『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

PERM=閲覧 社団法人 日本化学会

登録情報の数

有効な情報: 38件 + 無効な情報: 0件 = 全ての情報: 38件

全ての有効な情報 (38件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(2)
閲覧 閲覧 アメリカ化学会 …(1)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(2)
閲覧 閲覧 社団法人 日本化学会 …(38)
閲覧 閲覧 日本結晶学会 …(1)
閲覧 閲覧 日本物理学会 …(1)
閲覧 閲覧 立命館大学 …(1)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 Eiji Kanezaki, Nobuyuki Nishi and Minoru Kinoshita : The Electronic Spectra of Anthraquinone in Shpol'skii Matrices and in Crystals at 4.2K, Bulletin of the Chemical Society of Japan, Vol.52, No.10, 2836-2845, 1979..[組織]+[発行所] ...
閲覧 Teruaki Mukaiyama, Masahiro Ohshima and Norikazu Miyoshi : An efficient and convenient method for the asymmetric allylation of aldehydes with allyltrimethylsilane catalyzed by diphenylboryl triflate., Chemistry Letters, Vol.1987, No.6, 1124-1127, 1987..[組織]+[発行所] ...
閲覧 上浦 晃二, 村上 俊介, 三好 德和, 和田 眞 : メタノールまたは含水溶媒中で進行するトリブチルスズヒドリドを用いるアルデヒドの還元反応, 日本化学会春季年会予稿集, Vol.76, No.2B6, 32, 1999年3月..[組織]+[発行所] ...
閲覧 村上 俊介, 和田 眞 : ビスマスヒドリドを用いるアルデヒドの還元反応, 日本化学会中国·四国支部同九州支部合同大会予稿集, 2D17, 1999年10月..[組織]+[発行所] ...
閲覧 三好 德和, 上浦 晃二, 曽根 美加, 細川 純子, 喜多 亜希子, 桑田 理香 : ストロンチウム金属の還元性を利用する有機合成反応の検討, 日本化学会春季年会予稿集, Vol.78, (号), 3F4-31, 2000年3月..[組織]+[発行所] ...
閲覧 Yoshihisa Suzuki, Hiroshi Matsuo, Yoshikata Koga, Katsuya Mukae, Tetsuya Kawakita and Seiji Sawamura : Effects of Pressure and Temperature on the Solubility of Monosodium l-Glutamate Monohydrate in Water, High Pressure Research, Vol.21, No.2, 93-104, 2001..[組織] ...
閲覧 Tsutomu Sawada, Yoshihisa Suzuki, Akiko Toyotama and Nobuo Iyi : Quick Fabrication of Gigantic Single-Crystalline Colloidal Crystals for Photonic Crystal Applications, Japanese Journal of Applied Physics, Part 2 (Letters), Vol.40, No.11B, 1226-1228, 2001..[組織] ...
閲覧 Ryouich Hiroi, Norikazu Miyoshi and Makoto Wada : Organic Solvent-Free One-Pot Reduction of Imines Generated in situ from Aldehydes and Aniline by Tributyltin Hydride on Silica Gel, Chemistry Letters, Vol.2002, (号), 274-275, 2002..[組織]+[発行所] ...
閲覧 湯浅 綾, 松尾 強, 和田 眞, 三好 德和 : 金属ストロンチウムを用いるエステルのBarbier型アルキル化反応の開発, 日本化学会春季年会予稿集, Vol.86, (号), 3H2-49, 2006年3月..[組織]+[発行所] ...
閲覧 森 真理子, 池原 大哲, 松尾 強, 和田 眞, 三好 德和 : 金属ストロンチウムとヨウ化アルキルを用いた安息香酸および安息香酸誘導体のBarbier型1,6-付加反応の開発, 日本化学会春季年会予稿集, Vol.86, (号), 3H2-50, 2006年3月..[組織]+[発行所] ...
閲覧 浅岡 真司, 松井 亜希, 松尾 強, 和田 眞, 三好 德和 : 金属ストロンチウムを用いるカルボン酸のBarbier型モノアルキル化反応の開発, 日本化学会春季年会予稿集, Vol.86, (号), 3H2-51, 2006年3月..[組織]+[発行所] ...
閲覧 細川 優佳, 濱松 克仁, 牧田 憲人, 井上 正之, 三好 德和, 和田 眞 : 無溶媒シリカゲル上大気中にて進行するアルコールの酸化反応, 日本化学会春季年会予稿集, Vol.86, (号), 4J1-14, 2006年3月..[組織]+[発行所] ...
閲覧 加納 由梨子, 佐伯 よしみ, 室井 超帰, 井上 正之, 三好 德和, 和田 眞 : メタホウ酸上で進行するDehydroxylationを利用した還元的Friedel-Crafts反応, 日本化学会春季年会予稿集, Vol.86, (号), 1H5-10, 2006年3月..[組織]+[発行所] ...
閲覧 遠藤 翔太, 吉武 智江, 佐伯 よしみ, 三好 德和, 和田 眞 : リン酸シリカゲル上で進行するエステルの分解反応, 日本化学会春季年会予稿集, Vol.86, (号), 3H4-17, 2006年3月..[組織]+[発行所] ...
閲覧 坂田 祖, 加納 由梨子, 室井 超帰, 三好 德和, 和田 眞 : リン酸シリカゲル上で進行するマイクロウェーブを用いたPET樹脂の分解, 日本化学会春季年会予稿集, Vol.87, (号), 4C5-28, 2007年3月..[組織]+[発行所] ...
閲覧 柚木 康史, 遠藤 翔太, 三好 德和, 和田 眞 : リン酸シリカゲル上で進行するアルデヒドとアミンを用いる簡便なストレッカー合成法, 日本化学会春季年会予稿集, Vol.87, (号), 3C6-47, 2007年3月..[組織]+[発行所] ...
閲覧 浅岡 真司, 高木 翔吾, 湯浅 綾, 森 真理子, 和田 眞, 三好 德和 : 金属ストロンチウムを用いた三級エステル類の簡便な合成手法の開発, 日本化学会春季年会予稿集, Vol.87, (号), 2D7-05, 2007年3月..[組織]+[発行所] ...
閲覧 湯浅 綾, 高木 翔吾, 浅岡 真司_, 森 真理子, 和田 眞, 三好 德和 : 金属ストロンチウムを用いたエステルのBarbier型ジアルキル化反応の新展開, 日本化学会春季年会予稿集, Vol.87, (号), 2D7-06, 2007年3月..[組織]+[発行所] ...
閲覧 三好 德和, 幸野 正志, 和田 眞, 松永 星, 溝田 巧, 清水 真 : 金属ストロンチウムを用いるイミン及びアルデヒドのピナコールカップリング, 日本化学会春季年会予稿集, Vol.90, (号), 3F7-51, 2010年3月..[組織]+[発行所] ...
閲覧 菊池 淳, 井上 岳, 三好 德和, 和田 眞 : リン酸シリカゲルを触媒とするRitter反応, 日本化学会春季年会予稿集, Vol.90, 2PB-044, 2010年3月..[組織]+[発行所] ...
閲覧 菊池 淳, 渡辺 崇史, 三好 德和, 和田 眞 : シリカゲル担持鉄触媒の調製とスチレン類の二量化反応, 日本化学会春季年会予稿集, Vol.90, 2PB-170, 2010年3月..[組織]+[発行所] ...
閲覧 兼弘 大介, 湯浅 綾, 菊池 淳, 和田 眞, 三好 德和 : THP中で進行するストロンチウムを用いる簡便な第3級アルコール合成法の開発, 日本化学会春季年会予稿集, Vol.90, 2PB-165, 2010年3月..[組織]+[発行所] ...
閲覧 田嶋 孝裕, 浅岡 真司, 菊池 淳, 和田 眞, 三好 德和 : 嵩高い第3級アルコール由来のエステル合成法の開発, 日本化学会春季年会予稿集, Vol.90, 2PB-166, 2010年3月..[組織]+[発行所] ...
閲覧 三好 德和, 松尾 強, 森 真理子, 菊池 淳, 和田 眞 : 金属ストロンチウムを用いる安息香酸類へのp-アルキル化反応について, 2009年日本化学会西日本大会, Vol.2009, 2H21, 2010年3月..[組織]+[発行所] ...
閲覧 三好 德和 : 高校の化学教育と大学における高大接続科目・基礎科目・教養科目との連携について, 2009年日本化学会西日本大会, Vol.2009, (号), 1MO01, 2010年3月..[組織]+[発行所] ...
閲覧 三好 德和, 兼弘 大介, 田嶋 孝裕, 菊池 淳, 和田 眞 : 金属ストロンチウムを用いるハロゲン化アルキルとカルボン酸誘導体との反応, 2010年日本化学会西日本大会, Vol.2010, (号), 1L-15, 2010年11月..[組織]+[発行所] ...
閲覧 兼弘 大介, 湯浅 綾, 菊池 淳, 和田 眞, 三好 德和 : Srを用いた簡便な代替えGrignard試薬の開発, 日本化学会春季年会予稿集, Vol.91, 3PA-161, 2011年3月..[組織]+[発行所] ...
閲覧 田嶋 孝裕, 浅岡 真司, 菊池 淳, 和田 眞, 三好 德和 : 嵩高い第3級アルコール由来のエステルの簡便合成とその応用, 日本化学会春季年会予稿集, Vol.91, 3PA-162, 2011年3月..[組織]+[発行所] ...
閲覧 宮崎 泰彰, 河井 智加, 菊池 淳, 和田 眞, 三好 德和 : アルキルストロンチウム種と二酸化炭素及びその等価体との反応の開発, 日本化学会春季年会予稿集, Vol.91, 3PA-163, 2011年3月..[組織]+[発行所] ...
閲覧 兼弘 大介, 湯浅 綾, 菊池 淳, 和田 眞, 三好 德和 : Barbier型反応で進行するSrを用いたエステルへの嵩高いアルキル基の付加反応, 2011年日本化学会西日本大会, Vol.2011, (号), 1H-02, 2011年11月..[組織]+[発行所] ...
閲覧 菊池 淳, 井上 岳, 三好 德和, 和田 眞 : 無溶媒下で行う固体ブレンステッド酸を用いたRitter反応, 2011年日本化学会西日本大会, Vol.2011, (号), 1H-03, 2011年11月..[組織]+[発行所] ...
閲覧 菊池 淳, 岡田 咲紀, 三好 德和, 和田 眞 : 鉄-ケイ素複合酸化物を触媒とする炭化水素類の官能基化反応, 2011年日本化学会西日本大会, Vol.2011, (号), 1H-03, 2011年11月..[組織]+[発行所] ...
閲覧 宮崎 泰彰, 福原 早百合, 浅岡 真司, 菊池 淳, 和田 眞, 三好 德和 : ストロンチウムを用いる嵩高い第三級エステルの簡便な合成法, 2011年日本化学会西日本大会, Vol.2011, (号), 2H-09, 2011年11月..[組織]+[発行所] ...
閲覧 田嶋 孝裕, 浅岡 真司, 菊池 淳, 和田 眞, 三好 德和 : 嵩高い第3級アルコール由来のエステルの簡便合成法, 2011年日本化学会西日本大会, Vol.2011, (号), 2H-10, 2011年11月..[組織]+[発行所] ...
閲覧 宮崎 泰彰, 河井 智加, 菊池 淳, 和田 眞, 三好 德和 : アルキルストロンチウムの還元性を利用したメタラサイクル中間体の生成とその応用, 日本化学会春季年会予稿集, Vol.92, 4L2-05, 2012年3月..[組織]+[発行所] ...
閲覧 宮崎 泰彰, 田嶋 孝裕, 兼弘 大介, 阿比留 保奈美, 菊池 淳, 和田 眞, 三好 德和 : Srを用いるエステル化反応の開発とその応用, 2012年日本化学会西日本大会, Vol.2012, 2L07, 2012年11月..[組織]+[発行所] ...
閲覧 山口 祐佳, 宮崎 泰彰, 阿比留 保奈美, 菊池 淳, 和田 眞, 三好 德和 : Grignard試薬を凌駕する金属ストロンチウムを用いたエステルのジアルキル化反応の開発とその応用, 日本化学会春季年会予稿集, Vol.93, 3F4-59, 2013年3月..[組織]+[発行所] ...
閲覧 竹内 公平, 海原 由香理, 難波 康祐, 谷野 圭持 : パラウアミンの全合成, 日本化学会第95春季年会, 千葉県船橋市, (巻), (号), (頁), 2015年3月..[組織]+[発行所] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 3, LA = 0.72, Max(EID) = 366154, Max(EOID) = 980602.