『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

OWN=閲覧 宮脇 克行 ([徳島大学.バイオイノベーション研究所]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.生物生産システム講座])

登録情報の数

有効な情報: 26件 + 無効な情報: 2件 = 全ての情報: 28件

全ての有効な情報 (26件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(1)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(1)
閲覧 (未定義) …(17)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 Yoshiko Inoue, Katsuyuki Miyawaki, Taiki Terasawa, Kyoko Matsushima, Yohei Shinmyo, Nao Niwa, Taro Mito, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji : Expression patterns of dachshund during head development of Gryllus bimaculatus (cricket), Gene Expression Patterns, Vol.4, No.6, 725-731, 2004. ...
閲覧 宮脇 克行, 井上 寛, 板倉 光夫 : メタボリックシンドローム-病因解明と予防・治療の最新戦略-, --- VI.予防・治療・管理 治療法開発の今後の展望 「メタボリックシンドロームの遺伝子治療」 ---, 日本臨床 増刊号, Vol.64, (号), 702-706, 2006年(0月). ...
閲覧 佐藤 綾, 山下 裕紀子, 宮脇 克行, 井上 寛, 板倉 光夫 : 膵β細胞にCDK4を過剰発現させたdb/dbトランスジェニックマウスの解析, 日本糖尿病学会中国四国地方会第44回総会, (巻), (号), (頁), 2006年(0月). ...
閲覧 宮脇 克行, 佐藤 綾, 山下 裕紀子, 井上 寛, 板倉 光夫 : 常時活性型Cdk4を発現する2型糖尿病マウス(db/dbマウス)における膵β細胞増殖による高血糖改善効果とその限界, 第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会合同大会, (巻), (号), (頁), 2007年(0月). ...
閲覧 Kuniko Mizuta, Satoshi Tsutsumi, Hiroshi Inoue, Yukiko Yamashita, Katsutoshi Miyatake, Katsuyuki Miyawaki, Sumihare Noji, Nobuyuki Kamata and Mitsuo Itakura : Molecular characterization of GDD1/TMEM16E, the gene product responsible for autosomal dominant gnathodiaphyseal dysplasia., Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.357, No.1, 126-132, 2007. ...
閲覧 Yukiko Yamashita, Hiroshi Inoue, Keshavarz Parvaneh, Katsuyuki Miyawaki, Yuka Yamaguchi, Maki Moritani, Kiyoshi Kunika, Naoto Nakamura, Toshikazu Yoshikawa, Natsuo Yasui, Hiroshi Shiota, Toshihito Tanahashi and Mitsuo Itakura : SNPs in the KCNJ11-ABCC8 gene locus are associated with type 2 diabetes and blood pressure levels in the Japanese population., Journal of Human Genetics, Vol.52, No.10, 781-793, 2007. ...
閲覧 森谷 眞紀, 山口 裕加, 藤田 由香, 棚橋 俊仁, 国香 清, 宮脇 克行, 岩田 武男, 井上 寛, 板倉 光夫 : 3番染色体短腕の関連解析探索により見出した日本人2型糖尿病疾患感受性ENDOGL1遺伝子の機能解析, 第51回日本糖尿病学会年次学術集会, (巻), (号), (頁), 2008年(0月). ...
閲覧 Toshihito Tanahashi, Keiko Shinohara, Parvaneh Keshavarz, Yuka Yamaguchi, Katsuyuki Miyawaki, Kiyoshi Kunika, Maki Moritani, Naoto Nakamura, Toshikazu Yoshikawa, Hiroshi Shiota, Hiroshi Inoue and Mitsuo Itakura : The association of genetic variants in Krüppel-like factor 11 and Type 2 diabetes in the Japanese population., Diabetic Medicine, Vol.25, No.1, 19-26, 2008. ...
閲覧 Katsuyuki Miyawaki, Hiroshi Inoue, Parvaneh Keshavarz, Kuniko Mizuta, Aya Sato, Yukiko Yamashita, Maki Moritani, Kiyoshi Kunika, Toshihito Tanahashi and Mitsuo Itakura : Transgenic expression of a mutated cyclin-dependent kinase 4 (CDK4/R24C) in pancreatic beta-cells prevents progression of diabetes in db/db mice., Diabetes Research and Clinical Practice, Vol.82, No.1, 33-41, 2008. ...
閲覧 Katsuyuki Miyawaki, Taro Mito, Taro Nakamura, Tetsuya Bando, Kimio Tanaka, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji : Involvement of the Hedgehog/Engrailed signaling in regeneration of the posterior structures in the amputated leg of the cricket Gryllus bimaculatus, The 16th international society of developmental biologist congress, エジンバラ(イギリス), Sep. 2009. ...
閲覧 宮脇 克行, 浜岡 宏和, 角村 寧子, 三戸 太郎, 野地 澄晴 : LEDを利用したイチゴの生長と着色の促進法の開発, 日本生物環境工学会, 2012年9月. ...
閲覧 Y Kadomura-Ishikawa, Katsuyuki Miyawaki, Sumihare Noji and Akira Takahashi : Phototropin 2 is involved in blue light-induced anthocyanin accumulation in Fragaria x ananassa fruits, Journal of Plant Research, Vol.126, No.6, 847-857, 2013. ...
閲覧 平田 翔悟, 上田 梨紗, 渡辺 崇人, 宮脇 克行, 三戸 太郎, 野地 澄晴 : Transcription Activator-Like Effector NucleasesによるIAA9ノックアウトトマト作製の試み, 第36回日本分子生物学会, 2013年12月. ...
閲覧 Qing-Ri Jin, Yukiko Bandou, Katsuyuki Miyawaki, Yosuke Shikama, Chisato Kosugi, Nanako Aki, Makoto Funaki and Sumihare Noji : Correlation of fibroblast growth factor 21 serum levels with metabolic parameters in Japanese subjects, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.61, No.1.2, 28-34, 2014. ...
閲覧 宮脇 克行, 平田 翔悟, 石川 寧子, 三戸 太郎, 刑部 敬史, 野地 澄晴 : アグロインフィルトレーション法を用いたF3'5'H過剰発現によるイチゴ花托の着色への影響, 第32回日本植物細胞分子生物学会, 2014年8月. ...
閲覧 Katsuyuki Miyawaki, Sumihare Noji and Noriho Kamiya : Transglutaminase-mediated in situ hybridization (TransISH) for mRNA detection in mammalian tissues, (発行所), (都市), Jan. 2015. ...
閲覧 Katsuyuki Miyawaki, Yasuko Kadomura-Ishikawa, Keishi Osakabe and Sumihare Noji : Functional analyses of R2R3 MYB transcription factors in anthocyanin biosynthesis pathway of the strawberry, 第56回日本植物生理学会, March 2015. ...
閲覧 Y Kadomura-Ishikawa, Katsuyuki Miyawaki, Akira Takahashi, Toshiya Masuda and Sumihare Noji : Light and abscisic acid independently regulated FaMYB10 in Fragaria x ananassa fruit, Planta, Vol.241, No.4, 953-965, 2015. ...
閲覧 宮脇 克行, 常冨 愛香里, 後藤 茉凜, 正村 彰規, 髙橋 章, 野地 澄晴 : 完全人工光型植物工場におけるイチゴ苗大量生産システムの開発, 園芸学会, 2015年9月. ...
閲覧 Katsuyuki Miyawaki : Disinfection system using UV light-emitting diodes~plant growth control by LED~, 宇宙栄養研究センター設立記念シンポジウム, (都市), Nov. 2018. ...
閲覧 宮脇 克行, 扶川 侑以, 川那辺 純一, 矢住 京, 松岡 洋平, 又賀 駿太郎, 礒部 信一郎 : 新規蛍光色素Fluolidを用いた蛍光in situ hybridization法の開発, 第41回 日本分子生物学会年会, 2018年11月. ...
閲覧 宮脇 克行 : 植物工場における循環式水耕栽培の殺菌, 第11回日本カンピロバクター研究会総会, 2018年12月. ...
閲覧 宮脇 克行 : UVA-LEDを用いた植物工場の循環養液の殺菌方法について, 平成30年度LED応用技術セミナー, 2019年2月. ...
閲覧 中井 綾, 村井 恒治, 田中 昭人, 近藤 宏, 渡邊 杉菜, 上番増 明子, 渡辺 崇人, 宮脇 克行 : LED植物工場を活用した藍の生育と二次代謝物質生産の制御, LED総合フォーラム2019 in徳島, 63-64, 2019年2月. ...
閲覧 Aya Nakai, Akihito Tanaka, Hitoshi Yoshihara, Koji Murai, Takahito Watanabe and Katsuyuki Miyawaki : Blue LED light promotes indican accumulation and flowering in indigo plant, Polygonum tinctorium, Industrial Crops and Products, Vol.155, 112774, 2020. ...
閲覧 (種別) : 宮脇 克行, 牧野 美鈴, 中橋 睦美, 髙橋 章 : UVA-LEDを用いた植物工場の水耕栽培における養液殺菌の検討, LED総合フォーラム, (巻), (号), (頁), (発行所), (都市), (年月日). ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

無効な情報 (2件)

閲覧 Katsuyuki Miyawaki, Taro Mito, Isao Sarashina, Hongjie Zhang, Yohei Shinmyo, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji : Involvement of Wingless/Armadillo signaling in the posterior sequential segmentation in the cricket, Gryllus bimaculatus (Orthoptera), as revealed by RNAi analysis, Mechanisms of Development, Vol.121, No.2, 119-130, 2004.
閲覧 Katsuyuki Miyawaki, Hiroshi Inoue, Parvaneh Keshavarz, Kuniko Mizuta, Aya Sato, Yukiko Yamashita, Maki Moritani, Kiyoshi Kunika, Toshihito Tanahashi and Mitsuo Itakura : Transgenic expression of a mutated cyclin-dependent kinase 4 (CDK4/R24C) in pancreatic beta-cells prevents progression of diabetes in db/db mice., Diabetes Research and Clinical Practice, Vol.82, No.1, 33-41, 2008.

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 2, LA = 0.92, Max(EID) = 383325, Max(EOID) = 1024599.