『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

OWN=閲覧 佐野 茂樹 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.創薬科学系.分子創薬化学])

登録情報の数

有効な情報: 379件 + 無効な情報: 3件 = 全ての情報: 382件

全ての有効な情報 (379件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(6)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(6)
閲覧 (未定義) …(223)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 Yoshimitsu Nagao, Shigeki Sano, Tadayo Miyasaka, Masahito Ochiai, Kaoru Fuji, Eiichi Fujita and Hisashi Ishii : Evaluation of the Affinity of New N Atom-Containing Tumor Inhibitors for Nucleic Acids, Nucleic Acids Research, Symposium Series, Vol.16, (号), 37-40, 1985. ...
閲覧 Chieko Murayama, Yoshimitsu Nagao, Shigeki Sano, Masahito Ochiai, Kaoru Fuji, Eiichi Fujita and Tomoyuki Mori : Effect of Oridonin, a Rabdosia Diterpenoid, on Radiosensitization with Misonidazole, Experientia, Vol.43, No.11/12, 1221-1223, 1987. ...
閲覧 Yoshimitsu Nagao, Shigeki Sano, Masahito Ochiai, Kaoru Fuji, Sei-ichi Nishimoto, Tsutomu Kagiya, Yuta Shibamoto, Mitsuyuki Abe, Chieko Murayama and Tomoyuki Mori : Synthetic Development of Hypoxic Cell Sensitizers Having 3-Nitrotriazole Moiety, Journal of Pharmacobio-Dynamics, Vol.10, (号), s-155, 1987. ...
閲覧 Yoshimitsu Nagao, Shigeki Sano, Masahito Ochiai, Kaoru Fuji, Sei-ichi Nishimoto, Tsutomu Kagiya, Chieko Murayama, Tomoyuki Mori, Yuta Shibamoto, Keisuke Sasai and Mitsuyuki Abe : Radiosensitizing Hypoxic Cells with New 3-Nitro-1,2,4-triazole Derivatives in Vitro and, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.37, No.7, 1951-1953, 1989. ...
閲覧 佐野 茂樹 : トピックス:〈有機化学〉新しい不斉制御システムを活用する高エナンチオ選択的炭素ー炭素結合反応, ファルマシア, Vol.26, No.4, 356, 1990年(0月). ...
閲覧 Yoshimitsu Nagao, Shigeki Sano, Masahito Ochiai and Eiichi Fujita : Biomimetic, Chemical, and Spectroscopic Evaluations for the Radiosensitizing Potential of, Tetrahedron, Vol.46, No.9, 3211-3232, 1990. ...
閲覧 Yoshimitsu Nagao, Jamal Mustafa, Shigeki Sano, Masahito Ochiai, Tazuko Tashiro and Shigeru Tsukagoshi : Different Mechanisms of Action of Long Chain Fatty Acid Esters of Podophyllotoxin and, Medicinal Chemistry Research, Vol.1, No.4, 295-299, 1991. ...
閲覧 Yoshimitsu Nagao, Shigeki Sano, Satoshi Nakagawa, Miho Tanaka, Motoo Shiro and Tohru Taga : Characterization of the Sulfonic Esters Adopting a Folded Conformation with Stacked, Chemistry Letters, (巻), No.6, 915-918, 1992. ...
閲覧 佐野 茂樹 : トピックス:〈有機化学〉新しいホスト分子の開発ーリン酸エステルの認識ー, ファルマシア, Vol.28, No.9, 991, 1992年(0月). ...
閲覧 Yoshimitsu Nagao, Shigeki Sano, Satoshi Nakagawa, Masanobu Suzuki, Motoo Shiro, Masaru Kido and Takao Nishi : Synthesis of New Molecules Adopting a Unique Sigmoid Conformation with Stacked, Heterocycles, Vol.36, No.8, 1715-1720, 1993. ...
閲覧 Yoshimitsu Nagao, Kweon Kim, Yoichi Komaki, Shigeki Sano, Masaru Kihara and Motoo Shiro : One-Pot Synthesis of New 1,3-Imidazolidines Possessing Three Aryl Groups via a 1,3-, Heterocycles, Vol.38, No.3, 587-593, 1994. ...
閲覧 Shigeki Sano, Michiko Tanba and Yoshimitsu Nagao : A Facile Synthesis of New Prostaglandin Analogues by Utilizing the Characteristics of the, Heterocycles, Vol.38, No.3, 481-486, 1994. ...
閲覧 Satoshi Tamai, Satoru Miyauchi, Chikako Morizane, Kaname Miyagi, Hisashi Shimizu, Masaharu Kume, Shigeki Sano, Motoo Shiro and Yoshimitsu Nagao : Enzymatic Hydrolyses of the σ-Symmetric Dicarboxylic Diesters Bearing a Sulfinyl Group, Chemistry Letters, (巻), No.12, 2381-2384, 1994. ...
閲覧 Yoshimitsu Nagao, Song Woo Lee, Yoichi Komaki, Shigeki Sano and Motoo Shiro : New Six- to Eight-Membered-Ring Formation Based on the Intramolecular Endo- Mode, Chemistry Letters, (巻), No.3, 597-600, 1994. ...
閲覧 Shigeki Sano, Xiao-Kai Liu, Maki Takebayashi, Yoshimaro Kobayashi, Keiko Tabata, Motoo Shiro and Yoshimitsu Nagao : Lewis Acid- and Cationic Lithium-Mediated Diastereoselective Aldol-Type Reaction Based, Tetrahedron Letters, Vol.36, No.23, 4101-4104, 1995. ...
閲覧 Shigeki Sano, Yoshimaro Kobayashi, Tatsuya Kondo, Maki Takebayashi, Shigeki Maruyama, Tetsuro Fujita and Yoshimitsu Nagao : Asymmetric Total Synthesis of ISP-I (Myriocin, Thermozymocidin), a Potent, Tetrahedron Letters, Vol.36, No.12, 2097-2100, 1995. ...
閲覧 Satoshi Tamai, Hideki Ushirogochi, Shigeki Sano, Yoshimitsu Nagao and Yoshimitsu Nagao : New Reaction Mode of the Dieckmann-Type Cyclization under the Lewis Acid-Et3N, Chemistry Letters, (巻), No.4, 295-296, 1995. ...
閲覧 Shigeki Sano, Hideki Ushirogochi, Kenji Morimoto, Satoshi Tamai and Yoshimitsu Nagao : A New Enantiodivergent Procedure Utilising the Chemoselective Dieckmann-Type, Chemical Communications, (巻), No.15, 1775-1776, 1996. ...
閲覧 Yoshimitsu Nagao, Kweon Kim, Shigeki Sano, Hisao Kakegawa, Song Woo Lee, Hisashi Shimizu, Motoo Shiro and Nobuhiko Katunuma : Syntheses and Reactions of the Diethyl α-Alkynylmalonates Involving the Generation of, Tetrahedron Letters, Vol.37, No.6, 861-864, 1996. ...
閲覧 Yoshimitsu Nagao, Ill-Yun Jeong, Song Woo Lee and Shigeki Sano : A New Ring Enlargement Reaction of γ-Lactones to Seven-Membered Cyclic Ethers via, Chemical Communications, (巻), No.1, 19-20, 1996. ...
閲覧 Shigeki Sano and Yoshimitsu Nagao : Design and Synthesis of New Cysteine Protease Inhibitors, The 2nd Australia-Japan Joint Symposium on Drug Design and Developmant, (巻), (号), (頁), Cairns, Sep. 1996. ...
閲覧 Kazuhiko Hayashi, Hiromi Kogiso, Shigeki Sano and Yoshimitsu Nagao : Variable Stereoselectivity in the Imine Aldol Reactions Employing MgBr2 and Et3N, Synlett, No.12, 1203-1205, 1996. ...
閲覧 Keiko Tagami, Shuzo Takagi, Shigeki Sano, Motoo Shiro and Yoshimitsu Nagao : Asymmetric Dihydroxylation onto the α,β-Unsaturated Carboxylic Ester Derivatives of Camptothecin, Heterocycles, Vol.45, No.9, 1663-1669, 1997. ...
閲覧 Shigeki Sano, Kenji Yokoyama, Mari Fukushima, Tetsuo Yagi and Yoshimitsu Nagao : New Reaction Mode of the Horner-Wadsworth-Emmons Reaction Using Sn(OSO2CF3)2, Chemical Communications, (巻), No.6, 559-560, 1997. ...
閲覧 Song Woo Lee, Ill-Yun Jeong, Motoo Shiro, Shigeki Sano and Yoshimitsu Nagao : Efficient, Direct Synthesis of Novel Racemic Trimethoxy-Substituted [6] and, Tetrahedron Letters, Vol.38, No.4, 611-614, 1997. ...
閲覧 Shigeki Sano and Yoshimitsu Nagao : Asymmetric Synthesis of α-Substituted Serine Derivatives, The 5th China-Japan Joint Symposium on Drug Design and Development, (巻), (号), (頁), Chengdu, Sep. 1997. ...
閲覧 平田 晃陰, 後藤 了, 佐野 茂樹, 長尾 善光, 城 始勇 : Angiotensin II受容体拮抗作用を示すAcyliminothiadiazoline誘導体の特異な物性と構造活性相関, 第25回構造活性相関シンポジウム, (巻), (号), (頁), 1997年11月. ...
閲覧 Shigeki Sano, Toshio Miwa, Xiao-Kai Liu, Takahiro Ishii, Tomoka Takehisa, Motoo Shiro and Yoshimitsu Nagao : Tin- or Magnesium-Mediated Diastereoselective Aldol-Type Reactions for the Asymmetric Synthesis of α-Substituted Serines, Tetrahedron: Asymmetry, Vol.9, No.20, 3615-3618, 1998. ...
閲覧 Shigeki Sano, Maki Takebayashi, Toshio Miwa, Takahiro Ishii and Yoshimitsu Nagao : Tin- or Magnesium-Mediated Diastereoselective Aldol-Type Reactions for the Asymmetric Synthesis of α-Substituted Serines, Tetrahedron: Asymmetry, Vol.9, No.20, 3611-3614, 1998. ...
閲覧 Terukage Hirata, Hiromi Kogiso, Kenji Morimoto, Satoshi Miyamoto, Hiromi Taue, Shigeki Sano, Naoki Muguruma, Susumu Ito and Yoshimitsu Nagao : Synthesis and Reactivities of 3-Indocyanine-green-acyl-1,3-thiazolidine-2-thione (ICG-ATT) as a New Near-Infrared Fluorescent-labeling Reagent, Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.6, No.11, 2179-2184, 1998. ...
閲覧 Shigeki Sano, Kazuhiko Hayashi, Toshio Miwa, Takahiro Ishii, Michiho Fujii, Hiromi Mima and Yoshimitsu Nagao : New Enantiodivergent Procedure for the Syntheses of Chiral α-Substituted Serines from α-Alkyl-α-aminomalonates Utilizing Enzymatic Hydrolysis, Tetrahedron Letters, Vol.39, No.31, 5571-5574, 1998. ...
閲覧 Yoshimitsu Nagao, Satoshi Tamai, Noriko Tanigawa, Shigeki Sano, Toshio Kumagai and Ikuo Kishi : Synthesis and Antibacterial Activity of New, Non-natural 1β-Methylcarbapenem Bearing a σ-Symmetric Bicyclopyrazoliumthio Group as the Pendant Moiety, Heterocycles, Vol.48, No.4, 617-620, 1998. ...
閲覧 佐野 茂樹 : ルイス酸の特性を活用する立体選択的反応, サントリー生物医学研究所講演会, (巻), (号), (頁), 1998年2月. ...
閲覧 長尾 善光, 佐野 茂樹 : 創薬化学の基礎となる不斉反応1, --- 第5章 カルボニル化合物ならびにその等価体への不斉付加反応 ---, 株式会社 廣川書店, 東京, 1998年2月. ...
閲覧 長尾 善光, 佐野 茂樹 : 平成8年度∼平成9年度科学研究費補助金(基盤研究(B)(2))研究成果報告書, --- 医薬品創製を指向する新反応モードの開発研究 ---, (誌名), (巻), (号), (頁), (都市), 1998年3月. ...
閲覧 Shigeki Sano, Tsuyoshi Ando, Kenji Yokoyama and Yoshimitsu Nagao : New Reaction Mode of the Horner-Wadsworth-Emmons Reaction for the Preparation of α-Fluoro-α,β-unsaturated Esters, Synlett, Vol.1998, No.7, 777-779, 1998. ...
閲覧 Shigeki Sano, Kenji Yokoyama and Yoshimitsu Nagao : New Approach to the Stereoselective Horner-Wadsworth-Emmons Reaction, 3rd Australia-Japan Symposium on Drug Design and Development, (巻), (号), (頁), Naruto, Sep. 1998. ...
閲覧 Shigeki Sano, Takahiro Ishii and Yoshimitsu Nagao : Highly Enantioselective Synthesis of α-Substituted Serine Derivatives Utilizing a Chiral Ligand, 3rd Australia-Japan Symposium on Drug Design and Development, (巻), (号), (頁), Naruto, Sep. 1998. ...
閲覧 佐野 茂樹 : 平成10年度日本薬学会中国四国支部奨励賞受賞講演:スズ及びマグネシウムの特性を活用する立体選択的反応, 第37回日本薬学会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 1998年10月. ...
閲覧 Ill-Yun Jeong, Woo-Song Lee, Satoru GOTO, Shigeki Sano, Motoo Shiro and Yoshimitsu Nagao : Novel hetrocyclic ring-expansion and/or dehydration-hydration reactions of propargylic and allenylic hydroxy γ-lactams in the presence of strong base or Lewis acid, Tetrahedron, Vol.54, No.48, 14437-14454, 1998. ...
閲覧 Shigeki Sano, Takahiro Ishii, Toshio Miwa and Yoshimitsu Nagao : Tin-Mediated Enantioselective Aldol-Type Reaction for the Asymmetric Synthesis of α-Substituted Serines Utilizing an External Chiral Ligand, (-)-Sparteine, Tetrahedron Letters, Vol.40, No.15, 3013-3016, 1999. ...
閲覧 佐野 茂樹 : 平成11年度日本薬学会奨励賞受賞講演:ヘテロ原子の特性を活用する高選択的反応の開発と医薬品合成への応用, 日本薬学会第119年会, (巻), (号), (頁), 1999年3月. ...
閲覧 Shigeki Sano and Yoshimitsu Nagao : New Approach to the Stereoselective Horner-Wadsworth-Emmons Reaction, The 7th Korea-Japan Joint Symposium on Drug Design and Development, (巻), (号), (頁), Busan, May 1999. ...
閲覧 Yoshimitsu Nagao, Norio Nakazawa and Shigeki Sano : Development of Hydroxylation at the α-Position of Carbonyl Compounds, The 7th Korea-Japan Joint Symposium on Drug Design and Development, (巻), (号), (頁), Busan, May 1999. ...
閲覧 Yoshimitsu Nagao, Kenji Morimoto and Shigeki Sano : Synthesis of New Cysteine Protease Inhibitors Bearing L-Valine, The 7th Korea-Japan Joint Symposium on Drug Design and Development, (巻), (号), (頁), Busan, May 1999. ...
閲覧 Shigeki Sano, Toshio Miwa and Yoshimitsu Nagao : Asymmetric Total Synthesis of (+)-Conagenin, The 7th Korea-Japan Joint Symposium on Drug Design and Development, (巻), (号), (頁), Busan, May 1999. ...
閲覧 Yoshimitsu Nagao, Hitoshi Iimori, Satoru GOTO and Shigeki Sano : Synthesis of New Organosulfur Compounds Having Potential for Intra- or Intermolecular Nonbonded S---X (O, N, S, etc.) Interactions, The 7th Korea-Japan Joint Symposium on Drug Design and Development, (巻), (号), (頁), Busan, May 1999. ...
閲覧 Yoshimitsu Nagao, Satoshi Miyamoto and Shigeki Sano : Chemo- and Enantioselective Pummerer-type Reaction of Chiral Sulfoxides Having Potential S---O Interactions, The 7th Korea-Japan Joint Symposium on Drug Design and Development, (巻), (号), (頁), Busan, May 1999. ...
閲覧 Yoshimitsu Nagao, Hiroe Takeshige, Ado Mihira and Shigeki Sano : Optical Resolution of Racemic S-Oxothiodiglycolic Acid by Exploiting a Chiral Thiazolidine-2-thione, The 7th Korea-Japan Joint Symposium on Drug Design and Development, (巻), (号), (頁), Busan, May 1999. ...
閲覧 Shigeki Sano, Tomoka Takehisa and Yoshimitsu Nagao : Stereoselective Synthesis of Ozagrel Derivatives Utilizing HWE Reaction, The 7th Korea-Japan Joint Symposium on Drug Design and Development, (巻), (号), (頁), Busan, May 1999. ...
閲覧 佐野 茂樹, 長尾 善光 : α-置換セリン誘導体の不斉合成, 有機合成化学協会誌, Vol.58, No.8, 756-765, 2000年(0月). ...
閲覧 佐野 茂樹 : ヘテロ原子の特性を活用する高立体選択的反応の開発ーα置換セリン誘導体の不斉合成ー, 薬学雑誌, Vol.120, No.1, 28-41, 2000年(0月). ...
閲覧 佐野 茂樹 : ヘテロ原子の特性を活用する高立体選択的反応の開発ーHWE反応の新展開ー, 薬学雑誌, Vol.120, No.5, 432-444, 2000年(0月). ...
閲覧 Yoshimitsu Nagao, Hiroaki Nishijima, Hitoshi Iimori, Hideki Ushirogochi, Shigeki Sano and Motoo Shiro : Desulfurilative Self-Coupling Reaction of 1,3-Thiazolidine-2-thiones and Intramolecular Non-Bonded S---S Interaction in the Crystallographic Structure of the Products, Journal of Organometallic Chemistry, Vol.611, No.1/2, 172-177, 2000. ...
閲覧 Yoshimitsu Nagao, Shigeki Sano, Kenji Morimoto, Hisao Kakegawa, Tadanobu Takatani, Motoo Shiro and Nobuhiko Katunuma : Synthesis of a New Class of Cathepsin B Inhibitors Exploiting a Unique Reaction Cascade, Tetrahedron Letters, Vol.41, No.14, 2419-2424, 2000. ...
閲覧 Keiko Tagami, Norio Nakazawa, Shigeki Sano and Yoshimitsu Nagao : Asymmetric Syntheses of (+)-Camptothecin and (+)-7-Ethyl-10-methoxycamptothecin, Heterocycles, Vol.53, No.4, 771-775, 2000. ...
閲覧 佐野 茂樹 : エナンチオ分岐的反応, 有機合成化学協会誌, Vol.58, No.8, 795, 2000年(0月). ...
閲覧 長尾 善光, 佐野 茂樹 : 平成10年度∼平成11年度科学研究費補助金(基盤研究(B)(2))研究成果報告書, --- カテプシン類阻害剤の分子設計ならびに合成開発 ---, (誌名), (巻), (号), (頁), (都市), 2000年3月. ...
閲覧 Shigeki Sano and Yoshimitsu Nagao : Asymmetric Total Synthesis of (+)-Conagenin, 4th Australia-Japan Joint Symposium on Drug Design and Development, (巻), (号), (頁), Melbourne, May 2000. ...
閲覧 Yoshimitsu Nagao and Shigeki Sano : Characterization of the Organosulfur Compound Bearing S---X (X = O, N, Br, and p) Close Contact and Its Application to Organic Reactions, 4th Australia-Japan Joint Symposium on Drug Design and Development, (巻), (号), (頁), Melbourne, May 2000. ...
閲覧 Yoshimitsu Nagao and Shigeki Sano : Characterization of the Organosulfur Compound Bearing S---X (X = O, N, Br, and p) Close Contact and Its Application to Organic Reactions, 4th Australia-Japan Joint Symposium on Drug Design and Development, (巻), (号), (頁), Melbourne, May 2000. ...
閲覧 佐野 茂樹 : α置換セリン誘導体の不斉合成, 第1回徳島大学薬学部教官研究業績発表会, (巻), (号), (頁), 2000年7月. ...
閲覧 Yoshimitsu Nagao, Akiharu Ueki, Kazunori Asano, Satoru Tanaka and Shigeki Sano : Palladium(0)-Catalyzed Ring-Expansion Reactions of Allenyl Alcohol Derivatives, The Joint Symposium between Seoul National University and University of Tokushima on Pharmacy, (巻), (号), (頁), Cheju Island, Aug. 2000. ...
閲覧 Shigeki Sano : Development of Stereoselective Horner-Wadsworth-Emmons Reaction, Exchange Program between Seoul National University and University of Tokushima, (巻), (号), (頁), Nov. 2000. ...
閲覧 Shigeki Sano, Toshio Miwa, Kazuhiko Hayashi, Kazuo Nozaki, Yohei Ozaki and Yoshimitsu Nagao : Chemoenzymatic Total Synthesis of (+)-Conagenin, a Low-molecular-weight Immunomodulator, Tetrahedron Letters, Vol.42, No.24, 4029-4031, 2001. ...
閲覧 Norio Nakazawa, Keiko Tagami, Hitoshi Iimori, Shigeki Sano, Tsutomu Ishikawa and Yoshimitsu Nagao : Copper(I) Iodine-Promoted Hydroxylation onto the Lithium or Potassium Enolate of Lactones and Lactams, Heterocycles, Vol.55, No.11, 2157-2170, 2001. ...
閲覧 佐野 茂樹 : 平成11年度∼平成12年度科学研究費補助金(基盤研究(C)(2))研究成果報告書, --- ルイス酸を活用する新しい高立体選択的HWE反応の開発研究 ---, (誌名), (巻), (号), (頁), (都市), 2001年3月. ...
閲覧 佐野 茂樹 : 創薬化学を志向する高選択的反応の開発, 第1回バイオマテリアル工学研究委員会·講演会, (巻), (号), (頁), 2001年6月. ...
閲覧 Yoshimitsu Nagao, Hitoshi Iimori, Hong Ki Nam, Shigeki Sano and Motoo Shiro : Synthesis and Antibacterial Activity of New 1β-Methylcarbapenems Having the Potential for Intramolecular Nonbonded S---O Interactions, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.49, No.12, 1660-1661, 2001. ...
閲覧 Shigeki Sano, Rie Teranishi and Yoshimitsu Nagao : Toward (Z)-Selective Horner-Wadsworth-Emmons Reaction of Aldehydes with 2-Fluoro-2-diethylphosphonoacetic Acid, Tetrahedron Letters, Vol.43, No.50, 9183-9186, 2002. ...
閲覧 Shigeki Sano, Tomoka Takehisa, Shiho Ogawa, Kenji Yokoyama and Yoshimitsu Nagao : Stereoselective Synthesis of Tetrasubstituted (Z)-Alkenes form Aryl Alkyl Ketones Utilizing the Horner-Wadsworth-Emmons Reaction, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.50, No.9, 1300-1302, 2002. ...
閲覧 Shigeki Sano, Kenji Yokoyama, Rie Teranishi, Motoo Shiro and Yoshimitsu Nagao : Enantioselective Horner-Wadsworth-Emmons Reaction for the Asymmetric Synthesis of α-Fluoro-α,β-unsaturated Esters, Tetrahedron Letters, Vol.43, No.2, 281-284, 2002. ...
閲覧 Yoshimitsu Nagao, Satoshi Miyamoto, Kazuhiko Hayashi, Ado Mihira and Shigeki Sano : Highly Chemoselective Pummerer Reactions of Sulfinyldiacetic Acid Derivative, Tetrahedron Letters, Vol.43, No.8, 1519-1522, 2002. ...
閲覧 Yoshimitsu Nagao, Akiharu Ueki, Kazunori Asano, Satoru Tanaka, Shigeki Sano and Motoo Shiro : Facile Palladium(0)-Catalyzed Ring Expansion Reactions of Hydroxy Methoxyallenyl Cyclic Compounds via Hydropalladation, Organic Letters, Vol.4, No.3, 455-457, 2002. ...
閲覧 長尾 善光, 佐野 茂樹 : 平成12年度∼平成13年度科学研究費補助金(基盤研究(B)(2))研究成果報告書, --- 非結合性相互作用を機軸とする新反応メディアの構築とその応用研究 ---, (誌名), (巻), (号), (頁), (都市), 2002年3月. ...
閲覧 Yoshimitsu Nagao, Satoshi Miyamoto, Kazuhiko Hayashi, Ado Mihira and Shigeki Sano : Synthesis of New Chiral Sulfinyldiacetic Acid Derivatives and Attempt at Chemoselective Asymmetric Pummerer Reaction, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.50, No.4, 558-562, 2002. ...
閲覧 Shigeki Sano and Yoshimitsu Nagao : Tandem Reduction-Olefination for the Stereoselective Synthesis of (Z)-α-Fluoro-α,β-unsaturated Esters, The 9th Korea-Japan Joint Symposium on Drug Design and Development, (巻), (号), (頁), Seoul, May 2002. ...
閲覧 Shigeki Sano, Kenji Yokoyama, Motoo Shiro and Yoshimitsu Nagao : A Facile Method for the Stereoselective Horner-Wadsworth-Emmons Reaction of Aryl Alkyl Ketones, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.50, No.5, 706-709, 2002. ...
閲覧 佐野 茂樹 : HWE試薬を用いるフルオロオレフィンの立体選択的合成, 第18回若手化学者のための化学道場, (巻), (号), (頁), 2002年8月. ...
閲覧 佐野 茂樹, 畦津 知宏, 中野 文仁, 長尾 善光 : イソマンニドおよびイソソルビド誘導体をキラル補助基とする不斉HWE反応, 第41回日本薬学会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2002年11月. ...
閲覧 佐野 茂樹, 竹本 裕香, 長尾 善光 : ホスホノ酢酸ジアニオンとアリールアルキルケトンのE選択的HWE反応, 第41回日本薬学会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2002年11月. ...
閲覧 佐野 茂樹, 中野 文仁, 長尾 善光 : プロキラルケトンを基質とするエナンチオ選択的不斉HWE反応, 第41回日本薬学会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2002年11月. ...
閲覧 長尾 善光, 本城 崇, 後藤 了, 飯森 均, 佐野 茂樹, 城 始勇 : 分子内非結合性相互作用を有するチアジアゾール及びチアゾール誘導体の分子構造特性と機能性, 第32回複素環化学討論会, (巻), (号), (頁), 2002年12月. ...
閲覧 Shigeki Sano, Yuka Takemoto and Yoshimitsu Nagao : (E)-Selective Horner-Wadsworth-Emmons Reaction of Aryl Alkyl Ketones with Bis(2,2,2-trifluoroethyl)phosphonoacetic Acid, Tetrahedron Letters, Vol.44, No.49, 8853-8855, 2003. ...
閲覧 Akiharu Ueki, Satoru Tanaka, Masunori Kumazawa, Takashi Ooi, Shigeki Sano and Yoshimitsu Nagao : A New Convenient Method for Synthesis of 3-(2-Oxoethylidene)isoindolin-1-ones Employing Palladium(II) Acetate and DDQ, Heterocycles, Vol.61, 449-457, 2003. ...
閲覧 Shigeki Sano, Yuka Takemoto and Yoshimitsu Nagao : (E)-Selective Horner Wadsworth Emmons reaction of aldehydes with bis-(2,2,2-trifluoroethyl)phosphonoacetic acid, ARKIVOC, (巻), No.8, 93-101, 2003. ...
閲覧 Shigeki Sano, Katsuyuki Saito and Yoshimitsu Nagao : Tandem Reduction-Olefination for the Stereoselective Synthesis of (Z)-α-Fluoro-α,β-unsaturated Esters, Tetrahedron Letters, Vol.44, No.20, 3987-3990, 2003. ...
閲覧 佐野 茂樹, 畦津 知宏, 中野 文仁, 長尾 善光 : イソマンニドおよびイソソルビド誘導体を不斉補助基とするジアステレオ選択的HWE反応, 日本薬学会第123年会, (巻), (号), (頁), 2003年3月. ...
閲覧 佐野 茂樹, 竹本 裕香, 長尾 善光 : アリールアルキルケトンを基質とするE選択的HWE反応, 日本薬学会第123年会, (巻), (号), (頁), 2003年3月. ...
閲覧 佐野 茂樹, 中野 文仁, 長尾 善光 : キラルアミノアルコールを不斉源とするエナンチオ選択的HWE反応, 日本薬学会第123年会, (巻), (号), (頁), 2003年3月. ...
閲覧 長尾 善光, 木村 めぐみ, 小倉 佑樹, 佐野 茂樹 : 抗緑膿菌活性を有するN-アリールイソチアゾロン誘導体の合成研究, 日本薬学会第123年会, (巻), (号), (頁), 2003年3月. ...
閲覧 長尾 善光, 田中 悟, 植木 章晴, 浅野 和徳, 熊沢 益徳, 佐野 茂樹 : Pd(II)触媒-DDQを用いた3-Alkylidene Isoindolinone誘導体の合成開発, 日本薬学会第123年会, (巻), (号), (頁), 2003年3月. ...
閲覧 長尾 善光, 田中 悟, 植木 章晴, 熊沢 益徳, 佐野 茂樹, 城 始勇 : 環状ヒドロキシ共役エノン体のPd(0)触媒環拡大反応の開発, 日本薬学会第123年会, (巻), (号), (頁), 2003年3月. ...
閲覧 長尾 善光, 宮本 素行, 柏木 貴雄, 佐野 茂樹 : 立体選択的不斉Pummerer反応及びPummerer型環化反応の検討, 日本薬学会第123年会, (巻), (号), (頁), 2003年3月. ...
閲覧 Shigeki Sano, Rie Teranishi, Fumihito Nakano, Kyougetu In, Hiroe Takeshige, Takahiro Ishii, Motoo Shiro and Yoshimitsu Nagao : Asymmetric Horner-Wadsworth-Emmons Reaction Utilizing Isomannide and Isosorbide Derivatives as Chiral Auxiliaries, Heterocycles, Vol.59, No.2, 793-804, 2003. ...
閲覧 Masaya Tadatsu, Susumu Ito, Naoki Muguruma, Yoshihiro Kusaka, Kumi Inayama, Termi Bando, Yoko Tadatsu, Koichi Okamoto, Kunio Ii, Yoshimitsu Nagao, Shigeki Sano and Hiromi Taue : A New Infrared Fluorescent-Labeling Agent and Labeled Antibody for Diagnosing Microcancers, Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.11, No.15, 3289-3294, 2003. ...
閲覧 Shigeki Sano and Yoshimitsu Nagao : Stereoselective Horner-Wadsworth-Emmons Reaction for the Synthesis of Amide Isosteres, Fifth AFMC International Medicinal Chemistry Symposium, (巻), (号), (頁), Kyoto, Japan, Oct. 2003. ...
閲覧 長尾 善光, 宮本 素行, 宮本 聡, 佐野 茂樹 : アキラル及びキラルなピロリドン誘導体を活用する不斉Pummerer反応及び不斉Aldol反応, 第33回複素環化学討論会, (巻), (号), (頁), 2003年10月. ...
閲覧 長尾 善光, 本城 崇, 飯森 均, 後藤 了, 佐野 茂樹, 城 始勇 : 分子内非結合性相互作用を有するチアゾール及びオキサゾール誘導体の分子構造特性, 第33回複素環化学討論会, (巻), (号), (頁), 2003年10月. ...
閲覧 佐野 茂樹, 竹本 裕香, 久次米 永子, 中野 文仁, 長尾 善光 : ホスホノ酢酸ジアニオンを用いる立体選択的HWE反応, 第33回複素環化学討論会, (巻), (号), (頁), 2003年10月. ...
閲覧 佐野 茂樹, 畦津 知宏, 東雲 三和, 長尾 善光 : 転位-エステル化反応によるβ,γ-不飽和エステルの合成, 第42回日本薬学会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2003年11月. ...
閲覧 佐野 茂樹, 竹本 裕香, 久次米 永子, 中野 文仁, 長尾 善光 : キラルなリン原子を有する新しいHWE試薬, 第42回日本薬学会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2003年11月. ...
閲覧 佐野 茂樹, 中野 文仁, 竹本 裕香, 久次米 永子, 長尾 善光 : 2-置換-1,3-ジオキサン-5-オンを基質とするHWE反応, 第42回日本薬学会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2003年11月. ...
閲覧 Yoshimitsu Nagao and Shigeki Sano : Cyclization, Ring Expansion, and Several Cascade Reactions Utilizing Allenylic Molecular Structure Characteristics, Journal of Synthetic Organic Chemistry, Japan, Vol.61, No.11, 1088-1098, Nov. 2003. ...
閲覧 佐野 茂樹 : 第5版 実験化学講座 15巻 有機化合物の合成(III)アルデヒド·ケトン·キノン, --- 第4章 ケテン ---, 丸善 株式会社, 東京, 2003年11月. ...
閲覧 Shigeki Sano and Yoshimitsu Nagao : HWE Reaction of Phosphonoacetic Acids and Synthesis of Novel P-Chiral HWE Reagents, The 2nd Takeda Science Foundation Symposium on PharmaSciences, (巻), (号), (頁), Kyoto, Dec. 2003. ...
閲覧 佐野 茂樹 : Horner-Wadsworth-Emmons反応の新展開, 第8回徳島大学薬学部研究発表会(教官研究業績発表会), (巻), (号), (頁), 2003年12月. ...
閲覧 Yoshimitsu Nagao, Satoru Tanaka, Kazuhiko Hayashi, Shigeki Sano and Motoo Shiro : New Synthetic Methods for Seven- and Eight-Membered Cyclic Ethers Based on the Ring-Expansion Reactions of Hydroxy or Lithioxy Methoxyallenylisochroman Derivatives, Synlett, Vol.0, No.3, 481-484, 2004. ...
閲覧 佐野 茂樹, 畦津 知宏, 中野 文仁, 長尾 善光 : タンデム型二重結合転位-エステル化反応によるβ,γ-不飽和エステルの合成, 日本薬学会第124年会, (巻), (号), (頁), 2004年3月. ...
閲覧 佐野 茂樹, 竹本 裕香, 久次米 永子, 中野 文仁, 長尾 善光 : キラルなリン原子を有する新規HWE試薬の合成, 日本薬学会第124年会, (巻), (号), (頁), 2004年3月. ...
閲覧 佐野 茂樹, 中野 文仁, 竹本 裕香, 久次米 永子, 長尾 善光 : 新規光学活性ホスホノ酢酸エステルを用いるエナンチオ選択的HWE反応, 日本薬学会第124年会, (巻), (号), (頁), 2004年3月. ...
閲覧 長尾 善光, 本城 崇, 佐野 茂樹 : 環状酸無水物の効率的モノアルキル化反応の開発研究, 日本薬学会第124年会, (巻), (号), (頁), 2004年3月. ...
閲覧 長尾 善光, 宮本 素行, 佐野 茂樹 : α-ハロケトンを用いるアルドール反応及びその不斉反応への応用, 日本薬学会第124年会, (巻), (号), (頁), 2004年3月. ...
閲覧 長尾 善光, 熊沢 益徳, 田中 悟, 佐野 茂樹 : 環状ヒドロキシ共役エノン体のシリカゲルを用いた環拡大反応の開発, 日本薬学会第124年会, (巻), (号), (頁), 2004年3月. ...
閲覧 Shigeki Sano and Yoshimitsu Nagao : Synthesis of P-Chiral Phosphonates: Novel Horner-Wadsworth-Emmons Reagents, The 10th Korea-Japan Joint Symposium on Drug Design and Development, (巻), (号), (頁), Tokushima, April 2004. ...
閲覧 Kazuhiko Hayashi, Yoshifumi Ikee, Shigeki Sano and Yoshimitsu Nagao : Synthesis of the Pendant Moiety of Oral 1b-Methylcarbapenem Antibiotics L-084, The 10th Korea-Japan Joint Symposium on Drug Design and Development, (巻), (号), (頁), Tokushima, April 2004. ...
閲覧 Shigeki Sano and Yoshimitsu Nagao : Stereoselective Synthesis of (Z)-fluoroolefins: (s-Z)-Amide isosteres, Pharmaceutical Sciences World Congress, (巻), (号), (頁), Kyoto, May 2004. ...
閲覧 Satoru Tanaka, Masunori Kumazawa, Shigeki Sano and Yoshimitsu Nagao : Development of Ring-Expansion Reactions Using Hydroxy Methoxyallenyl or Propenoyl Cyclic Compounds, Pharmaceutical Sciences World Congress, (巻), (号), (頁), Kyoto, May 2004. ...
閲覧 Takashi Honjo, Shigeki Sano and Yoshimitsu Nagao : Syntheses and Characterization of Thiazole Derivatives Having the Potential for Intramolecular Nonbonded Interactions, Pharmaceutical Sciences World Congress, (巻), (号), (頁), Kyoto, May 2004. ...
閲覧 Motoyuki Miyamoto, Shigeki Sano and Yoshimitsu Nagao : Investigation of Stereoselective Asymmetric Pummerer Reaction and Pummerer-Type Cyclization, Pharmaceutical Sciences World Congress, (巻), (号), (頁), Kyoto, May 2004. ...
閲覧 Kazuhiko Hayashi, Yoshifumi Ikee, Shigeki Sano and Yoshimitsu Nagao : Synthesis of the Pendant Moiety of Oral 1β-Methylcarbapenem Antibiotic L-084 Using 1-Azabicyclo[1.1.0]butane, Pharmaceutical Sciences World Congress, (巻), (号), (頁), Kyoto, May 2004. ...
閲覧 長尾 善光, 佐野 茂樹 : 平成14年度∼平成15年度科学研究費補助金(基盤研究(B)(2))研究成果報告書, --- 新規チアゾール関連化合物の分子設計及び合成と多目的機能開発への応用 ---, (誌名), (巻), (号), (頁), (都市), 2004年5月. ...
閲覧 Shigeki Sano and Yoshimitsu Nagao : New Aspects of the Horner-Wadsworth-Emmons Reaction of Phosphonoacetic Acids, 14th International Symposium on Fine Chemistry and Functional Polymers, (巻), (号), (頁), Hohhot, Inner Mongolia, China, Aug. 2004. ...
閲覧 長尾 善光, 林 一彦, 中島 正晃, 池江 克文, 佐野 茂樹, 佐藤 千里, 磯田 武寿, 玉井 聖, 阿部 隆夫, 熊谷 年夫 : 高歪み分子1-Azabicyclo[1.1.0]butaneの合成と新規抗菌剤合成への応用, 第30回反応と合成の進歩シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2004年10月. ...
閲覧 Malcolm Sainsbury, 長尾 善光, 佐野 茂樹 : チュートリアル化学シリーズ (7), --- 入門 ヘテロ環の化学 ---, 株式会社 化学同人, 京都, 2004年10月. ...
閲覧 佐野 茂樹, 安部 忍, 長尾 善光 : α-メチルホスホノ酢酸エステルの不斉HWE反応, 第43回日本薬学会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2004年11月. ...
閲覧 佐野 茂樹, 久次米 永子, 長尾 善光 : キラルなリン原子を有する新規ホスホノ酢酸エステルの合成, 第43回日本薬学会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2004年11月. ...
閲覧 佐野 茂樹, 中尾 允泰, 長尾 善光 : 酵素反応を用いるα-メチルセリン誘導体のエナンチオ分岐的合成, 第43回日本薬学会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2004年11月. ...
閲覧 佐野 茂樹, 原田 悦子, 長尾 善光 : α,β-不飽和カルボン酸のタンデム型二重結合転位-エステル化反応, 第43回日本薬学会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2004年11月. ...
閲覧 佐野 茂樹, 黒田 陽子, 長尾 善光 : フルオロオレフィンイソステアを基盤とするペプチドミメティクス合成, 第43回日本薬学会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2004年11月. ...
閲覧 谷本 典昭, 本城 崇, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : プロキラルな環状カルボン酸無水物の触媒的不斉チオリシス, 第43回日本薬学会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2004年11月. ...
閲覧 長尾 善光, 熊沢 益徳, 田中 悟, 佐野 茂樹 : 新規なフラン環合成法の開発研究, 第34回複素環化学討論会, (巻), (号), (頁), 2004年11月. ...
閲覧 長尾 善光, 池江 克文, 中島 正晃, 林 一彦, 佐野 茂樹 : 1-アザビシクロ[1.1.0]ブタンから誘導したアゼチジン誘導体を活用する新規キノロン系抗菌剤の合成開発研究, 第34回複素環化学討論会, (巻), (号), (頁), 2004年11月. ...
閲覧 Shigeki Sano, Hisashi Shimizu and Yoshimitsu Nagao : Facile Generation Method for Conjugated Allenyl Esters Based on retro-Dieckmann Type Ring-Opening Reactions, Tetrahedron Letters, Vol.46, No.16, 2883-2886, 2005. ...
閲覧 Shigeki Sano, Hisashi Shimizu and Yoshimitsu Nagao : Trimethylaluminum-Induced Diastereoselective Methylation onto Ethyl 2-Oxocyclopentane-1-carboxylate and Isomerization between Both of the Dimethylaluminium-Alkoxide Products, Tetrahedron Letters, Vol.46, No.16, 2887-2891, 2005. ...
閲覧 Shigeki Sano, Eiko Kujime, Yuka Takemoto, Shiro Motoo and Yoshimitsu Nagao : A Facile Synthesis of Novel Chiral Phosphonoacetates Bearing a Stereogenic Phosphorus Atom, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.53, No.1, 131-134, 2005. ...
閲覧 佐野 茂樹, 安部 忍, 長尾 善光 : イソマンニド誘導体をキラル補助基とする不斉HWE反応, 日本薬学会第125年会, (巻), (号), (頁), 2005年3月. ...
閲覧 佐野 茂樹, 久次米 永子, 長尾 善光 : 新規ホスホノ酢酸エステルの合成と不斉HWE反応への応用, 日本薬学会第125年会, (巻), (号), (頁), 2005年3月. ...
閲覧 佐野 茂樹, 中尾 允泰, 長尾 善光 : 酵素アセチル化反応を用いるα-メチルセリン誘導体のエナンチオ分岐的合成, 日本薬学会第125年会, (巻), (号), (頁), 2005年3月. ...
閲覧 佐野 茂樹, 原田 悦子, 長尾 善光 : 二重結合の転位を基盤とするβ,γ-不飽和エステルの合成, 日本薬学会第125年会, (巻), (号), (頁), 2005年3月. ...
閲覧 佐野 茂樹, 黒田 陽子, 長尾 善光 : フルオロオレフィンを基盤とする新規ジペプチドミメティクス合成法の開発研究, 日本薬学会第125年会, (巻), (号), (頁), 2005年3月. ...
閲覧 長尾 善光, 林 一彦, 小川 志穂, 佐野 茂樹 : 含イオウ常用医薬品に関する情報収集, 日本薬学会第125年会, (巻), (号), (頁), 2005年3月. ...
閲覧 長尾 善光, Tinh Van Dang, 宮本 素行, 佐野 茂樹 : キラルなcAMP-特異的ホスホジエステラーゼ阻害剤の実用的合成, 日本薬学会第125年会, (巻), (号), (頁), 2005年3月. ...
閲覧 長尾 善光, 本城 崇, 佐野 茂樹 : 新規含硫黄有機触媒を用いた環状酸無水物のエナンチオ選択的チオリシス, 日本薬学会第125年会, (巻), (号), (頁), 2005年3月. ...
閲覧 長尾 善光, 宮本 素行, 三谷 智子, 佐野 茂樹 : MgBr2触媒を活用するDarzens反応の開発, 日本薬学会第125年会, (巻), (号), (頁), 2005年3月. ...
閲覧 長尾 善光, 陳 青根, 佐野 茂樹 : アルキニルフルオロシランの合成法の開発と応用研究, 日本薬学会第125年会, (巻), (号), (頁), 2005年3月. ...
閲覧 長尾 善光, 谷本 典昭, 本城 崇, 佐野 茂樹 : プロキラルな環状カルボン酸無水物の触媒的不斉チオリシス, 日本薬学会第125年会, (巻), (号), (頁), 2005年3月. ...
閲覧 長尾 善光, 池江 克文, 橋本 佳奈, 中島 正晃, 林 一彦, 佐野 茂樹 : アザビシクロブタンを活用するキノロン系抗菌剤の合成開発, 日本薬学会第125年会, (巻), (号), (頁), 2005年3月. ...
閲覧 長尾 善光, 熊沢 益徳, 井上 尚兵, 田中 悟, 佐野 茂樹 : パラジウム触媒反応を活用するフラン環形成反応, 日本薬学会第125年会, (巻), (号), (頁), 2005年3月. ...
閲覧 佐野 茂樹 : 平成15年度∼平成16年度科学研究費補助金(基盤研究(C)(2))研究成果報告書, --- 高立体選択的フルオロオレフィンアミドイソステア合成法の開発研究 ---, (誌名), (巻), (号), (頁), (都市), 2005年3月. ...
閲覧 Tinh Van Dang, Motoyuki Miyamoto, Shigeki Sano, Motoo Shiro and Yoshimitsu Nagao : Practical Synthesis of Chiral cis-Cyclohex-4-ene-1,2-dicarboxylic Acid Derivatives by Utilizing (4S)-Isopropyl-1,3-thiazolidine-2-thione, Heterocycles, Vol.65, No.5, 1139-1157, 2005. ...
閲覧 本城 崇, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : 新規なキラルスルホンアミド触媒を用いた環状ジカルボン酸無水物の触媒的高エナンチオ選択的チオリシス, 第6回長井長義記念シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2005年7月. ...
閲覧 熊沢 益徳, 井上 尚兵, 田中 悟, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : パラジウム触媒反応を活用するフラン環形成反応, 第6回長井長義記念シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2005年7月. ...
閲覧 佐野 茂樹 : ペプチドミメティクスを指向する立体選択的フルオロオレフィン合成, 平成17年度徳島大学薬友会近畿支部総会及び大阪サテライトオフィス合同交流会, (巻), (号), (頁), 2005年7月. ...
閲覧 Shigeki Sano, Yoko Kuroda and Yoshimitsu Nagao : Toward Synthesis of Dipeptide-Mimetics Based on Fluoroolefin Isosteres, Seoul National University-The University of Tokushima Young Medicinal Chemist Symposium - Recent Status and Future Prospect of Medicinal Chemistry, (巻), (号), (頁), Seoul, July 2005. ...
閲覧 Shigeki Sano, Michiyasu Nakao and Yoshimitsu Nagao : Novel Enantiodivergent Synthesis of α-Methylserine Derivatives Utilizing Enzymatic Acetylation, Seoul National University-The University of Tokushima Young Medicinal Chemist Symposium - Recent Status and Future Prospect of Medicinal Chemistry, (巻), (号), (頁), Seoul, July 2005. ...
閲覧 Jin Keun Chung, Shigeki Sano and Yoshimitsu Nagao : Development of an Improved Synthetic Method for Monosubstituted Alkynylfluorosilanes, Seoul National University-The University of Tokushima Young Medicinal Chemist Symposium - Recent Status and Future Prospect of Medicinal Chemistry, (巻), (号), (頁), Seoul, July 2005. ...
閲覧 Takashi Honjo, Shigeki Sano and Yoshimitsu Nagao : Highly Enantioselective Catalytic Thiolysis of Prochiral Cyclic Dicarboxylic Anhydrides, Seoul National University-The University of Tokushima Young Medicinal Chemist Symposium - Recent Status and Future Prospect of Medicinal Chemistry, (巻), (号), (頁), Seoul, July 2005. ...
閲覧 Noriaki Tanimoto, Takashi Honjo, Shigeki Sano and Yoshimitsu Nagao : Catalytic Enantioselective Thiolysis of Prochiral Cyclic Dicarboxylic Anhydrides Utilizing Cinchona Alkaloids, Seoul National University-The University of Tokushima Young Medicinal Chemist Symposium - Recent Status and Future Prospect of Medicinal Chemistry, (巻), (号), (頁), Seoul, July 2005. ...
閲覧 Motoyuki Miyamoto, Shigeki Sano and Yoshimitsu Nagao : Investigation of Stereoselective Asymmetric Pummerer Reaction and Pummerer-type Cyclization, Seoul National University-The University of Tokushima Young Medicinal Chemist Symposium - Recent Status and Future Prospect of Medicinal Chemistry, (巻), (号), (頁), Seoul, July 2005. ...
閲覧 Kazuhiko Hayashi, Yoshifumi Ikee, Shigeki Sano and Yoshimitsu Nagao : Synthesis of the Pendant Moiety of Oral 1β-Methylcarbapenem Antibiotic L-084 Using 1-Azabicyclo[1.1.0]butane, Seoul National University-The University of Tokushima Young Medicinal Chemist Symposium - Recent Status and Future Prospect of Medicinal Chemistry, (巻), (号), (頁), Seoul, July 2005. ...
閲覧 Shigeki Sano, Shinobu Abe and Yoshimitsu Nagao : Asymmetric Horner-Wadsworth-Emmons Reaction Utilizing Isomannide Derivatives as Chiral Auxiliaries, Seoul National University-The University of Tokushima Young Medicinal Chemist Symposium - Recent Status and Future Prospect of Medicinal Chemistry, (巻), (号), (頁), Seoul, July 2005. ...
閲覧 Shigeki Sano, Eiko Kujime and Yoshimitsu Nagao : Synthesis of Chiral Phosphonoacetates as Novel Horner-Wadsworth-Emmons Reagents, Seoul National University-The University of Tokushima Young Medicinal Chemist Symposium - Recent Status and Future Prospect of Medicinal Chemistry, (巻), (号), (頁), Seoul, July 2005. ...
閲覧 Shigeki Sano, Etsuko Harada and Yoshimitsu Nagao : Novel Synthesis of β,γ-Unsaturated Esters Utilizing Tandem Double Bond Migration-Esterification, Seoul National University-The University of Tokushima Young Medicinal Chemist Symposium - Recent Status and Future Prospect of Medicinal Chemistry, (巻), (号), (頁), Seoul, July 2005. ...
閲覧 Takashi Honjo, Shigeki Sano, Motoo Shiro and Yoshimitsu Nagao : Highly Enantioselective Catalytic Thiolysis of Prochiral Cyclic Dicarboxylic Anhydrides Utilizing a Bifunctional Chiral Sulfonamide, Angewandte Chemie International Edition, Vol.44, No.36, 5838-5841, 2005. ...
閲覧 本城 崇, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : 新規キラルスルホンアミド触媒を用いたプロキラルなσ対称化合物の触媒的エナンチオ選択的非対称化, 第31回反応と合成の進歩シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2005年11月. ...
閲覧 佐野 茂樹, 安部 忍, 長尾 善光 : 軸性キラリティーを有する2-メチル-2-シクロヘキシリデン酢酸エステル類の合成, 第44回日本薬学会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2005年11月. ...
閲覧 佐野 茂樹, 久次米 永子, 田中 裕子, 長尾 善光 : 不斉リン原子を有する新規光学活性ホスホノ酢酸エステルの合成, 第44回日本薬学会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2005年11月. ...
閲覧 佐野 茂樹, 中尾 允泰, 山本 千代, 長尾 善光 : 酵素アシル化を用いるα-置換セリン誘導体のエナンチオ分岐的合成, 第44回日本薬学会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2005年11月. ...
閲覧 佐野 茂樹, 原田 悦子, 長尾 善光 : 2-シクロヘキシリデン酢酸類のタンデム型二重結合転位-エステル化反応, 第44回日本薬学会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2005年11月. ...
閲覧 佐野 茂樹, 黒田 陽子, 長尾 善光 : Z選択的タンデム型還元-フルオロオレフィン化反応を用いるジペプチドミメティクスの合成, 第44回日本薬学会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2005年11月. ...
閲覧 長尾 善光, 池江 克文, 橋本 佳奈, 中島 正晃, 林 一彦, 佐野 茂樹 : 高歪み分子アザビシクロブタンを活用する抗菌剤合成, 第24回メディシナルケミストリーシンポジウム, (巻), (号), (頁), 2005年11月. ...
閲覧 Yoshimitsu Nagao, Satoshi Miyamoto, Motoyuki Miyamoto, Hiroe Takeshige, Kazuhiko Hayashi, Shigeki Sano, Motoo Shiro, Kentaro Yamaguchi and Yoshihisa Sei : Highly Stereoselective Asymmetric Pummerer Reactions That Incorporate Intermolecular and Intramolecular Nonbonded S---O Interactions, Journal of the American Chemical Society, Vol.128, No.30, 9722-9729, 2006. ...
閲覧 Shigeki Sano, Hisashi Shimizu, Kweon Kim, Woo Song Lee, Motoo Shiro and Yoshimitsu Nagao : Expeditious Syntheses of Conjugated Allenyl Esters and Oxazoles through a Cascade Reaction of α-Alkynyl Malonates under Alkaline Conditions, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.54, No.2, 196-203, 2006. ...
閲覧 Yoko Tadatsu, Naoki Muguruma, Susumu Ito, Masaya Tadatsu, Yoshihiro Kusaka, Koichi Okamoto, Yoshitaka Imoto, Hiromi Taue, Shigeki Sano and Yoshimitsu Nagao : Optimal Labeling Condition of Antibodies Available for Immunofluorescence Endoscopy, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.53, No.1/2, 52-60, 2006. ...
閲覧 Susumu Ito, Naoki Muguruma, Tetsuo Kimura, Hiromi Yano, Yoshitaka Imoto, Koichi Okamoto, Masako Kaji, Shigeki Sano and Yoshimitsu Nagao : Principle and Clinical Usefulness of the Infrared Fluorescence Endoscopy, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.53, No.1/2, 1-8, Feb. 2006. ...
閲覧 佐野 茂樹, 久次米 永子, 田中 裕子, 長尾 善光 : エステラーゼを用いる新規光学活性ホスホノ酢酸エステルの合成, 日本薬学会第126年会, (巻), (号), (頁), 2006年3月. ...
閲覧 佐野 茂樹, 原田 悦子, 長尾 善光 : カルボジイミド系縮合試薬を用いるタンデム型二重結合転位-エステル化および-アミド化反応, 日本薬学会第126年会, (巻), (号), (頁), 2006年3月. ...
閲覧 佐野 茂樹, 黒田 陽子, 長尾 善光 : Z型フルオロオレフィンを基盤とするジペプチドミメティクスの合成, 日本薬学会第126年会, (巻), (号), (頁), 2006年3月. ...
閲覧 佐野 茂樹, 中尾 允泰, 山本 千代, 長尾 善光 : リパーゼを用いるα-置換セリン誘導体のエナンチオ分岐的合成, 日本薬学会第126年会, (巻), (号), (頁), 2006年3月. ...
閲覧 池江 克文, 橋本 佳奈, 中島 正晃, 林 一彦, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : アザビシクロブタンを活用したニューキノロン系抗菌剤の合成, 日本薬学会第126年会, (巻), (号), (頁), 2006年3月. ...
閲覧 谷本 典昭, 本城 崇, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : 新規スルホンアミド触媒を用いたプロキラル環状ジカルボン酸無水物の不斉チオリシス及びアルコリシス, 日本薬学会第126年会, (巻), (号), (頁), 2006年3月. ...
閲覧 井上 尚兵, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : 新規ICG-ATT標識化合物の合成開発, 日本薬学会第126年会, (巻), (号), (頁), 2006年3月. ...
閲覧 本城 崇, 津村 武史, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : プロキラルな環状ジカルボン酸無水物の触媒的高エナンチオ選択的アルコリシス, 日本薬学会第126年会, (巻), (号), (頁), 2006年3月. ...
閲覧 宮本 素行, 増田 隆司, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : 非結合性S•••O相互作用を基盤とする不斉Pummerer反応及びアセチル化反応への応用, 日本薬学会第126年会, (巻), (号), (頁), 2006年3月. ...
閲覧 陳 青根, 山田 敏彰, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : 異種ジアリールジアルキニル置換シラン及びシラシクロブテンの合成開発, 日本薬学会第126年会, (巻), (号), (頁), 2006年3月. ...
閲覧 Shigeki Sano, Motoyuki Miyamoto, Tomoko Mitani and Yoshimitsu Nagao : A Novel and Efficient Darzens Reaction Catalyzed by Magnesium Bromide, Heterocycles, Vol.68, No.3, 459-463, 2006. ...
閲覧 中尾 允泰, 竹安 正範, 山本 千代, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : α-置換セリン誘導体のエナンチオ分岐的化学-酵素合成, 第7回長井長義記念シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2006年9月. ...
閲覧 久次米 永子, 田中 裕子, 林 一彦, 城 始勇, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : 不斉リン原子を有する新規ホスホノ酢酸エステルの化学-酵素合成, 第7回長井長義記念シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2006年9月. ...
閲覧 井上 尚兵, 木下 陽子, 佐野 茂樹, 六車 直樹, 伊東 進, 長尾 善光 : 新規な蛋白質標識試薬の合成開発研究, 第7回長井長義記念シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2006年9月. ...
閲覧 黒田 陽子, 大勢 祐希子, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : ジペプチドイソステアCbz-Gly-Ψ[(Z)-CF=C]-Glyの立体選択的合成, 第7回長井長義記念シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2006年9月. ...
閲覧 池江 克文, 橋本 佳奈, 上野 麻衣, 中島 正晃, 林 一彦, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : アザビシクロブタンを活用するニューキノロン系抗菌剤の合成, 第7回長井長義記念シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2006年9月. ...
閲覧 大久保 好規, 佐野 茂樹, 長尾 善光, 掛川 寿夫 : イソリクイリチゲニンならびにZ異性体の効率的合成, 第7回長井長義記念シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2006年9月. ...
閲覧 津村 武史, 本城 崇, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : キラルスルホンアミドアミン触媒を用いたプロキラルな化合物の触媒的エナンチオ選択的非対称化反応の開発, 第7回長井長義記念シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2006年9月. ...
閲覧 増田 隆司, 宮本 素行, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : 非結合性S•••O相互作用を基盤とする不斉Pummerer反応及び関連不斉識別反応への応用, 第7回長井長義記念シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2006年9月. ...
閲覧 陳 青根, 山田 敏彰, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : モノアルキニルシランとジアルキニルシランの合成開発及びその応用研究, 第7回長井長義記念シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2006年9月. ...
閲覧 中尾 允泰, 竹安 正範, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : α-置換セリン誘導体のエナンチオ分岐的化学-酵素合成ならびに絶対配置の決定, 第45回日本薬学会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2006年10月. ...
閲覧 黒田 陽子, 大勢 祐希子, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : ジペプチドイソステアCbz-AA1-Ψ[(Z)-CF=C]-AA2の合成研究, 第45回日本薬学会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2006年10月. ...
閲覧 大久保 好規, 佐野 茂樹, 長尾 善光, 掛川 寿夫 : HWE反応を用いるイソリクイリチゲニンならびにZ異性体の立体選択的合成, 第45回日本薬学会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2006年10月. ...
閲覧 Shigeki Sano, Michiyasu Nakao, Masanori Takeyasu, Takashi Honjo and Yoshimitsu Nagao : Lipase-catalyzed Enantioselective Acetylation of Prochiral N-Cbz-2-Alkyl-2-amino-1,3-propanediols and Enantiodivergent Synthesis of α-Benzylserine, Letters in Organic Chemistry, Vol.3, No.10, 764-767, 2006. ...
閲覧 Tinh Van Dang, Chung Keun Jin, Motoyuki Miyamoto, Yoshifumi Ikee, Takashi Masuda, Shigeki Sano, Motoo Shiro and Yoshimitsu Nagao : Practical Synthesis of New Chiral cis-Phthalazinones with Potential for High Phosphodiesterase (PDE-4) Inhibitory Activity, Heterocycles, Vol.68, No.10, 2133-2144, 2006. ...
閲覧 Shigeki Sano, Shinobu Abe, Tomohiro Azetsu, Michiyasu Nakao, Motoo Shiro and Yoshimitsu Nagao : Diastereoselective Horner-Wadsworth-Emmons Reaction for the Synthesis of Tetrasubstituted Alkenes with an Axis of Chirality, Letters in Organic Chemistry, Vol.3, No.11, 798-801, 2006. ...
閲覧 Shigeki Sano, Etsuko Harada, Tomohiro Azetsu, Takashi Ichikawa, Michiyasu Nakao and Yoshimitsu Nagao : Novel Deconjugative Esterification of 2-Cyclohexylidneacetic Acids through 4-(Pyrrolidin-1-yl)pyridine Catalyzed Carbodiimide Couplings, Chemistry Letters, Vol.35, No.11, 1286-1287, 2006. ...
閲覧 陳 青根, 山田 敏彰, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : 新規なジアリールジアルキニルシラン及びシラシクロブテンの合成ならびに応用研究, 第32回反応と合成の進歩シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2006年12月. ...
閲覧 中尾 允泰, 竹安 正範, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : α-置換セリン誘導体のエナンチオ分岐的合成と新規絶対配置決定法の開発, 第32回反応と合成の進歩シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2006年12月. ...
閲覧 Shigeki Sano, Yoko Kuroda, Katsuyuki Saito, Yukiko Ose and Yoshimitsu Nagao : Tandem Reduction Olefination of Triethyl 2-Aceyl-2-fluoro-2-phosphonoacetates and a Synthetic Approach to Cbz-Gly-Ψ[(Z)-CF=C]-Gly Dipeptide Isostere, Tetrahedron, Vol.62, No.51, 11881-11890, 2006. ...
閲覧 Chung Keun Jin, Tinh Van Dang, Yoshifumi Ikee, Toshiaki Yamada, Shigeki Sano, Motoo Shiro and Yoshimitsu Nagao : Synthesis of Novel Silacyclobutene Derivatives Utilizing Zirconocene- and Titanocene-ethylene Complexes, Heterocycles, Vol.70, No.1, 71-75, 2006. ...
閲覧 Yoshifumi Ikee, Kana Hashimoto, Masaaki Nakashima, Kazuhiko Hayashi, Shigeki Sano, Motoo Shiro and Yoshimitsu Nagao : Synthesis and Antibacterial Activities of New Quinolone Derivatives Utilizing 1-Azabicyclo[1.1.0]butane, Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters, Vol.17, No.4, 942-945, 2007. ...
閲覧 Chung Keun Jin, Toshiaki Yamada, Shigeki Sano, Motoo Shiro and Yoshimitsu Nagao : Stereoselective Synthesis of Unsymmetrical Conjugated Dienes and Trienes Utilizing Silacyclobutenes, Tetrahedron Letters, Vol.48, No.21, 3671-3675, 2007. ...
閲覧 Takashi Honjo, Michiyasu Nakao, Shigeki Sano, Motoo Shiro, Kentaro Yamaguchi, Yoshihisa Sei and Yoshimitsu Nagao : Nonenzymatic Enantioselective Monoacetylation of Prochiral 2-Protectedamino-2-alkyl-1,3-propanediols Utilizing a Chiral Sulfonamide-Zn Complex Catalyst, Organic Letters, Vol.9, No.3, 509-512, 2007. ...
閲覧 中尾 允泰, 竹安 正範, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : ジケトピペラジン構造を基盤とするα-アミノ酸の新規絶対配置決定法の開発研究, 日本薬学会第127年会, (巻), (号), (頁), 2007年3月. ...
閲覧 陳 青根, 山田 敏彰, 宮本 素行, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : 新規な1-シラアレン,シラシクロブテン,ならびに1,3-共役ジエンの合成, 日本薬学会第127年会, (巻), (号), (頁), 2007年3月. ...
閲覧 黒田 陽子, 大勢 祐希子, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : フルオロオレフィン型光学活性ジペプチドミメティクスの合成研究, 日本薬学会第127年会, (巻), (号), (頁), 2007年3月. ...
閲覧 井上 尚兵, 木下 陽子, 青柳 えり子, 六車 直樹, 伊東 進, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : 新規ICG-ATT誘導体を用いた蛋白質標識モデル実験, 日本薬学会第127年会, (巻), (号), (頁), 2007年3月. ...
閲覧 頼光 翔, 黒川 ふみ, 池江 克文, 佐野 茂樹, 德村 彰, 福澤 健治 : 脂質酸化二次産物による血管内皮細胞障害およびビタミンEによる防御作用, 日本ビタミン学会第59回大会, (巻), (号), (頁), 2007年5月. ...
閲覧 佐野 茂樹 : 平成17年度∼平成18年度科学研究費補助金(基盤研究(C)研究成果報告書, --- P-キラルホスホノ酢酸エステル及び類縁体の合成開発と不斉HWE反応への応用 ---, (誌名), (巻), (号), (頁), (都市), 2007年5月. ...
閲覧 長尾 善光, 佐野 茂樹 : 平成16年度∼平成18年度科学研究費補助金(基盤研究(B))研究成果報告書, --- シラアレンカチオン活性種及び類縁体の合成開発と応用研究 ---, (誌名), (巻), (号), (頁), (都市), 2007年5月. ...
閲覧 中尾 允泰, 竹安 正範, 中野 沙織, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : 光学活性ジケトピペラジンの合成とα-アミノ酸誘導体の新規絶対配置決定法の開発, 第33回反応と合成の進歩シンポジウム, 2007年11月. ...
閲覧 山下 大輔, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : 2-アシル-2-ホスホノ酢酸エステルの合成とタンデム型還元-オレフィン化反応, 第46回日本薬学会·日本薬剤師会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2007年11月. ...
閲覧 中尾 允泰, 竹安 正範, 中野 沙織, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : 1H NMRを活用するα-アミノ酸誘導体の新規絶対配置決定法の開発, 第46回日本薬学会·日本薬剤師会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2007年11月. ...
閲覧 佐野 茂樹 : HWE反応の新たな選択性を求めて, 大鵬薬品工業株式会社飯能研究センター講演会, (巻), (号), (頁), 2007年11月. ...
閲覧 佐野 茂樹 : 研究助成金・奨励金贈呈者公表文献一覧表(2000年∼2005年), --- キラル-アキラル配位子組合せ系を基盤とする触媒的不斉反応場の構築 ---, 財団法人 武田科学振興財団, (巻), (号), (頁), (都市), 2007年11月. ...
閲覧 Kazuhiko Hayashi, Eiko Kujime, Hajime Katayama, Shigeki Sano and Yoshimitsu Nagao : Effects of Magnesium Salts and Amines on the Stereoselectivity in the Imine Aldol Reaction, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.55, No.12, 1773-1775, 2007. ...
閲覧 Yoshimitsu Nagao and Shigeki Sano : Electronic Encyclopedia of Reagents for Organic Synthesis, --- (S)-4-Isopropyl-1,3-thiazolidine-2-thione ---, John Wiley & Sons, Inc., Chichester, (month)2008. ...
閲覧 佐野 茂樹 : 光学活性ホスホノ酢酸エステル及び類縁体の合成開発と不斉HWE反応への応用研究, 薬学研究の進歩 研究成果報告集 24, (巻), (号), 37-43, (都市), 2008年(0月). ...
閲覧 Chung Keun Jin, Toshiaki Yamada, Shigeki Sano and Yoshimitsu Nagao : Synthesis of Dialkynyldiarylsilanes and Their Application Reactions, The Winter School of Sokendai/Asian CORE Program Frontiers of Materials, Photo-, and Theoretical Molecular Sciences, (巻), (号), (頁), Okazaki, Jan. 2008. ...
閲覧 中尾 允泰, 竹安 正範, 中野 沙織, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : ジケトピペラジン構造を基盤とするα-アミノ酸の新規絶対配置決定法の開発研究(2), 日本薬学会第128年会, (巻), (号), (頁), 2008年3月. ...
閲覧 市川 喬士, 中尾 允泰, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : カルボジイミド型脱水縮合剤を用いる脱共役エステル化反応, 日本薬学会第128年会, (巻), (号), (頁), 2008年3月. ...
閲覧 上野 麻衣, 池江 克文, 橋本 佳奈, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : アンギバクチンの全合成研究, 日本薬学会第128年会, (巻), (号), (頁), 2008年3月. ...
閲覧 Yoshifumi Ikee, Kana Hashimoto, Mai Kamino, Masaaki Nakashima, Kazuhiko Hayazhi, Shigeki Sano, Motoo Shiro and Yoshimitsu Nagao : Synthesis of New Quinolone Antibiotics Utilizing Azetidine Derivatives Obtained from 1-Azabicyclo[1.1.0]butane, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.56, No.3, 346-356, 2008. ...
閲覧 Michiyasu Nakao, Masanori Takeyasu, Shigeki Sano and Yoshimitsu Nagao : Synthesis of Optical Active Diketopiperazines for Absolute Configuration Determination of α-Amino Acids, The 12th Japan-Korea Joint Symposium on Drug Design and Development, (巻), (号), (頁), Sendai, May 2008. ...
閲覧 Kazuhiko Hayazhi, Shiho Ogawa, Shigeki Sano, Motoo Shiro, Kentaro Yamaguchi, Yoshihisa Sei and Yoshimitsu Nagao : Intramolecular Nonbonded S---N Interaction in Rabeprazole, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.56, No.6, 802-806, 2008. ...
閲覧 Chung Keun Jin, Toshiaki Yamada, Takashi Masuda, Yoshimitsu Nagao and Shigeki Sano : Synthesis of rac-Alkynylfluorosilanes and Their Application Reactions, Post ISOS XV Symposium, (巻), (号), (頁), Takasaki, June 2008. ...
閲覧 津村 武史, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : キラルスルホンアミド-亜鉛錯体を用いるσ対称1,3-ジオールの不斉モノアシル化反応, 第24回若手化学者のための化学道場, (巻), (号), (頁), 2008年9月. ...
閲覧 津村 武史, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : σ対称1,3-ジオールを基質とする触媒的エナンチオ選択的アセチル化反応, 第34回反応と合成の進歩シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2008年11月. ...
閲覧 中尾 允泰, 竹安 正範, 廣山 裕太, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : 1H NMRを用いるα-アミノ酸の簡便絶対配置決定法の開発, 第47回日本薬学会·日本薬剤師会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2008年11月. ...
閲覧 津村 武史, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : キラルスルホンアミド-亜鉛錯体を用いたσ対称1,3-ジオールの触媒的エナンチオ選択的アセチル化反応, 第47回日本薬学会·日本薬剤師会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2008年11月. ...
閲覧 市川 喬士, 中尾 允泰, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : カルボジイミド型脱水縮合剤を用いるケテン経由の脱共役エステル化反応, 第47回日本薬学会·日本薬剤師会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2008年11月. ...
閲覧 大勢 祐希子, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : ケトンの不斉還元によるフルオロオレフィン型光学活性ジペプチドミメティクスの合成, 第47回日本薬学会·日本薬剤師会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2008年11月. ...
閲覧 上野 麻衣, 中山 ゆかり, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : アンギバクチンならびにアンヒドロアンギバクチンの合成研究, 第47回日本薬学会·日本薬剤師会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2008年11月. ...
閲覧 時實 梨衣, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : HWE反応を基盤とするグリセロリン脂質の合成研究, 第47回日本薬学会·日本薬剤師会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2008年11月. ...
閲覧 七瀧 浩志, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : フルオロオレフィン型プロリン含有ジペプチドミメティクスの合成, 第47回日本薬学会·日本薬剤師会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2008年11月. ...
閲覧 森本 晃允, 佐野 茂樹, 長尾 善光, 伊藤 博夫 : 揮発性チオール捕捉反応剤の合成開発研究, 第47回日本薬学会·日本薬剤師会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2008年11月. ...
閲覧 中尾 允泰, 竹安 正範, 廣山 裕太, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : α-アミノ酸の絶対配置決定を目的とした光学活性ジケトピペラジンの合成, 第38回複素環化学討論会, (巻), (号), (頁), 2008年11月. ...
閲覧 中尾 允泰, 竹安 正範, 廣山 裕太, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : 複素環化合物の特性を活用したα-アミノ酸の簡便絶対配置決定法, 創薬懇話会2008, (巻), (号), (頁), 2008年12月. ...
閲覧 津村 武史, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : シンコナアルカロイド誘導体を用いたσ対称1,3-ジオールの非対称化反応, 創薬懇話会2008, (巻), (号), (頁), 2008年12月. ...
閲覧 Shigeki Sano, Michiyasu Nakao, Masanori Takeyasu, Chiyo Yamamoto, Syuji Kitaike, Yasuko Yoshioka and Yoshimitsu Nagao : Chemoenzymatic Synthesis of α-Substituted Serines via Enantiodivergent Transformation, The Open Organic Chemistry Journal, Vol.3, (号), 22-34, 2009. ...
閲覧 中尾 允泰, 竹安 正範, 廣山 裕太, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : ジケトピペラジン構造を基盤とするα-アミノ酸の新規絶対配置決定法の開発研究(3), 日本薬学会第129年会, (巻), (号), (頁), 2009年3月. ...
閲覧 津村 武史, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : σ対称1,3-ジオールの触媒的不斉非対称化反応, 日本薬学会第129年会, (巻), (号), (頁), 2009年3月. ...
閲覧 市川 喬士, 中尾 允泰, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : ケテン経由の脱共役エステル化を基盤とする不斉転位反応, 日本薬学会第129年会, (巻), (号), (頁), 2009年3月. ...
閲覧 時實 梨衣, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : HWE反応を用いるグリセロリン脂質の合成, 日本薬学会第129年会, (巻), (号), (頁), 2009年3月. ...
閲覧 七瀧 浩志, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : HWE反応を用いるフルオロオレフィン型プロリン含有ジペプチドミメティクスの合成, 日本薬学会第129年会, (巻), (号), (頁), 2009年3月. ...
閲覧 森本 晃允, 佐野 茂樹, 長尾 善光, 伊藤 博夫 : メタンチオール捕捉標識反応剤の合成開発, 日本薬学会第129年会, (巻), (号), (頁), 2009年3月. ...
閲覧 Shigeki Sano, Michiyasu Nakao, Masanori Takeyasu, Syuji Kitaike, Yasuko Yoshioka and Yoshimitsu Nagao : Use of Diketopiperazines for Determining Absolute Configurations of α-Substituted Serines by 1H-NMR Spectroscopy, Heterocycles, Vol.79, No.1, 781-789, 2009. ...
閲覧 Kazuhiko Hayashi, Eiko Kujime, Hajime Katayama, Shigeki Sano and Yoshimitsu Nagao : Reaction of 1-Azabicyclo[1.1.0]butane with Activated Amides, Heterocycles, Vol.78, No.1, 1777-1786, 2009. ...
閲覧 Kazuhiko Hayashi, Eiko Kujime, Hajime Katayama, Shigeki Sano, Motoo Shiro and Yoshimitsu Nagao : Synthesis and Reaction of 1-Azabicyclo[3.1.0]hexane, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.57, No.10, 1142-1146, 2009. ...
閲覧 市川 喬士, 中尾 允泰, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : カルボジイミド型脱水縮合剤を用いるα,β-不飽和カルボン酸の脱共役エステル化反応, 第35回反応と合成の進歩シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2009年11月. ...
閲覧 中尾 允泰, 廣山 裕太, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : 芳香環含有ジケトピペラジン類のコンホメーション解析, 第48回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2009年11月. ...
閲覧 津村 武史, 堀部 将史, 中尾 允泰, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : σ対称環状炭酸エステルの触媒的エナンチオ選択的開環反応, 第48回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2009年11月. ...
閲覧 市川 喬士, 中尾 允泰, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : DCCを用いるα,β-不飽和カルボン酸の脱共役エステル化反応, 第48回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2009年11月. ...
閲覧 山下 大輔, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : タンデム型還元-オレフィン化反応によるE選択的オレフィン合成, 第48回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2009年11月. ...
閲覧 時實 梨衣, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : 1,2-ジグリセリド含有HWE試薬の合成とグリセロリン脂質への変換, 第48回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2009年11月. ...
閲覧 七瀧 浩志, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : フルオロオレフィン型プロリン含有ジペプチドミメティクス合成を目的とする立体選択的HWE反応, 第48回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2009年11月. ...
閲覧 森本 晃允, 中尾 允泰, 佐野 茂樹, 伊藤 博夫 : OPA法ならびにエルマン法を基盤とするチオール捕捉標識反応剤の合成開発, 第48回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2009年11月. ...
閲覧 嘉村 真法, 津村 武史, 中尾 允泰, 佐野 茂樹, 長尾 善光 : 環状酸無水物の不斉アルコリシスを基盤とする光学活性フタラジノンの合成, 第48回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2009年11月. ...
閲覧 坂井 亮介, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : 分子内励起二量体形成型タンパク質蛍光標識試薬の合成開発, 第48回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2009年11月. ...
閲覧 中山 ゆかり, 河野 紘志, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : シデロフォア活性物質アンギバクチンならびに関連誘導体の合成, 第48回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2009年11月. ...
閲覧 廣山 裕太, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : N-メチルジケトピペラジン構造を基盤とするα-アミノ酸の絶対配置決定法の開発, 第48回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2009年11月. ...
閲覧 矢野 哲平, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : Still試薬のHWE反応によるアレン化合物の合成, 第48回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2009年11月. ...
閲覧 久次米 永子, 片山 肇, 佐野 茂樹, 林 一彦 : 1-Azabicyclo[3.1.0]hexaneの合成と反応, 第48回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2009年11月. ...
閲覧 Takashi Honjo, Takeshi Tsumura, Shigeki Sano, Yoshimitsu Nagao, Kentaro Yamaguchi and Yoshihisa Sei : A Chiral Bifunctional Sulfonamide as an Organocatalyst: Alcoholysis of -Symmetric Cyclic Dicarboxylic Anhydrides, Synlett, No.20, 3279-3282, 2009. ...
閲覧 Shigeki Sano, Takeshi Tsumura, Noriaki Tanimoto, Takashi Honjo, Michiyasu Nakao and Yoshimitsu Nagao : Modified Cinchona Alkaloid-Zinc Complex Catalysts: Enantioselective Monoacetylation of Glycerol Derivatives with Acetic Anhydride, Synlett, No.2, 256-260, 2010. ...
閲覧 嘉村 真法, 津村 武史, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : 光学活性テトラヒドロフタラジノン誘導体の合成, 日本薬学会第130年会, (巻), (号), (頁), 2010年3月. ...
閲覧 中尾 允泰, 廣山 裕太, 吉田 達貞, 中馬 寛, 佐野 茂樹 : N-メチルジケトピペラジン類のコンホメーション解析, 日本薬学会第130年会, 2010年3月. ...
閲覧 津村 武史, 堀部 将史, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : σ対称環状炭酸エステルの触媒的不斉開環反応の開発(1), 日本薬学会第130年会, (巻), (号), (頁), 2010年3月. ...
閲覧 市川 喬士, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : 非環状α,β-不飽和カルボン酸の脱共役エステル化反応, 日本薬学会第130年会, (巻), (号), (頁), 2010年3月. ...
閲覧 坂井 亮介, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : 3-アシルチアゾリジン-2-チオン構造を基盤とした蛍光標識剤の合成開発研究, 日本薬学会第130年会, (巻), (号), (頁), 2010年3月. ...
閲覧 中山 ゆかり, 河野 紘志, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : アンギバクチンならびに関連誘導体の効率的合成法の開発, 日本薬学会第130年会, (巻), (号), (頁), 2010年3月. ...
閲覧 廣山 裕太, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : ジケトピペラジン構造を基盤とするα-アミノ酸の新規絶対配置決定法の開発研究(4), 日本薬学会第130年会, (巻), (号), (頁), 2010年3月. ...
閲覧 矢野 哲平, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : Still試薬を基盤とするアレニルエステルの合成研究, 日本薬学会第130年会, (巻), (号), (頁), 2010年3月. ...
閲覧 津村 武史, 堀部 将史, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : σ対称環状炭酸エステルの触媒的不斉開環反応の開発(2), 日本薬学会第130年会, (巻), (号), (頁), 2010年3月. ...
閲覧 市川 喬士, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : 分子内不斉転位を伴うα,β-不飽和カルボン酸の脱共役エステル化反応, 第36回反応と合成の進歩シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2010年11月. ...
閲覧 中尾 允泰, 廣山 裕太, 鳥内 有里子, 佐野 茂樹 : 芳香環含有ジケトピペラジン類のコンホメーション解析, 第49回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2010年11月. ...
閲覧 半田 充史, 時實 梨衣, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : HWE反応を基盤とするグリセロリン脂質合成法の開発, 第49回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2010年11月. ...
閲覧 市川 喬士, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : カルボジイミド型脱水縮合剤を用いる2-ペンテン酸の脱共役エステル化反応, 第49回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2010年11月. ...
閲覧 天白 将太, 七瀧 浩志, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : HWE反応を基盤とするグリシルプロリンミメティクス合成法の開発, 第49回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2010年11月. ...
閲覧 津村 武史, 堀部 将史, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : キラルブレンステッド酸触媒によるσ対称環状炭酸エステルの触媒的不斉開環反応, 第49回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2010年11月. ...
閲覧 中尾 允泰, 廣山 裕太, 鳥内 有里子, 佐野 茂樹 : 分子内相互作用の解明を目的としたN-メチルジケトピペラジンの立体配座解析, 第40回複素環化学討論会, (巻), (号), (頁), 2010年11月. ...
閲覧 重盛 純一, 上田 香織, 中尾 允泰, 佐野 茂樹, 里内 清, 徳村 彰 : 卵白リゾホスホリパーゼ D により産生されるリゾホスファチジン酸の卵黄嚢の血管系形成作用, BMB2010 ∼ 第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会, (巻), (号), (頁), 2010年12月. ...
閲覧 Takeshi Tsumura, Masashi Horibe, Michiyasu Nakao and Shigeki Sano : Catalytic Asymmetric Ring-Opening of -Symmetric Cyclic Carbonates with Chiral Brnsted Acid Catalysts, The Second Decennial Meeting between Seoul National University and the University of Tokushima, Awaji, Dec. 2010. ...
閲覧 Takashi Ichikawa, Michiyasu Nakao and Shigeki Sano : Microwave-Assisted Deconjugative Esterification of ,-Unsaturated Carboxylic Acids, The Second Decennial Meeting between Seoul National University and the University of Tokushima, (巻), (号), (頁), Awaji, Dec. 2010. ...
閲覧 中尾 允泰, 鳥内 有里子, 廣山 裕太, 佐野 茂樹 : ジケトピペラジンの折りたたみ型立体配座と置換基効果, 日本薬学会第131年会, 2011年3月. ...
閲覧 市川 喬士, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : マイクロ波照射によるα,β-不飽和カルボン酸の脱共役エステル化反応, 日本薬学会第131年会, (巻), (号), (頁), 2011年3月. ...
閲覧 堀部 将史, 津村 武史, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : キラルブレンステッド酸触媒によるσ対称環状炭酸エステルの不斉開環反応, 日本薬学会第131年会, (巻), (号), (頁), 2011年3月. ...
閲覧 天白 将太, 七瀧 浩志, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : HWE反応を用いるグリシルプロリンミメティクスの合成, 日本薬学会第131年会, (巻), (号), (頁), 2011年3月. ...
閲覧 半田 充史, 時實 梨衣, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : HWE反応を用いるグリセロリン脂質の合成(2), 日本薬学会第131年会, (巻), (号), (頁), 2011年3月. ...
閲覧 Shigeki Sano, Yoshinori Okubo, Atsushi Handa, Michiyasu Nakao, Syuji Kitaike, Yoshimitsu Nagao and Hisao Kakegawa : Reinvestigation of the Synthesis of Isoliquiritigenin (ILG): Application of Horner-Wadsworth-Emmons Reaction and Claisen-Schmidt Condensation, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.59, No.7, 885-888, 2011. ...
閲覧 中尾 允泰, 鳥内 有里子, 廣山 裕太, 佐野 茂樹 : ジケトピペラジンの折りたたみ型立体配座とCH/π相互作用, 創薬懇話会2011, (巻), (号), (頁), 2011年7月. ...
閲覧 半田 充史, 時實 梨衣, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : HWE反応を基盤とする効率的なグリセロリン脂質の合成法の開発, 創薬懇話会2011, (巻), (号), (頁), 2011年7月. ...
閲覧 佐野 茂樹 : 医薬品素材創製のための有機化学, 第13回糖尿病臨床・研究開発センター講演会, (巻), (号), (頁), 2011年7月. ...
閲覧 中尾 允泰, 鳥内 有里子, 深山 真太郎, 廣山 裕太, 佐野 茂樹 : 分子内CH/π相互作用に基づくジケトピペラジンの折りたたみ型立体配座, 第37回反応と合成の進歩シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2011年11月. ...
閲覧 中尾 允泰, 鳥内 有里子, 深山 真太郎, 佐野 茂樹 : フェニルアラニン由来ジケトピペラジンのCH/π相互作用, 第50回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2011年11月. ...
閲覧 市川 喬士, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : 2-(1,3-ジオキサン-5-イリデン)酢酸の脱共役エステル化反応, 第50回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2011年11月. ...
閲覧 半田 充史, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : 混合ホスホン酸エステルを鍵中間体とするグリセロリン脂質の効率的化学合成, 第50回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2011年11月. ...
閲覧 深山 真太郎, 鳥内 有里子, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : フェニルアラニン由来N-メチルジケトピペラジンのCH/π相互作用, 第50回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2011年11月. ...
閲覧 松本 知也, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : 2-アシル-2-ホスホノ酢酸エステルを用いるアレニルエステル合成, 第50回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2011年11月. ...
閲覧 Michiyasu Nakao and Shigeki Sano : Development of a Novel Method to Determine the Absolute Configuration of alpha-Amino Acids Based on 1H NMR Spectra of Diketopiperazines, The 8th AFMC International Medicinal Chemistry Symposium (AIMECS 11), (巻), (号), (頁), Awaji, Nov. 2011. ...
閲覧 Shigeki Sano : Stereoselective Synthesis of Fluoroolefins Using HWE Reagents, Recent Trends in Pharmacy Education and Research for the Global Pharmacy Experts, (巻), (号), (頁), Seoul, Dec. 2011. ...
閲覧 佐野 茂樹, 中尾 允泰 : 化学レビュー:多彩に機能するジケトピペラジン, 化学, Vol.67, No.2, 48-52, 2012年1月. ...
閲覧 Shigeki Sano, Takashi Ichikawa, Michiyasu Nakao and Yoshimitsu Nagao : A Microwave-Assisted Deconjugative Esterification of α,β-Unsaturated Carboxylic Acids through alpha,beta-Unsaturated Ketene Intermediates, Chemistry Letters, Vol.41, No.1, 68-69, 2012. ...
閲覧 佐野 茂樹 : 薬学研究への道:「舎短取長」と書かれた色紙, 薬奨ニュース, Vol.14, 9, 2012年1月. ...
閲覧 Shigeki Sano, Takashi Ichikawa, Michiyasu Nakao and Yoshimitsu Nagao : Deconjugative Esterification of 2-(4-Phenylcyclohexylidne)acetic Acid via Intramolecular Chirality Transfer, Chemistry Letters, Vol.41, No.2, 189-190, 2012. ...
閲覧 中尾 允泰, 竹安 正範, 鳥内 有里子, 長尾 善光, 佐野 茂樹 : N-メチルジケトピペラジン型不斉有機触媒を用いるアルドール反応, 日本薬学会第132年会, 2012年3月. ...
閲覧 半田 充史, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : HWE試薬を用いる光学活性グリセロリン脂質の合成, 日本薬学会第132年会, (巻), (号), (頁), 2012年3月. ...
閲覧 深山 真太郎, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : N-メチルジケトピペラジン構造を基盤とするシデロフォア活性化合物の合成, 日本薬学会第132年会, (巻), (号), (頁), 2012年3月. ...
閲覧 松本 知也, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : HWE試薬を基盤とするアレンカルボン酸誘導体の合成, 日本薬学会第132年会, (巻), (号), (頁), 2012年3月. ...
閲覧 深山 真太郎, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : ロドトルラ酸を基盤とするN-メチルジケトピペラジン型鉄キレート剤の創製, 第42回複素環化学討論会, (巻), (号), (頁), 2012年10月. ...
閲覧 半田 充史, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : HWE反応を鍵反応とする光学活性グリセロリン脂質の合成, 第38回反応と合成の進歩シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2012年11月. ...
閲覧 半田 充史, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : HWE反応を鍵反応とする光学活性ホスファチジン酸の合成, 第51回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2012年11月. ...
閲覧 松本 知也, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : 2-シクロペンチリデン-2-フルオロ酢酸誘導体の立体選択的合成, 第51回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2012年11月. ...
閲覧 宮城 紫, 木村 光孝, 井上 尚兵, 中尾 允泰, 佐野 茂樹, 福井 誠, 伊藤 博夫 : オルトフタルアルデヒド法を基盤とした新規メチルメルカプタン蛍光標識法, 第51回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2012年11月. ...
閲覧 和田 良介, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : 機能性分子を指向するN-メチルジケトピペラジンの合成研究, 第51回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2012年11月. ...
閲覧 Shigeki Sano, Takeshi Tsumura, Masashi Horibe and Michiyasu Nakao : Catalytic Asymmetric Ring-Opening of -Symmetric Cyclic Carbonates with Chiral Brønsted Acid Catalysts, Synlett, Vol.24, No.17, 2302-2304, 2013. ...
閲覧 松本 知也, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : 2-フルオロ-2-ジエチルホスホノ酢酸とケトン類の立体選択的HWE反応, 日本薬学会第133年会, (巻), (号), (頁), 2013年3月. ...
閲覧 半田 充史, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : HWE試薬を用いる光学活性グリセロリン脂質の合成 (2), 日本薬学会第133年会, (巻), (号), (頁), 2013年3月. ...
閲覧 宮城 紫, 木村 光孝, 井上 尚兵, 中尾 允泰, 佐野 茂樹, 福井 誠, 伊藤 博夫 : OPA法を基盤とした新しい口臭検査法の開発, 日本薬学会第133年会, (巻), (号), (頁), 2013年3月. ...
閲覧 宮城 紫, 木村 光孝, 井上 尚兵, 中尾 允泰, 佐野 茂樹, 福井 誠, 伊藤 博夫 : OPA法を基盤とした新しい口臭検査法の開発, 第11回プロセス化学東四国フォーラムセミナー, (巻), (号), (頁), 2013年6月. ...
閲覧 和田 良介, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : N-メチルジケトピペラジン型有機触媒によるヒドロキシアセトンと置換ベンズアルデヒドの不斉アルドール反応, 第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2013年10月. ...
閲覧 松浦 啓介, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : マイクロ波を活用した2-アミノイミダゾチアジアゾール誘導体の効率的合成, 第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2013年10月. ...
閲覧 松本 知也, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : 2-フルオロ-2-ジエチルホスホノ酢酸エステルと2-OBO-シクロペンタノンのE選択的HWE反応, 第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2013年10月. ...
閲覧 松本 知也, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : HWE反応による2-シクロペンチリデン-2-フルオロ酢酸誘導体の立体選択的合成, 第39回反応と合成の進歩シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2013年11月. ...
閲覧 佐野 茂樹 : 化学便覧 応用化学編 第7版 IV有機・高分子化学品/材料 16章医薬品 16.4.8アレルギー・喘息薬, 丸善 株式会社, 東京, 2014年1月. ...
閲覧 Michiyasu Nakao, Yuriko Toriuchi, Shintaro Fukayama and Shigeki Sano : Synthesis and Conformational Characterization of Diketopiperazines Bearing a Benzyl Moiety, Chemistry Letters, Vol.43, No.3, 340-352, 2014. ...
閲覧 宮城 紫, 井上 尚兵, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : 立体保護効果により安定化されたイソインドール誘導体の合成, 日本薬学会第134年会, (巻), (号), (頁), 2014年3月. ...
閲覧 松浦 啓介, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : マイクロ波を活用したイミダゾ[2,1-b][1,3,4]チアジアゾール誘導体の効率的合成, 日本薬学会第134年会, (巻), (号), (頁), 2014年3月. ...
閲覧 佐野 茂樹 : IV 有機・高分子化学品/材料,16章 医薬品,16.4.8 アレルギー・喘息薬, 丸善 株式会社, (都市), 2014年7月. ...
閲覧 Shigeki Sano, Tomoya Matsumoto and Michiyasu Nakao : E-Selective Horner-Wadsworth-Emmons Reaction of 2-OBO-cyclopentanone for the Synthesis of rac-N-Cbz-Gly-[(E)-CF=C]-Pro-OH Dipeptide Isostere, Tetrahedron Letters, Vol.55, No.32, 4480-4483, 2014. ...
閲覧 Shigeki Sano, Tomoya Matsumoto, Hiroshi Nanataki, Shota Tempaku and Michiyasu Nakao : Z-Selective HornerWadsworthEmmons Reaction of 2-TOM-cyclopentanone for the Synthesis of rac-N-Cbz-Gly-[(Z)-CF=C]-Pro-OH Dipeptide Isostere, Tetrahedron Letters, Vol.55, No.45, 6248-6251, 2014. ...
閲覧 中尾 允泰, 深山 真太郎, 辻 駿佑, 佐野 茂樹 : マイクロ波を活用したロドトルラ酸の効率的合成, 第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2014年11月. ...
閲覧 中尾 允泰, 深山 真太郎, 辻 駿佑, 佐野 茂樹 : シデロフォア活性物質ロドトルラ酸ならびに関連誘導体の効率的合成, 第40回反応と合成の進歩シンポジウム, 2014年11月. ...
閲覧 Michiyasu Nakao, Shintaro Fukayama, Syuji Kitaike and Shigeki Sano : Synthesis of Rhodotorulic Acid and Its 1,4-Dimethylated Derivative, Heterocycles, Vol.90, No.2, 1309-1316, 2015. ...
閲覧 Shigeki Sano and Michiyasu Nakao : Chemistry of 2.5-Diketopiperazine and its Bis-lactim Ether: a Brief Review, Heterocycles, Vol.91, No.7, 1349-1375, July 2015. ...
閲覧 Shigeki Sano, Hayato Sumiyoshi, Atsuhi Handa, Rie Tokizane and Michiyasu Nakao : A Novel Synthetic Approach to Glycerophospholipid via Horner-Wadsworth-Emmons Reaction of Mixed Phosphonoacetate, Tetrahedron Letters, Vol.56, No.32, 4686-4688, 2015. ...
閲覧 Shigeki Sano, Tomoya Matsumoto, Teppei Yano, Munehisa Toguchi and Michiyasu Nakao : Synthesis of Allenyl Esters by Horner-Wadsworth-Emmons Reactions of Ketenes Mediated by Isopropylmagnesium Bromide, Synlett, Vol.26, No.15, 2135-2138, 2015. ...
閲覧 中尾 允泰, 松本 知也, 戸口 宗尚, 佐野 茂樹 : ケテンのHWE反応を基盤とするアレニルエステル誘導体の効率的合成, 第41回反応と合成の進歩シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2015年10月. ...
閲覧 田中 一江, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : 含フッ素1-リゾホスファチジン酸ミメティクスの合成, 第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2015年10月. ...
閲覧 戸口 宗尚, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : アレニルエステルを用いる多置換テトラヒドロチオフェン類の合成, 第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2015年10月. ...
閲覧 仲村 明人, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : cis-テトラヒドロフタラジノン誘導体の効率的不斉合成法の開発, 第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2015年10月. ...
閲覧 Shigeki Sano, Masanori Kamura, Akihito Nakamura, Syuji Kitaike and Michiyasu Nakao : Asymmetric Synthesis of cis-4a,5,8,8a-Tetrahydrophthalazin-1(2H)-one Derivatives Based on Organocatalytic Alcoholysis of Cyclic Dicarboxylic Anhydride, Heterocycles, Vol.93, No.1, 391-398, 2016. ...
閲覧 Michiyasu Nakao, Yuta Hiroyama, Shintaro Fukayama and Shigeki Sano : N4-Methylation Changes the Conformation of (3S,6S)-3-Alkyl-6-benzylpiperazine-2,5-diones from Folded to Extended, Journal of Molecular Structure, Vol.1116, 37-44, 2016. ...
閲覧 戸口 宗尚, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : アレニルエステルとメルカプトアルデヒドのタンデム型チア-マイケル/アルドール反応, 日本薬学会第136年会, (巻), (号), (頁), 2016年3月. ...
閲覧 仲村 明人, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : 環状酸無水物の不斉加メタノール分解を基盤とするcis-テトラヒドロフタラジノン誘導体の合成, 日本薬学会第136年会, (巻), (号), (頁), 2016年3月. ...
閲覧 中尾 允泰, 辻 駿佑, 佐野 茂樹 : ヒドロキサム酸型シデロフォア活性物質エリスロケリンの合成, 日本薬学会第136年会, (巻), (号), (頁), 2016年3月. ...
閲覧 Michiyasu Nakao, Shunsuke Tsuji, Syuji Kitaike and Shigeki Sano : Synthesis of Erythrochelin: A Hydroxamate-Type Siderophore from Saccharopolyspora erythraea, Synthesis, Vol.48, No.23, 4149-4154, 2016. ...
閲覧 Shigeki Sano, Eiko Kujime, Hiroko Tanaka, Syuji Kitaike and Michiyasu Nakao : Enzymatic Synthesis of Chiral P-Stereogenic Phosphonoacetates, Chemical Data Collections, Vol.5/6, (号), 12-20, 2016. ...
閲覧 戸口 宗尚, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : アレニルエステルのタンデム型チア-マイケル/アルドール反応による多置換テトラヒドロチオフェンの合成, 第46回複素環化学討論会, (巻), (号), (頁), 2016年9月. ...
閲覧 戸口 宗尚, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : 多置換テトラヒドロチオフェン合成を指向したタンデム型チア-マイケル/アルドール反応, 第74回パネル討論会 : 次世代を切り拓く全合成研究の若い力, 2016年10月. ...
閲覧 中尾 允泰, 田中 一江, 佐野 茂樹 : 含フッ素1-リゾグリセロリン脂質ミメティクスの合成, 第42回反応と合成の進歩シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2016年11月. ...
閲覧 仲村 明人, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : 光学活性グリセロール誘導体が示す比旋光度の濃度依存性, 日本薬学会第137年会, (巻), (号), (頁), 2017年3月. ...
閲覧 中尾 允泰, 戸口 宗尚, 佐野 茂樹 : アレニルエステルとメルカプトアセトアルデヒドのタンデム型チア-マイケル/アルドール反応, 日本薬学会第137年会, (巻), (号), (頁), 2017年3月. ...
閲覧 Michiyasu Nakao, Kazue Tanaka, Syuji Kitaike and Shigeki Sano : Synthesis of Fluorine-Containing Analogues of 1-Lysoglycerophospholipids via HornerWadsworthEmmons Reaction, Synthesis, Vol.49, No.16, 3654-3661, 2017. ...
閲覧 戸口 宗尚, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : アレニルエステルのチア-マイケル/ディークマン縮合反応による多置換チオフェン誘導体の合成, 第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2017年10月. ...
閲覧 祥瑞 知美, 井上 大輔, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : キラル第三級アミン触媒を用いるσ対称環状炭酸エステルの不斉開環反応, 第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2017年10月. ...
閲覧 中尾 允泰, 戸口 宗尚, 佐野 茂樹 : アレニルエステルを基盤とするチア-マイケル/アルドール型タンデム反応の開発, 第43回反応と合成の進歩シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2017年11月. ...
閲覧 Michiyasu Nakao, Nanako Nishikiori, Akihito Nakamura, Murasaki Miyagi, Nao Shibata, Syuji Kitaike, Makoto Fukui, Hiro-O Ito and Shigeki Sano : Synthesis of Sterically Protected Isoindoles from ortho-Phthalaldehyde, SynOpen, Vol.2, No.1, 50-57, 2018. ...
閲覧 中尾 允泰, 戸口 宗尚, 佐野 茂樹 : アレニルエステルとメルカプト酢酸メチルのタンデム型チア-マイケル/ディークマン縮合反応, 日本薬学会第138年会, (巻), (号), (頁), 2018年3月. ...
閲覧 Shigeki Sano, Tomoya Matsumoto, Munehisa Toguchi and Michiyasu Nakao : Facile Two-Step Synthesis of Methyl Bis(2,2,2-trifluoroethyl)phosphonoacetate by Exploiting GareggSamuelsson Reaction Conditions, Synlett, Vol.29, No.11, 1461-1464, 2018. ...
閲覧 中尾 允泰, 戸口 宗尚, 島袋 友岐, 岸本 采乃, 堀越 拳, 大多和 孝一, 佐野 茂樹 : アレニルエステルのヘテロ-マイケル付加反応を起点とするヘテロ五員環合成, 第44回反応と合成の進歩シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2018年11月. ...
閲覧 関 和雅, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : ビス(オルガノチオ)ホスホリル酢酸メチルの合成とHWE型反応への応用, 第57回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2018年11月. ...
閲覧 白川 怜王奈, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : Garegg-Samuelsson条件下での2-フルオロ-2-ジエチルホスホノ酢酸エチル誘導体の合成, 第57回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2018年11月. ...
閲覧 中尾 允泰, 岸本 采乃, 佐野 茂樹 : アレニルエステルとリン求核剤の新規ホスファ-マイケル付加反応の開発, 日本薬学会第139年会, (巻), (号), (頁), 2019年3月. ...
閲覧 中尾 允泰, 足立 歩, 佐野 茂樹 : ヒドロキサム酸型シデロフォア活性物質エリスロケリンの立体異性体合成, 第45回反応と合成の進歩シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2019年10月. ...
閲覧 中尾 允泰, 足立 歩, 佐野 茂樹 : シデロフォア活性物質エリスロケリンの立体異性体合成, 第58回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2019年11月. ...
閲覧 戸口 宗尚, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : アレニルエステルの位置選択的チア-マイケル/ディークマン縮合反応による三置換チオフェンの合成, 第58回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2019年11月. ...
閲覧 仲村 明人, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : DOPOを求核剤とする安定型イソインドール誘導体の合成, 第58回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2019年11月. ...
閲覧 Michiyasu Nakao, Ayumu Adachi, Syuji Kitaike and Shigeki Sano : Synthesis of Three Stereoisomers of Erythrochelin, a Hydroxamate-Type Tetrapeptide Siderophore from Saccharopolyspora erythraea, Heterocycles, Vol.101, No.1, 347-356, 2020. ...
閲覧 Michiyasu Nakao, Munehisa Toguchi, Yuki Shimabukuro and Shigeki Sano : Tandem Thia-Michael/Dieckmann Condensation of Allenyl Esters for the Regioselective Synthesis of Trisubstituted Thiophenes, Tetrahedron Letters, Vol.61, No.36, 152271, 2020. ...
閲覧 井原 嵩人, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : ビス(ベンジルチオ)ホスホリル酢酸メチルとアルデヒドの立体選択的HWE型反応, 日本薬学会第140年会, (巻), (号), (頁), 2020年3月. ...
閲覧 田原 昌和, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 : ビス(ベンジルチオ)ホスホリル酢酸メチルとケテンのHWE型反応によるアレニルエステルの合成, 日本薬学会第140年会, (巻), (号), (頁), 2020年3月. ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

無効な情報 (3件)

閲覧 Yoshimitsu Nagao, Satoru Tanaka, Akiharu Ueki, Ill-Yun Jeong, Shigeki Sano and Motoo Shiro : New Synthetic Methods for Seven- and Eight-Membered Cyclic Ethers Based on the Ring-Expansion Reactions of Hydroxy or Lithioxy Methoxyallenylisochroman Derivatives, Synlett, No.3, 481-484, 2002.
閲覧 Kazuhiko Hayashi : Synthesis and Reaction of 1-Azabicyclo[3.1.0]hexane, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.57, No.10, 1142-1146, 2009.
閲覧 Kaori Ueda, Masanori Yoshihara, Michiyasu Nakao, Tamotsu Tanaka, Shigeki Sano, Kenji Fukuzawa and Akira Tokumura : Evaluation of Inhibitory Actions of Flavonols and Related Substances on Lysophospholipase D Activity of Serum Autotaxin by a Convenient Assay Using a Chromogenic Substrate, Journal of Agricultural and Food Chemistry, Vol.58, No.10, 6053-6063, 2010.

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 4, LA = 0.86, Max(EID) = 374953, Max(EOID) = 1004811.