『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

PERM=閲覧 徳島大学.歯学部

登録情報の数

有効な情報: 39件 + 無効な情報: 2件 = 全ての情報: 41件

全ての有効な情報 (39件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(39)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(39)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 Ryuichi Yamasaki, Haruhiko Saito, Toshiaki Sano, Kazuto Kameyama, Katsuhiko Yoshimoto, Eiji Hosoi, Mitsuhiro Matsumura, Kunihiko Harada and Shiro Saito : Ectopic Growth Hormone-Releasing Hormone (GHRH) Syndrome in a Case with Multiple Endocrine Neoplasia Type 1., Endocrinologia Japonica, Vol.35, No.1, 97-109, 1988..[組織] ...
閲覧 Tatsuo Tsukura, Miyuki Ise, Hideki Matuki, Yutaka Yasutomi and Mizuho Nishino : An investigation of outpatients in the pedodontic clinic of Tokushima University Dental Hospital during the period from 1977 to 1989, Pediatric Dental Journal, Vol.2, No.1, 145-155, 1992..[組織] ...
閲覧 Kazumi Ozaki, Takashi Matsuo, Hideaki Nakae, Yuichiro NOIRI, Masahiro YOSHIYAMA and Shigeyuki EBISU : A quantitative comparison of selected bacteria in human carious dentine by microscopic counts., Caries Research, Vol.28, No.3, 137-145, 1994..[組織] ...
閲覧 下村 学, 工藤 隆治, 川口 真一, 高橋 章, 竹内 徹, 菅原 千恵子, 細木 秀彦, 坂野 啓一, 上村 修三郎 : パノラマX線撮影装置を利用した顎関節撮影法 第一報 下顎頭間距離について, 歯科放射線, Vol.37, No.1, 35-40, 1997年..[組織] ...
閲覧 Tomiaki Morikawa, Mizuho Nishino and Kenji Arita : Epidemiological Database Management System for Community Dental Health, Journal of Dental Research, 206, Orlando, March 1997..[組織] ...
閲覧 Tomiaki Morikawa, Mizuho Nishino and Kenji Arita : Epidemiological Database System for Community Dental Health, the 6th world congress on preventive dentistry, Cape town(South Africa), Oct. 1997..[組織] ...
閲覧 Tomiaki Morikawa, Mizuho Nishino and Kenji Arita : Dental survey in Preschool Children in China, Journal of Dental Research, Nice(France), June 1998..[組織] ...
閲覧 Hideaki Nagamune, Ohki Ohnishi, Kanako Hattori, Kazuto Ohkura, Takatsugu Goto, Hideaki Tsuge, Katsuhiko Hirota, Nobuhiko Katunuma, Yoichiro Miyake, Takuya Maeda and Hiroki Kourai : Human-Specific Cell Lysis by Intermedilysin, an Exotoxin of Streptococcus intermedius, 18th International Congress of Biochemistry and Molecular Biology, (巻), (号), (頁), Birminghan, UK, July 2000..[組織] ...
閲覧 Kazuto Ohkura, Takatsugu Goto, Kanako Hattori, Ohki Ohnishi, Hideaki Tsuge, Nobuhiko Katunuma, Katsuhiko Hirota, Yoichiro Miyake, Hiroki Kourai and Hideaki Nagamune : Structural Analysis of a Human Specific Cytolysin Intermedilysin from Streptococcus intermedius UNS46, 18th International Congress of Biochemistry and Molecular Biology, (巻), (号), (頁), Birmingham, UK, July 2000..[組織] ...
閲覧 西野 瑞穗, 有田 憲司, 赤坂 守人, 佐々 竜二 : 小児歯科学第2版, 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2002年3月..[組織] ...
閲覧 水澤 典子, 友成 章, 小杉 知里, 小倉 真琴, 原田 永勝, 大東 いずみ, 板倉 光夫, 吉本 勝彦 : ヒトインスリン遺伝子のグルコ-ス応答性転写調節に及ぼすGG配列の役割, 第45回日本糖尿病学会年次学術総会, (巻), (号), (頁), 2002年5月..[組織] ...
閲覧 森川 富昭, 西野 瑞穗, 有田 憲司 : 病診·病病連携を行うためのリアルタイムコラボレーションシステムの構築, --- ―歯科領域における試行― ---, 医療情報学, Vol.22, No.2, 197-205, 2002年..[組織] ...
閲覧 吉本 勝彦 : 内分泌腺腫瘍から学ぶ, 四国歯学会第26回例会・第21回総会, (巻), (号), (頁), 2002年6月..[組織] ...
閲覧 吉本 勝彦 : (ワークショップ) 内分泌腫瘍の基礎と臨床:最近の知見「内分泌腫瘍の基礎:内分泌機能と腫瘍発生の機序」, 第2回日本内分泌学会四国地方会, (巻), (号), (頁), 2002年9月..[組織] ...
閲覧 井上 紀子, 石川 康子, 吉本 勝彦 : 耳下腺に局在するbeta-アドレナリン受容体と細胞内情報伝達系のストレプトゾトシン誘発性糖尿病による動態, 第44回基礎歯科医学会学術大会・総会, (巻), (号), (頁), 2002年10月..[組織] ...
閲覧 篠原 康雄, MR Almofti, 市川 智一, 山本 武範, 山下 菊治, 寺田 弘 : 銀イオンによって誘導されるミトコンドリアの透過性遷移とシトクロムCの放出, 第24回 生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2002年11月..[組織] ...
閲覧 山本 武範, 山下 菊治, 篠原 康雄, 寺田 弘 : DCCDによって誘導されるミトコンドリアの透過性遷移, 第25回 日本分子生物学会年会, (巻), (号), (頁), 2002年12月..[組織] ...
閲覧 寺内 さつき, 山本 武範, 山下 菊治, 寺田 弘, 篠原 康雄 : DCCD induces mitochondrial permeability transition without causing cytochrome c release, 第76回 日本生化学会大会, (巻), (号), (頁), 2003年10月..[組織] ...
閲覧 Yasuko Ishikawa, Zhenfang Yuan, Noriko Inoue, Masayuki Shono and Yoshiko Nakae : Translocation of aquaporin 5 from rafts to apical membrane in rat parotid glands stimulated by muscarinic agonists, The Journal of Histochemistry and Cytochemistry, Vol.52, No.Suppl 1, S56, San Diego, July 2004..[組織] ...
閲覧 細井 和雄, : なるほど現代歯塾, 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2007年2月..[組織] ...
閲覧 Cory W. Ernst, Jang Eun Lee, Tadashi Nakanishi, Nadeem Y. Karimbux, Taia M. Rezende, Philip Stashenko, Makoto Seki, Martin A Taubman and Toshihisa Kawai : Diminished forkhead box P3/CD25 double-positive T regulatory cells are associated with the increased nuclear factor-kB ligand (RANKL(+)) T cells in bone resorption lesion of periodontal disease, Clinical and Experimental Immunology, Vol.148, No.2, 271-280, 2007..[組織] ...
閲覧 細井 和雄, : 基礎歯科生理学 第5版, 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2008年2月..[組織] ...
閲覧 淺岡 憲三 : 金属系微粒子の現状と課題, 日本歯科理工学会誌, Vol.30, No.2, 6, 2011年4月..[組織] ...
閲覧 市川 哲雄, 野間 隆文, 三好 圭子, 西川 啓介, 水澤 典子, 松山 美和, 吉村 弘, 細木 眞紀 : 連携機能を活用した口腔からQOL向上を目指す研究報告書, 連携機能を活用した口腔からQOL向上を目指す研究報告書, 1-67, (都市), 2012年(0月)..[組織] ...
閲覧 菅原 千恵子 : 見逃さないでその症状!悪性病変の可能性はありませんか?, (誌名), (頁), 2013年6月..[組織] ...
閲覧 伊賀 弘起 : 多職種連携にかかわる歯科衛生士教育ー新しい歯科衛生士の養成をめざしてー, 日本歯科衛生学会誌, Vol.8, No.1, 85, 2013年9月..[組織] ...
閲覧 菅原 千恵子 : 見逃さないでその症状!悪性病変の可能性はありませんか?, 四国歯学会雑誌, Vol.26, No.2, 61-70, 2014年..[組織] ...
閲覧 山下 菊治 : 解剖学から見た生命科学研究, --- ー遠赤外線エネルギー照射の正体とその効果ー ---, Journal of Oral Health and Biosciences, Vol.27, No.2, 97-105, 2015年..[組織] ...
閲覧 吉永 薫, 渡邉 佳一郎, 中村 瑠里, 佐藤 南, ミツイ アカギ シルビア ナオミ, 天知 良太, 岩浅 亮彦, 堀内 信也, 黒田 晋吾, 田中 栄二 : 歯科矯正用アンカースクリューの導入による診断内容の変化∼抜歯・非抜歯および抜歯部位の判定に関する検討∼, 第58回中·四国矯正歯科学会大会, 18, 2015年7月..[組織] ...
閲覧 伊賀 弘起 : 文部科学省選定課題解決型高度医療人材養成プログラム「徳島大学歯学部口腔保健学科における国際展開について」, (誌名), 2016年9月..[組織] ...
閲覧 井澤 俊, 田中 栄二, 石丸 直澄 : 核内受容体AhRはRANK/c-Fosシグナル伝達経路を介して破骨細胞の分化を制御する, 第35回 日本骨代謝学会学術集会 (口演発表), 2017年7月..[組織] ...
閲覧 Takashi Izawa, Islamy Rahma Hutami, Hiroki Mori and Eiji Tanaka : Role of Smad3 and S1P Signaling in Mandibular Condylar Cartilage Homeostasis, Journal of Bone Research, Vol.5, No.2, 178, 2017..[組織] ...
閲覧 Islamy Rahma Hutami, Takashi Izawa, Akiko Mino, Takehiro Shinohara, Hiroki Mori, Akihiko Iwasa and Eiji Tanaka : Fas/S1P1 crosstalk via NF-B activation in osteoclasts controls subchondral bone remodeling in murine TMJ arthritis, Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.490, No.4, 1274-1281, 2017..[組織] ...
閲覧 Akira Takahashi, Chieko Sugawara, Keiko Kudoh, Yoshiko Yamamura, Go Ohe, Tetsuya Tamatani and Youji Miyamoto : Lingual tonsillolith: prevalence and imaging characteristics evaluated on 2244 pairs of panoramic radiographs and CT images, Dento Maxillo Facial Radiology, Vol.47, No.1, 20170251, 2018..[組織] ...
閲覧 伊藤 博夫 : デンタルスタッフの口腔衛生学・歯科衛生統計 第1版, --- 第5章 口腔疾患とその関連疾患の予防 ---, 医歯薬出版社, (都市), 2018年2月..[組織] ...
閲覧 Akira Takahashi, Chieko Sugawara, Kazuya Akita, Kumiko Kamada, Keiko Kudoh, Tetsuya Tamatani and Youji Miyamoto : Prevalence and imaging characteristics of nasopharyngeal and eustachian tube tonsilloliths in 2244 patients determined using computed tomography, Dento Maxillo Facial Radiology, Vol.47, 20180052, 2018..[組織] ...
閲覧 高橋 章 : -白いものが写っていますが,何でしょうか?- デンタルやパノラマ写真の不透過像, Journal of Oral Health and Biosciences, Vol.31, No.1, 57-61, 2018年..[組織] ...
閲覧 Satoru Kisoda, Wenhua Shao, Natsumi Fujiwara, Yasuhiro Mouri, Takaaki Tsunematsu, Shengjian Jin, Rieko Arakaki, Naozumi Ishimaru and Yasusei Kudo : Prognostic value of partial EMT-related genes in head and neck squamous cell carcinoma by a bioinformatic analysis., Oral Diseases, (巻), (号), (頁), 2020..[組織] ...
閲覧 Natsumi Fujiwara, Keiji Murakami, Kaya Yoshida, Shunsuke Sakurai, Yasusei Kudo, Kazumi Ozaki, Katsuhiko Hirota, Hideki Fujii, Maiko Suzuki, Yoichiro Miyake and Hiromichi Yumoto : Suppresive effects of 2-methacryloyloxyethyl phosphorylcholine (MPC)-polymer on the adherence of Candida species and MRSA to acrylic denture resin., Heliyon, Vol.6, e04211, 2020..[組織] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 0.43, Max(EID) = 377096, Max(EOID) = 1009887.