『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

PERM=閲覧 鎌田 磨人 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.地域環境分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.地域環境講座])

登録情報の数

有効な情報: 446件 + 無効な情報: 26件 = 全ての情報: 472件

全ての有効な情報 (446件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(142)
閲覧 閲覧 阿南工業高等専門学校 …(1)
閲覧 閲覧 阿波学会 …(1)
閲覧 閲覧 大阪府立大学 …(1)
閲覧 閲覧 岡山大学 …(1)
閲覧 閲覧 財団法人河川環境管理財団 …(1)
閲覧 閲覧 京都大学 …(4)
閲覧 閲覧 (株)建設材料試験所 …(1)
閲覧 閲覧 高知大学 …(1)
閲覧 閲覧 大学等環境安全協議会 …(1)
閲覧 閲覧 東京大学 …(1)
閲覧 閲覧 徳島県 …(2)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(142)
閲覧 閲覧 奈良女子大学 …(3)
閲覧 閲覧 日本生態学会 …(1)
閲覧 閲覧 日本ベントス学会 …(2)
閲覧 閲覧 広島大学 …(2)
閲覧 閲覧 Korea Institute of Construction Technology …(2)
閲覧 (未定義) …(244)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 鎌田 磨人, 中越 信和, 高橋 史樹 : 焼畑の火入れが埋土種子の発芽に及ぼす影響, 日本生態学会誌, Vol.37, No.2, 91-100, 1987年..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人, 中越 信和, 金 喆洙 : 韓国全羅南道の里山における人間活動とマツ林, 広島大学生物学会誌, (巻), No.53, 3-10, 1987年..[著者] ...
閲覧 Nobukazu Nakagoshi, Takashi Someya, Mahito Kamada and Kunito Nehira : Actual vegetation map of Hiwa-cho, Hiroshima Prefecture, Misscellaneous Reports of the Hiwa Museum for Natural History, (巻), No.27, 1-10, 1989..[著者] ...
閲覧 染矢 貴, 鎌田 磨人, 中越 信和, 根平 邦人 : 山間農村における植生景観の構造とその変遷, --- 広島県比和町を事例として ---, 地理科学, Vol.44, No.2, 53-69, 1989年..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人, 中越 信和 : 農村周辺の1960年代以降における二次植生の分布構造とその変遷, 日本生態学会誌, Vol.40, No.3, 137-150, 1990年..[著者] ...
閲覧 Nobukazu Nakagoshi, Frank B. Golley, Mahito Kamada and others : Coniferous Forest Ecology from an International Perspective, SPB Academic Publishing, The Hague, (month)1991..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人, 森本 康滋, 石井 愃義, 友成 孟宏, 西浦 宏明, 井内 久利 : 松茂町の植生, 総合学術調査報告,松茂町(郷土研究発表紀要), (巻), No.37, 23-37, 1991年..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 地域博物館と環境科学, 環境情報科学, Vol.20, No.2, 56, 1991年(0月)..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 農村周辺の二次植生の構造とその変遷, 広島大学総合科学部紀要 IV, (巻), No.16, 41-44, 1991年..[著者] ...
閲覧 Nobukazu Nakagoshi, Kunito Nehira, Takashi Someya, Masumi Tanaka, Mahito Kamada and Fumiki Takahashi : Map of actual vegetation of Saijo, Higashi-Hiroshima, Hiroshima Prefecture, Memoirs of the Faculty of Integrated Arts and Sceinces, Hiroshima University, Ser. IV, (巻), No.16, 19-27, 1991..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 身近な自然を考える, 徳島新聞, (巻), (号), 14, 1991年3月..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 植生図を利用した植生景観の変化の把握, 生物教育, Vol.31, No.1, 14-15, 1991年..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人, 中越 信和 : 広島県中部の農村地域における二次植生の群落構造と動態, 日本林学会誌, Vol.73, No.4, 276-282, 1991年..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人, 中越 信和 : 韓国忠清北道の山間農村における二次林の構造とその分布特性, 徳島県立博物館研究報告, (巻), No.1, 19-36, 1991年..[著者] ...
閲覧 Nobukazu Nakagoshi and Mahito Kamada : Landscape changings of rural area in Hiroshima Prefecture after the rapid economic growth era, IALE World Congress, (巻), (号), (頁), Ottawa(Canada), July 1991..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人, 高橋 史樹 : 焼畑耕作者による環境評価と耕作体系, --- 宮崎県椎葉村の事例を中心として ---, 徳島県立博物館研究報告, (巻), No.2, 11-42, 1992年..[著者] ...
閲覧 Nobukazu Nakagoshi, Mahito Kamada and Hong Sun-Kee : Map of actual vegetation in Miwa-cho, Hiroshima Prefecture, Bulletin of the Biological Society of Hiroshima University, (巻), No.58, 3-6, 1992..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : ブナ林の自然, 徳島新聞, (巻), (号), 11, 1992年12月..[著者] ...
閲覧 日鷹 一雅, 鎌田 磨人, 福田 珠己 : 徳島県東祖谷山村における自給的焼畑農法 I,技術体系の概要, 徳島県立博物館研究報告, (巻), No.3, 1-24, 1993年..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 「森林」のはたらき, 徳島県立博物館·博物館ニュース, (巻), No.9, 2-3, 1993年1月..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人, 曽宮 和夫, 福田 珠己, 根平 邦人 : 山地部における景観構造の時間的および空間的比較, --- 徳島県東祖谷山村を事例として ---, 根平邦人編,「地域特性を生かした二次植生の保全·利用のための景観生態学的研究-文部省科学研究費補助金(一般研究C,課題番号03640554)研究成果報告書」, (巻), (号), 1-18, (都市), 1993年3月..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人, 中越 信和 : 大韓民国南西部の農村周辺のマツ林の構造とその空間配置, 根平邦人編,「地域特性を生かした二次植生の保全·利用のための景観生態学的研究-文部省科学研究費補助金(一般研究C,課題番号03640554)研究成果報告書」., (巻), (号), 45-63, (都市), 1993年3月..[著者] ...
閲覧 中越 信和, 鎌田 磨人, 洪 善基 : 三和町の現存植生図, 根平邦人編,「地域特性を生かした二次植生の保全·利用のための景観生態学的研究-文部省科学研究費補助金(一般研究C,課題番号03640554)研究成果報告書」., (巻), (号), 65-70, (都市), 1993年3月..[著者] ...
閲覧 Mahito Kamada and Nobukazu Nakagoshi : Pine forest structure in a human-dominated landscape system in Korea., Ecological Research, Vol.8, No.1, 35-46, 1993..[著者] ...
閲覧 Mahito Kamada and Tamami Fukuda : The role of Miscanthus sinensis grassland for the sustainable land use in Shikoku Mountain range, Japan, Proceedings of the XV International Botanical Congress, (巻), (号), 298, Yokohama, Aug. 1993..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 「景観生態学」のめざすもの, 国際景観生態学会日本支部会報, Vol.1, No.4, 31-40, 1993年..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 徳島県剣山系におけるササ草原の成立と維持過程, 徳島県立博物館研究報告, (巻), No.4, 97-113, 1994年..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人, 曽宮 和夫 : 徳島県東祖谷山村の現存植生図, 徳島県立博物館研究報告, (巻), No.4, 115-128, 1994年..[著者] ...
閲覧 Hong Snn-Kee, Nobukazu Nakagoshi and Mahito Kamada : Human impacts on pine-dominated vegetation in rural landscapes in Korea and western Japan, Vegetatio, Vol.116, (号), 161-172, 1995..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人, 曽宮 和夫 : 東部四国山地における景観構造の空間的および時間的比較, 野生生物保護, Vol.1, No.2, 77-90, 1995年..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人, 太田 陽子, 岡部 健士 : 流域の変化と河川植生, 国際景観生態学会日本支部会報, Vol.2, No.5, 1-3, 1995年..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人, 友成 孟宏, 井内 久利, 西浦 宏明, 石井 愃義, 森本 康滋 : 那賀川町の植生, 総合学術調査報告,那賀川町(阿波学会紀要), (巻), No.41, 21-37, 1995年..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : IALE 95 (Toulouse, France) 参加記録., 国際景観生態学会日本支部会報, Vol.2, No.6, 6-7, 1995年(0月)..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 海からのメッセージ, 徳島県立博物館·博物館ニュース, (巻), No.20, 2-3, 1995年9月..[著者] ...
閲覧 Mahito Kamada and Nobukazu Nakagoshi : Landscape structure and the disturbance regime at three rural regions in Hiroshima Prefecture, Japan, Landscape Ecology, Vol.11, No.1, 15-25, 1996..[著者] ...
閲覧 岡部 健士, 鎌田 磨人, 林 雅隆, 板東 礼子 : 砂州上の植生と河状履歴の相互関係, 徳島大学工学部研究報告, (巻), No.41, 25-38, 1996年..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人, 森本 康滋, 石井 愃義, 友成 孟宏, 井内 久利 : 北島町の公園における植栽樹種の特性, 総合学術調査報告,北島町(阿波学会紀要), (巻), No.42, 15-24, 1996年..[著者] ...
閲覧 岡部 健士, 鎌田 磨人, 湯城 豊勝, 林 雅隆 : 交互砂州上の植生と河状履歴の相互関係, --- 吉野川における現地調査 ---, 水工学論文集, Vol.40, (号), 205-212, 1996年..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人, 森本 康滋, 西浦 宏明 : 黒沢湿原の植生, --- その20年間の変化 ---, 黒沢湿原植物群落調査報告書, (巻), (号), 49-74, (都市), 1996年3月..[著者] ...
閲覧 西浦 宏明, 森本 康滋, 鎌田 磨人, 山本 久美, 山中 三男, 石川 慎吾 : 黒沢湿原とその周辺の植物相, 黒沢湿原植物群落調査報告書, (巻), (号), 1-8, (都市), 1996年3月..[著者] ...
閲覧 Mahito Kamada, Yohko Ohta and Takeshi Okabe : Interrelation between tree distribution in river and environmental change of basin due to human activity, Proc. of Interpraevent 1996, Vol.2, (号), 245-252, Garmisch-Partenkirchen, May 1996..[著者] ...
閲覧 Takeshi Okabe, Mahito Kamada and Masataka Hayashi : Ecological and hydraulic study on floodplain vegetation developed on a bar, Proc. of Interpraevent 1996, Vol.1, (号), 235-244, Garmisch-Partenkirchen, May 1996..[著者] ...
閲覧 沼田 眞, 鎌田 磨人 : 景相生態学-ランドスケープ·エコロジー入門, 朝倉書店, 東京, 1996年6月..[著者] ...
閲覧 藤原 道郎, 鎌田 磨人, 福田 珠己 : フランスのエコミュージアム, --- ロゼール山·エコミュージアムとグランドランド·エコミュージアムの事例を中心として ---, 徳島県立博物館研究報告, (巻), No.6, 1-38, 1996年..[著者] ...
閲覧 太田 陽子, 鎌田 磨人, 岡部 健士 : 徳島県吉野川内の木本と土地利用型の分布, 徳島県立博物館研究報告, (巻), No.6, 39-72, 1996年..[著者] ...
閲覧 Sun-Kee Hong and Mahito Kamada : Pine forest as the important element of cultural landscape in Korea, Vegetation Science and Landscape Ecology, (巻), (号), (頁), Lancaster (UK), Sep. 1996..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 河道内の木本群落の動態と流域環境, 土木学会四国支部·平成9年度第3回四国支部技術研究発表会講演概要集, (巻), (号), 77-82, 1997年..[著者] ...
閲覧 中越 信和, 鎌田 磨人, 前河 正昭, 石井 正人, 池上 佳志, 野村 和信 : 景観要素の構成,分布および動態, 中越信和編,「景観システムの基礎的解析法の開発と標準化-文部省科学研究費補助金基盤研究(A)研究成果報告書(課題番号07308066), (巻), (号), 26-29, (都市), 1997年(0月)..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人, 中越 信和 : 四国地域における景観構造の解析と機能評価, --- 地域生態系としての山間農村と河川について ---, 中越信和編,「景観システムの基礎的解析法の開発と標準化-文部省科学研究費補助金基盤研究(A)研究成果報告書(課題番号07308066)」, (巻), (号), 30-35, (都市), 1997年(0月)..[著者] ...
閲覧 森本 康滋, 鎌田 磨人, 友成 孟宏, 西浦 宏明, 井内 久利, 石井 愃義 : 日和佐町の植生とナカガワノギクの分布, 総合学術調査報告,日和佐町(阿波学会紀要), (巻), No.43, 21-41, 1997年..[著者] ...
閲覧 岡部 健士, 鎌田 磨人, 小寺 郁子 : 交互砂州上の植物群落分布とこれに及ぼす河状履歴の影響, 水工学論文集, Vol.41, (号), 373-378, 1997年..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人, 山中 英生, 上月 康則, 澤田 俊明, 福田 珠巳 : 棚田保全をめざした研究のフレームワーク, 国際景観生態学会日本支部会報, Vol.3, (号), 1-3, 1997年..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人, 山邊 栄一, 岡部 健士 : 徳島県吉野川内の木本と土地利用型の分布-1975年のメッシュ図-, 徳島県立博物館研究報告, (巻), No.7, 1-23, 1997年..[著者] ...
閲覧 中越 信和, 鎌田 磨人 : 景観システムの基礎的解析と広島県の景観構造の把握, 比婆科学, (巻), No.182, 45-59, 1997年..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人, 岡部 健士, 小寺 郁子 : 吉野川河道内における樹木および土地利用型の分布の変化とそれに及ぼす流域の諸環境, 環境システム研究, Vol.25, (号), 287-294, 1997年..[著者] ...
閲覧 Mahito Kamada and Nobukazu Nakagoshi : Influence of cultural factors on landscape of mountainous farm villages in western Japan, Landscape and Urban Planning, Vol.37, (号), 85-90, 1997..[著者] ...
閲覧 Mahito Kamada and Takeshi Okabe : Patterns and causes of woodland expansion in the Yoshino River, Shikoku, Japan, --- Implication to conservation of river-system ---, Proceedings of the VII International Congress of Ecology, (巻), (号), 317, Florence (Italy), July 1998..[著者] ...
閲覧 Takeshi Okabe and Mahito Kamada : Habitat differentiation of riverine plant communities with regard to hydrogeomorphic processes, Proceedings of the VII International Congress of Ecology, (巻), (号), 214, Florence (Italy), July 1998..[著者] ...
閲覧 Mahito Kamada and Takeshi Okabe : Pattern and process of Salix community establishment, Proceedings of the 41th Annual Symposium of the International Association of Vegetation Science, (巻), (号), 19, Uppsala (Sweden), Aug. 1998..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 何が足らない日本の景観生態学, 国際景観生態学会日本支部会報, Vol.4, No.2, 17-38, 1998年..[著者] ...
閲覧 小寺 郁子, 岡部 健士, 鎌田 磨人 : 河川砂州上に分布する植物群落の立地条件としての物理環境因子, 環境システム研究, Vol.26, (号), 231-237, 1998年..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人, 澤田 俊明, 山中 英生 : 郊外地域における公園の樹木の評価, --- 「生活科授業」および「自然との触れ合い」の場としての機能に着目して ---, 環境システム研究, Vol.26, (号), 21-27, 1998年..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人, 長谷川 賢二 : 総合博物館·地域博物館としての徳島県立博物館の方向性, --- 常設展更新に向けての検討から ---, 徳島県立博物館研究報告, (巻), No.8, 1-24, 1998年..[著者] ...
閲覧 Mahito Kamada and Takeshi Okabe : Vegetation mapping with the aid of low-altitude aerial photography, Applied Vegetation Science, Vol.1, No.2, 211-218, 1998..[著者] ...
閲覧 Mahito Kamada, Augustine Salubeni, Bryson Banda and Meya Kalindekafe : Forest communities in Lake Malawi National Park Area, Department of Biology, University of Malawi, Chancellor college ed., Lake Malawi Ecology Project First Annual Report May 1998 April 1999, (巻), (号), 29, (都市), (month)1999..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 吉野川第十堰改築が「生態系のつながり(景観)」に与える影響, 日本自然保護協会報告書, (巻), No.84, 63-69, (都市), 1999年3月..[著者] ...
閲覧 Mari Kohri, Mahito Kamada and Nobukazu Nakagoshi : Habitat availability and longevity for Elaeagnus umbellata metapopulation along a river corridor, Congress of the International Association for Landscape Ecology, (巻), (号), (頁), Colorado (U.S.A.), July 1999..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : カヤ場の利用と景観生態, 遺伝, Vol.53, No.10, 37-42, 1999年..[著者] ...
閲覧 岡部 健士, 上田 幸伸, 鎌田 磨人, 梅岡 秀博 : 砂州上の植物群落立地の物理環境特性とこれを利用した群落分布の予測, 環境システム研究, Vol.27, (号), 323-329, 1999年..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人, 郡 麻里, 三原 敏, 岡部 健士 : 吉野川の砂州上におけるヤナギ群落およびアキグミ群落の分布と立地特性, 環境システム研究, Vol.27, (号), 331-337, 1999年..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 日本,ヴェトナム,マラウィの里山から見えてくるもの, --- 地域内,地域間,国間の人と自然の共生をめぐって ---, 国際景観生態学会日本支部会報, Vol.5, No.3, 89-97, 2000年..[著者] ...
閲覧 湯城 豊勝, 岡部 健士, 鎌田 磨人, 郡 麻里, 西野 賢太郎 : 那賀川下流における樹木群落成立とその水理学的影響, 水工学論文集, Vol.44, 843-848, 2000年..[著者] ...
閲覧 山口 行一, 山中 英生, 上月 康則, 鎌田 磨人, 石田 健一 : 景観生態的存在価値に着目した中山間地域の棚田保全戦略, 平成10年度∼平成11年度科学研究費補助金(萠芽的研究)研究成果報告書, (巻), (号), (頁), 徳島, 2000年3月..[著者] ...
閲覧 Meya Patricia Kalindekafe, Michiro Fujihara and Mahito Kamada : Land Use Histories and Fuelwood Consumption in a Highly Populated and Degraded Area in Nkhata Bay District, Malawi, Natural History Research, Vol.6, No.1, 23-38, 2000..[著者] ...
閲覧 上月 康則, 村上 仁士, 倉田 健悟, 福崎 亮, 上田 薫利, 鎌田 磨人, 戸高 英二 : 吉野川汽水域干潟·ワンドにおけるスナガニ類の生息分布, 土木学会四国支部第6回技術研究発表会, (巻), (号), (頁), 2000年5月..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 生態系アセスメントの現状と問題点, 国際景観生態学会日本支部会報, Vol.5, No.1, 11-16, 2000年..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 変わる吉野川の植生, 徳島新聞, (巻), (号), (頁), 2000年6月..[著者] ...
閲覧 Mahito Kamada and Meya P. Kalindekafe : Degrading process of Miombo forest in Lake Malawi National Park, Malawi, Africa, Proceedings of the 43rd Annual Symposium of the International Association of Vegetation Science, (巻), (号), 70, Nagano, July 2000..[著者] ...
閲覧 Michiro Fujihara, Mahito Kamada and Meya P. Kalindekafe : Degrading process of Miombo forest in a highly populated area in Nkhata Bay District, Malawi, Africa, Proceedings of the 43rd Annual Symposium of the International Association of Vegetation Science, (巻), (号), 70, Nagano, July 2000..[著者] ...
閲覧 Mari Kohri, Mahito Kamada, Takeshi Okabe and Nobukazu Nakagoshi : Topographical pattern of Elaeagnus umbellate habitats on the gravel bars in the Yoshino River, Shikoku, Japan, Proceedings of the 43rd Annual Symposium of the International Association of Vegetation Science, (巻), (号), 53, Nagano, July 2000..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 吉野川第十堰によって形成されている環境とその評価のあり方, 日本自然保護協会報告書, (巻), No.87, 125-133, (都市), 2000年7月..[著者] ...
閲覧 Kazue Fujiwara, E.O. Box and Mahito Kamada : A Guide Book of Post-Symposium Excursion in Japan, 43rd IAVS Post-Symposium Excursion Committee, Yokohama, July 2000..[著者] ...
閲覧 波田 善夫, 鎌田 磨人 : 「第十堰問題WG」の活動報告および「吉野川第十堰問題」に関する最近の動き, 日本生態学会中国·四国地区会報, (巻), No.58, 6-7, 2000年8月..[著者] ...
閲覧 Koji Morimoto and Mahito Kamada : Guide to the Vegetation on Mt. Tsurugi, IAVS Symposium Excursion Committee in Tokushima, Tokushima, Aug. 2000..[著者] ...
閲覧 上月 康則, 村上 仁士, 倉田 健悟, 福崎 亮, 上田 薫利, 鎌田 磨人, 戸高 英二 : 吉野川汽水域干潟の底質環境とスナガニ類の分布, 土木学会 第55回 年次学術講演会, (巻), (号), (頁), 2000年9月..[著者] ...
閲覧 郡 麻里, 鎌田 磨人, 岡部 健士, 中越 信和 : 吉野川河道内の砂州上におけるアキグミ群落の分布状況と立地特性, 環境システム研究論文集, Vol.28, (号), 353-358, 2000年..[著者] ...
閲覧 荒木 健太郎, 鎌田 磨人, 湯城 豊勝, 岡部 健士 : 那賀川中·下流域における樹木群落の分布と立地特性, 環境システム研究論文集, Vol.28, (号), 247-254, 2000年..[著者] ...
閲覧 山中 英生, 澤田 俊明, 上月 康則, 鎌田 磨人, 石田 健一, 山口 行一, 田中 祐一 : PCM参加型計画手法における棚田保全戦略の分析, 環境システム研究論文集, Vol.28, (号), 255-266, 2000年..[著者] ...
閲覧 上月 康則, 倉田 健悟, 村上 仁士, 鎌田 磨人, 上田 薫利, 福崎 亮 : スナガニ類の生息場からみた吉野川汽水域干潟·ワンドの環境評価, 海岸工学論文集, Vol.47, (号), 1116-1120, 2000年..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 景観と文化―ランドスケープ·エコロジーとしてのアプローチ, ランドスケープ研究, Vol.64, No.2, 142-146, 2000年11月..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 生態系の保全,管理,修復に向けて, 徳島大学工学部研究報告, (巻), No.46, 1, 2001年3月..[著者] ...
閲覧 中野 雅美, 上月 康則, 鎌田 磨人, 福崎 亮 : 河口域におけるスナガニ類の分布予測モデルの検討, 水工学論文集, Vol.45, (号), 1027-1032, 2001年..[著者] ...
閲覧 森本 康滋, 石井 愃義, 井内 久利, 鎌田 磨人, 友成 孟宏, 西浦 宏明, 松永 英明 : 相生町の植生, 阿波学会紀要, (巻), No.47, 31-45, 2001年..[著者] ...
閲覧 Takeshi Okabe, Yasuo Anase and Mahito Kamada : Relationship between willow community establishment and hydrogeomorphic process in a reach of alternative bars, XXIX IAHR Congress, Proceedings of Theme B, (巻), (号), 340-345, Beijing, Sep. 2001..[著者] ...
閲覧 Mahito Kamada, Naoki Iiyama, Wajiro Suzuki, Yohji Saho and Yasunori Umezaki : A method for restoring natural forest at a post-coniferous plantation site based on ecotope classification, Proceedings of the 2nd IALE Asia-Pacific Region Conference, (巻), (号), (頁), Lanzhou (China), Sep. 2001..[著者] ...
閲覧 Takeshi Okabe, Yasuo Anase and Mahito Kamada : Relationship between willow community establishment and hydrogeomorphic process in a reach of alternate bars, Proc. of XXIX IAHR Congress, Theme B, (巻), (号), 340-345, Beijing, Sep. 2001..[著者] ...
閲覧 飯山 直樹, 鎌田 磨人, 中越 信和 : 棚田農村域における地域資源の社会的及び生態学的評価, 環境システム研究論文集, Vol.29, (号), 185-195, 2001年..[著者] ...
閲覧 荒木 健太郎, 遠野 竜翁, 鎌田 磨人, 湯城 豊勝, 岡部 健士 : 那賀川中·下流域における物理的環境の変化と樹木の分布拡大パターン, 第29回環境システム研究論文発表会講演集, (巻), (号), 51-56, 2001年..[著者] ...
閲覧 古東 哲, 岸本 崇, 岡部 健士, 鎌田 磨人 : 砂州上の植物群落分布の再現モデル, 環境システム研究論文集, Vol.29, (号), 171-178, 2001年..[著者] ...
閲覧 遊磨 正秀, 鎌田 磨人 : マラウィ湖畔における「森と人と湖」のつながり, --- 「マラウィ湖生態総合研究」における学際的プロジェクト研究の試み ---, 国際景観生態学会日本支部会報, Vol.6, (号), 69-75, 2001年..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : IALE Asia-Pacific Region大会参加記録, 国際景観生態学会日本支部会報, Vol.6, No.3, 133-135, 2001年12月..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 「学際研究」が持つ意味, --- 河川工学との共同研究を通して ---, 日本生態学会誌, Vol.51, (号), 261-267, 2001年12月..[著者] ...
閲覧 古東 哲, 岸本 崇, 岡部 健士, 鎌田 磨人, 梅岡 秀博 : 河状履歴指標による砂州上の植物群落分布の再現, 水工学論文集, Vol.46, (号), 935-940, 2002年..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人, 岡部 健士, 中野 晋, 上月 康則, 竹林 洋史, 石井 愃義, 石川 愼吾, 和田 恵次 : 空間的階層概念に基づく河川生態系の構造と機能の把握,及び環境影響評価方法の確立, 科学研究費補助金基盤研究(B 2)研究成果報告書(課題番号11480143), (巻), (号), 1-152, (都市), 2002年3月..[著者] ...
閲覧 森本 康滋, 石井 愃義, 井内 久利, 鎌田 磨人, 友成 孟宏, 西浦 宏明, 松永 英明 : 佐那河内村の植生, 阿波学会紀要, (巻), No.48, 13-24, 2002年..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人, 平井 松午, 他16人(徳島博物館研究会編) : 地域に生きる博物館, 教育出版センター, 徳島, 2002年3月..[著者] ...
閲覧 Mari Kohri, Mahito Kamada, Toyokatsu Yuuki, Takeshi Okabe and Nobukazu Nakagoshi : Expansion of Elaeagnus umbellata on a gravel bar in the Naka River, Shikoku, Japan, Plant Species Biology, Vol.17, No.1, 25-36, 2002..[著者] ...
閲覧 飯山 直樹, 鎌田 磨人, 中川 恵美子, 中越 信和 : 棚田畦畔の構造および草刈りの差異が植物群落に及ぼす影響, ランドスケープ研究, Vol.65, No.5, 579-584, 2002年..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : コーディネータ趣旨説明, --- 里山の現状把握,タイプ分け,目標·手法設定 ---, 第7回 森林と市民を結ぶ全国の集い 報告書, (巻), (号), 63-66, 広島, 2002年6月..[著者] ...
閲覧 Mahito Kamada, Kentaro Araki and Takeshi Okabe : Changed river conditions and expansion of woody plant communities on bars in the Naka River, Shikoku, Japan, Proceedings of the VIII International Congress of Ecology, (巻), (号), 106, Seoul, Aug. 2002..[著者] ...
閲覧 Naoki Iiyama, Mahito Kamada and Nobukazu Nakagoshi : Social and ecological evaluation of regional resources at a rural area with terraced paddy fields, Proceedings of the VIII International Congress of Ecology, (巻), (号), 89, Seoul, Aug. 2002..[著者] ...
閲覧 Takeshi Okabe, Mahito Kamada and Yasuo Anase : Colonization and hydro-geomorphic influence of willow communities established on alternate bars, Proceedings of the VIII International Congress of Ecology, (巻), (号), 206-207, Seoul, Aug. 2002..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人, 小島 桃太郎, 吉田 竜二, 浅井 孝介, 岡部 健士 : ダム下流域における河相変化が砂礫堆上の植物群落の分布に及ぼす影響, 応用生態工学, Vol.5, No.1, 103-114, 2002年..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 那賀川河道内における河床変動とそれに対する砂州上植物群落の応答, 第9回河川整備基金助成事業成果発表会報告書, (巻), (号), 44-53, (都市), 2002年10月..[著者] ...
閲覧 Satoshi Kotoh, Takashi Kishimoto, Takeshi Okabe and Mahito Kamada : Numerical modelling of plant-community distribution on riverine gravel bars, INTERPRAEVENT 2002, Vol.2, (号), 935-942, Matsumoto/Japan, Oct. 2002..[著者] ...
閲覧 竹門 康弘, 鎌田 磨人 : 韓国-日本交流報告(2002年8月), 応用生態工学会ニュースレター, (巻), No.19, 11-13, 2002年12月..[著者] ...
閲覧 友成 孟宏, 森本 康滋, 鎌田 磨人, 石井 愃義, 他3人 : 三野町の植生, 阿波学会紀要, Vol.49, (号), 13-24, 2003年..[著者] ...
閲覧 巌佐 庸, 松本 忠夫, 菊沢 喜八郎, 日本生態学会(編), 鎌田 磨人 : 生態学事典, 共立出版株式会社, 東京, 2003年6月..[著者] ...
閲覧 Mahito Kamada, Shingo Ishikawa, Nao Miyake, Hideo Yamanaka and Shigeharu Kogushi : Strategic study for restoring grassland in rural Japan, Proceedings of the IALE World Congress 2003, (巻), (号), 63-64, Darwin (Australia), July 2003..[著者] ...
閲覧 Mahito Kamada : Factors affecting vegetation expansion on bars in Japan, Proceedings of the First Japan-South Korea Joint Seminar on Ecology and Civil Engineering, "Possibility and Limitation of Nature Restoration in Artificially Altered River Ecosystems'', (巻), (号), 27-30, Tokushima, July 2003..[著者] ...
閲覧 Miki Kuroda, Keiji Wada, Mahito Kamada, Kohei Suzukida and Hiroshi Fukuda : Distribution patterns of assimineid species (Gastropoda: Rissooidea) in the salt marshes of the Yoshino River, Tokushima Prefecture, Japan., The Yuriyagai, Vol.9, No.1, 21-31, 2003..[著者] ...
閲覧 Mahito Kamada, Yasuhiro Takemon and Hyoseop Woo : Preface to the feature, Ecological engineering for conserving and restoring ecosystems of rivers and watersheds in East Asia-Pacific Region, Ecology and Civil Engineering, Vol.6, No.1, 59-60, Sep. 2003..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 河川流は河畔植生の動態にどのように影響するか, 水資源研究センター研究報告, Vol.0, No.24, 29-32, 2004年..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 地域の生態系の回復を目指して, --- -生態系間のつながり,生態系と人のつながり,人と人のつながり- ---, 平成16年度(30回)春季研究発表会 基調講演, (巻), (号), (頁), 2004年5月..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人, 横田 知明 : 自然環境GISを利用した四国の木本群落の潜在的分布域の推定, 第48回日本生態学会中国・四国地区大会, (巻), (号), (頁), 2004年5月..[著者] ...
閲覧 小串 重治, 楠上 輝彦, 鎌田 磨人 : 二次草地における希少野生植物の生育環境復元に向けた環境評価マップの作成, 第48回日本生態学会中国・四国地区大会, (巻), (号), (頁), 2004年5月..[著者] ...
閲覧 小倉 洋平, 山田 悟史, 三橋 弘宗, 鎌田 磨人 : 流域特性に基づく汽水域・塩生湿地植物の潜在的ハビタット評価, 第48回日本生態学会中国・四国地区大会, (巻), (号), (頁), 2004年5月..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 戦略的な自然林再生, --- 研究と施策と事業と人の連関 ---, 自然再生をめぐる学術と技術の展望, (巻), (号), (頁), 2004年6月..[著者] ...
閲覧 Mahito Kamada, Momotaro Kojima and Takeshi Okabe : Invading pattern of Eragrostis curvula at gravel bar in relation to hydro-geomorphic change in the Yoshino River, Shikoku, Japan, Proceedings of the 47th Annual Symposium of the International Association of Vegetation Science, Vol.1, (号), (頁), Kailua-Kona, Hawaii (USA), July 2004..[著者] ...
閲覧 Mahito Kamada : Ecological and hydraulic factors influencing expansion of invasive plant species, Eragrostis curvula, at bar in the Yoshino River, Shikoku, Japan, Proceedings of the Second Annual Joint Seminar between Korea and Japan on Ecology and Civil Engineering, (巻), (号), 35-40, Suwon, South Korea, July 2004..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人, 小倉 洋平 : 四国の河川河口域に生育する塩生湿地植物の生息地評価, 第16回バイオリージョン研究会「流域環境とGIS」, (巻), (号), (頁), 2004年8月..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人, 小島 桃太郎 : 河川砂州上でのシナダレスズメガヤの急激な分布拡大をもたらす繁殖様式の可塑性, 第51回日本生態学会, (巻), (号), (頁), 2004年8月..[著者] ...
閲覧 小倉 洋平, 山田 悟史, 三橋 弘宗, 鎌田 磨人 : 流域特性に基づく塩生湿地植物の分布域推定, 第51回日本生態学会, (巻), (号), (頁), 2004年8月..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : ダム下流域における河床変化と河畔植生の動態, 第7回水源地生態研究セミナー, (巻), (号), (頁), 2004年9月..[著者] ...
閲覧 Hong. S.K. et al. (eds.) and Mahito Kamada : Ecological Issues in a Changing World, --- Status, Response and Strategy ---, Kluwer Academic Publishers, Dordrecht, Oct. 2004..[著者] ...
閲覧 Mahito Kamada : Planning of biotope network in local scale, --- attempt in Tokushima Prefecture, Shikoku, Japan ---, Proceedings of the first EAFES International Congress, (巻), (号), 95, Mokpo (South Korea), Oct. 2004..[著者] ...
閲覧 Shigeharu Kogushi and Mahito Kamada : Strategic study for consensus building in restoration of secondary grassland in rural Japan, Proceedings of the first EAFES International Congress, (巻), (号), 126-127, Mokpo (South Korea), Oct. 2004..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 生き物と触れ合える豊かな地域づくり, 徳島自然共生塾第4回講座 自然豊かな地域の保全・再生への取り組み, (巻), (号), (頁), 2004年10月..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人, 小島 桃太郎, 岡部 健士 : 河川砂州上に侵入したシナダレスズメガヤを除去するに必要な洪水営力, 応用生態工学会大8回大会, (巻), (号), (頁), 2004年10月..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 戦略的な自然再生, --- 研究と施策と事業と人の連環 ---, 日本緑化工学会誌, Vol.30, (号), 394-395, 2004年..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 生き物と触れ合える豊かな地域づくり, 徳島自然共生塾第4回講座 自然豊かな地域の保全・再生への取り組み, (巻), (号), (頁), 2004年11月..[著者] ...
閲覧 砂防学会(編), 鎌田 磨人 : 改訂 砂防用語集, 山海堂, 東京, 2004年12月..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 二次草地の保全に向けた施策立案のための学術的・保全生態学的研究, 科学研究費補助金基盤研究(B 1)研究成果報告書(課題番号143802763), (巻), (号), 1-152, (都市), 2005年(0月)..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : ビオトープってどんなもの?, ビオトープってどんなもの?, (巻), (号), (頁), 2005年2月..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 知ろう,考えよう.身近な自然の変化と危機, 第2回環境教育講演会, (巻), (号), (頁), 2005年3月..[著者] ...
閲覧 原田 悦子, 石川 新吾, 鎌田 磨人 : 草地卓越地域における景観構造の変化と要因, 第52回日本生態学会大会, (巻), (号), (頁), 2005年3月..[著者] ...
閲覧 小串 重治, 天羽 修平, 鎌田 磨人 : 二次草地の種多様性の復元に向けた数種の草原性植物の分布特性の解明, 第52回日本生態学会大会, (巻), (号), (頁), 2005年3月..[著者] ...
閲覧 Naoki Iiyama, Mahito Kamada and Nobukazu Nakagoshi : Ecological and social evaluation of landscape in a rural area with terraced paddies in southwestern Japan, Landscape and Urban Planning, Vol.73, No.1, 59-71, 2005..[著者] ...
閲覧 Mahito Kamada : Hierarchically structured approach for restoring natural forest, --- trial in Tokushima Prefecture, Shikoku, Japan ---, Landscape and Ecological Engineering, Vol.1, (号), 61-70, 2005..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 「学校ビオトープ」は何をめざすか, 加茂名南小学校教職員研修会, (巻), (号), (頁), 2005年5月..[著者] ...
閲覧 福岡 泰斗, 鎌田 磨人 : 吉野川における2004年大出水は砂州上のシナダレスズメガヤの除去に有効だったか, 第49回日本生態学会中国・四国地区大会, (巻), (号), (頁), 2005年5月..[著者] ...
閲覧 久戸瀬 隆之, 赤松 伸祐, 布川 洋之, 森本 康滋, 鎌田 磨人 : 徳島市城山の特定植物(ホルトノキ)の存続可能性, 第49回日本生態学会中国・四国地区大会, (巻), (号), (頁), 2005年5月..[著者] ...
閲覧 小串 重治, 鎌田 磨人, 長谷川 賢二 : 徳島県東祖谷山村落合峠における利用·管理形態の変化とそれに伴う植生の変化, 徳島県立博物館研究報告, (巻), No.15, 1-20, 2005年..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 知ろう,考えよう.身近な自然の変化と危機, 知ろう,考えよう.身近な自然の変化と危機, (巻), (号), (頁), 2005年6月..[著者] ...
閲覧 原田 悦子, 鎌田 磨人 : 草地卓越地域の景観構造の変化からみた土地利用者の意思決定要因の抽出, 第15回日本景観生態学会大会, (巻), (号), (頁), 2005年6月..[著者] ...
閲覧 Miki Kuroda, Keiji Wada and Mahito Kamada : Factors influencing coexistence of two brachyuran crabs, Helice tridens and Parasesarma plicatum, in an estuarine salt marsh, Japan, Journal of Crustacean Biology, Vol.25, No.1, 146-153, 2005..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 徳島県における野生生物保護への取り組みと徳島大学, --- 研究と施策・事業と人との連関 ---, 第21回大学等環境安全協議会技術分科会, (巻), (号), (頁), 2005年7月..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 科学的で合理的・効率的な汽水域生態系のモニタリングシステム, --- フレームワークと方向性の提示 ---, 徳島大学環境防災研究センター・NPO法人徳島保全生物学研究会シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2005年8月..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 農作業によって守られる生き物の多様性, 第1回棚田の楽校, (巻), (号), (頁), 2005年8月..[著者] ...
閲覧 福岡 泰斗, 鎌田 磨人 : 洪水によるシナダレスズメガヤの除去効果及びそれに対するヤナギ群落の阻害効果, 応用生態工学会第9回大会, (巻), (号), (頁), 2005年10月..[著者] ...
閲覧 大野 恭子, 和田 恵次, 鎌田 磨人 : 河口域塩性湿地に生息する希少カニ類シオマネキの生息場所利用, 第43回日本甲殻類学会大会, (巻), (号), (頁), 2005年11月..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 地域博物館の役割変化と生態学, 日本生態学会誌, Vol.55, No.3, 481-486, 2005年..[著者] ...
閲覧 大野 恭子, 和田 恵次, 鎌田 磨人 : 河口域塩性湿地に生息する稀少カニ類シオマネキの生息場所利用, 日本ベントス学会誌, Vol.61, (号), 8-15, 2006年..[著者] ...
閲覧 大野 恭子, 和田 恵次, 鎌田 磨人 : シオマネキの分布に対するヨシの影響.河口域塩性湿地に生息する稀少カニ類シオマネキの生息場所利用, 日本ベントス学会誌, Vol.61, (号), 21-25, 2006年..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人, 小倉 洋平 : 那賀川汽水域における塩性湿地植物群落のハビタット評価, 応用生態工学, Vol.8, (号), 245-261, 2006年..[著者] ...
閲覧 三橋 弘宗, 鎌田 磨人 : 野生生物の生息·生育適地推定と保全計画-特集を企画するにあたって, 応用生態工学, Vol.8, (号), 215-219, 2006年1月..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 徳島県における野生生物保全への取組みと徳島大学-研究と施策・事業と人の連関, 大学等環境安全協議会会報, Vol.30, No.23, 7-11, 2006年..[著者] ...
閲覧 E Harada, M Ogawa, Mahito Kamada and M Mitsuhasi : Mapping potential habitats of rare hygrophyte species for conservation planning in rural regions, Proceedings of the 2nd EAFES International Congress, (巻), (号), (頁), Niigata, March 2006..[著者] ...
閲覧 小串 重治, 鎌田 磨人 : 自然再生を成功させる秘訣, --- 人的資源の分析と連結 ---, 第53回日本生態学会大会 公募シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2006年3月..[著者] ...
閲覧 布川 洋之, 吉田 一夫, 原田 悦子, 三橋 弘宗, 鎌田 磨人 : トンボ目の潜在的生息適地の広域的評価, 第53回日本生態学会大会, (巻), (号), (頁), 2006年3月..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 徳島市の都市緑地としての城山と眉山のこれから, --- 城山ホルトノキ存続の危機,そして眉山の林相変化と竹林の拡大 ---, 徳島県自然保護協会公開講演会, (巻), (号), (頁), 2006年5月..[著者] ...
閲覧 赤松 伸祐, 鎌田 磨人 : 勝浦川河口干潟におけるカニ類の立地選好性抽出および潜在的生息域図の作成, 第50回日本生態学会中国・四国地区大会, (巻), (号), (頁), 2006年5月..[著者] ...
閲覧 内八重 智史, 鎌田 磨人 : 徳島県勝浦川河口域の干潟における塩生湿地植物群落の潜在的ハビタット抽出, 第50回日本生態学会中国・四国地区大会, (巻), (号), (頁), 2006年5月..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 高丸山の森づくり楽習1, 「高丸山千年の森」の森づくり, (巻), (号), (頁), 2006年6月..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 知ろう,考えよう.身近な自然の変化と危機, 阿南工業高等専門学校, (巻), (号), (頁), 2006年6月..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : とくしま環境学講座 「徳島の環境 大丈夫!? 第4回」, 徳島に住む仲間たち1.ふるさとの生態系と野生生物の生息・生育空間.徳島大学 大学開放実践センター公開講座, (巻), (号), (頁), 2006年6月..[著者] ...
閲覧 Shigeharu Kogushi and Mahito Kamada : Predicting potentially unsuitable site for Sasa growing, the core for restoring endangered grassland plants, International Conference on Ecological Restoration in East Asia, (巻), (号), (頁), Osaka, June 2006..[著者] ...
閲覧 K Yamashita, K Kato, H Mitsuhashi and Mahito Kamada : Risk assessment of landslid occurrence in the region of monotonous cedar plantation for setting priority of nature restoration, International Conference on Ecological Restoration in East Asia, (巻), (号), (頁), Osaka, June 2006..[著者] ...
閲覧 Y Fukuoka, Mahito Kamada, H Takebayashi and T Okabe : Can flood control invasive grass, Eragrostis curvula, at gravel bar? -Lesson from the cases in the Yoshino River, Shikoku, Japan, International Conference on Ecological Restoration in East Asia, (巻), (号), (頁), Osaka, June 2006..[著者] ...
閲覧 E Harada, M Ogawa, K Yoshida, H Mitsuhashi and Mahito Kamada : Classifying wetland habitat by predicted occurrence pattern of hygrophyte damselfly functional group, International Conference on Ecological Restoration in East Asia, (巻), (号), (頁), Osaka, June 2006..[著者] ...
閲覧 T Tsuzuki, Mahito Kamada and Highway Office of River and national Tokushima : Policy and measures against rapid invasion of weeping lovegrass in the Yoshino River, Shikoku, Japan, International Conference on Ecological Restoration in East Asia, (巻), (号), (頁), Osaka, June 2006..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 徳島県南部域の自然環境の保全と修復に向けて, 「みなみから届ける環づくり会議」特別講演, (巻), (号), (頁), 2006年7月..[著者] ...
閲覧 Mahito Kamada, E Harada, M Ogawa and H Mitsuhashi : Finding the target places for conservation and restoration of wetland in regional scale, The fourth Annual Joint Seminar between Korea and Japan on Ecology and Civil Engineering, (巻), (号), (頁), Gwangju South Korea, July 2006..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 徳島県の生態系を効率的に保全・修復するために, 平成18年度地盤と環境に関するシンポジウム特別講演, (巻), (号), (頁), 2006年9月..[著者] ...
閲覧 布川 洋之, 吉田 一夫, 鎌田 磨人, 三橋 弘宗 : トンボ目の潜在生息適地図を用いた保全・再生適地の抽出, 第16回日本景観生態学会大会, (巻), (号), (頁), 2006年9月..[著者] ...
閲覧 天野 秀紀, 坂本 浩司, 竹村 紫苑, 藤本 茂樹, 庄武 憲子, 鎌田 磨人 : 河童を通してみる水辺空間, 第16回日本景観生態学会大会, (巻), (号), (頁), 2006年9月..[著者] ...
閲覧 勝瀬 真理子, 鎌田 磨人 : 自然林再生に向けた地域住民の新しい取り組み, --- 指定管理者制度による「徳島県高丸山千年の森」づくり ---, 第16回日本景観生態学会大会, (巻), (号), (頁), 2006年9月..[著者] ...
閲覧 勝瀬 真理子, 鎌田 磨人 : 地域住民による自然林再生事業への継続的取り組みに向けた指定管理者制度の活用, 第15回渓畔林研究会, (巻), (号), (頁), 2006年10月..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 景観生態学を生態系保全に有効なツールとするために, --- 研究と政策の連関 ---, 景観セミナー, (巻), (号), (頁), 2006年11月..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 徳島市の都市緑地としての城山のこれから-城山ホルトノキ存続の危機, 徳島の自然, Vol.30, No.72, 1-3, 2006年..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 「フォーラム 大潟干潟を守るためには-徳島県希少野生生物保護条例の活用をめざして」, なぜ生物の多様性を守らなければならないのか.徳島県希少野生生物保護条例啓発事業, (巻), (号), (頁), 2007年1月..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 徳島県立高丸山千年の森セミナー「住民参加による森づくり」・「自然林の再生」とは-「高丸山千年の森」における取り組みから」, --- 指定管理者制度による「徳島県高丸山千年の森」づくり ---, 徳島県立高丸山千年の森づくり, (巻), (号), (頁), 2007年1月..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 「主張する森林施業論-22世紀を展望する森林管理」, --- 自然林再生のあり方 ---, 日本林業調査会, 東京, 2007年3月..[著者] ...
閲覧 内八重 智史, 鎌田 磨人 : 洪水撹乱後の那賀川河口砂州における塩生湿地植物の再侵入, 第54回日本生態学会大会, (巻), (号), (頁), 2007年3月..[著者] ...
閲覧 高見 雄太, 原田 悦子, 中村 俊之, 鎌田 磨人 : 湿性絶滅危惧植物のホットスポットとしてのハス田, 第54回日本生態学会大会, (巻), (号), (頁), 2007年3月..[著者] ...
閲覧 原田 悦子, 小川 誠, 三橋 弘宗, 鎌田 磨人 : 徳島県における湿性絶滅危惧植物の潜在的生育域類型と環境特性, 第54回日本生態学会大会, (巻), (号), (頁), 2007年3月..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人, 天野 秀紀, 庄武 憲子 : 河童伝承に基づく水辺の風土類型, 第17回日本景観生態学会大会, (巻), (号), (頁), 2007年6月..[著者] ...
閲覧 小串 重治, 鎌田 磨人 : 徳島県三好市落合峠における二次草地へのウラジロモミの侵入過程, 第17回日本景観生態学会大会, (巻), (号), (頁), 2007年6月..[著者] ...
閲覧 Mahito Kamada, E Harada, M Ogawa and H Mitsuhashi : Quantifying habitat loss of hygrophytes in regional scale as the base for nature restoration., Proceedings of the 7th IALE World Congress Part 2, 833-834, ワーヘニンゲン, July 2007..[著者] ...
閲覧 E Harada, M Ogawa, H Mitsuhasi and Mahito Kamada : Potential habitat map of endangered hygrophytes for conservation planning, Proceedings of the 7th IALE World Congress Part 2, 1132, ワーヘニンゲン, July 2007..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 「森づくりの生態学的計画」から「地域住民による森づくり・地域づくり」への展開-徳島県上勝町「千年の森づくり」での取り組み, --- ニッセイ財団第22回助成研究ワークショップ「森林の機能評価と協働による森づくり」 ---, (誌名), 2007年12月..[著者] ...
閲覧 小串 重治, 鎌田 磨人 : 二次草地の再生を支える社会システムに関する検討, ランドスケープ研究, Vol.71, No.5, 885-892, 2008年..[著者] ...
閲覧 飯山 直樹, 森本 康滋, 山下 敬吾, 鎌田 磨人, 井内 久利, 松永 英明 : 美馬市木屋平地区の植生, 総合学術調査報告,美馬市木屋平(郷土研究発表紀要), No.54, 23-32, 2008年..[著者] ...
閲覧 Mahito Kamada, H Amano and N Shotake : Classification of waterside environments based on 'kappa' folklore., Proceedings of the 6th Annual Joint Seminar between Korea and Japan on Ecology and Civil Engineering, Symposium "Restoration of streams and wetlands in urban areas : How can we maximize riverine habitat within the restriction of flood cantrol? Principles Case Studies", 9-11, 2008..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 「徳島県高丸山千年の森」における立地ポテンシャル評価に基づく自然林再生手法, --- 植生学会シンポジウム 「望ましい自然再生を求めて-植生学のノウハウを使いこなす」 ---, (誌名), 2008年1月..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 多様な連携! 徳島大学との活動連携の現状, --- 第2回徳島県立高丸山千年の森セミナー「森づくりから広がる新たな可能性を探る」 ---, (誌名), 2008年2月..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 生態系の危機と保全-農業で保たれる生物の多様性, --- 徳島大学社会連携講座「市民ファーマー育成講座」 ---, (誌名), 2008年2月..[著者] ...
閲覧 真田 純子, 鎌田 磨人, 上月 康則, 山中 亮一 : 地域貢献活動を用いた地域課題探索・解決型実習の試行, 大学教育研究ジャーナル, Vol.5, (都市), 2008年3月..[著者] ...
閲覧 谷垣 悠介, 鎌田 磨人 : GISとリモートセンシングを用いた竹林拡大域推定手法の提案, 第55回日本生態学会大会, 2008年3月..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 6.1.1 生物の生息・生育を規定する非生物学的環境要因, 技報堂出版 株式会社, 東京, 2008年6月..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 6.2.1 汽水域生態系を構成する生物群衆の構造把握のための視点, 技報堂出版, 東京, 2008年6月..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 6.2.2 異なった空間スケールにおけるハビタットの不均一性と環境要因の作用過程, 技報堂出版 株式会社, 東京, 2008年6月..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 6.3 異なった空間スケールを用いた生物分布の把握事例, 技報堂出版 株式会社, 東京, 2008年6月..[著者] ...
閲覧 Mahito Kamada : People's participation in the re-designing the forest in the urban fringe area in Tokushima ,Japan, 3rd Conference of the Competence Network Urban Ecology, Urban Biodiversity & Design, Erfurt, June 2008..[著者] ...
閲覧 小串 重治, 鎌田 磨人 : ウラジオモミの侵入に伴う草地消失リスク評価のための要因分析, 景観生態学, Vol.12, No.2, 1-15, 2008年..[著者] ...
閲覧 原田 悦子, 小川 誠, 三橋 弘宗, 鎌田 磨人 : 徳島県域における湿生・水生絶滅危惧植物の潜在的生育適地の推定, 景観生態学, Vol.12, No.2, 17-32, 2008年..[著者] ...
閲覧 Mahito Kamada, H Amano and N Shotake : Classification of waterside environments based on 'kappa' folklore., 6th Annual Joint Seminar between Korea and Japan on Ecology and Civil Engineering, Symposium "Restoration of streams and wetlands in urban areas : How can we maximize riverine habitat within the restriction of flood cantrol? Principles Case Studies", Korea, Aug. 2008..[著者] ...
閲覧 Mahito Kamada : Process of willow community establishment and topographic change of riverbed in a warm-temperatye region of Japan, Springer-Verlag, Tokyo, Aug. 2008..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人, 平井 壮 : 河床変動パターンに基づく砂州上植物群落のポテンシャルハビタット評価, ELR2008福岡 ( 応用生態工学会・日本景観生態学会・日本緑化工学会 3学会合同大会 ), 2008年9月..[著者] ...
閲覧 源 典子, 鎌田 祐樹, 鎌田 磨人 : ジンリョウユリ個体群の構造と光環境, ELR2008福岡 ( 応用生態工学会・日本景観生態学会・日本緑化工学会 3学会合同大会 ), 2008年9月..[著者] ...
閲覧 武知 宏弥, 鎌田 磨人 : 出猟カレンダーを用いたニホンジカの分布拡大予測モデル, ELR2008福岡 ( 応用生態工学会・日本景観生態学会・日本緑化工学会 3学会合同大会 ), 2008年9月..[著者] ...
閲覧 三橋 弘宗, 荒木田 葉月, 鎌田 磨人 : 内湾度を定量化する方法, ELR2008福岡 ( 応用生態工学会・日本景観生態学会・日本緑化工学会 3学会合同大会 ), 2008年9月..[著者] ...
閲覧 荒木田 葉月, 三橋 弘宗, 鎌田 磨人 : 内湾度からみたシギ・チドリ類の渡来地の評価, ELR2008福岡 ( 応用生態工学会・日本景観生態学会・日本緑化工学会 3学会合同大会 ), 2008年9月..[著者] ...
閲覧 竹村 紫苑, 荒木田 葉月, 三橋 弘宗, 鎌田 磨人 : 内湾度を用いたマングローブ林の潜在的生育地の推定, ELR2008福岡 ( 応用生態工学会・日本景観生態学会・日本緑化工学会 3学会合同大会 ), 2008年9月..[著者] ...
閲覧 Yushu Tashiro, Y Sato and Mahito Kamada : How to improve fish habitat in rural area - Planning methods for re-networking irrigation canals., ICLEE2008-4th International Conference on Landscape and Ecological Engineering, Taipei, Nov. 2008..[著者] ...
閲覧 S Takemura, H Arakida, H Mitsuhashi and Mahito Kamada : Potential habitat of mangurove forests at coastal area of Iriomote and Ishigaki Islands in ryukyu Islands, southern Japan, ICLEE2008-4th International Conference on Landscape and Ecological Engineering, Taipei, Nov. 2008..[著者] ...
閲覧 S Takemura, H Arakida, H Mitsuhashi and Mahito Kamada : Potential habitat of mangurove forests at coastal area of Iriomote and Ishigaki Islands in ryukyu Islands, southern Japan, Proceedings of ICLEE2008-4th International Conference on Landscape and Ecological Engineering, 183, 2008..[著者] ...
閲覧 Yushu Tashiro, Y Sato and Mahito Kamada : How to improve fish habitat in rural area - Planning methods for re-networking irrigation canals., Proceedings of ICLEE2008-4th International Conference on Landscape and Ecological Engineering, 126, 2008..[著者] ...
閲覧 Mahito Kamada, H Amano and N Shotake : `Kappa' folklore as the key to analyze regional difference of human perception on waterside envionments, Proceedings of ICLEE2008-4th International Conference on Landscape and Ecological Engineering, 124, 2008..[著者] ...
閲覧 Mahito Kamada, H Amano and N Shotake : `Kappa' folklore as the key to analyze regional difference of human perception on waterside envionments, ICLEE2008-4th International Conference on Landscape and Ecological Engineering, Taipei, Nov. 2008..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 千年の森づくり―生態学的計画から森づくり・地域づくりへの展開, 北海道大学出版会, 札幌, 2009年(0月)..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人, 熱田 尚子, 田代 優秋 : 水生・湿生RDB植物を指標にした日本の水辺類型, 第57回日本生態学会大会, 2009年3月..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人, 勝瀬 真理子, 森 一生, 花巻 旬二 : 協働に基づく自然林再生と順応的管理-「徳島県高丸山千年の森」における取り組み, 第53回日本生態学会中国・四国地区大会, 2009年5月..[著者] ...
閲覧 熱田 尚子, 鎌田 磨人 : 徳島県高丸山ブナ林における林分構造の8年間の変化, 第53回日本生態学会中国・四国地区大会, 2009年5月..[著者] ...
閲覧 武知 宏弥, 森 一生, 鎌田 磨人 : GPSを用いたニホンジカのハビタット利用解析, 第19回日本景観生態学会大会, 2009年6月..[著者] ...
閲覧 竹村 紫苑, 鎌田 磨人, 森本 幸裕 : インド半島におけるマングローブ生育地の形成に関わる流域特性, 第19回日本景観生態学会大会, 2009年6月..[著者] ...
閲覧 源 典子, 鎌田 磨人 : ジンリョウユリ開花個体の分布とランドスケープの構造, 第19回日本景観生態学会大会, 2009年6月..[著者] ...
閲覧 鈴木 重雄, 正本 英紀, 井坂 利章, 古川 順啓, 東 彰一, 大田 直友, 鎌田 磨人 : たけのこ生産農家と周辺住民の竹林認識の違い―徳島県阿南市におけるアンケート調査, 第19回日本景観生態学会大会, 2009年6月..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 協働に基づく自然林再生と順応的管理-「徳島県高丸山千年の森」における取り組み, 日本景観生態学会公開シンポジウム「自然再生から考える生物多様性と地域の課題」, 2009年6月..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人, 森本 康滋, 飯山 直樹, 竹村 紫苑, 井内 久利, 松永 英明, 小串 重治, 稲飯 幸代, 山下 敬吾 : 美馬市美馬町の植生, 阿波学会紀要, No.55, 23-31, 徳島, 2009年7月..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 都市における生物多様性とデザイン, 平成21年度日本造園学会中部支部大会公開シンポジウム「新たな緑地政策の展開に向けて」, 2009年10月..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 自然との共生-生物多様性って何?, 徳島市環境保全課「環境講座」, 2009年10月..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人, 大田 直友, 稲飯 幸代, 渡辺 雅子, 岸村 憲作 : 「残された自然」と「創られる自然」における人と野生生物の共存をめぐって, BIO-City, No.43, 122-127, 2009年..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 国際会議「都市における生物多様性とデザイン(URBIO2010)」の開催に向けて, BIO-City, No.43, 114-115, 2009年10月..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 里山はどこにあるか?, 土木学会景観・デザイン研究会,日本景観生態学会,九州産業大学景観研究センター共催公開シンポジウム「景観の形成・保全に,ひとはどこまでかかわるべきか-持続可能なデザインの追求」, 2009年12月..[著者] ...
閲覧 鈴木 重雄, 正本 英紀, 井坂 利章, 古川 順啓, 東 彰一, 大田 直友, 鎌田 磨人 : 徳島県阿南市における竹林所有者と住民の竹林拡大に対する課題認識の差異, 景観生態学, Vol.15, 1-10, 2010年..[著者] ...
閲覧 田代 優秋, 中川 頌将, 鎌田 磨人 : 氾濫原の農業水路における伝統的な半水没水田``縁田''とその変遷, 環境システム研究論文集, Vol.38, 63-71, 2010年..[著者] ...
閲覧 Misuzu Aoki, Yoko Watanabe, Hideyuki Imai, Mahito Kamada and Keiji Wada : Interpopulation variation in life history in the fidder crab Uca arcuta, Journal of Crustacean Biology, Vol.30, No.4, 607-614, 2010..[著者] ...
閲覧 S. Takemura, Mahito Kamada and Y. Morimoto : Identification of topographical and climatic factors determining suitability of mangrove habitat in India as a basis for restoration planning, Research Publishing Service, Chennai, India, (month)2010..[著者] ...
閲覧 K. Ito, I. Fjortoft, T. Manabe, Mahito Kamada and K. Fujiwara : Landscape design and childrens participation in Japanese primary school Planning prosess of school biotope for 5 years, Wiley-Blackwell, Oxford, UK., (month)2010..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 都市と生物多様性-学の立場から, .(財)名古屋都市センター主催 シンポジウム「企業・大学からみた都市と生物多様性」, 2010年1月..[著者] ...
閲覧 竹村 紫苑, 鎌田 磨人, 赤松 良久 : 沖縄本島におけるマングローブ林の構造と河口形状の変化履歴との関係, 第57回日本生態学会大会, 2010年3月..[著者] ...
閲覧 宮本 駿, 竹村 紫苑, 鎌田 磨人 : ``モザイク構造''を指標とした里山地図の作成とその利用, 第57回日本生態学会大会, 2010年3月..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 川との関わりを通した自然と人間の再発見., --- 太宰府水から川る会20周年記念事業「御笠川リバイバル」 ---, 太宰府水から川る会20周年記念事業 「御笠川リバイバル」, 2010年3月..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 協働による自然林の順応的再生活動-徳島県上勝町における「高丸山千年の森づくり」の実践から, (財) 森林文化協会, 東京, 2010年3月..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 「都市における生物多様性とデザイン(URBIO2010)」国際会議, 都市緑化技術, No.76, 48, 2010年5月..[著者] ...
閲覧 R. Shinomiya, S. Inai, Yoichi Kawaguchi and Mahito Kamada : Red Claws crab Chiromantes haematocheir, as an indicator for evaluating urban green space., 2nd International Conference of Urban Design and Biodiverstiy-URBIO2010, Nagoya, May 2010..[著者] ...
閲覧 S. Takemura, S. Miyamoto and Mahito Kamada : Distribution of Satoyama in Japan and characteristics of the landscape change in urbanizing region., 2nd International Conference of Urban Design and Biodiverstiy-URBIO2010, Nagoya, May 2010..[著者] ...
閲覧 M. Ohnishi, K. Kishimura, M. Watanabe and Mahito Kamada : Can endangered insect change peoples mind on use of beach?, 2nd International Conference of Urban Design and Biodiverstiy-URBIO2010, Nagoya, May 2010..[著者] ...
閲覧 S. Inai and Mahito Kamada : How do people evaluate nature-green space in remaining in a city?, 2nd International Conference of Urban Design and Biodiverstiy-URBIO2010, Nagoya, May 2010..[著者] ...
閲覧 N. Ikawa, K. Noda and Mahito Kamada : Motivation and satisfaction of urban people in volunteer activites for Satoyama management in Hotani, Osaka, Japan., 2nd International Conference of Urban Design and Biodiverstiy-URBIO2010, Nagoya, May 2010..[著者] ...
閲覧 Mahito Kamada, S. Inai and R. Shinomiya : Giving view point of small crab to kids for evaluating urban green space, 2nd International Conference of Urban Design and Biodiverstiy-URBIO2010, Nagoya, May 2010..[著者] ...
閲覧 K Ito, I. Fjortoft, T. Manabe, K. Masuda, Mahito Kamada and K. Fujiwara : Landscape design and chirdrens participation in Japanese primary school planning process of school biotope for 7 years., 2nd International Conference of Urban Design and Biodiverstiy-URBIO2010, Nagoya, May 2010..[著者] ...
閲覧 N. Minamoto and Mahito Kamada : Networking human resources for managing natural resource in a region., 2nd International On-Board Symposium, May 2010..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : アカテガニの目をとおして見る都市の緑地., 「まちとみどりのシンポジウム Vol. 3 都市の自然のデザイン」, 2010年5月..[著者] ...
閲覧 M. Watanabe, N. Ota, Yasunori Kozuki and Mahito Kamada : Conflicting issues in conserving an endangered tiger beetle in an urban area a case study in a compensatory created sandy shore., 2nd International Conference of Urban Design and Biodiverstiy-URBIO2010, Nagoya, May 2010..[著者] ...
閲覧 K. Kishimura, N. Ota and Mahito Kamada : Challenges and role of non-profit organization for biodiversity conservation in urban area., 2nd International Conference of Urban Design and Biodiverstiy-URBIO2010, Nagoya, May 2010..[著者] ...
閲覧 橋本 温, 小西 壽久, 細川 晴美, 古川 順啓, 渡辺 雅子, 大田 直友, 加藤 研二, 河合 崇, 澤田 俊明, 鎌田 磨人 : 産学官民の連携による地域環境教育の実践-一斉水質調査を通じた地域の「気づき」の促進, 環境技術, Vol.39, No.6, 365-371, 2010年..[著者] ...
閲覧 飯山 直樹, 森本 康滋, 井内 久利, 松永 英明, 稲飯 幸代, 小串 重治, 竹村 紫苑, 伊川 徳治, 宮本 駿, 三幣 亮, 前田 将志, 鎌田 磨人 : 阿波市「阿波町・吉野町」の植生, --- 阿波市「阿波町・吉野町」 総合学術調査報告 ---, 阿波学会紀要, No.56, 25-34, 徳島, 2010年7月..[著者] ...
閲覧 源 典子, 鎌田 磨人 : 協働による自然資源管理における地域ネットワークの構造, 第20回日本景観生態学会大会, 2010年7月..[著者] ...
閲覧 竹村 紫苑, 宮本 駿, 鎌田 磨人 : 都市のはざまに残る里山-都市化による消失リスク VS 保全のためのソーシャル・キャピタル, 第20回日本景観生態学会大会, 2010年7月..[著者] ...
閲覧 Asuka Yamashiro, Tadashi Yamashiro, Baba Minoru, Endo Akira and Mahito Kamada : Species identification based on the faecal DNA samples of the Japanese serow (Capricornis crispus), Conservation Genetics Resources, Vol.2, No.1, 409-414, 2010..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : かみかつ里山倶楽部にかかわる懲りない人々, 地域環境学ネットワーク設立記念シンポジウム, 2010年9月..[著者] ...
閲覧 田代 優秋, 鎌田 磨人 : 農産物の環境ブランド化による無名な希少種の保全の試行―持続的な維持管理は可能か?, 第14回応用生態工学会研究発表会, 2010年9月..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 自然再生における順応的管理とそれを支える人のネットワーク, 兵庫県立コウノトリの郷公園研究会, 2010年11月..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 生物多様性の主流化に向けて―生物多様性条約COP10とその後の動き, 日本技術士会四国支部セミナー, 2010年12月..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 高丸山千年の森事業での住民参加による自然林再生, 地人書館, 東京, 2010年12月..[著者] ...
閲覧 染矢 貴, 竹村 紫苑, 宮本 駿, 鎌田 磨人 : 自然環境情報GISと国土数値情報を用いた日本全域の竹林分布と環境要因の推定, 景観生態学, Vol.15, No.2, 41-54, 2010年..[著者] ...
閲覧 N. Müller and Mahito Kamada : URBIO: an introduction to the International Network in Urban Biodiversity and Design, Landscape and Ecological Engineering, Vol.7, 1-8, 2011..[著者] ...
閲覧 Kümmering Martin, Müller Norbert, 鎌田 磨人 : 中世の歴史的風景庭園に見る``生態的にデザインされた庭園''の原型,ユネスコ世界遺産``イルム庭園(ワイマール,ドイツ), BIO-City, No.47, 2-11, 2011年..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人, 新開 善二, 岸村 憲作 : 生物多様性COP10がもたらした市民グループのネットワーク化,「生物多様性とくしま会議」の挑戦, BIO-City, No.47, 80-85, 2011年..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 自然再生・生態系管理のあり方—生態学会からの提言, 徳島大学環境防災研究センター・日本生態学会中国四国地区会主催, 2011年4月..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 自然再生・生態系管理のあり方—生態学会からの提言, 生物多様性シンポジウム「生物多様性地域戦略に求められるもの-生態学の立場から」, 2011年4月..[著者] ...
閲覧 品川 千種, 小串 重治, 森 一生, 鎌田 磨人 : 徳島県域におけるニホンジカによる植生被害状況, 第55回日本生態学会中国・四国地区大会, 2011年5月..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 異なる主体の協働による生物多様性保全—地域環境学ネットワークの活動から, 第21回日本景観生態学会大会・公開シンポジウム「生物多様性をまもる景観生態学—愛知ターゲットの実現をめざして」, 2011年6月..[著者] ...
閲覧 竹村 紫苑, 大西 舞, 白川 勝信, 鎌田 磨人 : 芸北にみる自然資源の管理に向けた協働のネットワーク・デザイン, 第21回日本景観生態学会大会, 2011年6月..[著者] ...
閲覧 大西 舞, 竹村 紫苑, 上村 真仁, 白川 勝信, 鎌田 磨人 : 白保と芸北にみる自然資源の協働管理に向けたプロセス・マネジメント, 第21回日本景観生態学会大会, 2011年6月..[著者] ...
閲覧 乾 隆帝, 竹村 紫苑, 大橋 順, 鬼倉 徳雄, 鎌田 磨人 : 汽水性RDBハゼ類の分布パターンと流域特性—九州全域330水系の調査から, 第21回日本景観生態学会大会, 2011年6月..[著者] ...
閲覧 大橋 順, 高橋 信樹, 田代 優秋, 鎌田 磨人 : 空間的階層概念に基づく湿生RDB植物の分布決定要因の抽出, 第21回日本景観生態学会大会, 2011年6月..[著者] ...
閲覧 三幣 亮, 金森 匡彦, 鎌田 磨人 : 森林モニタリング調査データを用いた林地生産力評価モデルの構築, 第21回日本景観生態学会大会, 2011年6月..[著者] ...
閲覧 田代 優秋, 鎌田 磨人 : 日本全国凹地マップと津波浸水被害—国土形成計画への展開の可能性, 第21回日本景観生態学会大会, 2011年6月..[著者] ...
閲覧 田代 優秋, 鎌田 磨人 : 地域環境課題の解決を目指した専門家-地域住民との協働継続要因:人的ネットワーク構造に着目して, 第36回海洋開発シンポジウム, 2011年6月..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 協働の森づくりのしくみとプロセス ― 徳島県上勝町「高丸山千年の森」の取り組み, 金沢大学「能登里山マイスター」養成プログラム地域づくり支援講座, 2011年7月..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 協働のプロセス・マネジメントと人のネットワーク・デザイン―「地域資源としての生態系」の管理に向けて, 金沢大学「能登里山マイスター」養成プログラム自然再生型能登再生論, 2011年7月..[著者] ...
閲覧 K Ito, Mahito Kamada and Y. Morimoto : An approach for the evaluation of biodiversity (cultural service) from designs of nature in the city, 8th IALE World Congress, (都市), Aug. 2011..[著者] ...
閲覧 Mahito Kamada : Kappa as a historical indicator of the relationship between waterside environments and human life, 8th IALE World Congress, (都市), Aug. 2011..[著者] ...
閲覧 Mahito Kamada and S. Takemura : Satoyama in the urban range in Japan -pattern, process and implication to urban planning, 8th IALE World Congress, Beijing, China, Aug. 2011..[著者] ...
閲覧 N Nakagoshi and Mahito Kamada : Nature restoration projects in Japan, 8th IALE World Congress, Beijing, China, Aug. 2011..[著者] ...
閲覧 S Kato, N Minamoto and Mahito Kamada : Adaptive co-management of forest resources: a case of Takamaru-yama Sennen-no Mori, Tokushima, Japan, 8th IALE World Congress, Beijing, China, Aug. 2011..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 新たな地域活動拠点のカタチ,レジデント型拠点のあり方と使い方, 徳島大学上勝学舎主催,第2回上勝学講座, 2011年8月..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 地域戦略を実現する市民力について, とくしま県民活動プラザ開設10周年記念フォーラム第一分科会「多様な生きものが生息する自然の活用と保全について」, 2011年8月..[著者] ...
閲覧 Shion Takemura, Y Akamatsu and Mahito Kamada : Influence of dam construction and river-mouth alteration on mangrove habitat in the Okukubi River, Okinawa, Japan., The 9th Annual Joint Seminar between Korea and Japan on Ecology and Civil Engineering, Kanazawa, Sep. 2011..[著者] ...
閲覧 乾 隆帝, 竹村 紫苑, 大橋 順, 鬼倉 徳雄, 鎌田 磨人 : 九州における汽水性希少ハゼ類の分布パターンと流域特性, 第15回応用生態工学会, 2011年9月..[著者] ...
閲覧 S Takemura, Y Akamatsu and Mahito Kamada : Influence of dam construction and river-mouth alteration on mangrove habitat in the Okukubi River, Okinawa, Japan., Advances in River Restoration Research, Proceedings of the 9th Annual Joint Seminar between Japan and Korea on River Basin Restoration by Ecosystem Approach, 9-14, (都市), Sep. 2011..[著者] ...
閲覧 Ryo Sanpei, Emi Morimoto, Masahiko Kanamori and Mahito Kamada : Gaining Knowledge and Skills about Forest Management by Long Term Internship, 2nd Asian Conference on Engineering Education, PS-19, TOKUUSHIMA,JAPAN, Oct. 2011..[著者] ...
閲覧 Mai Onishi, Emi Morimoto, Toshiaki Sawada and Mahito Kamada : The role of co-coordinator in environmental conservation activities - Learning through an internship -, 2nd Asian Conference on Engineering Education, PS-16, TOKUUSHIMA,JAPAN, Oct. 2011..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 協働による公的施策の構築と実践―市民,行政,大学の役割, 2011年度経済地理学会徳島地域大会・徳島大学公開シンポジウム「地域への関わりの新たな戦略と課題」, 2011年10月..[著者] ...
閲覧 乾 隆帝, 竹村 紫苑, 鬼倉 徳雄, 鎌田 磨人 : 瀬戸内海の汽水域における希少ウキゴリ属4 種の分布パターンと流域特性, 2011年度日本魚類学会年会, 2011年11月..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 農山村存続のためのソーシャル・キャピタル, 東京農工大学 第17回「野生動物管理システムフォーラム」, 2011年11月..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 地域資源を活かす手法, 兵庫県立コウノトリの郷公園「コウノトリと共生する地域づくり講座」, 2011年11月..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 地域が支える自然再生, 奥川自然再生協議会「奥川自然再生協議会・第2回勉強会」, 2011年11月..[著者] ...
閲覧 武藏 由育, 志宇 知誠, 山下 正浩, 林 洋史, 湯城 豊勝, 鎌田 磨人, 赤松 良久, 河口 洋一, 中田 泰輔 : 置土された土砂の流下過程の数値解析モデルの構築と実河川における適用, 水工学論文集, No.55, 817-822, 2011年..[著者] ...
閲覧 田代 優秋, 鎌田 磨人 : 地域環境課題の解決を目指した専門家-地域住民との協働継続要因:人的ネットワーク構造に着目して., 土木学会論文集B3(海洋開発), Vol.67, No.2, 802-807, 2011年..[著者] ...
閲覧 M. Kohri, Mahito Kamada and N. Nakagoshi : Satial-temporal distribution of ornithochorous seeds from an Elaeagnus umbellate community dominating a riparian habiat., Plant Species Biology, Vol.26, No.2, 174-185, 2011..[著者] ...
閲覧 K Wada, K Watanabe and Mahito Kamada : Function of Vertical Claw-Waving in the Fiddler Crab Uca arcuata, Journal of Crustacean Biology, Vol.31, No.3, 413-415, 2011..[著者] ...
閲覧 H Arakida, H Mitsuhashi, Mahito Kamada and K Koyama : Mapping the potential distribution of shorebirds in Japan: the importance of landscape-level coastal geomorphology., Aquatic Conservation : Marine and Freshwater Ecosystems, Vol.21, No.6, 553-563, 2011..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 市民団体と研究者によるワークショップと提案づくり, NACS-J主催シンポジウム「みんなでつくる生物多様性地域戦略」, 2012年2月..[著者] ...
閲覧 Mahito Kamada : National database of vegetation samples and its applicability in Japan, Special Symposium The Role of Vegetation Science in a Changing Asia: Goal of IAVS2012, The 5th EAFES International Congress, (都市), March 2012..[著者] ...
閲覧 乾 隆帝, 江口 勝久, 中島 淳, 竹村 紫苑, 鬼倉 徳雄, 鎌田 磨人 : 近縁な汽水性希少ハゼ類の生息環境の違い∼複数の空間階層に着目して, 第59回日本生態学会大会, 2012年3月..[著者] ...
閲覧 Shion Takemura, Y. Akamatsu and Mahito Kamada : Eco-hydraulic evaluation of mangrove habitat at Okukubi River, Okinawa Island, Japan, The 5th EAFES International Congress, Otsu, March 2012..[著者] ...
閲覧 S. Takemura, Y. Akamatsu and Mahito Kamada : Identification of eco-hydraulic condition for evaluating mangrove habitat at Okukubii River, Okinawa Island, Japan, 50th ECSA Conference, Venice, July 2012..[著者] ...
閲覧 Mahito Kamada and J Ando : Potential occurrence area of 53 forest vegetation types in Japan, 55th Symposium of the International Association for Vegetation Science, (都市), July 2012..[著者] ...
閲覧 Jun Ohashi and Mahito Kamada : Multi-scale analysis on environmental factors determining distribution of endangered hydrophyte in Japan, 55th Symposium of the International Association for Vegetation Science, Mokpo, July 2012..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : GISは「読み書きそろばん」並みの必須ツール, 京都通信社, 京都, 2012年7月..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : ハス田と人の手が守った生物多様性, 京都通信社, 京都, 2012年7月..[著者] ...
閲覧 Mai Onishi, Emi Morimoto and Mahito Kamada : What is the Role of Co-coordinator?: From Internship's Experience, Journal of Engineering Education Research, Vol.15, No.5, 42-46, 2012..[著者] ...
閲覧 乾 隆帝, 竹村 紫苑, 鬼倉 徳雄, 鎌田 磨人 : 瀬戸内海流入河川におけるRL掲載ハゼ類の生息適地推定, ELR2012東京(応用生態工学会・日本景観生態学会・日本緑化工学会 3学会合同大会), 2012年9月..[著者] ...
閲覧 岩本 敏明, 大西 舞, 鎌田 磨人, 野田 奏栄 : 生物多様性主流化ツールとしてのタウンミーティング, ELR2012東京(応用生態工学会・日本景観生態学会・日本緑化工学会 3学会合同大会), 2012年9月..[著者] ...
閲覧 竹村 紫苑, 神谷 大介, 宮良 工, 鎌田 磨人, 赤松 良人 : 沖縄河川のワイズユースに向けて, ELR2012東京(応用生態工学会・日本景観生態学会・日本緑化工学会 3学会合同大会), 2012年9月..[著者] ...
閲覧 岡 和樹, 三幣 亮, 鎌田 磨人 : 多面的機能評価に基づく森林ゾーニング手法の提案, ELR2012東京(応用生態工学会・日本景観生態学会・日本緑化工学会 3学会合同大会), 2012年9月..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人, 増澤 直, 平吹 喜彦 : 「景観・生態系ホットスポットマップ」の作成と活用, グリーン・エージ, No.465, 20-23, 2012年..[著者] ...
閲覧 Mahito Kamada and M Onishi : Bottom-up and collaborative process for establishing the Local Biodiversity Strategy in Tokushima Prefecture, Japan, 3rd International Conference of Urban Design and Biodiverstiy-URBIO2012, Mumbai, India, Oct. 2012..[著者] ...
閲覧 M Onishi and Mahito Kamada : Building social-capital through bottom-up and collaborative process for establishing local biodiversity strategy in Tokushima, 3rd International Conference of Urban Design and Biodiverstiy-URBIO2012, Mumbai, India, Oct. 2012..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 砂州の安定化と樹林化―相互作用系としてのプロセスと影響, 環境水理部会・河川部会ジョイントワークショップ「河川の樹林化とは何か」, 2012年11月..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 河床変動の低下がもたらす河畔植生の変化, 国立大学法人 九州工業大学 主催「遠賀川シンポジウム」, 2012年12月..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 「生物多様性とくしま戦略」の策定と推進にむけた協働, 地域自然史と保全, Vol.34, No.2, 119-130, 2012年..[著者] ...
閲覧 田代 優秋, 犬伏 敏真, 藤森 元浩, 河野 正弘, 鎌田 磨人 : 維持管理意欲を向上する``工夫の余地''という水路設計思想, 農業農村工学会誌, Vol.80, No.3, 15-18, 2012年..[著者] ...
閲覧 竹村 紫苑, 赤松 良久, 鎌田 磨人 : 沖縄本島億首川における出水時の河床変動に着目したマングローブ林の生育地評価, 土木学会論文集B1(水工学), Vol.68, No.4, I_1615-1620, 2012年..[著者] ...
閲覧 竹村 紫苑, 赤松 良久, 鎌田 磨人 : パラオ諸島における分布予測モデルを用いたマングローブ生育地の脆弱度評価, 土木学会論文集G(環境), Vol.68, No.5, I_105-110, 2012年..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 生態系の再生を支える``つながり'', 応用生態工学会・日本生態学会主催 震災復興ワークショップ in 仙台「自然の恵みを活かす復興に向けて,震災後の環境対策のあり方を考える」, 2013年1月..[著者] ...
閲覧 竹村 紫苑, 荒井 裕作, 鎌田 磨人, 遠藤 晃 : 徳島県の竹林はどこまで拡大するか?, 第60回日本生態学会大会, 2013年3月..[著者] ...
閲覧 乾 隆帝, 竹村 紫苑, 鎌田 磨人, 遠藤 晃 : 希少ハゼ類を指標とした河川汽水域の類型化, 第60回日本生態学会大会, 2013年3月..[著者] ...
閲覧 中西 裕也, 鎌田 磨人 : 空間解像度の異なる二年代の植生図を用いた土地利用変化の把握手法, 第57回日本生態学会中国・四国地区大会, 2013年5月..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : ゆったりじっくり学ぶ生物多様性と市民の取り組み―「いろいろな生きものと共に生きること」の意味, 徳島県自然保護協会公開講演会, 2013年5月..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 協働に基づく「生物多様性とくしま戦略」の策定プロセス, 第23回日本景観生態学会大会, 2013年6月..[著者] ...
閲覧 稲飯 幸代, 乾 隆帝, 鎌田 磨人 : 都市公園の森林群落における常緑樹(ホルトノキ)の消失リスク評価, 第23回日本景観生態学会大会, 2013年6月..[著者] ...
閲覧 竹村 紫苑, 鎌田 磨人 : マングローブ生育地のマルチスケール評価―琉球諸島を事例として, 第23回日本景観生態学会大会, 2013年6月..[著者] ...
閲覧 Asuka Yamashiro, Mahito Kamada and Tadashi Yamashiro : A comparative study of the fecal characters of Japanese serow (Capricornis crispus) and sika deer (Cervus nippon), Mammal Study, Vol.38, No.2, 117-122, 2013..[著者] ...
閲覧 Mahito Kamada : Ecosystem services as the security against natural disaster lessons from Japan, URBIO2013 Workshop, Erfurt, July 2013..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 生物多様性地域戦略の策定と推進における協働, ランドスケープ研究, Vol.77, No.2, 95-98, 2013年..[著者] ...
閲覧 竹村 紫苑, 高里 尚正, 乾 隆帝, 鎌田 磨人, 赤松 良久 : ダム直下河口域における住民協働による長期モニタリングの試み―沖縄本島億首川のマングローブ林を対象として, 第17回応用生態工学会, 2013年9月..[著者] ...
閲覧 大西 舞, 松下 京平, 白川 勝信, 鎌田 磨人 : 地域住民による雲月山草原の経済価値評価, 農村計画学会誌, No.32, 191-196, 2013年..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人, 三幣 亮, 岡 和樹 : 土地の生産性と山地災害リスクの評価に基づく森林の広域ゾーニング手法, 景観生態学, No.8, 109-122-122, 2013年..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 拡大を続ける竹林への対峙と竹林再生に必要なこと, 環境省自然環境局・里なび研修会, 2013年12月..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 「生物多様性とくしま戦略」の策定と推進における協働, 琵琶湖総合研究「南湖生態系の総合的・順応的管理に関する研究」公開研究会(生物多様性地域戦略をめぐる国内外の動向と滋賀県の課題), 2013年12月..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 「人と自然の関わりの物語」の価値化, 九州工業大学主催セミナー「生物多様性とまちづくり」, 2013年12月..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 協働の森づくり―プロセスと人のネットワーク, 九州工業大学主催国際シンポジウム「豊かな地域づくり,生物多様性と自然再生へのプロセス」, 2013年12月..[著者] ...
閲覧 R. Inui, S. Takemura, A. Koyama, N. Onikura and Mahito Kamada : Potential distribution of Tridentiger barbatus (Günther 1861) and Tridentiger nudicervicus (Tomiyama 1934) in the Seto Inland Sea, western Japan., Ichthyological Research, Vol.61, No.1, 83-89, 2013..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人, 安東 純平, 染矢 貴, 浅井 樹 : 自然環境保全基礎調査植生調査データを用いた森林群集・群落の潜在的分布域の地図化, 景観生態学, No.19(2), 91-103, 2014年..[著者] ...
閲覧 K Ito, I Fjotoft, T Manabe and Mahito Kamada : Landscape Design for Urban Biodiversity and Ecological Education in Japan: Approach from Process Planning and Multifunctional Landscape Planning, Springer Japan, Tokyo, (month)2014..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人, 白川 勝信, 中越 信和 : エコロジー講座7,里山のこれまでとこれから, 日本生態学会, 京都, 2014年(0月)..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 里山の今とこれから, 日本生態学会第17回公開講演会「里山のこれまでとこれから」, 2014年3月..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人, 岩本 俊明, 岸本 浩平, 三宅 武, 乾 隆帝, 小串 重治 : スマホ・デジカメのGPS機能を使った生物分布の広域的協働調査とその有効性, 第61回 日本生態学会大会, 2014年3月..[著者] ...
閲覧 竹村 紫苑, 松尾 扶美, 鎌田 磨人 : 沖縄本島億首川マングローブ林における若木個体の空間的分布特性, 第61回 日本生態学会大会, 2014年3月..[著者] ...
閲覧 坂上 真希, 和田 恵次, 鎌田 磨人 : 植生がハクセンシオマネキのWaving・配偶行動に与える影響, 第61回 日本生態学会大会, 2014年3月..[著者] ...
閲覧 松尾 扶美, 橋本 光治, 鎌田 磨人 : 徳島県橋下氏施業による人工林の下層植生区分とその立地特性, 第125回 日本森林学会大会, 2014年3月..[著者] ...
閲覧 Asuka Yamashiro, Tadashi Yamashiro, Mori Kazuo and Mahito Kamada : Indirect estimation of Recent Sika Deer (Cervus nippon) Migration in Tsurugi Quasi-National Park, Shikoku, Japan, Mammal Study, Vol.39, No.2, 83-89, 2014..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 生きもの「調査」をするということ, 宝が池連続学習会2014 [第1回 生きもの調査からはじめる身近な森の生物多様性(1)], 2014年6月..[著者] ...
閲覧 大西 舞, 白川 勝信, 鎌田 磨人 : 広島県北広島町雲月山の山焼きにに関わるアクターの役割―過去と現在の比較, 第24回日本景観生態学会大会, 2014年6月..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人, 立石 奈緒, 野田 奏栄 : 京都市宝が池プレイパークを核とした里やか保全のためのソーシャル・キャピタルの拡大, 第24回日本景観生態学会大会, 2014年6月..[著者] ...
閲覧 稲飯 幸代, 四宮 隆司, 河口 洋一, 鎌田 磨人 : アカテガニを指標とした都市公園緑地の景観構成要素の機能評価, 景観生態学, No.19, 57-68, 2014年..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 「生物多様性とくしま戦略」の理念と行動方針―インフラとしての生態系とその活用, 国土環境緑化協会連合会「環境に配慮したのり面緑化技術講習会」, 2014年9月..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 生態系サービスを使って災害に備える―日常と非日常の結びつけ, 応用生態工学, 2014年9月..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人, 野田 奏栄 : 里山再生のための協働のデザインとマネジメント, 第7回自然再生講習会「京の里山再生―理念と技術」(京都市), 2014年9月..[著者] ...
閲覧 Mahito Kamada : Smartphone as a tool of civic science - collaborative survey of species distribution., 4th International Conference of Urban Design and Biodiverstiy-URBIO2014, Incheon,South Korea, Oct. 2014..[著者] ...
閲覧 M Sakagami, A Miyajima, K Wada and Mahito Kamada : Claw-waving behavior by male Uca lacteal (Brachyura, Ocypodiae) in vegetated and un-vegetated habitats., Journal of Crustacean Biology, Vol.35, No.2, 155-158, 2015..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : スマホを用いた参加協働による生きもの分布調査, 日本造園学会平成27年度全国大会・ミニフォーラム「はかる・調べる・予測する:新技術が拓く造園学イノベーション」, 2015年5月..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人, 立石 奈緒, 野田 奏栄 : 「宝が池の森」の保全に向けた人のネットワークづくり, 第25回日本景観生態学会大会, 2015年6月..[著者] ...
閲覧 朝波 史香, 大西 舞, 鎌田 磨人 : ネットワーク組織の特性を活かす事業マネジメントの検討―生物多様性とくしま会議でのツリーイング事業から, 第25回日本景観生態学会大会, 2015年6月..[著者] ...
閲覧 今井 洋太, 高里 尚正, 竹村 紫苑, 鎌田 磨人 : 群落調査と簡易モニタリング調査によるマングローブ林の健全性評価, 第25回日本景観生態学会大会, 2015年6月..[著者] ...
閲覧 伊勢 紀, 八十島 裕, 小串 重治, 増澤 直, 荒尾 章子, 鎌田 磨人 : 市民参加による生物多様性情報システムの構築と運用, 第25回日本景観生態学会大会, 2015年6月..[著者] ...
閲覧 Mahito Kamada : Niche modeling of three swallow species using cvic survey data availability of smartphone-assited survey system., 9th IALE World Congress, Portland, USA, July 2015..[著者] ...
閲覧 今井 洋太, 竹村 紫苑, 鎌田 磨人 : 沖縄県億首川マングローブ林における更新立地の特性, 第19回応用生態工学会, 2015年9月..[著者] ...
閲覧 竹村 紫苑, 乾 隆帝, 小山 彰彦, 和田 恵次, 鎌田 磨人 : 沖縄本島億首川マングローブ林におけるモニタリングシステム構築に向けたカニ類の分布特性の把握, 第19回応用生態工学会, 2015年9月..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : みんなで守る徳島の自然と生物多様性, 徳島県立徳島北高等学校, 2015年10月..[著者] ...
閲覧 今井 洋太, 竹村 紫苑, 高里 尚正, 乾 隆帝, 赤松 良久, 鎌田 磨人 : 協働モニタリングによる沖縄本島億首川ダム直下マングローブ林の河床変動特性の把握, 土木学会論文集B1(水工学), Vol.72, No.4, 1093-1098, 2016年..[著者] ...
閲覧 一ノ瀬 友博, 鎌田 磨人 : 森林環境2016-特集・震災後5年の森・地球を考える, (公財)森林文化協会, 東京, 2016年(0月)..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 生きもののつながり,人のつながり―生態系を活かして恵みを得るために, 第4回北部九州地域環境シンポジウム, 2016年1月..[著者] ...
閲覧 中野 晋, 鎌田 磨人, 杉本 卓司, 山口 雅人 : 徳島の豊かな自然を守る人々, 徳島の環境 防災 まちづくり シリーズ②, No.3, 2016年3月..[著者] ...
閲覧 今井 洋太, 竹村 紫苑, 高里 尚正, 乾 隆帝, 赤松 良久, 鎌田 磨人 : 協働モニタリングによる沖縄本島億首川ダム直下のマングローブ林の河床変動特性の把握, 第60回水工学講演会, 2016年3月..[著者] ...
閲覧 佐々木 剛, 朝波 史香, 吉川 貴之, 藤永 真人, 鎌田 磨人 : 徳島県北の脇地区の海岸クロマツ林の利用変化と林分構造, 第62回日本生態学会大会, 2016年3月..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 震災後5年の森・地域を考える(コーディネート), 第4回「森林環境市民講座」, 2016年4月..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : どうする?どうなる?宝が池の森と水,流域から問う深刻化するシカ被害(コーディネート), 宝が池シンポジウム2016, 2016年4月..[著者] ...
閲覧 朝波 史香, 佐々木 剛, 藤永 真人, 吉川 貴之, 鎌田 磨人 : 徳島県海陽町大里における海岸マツ林の自律的管理, 第60回日本生態学会中国・四国地区大会, 2016年5月..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 身近な自然を考える―生態系の危機と保全, 大阪府立泉陽高等学校, 2016年6月..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 里山の今とこれから―人の営みで育まれる生物多様性の森, 宝が池連続学習会2016, 2016年6月..[著者] ...
閲覧 今井 洋太, 三宅 武, 竹村 紫苑, 鎌田 磨人 : グリーンインフラ指標としてのナベヅルの潜在的生息適地推定―農地の多面的機能を活かした国土管理に向けて, 第26回日本景観生態学会大会, 2016年7月..[著者] ...
閲覧 朝波 史香, 佐々木 剛, 鎌田 磨人 : グリーンインフラとしての海岸マツ林の持続性評価―地域社会の視点から, 第26回日本景観生態学会大会, 2016年7月..[著者] ...
閲覧 佐々木 剛, 朝波 史香, 鎌田 磨人 : グリーンインフラとしての海岸マツ林の持続性評価―生態学的視点から, 第26回日本景観生態学会大会, 2016年7月..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 地域住民の自治管理で守り育てられる海岸林, 「北の海辺で考える砂丘海岸とのつきあい方―東北における復興の現場を中心に,ミニシンポジウム``砂丘海岸とのつきあい方'', 2016年7月..[著者] ...
閲覧 Yasunori Muto, M. Miyoshi, Takao TAMURA and Mahito Kamada : Retarding Effect Evaluation of Wetland with Land-use Change, 14th Annual Joint Seminar between Korea & Japan on Ecological Engineering, Pusan, Korea, Aug. 2016..[著者] ...
閲覧 Mahito Kamada : Ecosystem-based Disaster Risk Reduction as adaptation to global warming in an era of depopulation in Japan, 14th Annual Joint Seminar between Korea & Japan on Ecological Engineering, Busan, Aug. 2016..[著者] ...
閲覧 Yohta Imai and Mahito Kamada : Preserving water storage function of paddy fields through conserving hooded cranes (Grus monacha), 14th Annual Joint Seminar between Korea & Japan on Ecological Engineering, Busan, Aug. 2016..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 風土を読み解くツールとしての景観生態学, 景観生態学, Vol.21, No.1, 57-67, 2016年..[著者] ...
閲覧 竹村 紫苑, 鎌田 磨人 : 沖縄本島億首川におけるマングローブ林の再生管理に向けた協働モニタリングの開発, 応用生態工学, 2016年9月..[著者] ...
閲覧 佐々木 剛, 丹羽 英之, 朝波 史香, 鎌田 磨人 : 小型UAVを用いた海岸マツ林の林床光環境の推定, 日本緑化工学会誌, Vol.1, No.43, 51-55, 2017年..[著者] ...
閲覧 指村 奈穂子, 古本 良, 竹村 紫苑, 鎌田 磨人 : マングローブの絶滅危惧植物ヒルギモドキの林分構造と潜在生育域推定, 第64回日本生態学会大会, 2017年3月..[著者] ...
閲覧 朝波 史香, 伊東 啓太郎, 鎌田 磨人 : 福岡県福津市福間における海岸マツ林の自律的管理, 第61回日本生態学会中国・四国地区大会, 2017年5月..[著者] ...
閲覧 佐々木 剛, 堀 誠紘, 朝波 史香, 鎌田 磨人 : 海岸林に植栽したクロマツ苗木の成長と光環境・林分構造, 第61回日本生態学会中国・四国地区大会, 2017年5月..[著者] ...
閲覧 今井 洋太, 武藤 裕則, 渡辺 公次郎, 朝波 史香, 鎌田 磨人 : 水田をグリーンインフラとして活かすためのシナリオ, 日本学術会議公開シンポジウム「生態系インフラストラクチャーを社会実装する」, 2017年7月..[著者] ...
閲覧 佐々木 剛, 野田 稔, 渦岡 良介, 朝波 史香, 鎌田 磨人 : グリーンインフラとしての海岸マツ林の機能・持続性評価., 日本学術会議公開シンポジウム「生態系インフラストラクチャーを社会実装する」, 2017年7月..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 生態系インフラストラクチャーを支える多様な主体の連携, 日本学術会議公開シンポジウム「生態系インフラストラクチャーを社会実装する」, 2017年7月..[著者] ...
閲覧 Mahito Kamada, Yasunori Muto and Yota Imai : Paddy fields as green infrastructure, Proceedings of the 37th IAHR World Congress, 6014-6020, 2017..[著者] ...
閲覧 Mahito Kamada, Yasunori Muto and Yota Imai : Paddy fields as green infrastructure, 37th IAHR World Congress, Kuala Lumpur, Malaysia, Aug. 2017..[著者] ...
閲覧 佐々木 剛, 朝波 史香, 鎌田 磨人, 丹羽 英之 : 小型UAVを用いた海岸マツ林の林床光環境の推定, ELR2017(応用生態工学会・日本景観生態学会・日本緑化工学会 3学会合同大会), 2017年9月..[著者] ...
閲覧 今井 洋太, 渡辺 公次郎, 鎌田 磨人 : 浸水想定区域内の法的土地利用区分に基づく地域累計-農地が持つ洪水調節機能を活かせるか?, ELR2017(応用生態工学会・日本景観生態学会・日本緑化工学会 3学会合同大会), 2017年9月..[著者] ...
閲覧 岩佐 愛恵, 今井 洋太, 鎌田 磨人 : ナベヅルの越冬を可能にする水田・畦畔の景観構造, ELR2017(応用生態工学会・日本景観生態学会・日本緑化工学会 3学会合同大会), 2017年9月..[著者] ...
閲覧 朝波 史香, 伊東 啓太郎, 鎌田 磨人 : ガバナンス論に基づく海岸マツ林の持続性評価-3地域における保全活動の比較から, ELR2017(応用生態工学会・日本景観生態学会・日本緑化工学会 3学会合同大会), 2017年9月..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人, 野田 奏栄 : 億首川マングローブ林の再生—基本計画策定のプロセス, 【一社】日本生態学会・生態系管理講習会「億首川マングローブ林の保全と活用」, 2017年11月..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 自然資本を活かすためのフレームワーク―グリーンインフラ, Eco-DRR, 生物多様性地域戦略, 山口大学 グローカル環境・防災学研究会講演会, 2017年11月..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 自然資本を活かすためのフレームワーク―グリーンインフラ, Eco-DRR, 生物多様性地域戦略, 【株】建設環境研究所・社内講演会, 2017年11月..[著者] ...
閲覧 今井 洋太, 鎌田 磨人 : 対馬におけるナベヅルの越冬・中継地推定—餌場を核とした塒創造のあり方, 対馬学フォーラム2017, 2017年12月..[著者] ...
閲覧 Mahito Kamada : Satoyama landscape of Japan past, present, and future, Springer, Cham, (month)2018..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 「農」の場における生物多様性を維持・利活用し続けるための仕組み, 季刊 政策・経営研究, No.1, 29-35, 2018年..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 生態系への投資がなぜ必要なのか?, グリーン・パワーGREEN POWER, Vol.470, No.2, 26-29, 2018年2月..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 地域づくりに活かすための生物多様性地域戦略, 【公財】東京市町村自治調査会, 「生物多様性の保全に関する研究会公開シンポジウム―生物多様性を活かした地域づくり」, 2018年2月..[著者] ...
閲覧 朝波 史香, 伊東 啓太郎, 鎌田 磨人 : 福津市総合計画におけるガバナンスの仕組みと海岸マツ林の持続的管理, 環境省環境研究総合推進費「ハビタットロスの過程に着目した生態系減災機能評価と包括的便益評価手法の開発」研究グループ・環境省環境研究総合推進費「人口減少,気候変動下におけるグリーンインフラ―生物多様性・防災・社会的価値評価」研究グループ・総合地球環境学研究所「人口減少時代における気候変動適応としての生態系を活用した防災減災(Eco-DRR)の評価と社会実装」研究グループ 公開シンポジウム「自然を活かして防災する―災害と恵みのかかわり」, 2018年2月..[著者] ...
閲覧 岩佐 愛恵, 今井 洋太, 鎌田 磨人 : ナベヅル受け入れのための餌資源量と農業者意識の評価—研究の枠組み, 環境省環境研究総合推進費「ハビタットロスの過程に着目した生態系減災機能評価と包括的便益評価手法の開発」研究グループ・環境省環境研究総合推進費「人口減少,気候変動下におけるグリーンインフラ―生物多様性・防災・社会的価値評価」研究グループ・総合地球環境学研究所「人口減少時代における気候変動適応としての生態系を活用した防災減災(Eco-DRR)の評価と社会実装」研究グループ 公開シンポジウム「自然を活かして防災する―災害と恵みのかかわり」, 2018年2月..[著者] ...
閲覧 Mahito Kamada : Satoyama landscape of Japan-past, present and future, 日本有機農業学会・龍谷大学経済学部・総合地球環境学研究所「ワークショップ・日本的アグロエコロジー,トランジッション2018」, Feb. 2018..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 海岸マツ林を守り活用してゆくための仕組み, 北の里浜花のかけはしネットワーク「震災×未来ダイアログカフェ」, 2018年3月..[著者] ...
閲覧 Mahito Kamada : Satoyama landscape of Japan past, present, and future., The 8th EAFES, Nagoya, April 2018..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 山・川・海・人のつながり,「勝浦川流域フィールド講座」を受講する皆さんへの期待, 2018年度勝浦川流域フィールド講座, 2018年4月..[著者] ...
閲覧 朝波 史香, 泊 健一, 鎌田 磨人 : 生物多様性の主流化に向けた証券業界との連携の道筋., 第61回日本生態学会中国・四国地区大会, 2018年5月..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 里山・ネットワークで育まれる生物多様性の森とは? 宝が池の取り組み経緯と今後, 宝が池連続学習会2018, 2018年5月..[著者] ...
閲覧 Mahito Kamada, S Hirai and Yota Imai : Habitat evaluation of riverine plant communities based on historical hydrogeomorphic condition., Proceedings of the 12th International Symposium on Ecohydraulics, 4, 2018..[著者] ...
閲覧 Mahito Kamada, S Hirai and Yota Imai : Habitat evaluation of riverine plant communities based on historical hydrogeomorphic condition, 12th International Symposium on Ecohydraulics (ISE2018), Tokyo, Aug. 2018..[著者] ...
閲覧 Yasunori Muto, S. Kotani, M. Miyoshi, Mahito Kamada and Takao TAMURA : Retarding Capacity Change of Wetland Paddy Fields due to House Land Development toward Wise Land Use against Flood Utilising Paddy Fields as Green Infrastructure -, The International Association for Hydro-Environment Engineering and Research (IAHR-APD2018), Yogyakarta, Indonesia, Sep. 2018..[著者] ...
閲覧 Mahito Kamada, T Iba and T Ichinose : A Pattern Language for Initiating Biodiversity Activities: An Examination from the activities at Kitahiroshima, Japan., Urban Biodiversity and Design (URBIO2018), Cape Town, South Africa, Sep. 2018..[著者] ...
閲覧 名田 雄一, 佐々木 剛, 渡辺 雅子, 鎌田 磨人 : 徳島県・伊島におけるササユリの生育環境の解明と再生適地の提案., 第28回日本景観生態学会大会, 2018年9月..[著者] ...
閲覧 朝波 史香, 泊 健一, 鎌田 磨人 : グリーンインフラの社会実装に向けた証券業界との連携の道筋., 第28回日本景観生態学会大会, 2018年9月..[著者] ...
閲覧 今井 洋太, 田中 遥樹, 鎌田 磨人 : 洪水浸水想定区域図と土地利用細分メッシュ図を用いた暴露リスク増加量の把握., 第28回日本景観生態学会大会, 2018年9月..[著者] ...
閲覧 Yasunori Muto, S. Kotani, M. Miyoshi, Mahito Kamada and Takao TAMURA : Retarding Capacity Change of Wetland Paddy Fields due to House Land Development toward Wise Land Use against Flood Utilising Paddy Fields as Green Infrastructure -, Proc. IAHR-APD2018, Vol.2, 1209-1218, 2018..[著者] ...
閲覧 荒木田 葉月, 三橋 弘宗, 鎌田 磨人 : アンケート調査に基づくシギ・チドリ類への影響要因の関連性分析, 保全生態学研究, Vol.32, No.2, 199-202, 2018年..[著者] ...
閲覧 鎌田 磨人 : 億首川マングローブ林の保全・活用に関する研究実績.億首川マングローブ保全, 億首川マングローブ保全・活用推進協議会, 2018年11月..[著者] ...
閲覧 Mahito Kamada and Yasunori Muto : A trial project for installing Eco-DRR to the society in Japan., ICLEE2018, Taichung, Taiwan), Nov. 2018..[著者] ...
閲覧 Yasunori Muto, N. Yoshioka, M. Miyoshi, Mahito Kamada and Takao TAMURA : Retarding Capacity Estimation of Wetland Paddy Fields under Climate Change and Land Use Change, Proc. IAHR2019, Panama City, Panama, (都市), Sep. 2019..[著者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

閲覧 Yasunori Muto, N. Yoshioka, M. Miyoshi, Mahito Kamada and Takao TAMURA : Retarding Capacity Estimation of Wetland Paddy Fields under Climate Change and Land Use Change, Proc. IAHR2019, Panama City, Panama, (都市), Sep. 2019.---(Modified by 武藤 裕則 at 2019年10月20日(日) 17:26:04) ...

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 0.54, Max(EID) = 360444, Max(EOID) = 965355.