『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

OWN=閲覧 東 雅之

登録情報の数

有効な情報: 63件 + 無効な情報: 21件 = 全ての情報: 84件

全ての有効な情報 (63件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(5)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(5)
閲覧 (未定義) …(57)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 Mitsunobu Sato, Yoshio Hayashi, Tetsuo Yanagawa, Hideo Yoshida, Yoshiaki Yura, Masayuki Azuma and Akemichi Ueno : Intermediate-sized filaments and specific markers in a human salivary gland adenocarcinoma cell line and its nude mouse tumors, Cancer Research, Vol.45, No.8, 3837-3790, 1985. ...
閲覧 Mitsunobu Sato, Hideo Yoshida, Yoshio Hayashi, Kenji Miyakami, Takashi Bando, Tetsuo Yanagawa, Yura Yura, Masayuki Azuma and Akemichi Ueno : Expression of epidermal growth factor and transforming growth factor-beta in human salivary gland adenocarcinoma cell line, Cancer Research, Vol.45, No.12 P 1, 6160-6167, 1985. ...
閲覧 Masayuki Azuma, Yoshio Hayashi, Hideo Yoshida, Tetsuo Yanagawa, Yoshiaki Yura, Akemichi Ueno and Mitsunobu Sato : Emergence of differentiated subclones from a human salivary adenocarcinoma cell clone in culture after treatment with sodium butyrate, Cancer Research, Vol.46, No.2, 770-777, 1986. ...
閲覧 Masayuki Azuma, Furumoto Nanayo, Kawamata Hitoshi, Hideo Yoshida, Yanagawa Tetsushi, Yura Yoshiaki, Yoshio Hayashi, Yoshihiro Takegawa and Mitsunobu Sato : The relation of ras oncogene product p21 expression to clinocopathological status criteria and clinical outcome in squamous cell head and neck cancer, The Cancer Journal, Vol.1, No.9, 375-380, 1987. ...
閲覧 Yoshio Hayashi, Hideo Yoshida, Shinichi Nagamine, Tetsuo Yanagawa, Yoshiaki Yura, Masayuki Azuma and Mitsunobu Sato : Induction of cells with acinar cell phenotype including presence of intracellular amylase, --- Treatment with 12-O-tetradecanoyl-phorbol-13-acetate in a neoplastic human salivary intercalated duct cell line grown in athymic nude mice ---, Cancer, Vol.60, No.5, 1000-1008, 1987. ...
閲覧 Yoshio Hayashi, Shinichi Nagamine, Tetsuo Yanagawa, Hideo Yoshida, Yoshiaki Yura, Masayuki Azuma and Mitsunobu Sato : Small cell undifferentiated carcinoma of the minor salivary gland containing exocrine, neuroendocrine, and squamous cells, Cancer, Vol.60, No.7, 1583-1588, 1987. ...
閲覧 Masayuki Azuma, Katsumi Motegi, Keiko Aota, Yoshio Hayashi and Mitsunobu Sato : Role of cytokines of acinar structure in Sjogren's syndrome salivary glands, Laboratory Investigation; a Journal of Technical Methods and Pathology, Vol.77, No.3, 269-280, 1997. ...
閲覧 Masayuki Azuma, Katsumi Motegi, Keiko Aota, Yoshio Hayashi and Mitsunobu Sato : Role of cytokines in the destruction of acinar structure in Sjogren's syndrome salivary glands, Laboratory Investigation; a Journal of Technical Methods and Pathology, Vol.77, No.3, 269-280, 1997. ...
閲覧 柳 久美子, 東 雅之, 佐藤 光信, 林 良夫 : 慢性GVHDにおける口腔粘膜·口唇腺の免疫組織化学的研究, 日本口腔粘膜学会雑誌, Vol.6, (号), 62-68, 2000年. ...
閲覧 Keiko Aota, Masayuki Azuma, Tsuyoshi Yamashita, Testuya Tamatani, Katsumi Motegi, Naozumi Ishimaru, Yoshio Hayashi and Mitsunobu Sato : 5-Fluorouracil Induces Apoptosis through the Suppression of NF-κB Activity in Human Salivary Gland Cancer Cells, Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.273, No.3, 1168-1174, 2000. ...
閲覧 Masayuki Azuma, Tetsuya Tamatani, Katsumi Motegi, Keiko Aota, Tsuyoshi Yamashita, Kouji Harada, Yoshio Hayashi and Mitsunobu Sato : Suppression of tumor necrosis factor-a-induced matrix metalloproteinase-9-production by introduction of a super-repressor form of IkB-cDNA into immotalized human salivary gland acinar cells, Arthritis and Rheumatism, Vol.43, No.8, 1756-1767, 2000. ...
閲覧 Mitsunobu Sato, Keiko Aota, Masayuki Azuma, Tetsuya Tamatani, Tuyoshi Yamashita and Yuki Ashida : Stable inhibition of NF-kB in salivary gland cells does not enhance sensitivity to TNF-a-induced apoptosis due to upregulation of TRAF-1 expression, Experimental Cell Research, Vol.276, No.1, 111-119, 2002. ...
閲覧 Masayuki Azuma, Keiko Aota, Tetsuya Tamatani, Katsumi Motegi, Yuki Ashida, Yoshio Hayashi, Mitsunobu Sato and Mitsunobu Sato : Suppression of TNF-α-induced MMP 9 production in human salivary gland acinar cells by cepharanthine occurs via down-regulation of NFκB, --- A possible therapeutic agent for preventing the destruction of the acinar structure in the salivary glands of Sjögren's syndrome patients ---, Arthritis and Rheumatism, Vol.46, No.6, 1585-1594, 2002. ...
閲覧 Mitsunobu Sato, Masayuki Azuma, Tetsuya Tamatani, Yuki Ashida, Rina Takashima and Koji Harada : Cisplatin induces apoptosis in oral squamous carcinoma cells by the mitochondria-mediated but not the NF-kB-suppressed pathway, Oral Oncology, Vol.39, No.3, 282-289, 2003. ...
閲覧 Katsumi Motegi, Masayuki Azuma, Tetsuya Tamatani, Yuki Ashida and Mitsunobu Sato : Expression of aquaporin-5 in and fluid secretion from immortalized human salivary gland ductal cells by treatment with 5-aza-2'-deoxycytidine: a possibility for improvement of xerostomia in patients with Sjögren's syndrome., Laboratory Investigation; a Journal of Technical Methods and Pathology, Vol.85, No.3, 342-353, 2005. ...
閲覧 Masayuki Azuma, Yuki Ashida, Tetsuya Tamatani, Katsumi Motegi, Natsumi Takamaru, Naozumi Ishimaru, Yoshio Hayashi and Mitsunobu Sato : Cepharanthin,a biscoclaurine alkaloid,prevents destruction of acinar tissues in murine Sjogren's syndrome., The Journal of Rheumatology, Vol.33, No.5, 912-920, 2006. ...
閲覧 山村 佳子, 桃田 幸弘, 高野 栄之, 可児 耕一, 茂木 勝美, 松本 文博, 東 雅之 : 当科における口腔カンジダ症の臨床統計学的検討, 第39回(社)日本口腔外科学会中・四国地方会, 2010年5月. ...
閲覧 東 雅之 : 徳島大学歯学部における口腔内科学分野の役割, (誌名), (巻), (号), (頁), 2010年7月. ...
閲覧 桃田 幸弘, 東 雅之 : 舌痛を訴える患者さんについて考えるー舌痛症を中心にー, (誌名), (巻), (号), (頁), 2010年7月. ...
閲覧 細川 浩良, 桃田 幸弘, 松本 文博, 茂木 勝美, 高野 栄之, 山村 佳子, 可児 耕一, 藤澤 健司, 湯淺 哲也, 工藤 景子, 東 雅之 : 口腔白板症の臨床病理学的検討 ―悪性化の指標を探る―, 第55回日本口腔外科学会総会, 2010年10月. ...
閲覧 茂木 勝美, 東 雅之 : シェーグレン症候群唾液腺へのリンパ球浸潤における性ホルモン修飾酵素の役割, (誌名), (巻), (号), (頁), 2010年10月. ...
閲覧 桃田 幸弘, 茂木 勝美, 東 雅之 : 臼歯部離開を呈した閉口末期の閉口障害の1例, (誌名), (巻), (号), (頁), 2010年11月. ...
閲覧 桃田 幸弘, 茂木 勝美, 東 雅之 : 単純性骨嚢胞を疑う骨性異形成症と考えられた1例, (誌名), (巻), (号), (頁), 2010年11月. ...
閲覧 山村 佳子, 桃田 幸弘, 高野 栄之, 細川 浩良, 東 雅之 : カンジダ菌の検出と口腔乾燥の関連性, 第19回日本口腔感染症学会総会, 2010年11月. ...
閲覧 茂木 勝美, 東 雅之 : シェーグレン症候群唾液腺へのリンパ球浸潤における性ホルモン修飾酵素の役割, (誌名), (巻), (号), (頁), 2010年11月. ...
閲覧 東 雅之 : シェーグレン症候群に対する病期対応型テーラーメード医療の構築, 四国歯学会雑誌, Vol.23, No.2, 85-89, 2011年2月. ...
閲覧 桃田幸弘,高野栄之,可児耕一,松本文博,茂木勝美,細川浩良,山村佳子,東 雅之 : 舌痛を主訴に当科を受診した患者の臨床統計学的検討, 65, (巻), (号), (頁), 2011年4月. ...
閲覧 高野栄之,桃田幸弘,可児耕一,松本文博,茂木勝美,細川浩良,山村佳子,東 雅之 : 副オトガイ孔から走行する神経様組織の切断により口腔異常感覚が改善した症候性三叉神経痛の1例, 第65回日本口腔科学会学術集会, (巻), (号), (頁), 2011年4月. ...
閲覧 青田 桂子, 松本 憲, 金崎 朋彦, 由良 義明, 東 雅之 : 10歳女児に発症した開花性骨異形成症の長期治療経過, 第40回日本口腔外科学会中国四国地方会, 2011年5月. ...
閲覧 高野 栄之, 桃田 幸弘, 可児 耕一, 山村 佳子, 茂木 勝美, 松本 文博, 東 雅之 : 抗癌剤誘発口腔粘膜炎発症モデルハムスターにおける致死因子としての口腔粘膜炎の役割, 第40回日本口腔外科学会中国四国地方会, 2011年5月. ...
閲覧 高野 栄之, 桃田 幸弘, 東 雅之 : 舌痛症患者に対する知覚,痛覚定量分析装置による痛みの客観的評価, (誌名), (巻), (号), (頁), 2011年6月. ...
閲覧 桃田 幸弘, 高野 栄之, 可児 耕一, 松本 文博, 茂木 勝美, 青田 桂子, 山村 佳子, 東 雅之 : 当科を受診した舌痛症患者の臨床統計学的検討 ―自律神経系の関与について―, 第56回日本口腔外科学会総会学術大会, 2011年10月. ...
閲覧 山村 佳子, 茂木 勝美, 桃田 幸弘, 青田 桂子, 可児 耕一, 高野 栄之, 東 雅之 : 唾液腺腺房細胞におけるTNF-aによるAQP5発現抑制機構, 第56回日本口腔外科学会総会学術大会, 2011年10月. ...
閲覧 Masayuki Azuma, Katsumi Motegi, Yoshiko Yamamura, Kohichi Kani, Hideyuki Takano, Yukihiro Momota, Keiko Aota and T Yamanoi : TNF-a inhibits aquaporin 5 expression in human salivary gland acinar cells via suppression of histone H4 acetylation., Autoimmunity Congress Asia, Vol.1, No.1, 1-5, Singapore, Nov. 2011. ...
閲覧 山村 佳子, 茂木 勝美, 青田 桂子, 桃田 幸弘, 東 雅之 : TNF-αによる唾液腺腺房細胞でのヒストンH4アセチル化を介したAQP5発現抑制, 第48回日本口腔組織培養学会学術大会, 2011年11月. ...
閲覧 山村 佳子, 茂木 勝美, 山ノ井 朋子, 桃田 幸弘, 高野 栄之, 可児 耕一, 青田 桂子, 東 雅之 : 加齢マウスにおける唾液分泌/AQP5発現低下に対するDNA脱メチル化剤の有効性の検討, 第59回日本口腔科学会中国四国地方部会, 2011年11月. ...
閲覧 山村 佳子, 桃田 幸弘, 高野 栄之, 可児 耕一, 茂木 勝美, 松本 文博, 東 雅之 : 真菌培養検査におけるカンジダの検出に影響する臨床的要因の検討ー口腔乾燥の関連についてー, 四国歯学会雑誌, Vol.24, No.2, 29-34, 2012年. ...
閲覧 Masayuki Azuma : Functional Regeneration of Salivary Gland, The 2nd International Joint Symposium on Oral and Dental Sciences, (巻), (号), (頁), Yogyakarta, March 2012. ...
閲覧 高野 栄之, 桃田 幸弘, 可児 耕一, 青田 桂子, 東 雅之 : 徳島大学病院における口腔ケアで遭遇する舌褥瘡性潰瘍に対する試み, 第41回日本口腔外科学会中四国地方会, 2012年4月. ...
閲覧 山村 佳子, 桃田 幸弘, 高野 栄之, 青田 桂子, 大守 真由子, 東 雅之 : 医科疾患を有する患者の治療前歯科口腔ケア介入について, 第41回日本口腔外科学会中四国地方会, 2012年4月. ...
閲覧 可児 耕一, 桃田 幸弘, 高野 栄之, 松本 文博, 茂木 勝美, 青田 桂子, 山村 佳子, 大守 真由子, 東 雅之 : 舌癌細胞株に対するドセタキセルの抗腫瘍効果に及ぼすg-tocotrienolの影響, 第66回日本口腔科学会学術集会, 2012年5月. ...
閲覧 青田 桂子, 山村 佳子, 大守 真由子, 東 雅之 : シェーグレン症候群患者の唾液腺腺房構造破壊阻止ーセファランチンの有効性に関する臨床病理学的研究ー, 第66回日本口腔科学会学術集会, 2012年5月. ...
閲覧 Yoshiko Yamamura, Keiko Aota, T Yamanoi, Kohichi Kani, H Takano, Yukihiro Momota, Katsumi Motegi and Masayuki Azuma : DNA demethylating agent decitabine increases AQP5 expression and restores salivary function., Journal of Dental Research, Vol.91, No.6, 612-617, 2012. ...
閲覧 Yoshiko Yamamura, Katsumi Motegi, Kohichi Kani, Hideyuki Takano, Yukihiro Momota, Keiko Aota, Tomoko Yamanoi and Masayuki Azuma : TNF-a inhibits aquaporin 5 expression in human salivary gland acinar cells via suppression of histone H4 acetylation., Journal of Cellular and Molecular Medicine, Vol.16, No.8, 1766-1775, 2012. ...
閲覧 細川 浩良, 桃田 幸弘, 藤澤 健司, 可児 耕一, 東 雅之 : 上顎に発生した歯牙エナメル上皮腫の1例, 日本口腔外科学会雑誌, Vol.58, No.8, 480-484, 2012年. ...
閲覧 青田 桂子, 茂木 勝美, 山村 佳子, 高野 栄之, 東 雅之 : シェーグレン症候群患者におけるセファランチンの唾液分泌促進効果, 第21回シェーグレン症候群学会学術集会, 2012年9月. ...
閲覧 山村 佳子, 青田 桂子, 茂木 勝美, 山ノ井 朋子, 可児 耕一, 東 雅之 : 加齢関連メチル化遺伝子AQP5の機能回復と唾液分泌促進作用, 第60回日本口腔科学会中国四国地方部会, 2012年10月. ...
閲覧 山田 佑子, 青田 桂子, 桃田 幸弘, 松本 文博, 可児 耕一, 大守 真由子, 山村 佳子, 高野 栄之, 茂木 勝美, 東 雅之 : 頬粘膜下に生じた炎症性偽嚢胞の1例, 第60回日本口腔科学会中国四国地方部会, 2012年10月. ...
閲覧 可児 耕一, 桃田 幸弘, 高野 栄之, 松本 文博, 茂木 勝美, 青田 桂子, 山村 佳子, 山田 佑子, 山ノ井 朋子, 原田 道人, 東 雅之 : ドセタキセルとg-トコトリエノールの併用による舌癌細胞株に対する抗腫瘍効果の検討, 第57回日本口腔外科学会総会学術大会, 2012年10月. ...
閲覧 山村 佳子, 青田 桂子, 茂木 勝美, 桃田 幸弘, 東 雅之 : 加齢に伴う唾液腺機能低下に対するDNA脱メチル化剤の有効性, 第57回日本口腔外科学会総会学術大会, 2012年10月. ...
閲覧 茂木 勝美, 桃田 幸弘, 高野 栄之, 可児 耕一, 青田 桂子, 山村 佳子, 東 雅之 : 抜歯後の止血困難をきっかけに発見された後天性血友病の1例, 第57回日本口腔外科学会総会学術大会, 2012年10月. ...
閲覧 東 雅之 : 臨床における唾液腺機能再生医療, 第57回日本口腔外科学会総会学術大会, 2012年10月. ...
閲覧 青田 桂子, 高野 栄之, 可児 耕一, 山村 佳子, 東 雅之 : リツキシマブ投与半年後に難治性口底潰瘍を生じた原発性マクログロブリン血症の1例, 第57回日本口腔外科学会総会学術大会, 2012年10月. ...
閲覧 Yukihiro Momota, Hideyuki Takano, Kohichi Kani, Yoshiko Yamamura and Masayuki Azuma : Frequency analysis of heart rate variability: a useful assessment tool of linearly polarized near-infrared irradiation to stellate ganglion area for burning mouth syndrome., 10th Asian Congress on Oral and Maxillofacial Surgeons, Bali, Nov. 2012. ...
閲覧 Yoshiko Yamamura, Katsumi Motegi, Keiko Aota, Tomoko Yamanoi, Yukihiro Momota and Masayuki Azuma : Mechanism involved in the constitutive expression of AQP5 in human salivary gland acinar cells., Asean Plus and Tokushima Joint International Conference, Indnesia, Dec. 2012. ...
閲覧 Keiko Aota, Yoshiko Yamamura, Mayuko Omori and Masayuki Azuma : Effectiveness of professional oral care for the improvement of oral hygiene in patients with psychiatry neurology., Asean Plus and Tokushima Joint International Conference, Indonesia, Dec. 2012. ...
閲覧 Kohichi Kani, Yukihiro Momota, Michito Harada, Yoshiko Yamamura, Keiko Aota, Tomoko Yamanoi, Hideyuki Takano, Katsumi Motegi and Masayuki Azuma : γ-tocotrienol enhances the chemosensitivity of human oral cancer cells to docetaxel through the down regulation of the expression of NF-kB-regulated anti-apoptotic gene products., International Journal of Oncology, Vol.42, No.1, 75-82, 2013. ...
閲覧 Yukihiro Momota, Hideyuki Takano, Kohichi Kani, Fumihiro Matsumoto, Katsumi Motegi, Keiko Aota, Yoshiko Yamamura, Mayuko Omori, Shigemasa Tomioka and Masayuki Azuma : Frequency analysis of heart rate variability: a useful assessment tool of linearly polarized near-infrared irradiation to stellate ganglion area for burning mouth syndrome., Pain Medicine, Vol.14, No.3, 351-357, 2013. ...
閲覧 松本 文博, 茂木 勝美, 高野 栄之, 可児 耕一, 東 雅之 : 口腔顎顔面に現れる全身性疾患, 医歯薬出版株式会社, 東京, 2014年5月. ...
閲覧 松本 文博, 茂木 勝美, 高野 栄之, 可児 耕一, 東 雅之 : 口腔顎顔面に現れる全身性疾患, 医歯薬出版株式会社, (都市), 2014年5月. ...
閲覧 山村 佳子, 東 雅之 : 口腔真菌症, 医歯薬出版株式会社, (都市), 2014年5月. ...
閲覧 青田 桂子, 東 雅之 : 悪性腫瘍治療時の口腔ケア, 医歯薬出版株式会社, (都市), 2014年5月. ...
閲覧 Masayuki Azuma, Takanori Fujimura, Takashi Fujimoto, Tomoko Miyaoka and Shin Takasawa : Interleukin-6/STAT pathway is responsible for the induction of gene expression of REG Ia, a new auto-antigen in Sjogren's syndrome patients, in salivary duct epithelial cells., Biochemistry and Biophysics Reports, Vol.2, No.1, 69-74, 2015. ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

無効な情報 (21件)

閲覧 (著者) : シェーグレン症候群に対する病期対応型テーラーメード医療の構築, 四国歯学会雑誌, Vol.23, No.2, 85-89, 2011年2月.
閲覧 東 雅之, 茂木 勝美, 桃田 幸弘 : 真菌培養検査におけるカンジダの検出に影響する臨床的要因の検討ー口腔乾燥の関連についてー, 四国歯学会雑誌, Vol.24, No.2, 29~34, 2012年.
閲覧 (著者) : 真菌培養検査におけるカンジダの検出に影響する臨床的要因の検討ー口腔乾燥の関連についてー, 四国歯学会雑誌, Vol.24, No.2, 29-34, 2012年.
閲覧 高野 栄之, 桃田 幸弘, 可児 耕一 : 副オトガイ孔を走行する神経様組織の捻除により口唇感覚異常が改善した症候性三叉神経痛の1例, 日本口腔検査学会雑誌, Vol.4, No.1, 45-48, 2012年.
閲覧 高野 栄之, 桃田 幸弘, 可児 耕一 : 副オトガイ孔を走行する神経様組織の捻除により口唇感覚異常が改善した症候性三叉神経痛の1例, 日本口腔検査学会雑誌, Vol.4, No.1, 45-48, 2012年.
閲覧 山村佳子 (名), 桃田幸弘 (名), 高野栄之 (名), 青田桂子 (名), 東 雅之 : 徳島大学病院における口腔ケアで遭遇する舌褥瘡性潰瘍に対する試み, 第41回日本口腔外科学会中四国地方会, 2012年4月.
閲覧 山村 佳子, 桃田 幸弘, 高野 栄之, 青田 桂子, 東 雅之 : 医科疾患を有する患者の治療前歯科口腔ケア介入について, 第41回日本口腔外科学会中四国地方会, 2012年4月.
閲覧 Yoshiko Yamamura, Katsumi Motegi, Kouichi Kani, Keiko Aota and Masayuki Azuma : TNF-a inhibits aquqporin 5 expression n human salivary gland acinar cells via suppression of histone H4 acetylation., Journal of Cellular and Molecular Medicine, Vol.16, No.8, 1766-1775, 2012.
閲覧 細川 浩良, 桃田 幸弘, 藤澤 健司, 可児 耕一, 東 雅之 : 上顎に発生した歯牙エナメル上皮腫の1例, 日本口腔外科学会雑誌, Vol.58, No.8, 480-484, 2012年.
閲覧 山田 佑子, 青田 桂子, 桃田 幸弘, 可児 耕一, 東 雅之 : 頬粘膜下に生じた炎症性偽嚢胞の1例, 第60回日本口腔科学会中国四国地方部会, 2012年10月.
閲覧 青田 桂子, 高野 栄之, 可児 耕一, 山村 佳子, 東 雅之 : リツキシマブ投与半年後に難治性口底潰瘍を生じた原発性マクログロブリン血症の1例, 第57回日本口腔外科学会総会学術大会, 2012年10月.
閲覧 桃田 幸弘, 高野 栄之, 可児 耕一, 山村 佳子, 東 雅之 : 舌痛などの舌症状を主訴とする患者の臨床統計学的検討ー舌痛症の特異性についてー, 日本口腔顔面痛学会雑誌, Vol.5, No.1, 27-35, 2012年.
閲覧 Keiko Aota, Yoshiko Yamamura, Mayuko Omori and Masayuki Azuma : Effectiveness of professional oral care for the improvement of oral hygiene in patients with psychiatry neurology., Asean Plus and Tokushima Joint International Conference, (都市), Dec. 2012.
閲覧 Kohichi Kani, Yukihiro Momota, Yoshiko Yamamura, Keiko Aota and Masayuki Azuma : g-tocotrienol enhances the chemosensitivity of human oral cancer cells to docetaxel through the down regulation of the expression of NF-kB-regulated anti-apoptotic gene products., International Journal of Oncology, Vol.42, No.1, 75-82, 2013.
閲覧 Kohichi Kani, Yukihiro Momota, Yoshiko Yamamura, Keiko Aota and Masayuki Azuma : g-tocotrienol enhances the chemosensitivity of human oral cancer cells to docetaxel through the down regulation of the expression of NF-kB-regulated anti-apoptotic gene products., International Journal of Oncology, Vol.42, No.1, 75-82, 2013.
閲覧 Kohichi Kani, Yukihiro Momota, Yoshiko Yamamura, Keiko Aota and Masayuki Azuma : g-tocotrienol enhances the chemosensitivity of human oral cancer cells to docetaxel through the down regulation of the expression of NF-kB-regulated anti-apoptotic gene products., International Journal of Oncology, Vol.42, No.1, 75-82, 2013.
閲覧 Yukihiro Momota, Hideyuki Takano, Kohichi Kani, Keiko Aota and Masayuki Azuma : Frequency analysis of heart rate variability: a useful assessment tool of linearly polarized near-infrared irradiation to stellate ganglion area for burning mouth syndrome., Pain Medicine, Vol.14, No.3, 351-357, 2013.
閲覧 Yukihiro Momota, Hideyuki Takano, Kohichi Kani and Masayuki Azuma : Frequency analysis of heart rate variability: a useful assessment tool of linearly polarized near-infrared irradiation to stellate ganglion area for burning mouth syndrome., Pain Medicine, Vol.14, No.3, 351-357, 2013.
閲覧 Masayuki Azuma, Fujimura Takanori, Fujimoto Takashi, Miyaoka Tomoko and Takasawa Shin : Interleukin-6/STAT pathway is responsible for the induction of gene expression of REG Ia, a new auto-antigen in Sjogren's syndrome patients, in salivary duct epithelial cells., Biochemistry and Biophysics Reports, Vol.2, No.1, 69-74, 2015.
閲覧 桃田 幸弘, 東 雅之 : 舌痛を訴える患者について考えるー舌通症を中心にー, 四国歯学会雑誌, Vol.23, No.2, 133-137, (年月日).
閲覧 (著者) : 真菌培養検査におけるカンジダの検出に影響する臨床的要因の検討ー口腔乾燥の関連についてー, 四国歯学会雑誌, Vol.24, No.2, 29~34, (年月日).

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 1.14, Max(EID) = 405211, Max(EOID) = 1098823.