『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

PERM=閲覧 徳島大学.医学研究科

登録情報の数

有効な情報: 12件 + 無効な情報: 1件 = 全ての情報: 13件

全ての有効な情報 (12件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(12)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(12)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 昌山 浩三, 日浦 賢治, 天真 覚, 松本 和也, 中西 秀樹, 森山 啓司 : Le Fort III 型骨切り術を施行したCrouzon病患者の術前術後の顎態評価, 日本顎変形症学会雑誌, Vol.8, No.3, 234-246, 1998年..[組織] ...
閲覧 後藤田 貴子, 石上 安希子, 徳永 逸夫, 北村 修, 久保 真一 : トルエン吸入によるラット副腎髄質GDNFの発現について, 日本法医学会中四国地方会, Vol.17, (号), (頁), 2000年10月..[組織] ...
閲覧 Mari Miki, Youichi Nakamura, Saburo Sone, Mitsugu Ikebe, Sumiko Yoshinaga, Eriko Harada, Fumiko Michishige, Toshiko Terao, Hiroshi Maezawa and Susumu Yasuoka : Effect of human airway trypsin-like protease (HAT) on proliferation of normal bronchial epithelial cells and normal lung fibroblasts., Proceeding of Airway Secretion research, Vol.3, 15-24, 2001..[組織] ...
閲覧 Kazuya Matsumoto, Hideki Nakanishi, Yoshio Koizumi, Takuya Seike, Masako Okazaki, Masahiko Yokozeki and Keiji Moriyama : Segmental distraction of the midface in a patient with crouzon syndrome, The Journal of Craniofacial Surgery, Vol.13, No.2, 273-278, 2002..[組織] ...
閲覧 Masahiro Abe, Kenji Hiura, Javier Wilde, Keiji Moriyama, Toshihiro Hashimoto, Shuji Ozaki, Shingo Wakatsuki, Masaaki Kosaka, Shinsuke Kido, Daisuke Inoue and Toshio Matsumoto : Role for macrophage inflammatory protein (MIP)-1α and MIP-1β in the development of osteolytic lesions in multiple myeloma, Blood, Vol.100, No.6, 2195-2202, 2002..[組織] ...
閲覧 Shingo Kawakami, Kenji Hiura, Masahiko Yokozeki, Takuya Seike, Hideki Nakanishi and Keiji Moriyama : Prognostic implications of nasal cavity and cleft morphology in secondary bone grafting, Cleft Palate-Craniofacial Journal, Vol.39, No.6, 575-581, 2002..[組織] ...
閲覧 Kazuya Matsumoto, Hideki Nakanishi, Yoshio Koizumi, Takuya Seike, Yukiho Tanimmoto, Masahiko Yokozeki, Kenji Hiura, Keiji Moriyama, Mitsuyoshi Minami, Yoshio Urano and Shinichi Hirabayashi : Correction of a deformed thumb by distraction of the phalanx, Scandinavian Journal of Plastic and Reconstructive Surgery and Hand Surgery, Vol.36, No.6, 368-372, 2002..[組織] ...
閲覧 Kazuya Matsumoto, Hideki Nakanishi, Yoshiaki Kubo, Masahiko Yokozeki and Keiji Moriyama : Advances in distraction techniques for craniofacial surgery., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.50, No.3-4, 117-125, 2003..[組織] ...
閲覧 久保 真一, 石上 安希子, 後藤田 貴子, 徳永 逸夫, 北村 修 : 下垂体摘出術20年後に急性副腎不全で死亡した1剖検例, 日本法医学会中四国地方会, Vol.20, (号), (頁), 2003年11月..[組織] ...
閲覧 Kazuya Matsumoto, Hideki Nakanishi, Yoshio Koizumi, Masahiro Yamano, Ichiro Hashimoto, Hidetaka Satake and Keiji Moriyama : Occlusal difficulties after simultaneous mandibular and maxillary distraction in an adult case of hemifacial microsomia., The Journal of Craniofacial Surgery, Vol.15, No.3, 464-468, 2004..[組織] ...
閲覧 Michihiro Nakamura : Biomedical Applications of Organosilica Nanoparticles, THE CHINA-JAPAN SYMPOSIUM ON NANOMEDICINE, (都市), Oct. 2013..[組織] ...
閲覧 近藤 秀治, 木下 ゆき子 : Q&A, 小児内科, Vol.43, No.4, 726-728, (年月日)..[組織] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 0.97, Max(EID) = 373299, Max(EOID) = 998707.