持アクリル繊維を含む抗菌紙の魚病原因細菌に対する殺菌特性, 防菌防黴誌, Vol.36, No.9, 579-585, 2008年..[組織] ...
閲覧 三好 宗一郎, 田端 厚之, 友安 俊文, 長宗 秀明 : Streptococcus intermediusのヒト細胞感染現象におけるインターメディリシンと宿主細胞膜構造の役割, 第61回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2008年10月..[組織] ...
閲覧 田端 厚之, 齋藤 静香, 坂倉 永里子, 鈴木 圭祐, 篠原 由樹, 福島 江, 友安 俊文, 大国 寿士, 長宗 秀明 : コレステロール及びヒト型CD59を受容体とするCholesterol-dependent cytolysin:Sm-hPAFのコレステロール認識特性に関する検討, 第61回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2008年10月..[組織] ...
閲覧 弘田 克彦, 鹿山 鎭男, 田端 厚之, 長宗 秀明, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : Intermedilysinにより誘導されるヒト培養胆管上皮細胞死とgp210の細胞内分布の変動, 第61回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2008年10月..[組織] ...
閲覧 Sugimura Makoto, Hideaki Maseda, Hanaki Hideaki and Nakae Taiji : Macrolide Antibiotic-Mediated Downregulation of MexAB-OprM Efflux Pump Expression in Pseudomonas aeruginosa, Antimicrobial Agents and Chemotherapy, Vol.52, No.11, 4141-4144, 2008..[組織] ...
閲覧 Shuntaro Ito, Hideaki Nagamune, Haruki Tamura and Yasuo Yoshida : Identification and molecular analysis of betaC-S lyase producing hydrogen sulfide in Streptococcus intermedius., Journal of Medical Microbiology, Vol.57, No.11, 1411-1419, 2008..[組織] ...
閲覧 Susilowati Heni, Hirohiko Okamura, Katsuhiko Hirota, Kaya Yoshida, Keiji Murakami, Atsushi Tabata, Hideaki Nagamune, Tatsuji Haneji and Yoichiro Miyake : The molecular mechanism for Streptococcus intermedius intermedilysin-induced cell death inhuman cholangiocellular carcinoma cells, International Joint Symposium Frontier in Biomedical Sciences: From Genes to Applications, Yogyakarta, Nov. 2008..[組織] ...
閲覧 森下 裕生, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : 無機/有機ハイブリッド抗菌剤の収着・徐放性に関する研究, 日本防菌防黴学会2008年度若手の会, 2008年11月..[組織] ...
閲覧 上田 昭子, 橘 あゆみ, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : 真菌類に対するジェミニ型第四アンモニウム塩の作用機構, 日本防菌防黴学会2008年度若手の会, 2008年11月..[組織] ...
閲覧 垣口 貴沙, 田端 厚之, 友安 俊文, 長宗 秀明 : ヒト特異的な細胞溶解毒素インターメディリシンの膜孔形成に関与する分子構造の解析, 第120回徳島生物学会, 2008年11月..[組織] ...
閲覧 Akihiro Kurosumi, Chizuru Sasaki, Yuya Yamashita and Yoshitoshi Nakamura : Development of effective utilization method of lignin from rice straw, Transaction of the Materials Research Society of Japan, Vol.33, No.4, 1153-1157, 2008..[組織] ...
閲覧 Yuya Yamashita, Akihiro Kurosumi, Chizuru Sasaki and Yoshitoshi Nakamura : Ethanol Production from Paper Sludge by Immobilized Zymomonas mobilis, Biochemical Engineering Journal, Vol.42, No.3, 314-319, 2008..[組織] ...
閲覧 佐々木 千鶴, 渡辺 隆司, 中村 嘉利 : 未利用セルロース系バイオマスからの有用高分子物質の生産, 08-2 NMR研究会, 2008年12月..[組織] ...
閲覧 坂倉 永里子, 田端 厚之, 齋藤 静香, 友安 俊文, 長宗 秀明 : 癌標的化毒素を用いた癌療法のための効果的DDSの開発, 第31回日本分子生物学会年会 第81回日本生化学会大会 合同大会, 2008年12月..[組織] ...
閲覧 齋藤 静香, 田端 厚之, 坂倉 永里子, 鈴木 圭祐, 垣口 貴沙, 篠原 由樹, 福島 江, 友安 俊文, 大国 寿士, 長宗 秀明 : コレステロール依存性細胞溶解毒素の受容体認識特性に関する検討, 第31回日本分子生物学会年会 第81回日本生化学会大会 合同大会, 2008年12月..[組織] ...
閲覧 伊藤 真理, 小野 恒子, 松浦 千惠子, 鹿山 鎭男, 三宅 洋一郎, 山本 明毅, 谷口 友伯, 長宗 秀明 : 緑膿菌臨床分離株のバイオフィルム形成におけるcyclic-di-GMPの関与について, 第32回徳島県医学検査学会, 2008年12月..[組織] ...
閲覧 Akihiro Kurosumi, Chizuru Sasaki, Yuya Yamashita and Yoshitoshi Nakamura : Utilization of Various Fruit Juices as Carbon Source for Production of Bacterial Cellulose by Acetobacter xylinum NBRC 13693, Carbohydrate Polymers, Vol.76, No.2, 333-335, 2009..[組織] ...
閲覧 間世田 英明 : クォラムセンシング機構と異物排出システム, 第43回緑膿菌感染症研究会, 27-32, 2009年2月..[組織] ...
閲覧 Uwate Maki, 間世田 英明 : 緑膿菌多剤耐性ポンプMexEF-OprN制御領域の解析, 第43回緑膿菌感染症研究会, 108-116, 2009年2月..[組織] ...
閲覧 鹿山 鎭男, 小野 恒子, 山本 明毅, 谷口 友伯, 弘田 克彦, 長宗 秀明, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌Quorum sensing機構とrpoS遺伝子がofloxacin抵抗性に及ぼす影響について, 第82回日本日本細菌学会総会, 2009年3月..[組織] ...
閲覧 山本 明毅, 小野 恒子, 鹿山 鎭男, 谷口 友伯, 弘田 克彦, 長宗 秀明, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌における抗菌薬抵抗性とQuorum sensing機構に関する研究 ∼蛍光染色法による解析∼, 第82回日本細菌学会総会, 2009年3月..[組織] ...
閲覧 谷口 友伯, 鹿山 鎭男, 山本 明毅, 小野 恒子, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎, 長宗 秀明 : 緑膿菌臨床分離株の付着表現型におけるcyclic-di-GMPの関与について, 第82回日本日本細菌学会総会, 2009年3月..[組織] ...
閲覧 弘田 克彦, 鹿山 鎭男, 湯本 浩通, 田端 厚之, 長宗 秀明, 小野 恒子, 三宅 洋一郎 : Intermedilysinにより誘導される小胞体異常とgp210の細胞内分布の変動, 第82回日本日本細菌学会総会, 2009年3月..[組織] ...
閲覧 上手 麻希, 間世田 英明, 白井 昭博, 高麗 寛紀 : 緑膿菌多剤排出ポンプMexEF-OprNの発現制御の解析, 第82回日本細菌学会総会, 2009年3月..[組織] ...
閲覧 橋田 裕美子, 間世田 英明, 白井 昭博, 高麗 寛紀 : 多剤耐性Serratia marcescens の抗菌剤耐性に関与する遺伝子の同定, 第82回日本細菌学会総会, 2009年3月..[組織] ...
閲覧 金 惠珍, 友安 俊文, 田端 厚之, 菅井 基行, 赤松 優, 長宗 秀明 : 融合PCRイムノクロマトグラフィーによる迅速細菌検査, 第82回日本細菌学会総会, 2009年3月..[組織] ...
閲覧 Yuya Yamashita, Chizuru Sasaki and Yoshitoshi Nakamura : Study on lactic acid production from pretreated woody material, Proceeding of The 24th International Conference on Solid Waste Technology and Management, 688-699, Philadelphia, March 2009..[組織] ...
閲覧 Chizuru Sasaki, Yuya Yamashita and Yoshitoshi Nakamura : Utilization of sugarcane bagasse for producing useful chemicals, Proceeding of The 24th International Conference on Solid Waste Technology and Management, 313-319, Philadelphia, March 2009..[組織] ...
閲覧 佐々木 千鶴 : バイオマスの利用に向けて, とくしま環境県民会議シンポジウム, 2009年3月..[組織] ...
閲覧 田端 厚之, 篠原 由樹, 友安 俊文, 長宗 秀明 : インターメディリシンの分子間相互作用に寄与する部分構造の解析, 第50回日本生化学会中国・四国支部例会, 2009年5月..[組織] ...
閲覧 佐々木 千鶴 : 木質系バイオマスの総合的有効利用, 第一回資生堂女性研究者サイエンスグラント研究報告会, 2009年6月..[組織] ...
閲覧 田端 厚之, 篠原 由樹, 鈴木 圭祐, 友安 俊文, 長宗 秀明 : インターメディリシンの膜孔形成に携わる分子構造と機能に関する解析, 第18回 Lancefieldレンサ球菌研究会, 2009年6月..[組織] ...
閲覧 佐々木 千鶴 : バイオマスエネルギーについて, 環境学講座Ⅰ バイオマスエネルギーについて考える, 2009年6月..[組織] ...
閲覧 Yoshiaki Okabe, Yoshitaka Takezawa, Yoshitoshi Nakamura, Chizuru Sasaki and Akio Takahashi : Lignin-derived epoxy resin and its application to electronic devices, International Conference on Green and Sustainable Chemistry, Singapore, Aug. 2009..[組織] ...
閲覧 友安 俊文, 田端 厚之, 菊池 賢, 佐々木 崇, 馬場 理, 平松 啓一, 長宗 秀明 : Streptococcus intermediusが産生するヒト特異的細胞溶解毒素インターメディリシンの発現調節機構の解析, 第56回トキシンシンポジウム, 106-109, 2009年8月..[組織] ...
閲覧 岡部 義昭, 香川 博之, 中村 嘉利, 佐々木 千鶴 : バイオマス由来エポキシ樹脂の銅張積層板への応用(2), 第58回高分子学会, 2009年9月..[組織] ...
閲覧 白井 昭博, 高麗 寛紀 : ジェミニ型ピリジニウム分子をインターカレーションしたモンモリロナイトを担体とする無機-有機ハイブリッドの抗菌特性とその特性, 日本化学会第3回関東支部大会, 2009年9月..[組織] ...
閲覧 大津 勇貴, 白井 昭博, 高麗 寛紀 : 第四アンモニウム塩で修飾された菌種特異的ペプチド誘導体の合成と生物学的特性, 日本化学会第3回関東支部大会, 2009年9月..[組織] ...
閲覧 室巻 良彦, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : Gemini型第四アンモニウム塩の抗菌活性および細胞毒性評価, 第36回日本防菌防黴学会年次大会, 2009年9月..[組織] ...
閲覧 筒井 舞子, 白井 昭博, 室巻 良彦, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : Gemini型第四アンモニウム塩による環境病原性アメーバの制御, 第36回日本防菌防黴学会年次大会, 2009年9月..[組織] ...
閲覧 坂口 香苗, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : 新規ハイブリッド型第四アンモニウム塩の合成とその生物学的特性, 第36回日本防菌防黴学会年次大会, 2009年9月..[組織] ...
閲覧 白井 昭博, 黒木 祐輔, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : 新規gemini型ベタインの合成とその殺菌特性, 第36回日本防菌防黴学会年次大会, 2009年9月..[組織] ...
閲覧 大平 匡彦, 白井 昭博, 三宅 洋一郎, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : Gemini型第四アンモニウム塩結合型菌種特異的ペプチドの合成と生物学的特性, 第61回日本生物工学会大会, 2009年9月..[組織] ...
閲覧 岡部 義昭, 竹澤 由高, 中村 嘉利, 佐々木 千鶴, 高橋 昭雄 : リグニン由来エポキシ樹脂と電気機器への応用, 第54回リグニン討論会, 2009年10月..[組織] ...
閲覧 田端 厚之, 鈴木 圭祐, 友安 俊文, 大国 寿士, 長宗 秀明 : 標的細胞膜構造がコレステロール依存性細胞溶解毒素の受容体認識多様性に及ぼす影響, 若手研究者育成のためのワークショップ 若手コロセウム(III), 2009年10月..[組織] ...
閲覧 Toshifumi Tomoyasu, Atsushi Tabata and Hideaki Nagamune : Functions of DnaK chaperone system in Streptococcus intermedius, Cell Stress Society International, Sapporo, Oct. 2009..[組織] ...
閲覧 谷口 友伯, 鹿山 鎭男, 山本 明毅, 小野 恒子, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎, 長宗 秀明 : 緑膿菌のcyclic-di-GMPと表現型変化の関与について, 第62回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2009年10月..[組織] ...
閲覧 伊藤 貴洋, 田端 厚之, 友安 俊文, 長宗 秀明 : 蛍光性Streptococcus intermedius株の作製, 第62回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2009年10月..[組織] ...
閲覧 鈴木 圭祐, 田端 厚之, 友安 俊文, 長宗 秀明 : 多様な受容体認識性を示すコレステロール依存性細胞溶解毒素の細胞膜構造に依存した作用特性, 第62回日本細菌学会中国・四国支部総会, 2009年10月..[組織] ...
閲覧 垣口 貴沙, 田端 厚之, 友安 俊文, 長宗 秀明 : ヒト特異的細胞溶解毒素の膜貫入領域が膜孔形成反応において果たす機能の解析, 第82回日本生化学会大会, 2009年10月..[組織] ...
閲覧 田端 厚之, 三好 宗一郎, 天河 崇, 友安 俊文, 長宗 秀明 : 脂質ラフトを反応場とするStreptococcus intermediusのヒト細胞感染機構, 第82回日本生化学会大会, 2009年10月..[組織] ...
閲覧 岡部 義昭, 香川 博之, 佐々木 千鶴, 中村 嘉利 : バイオマス由来エポキシ樹脂の特性とその応用, 第20回日本化学会関東支部茨城地区研究交流会, 2009年11月..[組織] ...
閲覧 岡部 義昭, 香川 博之, 佐々木 千鶴, 中村 嘉利, 高橋 昭雄 : バイオマス由来エポキシ樹脂組成物とその応用, 第18回ポリマー材料フォーラム, 2009年11月..[組織] ...
閲覧 Susilowati Heni, Hirohiko Okamura, Katsuhiko Hirota, Kaya Yoshida, Atsushi Tabata, Hideaki Nagamune, Tatsuji Haneji and Yoichiro Miyake : Nuclear Translocation of NF-kB induced by Streptococcus intermedius intermedilysin, International Conference of Indonesian Society for Microbiology: Recent advances of Microbiology in Health, Agriculture, Bioindustry, (巻), (号), (頁), Surabayai, Nov. 2009..[組織] ...
閲覧 Chizuru Sasaki, Akihiro Kurosumi, Yuya Yamashita and Yoshitoshi Nakamura : Xylitol production from diluted-acid hydrolysis of bean group shells, Lisbon, International Conference on Environment Industrial and Applied Microbiology (BioMicroWorld2009), Lisbon, Dec. 2009..[組織] ...
閲覧 田端 厚之, 金 惠珍, 友安 俊文, 高麗 寛紀, 澤田 千恵子, 下野 生世, 菅井 基行, 赤松 優, 長宗 秀明 : 融合PCRイムノクロマトグラフィーによる迅速微生物検査系の構築, 日本防菌防黴学会 2009年度若手の会, 2009年12月..[組織] ...
閲覧 白井 昭博, 冨脇 真理, 室巻 良彦, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : 抗菌タイマー機能を付与したジェミニ型第四アンモニウム塩の構築, 日本防菌防黴学会2009年度若手の会, 2009年12月..[組織] ...
閲覧 白井 昭博, 大徳 桃子, 大平 匡彦, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : 対称・非対称型ジェミニ新規抗菌剤の合成と抗菌機能, 日本防菌防黴学会2009年度若手の会, 2009年12月..[組織] ...
閲覧 室巻 良彦, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : Gemini型第四アンモニウム塩の最適構造の検討, 日本防菌防黴学会2009年度若手の会, 2009年12月..[組織] ...
閲覧 白井 昭博, 谷村 賢一, 遠藤 聡志, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : 徐放性を付与したポリマー型固定化殺菌剤の構築, 日本防菌防黴学会2009年度若手の会, 2009年12月..[組織] ...
閲覧 坂口 香苗, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : 新規ハイブリッド型第四アンモニウム塩の合成と抗菌特性, 日本防菌防黴学会2009年度若手の会, 2009年12月..[組織] ...
閲覧 布本 泰子, 白井 昭博, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : 新規アニオン性界面活性剤の開発, 日本防菌防黴学会2009年度若手の会, 2009年12月..[組織] ...
閲覧 Yuya Yamashita, Megumi Shono, Chizuru Sasaki and Yoshitoshi Nakamura : Alkaline peroxide pretreatment for efficient enaymatic saccharification of bamboo, Carbohydrate Polymers, Vol.79, No.4, 914-920, 2010..[組織] ...
閲覧 Ikuko Haruta, Ken Kikuchi, Etsuko Hashimoto, Minoru Nakamura, Hiroshi Miyakawa, Katsuhiko Hirota, Noriyuki Shibata, Hidehito Kato, Yutaka Arimura, Yoichiro Kato, Takehiko Uchiyama, Hideaki Nagamune, Makio Kobayashi, Yoichiro Miyake, Keiko Shiratori and Junji Yagi : Long-term bacterial exposure can trigger nonsuppurative destructive cholangitis associated with multifocal epithelial inflammation., Laboratory Investigation; a Journal of Technical Methods and Pathology, Vol.90, No.4, 577-588, 2010..[組織] ...
閲覧 Yuya Yamashita, Chizuru Sasaki and Yoshitoshi Nakamura : Effective enzyme saccharification and ethanol production from Japanese cedar using various pretreatment methods, Journal of Bioscience and Bioengineering, Vol.110, No.1, 79-86, 2010..[組織] ...
閲覧 大西 徳生, 魚崎 泰弘, 前田 健一, 獅々堀 正幹, 中野 晋, 多田 吉宏, 玉谷 純二, 下村 直行, 三神 厚, 倉科 昌, 中村 真紀, 杉山 茂, 小澤 将人, 山本 裕紹, 黒田 トクエ, 田端 厚之, 佐々木 由香, 島木 美香 : 安全マニュアル, 徳島大学 工学部, 徳島, 2010年2月..[組織] ...
閲覧 Yuya Yamashita, Chizuru Sasaki and Yoshitoshi Nakamura : Development of efficient system system for ethanol production from paper sludge pretreatment by ballmilling and phosphoric acid, Carbohydrate Polymers, Vol.79, No.2, 250-254, 2010..[組織] ...
閲覧 中村 嘉利, 佐々木 千鶴 : セルロース系バイオエタノール製造技術集成∼食糧クライシス回避のために∼, 第1編-第7章 リグノセルロースの総合的利用法と各段階における技術課題, (株)エヌ・ティー・エス, 東京, 2010年3月..[組織] ...
閲覧 白井 昭博, 森下 裕生, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : ジェミニ型第四アンモニウム化合物を担持させた無機-有機ハイブリッド抗菌剤の開発, 防菌防黴誌, Vol.38, No.3, 133-142, 2010年..[組織] ...
閲覧 白井 昭博, 伊藤 優花, 間世田 英明, 高麗 寛紀 : ジェミニ型第四アンモニウム化合物を吸着させた無機-有機ハイブリッド抗菌剤の開発, 日本化学会第90春季年会(2010), No.1G7-03, 95, 2010年3月..[組織] ...
閲覧 山本 泰裕, 田端 厚之, 友安 俊文, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎, 長宗 秀明, 大國 寿士 : 2種類のコレステロール依存性細胞溶解毒素遺伝子を持つ新奇Streptococcus mitis株の解析, 第83回日本細菌学会総会, 2010年3月..[組織] ...
閲覧 鹿山 鎭男, 村上 圭史, 小野 恒子, 山本 明毅, 谷口 友伯, 弘田 克彦, 長宗 秀明, 三宅 洋一郎 : 緑膿菌QS Las-systemとシグマ因子が抗菌薬抵抗性に及ぼす影響について, 第83回日本細菌学会総会, 2010年3月..[組織] ...
閲覧 Toshifumi Tomoyasu, Atsushi Tabata, Hiroshima Riki, Imaki Hidenori, Masuda Sachiko, Whiley A. Robert, Aduse-Opoku Joseph, Kikuchi Ken, Hiramatsu Keiichi and Hideaki Nagamune : Role of catabolite control protein A in the regulation of intermedilysin production by Streptococcus intermedius., Infection and Immunity, Vol.78, No.9, 4012-4021, 2010..[組織] ...
閲覧 間世田 英明, 上手 麻希, 村上 圭史, 三宅 洋一郎 : 環境および臨床由来緑膿菌の特性比較, 第61回日本化学療法学会西日本支部総会, (巻), (号), (頁), 2013年11月..[組織] ...
閲覧 Shoma Maruyama, Hitoshi Takagi, Yoshitoshi Nakamura, Antonio Norio Nakagaito and Chizuru Sasaki : Influence of alkali treatment on mechanical properties of poly lactic acid bamboo fiber green composites, Program and Abstract Book for 7th International Conference AMDP 2014, 65, Busan, July 2014..[組織] ...
閲覧 関貫 翔子, 吉川 由佳里, 村上 圭史, 三宅 洋一郎, 間世田 英明, 畑 美智子, 佐藤 雅美, 笹田 倫子, 香川 葉子, 菅崎 幹樹, 東 桃代, 櫻井 明子, 片岡 佳子 : 臨床および環境分離緑膿菌における病原性について, 第38回徳島県医学検査学会, (巻), (号), (頁), 2014年12月..[組織] ...
閲覧 吉川 由佳里, 関貫 翔子, 村上 圭史, 三宅 洋一郎, 畑 美智子, 佐藤 雅美, 笹田 倫子, 香川 葉子, 菅崎 幹樹, 東 桃代, 櫻井 明子, 片岡 佳子 : 本院で分離されたST-8型MRSAについて, 第38回徳島県医学検査学会, (巻), (号), (頁), 2014年12月..[組織] ...
閲覧 村上 圭史, 間世田 英明, 天羽 崇, 弘田 克彦, 片岡 佳子, 三宅 洋一郎 : 臨床および環境分離緑膿菌の抗菌薬抵抗性と病原因子に関する検討, 第88回日本細菌学会総会, (巻), (号), (頁), 2015年3月..[組織] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 0.87, Max(EID) = 382200, Max(EOID) = 1020948.