『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

OWN=閲覧 吉本 勝彦

登録情報の数

有効な情報: 639件 + 無効な情報: 19件 = 全ての情報: 658件

全ての有効な情報 (639件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(317)
閲覧 閲覧 岡山大学 …(2)
閲覧 閲覧 香川医科大学 …(1)
閲覧 閲覧 岐阜大学 …(1)
閲覧 閲覧 国立がんセンター研究所 …(13)
閲覧 閲覧 自衛隊中央病院 …(1)
閲覧 閲覧 徳島市 …(1)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(317)
閲覧 閲覧 University of Connecticut …(3)
閲覧 (未定義) …(273)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

639件の情報を発見しました.(表示情報数の上限を越えたため表示を省略します.)

表示する情報数の上限を増やすには,[BROWSER]→[環境設定]で,[閲覧&編集変数の設定]の閲覧モードの「1頁に表示する情報の件数の上限」を増やして下さい.

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

無効な情報 (19件)

閲覧 Toshikazu Nakamura, Katsuhiko Yoshimoto, Yasuo Nakayama, Yumiko Tomita and Akira Ichihara : Reciprocal modulation of growth and differentiated functions of mature rat hepatocytes in primary culture by cell-cell contact and cell membranes, Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, Vol.80, (号), 7229-7233, 1983.
閲覧 47. 古味勝美, 堺恵理子 (名), 美馬ミヨコ (名), 石原節子 (名), 桜木照恵 (名), 佐古多賀子 (名), 井村由美子 (名), 小笠恵子 (名), 吉本 勝彦 : 徳島市における糖尿病講座の実施状況, 第31回日本糖尿病学会中国四国地方会(松山), (巻), (号), (頁), 1993年11月.
閲覧 藤村美和 (名), 岩花 弘之, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 : ヒトCAD遺伝子のゲノム構造の解析, 第30回日本プリン・ピリミジン代謝学会総会(東京), (巻), (号), (頁), 1997年3月.
閲覧 片島 るみ, 岩花 弘之, 山岡 孝, 森谷 眞紀, 吉本 勝彦, 小関しおり (名), 多比良和誠 (名), 板倉 光夫 : ラットアミドホスホリボシルトランスフェラーゼ (ATase) のmRNAを標的とするリボザイムを用いたラット線維芽細胞株の細胞増殖についての検討, 第34回日本痛風・核酸代謝学会総会, (巻), (号), (頁), 2001年2月.
閲覧 Toshiaki Sano, Xu Bing, Katsuhiko Yoshimoto, Yamasaki Hiroyuki, Mitsuyoshi Hirokawa and Yamada Shozo : Down-regulation of E-cadherin and Catenins in Human Pituitary Growth Hormone Cell Adenomas with Prominent Fibrous Bodies., 8th International Pituitary Pathology Meeting, (巻), (号), (頁), Delphi and Athens, Oct. 2001.
閲覧 Chisato Kosugi, Shinya Uchino, Shiro Noguchi, Tatsuya Nishioka, Hiromi Yamasaki, Kozo Hashimoto and Katsuhiko Yoshimoto : Biallelic Inactivation by Somatic Mutations of the MEN1 Gene in Sporadic Parathyroid Tumors., Cancer Letters, Vol.175, No.2, 175-179, 2002.
閲覧 Zhi Rong Qian, Chiun Chei Li, Hiroyuki Yamasaki, Noriko Mizusawa, Katsuhiko Yoshimoto, Shozo Yamada, Takashi Tashiro, Hidehisa Horiguchi, Shingo Wakatuki, Mitsuyoshi Hirokawa and Toshiaki Sano : Role of E-cadherin, a-, b-, and g-Catenins, and p120 (Cell Adhesion Molecules) in Prolactinoma Behavior., Modern Pathology, Vol.15, No.12, 1357-1365, 2002.
閲覧 Chei Chiun Li, Bing Xu, Mitsuyoshi Hirokawa, Zhi-Rong Qian, Katsuhiko Yoshimoto, Hidehisa Horiguchi, Takashi Tashiro and Toshiaki Sano : Alterations of E-cadherin, alpha-catenin and beta-catenin expression in neuroendocrine tumors of the gastrointestinal tract., Virchows Archiv, Vol.440, No.2, 145-154, 2002.
閲覧 Zhi-Rong Qian, Toshiaki Sano, Katsuhiko Yoshimoto, Shozo Yamada, Akira Ishizuka, Noriko Mizusawa, Hidehisa Horiguchi, Mitsuyoshi Hirokawa and Asa L Sylvia : Inactivation of RASSF1A tumor suppressor gene by aberrant promoter hypermethylation in human pituitary adenomas., Laboratory Investigation; a Journal of Technical Methods and Pathology, Vol.85, (号), 464-473, 2005.
閲覧 吉本 勝彦, 水澤 典子, 岩田 武男, 露口 勝, 佐野 壽昭, 内野 眞也 : 家族性副甲状腺機能亢進症2家系におけるHRPT2遺伝子変異の解析, 日本内分泌学会雑誌, Vol.81, No.1, 187, (都市), 2005年4月.
閲覧 吉本 勝彦, 水澤 典子, 岩田 武男, 佐野 壽昭, 露口 勝, 内野 眞也, 野口 志郎, 鈴木 やすよ, 水越 常徳, 田原 英樹, 櫻井 晃洋, 紅粉 睦男, 八代 享, 鈴木 眞一, 藤澤 正人 : 家族性副甲状腺機能亢進症家系および孤発性副甲状腺腺腫症例におけるHRPT2遺伝子変異, 日本内分泌学会雑誌, Vol.82, No.1, 108, (都市), 2006年4月.
閲覧 水澤 典子, 原田 永勝, 岩田 武男, 国香清 (名), 内野眞也 (名), 森谷 眞紀, 竹谷 豊, 板倉 光夫, 吉本 勝彦 : 膵β細胞に高発現する新規蛋白Isletasinの機能解析, 第49回日本糖尿病学会年次学術集会, (巻), (号), (頁), 2006年5月.
閲覧 Zhi-Rong Qian, Toshiaki Sano, Katsuhiko Yoshimoto, L Sylvia Asa, Shozo Yamada, Noriko Mizusawa and Eiji Kudo : Tumor-specific downregulation and methylation of the CDH13 (H-cadherin) and CDH1 (E-cadherin) genes correlate with aggressiveness of human pituitary adenomas., Modern Pathology, Vol.20, No.12, 1269-1277, 2007.
閲覧 銭 志栄, 王路 (名), Mustafizur Md. Rahman, 工藤 英治, 佐野 壽昭 : Tumor-specific down-regulation of ER-1 and ER- 2 in human pituitary adenomas., 第19回 日本間脳下垂体腫瘍学会, (巻), (号), (頁), 2009年2月.
閲覧 Mustafizur Md Rahman, Zhi-Rong Qian, Elaine Wang Lu, Katsuhiko Yoshimoto, Masahiko Nakasono, Razia Sultana, Tomoyuki Yoshida, Toshitetsu Hayashi, Reiji Haba, Mitsuaki Ishida, Hidetoshi Okabe and Toshiaki Sano : DNA methyltransferases 1, 3a, and 3b overexpression and clinical significance in gastroenteropancreatic neuroendocrine tumors., Human pathology, Vol.41, No.8, 1069-1078, 2010.
閲覧 吉本 勝彦, 岩田 武男, 水澤 典子, 銭 志栄, 山田 正三 : 成長ホルモン腺腫および血清におけるmiRNAの解析, 成長科学協会研究年報, No.34, 209-215, 2011年.
閲覧 吉本 勝彦, 岩田 武男, 水澤 典子, 銭 志栄, 山田 正三 : 成長ホルモン産生腺腫および血清におけるmiRNAの解析, 成長科学協会研究年報, No.No.34, 209-215, (都市), 2011年8月.
閲覧 藤本 寛太, 浜本 芳之, 松岡 敦子, 森 可南子, 龍岡 久登, 河崎 祐貴子, 本庶 祥子, 山田 正三, 岩田 武男, 吉本 勝彦, 越山 裕行 : 家族性先端巨大症2家系におけるAIP遺伝子の検討, 日本内分泌学会雑誌, Vol.88, No.Suppl. June, 11-14, 2012年6月.
閲覧 吉本 勝彦 : 下垂体腺腫の分子病理学, 第61回成長ホルモン研究会, 2016年2月.

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 2, LA = 0.30, Max(EID) = 372527, Max(EOID) = 996330.