『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

OWN=閲覧 北村 清一郎

登録情報の数

有効な情報: 0件 + 無効な情報: 28件 = 全ての情報: 28件

全ての有効な情報 (0件)
  (見出し語句検索:)

抽出結果のリスト

0件の情報を発見しました.

(なし)

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

無効な情報 (28件)

閲覧 K. Hirota, H. Matsumoto, K. Yamashita, Seiichiro Kitamura, F. Ota and K. Fukui : Oral streptococci and systemic diseases, --- Immunological analysis of cell surface antigens by monoclonal antibodies to oral streptococci and Streptococcus pyogenes ---, Dentistry in Japan, Vol.30, (号), 28-34, 1993.
閲覧 S. K. Ninomiya M. Takagi T. Ishizuka H. and Kitamura Yamashita : Human alveolar bone cells in vitro, Biomed. Res. (India), Vol.6, No.1, 1-9, 1995.
閲覧 北村 清一郎 : 骨の連結 24項目, 株式会社 医学書院, 東京, 2003年(0月).
閲覧 山下 菊治, J.E. Dennis, D.P. Lennon, 森本 景之, 北村 清一郎, A.I. Caplan : dental pulp cells with multi-potential for differentiation to odontoblast and chondroblast, Journal of Hard Tissue Biology, Vol.12, No.2, 49-55, 2003年.
閲覧 藤原 綾子, 日浦 賢治, ウイル ハビエル, 山下 菊治, 北村 清一郎, 森山 啓司 : ヒト破骨細胞様細胞の波状縁と明帯の形態に及ぼすカルシトニンおよびCLIK148の効果について, 四国歯学会雑誌, Vol.16, No.2, 411-418, 2004年.
閲覧 Hiroyuki Morimoto, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Seiichiro Kitamura and Tatsuji Haneji : Double-stranded RNA mediates selective gene silencing of protein phosphatase type 1 delta isoform in HEK-293 cells., Journal of Enzyme Inhibition and Medicinal Chemistry, Vol.19, No.4, 327-331, 2004.
閲覧 Kikuji Yamashita, Satoru Eguchi, Hiroyuki Morimoto, T. Hanawa, Tetsuo Ichikawa, Nobuyoshi Nakajo and Seiichiro Kitamura : Extracellular matrix formed by MC3T3-E1 osteoblast-like cells cultured on titanium., --- 1. anchor structure. ---, Connective Tssue, Vol.36, No.1, 1-8, 2004.
閲覧 Satoru Eguchi, Kikuji Yamashita, Hiroyuki Morimoto, Tetsuo Ichikawa, Nobuyoshi Nakajo and Seiichiro Kitamura : Extracellular matrix formed by MC3T3-E1 osteoblast-like cells cultured on titanium., --- II. Collagen fiber formation ---, Connective Tissue, Vol.36, No.1, 9-15, 2004.
閲覧 (種別) : 江口 覚, 山下 菊治, 石川 友康, 富山 芳信, 大下 修弘, 細川 浩良, 北村 清一郎, 中條 信義 : 遠赤外線照射は麻酔効果を抑制する, (誌名), (巻), (号), (頁), 第22回麻酔メカニズム研究会, 大阪, 2004年7月.
閲覧 江口 覚, 山下 菊治, 石川 友康, 富山 芳信, 大下 修弘, 細川 浩良, 北村 清一郎, 中條 信義 : 遠赤外線照射は麻酔効果を抑制する, 第22回麻酔メカニズム研究会, (巻), (号), (頁), 2004年7月.
閲覧 (種別) : J. Ishibashi, Kikuji Yamashita, R. Yamauchi, H. Hosokawa, Hiroyuki Morimoto and Seiichiro Kitamura : Effects of far-infrared ray on cell proliferation and diffeerentiation of ATDC5,C3H10T1/2 and MC3T3-E1, (誌名), (巻), (号), (頁), 16th International Congress of the IFAA, Kyoto,Japan, Aug. 2004.
閲覧 J. Ishibashi, K. Yamashita, R. Yamauchi, H. Hosokawa, H. Morimoto and S. Kitamura : Effects of far-infrared ray on cell proliferation and differentiation of ATDC5,C3H10T1/2andMC3T3E1., 16th International Congress of the IFAA, (巻), (号), (頁), Kyoto,Japan, Aug. 2004.
閲覧 Hiroyuki Morimoto, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Seiichiro Kitamura and Tatsuji Haneji : Okadaic acid induces apoptosis through double-stranded RNA-dependent protein kinase/eukaryotic initiation factor-2α pathway in human osteoblastic MG63 cells., The Journal of Biochemistry, Vol.136, No.4, 433-488, 2004.
閲覧 藤原 綾子, 日浦 賢治, ウイル ハビエル, 山下 菊治, 北村 清一郎, 森山 啓司 : ヒト破骨細胞様細胞の波状縁と明帯の形態に及ぼすカルシトニンおよびCLIK148の効果について, 四国歯学会雑誌, Vol.16, No.2, 411-418, 2005年.
閲覧 Hiroyuki Morimoto, A. Ozaki, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Seiichiro Kitamura and Tatsuji Haneji : Okadaic acid induces tyrosine phosphorylation of IκBα that mediated by PKR pathway in human osteoblastic MG63 cells., Molecular and Cellular Biochemistry, Vol.276, No.1-2, 211-217, 2005.
閲覧 尾崎 朋文, 北村 清一郎, 吉田 篤 : トリガーポイントと経穴の関係, 真興交易株式会社 医書出版部, 東京, 2006年4月.
閲覧 北村 清一郎, 角田 佳折, 市川 哲雄 : 見える!わかる!臨床に役立つ解剖写真集—8, --- いくら噛めても飲み込めないと意味がない—義歯は嚥下にどうかかわるのか ---, 歯界展望, Vol.108, No.2, 304-309, 2006年8月.
閲覧 尾崎 明文, 森 俊豪, 米山 栄, 北村 清一郎, 吉田 篤 : 重要臓器の傷害事故のの防止, 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2007年1月.
閲覧 角田 佳折, 益井 孝文, 山下 菊治, 大下 修弘, 石橋 淳, 北村 清一郎 : 種々の変異を伴う馬蹄腎の一例について, 第112回日本解剖学会総会, (巻), (号), (頁), 2007年3月.
閲覧 桝井 敦史, 木内 誠, 角田 佳折, 石川 達夫, 山下 菊治, 北村 清一郎 : 頸部の筋膜隙の局所解剖構造, 第31回四国歯学会例会, (巻), (号), (頁), 2007年9月.
閲覧 石川 達夫, 石橋 淳, 山下 菊治, 角田 佳折, Dalkhsuren Shine-Od, 北村 清一郎 : ヒト肝細, 第115回日本解剖学会総会・全国学術集, (巻), (号), (頁), 2010年3月.
閲覧 Shine-Od Dalkhsuren, Dolgorsuren Aldartsogt, Yukari Tsukada, Kikuji Yamashita, Kaori Sumida, Shinichiro Seki and Seiichiro Kitamura : The structural characteristics on the filiform and fungiform papillae of human tongue., The 53th Annual Meeting of Japanese Association for Oral Biology., (巻), (号), (頁), Oct. 2011.
閲覧 Shine-Od Dalkhsuren, Dolgorsuren Aldartsogt, Yukari Tsukada, Kikuji Yamashita, Kaori Sumida, Shinichiro Seki and Seiichiro Kitamura : The variations of the filiform and fungiform papilae of human tongue., The 66th Annual Meeting of the Japanese Association of Anatomists-Breau of Chuugoku,Shikoku, (巻), (号), (頁), Nov. 2011.
閲覧 Shine-Od Dalkhsuren, Dolgorsuren Aldartsogt, Yukari Tsukada, Kikuji Yamashita, Kaori Sumida, Shinichiro Seki and Seiichiro Kitamura : The charactristic of the filiform and fungiform papillae of human tongue., The 117th Annual Meeting of the Japanese Association of Anatomists, (巻), (号), (頁), March 2012.
閲覧 Dolgorsuren Aldartsogt, Kikuji Yamashita, Shine-Od Dalkhsuren, Shinichiro Seki, Kaori Sumida and Seiichiro Kitamura : Effects of the Rhyolite ceramics radiating the far infrared ray (FIR) energy on the bone forming ability., The 54th Annual Meeting of Japanese Association for Oral Biology, (巻), (号), (頁), Sep. 2012.
閲覧 益井孝文 (名), 関 伸一郎, 角田 佳折, 山下 菊治, アルダルツオグト・ドルゴルスレン (名), 北村 清一郎 : 舌下動脈の走行に関する肉眼解剖学的研究, 日本解剖学会第69回中国・四国支部学術集会, (巻), (号), (頁), 2014年10月.
閲覧 (種別) : (著者) : (題名), (誌名), (巻), (号), (頁), (発行所), (都市), (年月日).
閲覧 (種別) : (著者) : (題名), (誌名), (巻), (号), (頁), (発行所), (都市), (年月日).

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 2, LA = 0.94, Max(EID) = 366575, Max(EOID) = 981911.