『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

PERM=閲覧 吉田 弘

登録情報の数

有効な情報: 63件 + 無効な情報: 8件 = 全ての情報: 71件

全ての有効な情報 (63件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(63)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(63)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 端野 道夫, 吉田 弘, 岡部 健士 : 鉛直噴流の衝突に伴う密度界面変形部の水理特性, 水工学論文集, Vol.34, (号), 199-204, 1990年..[著者] ...
閲覧 端野 道夫, 吉田 弘, 市原 秀樹 : 降雨遮断およびSPACを考慮したタンクモデルによる長期流出解析, 水工学論文集, Vol.35, (号), 93-98, 1991年..[著者] ...
閲覧 端野 道夫, 吉田 弘, 中谷 達志 : 実森林樹幹流データによる降雨遮断モデルの比較検討, 水工学論文集, Vol.35, (号), 87-92, 1991年..[著者] ...
閲覧 端野 道夫, 吉田 弘 : ヒートパルス速度による森林蒸散量推定モデルについて, 水工学論文集, Vol.35, (号), 15-20, 1991年..[著者] ...
閲覧 Michio Hashino and Hiromu Yoshida : Transpiration model associated with sap flow and meteorological data, IAHS Publication series (Red Books), Vol.204, (号), 317-328, 1991..[著者] ...
閲覧 端野 道夫, 吉田 弘, 村岡 浩爾 : 森林水循環モデリングと水収支の評価, 水工学論文集, Vol.36, (号), 521-528, 1992年..[著者] ...
閲覧 端野 道夫, 吉田 弘, 村岡 浩爾 : 数理モデルによる森林流域の水源かん養機能の評価, 水資源に関するシンポジュウム論文集, Vol.4, (号), 281-286, 1992年8月..[著者] ...
閲覧 吉田 弘, 端野 道夫, 木村 誠, 村岡 浩爾 : 水源かん養機能から見たゴルフ場開発の影響評価についての基礎的検討, 水工学論文集, Vol.37, (号), 159-164, 1993年..[著者] ...
閲覧 吉田 弘, 端野 道夫, 村岡 浩爾 : 樹幹流データを利用した降雨遮断タンクモデルによる森林蒸発量の推定法, 水文·水資源学会誌, Vol.6, No.1, 19-30, 1993年..[著者] ...
閲覧 Michio Hashino and Hiromu Yoshida : Estimation model of single tree transpiration based upon heat pulse velocity and micrometeorological data, IAHS Publication series (Red Books), Vol.212, (号), 303-311, 1993..[著者] ...
閲覧 端野 道夫, 吉田 弘 : 森林流域の改変が水源かん養機能に及ぼす影響の評価手法, 地下水技術, Vol.35, No.7, 25-36, 1993年7月..[著者] ...
閲覧 吉田 弘, 端野 道夫, 村岡 浩爾 : ヒートパルス速度を利用した蒸散量推定のための数理モデルの提案, 水文·水資源学会誌, Vol.6, No.3, 244-253, 1993年..[著者] ...
閲覧 吉田 弘, 端野 道夫, 村岡 浩爾 : ヒートパルス速度と微気象データを利用した林木蒸散量推定法の提案, 水文·水資源学会誌, Vol.6, No.4, 350-357, 1993年..[著者] ...
閲覧 吉田 弘, 端野 道夫, 田村 隆雄, 村岡 浩爾 : 山地小流域での渓流水質形成過程に関する基礎的検討, 水工学論文集, Vol.38, (号), 271-276, 1994年..[著者] ...
閲覧 吉田 弘, 端野 道夫, 坂 宏二, 村岡 浩爾 : ヒートパルス速度と微気象データを利用した流域蒸散量推定手法の提案と短期水収支法による比較検討, 水工学論文集, Vol.38, (号), 131-136, 1994年..[著者] ...
閲覧 Huaxia Yao, Michio Hashino and Hiromu Yoshida : A modelling of moisture and heat transfers in SPAC, Annual Journal of Hydraulic Engineering. JSCE, Vol.38, (号), 125-130, 1994..[著者] ...
閲覧 Huaxia Yao, Michio Hashino and Hiromu Yoshida : Analyzing effects of deforestation or affrestation on streamflow by using a physically-based conceptual model, Journal of Japan Society of Hydrology & Water Resources, Vol.7, No.3, 196-203, 1994..[著者] ...
閲覧 端野 道夫, 吉田 弘 : 森林流域における物質循環機構の数理モデル化と水質浄化機能の評価手法, 地下水技術, Vol.36, No.6, 34-44, 1994年6月..[著者] ...
閲覧 Hiromu Yoshida and Michio Hashino : A methodology for estimating forest evaporation by a rainfall interception tank model based on stemflow data, Proc. of the Internation Symposium on Forest Hydrology, (巻), (号), 47-54, 1994..[著者] ...
閲覧 Michio Hashino, Hiromu Yoshida and Huaxia Yao : An hourly model for energy and water cycle in forested catchment, Proc. of the Internation Symposium on Forest Hydrology, (巻), (号), 165-172, 1994..[著者] ...
閲覧 吉田 弘, 田村 隆雄, 端野 道夫 : 森林流域における物質流出機構の数理モデル化に関する基礎的検討, 水工学論文集, Vol.39, (号), 1-6, 1995年..[著者] ...
閲覧 Huaxia Yao, Michio Hashino and Hiromu Yoshida : Analysing effects of climate change and forestry management on water yield using conceptual models, IAHS Publication series (Red Books), Vol.230, (号), 237-244, 1995..[著者] ...
閲覧 Hiromu Yoshida and Michio Hashino : Mathematical modeling of transpiration using heat pulse velocity and its application to analysis of transpiration process, Poster Session of 21st IAHS, Vol.230, (号), (頁), Boulder, Colorado, July 1995..[著者] ...
閲覧 Hiromu Yoshida, Michio Hashino and Takao TAMURA : Mathematical modelling of solute runoff system from forested mountain basin with streamwater and soilwater quality data, IAHS Publication series (Red Books), Vol.229, (号), 303-311, 1995..[著者] ...
閲覧 姚 華夏, 端野 道夫, 吉田 弘 : 変数増減回帰法による将来の気候と水循環の変動予測, 水文·水資源学会誌, Vol.8, No.6, 574-582, 1995年..[著者] ...
閲覧 Hiromu Yoshida, Michio Hashino, Takao TAMURA and Kohji Muraoka : Formation process of stream water chemistry in small forested mountain basin, Journal of Hydroscience and Hydraulic Engineering, Vol.13, No.2, 83-97, 1995..[著者] ...
閲覧 Huaxia Yao, Michio Hashino and Hiromu Yoshida : Modeling energy and water cycle in a forested headwater basin, Journal of Hydrology, Vol.174, (号), 221-234, 1996..[著者] ...
閲覧 ユリアヌル アルフィアンシャ, 吉田 弘, 端野 道夫 : GMS-IR データを利用した日降雨量推定式に関する検討, 水工学論文集, Vol.40, (号), 291-296, 1996年..[著者] ...
閲覧 端野 道夫, 吉田 弘 : 森林における水循環のメカニズムと水源かん養機能, 雨水技術資料, Vol.20, (号), 15-25, 1996年3月..[著者] ...
閲覧 Hiromu Yoshida, Michio Hashino and Yohko Nagura : Time-series analysis of rainfall characteristics taking account of monthly temperature, International Conference on Water Resources & Environment Reserach: Towards the 21st Century, Vol.2, (号), 603-610, 1996..[著者] ...
閲覧 Takao TAMURA, Hiromu Yoshida, Michio Hashino and Tatemasa Hirata : Seasonal change of streamwater and soilwater chemistries in forested mountain basin concerned with soil moisture and temperature, International Conference on Water Resources & Environment Reserach: Towards the 21st Century, Vol.2, (号), 239-247, 1996..[著者] ...
閲覧 Alfiansyah Yulianur, Hiromu Yoshida and Michio Hashino : Estimation of daily rainfall using GMS-IR data, International Conference on Water Resources & Environment Reserach: Towards the 21st Century, Vol.1, (号), 689-695, 1996..[著者] ...
閲覧 吉田 弘, 端野 道夫, 越智 一直 : 数理モデルによる土壌水分と飽差が蒸散抑制に及ぼす影響の解析, 水工学論文集, Vol.41, (号), 73-78, 1997年..[著者] ...
閲覧 アルフィアンシャ ユリアヌル, 吉田 弘, 端野 道夫 : 日蒸発·蒸散量の簡便な分離推定手法の検討, 水工学論文集, Vol.41, (号), 49-54, 1997年..[著者] ...
閲覧 田村 隆雄, 吉田 弘, 端野 道夫, 重光 世洋 : 直列2段タンクモデルを用いた全窒素·全リンの降雨流出特性の検討, 水工学論文集, Vol.41, (号), 191-196, 1997年..[著者] ...
閲覧 田村 隆雄, 吉田 弘, 端野 道夫 : 硝化を考慮した森林土壌からの硝酸態窒素流出過程の数理モデル化に関する基礎的検討, 水工学論文集, Vol.42, (号), 229-234, 1997年..[著者] ...
閲覧 Alfiansyah Yulianur, Hiromu Yoshida and Michio Hashino : Estimation of daily rainfall using GMS-data, Poster presentation in 5th Scientific Assembly of IAHS, (巻), (号), (頁), Rabat, April 1997..[著者] ...
閲覧 端野 道夫, 吉田 弘 : 水源かん養機能に及ぼす森林の影響評価(1), 地下水技術, Vol.39, No.5, 34-42, 1997年5月..[著者] ...
閲覧 Takao TAMURA, Hiromu Yoshida and Michio Hashino : Long-Term Solute Runoff Analysis of a Japanese Forested Mountain Basin Using a Mathematical Model, IAHS Publication series (Red Books), Vol.244, (号), 309-316, 1997..[著者] ...
閲覧 端野 道夫, 吉田 弘 : 地球温暖化にともなう日本の主な気候区における一雨降水特性の変化量評価, 地球環境シンポジュウム講演集, Vol.5, (号), 215-220, 1997年6月..[著者] ...
閲覧 端野 道夫, 吉田 弘 : 水源かん養機能に及ぼす森林の影響評価(2), 地下水技術, Vol.39, No.7, 33-42, 1997年7月..[著者] ...
閲覧 端野 道夫, 吉田 弘 : 実流域における森林の水源かん養機能の評価, 吉野川学会誌, Vol.1, (号), 33-42, 1997年7月..[著者] ...
閲覧 端野 道夫, 吉田 弘 : 水源かん養機能に及ぼす森林の影響評価, --- 徳島県那賀川水系長安口ダム流域を例として ---, 水資源に関するシンポジュウム論文集, Vol.5, (号), 281-286, 1997年8月..[著者] ...
閲覧 戎 信宏, 吉田 弘 : 表面温度法による森林斜面の蒸発散量分布の推定(2), 水文·水資源学会誌, Vol.11, No.1, 31-38, 1998年..[著者] ...
閲覧 吉田 弘, 端野 道夫 : 森林洪水低減機能に及ぼす流域樹冠密度の影響に関する検討, 水工学論文集, Vol.42, (号), 223-228, 1998年..[著者] ...
閲覧 端野 道夫, 吉田 弥生, 吉田 弘 : 気温上昇に伴う降水特性及び流況変化の評価, 水工学論文集, Vol.42, (号), 211-216, 1998年..[著者] ...
閲覧 アルフィアンシャ ユリアヌル, 吉田 弘, 端野 道夫 : ハモンの可能蒸発散量と線形回帰式を利用した簡易遮断蒸発量推定法の提案, 水文·水資源学会誌, Vol.11, No.2, 141-149, 1998年..[著者] ...
閲覧 Hiromu Yoshida, Takao TAMURA and Michio Hashino : Mathematical modelling of solute runoff from forested basin, Journal of Hydroscience and Hydraulic Engineering, Vol.16, No.1, 57-71, 1998..[著者] ...
閲覧 吉田 弘, Takao Tamura, Michio Hashino : Mathematical Modeling of Solute Runoff from Forested Basin, Journal of Hydroscience and Hydraulic Engineering, Vol.16, No.1, 57-71, 1998年..[著者] ...
閲覧 Huaxia Yao, Michio Hashino and Hiromu Yoshida : Beneficial and unexpected effects of forest on water resources: in the management perspective, International Workshop on Barries to Sustainable Management of Water Quantity and Quality, (巻), (号), 146-157, Wuhan, China, May 1998..[著者] ...
閲覧 BC Yulianur Alfiansya, Hiromu Yoshida and Michio Hashino : Estimation of Precipitation, Evaporation, and Transpiration Using GMS Data, Proceedings of the 11th Congress of APD-IAHR, Vol.1, (号), 1-10, Yogyakarta, Sep. 1998..[著者] ...
閲覧 Alfiansyah Yulianur, Hiromu Yoshida and Michio Hashino : Estimation of precipitation, evaporation and transpiration using GMS data, 11th Congress of IAHR-APD, Vol.1, (号), 1-10, Yogyakarta, Indonesia, Sep. 1998..[著者] ...
閲覧 端野 道夫, 姚 華夏, 吉田 弘 : 森林流域における年蒸発散量からの遮断蒸発·蒸散分離, 京都大学防災研究所水資源研究センター研究報告, Vol.19, (号), 11-17, 1999年2月..[著者] ...
閲覧 吉田 弘, 端野 道夫 : 大型ライシメータによる林木蒸散量計測の試み, 水工学論文集, Vol.43, (号), 67-72, 1999年..[著者] ...
閲覧 Michio Hashino, Huaxia Yao and Hiromu Yoshida : Separation of rainfall interception and transpiration from annual evapotranspiration in forested watersheds, Annual Journal of Hydraulic Engineering. JSCE, Vol.43, (号), 73-78, 1999..[著者] ...
閲覧 端野 道夫, 姚 華夏, 吉田 弘 : 森林流域における年蒸発散量からの遮断蒸発·蒸散分離, 水資源研究センター研究報告, Vol.19, (号), 11-17, 1999年..[著者] ...
閲覧 吉田 弘, 端野 道夫 : 森林整備と水源かん養機能の関係について-河川工学,水資源工学の立場から-, 水利科学, (巻), No.248, 1-17, 1999年7月..[著者] ...
閲覧 Takao TAMURA, Hiromu Yoshida and Michio Hashino : Mathematical modeling for estimating the seasonal changes in streamwater No3-N concentration, IAHS Publication series (Red Books), Vol.257, (号), 143-150, 1999..[著者] ...
閲覧 吉田 弘, Yulianur Alfiansya, Takao Tamura, Michio Hashino : A Simple Method for Separately Estimating Daily Evaporation and Transpiration, Journal of Hydroscience and Hydraulic Engineering, Vol.17, No.2, 11-29, 1999年..[著者] ...
閲覧 端野 道夫, 姚 華夏, 吉田 弘 : 肱川流域における森林の水源かん養機能に関する調査研究, 地下水技術, Vol.43, No.4, 40-49, 2001年4月..[著者] ...
閲覧 Hiromu Yoshida and Michio Hashino : Measurement of tree transpiration using large weighing lysimeters, Journal of Hydroscience and Hydraulic Engineering, Vol.19, No.1, 1-13, 2001..[著者] ...
閲覧 Michio Hashino, Huaxia Yao and Hiromu Yoshida : Studies and evaluations on interception processes during rainfall based on a tank model, Journal of Hydrology, Vol.255, No.1, 1-11, 2002..[著者] ...
閲覧 田村 隆雄, 吉田 弘, 端野 道夫 : 溶質流出モデルの構築に向けた徳島県白川谷森林試験流域における溶質流出特性の評価, 水文·水資源学会誌, Vol.15, No.4, 362-370, 2002年..[著者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 0.79, Max(EID) = 393106, Max(EOID) = 1063443.