『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

OWN=閲覧 関澤 純

登録情報の数

有効な情報: 0件 + 無効な情報: 21件 = 全ての情報: 21件

全ての有効な情報 (0件)
  (見出し語句検索:)

抽出結果のリスト

0件の情報を発見しました.

(なし)

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

無効な情報 (21件)

閲覧 関澤 純 : 化学物質による健康のリスク評価, ケミカルエンジニアリング, Vol.47, No.2, 104-109, 2002年.
閲覧 (種別) : (著者) : (題名), (誌名), (巻), (号), (頁), (発行所), (都市), (年月日).
閲覧 井上 達, 五十嵐 勝秀, 関澤 純 : 内分泌かく乱物質の作用機序からみたヒトへの健康障害, 日本医師会雑誌, Vol.127, No.2, 197-201, 2002年.
閲覧 Yuji Takao, Kohei Yamashita, Shinya Kohra, Makiko Inudo, Maki Nagae, Nobuaki Tominaga, Yasuhiro Ishibashi, Jun Sekizawa, Shinichi Miyairi and Koji Arizono : (題名), 日本内分泌かく乱化学物質会合5回研究発表, (巻), (号), (頁), Nov. 2002.
閲覧 関澤 純 : 食の安全におけるリスクアナリシスの役割, 第1回リスクアナリシス·ワークショップ, (巻), (号), (頁), 2002年11月.
閲覧 関澤 純 : リスク評価の国際動向とわが国での課題, 日本リスク研究学会誌, Vol.14, No.1, 88-95, 2002年.
閲覧 関澤 純 : リスク評価の考え方と実際, アプローチ環境ホルモン∼その基礎と水環境における最前線∼, (巻), (号), (頁), 2003年.
閲覧 SEKIZAWA INOUE Katsuhide IGARASHI and Jun Tohru : Health Hazards of Endocrine-Disrupting Chemicals on Humans as Examined from the Standpoints of Their Mechanisms of Action, the Journal of the Japan Medical Association, Vol.46, No.3, 97-102, March 2003.
閲覧 Jun Sekizawa and Makoto Ema : Possible Modification of Dioxin Risk in the Presence of Endogenous Liganda for Arylhydrocabon Receptor, (誌名), (巻), (号), (頁), Boston, Aug. 2003.
閲覧 Hiroshi Yamamoto, A Hayashi, Y Nakamura and Jun Sekizawa : Fate and Partitioning of Selected Pharmaceuticals in the Aquatic Environment, Environmental Sciences, Vol.12, No.6, 347-358, 2005.
閲覧 Hiroshi Yamamoto, Hayashi Akihide, Nakamura Yuki and Jun Sekizawa : Fate and Partitioning of Selected Pharmaceuticals in the Aquatic Environment, Environmental Sciences, Vol.12, No.6, 347-358, 2005.
閲覧 山本 裕史, 中村 友紀, 木谷 智世, 中村 雄大, 関澤 純, 鑪迫典久 (名) : 非ステロイド系医薬品の生態リスク初期評価, 環境衛生工学研究, Vol.21, No.3, 71-78, 2007年(0月).
閲覧 山本 裕史, 田村 生弥, 太田 美菜子, 関澤 純, 葛西 博文, 田中 基博 : 生態系支援コンクリートによる河川環境の修復:直鎖アルキルベンゼンスルホン酸を用いた浄化支援効果の評価, 用水と廃水, (巻), (号), (頁), 2007年(0月).
閲覧 山本 裕史, 田村 生弥, 太田 美菜子, 関澤 純, 葛西 博文, 田中 基博 : 生態系支援コンクリートによる河川環境の修復:直鎖アルキルベンゼンスルホン酸を用いた浄化支援効果の評価, 用水と廃水, Vol.49, No.11, 15-33, 2007年.
閲覧 山本 裕史, 中村 友紀, 木谷 智世, 中村 雄大, 関澤 純, 鑪迫 典久 : 非ステロイド系医薬品の生態リスク初期評価, 環境衛生工学研究, Vol.21, No.3, 71-78, 2007年.
閲覧 Hiroshi Yamamoto, Nakamura Yuki, Nakamura Yudai, KItani Chiyo, Imari Tetuya, Jun Sekizawa, Takao Y, Yamashita N, Hirai N, Oda S and Tatarazako N : Initial Ecological Risk Assessment of Eight Select-ed Pharmaceuticals in Japan, Environmental Science and Technology, Vol.14, No.4, 177-193, 2007.
閲覧 田村 生弥, 太田 美菜子, 関澤 純, 山本 裕史 : 下水道未普及地域における河川生物膜による直鎖アルキルベンゼンスルホン酸浄化作用の評価, 環境工学研究論文集, Vol.44, (号), 127-134, 2007年.
閲覧 平田 佳子, 渡辺 美佳子, 中村 雄大, 山本 裕史, 関澤 純, 鏡 良弘, 鑢迫 典久 : 防腐剤パラベン類による生態系への影響, 第10回内分泌かく乱化学物質学会研究発表会, (巻), (号), (頁), 2007年12月.
閲覧 香月 翔太, 山本 裕史, 渡辺 美佳子, 中村 雄大, 関澤 純 : 水環境中におけるパラベン類の挙動・分配, 第10回内分泌かく乱化学物質学会研究発表会, (巻), (号), (頁), 2007年12月.
閲覧 (著者) : Health Hazards of Endocrine-Disrupting Chemicals on Humans as Examined from the Standpoints of Their Mechanisms of Action, (誌名), Vol.46, No.3, 97-102, (年月日).
閲覧 (種別) : (著者) : (題名), (誌名), (巻), (号), (頁), (発行所), (都市), (年月日).

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 1.51, Max(EID) = 383309, Max(EOID) = 1024540.