『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

PERM=閲覧 エコシステム工学コース.エコシステム工学コース教員

登録情報の数

有効な情報: 13件 + 無効な情報: 0件 = 全ての情報: 13件

全ての有効な情報 (13件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 (株)エコー …(2)
閲覧 閲覧 島根大学 …(1)
閲覧 閲覧 政府 …(4)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 上月 康則, 村上 仁士, 大森 稔寛, 小倉 貴文, 笹田 純司, 野田 厳 : 内湾の環境修復材料としての各スラグの物性評価実験, 第12回土木学会四国支部技術研究発表会講演集, Vol.12, (号), 434-435, 2006年5月..[組織] ...
閲覧 上月 康則, 村上 仁士, 三好 順也, 柴田 大介, 石田 達憲, 野田 厳 : 秋冬期における海岸構造物周辺に生息する肉食性巻貝二種の摂餌,成長量, 第12回土木学会四国支部技術研究発表会講演集, Vol.12, (号), 460-461, 2006年5月..[組織] ...
閲覧 Rui Sato, Yasunori Kozuki, Minoru Shiratori, Yoshikazu Shimada, Kitta Ryuichi and Hitoshi Murakami : Effects of the water discharge on periphyton downstream of the dam, International Conference on Ecological Restoration in East Asia, (巻), (号), (頁), Osaka,Japan, June 2006..[組織]+[組織] ...
閲覧 Machi Haseda, Yasunori Kozuki, Kanako Yamaguchi, Tatsunori Ishida, Hitoshi Murakami, Junya Miyoshi, Daisuke Shibata and Yuki Miyachi : Seaweed Bed Reclamation Experiment using Vertical Seawall at Inner Part of Osaka Bay, PACON 2006, Vol.CST-7C, (号), (頁), Yangon, Myanmar, July 2006..[組織]+[組織]+[組織] ...
閲覧 井若 和久, 田邊 晋, 大谷 寛, 上月 康則, 村上 仁士 : 田井家「震潮記」にみる徳島県宍喰の地震・津波について, 歴史地震, (巻), No.23, 17, 2006年9月..[組織]+[組織]+[組織]+[組織] ...
閲覧 村上 仁士, 上月 康則, 三好 順也, 野田 厳, 久本 忠則, 石本 健治, 伊藤 春樹, 北野 倫生, 山本 秀一 : 直立型海岸構造物を利用した浅場創出事業, 海岸工学論文集, Vol.53, (号), 1221-1225, 2006年..[組織]+[組織]+[組織] ...
閲覧 吉村 直孝, 上月 康則, 村上 仁士 : 潮間帯付着生物相による海域環境の定量評価指数の提案―大阪湾奥をケーススタディとして―, 海岸工学論文集, Vol.53, (号), 1256-1260, 2006年..[組織]+[組織]+[組織] ...
閲覧 三好 順也, 上月 康則, 倉田 健悟, 村上 仁士, 野田 厳, 岩村 俊平 : 港湾環境に及ぼす直立壁面の付着性二枚貝の影響に関する考察, 海岸工学論文集, Vol.53, (号), 1116-1120, 2006年..[組織]+[組織]+[組織] ...
閲覧 大谷 壮介, 上月 康則, 仲井 薫史, 石山 哲, 村上 仁士 : 干潟の底生微細藻類量の季節変動に及ぼすヤマトオサガニの摂餌圧の影響に関する考察, 海岸工学論文集, Vol.53, (号), 1056-1060, 2006年..[組織]+[組織]+[組織]+[組織]+[組織] ...
閲覧 Machi Haseda, Yasunori Kozuki, Takuro Kimura, Tatsunori Ishida, Yosuke Mori, Yuki Miyachi and Hitoshi Murakami : Collecting Methhod and Volume of Mytilus Galloprovincialis as Biomass Resource from Sea, PACON 2007, Vol.CST-7C, Hawaii, USA, June 2007..[組織]+[組織]+[組織] ...
閲覧 三好 順也, 上月 康則, 村上 仁士 : 大阪湾奥部における自律的環境修復を促す護岸付帯式海岸構造物の機能評価, 日本海水学会誌, Vol.61, No.6, 331-336, 2007年..[組織]+[組織] ...
閲覧 濱田 隆麿郎, 松原 加代子, 伊藤 伸一, 佐藤 克也, 坊岡 正之, 奥 英久, 藤澤 正一郎 : ロービジョン者の歩行面の誤識別に関する研究, ロボティクス・メカトロニクス講演会'10講演論文集, Vol.1A1, No.D10, 1-3, 2010年6月..[組織] ...
閲覧 原田 敏司, 米津 金吾, 上田 喜敏, 藤澤 正一郎, 佐藤 克也, 伊藤 伸一 : ベッド高の相違による重量物持上げ動作時の背筋筋電図測定と疲労解析, ロボティクス・メカトロニクス講演会'10講演論文集, Vol.1P1, No.G07, 1-4, 2010年6月..[組織] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 1, LA = 0.60, Max(EID) = 371511, Max(EOID) = 992147.