『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

OWN=閲覧 中西 正 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.歯科保存学]/[徳島大学.病院.診療科.歯科.むし歯科(第一保存科)])

登録情報の数

有効な情報: 32件 + 無効な情報: 2件 = 全ての情報: 34件

全ての有効な情報 (32件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(1)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(1)
閲覧 (未定義) …(31)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 Tadashi Nakanishi, Kanako Takahashi, Yoshitaka Hosokawa, Daisuke Yamaguchi, Chihiro Shinohara, Hiromichi Yumoto and Takashi Matsuo : Expression of macrophage inflammatory protein-3 α in human pulpitis, 80th General SEssion ofthe IADR(International Association of Dental Research), (巻), (号), (頁), San Diego(USA), March 2002. ...
閲覧 Daisuke Yamaguchi, Tadashi Nakanishi, Kanako Takahashi, Hideaki Nakae and Takashi Matsuo : Expression of macrophage inflammatory protein-3alpha/CCL20 in human gingival epithelial cells, 81th General Session of the IADR(INternational Association of Dental Research), (巻), (号), (頁), エルサレム, June 2003. ...
閲覧 足立 智彦, 中西 正, 高橋 加奈子, 向井 佳代, 松尾 敬志 : 歯髄炎におけるCXCL10の発現に関する研究, 第119回秋季日本歯科保存学会, (巻), (号), (頁), 2003年11月. ...
閲覧 高橋 加奈子, 中西 正, 足立 智彦, 位田 夏子, 中江 英明, 松尾 敬志 : THP-1細胞からのサイトカイン産生におけるStrepptococcus mutansの影響について, 第33回日本免疫学会総会, (巻), (号), (頁), 2003年12月. ...
閲覧 足立 智彦, 中西 正, 高橋 加奈子, 松尾 敬志 : 歯髄炎の病態形成におけるIP-10の役割, 第33回日本免疫学会総会, (巻), (号), (頁), 2003年12月. ...
閲覧 Kanako Takahashi, Tadashi Nakanishi, Tomohiko Adachi, Natsuko Ida, Hideaki Nakae and Takashi Matsuo : Effects of Streptococcus mutans on MIP-3 α production by macrophages, 82th General Session of the IADR(INternational Association of Dental Research), (巻), (号), (頁), Honolulu, March 2004. ...
閲覧 Tadashi Nakanishi, Tomohiko Adachi, Kanako Takahashi and Takashi Matsuo : Expression of interferon-gamma -inducible protein 10/CXCL10 in inflamed dental pulp, 82th General Session of the IADR(INternational Association of Dental Research), (巻), (号), (頁), Honolulu, March 2004. ...
閲覧 Tadashi Nakanishi, Jean Eastcott, Martin A Taubman and Toshihisa Kawai : Induction of regulatory dendritic cells by gingival epithelial cells, 83rd General session of IADR (International Association for Dental Research), (巻), (号), (頁), Baltimore, March 2005. ...
閲覧 向井 佳代, 中西 正, 細川 義隆, 高橋 加奈子, 足立 智彦, 松尾 敬志 : Toll-like receptor リガンドによる歯髄線維芽細胞のIL-8,VEGF,接着分子の発現誘導, 第122回日本歯科保存学会春季学術大会, (巻), (号), (頁), 2005年6月. ...
閲覧 足立 智彦, 中西 正, 高橋 加奈子, 松尾 敬志 : 歯髄線維芽細胞における細菌由来因子によるIP-10発現, 第122回春季日本歯科保存学会, (巻), (号), (頁), 2005年6月. ...
閲覧 向井 佳代, 中西 正, 細川 義隆, 高橋 加奈子, 足立 智彦, 松尾 敬志 : Toll-like receptor リガンドによる歯髄由来繊維芽細胞のIL-8, VEGF, 接着分子発現誘導, 第122回春季日本歯科保存学会, (巻), (号), (頁), 2005年6月. ...
閲覧 Tadashi Nakanishi, Jean Eastcott, Martin A Taubman and Toshihisa Kawai : Characteristics of regulatory dendritic cells induced by gingival epithelial cells, 35th Annual Meeting & Exhibition of the AADR, (巻), (号), (頁), Orlando, March 2006. ...
閲覧 向井 佳代, 中西 正, 細川 義隆, 高橋 加奈子, 足立 智彦, 松尾 敬志 : カテキンが歯髄由来線維芽細胞の炎症性サイトカインおよび接着分子の発現誘導に与える影響, 第124回日本歯科保存学会春季学術大会, (巻), (号), (頁), 2006年5月. ...
閲覧 Kayo Mukai, Tadashi Nakanishi, Yoshitaka Hosokawa, Kanako Takahashi and Takashi Matsuo : Inhibitory effects of catechins on inflammatory reactions in pulp fibroblasts, 84th General Session & Exhibition of the IADR, (巻), (号), (頁), Brisbane, June 2006. ...
閲覧 向井 佳代, 中西 正, 細川 義隆, 高橋 加奈子, 松尾 敬志 : カテキンが歯髄由来線維芽細胞の炎症性サイトカインおよび接着分子の発現誘導に与える影響, 第27回日本歯内療法学会学術大会, (巻), (号), (頁), 2006年7月. ...
閲覧 Cory W. Ernst, Jang Eun Lee, Tadashi Nakanishi, Nadeem Y. Karimbux, Taia M. Rezende, Philip Stashenko, Makoto Seki, Martin A Taubman and Toshihisa Kawai : Diminished forkhead box P3/CD25 double-positive T regulatory cells are associated with the increased nuclear factor-kB ligand (RANKL(+)) T cells in bone resorption lesion of periodontal disease, Clinical and Experimental Immunology, Vol.148, No.2, 271-280, 2007. ...
閲覧 Tadashi Nakanishi, Kayo Mukai, Hiromichi Yumoto, Kouji Hirao, Yoshitaka Hosokawa and Takashi Matsuo : Anti-inflammatory effect of catechin on cultured dental pulp cells affected by bacteria-derived factors, European Journal of Oral Sciences, Vol.118, No.2, 145-150, 2010. ...
閲覧 Takegawa Daisuke, Tadashi Nakanishi, Kouji Hirao, Hiromichi Yumoto, Kanako Takahashi and Takashi Matsuo : Interferon-gamma enhances toll-like receptor ligand-induced cytokine production in pulpal cells, 88th General Session and Exhibition of the IADR, (都市), July 2010. ...
閲覧 Tadashi Nakanishi, Kouji Hirao, Takegawa Daisuke, Hiromichi Yumoto, Kanako Takahashi and Takashi Matsuo : Catechins suppress cyclooxygenase-2 expression in human dental pulp cells, 88th General Session and Exhibition of the IADR, (都市), July 2010. ...
閲覧 中西 正, 武川 大輔, 平尾 功治, 湯本 浩通, 高橋 加奈子, 松尾 敬志 : ヒト歯髄細胞におけるサイトカイン発現に対するProstaglandin F2alpha の影響, 日本歯科保存学会2010年度秋季学術大会(第133回), (巻), (号), (頁), 2010年10月. ...
閲覧 中西 正 : 歯髄炎の病態形成における細菌侵襲と歯髄の反応性, 日本歯科保存学雑誌, Vol.53, No.5, 489-491, 2010年10月. ...
閲覧 Gilson C. N. Franco, Mikihito Kajiya, Tadashi Nakanishi, Kouji Ohta, Pedro L. Rosalen, Francisco C. Groppo, Cory W. O. Ernst, Janie L. Boyesen, John D. Bartlett, Philip Stashenko, Martin A. Taubman and Toshihisa Kawai : Inhibition of matrix metalloproteinase-9 activity by doxycycline ameliorates RANK ligand-induced osteoclast differentiation in vitro and in vivo., Experimental Cell Research, Vol.317, No.10, 1454-1464, 2011. ...
閲覧 中西 正 : 新・歯科衛生士教育マニュアル 保存修復 5 歯髄の保護法, クインテッセンス出版 株式会社, 東京, 2012年9月. ...
閲覧 松尾 敬志, 中西 正 : 歯髄炎の病態形成における細菌侵襲と歯髄の反応性, 日本歯科評論, Vol.73, No.6, 9-11, 2013年6月. ...
閲覧 Tadashi Nakanishi, Kayo Mukai, Yoshitaka Hosokawa, Daisuke Takegawa and Takashi Matsuo : Catechins inhibit vascular endothelial growth factor production and cyclooxygenase-2 expression in human dental pulp cells, International Endodontic Journal, Vol.48, No.3, 277-282, 2015. ...
閲覧 Tadashi Nakanishi, Daisuke Takegawa, Kouji Hirao, Hiromichi Yumoto, Yuki Hosokawa and Takashi Matsuo : Effect of interleukin-17A on CCL20 production from odontoblast-like cells, 95th General session and exhibition of the IADR, (都市), March 2017. ...
閲覧 Daisuke Takegawa, Tadashi Nakanishi, Kouji Hirao, Hiromichi Yumoto, Yuki Hosokawa and Takashi Matsuo : Interferon-gamma modulates the innate immune response in odontoblast-like cells, 95th General session and exhibition of the IADR, (都市), March 2017. ...
閲覧 中西 正, 松尾 敬志 : 感染根管における細菌感染の実態, 日本歯科評論, Vol.77, No.11, 45-58, 2017年11月. ...
閲覧 松尾 敬志, 中西 正 : 第1章 歯と歯根周囲の組織学, 永末書店, (都市), 2018年1月. ...
閲覧 松尾 敬志, 中西 正 : 第17章 高齢者・有病者の歯内治療, 医歯薬出版株式会社, (都市), 2018年9月. ...
閲覧 松尾 敬志, 中西 正 : 深在性う蝕への対応と歯髄の免疫応答, 日本歯科保存学雑誌, Vol.62, No.1, 1-7, 2019年2月. ...
閲覧 中西 正, 松尾 敬志 : 2. 感染根管における細菌感染の実態, 株式会社ヒョーロン・パブリッシャーズ, (都市), 2019年6月. ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

無効な情報 (2件)

閲覧 Tadashi Nakanishi, Hirotoshi Shimizu, Yoshitaka Hosokawa and Takashi Matsuo : An immunohistological study on cyclooxygenase-2 in human dental pulp, Journal of Endodontics, Vol.27, No.6, 385-388, 2001.
閲覧 Tomohiko Adachi, Tadashi Nakanishi, Hiromichi Yumoto, Kouji Hirao, Kanako Takahashi, Kayo Mukai, Hideaki Nakae and Takashi Matsuo : Caries-related bacteria and cytokines induce CXCL10 in dental pulp, Journal of Dental Research, Vol.86, No.12, 1217-1222, 2007.

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 0.50, Max(EID) = 360295, Max(EOID) = 965066.