『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

PERM=閲覧 舘原 誠晃

登録情報の数

有効な情報: 61件 + 無効な情報: 9件 = 全ての情報: 70件

全ての有効な情報 (61件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 (未定義) …(60)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 舘原 誠晃, 宮本 洋二, 藤澤 健司, 武知 正晃, 桃田 幸弘, 湯淺 哲也, 藤 武智, 飛梅 悟, 増田 尚子, 長山 勝, 郡 元治, 松浦 広輿, 山内 英嗣, 大倉 一夫, 日野出 大輔 : 当科におけるブローネマルクインプラントの臨床統計的検討-Osseointegration獲得に関与する因子について-, 第20回日本口腔インプラント学会中国・四国支部総会・学術大会, (巻), (号), (頁), 2000年(0月)..[著者] ...
閲覧 藤澤 健司, 宮本 洋二, 武知 正晃, 桃田 幸弘, 湯淺 哲也, 藤 武智, 増田 尚子, 舘原 誠晃, 長山 勝 : ブローネマルクインプラントの臨床統計学的検討一上部構造装着後のフイクスチャー除去症例について-, 第55回日本口腔科学会総会, (巻), (号), (頁), 2001年(0月)..[著者] ...
閲覧 藤澤 健司, 増田 尚子, 飛梅 悟, 舘原 誠晃, 桃田 幸弘, 林 英司, 鎌田 伸之, 長山 勝 : 下顎骨関節突起骨折の臨床統計的検討, 第3回口腔顎顔面外傷研究会, (巻), (号), (頁), 2001年(0月)..[著者] ...
閲覧 舘原 誠晃, 宮本 洋二, 藤澤 健司, 武知 正晃, 桃田 幸弘, 湯淺 哲也, 増田 尚子, 長山 勝 : インプラント型仮骨延長器による垂直的歯槽骨延長の経験, 第46回(社)日本口腔外科学会総会, (巻), (号), (頁), 2001年(0月)..[著者] ...
閲覧 藤澤 健司, 宮本 洋二, 舘原 誠晃, 武知 正晃, 桃田 幸弘, 湯淺 哲也, 長山 勝, 大倉 一夫, 山内 英嗣, 郡 元治, 松浦 広輿, 坂東 永一, 池田 隆志 : 眼窩エピテーゼの維持源にオッセオインテグレーティツドインプラントを応用した1例, 第21回日本口腔インプラント学会中国・四国支部総会・学術大会, (巻), (号), (頁), 2001年(0月)..[著者] ...
閲覧 Youji Miyamoto, Yukihiro Momota, Masaaki Takechi, Tetsuya Yuasa, Seiko Tatehara, Masaru Nagayama and Kunio Ishikiawa : Effects of Neutral Sodium Hydrogen Phosphate on Setting Property and Hemostatic Ability of Hydroxyapatite Putty as a Local Hemostatic Agent for Bone, 15th International Symposium on Ceramics in Medicine, Vol.240-242, (号), 373-376, Sydney, Dec. 2002..[著者] ...
閲覧 桃田 幸弘, 鎌田 伸之, 久米 景子, 舘原 誠晃, 林 良夫, 長山 勝 : 顎下腺に発症した いわゆるKuttner腫瘍の2例, 四国歯学会雑誌, Vol.16, No.2, 419-423, 2004年..[著者] ...
閲覧 Yukihiro Momota, Youji Miyamoto, Kunio Ishikawa, Masaaki Takechi, Tetsuya Yuasa, Seiko Tatehara and Masaru Nagayama : Effects of neutral sodium hydrogen phosphate on the setting property and hemostatic ability of hydroxyapatite putty as a local hemostatic agent for bone, Journal of Biomedical Materials Research. Part B, Applied Biomaterials, Vol.69B, No.1, 99-103, 2004..[著者] ...
閲覧 湯淺 哲也, 大下 修弘, 鎌田 伸之, 江口 覚, 舘原 誠晃, 里村 一人, 長山 勝 : 顎裂閉鎖術を行った精神発達遅滞患者の 1例, 6th Asian Congress on Oral and Maxillofacial Surgery,第49回日本口腔外科学会総会, 千葉, 2004年10月..[著者] ...
閲覧 桃田 幸弘, 中西 宏彰, 舘原 誠晃, 湯淺 哲也, 高野 栄之, 南口 知穂, 里村 一人, 林 良夫, 長山 勝 : TS-1を投与した舌癌の2例, 第3回中四国口腔癌研究会, (巻), (号), (頁), 2004年10月..[著者] ...
閲覧 Seiko Tatehara, Masaaki Takechi, Yukihiro Momota, Tetsuya Yuasa, Minamiguchi Siho and Masaru Nagayama : Fabrication and characterization of Porous Alginate/Chitosan/Hydroxyapatite(HAP) composite scaffold, The 5th Asian Bio Ceramics Simposium, (巻), (号), (頁), Hokkaido, (month)2005..[著者] ...
閲覧 桃田 幸弘, 宮本 洋二, 石川 邦夫, 武知 正晃, 湯淺 哲也, 舘原 誠晃, 高野 栄之, 南口 知穂, 長山 勝 : 骨止血剤(HAP putty)による血小板凝集能の亢進, 口腔顎顔面外傷, Vol.4, No.1, 24-25, 2005年6月..[著者] ...
閲覧 Kenji Fujisawa, Youji Miyamoto, Eiji Yamauchi, Masaaki Takechi, Yukihiro Momota, Tetsuya Yuasa, Seiko Tatehara and Masaru Nagayama : Immediate functional loading of Branemark system implants: One year clinical follow-up study, International Journal of Oral & Maxillofacial Surgery, Vol.34, No.supplement 1, 129, (都市), Aug. 2005..[著者] ...
閲覧 南口 知穂, 武知 正晃, 湯淺 哲也, 桃田 幸弘, 舘原 誠晃, 高野 栄之, 宮本 洋二, 里村 一人, 長山 勝 : 骨組織再生におけるHAP-PLGA複合体の有用性に関する基礎研究, 第59回日本口腔科学会総会, (巻), (号), (頁), 2005年9月..[著者] ...
閲覧 高野 栄之, 武知 正晃, 舘原 誠晃, 南口 知穂, 桃田 幸弘, 湯淺 哲也, 長山 勝 : オッセオインテグレーションにおけるリセドロネートとヒト塩基性線維芽細胞成長因子の促進効果, 第35回日本口腔インプラント学会総会・学術大会, 2005年9月..[著者] ...
閲覧 舘原 誠晃, 武知 正晃, 桃田 幸弘, 湯淺 哲也, 高野 栄之, 宮本 洋二, 長山 勝 : bFGF合浸Hap-PLGA複合体における骨組織反応について, 第50回(社)日本口腔外科学会総会, (巻), (号), (頁), 2005年9月..[著者] ...
閲覧 Reiko Tokuyama, Kazuhito Satomura, Masaaki Taechi, Tetsuya Yuasa, Keiko Kudoh, Seiko Tatehara, Hideyuki Takano, Hiroaki Nakanishi, Eriko Maeda and Masaru Nagayama : Usefulness of self-drilling type alveolar bone screws form mandibular fractures., 84th IADR, (巻), (号), (頁), Brisbane, (month)2006..[著者] ...
閲覧 山崎 泰文, 里村 一人, 舘原 誠晃, 湯淺 哲也, 工藤 景子, 徳山 麗子, 前田 恵理子, 長山 勝 : 顎下腺管内唾石の成分分析一骨関連非コラーゲン性タンパク質の局在-, 第51回日本口腔外科学会総会, (巻), (号), (頁), 2006年10月..[著者] ...
閲覧 徳山 麗子, 里村 一人, 武知 正晃, 湯淺 哲也, 舘原 誠晃, 工藤 景子, 高野 栄之, 長山 勝 : 矯正牽引装置により治療を行った小児外傷性歯牙陥入の1例, 口腔顎顔面外傷, Vol.5, No.2, 89-92, 2006年..[著者] ...
閲覧 南口 知穂, 武知 正晃, 湯淺 哲也, 桃田 幸弘, 舘原 誠晃, 高野 栄之, 石川 邦夫, 宮本 洋二, 長山 勝 : 低結晶性炭酸アパタイト含有PLGA複合体が多核巨細胞に与える影響, 第60回日本口腔科学会総会, (巻), (号), (頁), 2007年1月..[著者] ...
閲覧 Kazuhito Satomura, Masayuki Kon, Reiko Tokuyama, Tomonari Mayumi, Masaaki Takechi, Tetsuya Yuasa, Seiko Tatehara and Masaru Nagayama : Osteopetrosis complicated by osteomyelitis of the mandible: a case report including characterization of the osteopetrotic bone, International Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Vol.36, No.1, 86-93, 2007..[著者] ...
閲覧 Masaaki Takechi, Youji Miyamoto, Kunio Ishikawa, Yukihiro Momota, Tetsuya Yuasa, Seiko Tatehara, Hideyuki Takano, Shiho Minamiguchi and Masaru Nagayama : Histological evaluation of apatite cement containing atelocollagen, Dental Materials Journal, Vol.26, No.2, 194-200, 2007..[著者] ...
閲覧 徳山 麗子, 工藤 景子, 舘原 誠晃, 高野 栄之, 長山 勝 : 舌骨骨折を伴った顎骨骨折の1例, 口腔顎顔面外傷, Vol.6, No.1, 30, 2007年6月..[著者] ...
閲覧 細川 浩良, 里村 一人, 桃田 幸弘, 工藤 景子, 舘原 誠晃, 徳山 麗子, 高野 栄之, 石丸 直澄, 林 良夫, 長山 勝, 第17回日本口腔粘膜学会 : 口腔白板症の臨床病理学的検討, 第17回日本口腔粘膜学会 2007.7.5∼7.6,東京, (巻), (号), (頁), 2007年7月..[著者] ...
閲覧 (種別) : Shiho Minamiguchi, Masaaki Takechi, Tetsuya Yuasa, Yukihiro Momota, Seiko Tatehara, Hideyuki Takano, Youji Miyamoto, Kazuhito Satomura and Masaru Nagayama : Basic research on aw-AC/PLGA composite scaffolds for bone tissue engineering., Journal of Materials Science. Materials in Medicine, Vol.19, No.3, 1165-1172, (発行所), (都市), Aug. 2007..[著者] ...
閲覧 Kazuhito Satomura, Reiko Tokuyama, Tetsuya Yuasa, Y Yamasaki, Seiko Tatehara, Naozumi Ishimaru, Yoshio Hayashi and Masaru Nagayama : Possible involvement of stem cell factor and endothelin-1 in the emergence of pigmented squamous cell carcinoma in oral mucosa., Journal of Oral Pathology & Medicine, Vol.36, No.10, 621-624, 2007..[著者] ...
閲覧 Masaaki Takechi, Seiko Tatehara, Kazuhito Satomura, Kenji Fujisawa and Masaru Nagayama : Effect of FGF-2 and melatonin on implant bone healing: a histomorphometric study ., Journal of Materials Science. Materials in Medicine, Vol.19, No.8, 2949-2952, 2008..[著者] ...
閲覧 細川 浩良, 里村 一人, 工藤 景子, 舘原 誠晃, 徳山 麗子, 高野 栄之, 石丸 直澄, 林 良夫, 長山 勝 : 頬粘膜に発生した血管筋腫の1例, 日本口腔科学会雑誌, Vol.57, No.3, 348, 2008年7月..[著者] ...
閲覧 工藤 景子, 里村 一人, 細川 浩良, 舘原 誠晃, 徳山 麗子, 長山 勝 : 鼻腔内逆生歯の1例, 日本口腔科学会雑誌, Vol.57, No.3, 352, 2008年7月..[著者] ...
閲覧 細川 浩良, 里村 一人, 工藤 景子, 舘原 誠晃, 徳山 麗子, 高野 栄之, 長山 勝, 石丸 直澄, 林 良夫 : 頬粘膜に発生した血管筋腫の1例, 日本口腔科学会雑誌, Vol.57, No.3, 348, 2008年7月..[著者] ...
閲覧 細川 浩良, 藤澤 健司, 工藤 景子, 舘原 誠晃, 徳山 麗子, 林 良夫, 里村 一人 : 上顎に発生した歯牙エナメル上皮腫の1例, 第53回日本口腔外科学会総会・学術大会(2008.10.20∼10.21徳島), (巻), (号), (頁), 2008年10月..[著者] ...
閲覧 藤澤 健司, 舘原 誠晃, 湯淺 哲也, 桃田 幸弘, 山内 英嗣, 宮本 洋二 : 即時荷重インプラントに関する臨床的検討:3年経過時の臨床成績 ., 日本口腔インプラント学会誌, Vol.21, No.4, 563-569, 2008年..[著者] ...
閲覧 湯淺 哲也, 細川 浩良, 舘原 誠晃, 徳山 麗子, 高野 栄之, 工藤 景子, 藤澤 健司, 里村 一人 : 抜歯後出血を契機に診断された高齢者における先天性血友病Aの1例, 四国歯学会雑誌, Vol.21, No.2, 403-406, 2009年..[著者] ...
閲覧 高野 栄之, 桃田 幸弘, 湯淺 哲也, 舘原 誠晃, 藤澤 健司, 宮本 洋二 : 低結晶性炭酸含有アパタイトの顎骨再建への応用に関する基礎的研究 ウサギ上顎洞内での組織学的検討, 日本口腔インプラント学会誌, Vol.22, (号), 261, 2009年8月..[著者] ...
閲覧 藤澤 健司, 湯淺 哲也, 舘原 誠晃, 桃田 幸弘, 高野 栄之, 山内 英嗣, 宮本 洋二 : 粗面インプラントのオッセオインテグレーション喪失症例の検討, 日本口腔インプラント学会誌, Vol.22, (号), 191, 2009年8月..[著者] ...
閲覧 舘原 誠晃, 宮本 洋二, 永井 宏和, 藤澤 健司, 桃田 幸弘, 湯淺 哲也, 高野 栄之, 福田 雅幸 : 低結晶性炭酸含有アパタイトの顎骨再建への応用に関する基礎的研究 ウサギ大腿骨内での組織学的検討, 日本口腔科学会雑誌, Vol.58, No.4, 223, 2009年9月..[著者] ...
閲覧 舘原 誠晃, 宮本 洋二, 永井 宏和, 藤澤 健司, 桃田 幸弘, 湯淺 哲也, 高野 栄之, 福田 雅幸 : 低結晶性炭酸アパタイトの顎骨再建への応用に関する基礎的研究 骨組織内での長期評価, 日本口腔外科学会雑誌, Vol.55, No.Suppl., 286, 2009年9月..[著者] ...
閲覧 工藤 景子, 藤澤 健司, 松本 文博, 桃田 幸弘, 湯淺 哲也, 舘原 誠晃, 徳山 麗子, 高野 栄之, 細川 浩良, 山村 佳子, 可児 耕一, 里村 一人 : ピロカルピンを用いた口腔リンス療法の有効性 健常者における唾液分泌量変化, 日本口腔外科学会雑誌, Vol.55, No.Suppl., 273, 2009年9月..[著者] ...
閲覧 高野 栄之, 藤澤 健司, 桃田 幸弘, 湯淺 哲也, 舘原 誠晃, 宮本 洋二 : 顎裂への骨移植部に対しインプラントによる補綴を行った3症例, 日本口腔インプラント学会誌, Vol.22, No.2, 206, 2009年9月..[著者] ...
閲覧 舘原 誠晃, 藤澤 健司, 永井 宏和, 重本 修伺, 大倉 一夫, 石丸 直澄, 林 良夫, 宮本 洋二 : 切除からインプラントを維持源としたエピテーゼまで一貫治療を行った上顎洞悪性線維性組織球腫の1例, 四国歯学会雑誌, Vol.22, No.2, 179-183, 2010年..[著者] ...
閲覧 Shigemasa Tomioka, Tatsumi Nagahama, Reiko Tokuyama, Seiko Tatehara and Kazuhito Satomura : Nerve growth factor increases electrical activity of neural cells derived from murine bone marrow stromal cells, Neuroendocrinology Letters, Vol.33, No.2, 177-182, 2012..[著者] ...
閲覧 富岡 重正, 舘原 誠晃, 徳山 麗子, 里村 一人 : 骨髄間葉系幹細胞より分化誘導した幼若神経細胞に対する局所麻酔薬の神経毒性と神経栄養因子による拮抗作用, 日本麻酔科学会第62回学術集会, (巻), (号), (頁), 2015年5月..[著者] ...
閲覧 Susumu Tadokoro, Reiko Tokuyama-Toda, Seiko Tatehara, Shinji Ide, Hirochika Umeki, Keiko Miyoshi, Takafumi Noma and Kazuhito Satomura : A New Induction Method for the Controlled Differentiation of Human-Induced Pluripotent Stem Cells Using Frozen Sections, Cells, Vol.10(11), No.11, 2827, 2021..[著者] ...
閲覧 細川 浩良, 里村 一人, 工藤 景子, 舘原 誠晃, 徳山 麗子, 湯淺 哲也, 高野 栄之, 長山 勝 : 悪性腫瘍を疑った難治性上顎骨骨髄炎の1例, 第36回(社)日本口腔科学会中・四国地方会, (巻), (号), (頁), (年月日)..[著者] ...
閲覧 細川 浩良, 湯淺 哲也, 工藤 景子, 舘原 誠晃, 徳山 麗子, 里村 一人 : 抜歯後出血を契機として診断された血友病Aの1例, 第37回(社)日本口腔外科学会中・四国地方会, (巻), (号), (頁), (年月日)..[著者] ...
閲覧 工藤 景子, 細川 浩良, 藤澤 健司, 舘原 誠晃, 細川 浩良, 里村 一人 : ビスフォスフォネート投与患者にみられたインプラント埋入部顎骨壊死の1例, 第37回(社)日本口腔外科学会中・四国地方会, (巻), (号), (頁), (年月日)..[著者] ...
閲覧 徳山 麗子, 工藤 景子, 舘原 誠晃, 細川 浩良, 高野 栄之, 里村 一人 : 上顎洞内埋伏歯の1例, 第53回日本口腔外科学会総会・学術大会, (巻), (号), (頁), (年月日)..[著者] ...
閲覧 徳山 麗子, 里村 一人, 武知 正晃, 湯淺 哲也, 工藤 景子, 舘原 誠晃, 高野 栄之, 前田 恵利子, 長山 勝 : セルフドリリングタイプ顎間固定用スクリューの有用性に関する臨床的および実験的検討, 第60回日本口腔科学会総会, (巻), (号), (頁), (年月日)..[著者] ...
閲覧 徳山 麗子, 里村 一人, 武知 正晃, 湯淺 哲也, 工藤 景子, 舘原 誠晃, 高野 栄之, 長山 勝 : 矯正牽引装置により治療を行った小児外傷性歯牙埋入の1例., 第8回日本口腔顎顎面外傷学会総会・学術大会, (巻), (号), (頁), (年月日)..[著者] ...
閲覧 Shiho Minamiguchi, Masaaki Takechi, Tetsuya Yuasa, Yukihiro Momota, Seiko Tatehara, Hideyuki Takano, Youji Miyamoto, Kazuhito Satomura and Masaru Nagayama : A basic research on hydroxyapatite-poly(D L-lactide-co glycolic acid)composite scaffolds for bone tissue engineering, The 5th Asian Bio Ceramics Simposium, (巻), (号), (頁), (都市), (年月日)..[著者] ...
閲覧 湯淺 哲也, 宮本 洋二, 中西 宏彰, 藤澤 健司, 舘原 誠晃, 瀧 雅行, 長山 勝 : 顔面多発骨折の変形治癒に対し顎矯正手術・骨移植術により咀嚼,審美障害の改善を認めた1例, 第6回日本口腔顎顔面外傷学会, (巻), (号), (頁), (年月日)..[著者] ...
閲覧 藤澤 健司, 宮本 洋二, 日比 弓紀子, 武知 正晃, 湯淺 哲也, 桃田 幸弘, 舘原 誠晃, 長山 勝 : 水平的歯槽骨延長を行いインプラントを埋入した1例, 第34回日本口腔インプラント学会総会, (巻), (号), (頁), (年月日)..[著者] ...
閲覧 湯淺 哲也, 宮本 洋二, 武知 正晃, 桃田 幸弘, 舘原 誠晃, 長山 勝, 今 政幸 : カルシウム溶液処理による表面改質チタンが培養骨芽細胞に及ぼす影響, 第57回日本口腔科学会総会, (巻), (号), (頁), (年月日)..[著者] ...
閲覧 宮本 洋二, 藤澤 健司, 舘原 誠晃, 桃田 幸弘, 湯淺 哲也, 長山 勝 : ブローネマルクシステムを使用した即時荷重インプラントの13例, 第57回日本口腔科学会総会, (巻), (号), (頁), (年月日)..[著者] ...
閲覧 Seiko Tatehara, Youji Miyamoto, Masaaki Takechi, Yukihiro Momota, Tetsuya Yuasa and Masaru Nagayama : Effect of locally applied basic firoblast growth factor on distraction osteogenesis in ovadectomized rats, 16th Intemational Conference on Oral and Maxillofacial Surgery(ICOMS), (巻), (号), (頁), Athens, (年月日)..[著者] ...
閲覧 Youji Miyamoto, Seiko Tatehara, Tetsuya Yuasa, Hiroaki Nakanishi, Kenji Fujisawa and Masaru Nagayama : Measurement of the Zygomatic bone and pilot hole technique for safer installation of zygomatic implant, 16th International Conference on Oral and Maxillofacial Surgery(ICOMS), (巻), (号), (頁), Athens, (年月日)..[著者] ...
閲覧 日比 弓紀子, 宮本 洋二, 藤澤 健司, 桃田 幸弘, 湯淺 哲也, 舘原 誠晃, 住友 孝史, 長山 勝 : インプラント安定性評価における共鳴振動周波数分析装置(Osstell)の信頼性一ペリオテストとの比較-, 第33回日本口腔インプラント学会総会, (巻), (号), (頁), (年月日)..[著者] ...
閲覧 Seiko Tatehara, Youji Miyamoto, Tetsuya Yuasa, Masaaki Takechi, Masaru Nagayama, Masayuki Kon and Kunio Ishikawa : Mechanism for promotion of the differentiation of human cultured osteoblasts by calciumphosphate ceramics, 3rd Asian BioCeramic Symposium(ABC 2003)in conjunction with Hard-Tissue Nano-Biomaterials Symposium 2003, (巻), (号), (頁), Fukuoka, (年月日)..[著者] ...
閲覧 舘原 誠晃, 宮本 洋二, 武知 正晃, 桃田 幸弘, 湯淺 哲也, 長山 勝 : 骨粗鬆症ラットの仮骨延長に関する実験的研究, 第56回日本口腔科学会総会, (巻), (号), (頁), (年月日)..[著者] ...
閲覧 藤澤 健司, 宮本 洋二, 湯淺 哲也, 桃田 幸弘, 武知 正晃, 舘原 誠晃, 長山 勝, 山内 英嗣 : 頬骨インプラント埋入のための頬骨の計測およびpilot hole techniqueの考案, 第32回日本口腔インプラント学会, (巻), (号), (頁), (年月日)..[著者] ...
閲覧 宮本 洋二, 藤澤 健司, 舘原 誠晃, 武知 正晃, 桃田 幸弘, 湯淺 哲也, 長山 勝, 山内 英嗣, 日野出 大輔 : ブローネマルクインプラントを使用した即時荷重インプラントの経験, 第47回日本口腔外科学会, (巻), (号), (頁), (年月日)..[著者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 0.72, Max(EID) = 409309, Max(EOID) = 1109010.