『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

PERM=閲覧 大学院ソシオテクノサイエンス研究部.ライフシステム部門 (2006年4月1日〜)

登録情報の数

有効な情報: 98件 + 無効な情報: 3件 = 全ての情報: 101件

全ての有効な情報 (98件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(2)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(2)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 松尾 繁樹, 森 篤史, 鈴木 良尚 : 高品質コロイド結晶成長技術の確立, 徳島大学工学部研究報告, Vol.50, (頁), 徳島, 2005年(0月)..[組織] ...
閲覧 Kuniko Mizuta, Satoshi Tsutsumi, Hiroshi Inoue, Yukiko Yamashita, Katsutoshi Miyatake, Katsuyuki Miyawaki, Sumihare Noji, Nobuyuki Kamata and Mitsuo Itakura : Molecular characterization of GDD1/TMEM16E, the gene product responsible for autosomal dominant gnathodiaphyseal dysplasia., Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.357, No.1, 126-132, 2007..[組織] ...
閲覧 Hideyo Ohuchi, Y Hayashibara, H Matsuda, M Onoi, M Mitsumori, M Tanaka, J Aoki, H Arai and Sumihare Noji : Diversified expression patterns of autotaxin, a gene for phospholipid-generating enzyme during mouse and chicken development, Developmental Dynamics, Vol.236, No.4, 1134-1143, 2007..[組織] ...
閲覧 K Sun, Z Li, K Ueno, S Juodkazis, Sumihare Noji and H Misawa : Electrophoretic chip for high-fidelity fractionation of double-stranded DNA, Electrophoresis, Vol.28, No.10, 1572-1578, 2007..[組織] ...
閲覧 Y Takehara-Kasamatsu, K Tsuchida, M Nakatani, T Murakami, A Kurisaki, O Hashimoto, Hideyo Ohuchi, H Kurose, K Mori, S Kagami, Sumihare Noji and H Sugino : Characterization of follistatin-related gene as a negative regulatory factor for activin family members during mouse heart development, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.54, No.3-4, 276-288, 2007..[組織] ...
閲覧 Sayuri Tomonari, Akira Takagi, Sumihare Noji and Hideyo Ohuchi : Expression pattern of the melanopsin-like (cOpn4m) and VA opsin-like genes in the developing chicken retina and neural tissues., Gene Expression Patterns, Vol.7, No.7, 746-753, 2007..[組織] ...
閲覧 M Mitsumori, T Adachi, K Takayanagi, Taro Mito, Hideyo Ohuchi, S Kimura, M Kokubo, T Higuchi and Sumihare Noji : Film tomography as a tool for three-dimensional image construction and gene expression studies., Development Growth & Differentiation, Vol.49, No.7, 583-589, 2007..[組織] ...
閲覧 T Nakamura, Taro Mito, T Bando, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji : Dissecting insect leg regeneration through RNA interference., Cellular and Molecular Life Sciences, Vol.65, No.1, 64-72, 2008..[組織] ...
閲覧 Monica Ronco, Tomohiro Uda, Taro Mito, Alessandro Minelli, Sumihare Noji and Martin Klingler : Antenna and all gnathal appendages are similarly transformed by homothorax knock-down in the cricket Gryllus bimaculatus., Developmental Biology, Vol.313, No.1, 80-92, 2008..[組織] ...
閲覧 Taro Mito, Monica Ronco, Tomohiro Uda, Taro Nakamura, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji : Divergent and conserved roles of extradenticle in body segmentation and appendage formation, respectively, in the cricket Gryllus bimaculatus., Developmental Biology, Vol.313, No.1, 67-79, 2008..[組織] ...
閲覧 Masashi Nakatani, Yuka Takehara, Hiromu Sugino, Mitsuru Matsumoto, Osamu Hashimoto, Yoshihisa Hasegawa, Tatsuya Murakami, Akiyoshi Uezumi, Shin'ichi Takeda, Sumihare Noji, Yoshihide Sunada and Kunihiro Tsuchida : Transgenic expression of a myostatin inhibitor derived from follistatin increases skeletal muscle mass and ameliorates dystrophic pathology in mdx mice., The FASEB journal, Vol.22, No.2, 477-487, 2008..[組織] ...
閲覧 Mayumi Okamoto, Sayuri Tomonari, Yuki Naito, Kaoru Saigo, Sumihare Noji, Kumiko Ui-Tei and Hideyo Ohuchi : Introduction of silencing-inducing transgene against Fgf19 does not affect expression of Tbx5 and beta3-tubulin in the developing chicken retina., Development Growth & Differentiation, Vol.50, No.3, 159-168, 2008..[組織] ...
閲覧 宇都 義浩, 小山 大輔, 大友 直紀, 安部 千秋, 白井 斉, 中田 栄司, 堀 均 : イソプレン側鎖を有する植物成分のex vivo 有機合成とその生理活性の評価, 徳島大学大学院ソシオテクノサイエンス研究部研究報告, No.53, 52-56, 2008年..[組織] ...
閲覧 堀 均, 中田 栄司, 宇都 義浩, 永澤 秀子 : 酸化ストレスを標的とした薬剤・治療法, 株式会社 診断と治療社, 東京, 2008年6月..[組織] ...
閲覧 宇都 義浩, 中田 栄司, 永澤 秀子, 堀 均 : ハイポキシアを標的とした抗癌剤, 株式会社 羊土社, 東京, 2009年2月..[組織] ...
閲覧 堀 均, 宇都 義浩, 永澤 秀子, 中田 栄司 : 酸素をターゲットとしたがんの治療, 朝倉書店, 東京, 2009年9月..[組織] ...
閲覧 河村 保彦 : メソイオン化合物の付加環化を鍵反応とした 大開口フラーレン及びヘリカルフラーレンポリマーの合成, 第4回KRI萌芽研究経過報告書, 京都, 2010年3月..[組織] ...
閲覧 浜地 格, 中田 栄司 : レクチンチップ, 株式会社エヌ·ティー·エス, 東京, 2010年4月..[組織] ...
閲覧 宇都 義浩 : 創薬化学者から見た分析化学の概念, 日本分析化学会若手交流会, 2010年5月..[組織] ...
閲覧 宇都 義浩, 安部 千秋, 中江 崇, 村井 絵美, 遠藤 良夫, 富永 正英, 前澤 博, 増永 慎一郎, 中田 栄司, 堀 均 : 腫瘍移植鶏卵モデルによる糖ハイブリッド放射線増感剤のin vivo放射線増感活性の評価, 第16回国際癌治療増感研究会, 2010年6月..[組織] ...
閲覧 宇都 義浩, 安部 千秋, 吉冨 徹, 長崎 幸夫, 遠藤 良夫, 中田 栄司, 堀 均 : 酸化ストレス発育鶏卵モデルを用いたラジカル含有ナノ粒子TEMPO-RNPのin vivo抗酸化活性評価, 第63回日本酸化ストレス学会, 2010年6月..[組織] ...
閲覧 河村 保彦 : メソイオン化合物の付加環化を鍵反応とした 大開口フラーレン及びヘリカルフラーレンポリマーの合成, 第4回KRI萌芽研究最終報告書, 京都, 2010年7月..[組織] ...
閲覧 Yoshihiro Uto, Ryo Tanaka, Kenta Ohnaka, Yuki Ohta, Kazufumi Yazaki, Naoyuki Umemoto, Eiji Nakata and Hitoshi Hori : Prenylated acylphloroglucinol derivatives: Isoprenomics-based design, syntheses and antioxidative activities, International Society on Oxygen Transport to Tissue 2010 (ISOTT 2010), Ascona, Switzerland, July 2010..[組織] ...
閲覧 Hitoshi Hori, Eiji Nakata, Masato Koizumi, Yohei Yamashita and Yoshihiro Uto : Boron tracedrug: Design, synthesis and pharmacological activity of phenolic BODIPY-containing antioxidants as traceable next-generation drug model, International Society on Oxygen Transport to Tissue 2010 (ISOTT 2010), Ascona, Switzerland, July 2010..[組織] ...
閲覧 市川 亮一, 松浦 一雄, 深津 鉄夫, 八木 祥子, 津嘉山 正夫, 河村 保彦 : スダチ搾汁残渣を利用した食品素材の開発, 日本食品科学工学会第57回大会, 2010年9月..[組織] ...
閲覧 河村 保彦 : 阿波藍に含有される有用微量成分の有効利用に関する研究, 第10回エンジニアリングフェスティバル, 2010年9月..[組織] ...
閲覧 Yoshihiro Uto, Chiaki Abe, Eiji Nakata and Hitoshi Hori : SAR analysis of electron-rich polyyne analogues of FTY720 based on in vivo chick embryo antiangiogenic assay, 第69回日本癌学会学術総会, Sep. 2010..[組織] ...
閲覧 Hitoshi Hori, Eiji Nakata and Yoshihiro Uto : Design of boron tracedrug phenolic BODIPY-containing antioxidants as autopsy/virtopsy imaging agents, 第69回日本癌学会学術総会, Sep. 2010..[組織] ...
閲覧 Hitoshi Hori, Yoshihiro Uto and Eiji Nakata : Medicinal electronomics bricolage design of hypoxia-targeting antineoplastic drugs and invention of boron tracedrugs as innovative future-architectural drugs, Anticancer Research, Vol.30, No.9, 3233-3242, Sep. 2010..[組織] ...
閲覧 小畑 勝稔, 中田 栄司, 宇都 義浩, 堀 均 : メディシナル・エレクトロノミクス分子としてのオリゴアセチレニック芳香族化合物の疎水性, 第38回構造活性相関シンポジウム, 2010年10月..[組織] ...
閲覧 河村 保彦, 川崎 昂, 西内 優騎 : 光照射が誘起する3-(アロイルメチル)-1,5-ジインの正宗—バーグマン環化, 2010年日本化学会西日本大会, Vol.2010, 2010年11月..[組織] ...
閲覧 河村 保彦, 別宮 慎二郎, 西内 優騎 : 光バーグマン環化に及ぼすジイン両末端の水素結合の効果, 2010年日本化学会西日本大会, Vol.2010, 2010年11月..[組織] ...
閲覧 宇都 義浩, 山本 将太, 竹内 亮太, 中川 美典, 廣田 慶司, 寺田 弘, 鬼塚 伸也, 中田 栄司, 堀 均 : 癌免疫療法の確立を目指したマクロファージ活性化因子(GcMAF)前駆物質GcXの創製, 第14回バイオ治療法研究会学術集会, 2010年12月..[組織] ...
閲覧 堀 均, 中田 栄司, 小泉 允人, 宇都 義浩, 大倉 一人 : ダイナミックドラッグ創生へのアプローチ - ボロントレースドラッグ仕様BODIPY含有抗酸化物質のメディシナルケミストリー, 第14回バイオ治療法研究会学術集会, 2010年12月..[組織] ...
閲覧 Yoshihiro Uto, Chiaki Abe, Takashi Nakae, Yoshio Endo, Masahide Tominaga, Hiroshi Maezawa, Eiji Nakata and Hitoshi Hori : Systems biology-based drug design of sugar-hybrid hypoxic cell radiosensitizers using the tumor-implantable chick embryo model, PACIFICHEM 2010, Honolulu, Dec. 2010..[組織] ...
閲覧 宇都 義浩 : 発育鶏卵によるin vivo活性を基盤とした創薬研究, 平成22年度 香川大学工学部 先端工学研究発表会, 2011年1月..[組織] ...
閲覧 Yoshihiro Uto, Chiaki Abe, Toru Yoshitomi, Yukio Nagasaki, Yoshio Endo, Eiji Nakata and Hitoshi Hori : In vivo antioxidative activity of radical-containing-nanoparticle (RNP) in fertilized chicken egg assay, International Conference on Biomaterials Science 2011, Tsukuba, March 2011..[組織] ...
閲覧 山本 将太, 宇都 義浩, 竹内 亮太, 中川 美典, 廣田 慶司, 寺田 弘, 鬼塚 伸也, 堀 均 : 二糖鎖Gcタンパク質(GcX)の調製とマクロファージ活性化能評価, 日本薬学会第131年会, 2011年3月..[組織] ...
閲覧 寺岡 瑞絵, 宇都 義浩, 上畑 英吾, 佐々木 千鶴, 中村 嘉利, 堀 均 : MTT法によるスギ水蒸気爆砕抽出物の抗腫瘍活性の評価, 日本薬学会第131年会, 2011年3月..[組織] ...
閲覧 大仲 健太, 宇都 義浩, 田中 涼, 矢崎 一史, 梅基 直行, 堀 均 : ホップに含まれるプレニル化アシルフロロアシルグルシノール誘導体のLDL抗酸化活性とイソプレノミクスに基づく評価, 日本薬学会第131年会, 2011年3月..[組織] ...
閲覧 金森 小百合, 宇都 義浩, 太田 依里, 堀 均 : GalNAc-リジンクラスターのマクロファージ細胞NR8383による貪食活性評価, 日本薬学会第131年会, 2011年3月..[組織] ...
閲覧 Chiaki Abe, Yoshihiro Uto, Takashi Nakae, Yuuya Shinmoto, Keiichiro Sano, Hiroko Nakata, Mizue Teraoka, Yoshio Endo, Hiroshi Maezawa, Shin-ichiro Masunaga, Eiji Nakata and Hitoshi Hori : Evaluation of the In vivo Radiosensitizing Activity of EtanidazoleUsing Tumor-bearing Chick Embryo, Journal of Radiation Research, Vol.52, No.2, 208-214, 2011..[組織] ...
閲覧 Kota Nakano, Atsushi Tabata, Toshifumi Tomoyasu and Hideaki Nagamune : Investigation of the novel cytotoxic factor secreted from streptococcus anginosus, IUMS 2011 Sapporo Congress, Sapporo, Sep. 2011..[組織] ...
閲覧 Ayuko Takao, Hideaki Nagamune and Nobuko Maeda : Competence-specific sigma factor genes in the anginosus streptococci, IUMS 2011 Sapporo Congress, Sapporo, Sep. 2011..[組織] ...
閲覧 Chiaki Abe, Yoshihiro Uto, Yoshio Endo, Hiroshi Maezawa, Shin-ichiro Masunaga and Hitoshi Hori : Evaluation of the In vivo Radiosensitizing Activity of Etanidazole Using Tumor-bearing Chick Embryo, 70th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association, Oct. 2011..[組織] ...
閲覧 Yoshihiro Uto, Onizuka Shinya and Hitoshi Hori : Effect of the Macrophage Activating Factor Precursor (preGcMAF) on Phagocytic Activation of Mouse Peritoneal Macrophages, 70th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association, Oct. 2011..[組織] ...
閲覧 Yoshihiro Uto : Development of an in vivo screening system for radiosensitizers and antioxidants using a chick embryo model, 4th Japan-Korea Joint Symposium on Bio-microsensing Technology, Oct. 2011..[組織] ...
閲覧 宇都 義浩, 山本 将太, 向井 大貴, 石山 統子, 竹内 亮太, 中川 美典, 廣田 慶司, 寺田 弘, 鬼塚 伸也, 堀 均 : β-ガラクトシダーゼによる糖鎖修飾を受けた1s1sおよび22型Gcグロブリンのマクロファージ活性化能の評価, 第15回バイオ治療法研究会学術集会, 2011年12月..[組織] ...
閲覧 田中 大地, 宇都 義浩, 安部 千秋, 遠藤 良夫, 前澤 博, 原田 浩, 増永 慎一郎, 堀 均 : 腫瘍移植鶏卵における低酸素腫瘍の同定とetanidazoleのin vivo放射線増感活性の評価, 日本薬学会第132年会, 2012年3月..[組織] ...
閲覧 田中 涼, 宇都 義浩, 大仲 健太, 矢崎 一史, 梅基 直行, 堀 均 : イソプレノミクスを基盤としたプレニル化アシルフロログルシノール類の合成と抗酸化活性の評価, 日本薬学会第132年会, 2012年3月..[組織] ...
閲覧 向井 大貴, 石山 統子, 宇都 義浩, 山本 将太, 竹内 亮太, 中川 美典, 廣田 慶司, 寺田 弘, 鬼塚 伸也, 堀 均 : 1s1sおよび22型Gc proteinの脱ガラクトース体におけるマクロファージ活性化能の評価, 日本薬学会第132年会, 2012年3月..[組織] ...
閲覧 Yoshihiro Uto, Hitoshi Hori, Kentaro Kubo, Masamitsu Ichihashi, Norihiro Sakamoto, Martin Mette and Toshio Inui : GcMAF: our next-generation immunotherapy, Nature Outlook, Vol.485, No.7400, May 2012..[組織] ...
閲覧 Kazuto Ohkura, Yuki Kawaguchi, Atsushi Tabata, Atsushi Yamamoto, Yasuo Shinohara, Hideaki Nagamune and Hitoshi Hori : Molecular Profiles of Cholesterol-dependent Cytolysin Family-derived 11mer Regions, Anticancer Research, Vol.32, No.6, 2343-2346, 2012..[組織] ...
閲覧 Hitoshi Hori, Yoshihiro Uto and Eiji Nakata : Boron tracedrugs challenge for neutron dynamic therapy, Anticancer Research, Vol.32, No.6, 2235-2239, June 2012..[組織] ...
閲覧 Yoshihiro Uto, Syota Yamamoto, Hirotaka Mukai, Noriko Ishiyama, Ryota Takeuchi, Yoshinori Nakagawa, Keiji Hirota, Hiroshi Terada, Shinya Onizuka and Hitoshi Hori : Beta-Galactosidase treatment is a common first-stage modification of the three major subtypes of Gc protein to GcMAF, Anticancer Research, Vol.32, No.6, 2359-2364, 2012..[組織] ...
閲覧 Tomonori Kawashima, Sushma Manda, Yoshihiro Uto, Kei Ohkubo, Hitoshi Hori, Ken-ichiro Matsumoto, Kiyoshi Fukuhara, Nobuo Ikota, Shinya Onizuka, Shunichi Fukuzumi, Toshihiko Ozawa, Kazunori Anzai and Ikuo Nakanishi : Kinetics and Mechanism for the Scavenging Reaction of the 2,2-Diphenyl-1-picrylhydrazyl Radical by Synthetic Artepillin C Analogues, Bulletin of the Chemical Society of Japan, Vol.85, No.8, 877-883, 2012..[組織] ...
閲覧 Yoshihiro Uto and Hitoshi Hori : beta-Galactosidase treatment is common modification method of three major subtypes of Gc protein to GcMAF in vivo, 71th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association, (巻), (号), (頁), Sep. 2012..[組織] ...
閲覧 宇都 義浩, 向井 大貴, 石山 統子, 田中 大地, 久保 健太郎, 坂本 憲広, 乾 利夫, 堀 均 : GcMAF含有ヒト血清のマクロファージ貪食活性化能および抗腫瘍活性の評価, 第16回バイオ治療法研究会学術集会, (巻), (号), (頁), 2012年12月..[組織] ...
閲覧 Daisuke Kuchiike, Yoshihiro Uto, Hirotaka Mukai, Noriko Ishiyama, Chiaki Abe, Daichi Tanaka, Tomohito Kawai, Kentaro Kubo, Martin Mette, Toshio Inui, Yoshio Endo and Hitoshi Hori : Degalactosylated/Desialylated Human Serum Containing GcMAF Induces Macrophage Phagocytic Activity and In Vivo Antitumor Activity, Anticancer Research, Vol.33, No.7, 2881-2885, 2013..[組織] ...
閲覧 Toshio Inui, Daisuke Kuchiike, Kentaro Kubo, Martin Mette, Yoshihiro Uto, Hitoshi Hori and Norihiro Sakamoto : Clinical Experience of Integrative Cancer Immunotherapy with GcMAF, Anticancer Research, Vol.33, No.7, 2917-2920, 2013..[組織] ...
閲覧 Keiji Hirota, Yoshinori Nakagawa, Ryota Takeuchi, Yoshihiro Uto, Hitoshi Hori, Shinya Onizuka and Hiroshi Terada : Antitumor Effect of Degalactosylated Gc-Globulin on Orthotopic Grafted Lung Cancer in Mice, Anticancer Research, Vol.33, No.7, 2911-2915, 2013..[組織] ...
閲覧 Yoshihiro Uto, Yoshio Endo, Hiroshi Sato and Hitoshi Hori : Development of antimetastatic hypoxic cytotoxin TX-2137 targeting for Akt/protein kinase B, 72th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association, Oct. 2013..[組織] ...
閲覧 Yoshihiro Uto, ryota Takeuchi, Yoshinori Nakagawa, Keiji Hirota, Hiroshi Terada, Shinya Onizuka, Kentaro Kubo, Daisuke Kuchiike, Mette Martin, Toshio Inui, Yoshio Endo and Hitoshi Hori : Development of Immunomodulatory Cancer Therapy Based on Gc protein-derived Macrophage Activating Factor (GcMAF), 7th International Symposium on Nanomedicine, (巻), (号), (頁), Nov. 2013..[組織] ...
閲覧 宇都 義浩, 玉谷 大, 水木 佑輔, 遠藤 良夫, 大久保 敬, 中西 郁夫, 石塚 昌宏, 田中 徹, 口池 大輔, 久保 健太郎, 乾 利夫, 堀 均 : 発育鶏卵を用いた5-Aminolevulinic acidおよびTin Chlorin e6の薬物動態と超音波増感活性の評価, 第17回バイオ治療法研究会学術集会, 2013年12月..[組織] ...
閲覧 乾 利夫, 牧田 香理, 三浦 洋菜, 口池 大輔, 久保 健太郎, Mette Martin, 宇都 義浩, 堀 均, 坂本 憲広 : ソノダイナミック治療,GcMAFを併用した乳癌の1症例, 第17回バイオ治療法研究会学術集会, 2013年12月..[組織] ...
閲覧 笈田 将皇, 宇都 義浩, 堀 均, 富永 正英, 佐々木 幹治, 岸 太郎 : 細胞間放射線感受性の違いを考慮した最適放射線治療計画法に関する検討, 第17回バイオ治療法研究会学術集会, 2013年12月..[組織] ...
閲覧 多田 竜, 宇都 義浩, 堀 均 : AGEモデルである糖化BSA を標的とするボロントレースドラッグUTX-51のNDT評価, 第17回バイオ治療法研究会学術集会, 2013年12月..[組織] ...
閲覧 堀 均, 多田 竜, 宇都 義浩, 中田 栄司, 森井 孝, 増田 開 : 小型中性子発生機を用いたボロントレースドラッグUTX-51のNDT評価, 第17回バイオ治療法研究会学術集会, (巻), (号), (頁), 2013年12月..[組織] ...
閲覧 宇都 義浩, 玉谷 大, 水木 佑輔, 遠藤 良夫, 大久保 敬, 中西 郁夫, 石塚 昌宏, 田中 徹, 口池 大輔, 久保 健太郎, 乾 利夫, 堀 均 : 超音波による癌治療に対する 5-aminolevulinic acidの増感作用の検討, 第16回癌治療増感研究シンポジウム, 2014年2月..[組織] ...
閲覧 笈田 将皇, 宇都 義浩, 堀 均, 富永 正英, 佐々木 幹治, 岸 太郎 : 細胞間放射線感受性の違いを考慮した治療計画技術応用に関する基礎的検討, 第16回癌治療増感研究シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2014年2月..[組織] ...
閲覧 松井 千晶, 宇都 義浩, 島 千尋, 笠井 亮平, 堀 均 : 4-nitroimidazole型類似体を用いた低酸素細胞放射線増感剤TX-2244の作用機序の解析, 日本薬学会第134年会, 2014年3月..[組織] ...
閲覧 佐藤 文彬, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 多孔性高分子固定化フラビンの合成とこれを触媒とするオレフィンの水素添加反応, 日本化学会第94春季年会, 2014年3月..[組織] ...
閲覧 芝 一休, 宇都 義浩, 那住 善治郎, 多田 竜, 笠井 亮平, 中田 栄司, 堀 均, 増永 慎一郎 : VeliparibをリードとしたPARP標的中性子捕捉療法剤UTX-89の分子設計, 日本薬学会第134年会, 2014年3月..[組織] ...
閲覧 河井 智仁, 宇都 義浩, 佐々木 俊英, 九十九 咲, 藤 洸臣, 大谷 美紀, 堀 均 : マクロファージ活性化因子GcMAFのサイトカイン産生に対する影響, 日本薬学会第134年会, 2014年3月..[組織] ...
閲覧 玉谷 大, 宇都 義浩, 水木 佑輔, 國安 翔太, 野口 智帆, 遠藤 良夫, 中西 郁夫, 大久保 敬, 石塚 昌宏, 田中 徹, 口池 大輔, 久保 健太郎, 乾 利夫, 堀 均 : 腫瘍移植鶏卵モデルを用いた5-Aminolevulinic acidおよびTin Chlorin e6の超音波増感活性の評価, 日本薬学会第134年会, 2014年3月..[組織] ...
閲覧 九十九 咲, 宇都 義浩, 石山 統子, 松井 千晶, 久保 健太郎, 乾 利夫, Mette Martin, 堀 均 : 血清中GcMAFのELISAによる測定法の検討, 日本薬学会第134年会, (巻), (号), (頁), 2014年3月..[組織] ...
閲覧 Shoko Ueta, Kazuo Hida, Masaki Nishiuchi and Yasuhiko Kawamura : Regioisomeric Allene Dimer Formation by the Reaction of Tetraarylbutatrienes with Tetracyanoethene, Organic & Biomolecular Chemistry, Vol.12, No.17, 2784-2791, 2014..[組織] ...
閲覧 渡辺 崇人, Yuji Matsuoka, 三戸 太郎, 野地 澄晴 : Targeted gene disruption in the cricket, Gryllus bimaculatus, using CRISPR/Cas9 system, 第47回日本発生生物学会, (頁), 2014年5月..[組織] ...
閲覧 Yoshimasa Hamada, Tetsuya Bando, 三戸 太郎, Kenji Tomioka, 野地 澄晴, 大内 淑代 : Epigenetic regulation of gene expressions via methylation on histone H3 27th lysine residue during leg regeneration, 第47回日本発生生物学会, (頁), 2014年5月..[組織] ...
閲覧 松岡 佑児, Tetsuya Bando, 渡辺 崇人, 野地 澄晴, 三戸 太郎 : Functions of Polycomb group gene in regulation of Hox gene expression in a primitive mode of insect embryogenesis in the cricket Gryllus bimaculatus, 第47回日本発生生物学会, (頁), 2014年5月..[組織] ...
閲覧 Silvia Mitsui, 泰江 章博, Issei Imoto, Seiichi Oyadomari, 野地 澄晴, 三戸 太郎, Eiji Tanaka : In vivo study of Msx1 gene in mice using CRISPR/Cas system, 第47回日本発生生物学会, (頁), 2014年5月..[組織] ...
閲覧 Chiaki Abe, Yoshihiro Uto, Ayaka Kawasaki, Chiho Noguchi, Ryo Tanaka, Toru Yoshitomi, Yukio Nagasaki, Yoshio Endo and Hitoshi Hori : Evaluation of the in vivo antioxidative activity of redox nanoparticles by using a developing chicken egg as an alternative animal model, Journal of Controlled Release, Vol.182, 67-72, 2014..[組織] ...
閲覧 Shinya Matsuda, Kyohei Kominato, Shizuyo Koide-Yoshida, Kenji Miyamoto, Kinuka Isshiki, Akihiko Tsuji and Keizo Yuasa : PCTAIRE Kinase 3/Cyclin-dependent Kinase 18 Is Activated through Association with Cyclin A and/or Phosphorylation by Protein Kinase A, The Journal of Biological Chemistry, Vol.289, No.26, 18387-18400, 2014..[組織] ...
閲覧 Ryu Tada, Yoshihiro Uto, Shin-ichiro Masunaga, Yuko Kinashi, Koji Ono and Hitoshi Hori : An NDT Study of a Boron Tracedrug UTX-51 for Glycated BSA as an AGE Model, Anticancer Research, Vol.34, No.8, 4503-4507, 2014..[組織] ...
閲覧 Hitoshi Hori, Ryu Tada, Yoshihiro Uto, Eiji Nakata, Takashi Morii and Kai Masuda : A Neutron Dynamic Therapy with a Boron Tracedrug UTX-51 Using a Compact Neutron Generator, Anticancer Research, Vol.34, No.8, 4557-4560, 2014..[組織] ...
閲覧 Yoshihiro Uto, Dai Tamatani, Yusuke Mizuki, Yoshio Endo, Ikuo Nakanishi, Kei Ohkubo, Shunichi Fukuzumi, Masahiro Ishizuka, Toru Tanaka, Daisuke Kuchiike, Kentaro Kubo, Toshio Inui and Hitoshi Hori : Evaluation of the Sonosensitizing Activities of 5-Aminolevulinic Acid and Sn(IV) Chlorin e6 in Tumor-bearing Chick Embryos, Anticancer Research, Vol.34, No.8, 4583-4587, 2014..[組織] ...
閲覧 Toshio Inui, Kaori Makita, Hirona Miura, Akiko Matsuda, Daisuke Kuchiike, Kentaro Kubo, Martin Mette, Yoshihiro Uto, Takahito Nishikata, Hitoshi Hori and Norihiro Sakamoto : Case Report: A Breast Cancer Patient Treated with GcMAF, Sonodynamic Therapy and Hormone Therapy, Anticancer Research, Vol.34, No.8, 4589-4593, 2014..[組織] ...
閲覧 Masataka Oita, Yoshihiro Uto, Masahide Tominaga, Motoharu Sasaki, Yasuo Hara, Taro Kishi and Hitoshi Hori : Radiosensitivity Uncertainty Evaluation for the In Vitro Biophysical Modeling of EMT6 Cells, Anticancer Research, Vol.34, No.8, 4621-4626, 2014..[組織] ...
閲覧 Yasushi Imada, Chiaki Okita, Hiroki Maeda, Masayuki Kishimoto, Yoshinori Sugano, Hiroyuki Kaneshiro, Yuri Nishida, Soichiro Kawamorita, Naruyoshi Komiya and Takeshi Naota : Ring-expanding Metathesis Oligomerization of Cyclic Nitrones, European Journal of Organic Chemistry, Vol.2014, No.26, 5670-5674, 2014..[組織] ...
閲覧 粟田 ひろ子, 和久田 亮, 松本 幸久, 中村 太郎, 松岡 佑児, 浜中 良隆, 野地 澄晴, 三戸 太郎, 水波 誠 : コオロギの学習の分子メカニズム, 第85回日本動物学会大会, (頁), 2014年9月..[組織] ...
閲覧 Albert S. Reger, Matthew P. Yang, Koide-Yoshida Shizuyo, Elaine Guo, Shrenik Mehta, Keizo Yuasa, Alan Liu, Darren E. Casteel and Choel Kim : Crystal Structure of the cGMP-dependent Protein Kinase II Leucine Zipper and Rab11b Protein Complex Reveals Molecular Details of G-kinase-specific Interactions, The Journal of Biological Chemistry, Vol.289, No.37, 25393-25403, 2014..[組織] ...
閲覧 田上 拓磨, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : フラビン分子を触媒とした光レドックス反応, LED総合フォーラム2014-2015 in 徳島 論文集, 145-146, 2015年..[組織] ...
閲覧 三原 知大, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : LED光を用いたフラビン触媒によるアルデヒドのチオアセタール化反応, LED総合フォーラム2014-2015 in 徳島 論文集, 147-148, 2015年..[組織] ...
閲覧 今田 泰嗣 : 中国四国支部の活動, 化学と工業, Vol.68, No.5, 458, 2015年5月..[組織] ...
閲覧 松岡 佑児, 渡辺 崇人, 栗田 千波, 友成 さゆり, 野地 澄晴, 三戸 太郎 : フタホシコオロギにおけるCRISPR/Cas9システムを用いたHox遺伝子abdominal-Aの機能解析, 第48回日本発生生物学会, (頁), 2015年6月..[組織] ...
閲覧 Hiroki Iida, Shun-Ichi Murahashi and Yasushi Imada : Biomimetic flavin-catalysed reactions for organic synthesis, Organic & Biomolecular Chemistry, Vol.13, No.28, 7599-7613, 2015..[組織] ...
閲覧 三戸 太郎 : CRISPR/Casシステムを用いた昆虫ゲノム改変技術の開発, 第86回日本動物学会大会[シンポジウム:昆虫の生得的行動の分子・神経基盤の解析 ―ゲノム編集技術の適用例と可能性―(オーガナイザー:久保健雄,水波誠)], (頁), 2015年9月..[組織] ...
閲覧 James C. Campbell, Jeong Joo Kim, Kevin Y. Li, Gilbert Y. Huang, Albert S. Reger, Shinya Matsuda, Banumathi Sankaran, Todd M. Link, Keizo Yuasa, John E. Ladbury, Darren E. Casteel and Choel Kim : Structural Basis of Cyclic Nucleotide Selectivity in cGMP-dependent Protein Kinase II, The Journal of Biological Chemistry, Vol.291, No.11, 5623-5633, 2016..[組織] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 0.37, Max(EID) = 366294, Max(EOID) = 981059.