『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

OWN=閲覧 桃田 幸弘 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔内科学]/[徳島大学.病院.診療科.歯科口腔外科.口腔内科])

登録情報の数

有効な情報: 126件 + 無効な情報: 9件 = 全ての情報: 135件

全ての有効な情報 (126件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 (未定義) …(126)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 桃田 幸弘 : 口腔扁平上皮癌細胞の増殖に及ぼすサイトカインの影響, 四国歯学会雑誌, Vol.11, No.1, 139-159, 1997年. ...
閲覧 桃田 幸弘, 富岡 重正, 栗尾 富子, 大下 修弘, 中條 信義 : 亜酸化窒素抵抗性気管チューブ Profile Soft-Seal Cuffの有用性の検討, 臨床麻酔, Vol.23, No.11, 1803-1805, 1999年. ...
閲覧 新田 幸司, 桃田 幸弘, 里村 一人, 林 英司, 鎌田 伸之, 長山 勝, 柳 久美子, 林 良夫 : 口腔白板症の臨床病理学的検討, 第10回日本口腔粘膜学会総会, (巻), (号), (頁), 2000年(0月). ...
閲覧 桃田 幸弘, 野田 佳子, 里村 一人, 鎌田 伸之, 長山 勝, 石丸 直澄 : 上顎洞に発症したアスペルギルス症の2例-PCR法を用いた遺伝子診断-, 第45回日本口腔外科学会総会, 2000年(0月). ...
閲覧 山之内 浩司, 布袋屋 智朗, 鎌田 伸之, 桃田 幸弘, 久米 景子, 林 英司, 長山 勝 : 生体吸収性ポリーL乳酸(PLLA)骨接合ミニプレートによる下顎骨骨折の治療経験, 第20回日本口腔インプラント学会中国・四国支部総会・学術大会, (巻), (号), (頁), 2000年(0月). ...
閲覧 Yukihiro Momota, Youji Miyamoto, K Ishikawa, Masaaki Takechi, Tetsuya Yuasa, T Toh, Masaru Nagayama and K Suzuki : Evalution of Hydroxyapatite-Putty as a Hemostatic Agent, Proceeding of the 13th Int.Symp.on Ceramics in Medicine, Vol.22-26, (号), 849-852, Bologna, Nov. 2000. ...
閲覧 桃田 幸弘, 鎌田 伸之, 里村 一人, 長山 勝 : 上顎洞アスペルギルス症の原因菌種の同定-PCR法を用いた検索-, 第30回(社)日本口腔外科学会中国・四国地方会, (巻), (号), (頁), 2001年(0月). ...
閲覧 Yukihiro Momota, Youji Miyamoto, Kunio Ishikawa, Masaaki Takechi, Tetsuya Yuasa, Seiko Tatehara, Masaru Nagayama and Kazuomi Suzuki : Evaluation of Feasibility of Hydroxyapatite Putty as a Local Hemostatic Agent for Bone., Journal of Biomedical Materials Research, Vol.63, No.5, 542-547, 2002. ...
閲覧 Masaaki Takechi, Youji Miyamoto, Kunio Ishikiawa, Yukihiro Momota, Tetsuya Yuasa, Seiko Tatehara, Kazuomi Suzuki and Masaru Nagayama : Effects of powder phase sterilization on basic properties of apatite cement, Key Engineering Materials, Vol.218-220, 339-342, 2002. ...
閲覧 Masaaki Takechi, Youji Miyamoto, Yukihiro Momota, Tetsuya Yuasa, Seiko Tatehara, Masaru Nagayama, Kunio Ishikawa and Kasuomi Suzuki : The in vitro antibiotic release from anti-washout apatite cement using chitosan, Journal of Materials Science. Materials in Medicine, Vol.13, No.10, 973-978, 2002. ...
閲覧 Youji Miyamoto, Yukihiro Momota, Masaaki Takechi, Tetsuya Yuasa, Seiko Tatehara, Masaru Nagayama and Kunio Ishikiawa : Effects of Neutral Sodium Hydrogen Phosphate on Setting Property and Hemostatic Ability of Hydroxyapatite Putty as a Local Hemostatic Agent for Bone, 15th International Symposium on Ceramics in Medicine, Vol.240-242, (号), 373-376, Sydney, Dec. 2002. ...
閲覧 Yukihiro Momota, Youji Miyamoto, Kunio Ishikawa, Masaaki Takechi, Tetsuya Yuasa, Seiko Tatehara and Masaru Nagayama : Effects of neutral sodium hydrogen phosphate on the setting property and hemostatic ability of hydroxyapatite putty as a local hemostatic agent for bone, Journal of Biomedical Materials Research. Part B, Applied Biomaterials, Vol.69B, No.1, 99-103, 2004. ...
閲覧 Yukihiro Momota, Youji Miyamoto, Kunio Ishikawa, Masaaki Takechi, Tetsuya Yuasa, Seiko Tatehara and Masaru Nagayama : Effects of neutral sodium hydrogen phosphate on the setting property and hemostatic ability of hydroxyapatite putty as a local hemostatic agent for bone, Journal of Biomedical Materials Research. Part B, Applied Biomaterials, Vol.69B, No.1, 99-103, (都市), April 2004. ...
閲覧 桃田 幸弘, 中西 宏彰, 舘原 誠晃, 湯淺 哲也, 高野 栄之, 南口 知穂, 里村 一人, 林 良夫, 長山 勝 : TS-1を投与した舌癌の2例, 第3回中四国口腔癌研究会, (巻), (号), (頁), 2004年10月. ...
閲覧 Seiko Tatehara, Masaaki Takechi, Yukihiro Momota, Tetsuya Yuasa, Minamiguchi Siho and Masaru Nagayama : Fabrication and characterization of Porous Alginate/Chitosan/Hydroxyapatite(HAP) composite scaffold, The 5th Asian Bio Ceramics Simposium, (巻), (号), (頁), Hokkaido, (month)2005. ...
閲覧 Yukihiro Momota, Youji Miyamoto, Ishikawa Kunio, Masaaki Takechi, Takano Hideyuki and Masaru Nagayama : Enhancing effects aggregation of platelets by hydroxyapatite putty as a topieal hemontatie agent for bone., First International Conference on Mechanics of Biomaterials&Tissues, (巻), (号), (頁), (都市), (month)2005. ...
閲覧 Masaaki Takechi, Yukihiro Momota, Youji Miyamoto, Kazuhito Satomura, Kenji Fujisawa and Masaru Nagayama : Effect of FGF-2 and Melatonin on the promotion of Osseogenesis around Titanium implants., First International Conference on Mechanics of Biomaterials &Tissues, (巻), (号), (頁), (都市), (month)2005. ...
閲覧 南口 知穂, 武知 正晃, 湯淺 哲也, 桃田 幸弘, 舘原 誠晃, 高野 栄之, 宮本 洋二, 里村 一人, 長山 勝 : 骨組織再生におけるHAP-PLGA複合体の有用性に関する基礎研究, 第59回日本口腔科学会総会, (巻), (号), (頁), 2005年9月. ...
閲覧 舘原 誠晃, 武知 正晃, 桃田 幸弘, 湯淺 哲也, 高野 栄之, 宮本 洋二, 長山 勝 : bFGF合浸Hap-PLGA複合体における骨組織反応について, 第50回(社)日本口腔外科学会総会, (巻), (号), (頁), 2005年9月. ...
閲覧 Yukihiro Momota, Youji Miyamoto, K Ishikawa, Masaaki Takechi, H Takano and Masaru Nagayama : Enhancing Effects on Aggregation of Platelets by Hydroxyapatite Putty as a Topical Hemostatic Agent for Bone, The First International Conference on Mechanics of Biomaterials and Tissues, (巻), (号), (頁), hawaii, Dec. 2005. ...
閲覧 Siho Minamiguchi, Masaaki Takechi, Yukihiro Momota, Youji Miyamoto, Kazuhito Satomura and Masaru Nagayama : A research on the rat subcutaneous tissue of hydroxyapatite-polyD, L-Iactic-co-glycolic acid (PLGA)composite scaffolds for allopatry bone generation., 第1回国際シンポジウム・FDワークショップ「21 世紀の口腔科学が目指すべき方向性」, (巻), (号), (頁), Awaji, (month)2007. ...
閲覧 舘原 誠晃, 武知 正晃, 桃田 幸弘, 湯浅 哲也, 高野 栄之, 徳山 麗子, 宮本 洋二, 長山 勝 : HAP-PLGA複合体による顎骨再生への応用に関する実験的研究, 日本口腔外科学会雑誌, Vol.53, No.10, 588-593, 2007年. ...
閲覧 桃田 幸弘, 宮本 洋二, 石川 邦夫, 武知 正晃, 湯淺 哲也, 舘原 誠晃, 高野 栄之, 南口 知穂, 長山 勝 : HAP Putty(骨止血剤)が血小板凝集および血小板由来増殖因子の分泌に及ぼす影響., 第60回日本口腔科学会総会, (巻), (号), (頁), 2007年1月. ...
閲覧 南口 知穂, 武知 正晃, 湯淺 哲也, 桃田 幸弘, 舘原 誠晃, 高野 栄之, 石川 邦夫, 宮本 洋二, 長山 勝 : 低結晶性炭酸アパタイト含有PLGA複合体が多核巨細胞に与える影響, 第60回日本口腔科学会総会, (巻), (号), (頁), 2007年1月. ...
閲覧 徳山 麗子, 里村 一人, 藤澤 健司, 桃田 幸弘, 湯浅 哲也, 工藤 景子, 舘原 誠晃, 高野 栄之, 長山 勝 : セルフドリリングタイプ顎間固定用スクリューの有用性に関する検討, 口腔顎顔面外傷, Vol.6, No.1, 2-7, 2007年. ...
閲覧 細川 浩良, 里村 一人, 桃田 幸弘, 工藤 景子, 舘原 誠晃, 徳山 麗子, 高野 栄之, 石丸 直澄, 林 良夫, 長山 勝, 第17回日本口腔粘膜学会 : 口腔白板症の臨床病理学的検討, 第17回日本口腔粘膜学会 2007.7.5∼7.6,東京, (巻), (号), (頁), 2007年7月. ...
閲覧 (種別) : Shiho Minamiguchi, Masaaki Takechi, Tetsuya Yuasa, Yukihiro Momota, Seiko Tatehara, Hideyuki Takano, Youji Miyamoto, Kazuhito Satomura and Masaru Nagayama : Basic research on aw-AC/PLGA composite scaffolds for bone tissue engineering., Journal of Materials Science. Materials in Medicine, Vol.19, No.3, 1165-1172, (発行所), (都市), Aug. 2007. ...
閲覧 桃田 幸弘, 里村 一人, 湯淺 哲也, 工藤 景子, 高野 栄之, 林 良夫, 宮本 洋二 : 著しい骨吸収を伴う歯性上顎洞炎の1例, 四国歯学会雑誌, Vol.21, No.2, 407-411, 2009年. ...
閲覧 湯淺 哲也, 細川 浩良, 舘原 誠晃, 徳山 麗子, 高野 栄之, 工藤 景子, 藤澤 健司, 里村 一人 : 抜歯後出血を契機に診断された高齢者における先天性血友病Aの1例, 四国歯学会雑誌, Vol.21, No.2, 403-406, 2009年. ...
閲覧 桃田 幸弘, 里村 一人, 徳山 麗子, 湯浅 哲也, 工藤 景子, 高野 栄之 : 降下性壊死性縦隔炎を発症した下顎智歯周囲炎の1例, 四国歯学会雑誌, Vol.21, No.2, 413-419, 2009年. ...
閲覧 高野 栄之, 桃田 幸弘, 可児 耕一, 東 雅之 : 知覚・痛覚定量分析装置による舌痛症の痛みの定量的評価, 徳島大学歯学部口腔内科同門会誌, Vol.25, 6-7, 2010年(0月). ...
閲覧 樫尾 仁美, 上田 雅代, 畠田 久美可, 高野 栄之, 宮本 悦子, 高島 悦子, 村松 真澄 : 重症心身障害児者における口腔ケアシステムの確立に向けて J.Eilersの口腔アセスメントと口腔ケアプロトコールの有効性の検証, 日本看護学会論文集: 看護総合, (巻), No.40, 192-194, 2010年. ...
閲覧 Seiko Tatehara, Youji Miyamoto, Masaaki Takechi, Yukihiro Momota and Tetsuya Yuasa : Osteoporosis influences the early period of the healing after distraction osteogenesis in a rat osteoporotic model., Journal of Cranio-Maxillo-Facial Surgery, Vol.39, No.1, 2-9, 2010. ...
閲覧 高野 栄之, 宮本 悦子, 桃田 幸弘, 可児 耕一, 東 雅之 : 心身障害者や自閉症児に対する蜂蜜を使用した歯みがきの有効性, 第3回みつばち研究助成基金報告書, No.3, 6, (都市), 2011年(0月). ...
閲覧 高野 栄之, 桃田 幸弘, 可児 耕一, 松本 文博, 茂木 勝美, 山村 佳子, 東 雅之 : 副オトガイ孔を走行する神経様組織の切断によって口唇感覚異常が改善した症候性三叉神経痛の1例, 徳島大学歯学部口腔内科同門会誌, Vol.26, 8-10, 2011年(0月). ...
閲覧 桃田 幸弘, 東 雅之 : 舌痛を訴える患者について考える, 四国歯学会雑誌, Vol.23, No.2, 133-137, 2011年(0月). ...
閲覧 高野 栄之, 桃田 幸弘, 可児 耕一, 東 雅之 : 口腔カンジダ症に対する迅速免疫学的検査-イムノクロマト法の有用性について-, 徳島大学歯学部口腔内科同門会誌, Vol.27, (号), 10-11, 2012年(0月). ...
閲覧 桃田 幸弘, 高野 栄之, 可児 耕一, 東 雅之 : ローヤルゼリーの口腔顔面痛に対する治療効果の検討-小型脳波センサーを用いて-, 第4回みつばち研究助成基金報告書, Vol.4, 23, (都市), 2012年(0月). ...
閲覧 高野 栄之, 桃田 幸弘, 可児 耕一, 松本 文博, 茂木 勝美, 青田 桂子, 山村 佳子, 大守 真由子, 東 雅之 : 副オトガイ孔を走行する神経様組織の捻除により口唇感覚異常が改善した症候性三叉神経痛の1例-神経学的検査の有用性について-, 日本口腔検査学会雑誌, Vol.4, No.1, 45-48, 2012年. ...
閲覧 桃田 幸弘, 茂木 勝美, 青田 桂子, 高野 栄之, 可児 耕一, 東 雅之 : ワルファリン療法中に急速に増大・破裂した軟硬口蓋粘膜下血腫の1例, 日本口腔内科学会雑誌, Vol.18, No.2, 68-71, 2012年. ...
閲覧 大守 真由子, 青田 桂子, 山村 佳子, 山田 佑子, 可児 耕一, 高野 栄之, 茂木 勝美, 桃田 幸弘, 松本 文博, 東 雅之 : 徳島大学病院精神科神経科入院患者に対する口腔ケアの意義, 四国歯学会雑誌, Vol.25, No.2, 55-60, 2013年. ...
閲覧 可児 耕一, 桃田 幸弘, 高野 栄之, 青田 桂子, 東 雅之 : 下顎歯肉に生じた周辺性エナメル上皮腫の1例, 徳島大学歯学部口腔内科同門会誌, Vol.28, (号), 13-14, 2013年(0月). ...
閲覧 山村 佳子, 桃田 幸弘, 松本 文博, 茂木 勝美, 青田 桂子, 高野 栄之, 大守 真由子, 河野 文昭, 東 雅之 : 徳島大学病院内の口腔ケア依頼状況, 日本口腔ケア学会雑誌, Vol.7, No.1, 31-35, 2013年. ...
閲覧 桃田 幸弘, 細川 浩良, 高野 栄之, 可児 耕一, 松本 文博, 茂木 勝美, 青田 桂子, 山村 佳子, 大守 真由子, 東 雅之 : 口腔白板症の臨床病理学的検討-悪性化に関する臨床病理学的指標について-, 日本口腔検査学会雑誌, Vol.5, No.1, 26-30, 2013年. ...
閲覧 茂木 勝美, 桃田 幸弘, 高野 栄之, 可児 耕一, 山村 佳子, 東 雅之 : 抜歯後の止血困難をきっかけに発見された後天性血友病Aの1例, 日本口腔外科学会雑誌, Vol.59, No.12, 786-790, 2013年. ...
閲覧 桃田 幸弘, 可児 耕一, 高野 栄之, 松本 文博, 青田 桂子, 武川 大輔, 山ノ井 朋子, 近藤 智香, 東 雅之 : 一次性舌痛症における手掌部発汗の発現-皮膚水分量測定の有用性について-, 日本歯科人間ドック学会誌, Vol.9, 18-23, 2014年. ...
閲覧 高野 栄之, 桃田 幸弘, 湯淺 哲也, 東 雅之 : イムノクロマト法を用いた口腔カンジダ症迅速診断-往診診療における臨床的有用性-, 第3回健康科学創成・栄養連携部門ミニフォーラム, 2014年4月. ...
閲覧 桃田 幸弘, 東 雅之 : 臓器移植後の歯科治療, 月刊「歯界展望」別冊 歯科医師のための医学ハンドブック, 192-193, 2014年5月. ...
閲覧 桃田 幸弘, 可児 耕一, 高野 栄之, 松本 文博, 茂木 勝美, 青田 桂子, 山村 佳子, 東 雅之 : 一次性舌痛症における手掌部発汗の発現-皮膚水分量測定の有用性について-, 第68回日本口腔科学会学術集会, 2014年5月. ...
閲覧 山村 佳子, 茂木 勝美, 青田 桂子, 桃田 幸弘, 東 雅之 : 唾液腺腺房細胞におけるMAPK経路を介したAQP5発現機構-SMRTとHDAC3発現からの解析-, 第68回日本口腔科学会学術集会, (巻), (号), (頁), 2014年5月. ...
閲覧 青田 桂子, 山村 佳子, 可児 耕一, 高野 栄之, 茂木 勝美, 松本 文博, 石丸 直澄, 東 雅之 : ドライマウス患者における唾液中のTNF-αとMMP-9発現に関する研究, 第68回日本口腔科学会学術集会, 2014年5月. ...
閲覧 Yukihiro Momota, Shigemasa Tomioka, Mayuko Furukita, Kenji Fujisawa, Hideyuki Takano and Masayuki Azuma : Orthostatic Dysregulation during Postural Change on the Dental Chair and Intraoperative Monitoring by Heart Rate Variability Analysis., Case Reports in Dentistry, Vol.2014, 2014. ...
閲覧 可児 耕一, 桃田 幸弘, 高野 栄之, 松本 文博, 青田 桂子, 山村 佳子, 武川 大輔, 山ノ井 朋子, 近藤 智香, 金川 裕子, 東 雅之 : 徳島大学病院口腔内科発足前後の患者動向について, 第45回四国歯学会例会・第33回四国歯学会総会, 2014年6月. ...
閲覧 Yukihiro Momota : Dental Management of Patients with Autonomic Dysfunction: Significance of Intraoperative Monitoring by Heart Rate Variability Analysis, Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Vol.72, No.9, 115-116, (都市), Sep. 2014. ...
閲覧 Yukihiro Momota : Clinical Significance of Time-Domain Analysis of Heart Rate Variability in Burning Mouth Syndrome, Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Vol.72, No.9, 114-115, (都市), Sep. 2014. ...
閲覧 可児 耕一, 桃田 幸弘, 高野 栄之, 青田 桂子, 松本 文博, 山村 佳子, 武川 大輔, 山ノ井 朋子, 近藤 智香, 金川 裕子, 東 雅之 : がん治療における周術期口腔機能管理の現状と課題, 徳島大学病院Cancer Board, 2014年9月. ...
閲覧 可児 耕一, 桃田 幸弘, 高野 栄之, 松本 文博, 青田 桂子, 山村 佳子, 武川 大輔, 山ノ井 朋子, 近藤 智香, 金川 裕子, 東 雅之 : 徳島大学病院口腔内科組織改編前後の患者動向について, 第24回日本口腔内科学会, 2014年9月. ...
閲覧 青田 桂子, 山ノ井 朋子, 近藤 智香, 高野 栄之, 桃田 幸弘, 可児 耕一, 松本 文博, 東 雅之 : Sjögren症候群におけるサイトカイン/ケモカイン発現の解析, 第59回日本口腔外科学会学術大会, 2014年10月. ...
閲覧 高野 栄之, 桃田 幸弘, 可児 耕一, 松本 文博, 青田 桂子, 山ノ井 朋子, 近藤 智香, 東 雅之 : 5-FUによるヒト口腔粘膜上皮細胞の増殖抑制とγ-T3によるその解除機構の検討, 第59回日本口腔外科学会学術大会, 2014年10月. ...
閲覧 桃田 幸弘, 可児 耕一, 高野 栄之, 松本 文博, 青田 桂子, 山ノ井 朋子, 近藤 智香, 東 雅之 : 一次性舌痛症に対する心拍間変異分析-Time-Domain測定の意義-, 第59回日本口腔外科学会学術大会, 2014年10月. ...
閲覧 Yukihiro Momota, Kohichi Kani, Hideyuki Takano, Fumihiro Matsumoto, Keiko Aota, Daisuke Takegawa, Yamanoi Tomoko, Kondo Chika, Shigemasa Tomioka and Masayuki Azuma : High-Wattage Pulsed Irradiation of Linearly Polarized Near-Infrared Light to Stellate Ganglion Area for Burning Mouth Syndrome, Case Reports in Dentistry, 2014. ...
閲覧 高野 栄之, 桃田 幸弘, 可児 耕一, 東 雅之 : γ-トコトリエノールはNrf2-Keap1経路と抗酸化タンパク質の誘導を介して5-FUによる口腔粘膜上皮細胞の増殖抑制を解除する, 第13回中四国口腔癌研究会, 2014年10月. ...
閲覧 高野 栄之, 桃田 幸弘, 可児 耕一, 橋本 俊顕, 久保 宜明, 東 雅之 : 頬部脂肪萎縮性脂肪織炎の1例, 第62回NPO法人日本口腔科学会中国・四国地方部会, 2014年10月. ...
閲覧 山村 佳子, 滝沢 宏光, 松本 文博, 桃田 幸弘, 青田 桂子, 武川 大輔, 可児 耕一, 高野 栄之, 山ノ井 朋子, 近藤 智香, 金川 裕子, 高瀬 奈緒, 十川 悠香, 東 雅之 : 肺癌患者における周術期口腔機能管理の有用性について-術後合併症の観点より-, 第62回NPO法人日本口腔科学会中国・四国地方部会, 2014年10月. ...
閲覧 可児 耕一, 桃田 幸弘, 高野 栄之, 青田 桂子, 山ノ井 朋子, 東 雅之 : 口腔癌担癌ヌードマウスに対するdocetaxelおよびγ-tocotrienolの併用による抗腫瘍効果の検討, 日口組織培養誌, Vol.24, No.2, 23-30, 2015年. ...
閲覧 Hideyuki Takano, Yukihiro Momota, Kohichi Kani, Keiko Aota, Yoshiko Yamamura, Yamanoi Tomoko and Masayuki Azuma : γ-tocotrienol prevents 5-FU-induced reactive oxygen species production in human oral keratinocytes through the stabilization of 5-FU-induced activation of Nrf2, International Journal of Oncology, Vol.46, No.4, 1453-1460, 2015. ...
閲覧 Yukihiro Momota, Shigemasa Tomioka, Ryo Otsuka, Daisuke Shioguri, Hideyuki Takano and Masayuki Azuma : Well-Managed Postural Orthostatic Tachycardia Syndrome during Dental Therapy and Analysis of Heart Rate Variability: A Case Report, IOSR Journal of Dental and Medical Sciences, Vol.14, No.5, 23-26, 2015. ...
閲覧 Yukihiro Momota, Hideyuki Takano, Kohichi Kani, Fumihiro Matsumoto, Keiko Aota, Tomoko Yamanoi, Chika Kondo, Nao Takase, Yuki Miyamoto, Shigemasa Tomioka and Masayuki Azuma : A Case Series of Burning Mouth Syndrome Treated with Stellate Ganglion Near-Infrared Irradiation: Assessment of HealthRelated Quality of Life Based on the Japanese Version of the MOS 36-Item Short-Form Health Survey Version 2, IOSR Journal of Dental and Medical Sciences, Vol.14, No.6, 39-43, 2015. ...
閲覧 桃田 幸弘, 高野 栄之, 可児 耕一, 松本 文博, 青田 桂子, 山ノ井 朋子, 近藤 智香, 高瀬 奈緒, 宮本 由貴, 東 雅之 : 一次性舌痛症に関する健康関連QOLの調査-MOS 36-Item Short-Form Health Survey Version 2日本語版を用いて-, 日本口腔内科学会雑誌, Vol.21, No.1, 9-14, 2015年. ...
閲覧 Yukihiro Momota, Hideyuki Takano and Masayuki Azuma : Pregabalin Relieved Gingival Pruritus Associated with Oral Dysesthesia: A Case Report, IOSR Journal of Dental and Medical Sciences, Vol.14, No.8, 01-02, 2015. ...
閲覧 Yukihiro Momota, Kohichi Kani, Hideyuki Takano and Masayuki Azuma : Cerebellopontine Angle Mass Mimicking Lingual Nerve Injury after Dental Implant Placement: A Case Report., Australian Dental Journal, Vol.60, No.3, 412-5, 2015. ...
閲覧 Yukihiro Momota, Yuki Miyamoto, Hideyuki Takano, Kohichi Kani and Masayuki Azuma : A Case of Well-Managed Idiopathic Autonomic Neuropathy during Dental Therapy: Significance of Heart Rate Variability Analysis, Oral Science in Japan, Vol.2016, 37-8, 2016. ...
閲覧 桃田 幸弘, 東 雅之 : 口腔異常感覚に対して白虎加人参湯が奏効した1症例, 漢方と診療, Vol.27, No.3, 27, 2016年. ...
閲覧 可児 耕一, 桃田 幸弘, 高野 栄之, 松本 文博, 青田 桂子, 青田 桂子, 山ノ井 朋子, 高瀬 奈緒, 宮本 由貴, 小野 信二, 東 雅之 : ピロカルピン塩酸塩顆粒による有害事象の発現についての検討, 徳島大学歯学部口腔内科同門会誌,, Vol.31, (号), 10-11, 2016年(0月). ...
閲覧 桃田 幸弘, 宮本 由貴, 高野 栄之, 可児 耕一, 東 雅之 : 特発性自律神経ニューロパチーの抜歯術の1例-心拍間変異分析による術中管理について-, 第70回日本口腔科学会学術集会, (巻), (号), (頁), 2016年4月. ...
閲覧 可児 耕一, 桃田 幸弘, 青田 桂子, 高野 栄之, 東 雅之 : 抜歯後出血に対して動脈塞栓術が奏効した1例, 第45回日本口腔外科学会中国四国支部学術集会, (巻), (号), (頁), 2016年5月. ...
閲覧 桃田 幸弘, 高野 栄之, 可児 耕一, 松本 文博, 青田 桂子, 山ノ井 朋子, 近藤 智香, 高瀬 奈緒, 宮本 由貴, 東 雅之 : 新規口腔ケア製品「ペプチサルシリーズ」の使用感に関する調査, 日本口腔ケア学会雑誌, Vol.11, No.1, 87-89, 2016年. ...
閲覧 高野 栄之, 桃田 幸弘, 可児 耕一, 松本 文博, 青田 桂子, 山ノ井 朋子, 高瀬 奈緒, 宮本 由貴, 小野 信二, 金川 裕子, 東 雅之 : 徳島大学病院口腔内科-発足前後5年間における外来・入院患者の臨床統計的観察-, 日本口腔内科学会雑誌, Vol.22, No.1, 59, 2016年. ...
閲覧 Yukihiro Momota, Hideyuki Takano, Kohichi Kani, Fumihiro Matsumoto, Keiko Aota, Tomoko Yamanoi, Nao Takase, Yuki Miyamoto, Shinji Ono and Masayuki Azuma : Orofacial Pain Well-Treated with Concomitant Pregabalin, Tramadol Hydrochloride, Acetaminophen, and Powdered Processed Aconite Roots: A Case Series, International Congress on Orofacial Pain, (巻), (号), (頁), Yokohama, Sep. 2016. ...
閲覧 桃田 幸弘, 高野 栄之, 可児 耕一, 松本 文博, 青田 桂子, 山ノ井 朋子, 高瀬 奈緒, 宮本 由貴, 小野 信二, 東 雅之 : プレガバリン,トラマドール塩酸塩/アセトアミノフェン配合錠および加工附子末製剤の三剤併用が奏効した口腔顔面痛の3例, 第21回日本口腔顔面痛学会, (巻), (号), (頁), 2016年9月. ...
閲覧 高瀬 奈緒, 桃田 幸弘, 可児 耕一, 宮本 由貴, 山ノ井 朋子, 小野 信二, 高野 栄之, 青田 桂子, 松本 文博, 牛尾 綾, 石丸 直澄, 東 雅之 : 上唇粘膜下に生じた血管筋腫の1例, 第64回日本口腔科学会中四国地方部会, (巻), (号), (頁), 2016年10月. ...
閲覧 宮本 由貴, 桃田 幸弘, 可児 耕一, 松本 文博, 青田 桂子, 高野 栄之, 高瀬 奈緒, 山ノ井 朋子, 小野 信二, 東 雅之 : 上顎歯肉に発症した骨髄肉腫の1例, 第64回日本口腔科学会中四国地方部会, (巻), (号), (頁), 2016年10月. ...
閲覧 桃田 幸弘, 宮本 由貴, 高野 栄之, 可児 耕一, 東 雅之 : 経上顎洞的対孔形成術と化学療法を施行した上顎洞アスペルギルス症の1例, 第61回日本口腔外科学会学術大会, (巻), (号), (頁), 2016年11月. ...
閲覧 可児 耕一, 桃田 幸弘, 高野 栄之, 松本 文博, 青田 桂子, 山ノ井 朋子, 高瀬 奈緒, 宮本 由貴, 小野 信二, 東 雅之 : ピロカルピン塩酸塩顆粒による有害事象の発現についての検討, 第61回日本口腔外科学会学術大会, (巻), (号), (頁), 2016年11月. ...
閲覧 高野 栄之, 桃田 幸弘, 可児 耕一, 中津 忠則, 東 雅之 : 徳島赤十字ひのみね総合療育センター歯科における受診患者の動向, 第61回日本口腔外科学会学術大会, (巻), (号), (頁), 2016年11月. ...
閲覧 桃田 幸弘, 東 雅之 : 口の痛みについて-口腔顔面痛とその随伴症状-, 徳島大学大学開放実践センター紀要, Vol.26, (号), 57-66, 2017年(0月). ...
閲覧 Yukihiro Momota, Hideyuki Takano, Kohichi Kani, Fumihiro Matsumoto, Keiko Aota, Tomoko Yamanoi, 高瀬 奈緒, Yuki Miyamoto, Shinji Ono, Shigemasa Tomioka and Masayuki Azuma : A Case Series of Xerostomia Treated with Kampo Medicines: Assessment of Health-Related Quality of Life Based on the Japanese Version of the Short Form-8 Health Survey, Oral Science in Japan, Vol.2017, 79-82, 2017. ...
閲覧 Tomoko Yamanoi, Keiko Aota, Yukihiro Momota and Masayuki Azuma : Treatment with the Biscoclaurine Alkaloid Cepharanthin Significantly Increases Salivary Selection in Primary Sjögren's Syndrome Patients, Journal of Oral Health and Biosciences, Vol.29, No.2, 39-48, 2017. ...
閲覧 Yukihiro Momota, Hideyuki Takano, Kohichi Kani, Fumihiro Matsumoto, Keiko Aota, Tomoko Yamanoi, 高瀬 奈緒, 宮本 由貴, Shinji Ono and Masayuki Azuma : A Case Series of Xerostomia Treated with Kampo Medicines: Assessment of Health-Related Quality of Life Based on the Japanese Version of the Short Form-8 Health Survey, 23rd International Conference on Oral and Maxillofacial Surgery, (巻), (号), (頁), Hong Kong, March 2017. ...
閲覧 宮本 由貴, 桃田 幸弘, 可児 耕一, 松本 文博, 青田 桂子, 高野 栄之, 高瀬 奈緒, 山ノ井 朋子, 小野 信二, 牛尾 綾, 石丸 直澄, 東 雅之 : 上顎に発生した石灰化を伴わない石灰化上皮性歯原性腫瘍の1例, 第46回日本口腔外科学会中国四国支部学術集会, (巻), (号), (頁), 2017年5月. ...
閲覧 高瀬 奈緒, 青田 桂子, 桃田 幸弘, 松本 文博, 可児 耕一, 高野 栄之, 山ノ井 朋子, 宮本 由貴, 小野 信二, 東 雅之 : 左側下顎骨筋突起基部から埋伏歯の突出を認めた角化嚢胞性歯原性腫瘍の1例, 第46回日本口腔外科学会中国四国支部学術集会, (巻), (号), (頁), 2017年5月. ...
閲覧 桃田 幸弘, 高野 栄之, 可児 耕一, 松本 文博, 青田 桂子, 山ノ井 朋子, 高瀬 奈緒, 宮本 由貴, 小野 信二, 東 雅之 : 三剤併用が奏効した一次性舌痛症の3例-口腔領域の難治性疼痛への対応-, 第62回日本口腔外科学会学術大会, (巻), (号), (頁), 2017年10月. ...
閲覧 桃田 幸弘, 高野 栄之, 可児 耕一, 東 雅之 : 五苓散と加工附子末製剤の併用が奏効した三叉神経痛の1例, 痛みと漢方, Vol.28, 151-155, 2018年. ...
閲覧 桃田 幸弘, 東 雅之, 小林 真之 : 歯科領域の漢方概説-難治性疾患に対する漢方薬の効用-, 歯科薬物療法, Vol.37, No.3, in-press, 2018年(0月). ...
閲覧 可児 耕一, 桃田 幸弘, 青田 桂子, 東 雅之 : 口腔扁平上皮癌に対するNF-κBを分子標的とした新規併用癌化学療法の開発, BIO Clinica, Vol.33, No.2, 74-79, 2018年2月. ...
閲覧 可児 耕一, 桃田 幸弘, 高野 栄之, 青田 桂子, 山ノ井 朋子, 東 雅之 : Docetaxel・γ-tocotrienol併用療法による口腔癌移植ヌードマウス腫瘍への抗腫瘍効果の検討., 口腔組織培養学会誌, Vol.27, No.1, 19-20, 2018年. ...
閲覧 桃田 幸弘, 高野 栄之, 東 雅之 : 舌痛症の診断を再考する, 徳島大学大学開放実践センター紀要, Vol.27, (号), 41-46, 2018年3月. ...
閲覧 Yukihiro Momota, Hideyuki Takano, Kohichi Kani, Yuki Miyamoto and Masayuki Azuma : Recurrent Aphthous Stomatitis Well-Treated with Inchinkoto: Two Case Reports, IOSR Journal of Dental and Medical Sciences, Vol.17, No.4, 6-11, 2018. ...
閲覧 桃田 幸弘, 高野 栄之, 可児 耕一, 松本 文博, 青田 桂子, 山ノ井 朋子, 高瀬 奈緒, 宮本 由貴, 小野 信二, 東 雅之 : 一次性舌痛症における唾液アミラーゼ活性測定の有用性, 第72回日本口腔科学会学術集会, (巻), (号), (頁), 2018年5月. ...
閲覧 桃田 幸弘, 高野 栄之, 可児 耕一, 東 雅之 : アミトリプチリン塩酸塩と加工附子末製剤の併用が奏効した特発性歯痛の1例, 第23回日本口腔顔面痛学会, (巻), (号), (頁), 2018年7月. ...
閲覧 桃田 幸弘, 高野 栄之, 可児 耕一, 高瀬 奈緒, 宮本 由貴, 富岡 重正, 東 雅之 : 茵蔯蒿湯と五苓散の併用が奏効した難治性口内炎の2例, 第28回日本口腔内科学会・第31回日本口腔診断学会合同学術大会, (巻), (号), (頁), 2018年9月. ...
閲覧 Yukihiro Momota, Kohichi Kani, Nao Masuda, Satoru Eguchi, Ohtuka Ryo, Hideyuki Takano and Masayuki Azuma : A Case of Well-Managed Fibromyalgia with Autonomic Dysfunction during Dental Therapy: Significance of Heart Rate Variability Analysis, IOSR Journal of Dental and Medical Sciences, Vol.17, No.10, 33-35, 2018. ...
閲覧 桃田 幸弘, 高野 栄之, 可児 耕一, 松本 文博, 青田 桂子, 高瀬 奈緒, 金川 裕子, 山ノ井 朋子, 宮本 由貴, 東 雅之 : 漢方薬が奏効した難治性口内炎の6例, 第63回日本口腔外科学会学術大会, (巻), (号), (頁), 2018年11月. ...
閲覧 Yukihiro Momota, Hideyuki Takano, Kohichi Kani, Fumihiro Matsumoto, Keiko Aota, N Takase, Hiroko Kanagawa, Tomoko Yamanoi, Yuki Miyamoto, Shigemasa Tomioka and Masayuki Azuma : Intractable Stomatitis Well-Treated with Kampo Medicines: A Case Series, The 13th Asian Congress on Oral and Maxillofacial Surgery, (巻), (号), (頁), Taipei, Nov. 2018. ...
閲覧 Yukihiro Momota, Keiko Aota, Hideyuki Takano, Kohichi Kani and Masayuki Azuma : Concomitant Pregabalin and Tramadol Hydrochloride/Acetaminophen Formulation Relieved Neuropathic Itch of Gingiva: A Case Report., IOSR Journal of Dental and Medical Sciences, Vol.17, No.12, 68-71, 2018. ...
閲覧 Yukihiro Momota, Nao Masuda, Hideyuki Takano and Masayuki Azuma : A Case of Well-Managed Sarcoidosis with Cardiac Autonomic Dysfunction during Dental Therapy: Significance of Heart Rate Variability Analysis., IOSR Journal of Dental and Medical Sciences, Vol.18, No.1, 27-29, 2019. ...
閲覧 Yukihiro Momota, Hideyuki Takano, Kohichi Kani, Shinji Ono and Masayuki Azuma : Oral Lichen Planus Well-Treated with Kampo Medicines: Two Case Reports, IOSR Journal of Dental and Medical Sciences, Vol.18, No.2, 68-72, 2019. ...
閲覧 桃田 幸弘, 東 雅之 : 口内炎の予防と体質改善-口内炎を治療してきた歯科医の提言-, 徳島大大学開放実践センター紀要, Vol.28, 49-53, 2019年3月. ...
閲覧 Yukihiro Momota, Hideyuki Takano and Masayuki Azuma : Effectiveness of Kampo Medicines against Intractable Stomatitis: A Mini-Review, International Journal of Medical and Dental Sciences, Vol.8, No.2, 1709-1714, 2019. ...
閲覧 小林 真之, 桃田 幸弘 : 酸性NSAIDs, 株式会社 デンタルダイヤモンド社, 東京, 2022年11月. ...
閲覧 小林 真之, 桃田 幸弘 : 塩基性NSAIDs, 株式会社 デンタルダイヤモンド社, 東京, 2022年11月. ...
閲覧 小林 真之, 桃田 幸弘 : 中性NSAIDs, 株式会社 デンタルダイヤモンド社, 東京, 2022年11月. ...
閲覧 桃田 幸弘, 小林 真之 : 非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)作用時間による分類(血中半減期による分類), 株式会社 デンタルダイヤモンド社, 東京, 2022年11月. ...
閲覧 桃田 幸弘, 小林 真之 : 非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)剤形による分類, (発行所), 東京, 2022年11月. ...
閲覧 桃田 幸弘, 小林 真之 : アセトアミノフェン, 株式会社 デンタルダイヤモンド社, 東京, 2022年11月. ...
閲覧 桃田 幸弘, 里村 一人, 武知 正晃, 工藤 景子, 徳山 麗子, 山崎 泰文, 小柴 邦彦, 近藤 和也, 長山 勝 : 縦隔膿瘍を発症した下顎智歯周囲炎の1例, 第35回 日本口腔外科学会・中四国地方会, (頁), (年月日). ...
閲覧 徳山 麗子, 桃田 幸弘, 湯淺 哲也, 山崎 泰文, 里村 一人, 長山 勝 : 9歳男児にみられた嚢胞性歯牙腫の1例, 第54回NPO法人日本口腔科学会 中国・四国地方部会., (巻), (号), (頁), (年月日). ...
閲覧 Shiho Minamiguchi, Masaaki Takechi, Tetsuya Yuasa, Yukihiro Momota, Seiko Tatehara, Hideyuki Takano, Youji Miyamoto, Kazuhito Satomura and Masaru Nagayama : A basic research on hydroxyapatite-poly(D L-lactide-co glycolic acid)composite scaffolds for bone tissue engineering, The 5th Asian Bio Ceramics Simposium, (巻), (号), (頁), (都市), (年月日). ...
閲覧 桃田 幸弘, 宮本 洋二, 石川 邦夫, 南口 知穂, 長山 勝 : 骨止血剤(HAP putty)による血小板凝集能の亢進, 第7回日本口腔顎顔面外傷学会総会・学術大会, (巻), (号), (頁), (年月日). ...
閲覧 中西 宏彰, 里村 一人, 桃田 幸弘, 鎌田 伸之, 長山 勝 : 5-ALAと青紫色ダイオードレーザーを用いた口腔癌蛍光診断システムの開発, 第14回日本光線力学学会, (巻), (号), (頁), (年月日). ...
閲覧 中西 宏彰, 里村 一人, 桃田 幸弘, 長山 勝 : 5-ALAと青紫色ダイオードレーザーを用いた口腔癌蛍光診断システムの開発, 第5回5-ALA研究会, (巻), (号), (頁), (年月日). ...
閲覧 村松 亮, 桃田 幸弘, 武知 正晃, 中西 宏彰, 里村 一人, 長山 勝 : 抜歯後異常骨吸収を示した歯性上顎洞炎の1例, 第52回日本口腔科学会地方会, (巻), (号), (頁), (年月日). ...
閲覧 山之内 浩司, 鎌田 伸之, 桃田 幸弘, 北岡 栄一郎, 久米 景子, 長山 勝 : 抗凝固剤維持量投与下における観血的処置の検討, 第57回日本口腔科学会総会, (巻), (号), (頁), (年月日). ...
閲覧 北岡 栄一郎, 鎌田 伸之, 桃田 幸弘, 山之内 浩司, 藤澤 健司, 瀧 雅行, 林 良夫, 長山 勝 : 顎関節に発症した滑膜性軟骨腫症の1例, 第57回日本口腔科学会総会, (巻), (号), (頁), (年月日). ...
閲覧 舘原 誠晃, 宮本 洋二, 武知 正晃, 桃田 幸弘, 湯淺 哲也, 長山 勝 : 骨粗鬆症ラットの仮骨延長に関する実験的研究, 第56回日本口腔科学会総会, (巻), (号), (頁), (年月日). ...
閲覧 北岡 栄一郎, 鎌田 伸之, 山之内 浩司, 桃田 幸弘, 林 良夫, 長山 勝 : 6歳児の下顎骨に発生した若年性(侵襲性)化骨性線維種の1例, 第14回日本小児口腔外科学会, (巻), (号), (頁), (年月日). ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

無効な情報 (9件)

閲覧 野田 佳子, 桃田 幸弘, 里村 一人, 鎌田 伸之, 石丸 直澄, 長山 勝 : 上顎洞に発症したアスペルギルス症の1例, 日本口腔外科学会雑誌, Vol.47, No.12, 811-814, 2001年.
閲覧 桃田 幸弘, 鎌田 伸之, 久米 景子, 舘原 誠晃, 林 良夫, 長山 勝 : 顎下腺に発症した いわゆるKuttner腫瘍の2例, 四国歯学会雑誌, Vol.16, No.2, 419-423, 2004年.
閲覧 Yukihiro Momota : Effects of neutral sodium hydrogen phosphate on the setting property and hemostatic ability of hydroxyapatite putty as a local hemostatic agent for bone., J Biomed Mater Res (Part B), Vol.69, No.B, 99-103, 2004.
閲覧 Masaaki Takechi, Youji Miyamoto, Yukihiro Momota, Tetsuya Yuasa, Seiko Tatehara, Masaru Nagayama and Kunio Ishikawa : Effects of various sterilization methods on the setting and mechanical properties of apatite cement, Journal of Biomedical Materials Research. Part B, Applied Biomaterials, Vol.69B, No.1, 58-63, 2004.
閲覧 徳山 麗子, 里村 一人, 武知 正晃, 湯淺 哲也, 友成 真弓, 高野 栄之, 長山 勝 : 下顎骨骨折非観血的整復固定症例における顎間固定用スクリューの応用 5症例の検討, 口腔顎顔面外傷, Vol.4, No.1, 10-15, 2005年.
閲覧 徳山 麗子, 里村 一人, 武知 正晃, 湯浅 哲也, 舘原 誠晃, 工藤 景子, 高野 栄之, 長山 勝 : 矯正牽引装置により治療を行った小児外傷性歯牙陥入の1例, 口腔顎顔面外傷, Vol.5, No.2, 89-92, 2006年.
閲覧 長山 勝, 中西 宏彰, 桃田 幸弘 : 診断力テスト,下顎前歯部の歯肉腫脹, デンタルダイヤモンド, (頁), 2008年12月.
閲覧 山ノ井 朋子, 青田 桂子, 近藤 智香, 山村 佳子, 高野 栄之, 可児 耕一, 桃田 幸弘, 松本 文博, 東 雅之 : 抜歯後出血を契機に診断された後天性von Willebrand症候群の1例, 第 61 回 NPO 法人日本口腔科学会中国・ 四国地方部会, 2013年11月.
閲覧 徳山 麗子, 里村 一人, 藤澤 健司, 桃田 幸弘, 湯浅 哲也, 工藤 景子, 舘原 誠晃, 高野 栄之, 長山 勝 : セルフドリリングタイプ顎間固定用スクリューの有用性に関する検討, 口腔顎顔面外傷, Vol.6, No.1, 2-7, (年月日).

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 1, LA = 0.29, Max(EID) = 393188, Max(EOID) = 1063864.