『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

OWN=閲覧 樫田 美雄

登録情報の数

有効な情報: 0件 + 無効な情報: 17件 = 全ての情報: 17件

全ての有効な情報 (0件)
  (見出し語句検索:)

抽出結果のリスト

0件の情報を発見しました.

(なし)

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

無効な情報 (17件)

閲覧 Yoshio Kashida : On The Reflexive Organization of Participation Frame, --- Towards a critical examination of the conventional discrimination ---, International Institute for Ethnomethodology Conversation Analysis, (巻), No.19, 57-71, Tokyo, Aug. 1992.
閲覧 樫田 美雄 : 緊急電話の会話分析-応対要領の改善に向けての社会学的実証研究の試み-, 電気通信普及財団研究調査報告書, (巻), No.11, 437-443, (都市), 1997年2月.
閲覧 樫田 美雄 : 医療におけるコミュニケーションの可能性-グレーザー&ストラウスと奥山の立論を比較する-, 臨床心理学研究, Vol.34, No.4, 107-110, 1997年.
閲覧 井上 真理子, 大村 英昭, 樫田 美雄 : ファミリズムの再発見, 家族社会学研究, (巻), No.9, 108, 1997年7月.
閲覧 樫田 美雄 : 病気遺児家庭の生活実態調査報告書, --- 世帯の家計と階層帰属 ---, 病気遺児家庭の生活実態調査報告書, (巻), (号), 36-54, つくば, 1999年7月.
閲覧 樫田 美雄 : 病気遺児家庭の生活実態調査報告書, --- 群馬県 K·Aさん ---, 病気遺児家庭の生活実態調査報告書, (巻), (号), 98-103, つくば, 1999年7月.
閲覧 樫田 美雄 : 高齢者は「活動的」であるべきか?-「持続的撤退」の日々を生きるために-, いのち輝く, (巻), No.32, 4-5, 1999年.
閲覧 樫田 美雄 : 恋愛と結婚, 新世紀の家族さがし-おもしろ家族論-, (巻), (号), 100-115, 2000年.
閲覧 樫田 美雄, 岡田 光弘, 五十嵐 素子, 宮崎 彩子, 出口 寛文, 真鍋 陸太郎, 藤崎 和彦, 北村 隆憲, 高山 智子, 太田 能, 玉置 俊晃, 寺嶋 吉保, 阿部 智恵子, 島田 昭仁, 小泉 秀樹 : 高等教育改革の相互行為分析, --- ビデオ・エスノグラフィー研究の狙いと工学部都市工学演習の実際 ---, 大学教育ジャーナル, (巻), No.5, 93-104, 2008年.
閲覧 Yoshio Kashida, Mitsuhiro OKADA and Motoko IGARASHI : Cooperative and tool-used acievement of a completion of presentation:Did the members of the PBL tutorial manage the troubles by using tools?(Video-based ethnography), 第2回 ISCAR International大会2008, (巻), (号), (頁), (都市), Sep. 2008.
閲覧 Mitsuhiro OKADA, Yoshio Kashida and Motoko IGARASHI : A normative order in medical education(problem-based learning):Use of whiteboard and its consequence on turn-taking organization, 第2回 ISCAR International大会2008, (巻), (号), (頁), (都市), Sep. 2008.
閲覧 Motoko IGARASHI, Mitsuhiro OKADA and Yoshio Kashida : Design of interventional acts to promote clinical reasoning A case of Problem-Based Learning, 第2回 ISCAR International大会2008, (都市), Sep. 2008.
閲覧 (種別) : 北村 隆憲, 深谷 安子 : 患者参加の質的研究-会話分析からみた医療現場のコミュニケーション, (誌名), (巻), (号), 85-108, 株式会社 医学書院, (都市), 2010年1月.
閲覧 監訳:北村隆憲 深谷安子 : 良い医療面接と良くない医療面接-患者の視点から, 患者参加の質的研究-会話分析からみた医療現場のコミュニケーション, (巻), (号), 85-108, 2011年1月.
閲覧 山本 智子, 氏家 靖浩, 樫田 美雄 : 「場面」が異なることで見える「コミュニケーション特性」の違い―アスペルガー症候群と診断されたSくんの事例から―, 奈良女子大学社会学論集, (巻), No.18, 51-65, (都市), 2011年3月.
閲覧 山本 智子, 氏家 靖浩, 樫田 美雄 : 「場面」が異なることで見える「コミュニケーション特性」の違い-アスペルガー症候群と診断されたSくんの事例から-, 奈良女子大学社会学論集, (巻), No.18, 51-65, (都市), 2011年3月.
閲覧 Yoshio Kashida, 氏家 靖浩 and 山本 智子 : Lived Experience of Developmental Disorder :a Video-based ethnography, リハビリテーション科学:東北文化学園大学医療福祉学部リハビリテーション学科 紀要, No.7, (頁), (年月日).

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 0.56, Max(EID) = 374826, Max(EOID) = 1004513.