『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

OWN=閲覧 粟飯原 賢一 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.連携研究部門(医学域).寄附講座系(医学域).実践地域診療・医科学])

登録情報の数

有効な情報: 211件 + 無効な情報: 10件 = 全ての情報: 221件

全ての有効な情報 (211件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 (未定義) …(210)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 粟飯原 賢一 : 医原性の嚥下性肺炎を来した2例, 第19回日本集中治療医学会学術集会, (巻), (号), (頁), 1992年2月. ...
閲覧 粟飯原 賢一, 宮田 雅代, 金崎 淑子, 加藤 修司, 玉木 康民, 木村 成昭, 武市 俊彰, 藤本 浩史, 増田 和彦, 白神 〓, 千葉 仁志 : インスリン非依存性糖尿病を合併したコレステリルエステル転送蛋白完全欠損症の1例, 第74回日本内科学会四国地方会, 1996年6月. ...
閲覧 粟飯原 賢一, 宮田 雅代, 金崎 淑子, 加藤 修司, 玉木 康民, 木村 成昭, 武市 俊彰, 藤本 浩史, 増田 和彦, 白神 〓, 千葉 仁志 : インスリン非依存性糖尿病を合併したコレステリルエステル転送蛋白完全欠損症の1例, 日本内科学会雑誌, Vol.86, No.7, 1251-1253, 1997年. ...
閲覧 金川 泰彦, 重清 俊雄, 粟飯原 賢一, 松山 まどか, 香川 礼香, 宮本 和正, 井内 貴彦, 赤池 雅史, 東 博之, 松本 俊夫 : 先天性ヘパリンコファクターII(HCII)欠乏症1家系の遺伝子解析, 第20回日本血栓止血学会学術集会, Vol.9, No.4, 315, 1998年11月. ...
閲覧 赤池 雅史, 金川 泰彦, 香川 礼香, 吉田 智則, 粟飯原 賢一, 東 博之, 松本 俊夫, 松本 和也 : 高Lp(a)血症に及ぼすaspirinの影響 Lp(a)アイソフォーム解析を用いた検討, 日本内科学会雑誌, Vol.88, 139, 1999年(0月). ...
閲覧 赤池 雅史, 東 博之, 松本 和也, 林 郁郎, 田村 克也, 西内 健, 香川 礼香, 金川 泰彦, 粟飯原 賢一, 井内 貴彦 : 血中リポ蛋白(a)濃度に及ぼすアスピリンの影響 アポ蛋白(a)アイソフォームとの関連, 日本内分泌学会雑誌, Vol.75, No.1, 175, 1999年(0月). ...
閲覧 赤池 雅史, 東 博之, 香川 礼香, 金川 泰彦, 粟飯原 賢一, 井内 貴彦, 高森 信行, 吉田 智則, 松本 俊夫, 松本 和也 : 高リポ蛋白(a)血症に及ぼすaspirinの影響 アポリポ蛋白(a)アイソフォームとの関連, 四国医学雑誌, Vol.55, No.2, 82, 1999年(0月). ...
閲覧 赤池 雅史, 井内 貴彦, 高森 信行, 粟飯原 賢一, 吉田 智則, 金川 泰彦, 遠藤 逸朗, 三ツ井 貴夫, 東 博之, 重清 俊雄 : 先天性ヘパリンコファクターII(HC II)欠乏症でみられた多発性動脈病変 動脈硬化症の進展におけるHCIIの臨床的意義の検討, Japanese Circulation Journal, Vol.63, No.Suppl.I, 645, 1999年(0月). ...
閲覧 赤池 雅史, 東 博之, 高森 信行, 松本 和也, 林 郁郎, 田村 克也, 西内 健, 粟飯原 賢一, 金川 泰彦, 井内 貴彦 : 高リポ蛋白(a)血症に及ぼすアスピリンの影響 アポリポ蛋白(a)アイソフォームとの関連, 動脈硬化, Vol.26, No.8, 137, 1999年(0月). ...
閲覧 赤池 雅史, 井内 貴彦, 高森 信行, 粟飯原 賢一, 吉田 智則, 金川 泰彦, 遠藤 逸朗, 三ツ井 貴夫, 東 博之, 重清 俊雄, 松本 俊夫 : 先天性ヘパリンコファクターII(HC II)欠乏症でみられた多発性動脈病変 : 動脈硬化症の進展におけるHCIIの臨床的意義の検討, 第63回日本循環器学会学術集会, Vol.63, No.1, 645, 1999年3月. ...
閲覧 金川 泰彦, 粟飯原 賢一, 高森 信行, 吉田 智則, 井内 貴彦, 赤池 雅史, 重清 俊雄, 東 博之, 松本 俊夫 : Pro443からLeuへの変異を有する先天性ヘパリンコファクター(HC)II欠乏症の分子機構の解明, 第21回日本血栓止血学会学術集会, Vol.10, No.5, 355, 1999年11月. ...
閲覧 高森 信行, 橋詰 俊二, 金川 泰彦, 粟飯原 賢一, 吉田 智則, 井内 貴彦, 赤池 雅史, 東 博之, 松本 俊夫 : ヘパリンコファクターIIと動脈硬化発症の関連性, 第21回日本血栓止血学会学術集会, Vol.10, No.5, 393, 1999年11月. ...
閲覧 赤池 雅史, 東 博之, 香川 礼香, 井内 貴彦, 藤村 光則, 橋詰 俊二, 高森 信行, 吉田 智則, 粟飯原 賢一, 金川 泰彦, 松本 俊夫, 松本 和也, 林 郁郎, 田村 克也, 西内 健 : 血中リポ蛋白(a)濃度に及ぼすアスピリンの影響 : アポリポ蛋白(a)アイソフォーム解析を用いた検討, 第64回日本循環器学会学術集会, Vol.64, No.0, 427, 2000年3月. ...
閲覧 高森 信行, 橋詰 俊二, 加藤 みどり, 吉田 智則, 粟飯原 賢一, 松山 まどか, 石川 カズ江, 藤村 光則, 金川 泰彦, 赤池 雅史 : ヘパリンコファクターIIと動脈硬化発症との関連性 甲状腺機能異常症患者での解析, 第22回日本血栓止血学会学術集会, Vol.11, No.5, 485, 2000年11月. ...
閲覧 Yasuhiko Kanagawa, Toshio Shigekiyo, Ken-ichi Aihara, Masashi Akaike, Hiroyuki Azuma and Toshio Matsumoto : Molecular mechanism of type I congenital heparin cofactor (HC) II deficiency caused by a missense mutation at reactive P2 site: HC II Tokushima, Thrombosis and Haemostasis, Vol.85, No.1, 101-107, 2001. ...
閲覧 前田 朝美, 杉浦 ちとせ, 田中 英世, 粟飯原 賢一, 江夏 偉育, 児島 俊也, 合地 研吾 : 高力価第VIII因子インヒビターを認め,プロトロンビン複合体製剤とプレドニゾロン投与で緩解を得た高齢非血友病の一例, 第496回日本内科学会関東地方会, (巻), (号), 20, 2001年12月. ...
閲覧 吉村 公宏, 粟飯原 賢一, 山田 高嗣, 佐藤 隆史, Metzger Daniel, Chambon Pierre, 加藤 茂明 : ビタミンA・Dレセプター(RAR・VDR)の生体内クロストークの解析, ビタミン, Vol.76, No.3, 156-157, 2002年. ...
閲覧 Ken-ichi Aihara, Masashi Akaike, Hiroyuki Azuma, Toshio Matsumoto, Michiko Yamashita, Yoshimura Kimihiro and Imagawa Jun-ichi : Elevated blood pressure with a cardiovascular remodeling in mice lacking vitamin D receptor, 第66回日本循環器学会総会・学術集会, April 2002. ...
閲覧 Yuko Nakamichi, Chisa Shukunami, Takashi Yamada, Ken-ichi Aihara, Hirotaka Kawano, Takashi Sato, Yuriko Nishizaki, Yoko Yamamoto, Masayo Shindo, Kimihiro Yoshimura, Takashi Nakamura, Naoyuki Takahashi, Hiroshi Kawaguchi, Yuji Hiraki and Shigeaki Kato : Chondromodulin I is a bone remodeling factor, Molecular and Cellular Biology, Vol.23, No.2, 636-644, 2003. ...
閲覧 Ken-ichi Aihara, Hiroyuki Azuma, Masashi Akaike, Yasumasa Ikeda, Fujimura Mitsunori, Sudo Toshiki, Hayashi Hideki, Yamada Yoshihisa, Yoshida Tomonori, Yamaguchi Hiroshi, Hashizume Shunji, Kato Midori and Toshio Matsumoto : Vitamin D/Vitamin D Receptor System Regulates Antithrombogenicity in vivo, 第68回日本循環器学会総会学術集会, March 2003. ...
閲覧 佐藤 隆史, 河野 博隆, 松本 高広, 関根 圭輔, 福田 亨, 渡辺 資之, 粟飯原 賢一, 山田 高嗣, 山本 陽子, 中道 裕子, 新道 真代, 川口 浩, 加藤 茂明 : 雌雄アンドロゲン受容体遺伝子欠損マウスの作出と解析, ホルモンと臨床, Vol.51, (号), 238-242, 2003年. ...
閲覧 山本 陽子, 吉澤 達也, 福田 亨, 関根 圭輔, 佐藤 隆史, 河野 博隆, 粟飯原 賢一, 渡辺 資之, 新道 真代, 中村 貴, 加藤 茂明 : 組織特異的VDRKOマウスの作出と解析, ホルモンと臨床, Vol.51, (号), 202-207, 2003年. ...
閲覧 Ken-ichi Aihara, Takamori Nobuyuki, Yasuhiko Kanagawa, Masashi Akaike, Fujimura Mitsunori, Yoshida Tomonori, Hashizume Shunji, Kato Midori, Yasumasa Ikeda, Hiroyuki Azuma and Toshio Matsumoto : Heparin cofactor II is inversely related to the severity of carotid atherosclerosis, American Heart Association, Scientific Sessions 2003 Orland Florida USA, (巻), (号), (都市), Nov. 2003. ...
閲覧 粟飯原 賢一, 東 博之, 赤池 雅史, 藤村 光則, 吉田 智則, 橋詰 俊二, 加藤 みどり, 山口 普史, 池田 康将, 加藤 茂明, 松本 俊夫 : ビタミンD-ビタミンD受容体システムは生体における血液凝固調節因子である, 第25回日本血栓止血学会学術集会, Vol.14, No.5, 420, 2003年. ...
閲覧 粟飯原 賢一, 東 博之, 赤池 雅史, 高森 信行, 金川 泰彦, 藤村 光則, 吉田 智則, 橋詰 俊二, 加藤 みどり, 山口 普史, 池田 康将, 加藤 修司, 荒瀬 友子, 近藤 彰, 松本 俊夫 : ヘパリンコファクターIIは高齢者における新規動脈硬化抑制因子である, 第25回日本血栓止血学会学術集会, Vol.14, No.5, 439, 2003年11月. ...
閲覧 山口 普史, 池田 康将, 橋詰 俊二, 加藤 みどり, 吉田 智則, 藤村 光則, 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 東 博之, 松本 俊夫 : 遺伝性出血性末梢血管拡張症9家系における臨床病型と遺伝子変異に関する解析, 第25回日本血栓止血学会学術集会, Vol.14, No.5, 456, 2003年11月. ...
閲覧 粟飯原 賢一, 高森 信行, 金川 泰彦, 藤村 光則, 加藤 みどり, 橋詰 俊二, 池田 康将, 田村 克也, 近藤 彰, 赤池 雅史, 東 博之, 松本 俊夫 : ヘパリンコファクターIIの動脈硬化抑制作用に関する臨床的検討, 第41回日本臨床分子医学会学術総会, (巻), (号), 55, 2004年(0月). ...
閲覧 橋詰 俊二, 池田 康将, 加藤 みどり, 山口 普史, 吉田 智則, 藤村 光則, 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 東 博之, 松本 俊夫 : 核内受容体PPARαの活性化は巨核球/血小板内PDGF-BBの産生を抑制する, 第36回日本動脈硬化学会総会, (巻), (号), 196, 2004年(0月). ...
閲覧 Nobuyuki Takamori, Hiroyuki Azuma, Midori Kato, Shunji Hashizume, Ken-ichi Aihara, Masashi Akaike, Katsuya Tamura and Toshio Matsumoto : High plasma heparin cofactor II activity is associated with reduced incidence of in-stent restenosis after percutaneous coronary intervention, Circulation, Vol.109, No.4, 481-486, 2004. ...
閲覧 池田 康将, 山口 普史, 七條 加奈, 森岡 将臣, 加藤 みどり, 橋詰 俊二, 吉田 智則, 藤村 光則, 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 東 博之, 松本 俊夫, 木村 建彦, 西内 健 : Torsade de pointesを合併した汎下垂体機能低下症の一例, 第83回日本循環器学会中国・四国合同地方会, Vol.68, No.0, 828, 2004年4月. ...
閲覧 山口 普史, 七條 加奈, 松下 隆哉, 池田 康将, 森岡 将臣, 加藤 みどり, 橋詰 俊二, 藤村 光則, 吉田 智則, 粟飯原 賢一, 井上 大輔, 赤池 雅史, 東 博之, 松本 俊夫 : 拡張型心筋症様病態を呈したCushing病の一例, 第83回日本循環器学会中国・四国合同地方会, Vol.68, No.0, 828, 2004年4月. ...
閲覧 池田 康将, 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 森岡 将臣, 加藤 みどり, 橋詰 俊二, 山口 普史, 藤村 光則, 吉田 智則, 東 博之, 加藤 茂明, 松本 俊夫 : アンドロゲン-アンドロゲン受容体システムは生体における心筋肥大及び心筋線維化の調節因子である, 第77回日本内分泌学会学術総会, Vol.80, No.1, 96, 2004年6月. ...
閲覧 粟飯原 賢一, 東 博之, 赤池 雅史, 藤村 光則, 吉田 智則, 橋詰 俊二, 加藤 みどり, 池田 康将, 周藤 俊樹, 加藤 茂明, 松本 俊夫 : ビタミンD-ビタミンD受容体システムによる血液凝固調節作用の解析, 第77回日本内分泌学会学術総会, Vol.80, No.1, 138, 2004年6月. ...
閲覧 荒瀬 友子, 近藤 彰, 谷田 典子, 富永 恵美子, 土井 大介, 加藤 修司, 川井 尚臣, 粟飯原 賢一, 大蔵 雅夫, 桜井 えつ, 田中 恵子 : 「ホスピス徳島」における末期癌患者の傍腫瘍性神経症候群の発症頻度とその臨床的意義, 四国医学雑誌, Vol.60, No.3, 94-98, 2004年. ...
閲覧 粟飯原 賢一, 東 博之, 赤池 雅史, 池田 康将, 藤村 光則, 橋詰 俊二, 八木 秀介, 加藤 茂明, 松本 俊夫 : ヘパリンコファクターII欠乏マウスにおける 血管リモデリング異常の解析, 第27回日本血栓止血学会学術集会, 2004年11月. ...
閲覧 山口 普史, 池田 康将, 藤村 光則, 森岡 将臣, 橋詰 俊二, 加藤 みどり, 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 東 博之, 松本 俊夫, 稲山 真美, 埴淵 昌毅 : アミオダロン肺合併症との鑑別を要したマイコプラズマ肺炎合併拡張型心筋症の1例, Progress in Medicine, Vol.25, No.Suppl.1, 1552-1556, 2005年. ...
閲覧 池田 康将, 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 藤村 光則, 八木 秀介, 橋詰 俊二, 東 博之, 加藤 茂明, 松本 俊夫 : アンドロゲン-アンドロゲン受容体系は生体の心筋防御機構である, 第42回日本臨床分子医学会学術総会, (巻), (号), 78, 2005年(0月). ...
閲覧 Tomonori Yoshida, Hiroyuki Azuma, Ken-ichi Aihara, Mitsunori Fujimura, Masashi Akaike, Takao Mitsui and Toshio Matsumoto : Vascular smooth muscle cell proliferation is dependent upon upregulation of mitochondrial transcription factor A (mtTFA) expression in injured rat carotid artery, Atherosclerosis, Vol.178, No.1, 39-47, 2005. ...
閲覧 Ken-ichi Aihara, Masashi Akaike, Yasumasa Ikeda, Shusuke Yagi and Toshio Matsumoto : Arterial Cuff Injury Causes Enhanced Neointimal Formation and Increased Adventitial Area in Heterozygous Heparin Cofactor II Deficient Mice, 第69回日本循環器学会総会・学術集会, (頁), March 2005. ...
閲覧 Ken-ichi Aihara, Masashi Akaike, Yasumasa Ikeda, Kato Midori, Fujimura Mitsunori, Hashizume Shunji, Shusuke Yagi, Hiroyuki Azuma and Toshio Matsumoto : Angiotensin II Antagonist Valsartan Ameliorates Nitric Oxide Bioavailability and Arterial Stiffness Accompanied with The Reduction of Blood Pressure and Pulse Pressure in Elderly Hypertensives, 第69回日本循環器学会総会・学術集会, (巻), (号), (頁), March 2005. ...
閲覧 粟飯原 賢一, 東 博之, 赤池 雅史, 黒部 裕嗣, 藤村 光則, 八木 秀介, 橋詰 俊二, 池田 康将, 北川 哲也, 松本 俊夫 : ヘパリンコファクターIIは末梢動脈閉塞性病変進展に対する新規抑制因子である, 第102回日本内科学会総会・講演会, Vol.94, No.Suppl., 228, 2005年4月. ...
閲覧 Ken-ichi Aihara, Hiroyuki Azuma, Masashi Akaike, Masataka Sata, Fujimura MItsunori, Hashizume Shunji, Yasumasa Ikeda, Shusuke Yagi, Kawano Hirotaka, Yamada Takashi, Fukuda Tohru, Sekine Keisuke, Sato Takashi, Nakamichi Yuko, Yamamoto Yoko, Yoshimura Kimihiro, Watanabe Tomoyuki, Nakamura Takashi, Ohmizu Akira, Tsukada Minoru, Shigeaki Kato and Toshio Matsumoto : Heparin cofactor II is required for fetal development and attenuates cuff-injured vascular remodeling in mice, The 37th Japan Atherosclerosis Society Annual Meeting, (号), July 2005. ...
閲覧 八木 秀介, 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 池田 康将, 岩瀬 俊, 橋詰 俊二, 藤村 光則, 東 博之, 松本 俊夫 : Pitavastatinは,Angiotensin IIによるマウス冠動脈および心筋リモデリングを抑制する, 第78回日本内分泌学会総会学術集会, Vol.81, No.2, 564, 2005年7月. ...
閲覧 池田 康将, 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 橋詰 俊二, 藤村 光則, 東 博之, 加藤 茂明, 松本 俊夫 : アンドロゲン-アンドロゲン受容体システムはドキソルビシンによる心筋酸化ストレスに対して防御的に作用する, 第78回日本内分泌学会総会学術集会, Vol.81, No.2, 548, 2005年7月. ...
閲覧 粟飯原 賢一, 三原 正朋, 池田 康将, 八木 秀介, 藤村 光則, 橋詰 俊二, 松下 隆哉, 赤池 雅史, 東 博之, 松本 俊夫 : トロンビン作用の阻害は2型糖尿病モデルdb/dbマウスのインスリン抵抗性を改善する, 第78回日本内分泌学会総会学術集会, Vol.81, No.1, 190, 2005年7月. ...
閲覧 粟飯原 賢一, 東 博之, 赤池 雅史, 池田 康将, 藤村 光則, 橋詰 俊二, 大水 正章, 塚田 稔, 加藤 茂明, 松本 俊夫 : 新規血管リモデリング抑制因子ヘパリンコファクターIIの分子生物学的解析, 第37回日本動脈硬化学会総会, (巻), (号), 233, 2005年7月. ...
閲覧 八木 秀介, 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 藤村 光則, 池田 康将, 橋詰 俊二, 東 博之, 松本 俊夫 : Pitavastatinは,Angiotensin IIによるマウス冠動脈リモデリングを抑制する, 第37回日本動脈硬化学会総会, (巻), (号), 232, 2005年7月. ...
閲覧 粟飯原 賢一, 東 博之, 赤池 雅史, 黒部 裕嗣, 佐田 政隆, 池田 康将, 藤村 光則, 橋詰 俊二, 岩瀬 俊, 八木 秀介, 大水 章正, 塚田 稔, 北川 哲也, 加藤 茂明, 松本 俊夫 : 新規血管リモデリング抑制因子 ヘパリンコファクターIIの臨床 および分子生物学的解析, 第13回日本血管生物医学会, (頁), 2005年10月. ...
閲覧 粟飯原 賢一 : ビタミンD受容体を介した生体内血液凝固制御機構の解析, 平成17年度 日本血栓止血学会学術奨励賞受賞講演, Vol.16, No.5, 473, 2005年10月. ...
閲覧 粟飯原 賢一, 東 博之, 赤池 雅史, 黒部 裕嗣, 藤村 光則, 八木 秀介, 橋詰 俊二, 池田 康将, 岩瀬 俊, 北川 哲也, 松本 俊夫 : ヘパリンコファクターIIは末梢動脈閉塞症に対する独立した防御因子である, 第28回日本血栓止血学会学術集会, (巻), (号), (頁), 2005年11月. ...
閲覧 Takamori Nobuyuki, Masashi Akaike, Ken-ichi Aihara, Hirono Akira, Yamaguchi Hiroshi, Hiroyuki Azuma, Tamura Katsuya and Toshio Matsumoto : Plasma Heparin Cofactor II Activities Predict Cardiovascular Risk in Patients with Coronary Heart Disease, American Heart Associations Scientific Sessions 2005, Dallas, USA, (都市), Nov. 2005. ...
閲覧 粟飯原 賢一, 池田 康将, 松本 俊夫 : 【慢性心不全の分子機構 新しい治療戦略を求めて】 性ステロイドと心保護作用, 循環器科, Vol.59, No.6, 579-584, 2006年(0月). ...
閲覧 粟飯原 賢一 : ビタミンD受容体を介した生体内血液凝固制御機構の解析, 日本血栓止血学会誌, Vol.17, No.1, 38-46, 2006年2月. ...
閲覧 Ken-ichi Aihara, Mihara Masatomo, Azuma Hiroyuki, Masashi Akaike, Takaya Matsushita, Yasumasa Ikeda, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Hashizume Shunji, Fujimura Mitsunori and Toshio Matsumoto : Thrombin inactivation by synthetic thrombin antagonist argatroban ameliorates insulin resistance in type 2 diabetic db/db mice, The 70th Anniversary Annual Scientific Meetings of the Japanese Circulation Society, (頁), March 2006. ...
閲覧 Ken-ichi Aihara, Mihara Masatomo, Hiroyuki Azuma, Masashi Akaike, Takaya Matsushita, Yasumasa Ikeda, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Hashizume Shunji, Fujimura Mitsunori and Toshio Matsumoto : Argatroban, a synthetic thrombin antagonist, can reduce insulin resistance though thrombin inactivation in the db/db mouse model of type 2 diabetes mellitus, XIV International Symposium on Atherosclerosis, 2006 Rome, Italy, (都市), June 2006. ...
閲覧 Ken-ichi Aihara, Hiroyuki Azuma, Masashi Akaike, Hirotsugu Kurobe, Fujimura Mitsunori, Shusuke Yagi, Hashizume Shunji, Yasumasa Ikeda, Takashi Iwase, Takamori Nobuyuki, Tetsuya Kitagawa and Toshio Matsumoto : Plasma Heparin Cofactor II Activity is a Predictor for Incidence of Peripheral Arterial Disease in Patients with Cardiovascular Risk Factors, XIV International Symposium on Atherosclerosis, 2006 Rome, Italy, (都市), June 2006. ...
閲覧 粟飯原 賢一, 東 博之, 松本 俊夫 : Vitamin D-vitamin D receptor system regulates antithrombogenicity in vivo., Clinical Calcium, Vol.16, No.7, 1173-1179, 2006年7月. ...
閲覧 Ken-ichi Aihara, Masashi Akaike, Yasumasa Ikeda, Fujimura Mitsunori, Hashizume Shunji, Takashi Iwase, Shusuke Yagi, Kondo Akira, Hiroyuki Azuma and Toshio Matsumoto : Valsartan Enhances Nitric Oxide Bioavailability and Reduces Arterial Stiffness in Patients with Essential Hypertension, The 21st Scientific Meeting of the International Society of Hypertension, 2006, Fukuoka, Japan, (都市), Oct. 2006. ...
閲覧 Ken-ichi Aihara, Hiroyuki Azuma, Masashi Akaike, Yasumasa Ikeda, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Sumitomo Yuka, Masataka Sata, Kato Shigeaki and Toshio Matsumoto : Heparin Cofactor II Deficiency Causes Accelerated Thrombosis and Atherosclerosis in Mice, American Heart Association Scientific Sessions 2006, Chicago, USA, (都市), Nov. 2006. ...
閲覧 粟飯原 賢一 : ヘパリンコファクターIIの抗動脈硬化作用, 上原記念生命科学財団研究報告集, Vol.21, (号), 472-474, (都市), 2007年(0月). ...
閲覧 粟飯原 賢一, 池田 康将, 八木 秀介, 住友 由佳, 岩瀬 俊, 東 博之, 加藤 茂明, 赤池 雅史, 松本 俊夫 : ApoE欠損マウスにおける血漿ヘパリンコファクターII活性の低下は酸化ストレスを増大させ粥状動脈硬化を促進させる, 第36回日本心脈管作動物質学会, Vol.30, No.1, 41, 2007年2月. ...
閲覧 赤池 雅史, 粟飯原 賢一, 池田 康将, 石川 カズ江, 八木 秀介, 住友 由佳, 岩瀬 俊, 松本 俊夫 : ピタバスタチンは血管内皮機能の改善を介してグルココルチコイド過剰による高血圧を予防する, 第36回日本心脈管作動物質学会, Vol.30, No.1, 39, 2007年2月. ...
閲覧 池田 康将, 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 住友 由佳, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 東 博之, 加藤 茂明, 松本 俊夫 : アンドロゲン-アンドロゲン受容体システムによる血管リモデリング制御機構の解析, 第36回日本心脈管作動物質学会, Vol.30, No.1, 35, 2007年2月. ...
閲覧 八木 秀介, 粟飯原 賢一, 池田 康将, 住友 由佳, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 松本 俊夫 : PitavastatinはAngiotensin IIによる心血管リモデリングと腎障害をeNOS非依存性に抑制する, 第36回日本心脈管作動物質学会, Vol.30, No.1, 24, 2007年2月. ...
閲覧 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 池田 康将, 八木 秀介, 住友 由佳, 岩瀬 俊, 東 博之, 松本 俊夫 : 活性化ビタミンDによる血管リモデリング制御作用, 第104回日本内科学会総会・講演会, Vol.96, No.Suppl., 194, 2007年4月. ...
閲覧 岩瀬 俊, 住友 由佳, 八木 秀介, 池田 康将, 粟飯原 賢一, 尾崎 修治, 赤池 雅史, 安倍 正博, 松本 俊夫, 北川 哲也 : エリスロポイエチンを用いた新たな血管新生療法の試み, 第104回日本内科学会総会・講演会, Vol.96, No.Suppl., 133, 2007年4月. ...
閲覧 近藤 剛史, 遠藤 逸朗, 木内 美瑞穂, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 松本 俊夫, 福本 誠二, 遠藤 健次, 上原 久典, 髙尾 正一郎 : 腫瘍性骨軟化症の1例, 第96回日本内科学会四国地方会, 2007年5月. ...
閲覧 粟飯原 賢一, 池田 康将, 八木 秀介, 住友 由佳, 岩瀬 俊, 近藤 剛史, 重清 友理, 木内 美瑞穂, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 赤池 雅史, 松本 俊夫 : 活性化ビタミンDの抗動脈硬化作用に関する臨床的検討, 第80回日本内分泌学会学術総会, Vol.83, No.1, 159, 2007年6月. ...
閲覧 遠藤 逸朗, 近藤 剛史, 重清 友理, 木内 美瑞穂, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 井上 大輔, 工藤 英治, 福本 誠二, 松本 俊夫 : 低リン血症性骨軟化症を来した腫瘍合併の成人2症例, 第80回日本内分泌学会学術総会, Vol.83, No.1, 156, 2007年6月. ...
閲覧 遠藤 逸朗, 近藤 剛史, 木内 美瑞穂, 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 松本 俊夫 : Carbamazepineで著明な骨量減少と下垂体検査異常を呈した一例, 第80回日本内分泌学会学術総会, Vol.83, No.3, 784, 2007年6月. ...
閲覧 Ken-ichi Aihara, Hiroyuki Azuma, Masashi Akaike, Yasumasa Ikeda, Masataka Sata, Nobuyuki Takamori, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Yuka Sumitomo, Hirotaka Kawano, Takashi Yamada, Toru Fukuda, Takahiro Matsumoto, Keisuke Sekine, Takashi Sato, Yuko Nakamichi, Yoko Yamamoto, Kimihiro Yoshimura, Tomoyuki Watanabe, Takashi Nakamura, Akimasa Oomizu, Minoru Tsukada, Hideki Hayashi, Toshiki Sudo, Shigeaki Kato and Toshio Matsumoto : Strain-dependent embryonic lethality and exaggerated vascular remodeling in heparin cofactor II-deficient mice, The Journal of Clinical Investigation, Vol.117, No.6, 1514-1526, 2007. ...
閲覧 Toshio Shigekiyo, Junko Miyagi, Atsuhisa Shirakami, Hironobu Shibata, Kazuo Tsukai and Ken-ichi Aihara : Isolated high-molecular-weight kininogen deficiency: a novel frameshift mutation in exon 10, Blood, Vol.109, No.11, 5062-5063, 2007. ...
閲覧 粟飯原 賢一, 池田 康将, 八木 秀介, 住友 由佳, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 松本 俊夫 : 活性化ビタミンDは臨床的動脈硬化抑制因子である, 第39回日本動脈硬化学会総会・学術集会, 250, 2007年7月. ...
閲覧 粟飯原 賢一 : 新規血管リモデリング抑制因子ヘパリンコファクターIIの臨床及び分子生物学的解析, Meet The Specialist, 2007年7月. ...
閲覧 粟飯原 賢一 : 高脂血症・動脈硬化とメタボリックシンドローム (特集 メタボリックシンドロームの克服に向けて), 四国医学雑誌, Vol.63, No.3, 101-103, 2007年8月. ...
閲覧 Ken-ichi Aihara : Heparin cofactor II is required for fetal development and protects against vascular remodeling, The 8th US-Japan-Asia Dialogue on Cardiovascular Diseases: Grand Rounds with the Cardiovascular Division of Brigham and Womens Hospital, Aug. 2007. ...
閲覧 近藤 剛史, 小島 直, 伊勢 孝之, 木内 美瑞穂, 吉田 守美子, 栗若 里佳, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 松本 俊夫 : 進行性の頭蓋骨陥凹と骨粗鬆症を来たした一例, 日本内分泌学会第7回四国支部学術集会, Vol.83, No.4, 834, 2007年9月. ...
閲覧 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 近藤 剛史, 栗若 里佳, 木内 美瑞穂, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 八木 秀介, 住友 由佳, 赤池 雅史, 松本 俊夫 : 活性型ビタミンDは血漿アンチトロンビン活性の制御に関与する, 日本内分泌学会第7回四国支部学術集会, Vol.83, No.4, 834, 2007年9月. ...
閲覧 粟飯原 賢一, 東 博之, 赤池 雅史, 池田 康将, 八木 秀介, 住友 由佳, 吉田 守美子, 伊勢 孝之, 岩瀬 俊, 松本 俊夫 : 新規血管リモデリング抑制因子 ヘパリンコファクターIIの 分子生物学的解析, 第9回四国循環器研究会, (頁), 2007年9月. ...
閲覧 粟飯原 賢一, 池田 康将, 八木 秀介, 伊勢 孝之, 住友 由佳, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 松本 俊夫 : 血管リモデリング制御因子としての活性化ビタミンD, 第30回日本高血圧学会総会, (巻), (号), 260, 2007年10月. ...
閲覧 赤池 雅史, 粟飯原 賢一, 八木 秀介, 池田 康将, 石川 カズ江, 住友 由佳, 岩瀬 俊, 松本 俊夫 : グルココルチコイド誘発性高血圧に対するピタバスタチンの効果とその機序の検討, 第30回日本高血圧学会総会プログラム, (巻), (号), 210, 2007年10月. ...
閲覧 八木 秀介, 粟飯原 賢一, 池田 康将, 伊勢 孝之, 住友 由佳, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 松本 俊夫 : Pitavastatinはangiotensin IIによる心腎障害をeNOS非依存性にrac1抑制による酸化ストレス抑制を介して改善する, 第30回日本高血圧学会総会, (巻), (号), 205, 2007年10月. ...
閲覧 住友 由佳, 粟飯原 賢一, 伊勢 孝之, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 松本 俊夫 : レニン・アンジオテンシン活性下におけるヘパリンコファクターIIの心筋リモデリングへの影響, 第30回日本高血圧学会総会, (巻), (号), 170, 2007年10月. ...
閲覧 粟飯原 賢一 : 基礎と臨床からみた 心血管リモデリング (マウスからヒトへ,ヒトからマウスへ), 第71回徳島循環器疾患談話会, 2007年10月. ...
閲覧 重清 俊雄, 宮城 順子, 川内 千徳, 白神 敦久, 柴田 泰伸, 塚井 一夫, 粟飯原 賢一 : 高分子キニノゲン単独欠乏症の日本人家系で認められたフレームシフト変異, 第30回日本血栓止血学会学術集会, Vol.18, No.5, 535, 2007年11月. ...
閲覧 粟飯原 賢一 : 血管リモデリングにおけるヘパリンコファクターIIの分子機構, 第3回宮崎サイエンスキャンプ, 2007年12月. ...
閲覧 近藤 剛史, 粟飯原 賢一, 伊勢 孝之, 木内 美瑞穂, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 松本 俊夫 : 心腎障害の改善にACE阻害薬とARBの併用が有効であった高レニン性高血圧症の1例, 第97回日本内科学会四国地方会, 2007年12月. ...
閲覧 遠藤 逸朗, 近藤 剛史, 木内 美瑞穂, 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 樫原 茂, 松本 俊夫 : IFN-α2bおよびリバビリン治療後に甲状腺機能異常と劇症1型類似の糖尿病を発症した1例, 第97回日本内科学会四国地方会, 2007年12月. ...
閲覧 赤池 雅史, 小原 卓爾, 日浅 光春, 藤村 光則, 加藤 みどり, 横井 健治, 小島 章裕, 岡崎 誠司, 井内 貴彦, 井上 利彦, 住友 由佳, 八木 秀介, 池田 康将, 岩瀬 俊, 粟飯原 賢一, 東 博之 : 高コレステロール血症患者に対するピタバスタチンの有効性 総合的脂質プロファイルに関する検討, Progress in Medicine, Vol.28, No.11, 2745-2751, 2008年. ...
閲覧 三原 正朋, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 小杉 知里, 木内 美瑞穂, 赤池 雅史, 松本 俊夫 : トロンビンによるインスリン抵抗性制御機構の解析, 第52回日本糖尿病学会年次学術集会, Vol.51, No.Suppl.1, S-126, 2008年5月. ...
閲覧 近藤 剛史, 小島 直, 伊勢 孝之, 木内 美瑞穂, 吉田 守美子, 栗若 里佳, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 松本 俊夫 : 進行性の頭蓋骨陥凹と骨粗鬆症を来たした一例, 第81回日本内分泌学会学術総会, Vol.83, No.4, 834, 2008年5月. ...
閲覧 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 伊勢 孝之, 住友 由佳, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 木内 美瑞穂, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 赤池 雅史, 松本 俊夫 : 左室拡張能における脂質代謝異常の影響に関する検討, 第81回日本内分泌学会学術総会, Vol.84, No.1, 222, 2008年5月. ...
閲覧 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 木内 美瑞穂, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 伊勢 孝之, 住友 由佳, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 松本 俊夫 : 頸動脈血行動態における副腎アンドロゲンの臨床的意義, 第81回日本内分泌学会学術総会, Vol.84, No.1, 202, 2008年5月. ...
閲覧 Ken-ichi Aihara, Takayuki Ise, Sumiko Yoshida, Sumitomo Yuka, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Masashi Akaike and Toshio Matsumoto : The active form of vitamin D, 1,25(OH)2D3, prevents vascular remodeling and glucose intolerance in elderly individuals, 22nd Scientific Meeting of the International Society of Hypertension 2008, Berlin, Germany, Berlin, June 2008. ...
閲覧 Ken-ichi Aihara, Takayuki Ise, Sumiko Yoshida, Sumitomo Yuka, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Masashi Akaike and Toshio Matsumoto : Serum Lipid Disorder is Associated with Left Ventricular Diastolic Dysfunction in Elderly Individuals, 22nd Scientific Meeting of the International Society of Hypertension 2008, Berlin, Germany, Berlin, June 2008. ...
閲覧 Sumiko Yoshida, Ken-ichi Aihara, Takayuki Ise, Sumitomo Yuka, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Masashi Akaike and Toshio Matsumoto : Dehydroepiandrosterone sulfate regulates carotid blood flow in elderly individuals, 22nd Scientific Meeting of the International Society of Hypertension 2008, Berlin, Germany, (巻), (号), (頁), Berlin, June 2008. ...
閲覧 Sumitomo Yuka, Ken-ichi Aihara, Takayuki Ise, Sumiko Yoshida, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Masashi Akaike and Toshio Matsumoto : Acceleration of angiotensin II-induced cardiac remodeling through enhancement of oxidative stress in heparin cofactor II knockout mice, 22nd Scientific Meeting of the International Society of Hypertension 2008, Berlin, Germany, (頁), Berlin, June 2008. ...
閲覧 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 松本 俊夫 : インスリン強化療法導入による血糖コントロールの改善により左室機能障害の回復をみた糖尿病性心筋症の2例, 第98回日本内科学会四国地方会, (巻), (号), (頁), 2008年6月. ...
閲覧 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 松本 俊夫 : カルバマゼピンでビタミンD欠乏と下垂体機能検査異常を呈した1例, 第98回日本内科学会四国地方会, 2008年6月. ...
閲覧 八木 秀介, 粟飯原 賢一, 伊勢 孝之, 吉田 守美子, 住友 由佳, 池田 康将, 岩瀬 俊, 添木 武, 赤池 雅史, 松本 俊夫 : ピタバスタチンはRac-1を介した酸化ストレス制御によりeNOS非依存的にアンジオテンシンIIによる心房リモデリングを抑制する, 第40回日本動脈硬化学会総会, (巻), (号), 203, 2008年7月. ...
閲覧 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 伊勢 孝之, 住友 由佳, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 赤池 雅史, 松本 俊夫 : 副腎アンドロゲンの頸動脈硬化抑制作用に関する検討, 第40回日本動脈硬化学会総会, (巻), (号), 253, 2008年7月. ...
閲覧 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 伊勢 孝之, 住友 由佳, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 赤池 雅史, 松本 俊夫 : 脂質代謝異常による左室拡張障害の臨床的検討, 第40回日本動脈硬化学会総会, (巻), (号), 249, 2008年7月. ...
閲覧 粟飯原 賢一 : 頸動脈硬化と糖尿病, 徳島市医師会糖尿病対策委員会シンポジウム, 2008年10月. ...
閲覧 遠藤 逸朗, 藤村 光則, 吉田 守美子, 栗若 里佳, 木戸 慎介, 岩瀬 俊, 井上 大輔, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 赤池 雅史, 松本 俊夫 : 冠動脈不安定プラーク予測因子としてのICTP, 第26回日本骨代謝学会学術集会, (巻), (号), 194, 2008年10月. ...
閲覧 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 松本 俊夫 : PEG-IFN-α2bおよびリバビリン治療後に劇症1型糖尿病をふくむ多彩な自己免疫疾患を発症した2例, 第99回日本内科学会四国地方会, 2008年11月. ...
閲覧 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 池田 康将, 上田 由佳, 吉田 守美子, 伊勢 孝之, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 近藤 彰, 田村 克也, 松本 俊夫 : アンジオテンシンII受容体拮抗薬バルサルタンのNO bioavailability改善効果に関する臨床的検討, Progress in Medicine, Vol.29, No.7, 1777-1782, 2009年. ...
閲覧 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 住友 由佳, 松本 俊夫, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 赤池 雅史 : DHEASは血管内皮機能に依存せず動脈硬化を抑制する(頸動脈エコーを用いた臨床的検討), 第106回日本内科学会総会・講演会, Vol.98, No.Suppl., 139, 2009年4月. ...
閲覧 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 吉田 守美子, 鈴木 麗子, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 : 内臓脂肪増大因子に関する臨床的検討, 第106回日本内科学会総会・講演会, Vol.98, No.Suppl., 233, 2009年4月. ...
閲覧 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 吉田 守美子, 鈴木 麗子, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 : 尿中アルブミンは内臓脂肪蓄積の強力な増悪因子である, 第82回日本内分泌学会学術総会, Vol.85, No.1, 337, 2009年4月. ...
閲覧 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 西尾 進, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 伊勢 孝之, 住友 由佳, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 : 副腎アンドロゲンDHEASは血管内皮機能非依存的に頸動脈硬化を抑制する, 第82回日本内分泌学会学術総会, Vol.85, No.1, 366, 2009年4月. ...
閲覧 赤池 雅史, 粟飯原 賢一, 池田 康将, 石川 カズ江, 住友 由佳, 吉田 守美子, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 松本 俊夫, 佐田 政隆 : グルココルチコイド誘発性血管内皮細胞障害におけるミネラルコルチコイド受容体の関与, 第82回日本内分泌学会学術総会, Vol.85, No.1, 373, 2009年4月. ...
閲覧 遠藤 逸朗, 藤村 光則, 吉田 守美子, 栗若 里佳, 木戸 慎介, 岩瀬 俊, 井上 大輔, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 赤池 雅史, 松本 俊夫 : 冠動脈不安定プラーク予測因子としてのICTP, 第82回日本内分泌学会学術総会, Vol.85, No.1, 283, 2009年4月. ...
閲覧 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 : 一酸化炭素中毒にて急性心筋梗塞を発症した2型糖尿病の1例, 第100回日本内科学会四国地方会, (巻), (号), (頁), 2009年5月. ...
閲覧 遠藤 逸朗, 大西 幸代, 木戸 里佳, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 藤中 雄一, 粟飯原 賢一, 安倍 正博, 福本 誠二, 松本 俊夫 : 新規calcilytics,JTT305は常染色体優性低Ca血症におけるCa感知受容体活性型変異シグナルを抑制する, 第27回日本骨代謝学会学術集会, (巻), (号), 195, 2009年7月. ...
閲覧 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 木内 美瑞穂, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 上田 由佳, 平田 陽一郎, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 : Influence of lipid profile on endothelial function in subjects with cardiovascular risk factors, 第41回日本動脈硬化学会総会・学術集会, 2009年7月. ...
閲覧 赤池 雅史, 粟飯原 賢一, 池田 康将, 石川 カズ江, 吉田 守美子, 上田 由佳, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 松本 俊夫, 佐田 政隆 : ミネラルコルチコイド受容体を介したグルココルチコイド過剰による血管内皮細胞障害作用, 第32回日本高血圧学会総会, (巻), (号), 244, 2009年10月. ...
閲覧 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 木内 美瑞穂, 吉田 守美子, 鈴木 麗子, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 平田 陽一郎, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 : 内臓脂肪蓄積制御に関わる因子の臨床的検討, 第32回日本高血圧学会総会, (巻), (号), 196, 2009年10月. ...
閲覧 粟飯原 賢一 : 新規動脈硬化抑制因子としてのヘパリンコファクターIIの臨床的意義および分子生物学的解析, 平成21年度井村臨床研究奨励賞受賞講演, 2009年12月. ...
閲覧 Ken-ichi Aihara, Sumiko Yoshida, Kurahashi Kiyoe, Mizuho Kinouchi, Itsuro Endo, Yuichi Fujinaka and Toshio Matsumoto : Increased serum triglyceride is associated with left ventricular diastolic dysfunction, 14th International Congress of Endocrinology, Kyoto, Japan, (都市), March 2010. ...
閲覧 Ken-ichi Aihara, Sumiko Yoshida, Yuka Ueda, Uemoto Ryoko, Takashi Iwase, Masashi Akaike, Masataka Sata and Toshio Matsumoto : Rosuvastatin attenuates left ventricular mass even in subjects without cardiac hypertrophy, 14th International Congress of Endocrinology, Kyoto, Japan, (巻), (号), (頁), (都市), March 2010. ...
閲覧 Ken-ichi Aihara, Yuichi Fujinaka, Mizuho Kinouchi, Sumiko Yoshida, Takashi Iwase, Masashi Akaike, Yuka Ueda, Kurahashi Kiyoe, Itsuro Endo, Uemoto Ryoko, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Hirata Yoichiro, Suzuki Reiko, Masashi Akaike, Masataka Sata and Toshio Matsumoto : Albuminuria is an independent aggravating factor for visceral fat obesity regardless of diabetes mellitus: a study using abdominal CT scan imaging, 14th International Congress of Endocrinology, Kyoto, Japan, (都市), March 2010. ...
閲覧 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 池田 康将, 赤池 雅史, 加藤 茂明, 松本 俊夫 : 心血管ストレスに対するandrogen-androgen 受容体系の役割, 第2回核内受容体研究会, 2010年3月. ...
閲覧 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 松本 俊夫 : 抗副腎薬投与により内因性コルチゾールの低下とともにACTHの劇的な低下が得られた異所性ACTH症候群の一例, 第83回日本内分泌学会学術総会, Vol.86, No.1, 144, 2010年3月. ...
閲覧 粟飯原 賢一 : アンチエイジング検診とFMD, 血管不全研究会・第8回学術集会, (頁), 2010年4月. ...
閲覧 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 片岡 菜奈子, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 粟飯原 賢一, 松本 俊夫 : ピオグリタゾンが著効したWerner症候群の1例, 第102回日本内科学会四国地方会, 2010年5月. ...
閲覧 粟飯原 賢一 : 2009年度 井村臨床研究奨励賞受賞記念論文 新規動脈硬化抑制因子としてのヘパリンコファクター2の臨床的意義および分子生物学的解析, 最新医学, Vol.65, No.7, 1679-1684, 2010年7月. ...
閲覧 Ken-ichi Aihara : Heparin cofactor II attenuates vascular remodeling in humans and mice., Circulation Journal, Vol.74, No.8, 1518-1523, July 2010. ...
閲覧 赤池 雅史, 八木 秀介, 粟飯原 賢一, 石川 カズ江, 池田 康将, 吉田 守美子, 上田 由佳, 岩瀬 俊, 松本 俊夫, 佐田 政隆 : ピタバスタチンによる血管内皮細胞での一酸化窒素合成酵素の発現亢進作用とその機序の検討, 第33回日本高血圧学会総会, (巻), (号), 390, 2010年10月. ...
閲覧 黒部 裕嗣, 粟飯原 賢一, 西矢 昌子, 佐藤 光代, 西尾 進, 中山 泰介, 元木 達夫, 菅野 幹雄, 神原 保, 北市 隆, 松本 俊夫, 北川 哲也 : エゼチミブ投与による脂質代謝および血管機能改善効果の検討, 第51回日本脈管学会総会, Vol.50, No.Suppl., S153, 2010年10月. ...
閲覧 粟飯原 賢一 : 心血管ストレスに対するアンドロゲン受容体系の役割, 第1回テストステロン研究会, 2010年11月. ...
閲覧 Ken-ichi Aihara, Yasumasa Ikeda, Shusuke Yagi, Masashi Akaike and Toshio Matsumoto : Transforming Growth Factor-1 as a Common Target Molecule for Development of Cardiovascular Diseases, Renal Insufficiency and Metabolic Syndrome., Cardiology Research and Practice, Vol.2011, (号), 175381, Dec. 2010. ...
閲覧 粟飯原 賢一 : 遺伝子改変動物から学ぶ血栓症(第28回) ヘパリンコファクターII欠損マウスにおける心血管リモデリング解析, 血栓と循環, Vol.19, No.1, 6-10, 2011年(0月). ...
閲覧 粟飯原 賢一 : 【メタボリックシンドロームと多臓器障害】 メタボリックシンドロームを司るもの, 細胞, Vol.43, No.5, 162-163, 2011年(0月). ...
閲覧 粟飯原 賢一 : 2型糖尿病の発症およびその心腎血管障害の予測マーカーとしてのヘパリンコファクターIIの臨床的意義, 三井厚生記念財団第20回医学研究特別助成報告書, (都市), 2011年4月. ...
閲覧 安積 麻衣, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 片岡 菜奈子, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 : 2型糖尿病患者に対する強化インスリン療法は左室リモデリングを改善する, 第84回日本内分泌学会学術総会, 2011年4月. ...
閲覧 粟飯原 賢一 : テストステロン医学の最前線 アンドロゲン受容体を介した心血管ストレス防御機構, 第11回日本抗加齢医学会総会, (巻), (号), 110, 2011年5月. ...
閲覧 Ken-ichi Aihara, Masaki Mogi, Rei Shibata, David Bishop-Bailey and Xin L. Ma : Interactions between CKD and MetS and the Development of CVD., Cardiology Research and Practice, Vol.2011, (号), 878065, 2011. ...
閲覧 粟飯原 賢一 : アンドロゲン受容体を介した心血管ストレス防御機構, 第11回日本抗加齢医学会総会・分科会共催シンポジウム7「テストステロン医学の最前線」, 2011年5月. ...
閲覧 赤池 雅史, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 松本 俊夫 : グルココルチコイド誘発性血管内皮細胞障害 に対する酸化ストレス抑制の意義, 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 特発性大腿骨頭壊死症調査研究班 平成23 年度 第1回班会議, 2011年8月. ...
閲覧 藤中 雄一, 木内 美瑞穂, 小杉 知里, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 谷口 寿章, 松本 俊夫 : Wntシグナル抑制因子sFRP4の肥満・糖代謝との関連性についての検討, 第32回日本肥満学会, 2011年9月. ...
閲覧 Ken-ichi Aihara, Sumiko Yoshida and Toshio Matsumoto : Evaluation for cardiovascular risk by multi-method carotid artery ultrasound examinations, 第34回日本高血圧学会総会パネルディスカッション: 非侵襲的血管指標の有用性と課題, (巻), (号), (頁), Oct. 2011. ...
閲覧 田岡 志保, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 近藤 絵里, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 : 心血管リスク因子を有する成人の血管内皮機能制御因子に関する臨床的検討, 第34回日本高血圧学会総会, 2011年10月. ...
閲覧 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 吉田 守美子, 松本 俊夫 : 酸化ストレス抑制作用を介した グルココルチコイド誘発性 血管内皮細胞障害治療, 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 特発性大腿骨頭壊死症調査研究班 平成23 年度 第2回班会議, (巻), (号), (頁), 2011年12月. ...
閲覧 Ken-ichi Aihara, Sumiko Yoshida, Yasumasa Ikeda, Masashi Akaike and Toshio Matsumoto : Heparin cofactor II, a serine protease inhibitor, is a novel regulating factor for glucose metabolism and albuminuria, Keystone Symposia: Complications of Diabetes: Mechanisms of Injury and Failure of Repair, (都市), March 2012. ...
閲覧 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 近藤 絵里, 近藤 剛史, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 : 尿酸は形態および機能的頸動脈硬化症進展のリスク因子である, 第109回日本内科学会総会・講演会, 2012年4月. ...
閲覧 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 赤池 雅史, 松本 俊夫 : 血管内皮機能制御における血圧関連指標の意義, 日本高血圧学会 第1回臨床高血圧フォーラム, 2012年5月. ...
閲覧 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 池田 康将, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 : エイコサペントエン酸は酸化ストレス抑制を介して心臓リモデリングを抑制する, 日本高血圧学会 第1回臨床高血圧フォーラム, 2012年5月. ...
閲覧 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 松本 俊夫 : 血管形態と機能解析からみた 頸動脈硬化の性差と副腎アンドロゲンDHEASの抗動脈硬化作用, 第44回日本動脈硬化学会総会・学術集会: シンポジウム11 心・血管病の性差, 2012年7月. ...
閲覧 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 松本 俊夫 : シンポジウム11 心・血管病の性差:血管形態と機能解析からみた頸動脈硬化の性差と副腎アンドロゲンDHEASの抗動脈硬化作用, 第44回日本動脈硬化学会・学術総会/ヒルトン福岡シーホーク, 2012年7月. ...
閲覧 Toshio Shigekiyo, Etsuko Sekimoto, Atsuhisa Shirakami, Hiroshi Yamaguchi, Hironobu Shibata, Shuji Ozaki, Masahiko Maegawa and Ken-ichi Aihara : Fibrinogen Tokushima II: a new case of congenital dysfibrinogenemia with a methionine-310 to threonine substitution., International Journal of Hematology, Vol.96, No.3, 395-397, 2012. ...
閲覧 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 吉田 守美子, 松本 俊夫 : 血管内皮機能障害を背景にした重症虚血誘導組織壊死に対するpitavastatinの効果, 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 特発性大腿骨頭壊死症調査研究班 平成24 年度 第1回班会議, (巻), (号), (頁), 2012年8月. ...
閲覧 白河 綾, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 遠藤 逸朗, 安藝 菜奈子, 黒田 暁生, 松久 宗英, 松本 俊夫 : 副腎不全症状を呈し,診断に苦慮した両側副腎B細胞リンパ腫の1例, 第12回日本内分泌学会四国支部学術集会, 2012年9月. ...
閲覧 粟飯原 賢一 : 心血管系組織恒常性維持におけるアンドロゲン受容体の意義, 第3回テストステロン研究会・教育講演, 2012年9月. ...
閲覧 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 近藤 絵里, 近藤 剛史, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 : 高尿酸血症は頸動脈プラークおよび血管抵抗を亢進させる, 第35回日本高血圧学会総会, 423, 2012年9月. ...
閲覧 Ken-ichi Aihara, Masaki Mogi, Rei Shibata, David Bishop-Bailey and P Muredach Reilly : Inflammation and vascular remodeling., International Journal of Vascular Medicine, Vol.2012, (頁), 2012. ...
閲覧 吉田 守美子, 近藤 剛史, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 高島 啓, 山口 浩司, 松本 俊夫 : 難治性冠攣縮性狭心症を合併した無痛性甲状腺炎の1例, 第55回日本甲状腺学会学術集会, Vol.88, No.2, 516, 2012年11月. ...
閲覧 松崎 苑美, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫, 片岡 菜奈子, 黒田 暁生, 松久 宗英 : 血栓性微小血管障害症様の病態を示したメタボリックシンドロームの1例, 第107回日本内科学会四国地方会, 2012年12月. ...
閲覧 粟飯原 賢一, 赤池 雅史, 吉田 守美子, 松本 俊夫 : Pitavastatinは血管内皮機能障害を背景にした重症虚血誘導 組織壊死を抑制する, 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 特発性大腿骨頭壊死症調査研究班 平成24 年度 第2回班会議, (巻), (号), (頁), 2013年1月. ...
閲覧 Yoko Yamamoto, Tatsuya Yoshizawa, Toru Fukuda, Yuko Shirode-Fukuda, Taiyong Yu, Keisuke Sekine, Takashi Sato, Hirotaka Kawano, Ken-ichi Aihara, Yuko Nakamichi, Tomoyuki Watanabe, Masayo Shindo, Kazuki Inoue, Erina Inoue, Naoya Tsuji, Maiko Hoshino, Gerard Karsenty, Daniel Metzger, Pierre Chambon, Shigeaki Kato and Yuuki Imai : Vitamin D receptor in osteoblasts is a negative regulator of bone mass control., Endocrinology, Vol.154, No.3, 1008-1020, 2013. ...
閲覧 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 池田 康将, 赤池 雅史, 加藤 茂明, 松本 俊夫 : 虚血耐性における性差非依存性のアンドロゲン受容体作用, 第5回核内受容体・ホルモン研究会, 2013年3月. ...
閲覧 吉田 守美子, 黒田 暁生, 新居 沙央里, 松本 友里, 近藤 絵里, 安藝 菜奈子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 鈴木 麗子, 松本 俊夫, 松久 宗英 : 新たなインスリンポンプParadigm 722によりカーボカウントのみで血糖管理が可能となった1型糖尿病の1例, 糖尿病, Vol.56, No.4, 240-245, 2013年. ...
閲覧 Shuji Kato, Itsuro Endo, Mitsunori Fujimura, Rika Kuriwaka-Kido, Yuichi Fujinaka, Ken-ichi Aihara, Takashi Iwase, Daisuke Inoue, Masashi Akaike, Masahiro Abe and Toshio Matsumoto : Serum carboxy-terminal telopeptide of type I collagen (ICTP) as a surrogate marker for vulnerable plaques in atherosclerotic patients: A pilot study., Atherosclerosis, Vol.229, No.1, 182-185, 2013. ...
閲覧 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 上元 良子, 石川 カズ江, 赤池 雅史, 松本 俊夫 : 重症下肢虚血壊死に対するピタバスタチンの組織保護効果に関する検討, 第86回日本内分泌学会学術総会, 2013年4月. ...
閲覧 松本 和久, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 木内 美瑞穂, 近藤 剛史, 倉橋 清衛, 安藝 菜奈子, 遠藤 逸朗, 黒田 暁生, 松久 宗英, 松本 俊夫 : 膵臓の鉄過剰沈着とインスリン分泌不全を呈した無セルロプラスミン血症合併糖尿病の1例, 第86回日本内分泌学会学術総会, 2013年4月. ...
閲覧 三橋 威史, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 上元 良子, 石川 カズ江, 松本 俊夫 : 粥状動脈硬化モデルにおけるピタバスタチンの臓器保護効果の検討, 第86回日本内分泌学会学術総会, 2013年4月. ...
閲覧 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 池田 康将, 盛 真友, 松本 高広, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 : アンドロゲン受容体は性差非依存的にVEGF受容体を介して虚血反応性血管新生を促進する, 第86回日本内分泌学会学術総会, 2013年4月. ...
閲覧 近藤 剛史, 黒田 暁生, 曽我部 公子, 吉田 守美子, 安藝 菜奈子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 松本 俊夫 : 術前後で持続血糖測定(CGM)を比較しえたアドレナリン優位褐色細胞腫の1例, 第56回日本糖尿病学会年次学術集会, 2013年5月. ...
閲覧 Sumiko Yoshida, Ken-ichi Aihara, Yasumasa Ikeda, Yuka Sumitomo-Ueda, Ryoko Uemoto, Kazue Ishikawa, Takayuki Ise, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Yasuhiro Mouri, Matomo Sakari, Takahiro Matsumoto, Ken-ichi Takeyama, Masashi Akaike, Mitsuru Matsumoto, Masataka Sata, Kenneth Walsh, Shigeaki Kato and Toshio Matsumoto : Androgen receptor promotes sex-independent angiogenesis in response to ischemia and is required for activation of vascular endothelial growth factor receptor signaling., Circulation, Vol.128, No.1, 60-71, 2013. ...
閲覧 粟飯原 賢一 : 血管内皮機能から診たメタボリックシンドロームと糖尿病, 第13回日本抗加齢医学会総会 シンポジウム12, 2013年6月. ...
閲覧 粟飯原 賢一, 木内 美瑞穂, 吉田 守美子, 岩佐 昌美, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 安藝 菜奈子, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 松本 俊夫 : Evaluation for influence of diabetes on clinical vascular function, 第45回日本動脈硬化学会総会・学術集会, 2013年7月. ...
閲覧 木内 美瑞穂, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 大黒 由加里, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 安藝 菜奈子, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 松本 俊夫 : 臨床血管機能における糖代謝異常の影響の解析, 第247回徳島医学会学術集会, 2013年8月. ...
閲覧 粟飯原 賢一 : 心血管システム恒常性維持におけるアンドロゲン受容体の意義, 新学術領域研究「性差構築の分子基盤」第5回領域会議招待講演, (巻), (号), (頁), 2013年9月. ...
閲覧 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 池田 康将, 上元 良子, 石川 カズ江, 松本 俊夫 : 心血管ストレス制御におけるアンドロゲン受容体機能の性差, 第4回テストステロン研究会, 2013年11月. ...
閲覧 粟飯原 賢一, 木内 美瑞穂, 大黒 由加里, 近藤 剛史, 倉橋 清衛, 安藝 菜奈子, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 松本 俊夫 : メタボリックシンドロームおよび糖尿病の有無が血管内皮機能に及ぼす影響, 日本糖尿病学会 中国四国地方会第51回総会, 2013年11月. ...
閲覧 Ken-ichi Aihara, Sumiko Yoshida, Uemoto Ryoko, Ishikawa Kazue and Toshio Matsumoto : Plasma Heparin Cofactor II Activities are Inversely Associated with Aberrant Glucose Metabolism in Humans and Mice, American Heart Associations Scientific Sessions 2013 Dallas, Texas, (巻), (号), (頁), (都市), Nov. 2013. ...
閲覧 Mizuho Kinouchi, Ken-ichi Aihara, Yuichi Fujinaka, Sumiko Yoshida, Yukari Ooguro, Kiyoe Kurahashi, Takeshi Kondo, Nanako Aki, Akio Kuroda, Itsuro Endo, Munehide Matsuhisa and Toshio Matsumoto : Diabetic conditions differentially affect the endothelial function, arterial stiffness and carotid atherosclerosis., Journal of Atherosclerosis and Thrombosis, Vol.21, No.5, 486-500, 2014. ...
閲覧 粟飯原 賢一, 木内 美瑞穂, 大黒 由加里, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 安藝 菜奈子, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 松本 俊夫 : 生活習慣病治療薬が血管内皮機能 に及ぼす影響の検証, 第111回日本内科学会講演会, 2014年4月. ...
閲覧 森本 佳奈, 粟飯原 賢一, 大黒 由加里, 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 田蒔 基行, 安藝 菜奈子, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 松本 俊夫 : 多剤併用降圧療法により長期的な心・腎・大血管障害の改善が得られた高レニン性高血圧症の1例, 第3回臨床高血圧フォーラム, 2014年5月. ...
閲覧 粟飯原 賢一 : 歯科医師のための医学ハンドブック, (発行所), (都市), 2014年5月. ...
閲覧 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 池田 康将, 上元 良子, 石川 カズ江, 赤池 雅史, 松本 俊夫 : 動脈硬化および虚血に対するeNOS非依存的なピタバスタチンの臓器保護効果の検討, 第46回日本動脈硬化学会総会・学術集会, 2014年7月. ...
閲覧 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 大黒 由加里, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 : アンジオテンシン受容体拮抗薬およびカルシウム拮抗薬併用による心筋リモデリング抑制の長期効果, 第37日本高血圧学会総会, (頁), 2014年10月. ...
閲覧 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 大黒 由加里, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 田蒔 基行, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 松本 俊夫 : 本態性高血圧患者におけるアンジオテンシンII受容体拮抗薬単独およびカルシウム拮抗薬併用による長期心筋保護効果の検証, 第88回日本内分泌学会学術総会, 2015年4月. ...
閲覧 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 大黒 由加里, 田蒔 基行, 近藤 剛史, 倉橋 清衛, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 松本 俊夫 : ARB基盤高血圧治療の長期心腎保護効果における糖尿病の影響, 第58回総会日本糖尿病学会年次学術集会, 2015年5月. ...
閲覧 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 上元 良子, 石川 カズ江, 松本 俊夫 : 内因性血清尿酸値およびフェブキソスタットによる頸動脈硬化への影響, 第47回日本動脈硬化学会総会・学術集会, 2015年7月. ...
閲覧 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 森本 佳奈, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 田蒔 基行, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 船木 真理, 福本 誠二, 松久 宗英, 安倍 正博 : 2型糖尿病患者の左室形態 および機能における 強化インスリン療法の効果, 日本糖尿病学会 第53回中国四国地方会, 2015年10月. ...
閲覧 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 森本 佳奈, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 田蒔 基行, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 安倍 正博 : 心筋リモデリングおよび頸動脈硬化症 におけるアンジオテンシンII受容体 拮抗薬の効果検証, 第89回日本内分泌学会学術総会, 2016年4月. ...
閲覧 森本 佳奈, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 田蒔 基行, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 安倍 正博 : 2型糖尿病患者の塩分制限による 降圧効果を規定する因子の検討, 第89回日本内分泌学会学術総会, 2016年4月. ...
閲覧 森本 佳奈, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 田蒔 基行, 近藤 剛史, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 安倍 正博 : 血糖管理入院症例における減塩降圧効果と関連する因子および降圧薬に関する検討, 第5回臨床高血圧フォーラム, 2016年5月. ...
閲覧 森本 佳奈, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 田蒔 基行, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 船木 真理, 福本 誠二, 松久 宗英, 安倍 正博 : 減塩による2型糖尿病入院症例の 降圧予測指標, 第59回日本糖尿病学会年次学術集会, 2016年5月. ...
閲覧 Kana Morimoto, Kiyoe Kurahashi, Takeshi Kondo, Sumiko Yoshida, Akio Kuroda, Itsuro Endo, Munehide Matsuhisa, Masahiro Abe and Ken-ichi Aihara : Analysis of sodium restriction-induced blood pressure reduction in hospitalized patients with type 2 diabetes mellitus, The 10th Congress of the Asian-Pacific Society of Atherosclerosis and Vascular Diseases, (巻), (号), (頁), Tokyo, July 2016. ...
閲覧 Ken-ichi Aihara, Masashi Akaike, Sumiko Yoshida, Yasumasa Ikeda, Shusuke Yagi and Masahiro Abe : Pleiotropic Effects of Pitavastatin against Vascular Stress in eNOS-deficient Mice, The 10th Congress of the Asian-Pacific Society of Atherosclerosis and Vascular Diseases, Tokyo, July 2016. ...
閲覧 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, Nakamura Mayuko, Ohnishi Yukiyo, 近藤 剛史, Aizawa Shinichi, 福本 誠二, 安倍 正博 : カルシウム感知受容体活性型変異による耐糖能異常, 第34回日本骨代謝学会学術総会, 2016年7月. ...
閲覧 Kana Morimoto, Takahashi Yuka, Yamashita Saori, Kazue Ishikawa, Uemoto Ryoko, Sumiko Yoshida, Tomoyuki Yuasa and Ken-ichi Aihara : Evaluation of Endothelial Function-associated Clinical Parameters and Whole Blood PCR Array Analysis in Patients with Lifestyle-related Diseases, 19th International Vascular Biology Meeting. Boston. USA, (都市), Nov. 2016. ...
閲覧 森本 佳奈, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 田蒔 基行, 近藤 剛史, 吉田 守美子, 湯浅 智之, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 福本 誠二, 松久 宗英, 安倍 正博, 東 博之, 粟飯原 賢一 : 生活習慣病患者における血管内皮機能制御に関わる臨床指標の検討, 第49回日本動脈硬化学会総会・学術集会, 2017年7月. ...
閲覧 粟飯原 賢一, 森本 佳奈, 上元 良子, 石川 カズ江, 乙田 敏城, 吉田 守美子, 湯浅 智之, 東 博之 : 生活習慣病患者における血管内皮機能の1年変化に影響を与える臨床指標の検討, 第50回日本動脈硬化学会総会・学術集会, 2017年7月. ...
閲覧 粟飯原 賢一, 吉田 守美子 : 男女別高血圧症有病率における副腎アンドロゲン DHEASの関与, 第 40 回日本高血圧学会総会 シンボジウム:性ホルモンによる血圧調節機構, 2017年10月. ...
閲覧 Ken-ichi Aihara, Uemoto Ryoko, Ishikawa Kazue, Kana Morimoto, Kiyoe Kurahashi, Sumiko Yoshida, Tomoyuki Yuasa and Masahiro Abe : Heparin cofactor II, a serine protease inhibitor, is associated with albuminuria in humans and mice., International Conference on Diabetes and Its Complications 2017, Baltimore, Nov. 2017. ...
閲覧 Kana Morimoto, Masuda Shiho, Kiyoe Kurahashi, Motoyuki Tamaki, Takeshi Kondo, Sumiko Yoshida, Tomoyuki Yuasa, Akio Kuroda, Itsuro Endo, Akehi Yuko, Makoto Funaki, Seiji Fukumoto, Munehide Matsuhisa and Ken-ichi Aihara : Identification of clinical determinants for coefficient of variation of - intervals in patients with type 2 diabetes., International Conference on Diabetes and Its Complications 2017, Baltimore, Nov. 2017. ...
閲覧 乙田 敏城, 森本 佳奈, 湯浅 智之, 田蒔 基行, 東 博之, 粟飯原 賢一 : SGLT2 阻害薬の短期臨床的効果に関する検討, 日本糖尿病学会 中国四国地方会 第55回総会, 2017年11月. ...
閲覧 粟飯原 賢一, 吉田 守美子 : 副腎アンドロゲンDHEASの高血圧有病率における影響, 第91回日本内分泌学会学術総会, 2018年4月. ...
閲覧 粟飯原 賢一, 上元 良子, 石川 カズ江, 森本 佳奈, 桝田 志保, 山上 綋規, 山口 佑樹, 原 倫世, 細井 美希, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 乙田 敏城, 湯浅 智之, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 船木 真理, 福本 誠二, 松久 宗英, 東 博之, 安倍 正博 : 生活習慣病患者の尿中酸化ストレス指標における糖尿病および薬物療法の影響, 第61回日本糖尿病学会年次学術集会, 2018年5月. ...
閲覧 乙田 敏城, 上元 良子, 関根 明子, 湯浅 智之, 粟飯原 賢一 : 糖尿病性腎臓病における血清suPAR の臨床的意義に関する検討, 本糖尿病学会中国四国地方会第56回総会, 2018年10月. ...
閲覧 原 倫世, 上元 良子, 関根 明子, 乙田 敏城, 湯浅 智之, 吉田 守美子, 粟飯原 賢一 : 糖尿病性腎症における血漿ヘパリン コファクターII活性の臨床的意義, 第62回日本糖尿病学会年次学術集会, (頁), 2019年5月. ...
閲覧 湯浅 智之, 安藝 菜奈子, 國見 幸太郎, 佐藤 美紀, 新居 真里, 和泉 佳彦, 高田 康徳, 乙田 敏城, 大澤 春彦, 橋田 誠一, 粟飯原 賢一 : インスリン受容体切断が妊娠期に果たすインスリン作用調節機構の可能性, 第62回日本糖尿病学会年次学術集会, 2019年5月. ...
閲覧 中野 美恵子, 坂根 容子, 仁木 裕子, 山田 多喜子, 原 倫世, 乙田 敏城, 湯浅 智之, 粟飯原 賢一 : 当院での糖尿病性腎症重症化予防の取り組み, 2. 第62回日本糖尿病学会年次学術集会, 2019年5月. ...
閲覧 原 倫世, 遠藤 ふうり, 桝田 志保, 三井 由加里, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 乙田 敏城, 湯浅 智之, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一 : 原発性アルドステロン症におけるエプレレノンの血管機能への影響, 第51回日本動脈硬化学会総会・学術集会, 2019年7月. ...
閲覧 原 倫世, 乙田 敏城, 吉田 守美子, 湯浅 智之, 粟飯原 賢一 : 生活習慣病患者における血管内皮機能の増悪群と改善群間における年間臨床指標に関する検討, 第19回日本内分泌学会四国支部学術集会, 2019年9月. ...
閲覧 乙田 敏城, 上元 良子, 関根 明子, 湯浅 智之, 粟飯原 賢一 : 血清suPAR値の糖尿病性腎臓病進展予測マーカーとしての有用性, 第62回日本糖尿病学会年次学術集会, 2020年5月. ...
閲覧 原 倫世, 乙田 敏城, 湯浅 智之, 粟飯原 賢一 : エンパグリフロジンの糖尿病性腎臓病に対する効果の検討, 第93回日本内分泌学会学術総会, 2020年7月. ...
閲覧 原 倫世, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 乙田 敏城, 湯浅 智之, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 粟飯原 賢一 : NAFLD病態指標血漿Heparin Cofactor IIの連関, 第52回日本動脈硬化学会総会・学術集会, 2020年8月. ...
閲覧 原 倫世, 乙田 敏城, 湯浅 智之, 粟飯原 賢一, 寺澤 敏秀 : 減塩指導中の糖尿病患者におけるeGFR年間変化量の因子解析, 日本糖尿病学中国四国地方会 第57回総会, 2020年12月. ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

無効な情報 (10件)

閲覧 Hirotaka Kawano, Takashi Sato, Takashi Yamada, Takahiro Matsumoto, Keisuke Sekine, Tomoyuki Watanabe, Takashi Nakamura, Toru Fukuda, Kimihiro Yoshimura, Tatsuya Yoshizawa, Ken-ichi Aihara, Yoko Yamamoto, Yuko Nakamichi, Daniel Metzger, Pierre Chambon, Kozo Nakamura, Hiroshi Kawaguchi and Shigeaki Kato : Suppressive function of androgen receptor in bone resorption, The Proceedings of the National Academy of Sciences USA, Vol.100, No.16, 9416-9421, 2003.
閲覧 Takashi Sato, Takahiro Matsumoto, Hirotaka Kawano, Tomoyuki Watanabe, Yoshikatsu Uematsu, Keisuke Sekine, Toru Fukuda, Ken-ichi Aihara, Andrée Krust, Takashi Yamada, Yuko Nakamichi, Yoko Yamamoto, Takashi Nakamura, Kimihiro Yoshimura, Tatsuya Yoshizawa, Daniel Metzger, Pierre Chambon and Shigeaki Kato : Brain masculinization requires androgen receptor function, The Proceedings of the National Academy of Sciences USA, Vol.101, No.6, 1673-1678, 2004.
閲覧 荒瀬 友子, 近藤 彰, 谷田 典子, 富永 恵美子, 土井 大介, 加藤 修司, 川井 尚臣, 粟飯原 賢一, 大蔵 雅夫, 桜井 えつ, 田中 恵子, Arase Tomoko, Kondo Akira, Tanida Noriko, Tominaga Emiko, Kato Shuji, Doi Daisuke, Kawai Naoomi, Aihara Kenichi, Ookura Masao, Sakurai Etu, Tanaka Keiko : 第12回徳島医学会賞受賞論文 「ホスピス徳島」における末期癌患者の傍腫瘍性神経症候群の発症頻度とその臨床的意義, 四国医学雑誌, Vol.60, No.3, 94-98, 2004年.
閲覧 (種別) : Shusuke Yagi, Ken-ichi Aihara, Yasumasa Ikeda, Yuka Sumitomo, Sumiko Yoshida, Takayuki Ise, Takashi Iwase, Kazue Ishikawa, Hiroyuki Azuma, Masashi Akaike and Toshio Matsumoto : Pitavastatin, an HMG-CoA reductase inhibitor, exerts eNOS-independent protective actions against angiotensin II induced cardiovascular remodeling and renal insufficiency., Circulation research, Vol.102, No.1, 68-76, (発行所), (都市), Oct. 2007.
閲覧 (種別) : Yasumasa Ikeda, Ken-ichi Aihara, Sumiko Yoshida, Takashi Sato, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Yuka Sumitomo, Takayuki Ise, Kazue Ishikawa, Hiroyuki Azuma, Masashi Akaike, Shigeaki Kato and Toshio Matsumoto : Androgen-androgen receptor system protects against angiotensin II-induced vascular remodeling., Endocrinology, Vol.150, No.6, 2857-2864, (発行所), (都市), Feb. 2009.
閲覧 (種別) : Mitsunori Fujimura, Masashi Akaike, Takashi Iwase, Sumiko Yoshida, Yuka Sumitomo, Shusuke Yagi, Yasumasa Ikeda, Shunji Hashizume, Ken-ichi Aihara, Takeshi Nishiuchi, Yoshio Yasumura and Toshio Matsumoto : Decrease in plasma brain natriuretic peptide level in the early phase after the start of carvedilol therapy is a novel predictor of long-term outcome in patients with chronic heart failure., Acta cardiologica, Vol.64, No.5, 589-595, (発行所), (都市), Oct. 2009.
閲覧 (種別) : Masatomo Mihara, Ken-ichi Aihara, Yasumasa Ikeda, Sumiko Yoshida, Mizuho Kinouchi, Kiyoe Kurahashi, Yuichi Fujinaka, Masashi Akaike and Toshio Matsumoto : Inhibition of thrombin action ameliorates insulin resistance in type 2 diabetic db/db mice., Endocrinology, Vol.151, No.2, 513-519, (発行所), (都市), Dec. 2009.
閲覧 森本 佳奈, 粟飯原 賢一, 大黒 由加里, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 木内 美瑞穂, 田蒔 基行, 安藝 菜奈子, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 松本 俊夫 : 多剤併用降圧療法と臓器障害モニタリングにより長期にわたり心腎大血管障害の改善が得られた加速型高血圧-悪性高血圧の1例, 第14回日本内分泌学会四国支部学術集会, 2014年9月.
閲覧 森本 佳奈, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 田蒔 基行, 近藤 剛史, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 安倍 正博 : 2型糖尿病患者における血糖指標と減塩がもたらす血圧低下との連関, 第251回徳島医学会学術集会, 2015年8月.
閲覧 原 倫世, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 乙田 敏城, 湯浅 智之, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 粟飯原 賢一 : NAFLD病態指標血漿Heparin Cofactor IIの連関, 第52回日本動脈硬化学会総会・学術集会, 2020年8月.

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 0.38, Max(EID) = 377926, Max(EOID) = 1011309.