『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

OWN=閲覧 安倍 正博 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.血液・内分泌代謝内科学])

登録情報の数

有効な情報: 206件 + 無効な情報: 66件 = 全ての情報: 272件

全ての有効な情報 (206件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(2)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(2)
閲覧 (未定義) …(202)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 (種別) : K S. Bose and R H. Sarma : DELINEATION OF THE INTIMATE DETAILS OF THE BACKBONE CONFORMATION OF PYRIDINE NUCLEOTIDE COENZYMES IN AQUEOUS SOLUTION., Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.66, No.4, 1173-1179, (発行所), (都市), Oct. 1975. ...
閲覧 Masahiro Abe, Shuji Ozaki, Dennis Wolfenbarger, Mary deBram-Hart, Deborah T Weiss and Alan Solomon : Variable-region subgroup distribution among lambda-type immunoglobulins in normal human serum, Journal of Clinical Laboratory Analysis, Vol.8, No.1, 4-9, 1994. ...
閲覧 Shuji Ozaki, Masahiro Abe, Dennis Wolfenbarger, Deborah T. Weiss and Alan Solomon : Preferential Expression of Human λ-Light-Chain Variable-Region Subgroups in Multiple Myeloma, AL Amyloidosis, and Waldenström's Macroglobulinemia, Clinical Immunology and Immunopathology, Vol.71, No.2, 183-189, 1994. ...
閲覧 安倍 正博, 後藤 哲也, 尾崎 修治, 小阪 昌明, Solomon Alan : 免疫グロブリンL鎖γ Ⅵサブグループの酵素免疫測定法:測定法と正常人,高および低ガンマグロブリン血症患者血中濃度, 日本臨床免疫学会会誌, Vol.17, No.3, 172-181, 1994年. ...
閲覧 Shuji Ozaki, Masaaki Kosaka, Shingo Wakatsuki, Masahiro Abe, Yasuo Koishihara and Toshio Matsumoto : Immunotherapy of multiple myeloma with a monoclonal antibody directed against a plasma cell-specific antigen, HM1.24, Blood, Vol.90, No.8, 3179-3186, 1997. ...
閲覧 (種別) : 安倍 正博 : 癌と骨病変の病理-癌に伴う高カルシウム血症, 病理と臨床, Vol.17, No.0, 18-22, (発行所), (都市), 1999年1月. ...
閲覧 (種別) : 安倍 正博, 日浦 賢治, 森山 啓司, 小笠原 光治, 井上 大輔, 小阪 昌明, 松本 俊夫 : 多発性骨髄腫におけるMIP-1の産生とその骨髄腫骨病変形成への関与, 日本骨代謝学会雑誌, Vol.17, No.2, 162, (発行所), (都市), 1999年6月. ...
閲覧 Mototsugu Kato, Masahiro Asaka, Masao Saito, Hitoshi Sekine, Shuichi Ohara, Takayoshi Toyota, Taiji Akamatsu, Taimei Kaneko, Kendo Kiyosawa, Osamu Nishizawa, Toshiko Kumagai, Tsutomu Katsuyama, Masahiro Abe, Masaaki Kosaka, Shojiro Hariya, Kunihiro Minami, Yasuhiro Sanai, Masayuki Sawamura and Tetsuya Tachikawa : Clinical Usefulness of Urine-based Enzyme-linked Immunosorbent Assay for Detection of Antibody to Helicobacter pylori:A Collaborative Study in Nine Medical Institutions in Japan, Helicobacter, Vol.5, No.2, 109, 2000. ...
閲覧 (種別) : 安倍 正博, 松本 俊夫 : ビスフォスフォネートによる骨転移の治療, 日本整形外科學會雜誌, Vol.74, No.6, 1024, (発行所), (都市), 2000年6月. ...
閲覧 (種別) : 藤村 光則, 加藤 みどり, 橋詰 俊二, 高森 信行, 森岡 将臣, 赤池 雅史, 安倍 正博, 東 博之, 松本 俊夫 : 1) 本態性血小板血症を合併した不安定狭心症の一例, Japanese Circulation Journal, Vol.65, No.0, 660, 社団法人日本循環器学会, (都市), 2001年4月. ...
閲覧 Masahiro Abe, Y Shintani, Y Eto, K Harada, Y Fujinaka, M Kosaka and Toshio Matsumoto : Interleukin 1β enhances and interferon-γ suppresses activin A actions by reciprocally regulating activin A and follistatin secretion from bone marrow stromal fibroblasts, Clinical and Experimental Immunology, Vol.126, (号), 64-68, 2001. ...
閲覧 Masahiro Abe, Yasumi Shintani, Yuzuru Eto, Kazuyo Harada, Yuichi Fujinaka, Masaaki Kosaka and Toshio Matsumoto : Interleukin-1 β enhances and interferon-γ suppresses activin A actions by reciprocally regulating activin A and follistatin secretion from bone marrow stromal fibroblasts, Clinical and Experimental Immunology, Vol.126, No.1, 64-68, 2001. ...
閲覧 (種別) : 加藤 みどり, 安部 尚子, 住友 由佳, 柴田 泰伸, 尾崎 修治, 安倍 正博, 藤村 光則, 森岡 将臣, 赤池 雅史, 東 博之, 松本 俊夫 : 87) 右房内腫瘤による心不全に対し化学療法が奏功した非ホジキンリンパ腫の一例(日本循環器学会 第78回四国地方会), Japanese Circulation Journal, Vol.65, No.0, 818, 社団法人日本循環器学会, (都市), 2001年10月. ...
閲覧 (種別) : 岩瀬 俊, 藤村 光則, 日浅 由紀子, 加藤 みどり, 森岡 将臣, 金川 泰彦, 赤池 雅史, 安倍 正博, 東 博之, 松本 俊夫, 堀 隆樹, 北川 哲也 : 90)巨大脾膿瘍を形成した腸球菌による感染性心内膜炎の一例(日本循環器学会 第79回中国四国地方会), Circulation Journal, Vol.66, No.0, 971, 社団法人 日本循環器学会, (都市), 2002年4月. ...
閲覧 安倍 正博, 松本 俊夫, 小阪 昌明 : 骨病変に対するbisphosphonateの効果, 臨床血液, Vol.43, No.5, 349-352, 2002年. ...
閲覧 Masahiro Abe, Yasumi Shintani, Yuzuru Eto, Kazuyo Harada, Masaaki Kosaka and Toshio Matsumoto : Potent induction of activin A secretion from monocytes and bone marrow stromal fibroblasts by cognate interaction with activated T cells, Journal of Leukocyte Biology, Vol.72, No.2, 347-352, 2002. ...
閲覧 Masahiro Abe, Kenji Hiura, Javier Wilde, Keiji Moriyama, Toshihiro Hashimoto, Shuji Ozaki, Shingo Wakatsuki, Masaaki Kosaka, Shinsuke Kido, Daisuke Inoue and Toshio Matsumoto : Role for macrophage inflammatory protein (MIP)-1α and MIP-1β in the development of osteolytic lesions in multiple myeloma, Blood, Vol.100, No.6, 2195-2202, 2002. ...
閲覧 安倍 正博, 大島 隆志, 小阪 昌明 : Ⅳ.検査の実際 6.多発性骨髄腫と関連疾患, --- 1)骨病変の画像評価 ---, 株式会社 医学書院, 東京, 2002年10月. ...
閲覧 若槻 真吾, 安倍 正博, 小阪 昌明 : Ⅳ.検査の実際 6.多発性骨髄腫と関連疾患, --- 2)アミロイドーシスの診断 ---, 株式会社 医学書院, 東京, 2002年10月. ...
閲覧 安倍 正博 : 骨病変に対するbisphosphonateの有効性, 科学評論社, 東京, 2002年11月. ...
閲覧 橋本 年弘, 安倍 正博, 井上 大輔 : 骨髄腫のビスフォスフォネート療法, 金原出版 株式会社, 東京, 2003年1月. ...
閲覧 (種別) : 橋本 年弘, 安倍 正博, 井上 大輔 : 新しい医療技術 骨髄腫のビスフォスフォネート療法, 整形・災害外科, Vol.46, No.1, 61-66, 金原出版 株式会社, (都市), 2003年1月. ...
閲覧 (種別) : 大島 隆志, 安倍 正博, 関本 悦子, 田中 洋一, 柴田 泰伸, 橋本 年弘, 尾崎 修治, 木戸 慎介, 井上 大輔, 松本 俊夫 : 骨髄腫細胞はBMP-2による, 骨芽細胞分化の促進を抑制する, 日本骨形態計測学会雑誌, Vol.13, No.3, 56, (発行所), (都市), 2003年12月. ...
閲覧 (種別) : 橋本 年弘, 安倍 正博, 松本 俊夫 : (癌)骨転移に対する治療, Cancer Frontier, Vol.6, No.1, 87-94, 医薬ジャーナル社, (都市), 2004年(0月). ...
閲覧 Tomoko Hara, Shingo Wakatsuki, Shuji Ozaki, Masahiro Abe and Masaaki Kosaka : Primary adult T-cell leukemia/lymphoma of bone, International Journal of Hematology, Vol.79, No.2, 157-160, 2004. ...
閲覧 安倍 正博, 大島 隆志 : 骨髄腫細胞と骨芽細胞, 科学評論社, 東京, 2004年3月. ...
閲覧 Atsushi Shioyasono, Yasuo Oba, Hiura Kenji, Masahiro Abe, Toshio Matsumoto and Keiji Moriyama : MIP-1alpha is upregulated during experimental tooth movement, IADR 82nd General Session, (巻), (号), (頁), Honolulu, March 2004. ...
閲覧 Toshihiro Hashimoto, Masahiro Abe, Takashi Oshima, Hironobu Shibata, Shuji Ozaki, Daisuke Inoue and Toshio Matsumoto : Ability of myeloma cells to secrete macrophage inflammatory protein (MIP)-1α and MIP-1β correlates with lytic bone lesions in patients with multiple myeloma, British Journal of Haematology, Vol.125, No.1, 38-41, 2004. ...
閲覧 橋本 年弘, 安倍 正博, 松本 俊夫 : 癌に伴う骨病変の病態と治療, 南江堂, 東京, 2004年4月. ...
閲覧 (種別) : 安倍 正博 : 骨髄腫に伴う骨病変の分子機序, 日本リンパ網内系学会会誌, Vol.44, No.0, 79, (発行所), (都市), 2004年6月. ...
閲覧 橋本 年弘, 安倍 正博, 松本 俊夫 : バイオマーカーの意義と問題点, --- 骨転移のバイオマーカー ---, 癌と化学療法社, 東京, 2004年7月. ...
閲覧 Hirokazu Murakami, Hiroshi Fujii, Tohru Inaba, Chihiro Shimazaki, Sinichirou Okamoto, Akiyosi Miwa, Morio Sawamura, Masahiro Abe, Takaaki Chou, Hideki Asaoku, Yoshikazu Kitahara, Kunihiko Hayashi, Masaaki Kosaka, Atsushi Togawa and Kiyoshi Takatsuki : High-dose chemotherapy and autologous peripheral blood stem cell transplantation in high-risk multiple myeloma, European Journal of Haematology, Vol.73, No.3, 169-173, 2004. ...
閲覧 七條 加奈, 関本 悦子, 三原 愛, 大田 加与, 田中 洋一, 大島 隆志, 柴田 泰伸, 橋本 年弘, 尾崎 修治, 安倍 正博, 松本 俊夫, 若槻 真吾 : Tandem transplantationが有効であった再発·難治性ホジキンリンパ腫の1例, 日本内科学会雑誌, Vol.93, No.10, 2210-2212, 2004年. ...
閲覧 Masahiro Abe, Kenji Hiura, Javier Wilde, Atsushi Shioyasono, Keiji Moriyama, Toshihiro Hashimoto, Shinsuke Kido, Takashi Oshima, Hironobu Shibata, Shuji Ozaki, Daisuke Inoue and Toshio Matsumoto : Osteoclasts enhance myeloma cell growth and survival via cell-cell contact: a vicious cycle between bone destruction and myeloma expansion., Blood, Vol.104, No.8, 2484-2491, 2004. ...
閲覧 安倍 正博, 松本 俊夫 : 癌と骨組織との相互作用, --- 多発性骨髄腫 ---, 株式会社 中山書店, 東京, 2004年10月. ...
閲覧 (種別) : 安倍 正博, 松本 俊夫 : 多発性骨髄腫 (特集 癌と骨病変--骨を冒す癌,骨を抱え込む骨,癌随伴症候群としての骨病変,そしてその間の信号分子) -- (REVIEW 3:癌と骨組織との相互作用), モレキュラーメディシン, Vol.41, No.11, 1367-1373, 中山書店, (都市), 2004年11月. ...
閲覧 Naoki Kimura, Shigeto Kawai, Yasuko Kinoshita, Takahiro Ishiguro, Yumiko Azuma, Shuji Ozaki, Masahiro Abe, Masamichi Sugimoto, Yuichi Hirata, Tetsuro Orita, Hisafumi Okabe, Toshio Matsumoto and Masayuki Tsuchiya : 2D7 diabody bound to the α2 domain of HLA class I efficiently induces caspase-independent cell death against malignant and activated lymphoid cells, Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.325, No.4, 1201-1209, 2004. ...
閲覧 安倍 正博 : 骨髄腫細胞は形質細胞とどこが違うのか?, --- 骨髄環境との相互作用 ---, 株式会社 先端医学社, 東京, 2005年(0月). ...
閲覧 Toshio Matsumoto and Masahiro Abe : The Importance of Notch Signaling in Myeloma Cell-Osteoclast Interactions, BoneKEy Osteovision, Vol.2, No.2, 7-10, 2005. ...
閲覧 安倍 正博, 松本 俊夫 : 癌転移の場としての骨髄, 秀潤社, 東京, 2005年7月. ...
閲覧 (種別) : 安倍 正博, 松本 俊夫 : 癌転移の場としての骨髄 (特集 骨の中がいま面白い--骨・軟骨の形成から造血・免疫・癌転移との関わりまで), 細胞工学, Vol.24, No.7, 698-703, 秀潤社, (都市), 2005年7月. ...
閲覧 田中 洋一, 安倍 正博, 日浅 雅博, 橋本 年弘, 木戸 慎介, 井上 大輔, 尾崎 修治, 森山 啓司, 松本 俊夫 : 骨髄腫細胞,破骨細胞と血管内皮細胞の細胞間相互作用:腫瘍進展,骨破壊と血管新生の促進, 第23回日本骨代謝学会学術集会, (巻), (号), (頁), 2005年7月. ...
閲覧 田中 洋一, 安倍 正博, 日浅 雅博, 橋本 年弘, 木戸 慎介, 井上 大輔, 尾崎 修治, 森山 啓司, 松本 俊夫 : 骨髄腫細胞,破骨細胞と血管内皮細胞の細胞間相互作用:腫瘍進展,骨破壊と血管新生の促進, 第23回日本骨代謝学会学術集会, (巻), (号), (頁), 2005年7月. ...
閲覧 Hironobu Shibata, Masahiro Abe, Kenji Hiura, Javier Wilde, Keiji Moriyama, Toshiaki Sano, Ken-ichi Kitazoe, Toshihiro Hashimoto, Shuji Ozaki, Shingo Wakatsuki, Shinsuke Kido, Daisuke Inoue and Toshio Matsumoto : Malignant B-lymphoid cells with bone lesions express receptor activator of nuclear factor-kappaB ligand and vascular endothelial growth factor to enhance osteoclastogenesis., Clinical Cancer Research, Vol.11, No.17, 6109-6115, 2005. ...
閲覧 塩屋園 敦, 大庭 康雄, 日浅 雅博, 安倍 正博, 松本 俊夫, 森山 啓司 : 歯の移動時の歯周組織におけるケモカインの発現, 第64回 日本矯正歯科学会大会, (巻), (号), (頁), 2005年10月. ...
閲覧 安倍 正博, 松本 俊夫 : 多発性骨髄腫による骨破壊メカニズム, メディカルレビュー社, 大阪, 2005年11月. ...
閲覧 安倍 正博, 松本 俊夫 : 第2章 サイトカインによる生体調節機構 3)代謝, --- 4.Wnt阻害因子sFRP-2と骨芽細胞分化 ---, 株式会社 羊土社, 東京, 2005年11月. ...
閲覧 Takashi Oshima, Masahiro Abe, Jin Asano, Tomoko Hara, Kenichi Kitazoe, Etsuko Sekimoto, Yoichi Tanaka, Hironobu Shibata, Toshihiro Hashimoto, Shuji Ozaki, Shinsuke Kido, Daisuke Inoue and Toshio Matsumoto : Myeloma cells suppress bone formation by secreting a soluble Wnt inhibitor, sFRP-2, Blood, Vol.106, No.9, 3160-3165, 2005. ...
閲覧 Ali Jalili, Shuji Ozaki, Tomoko Hara, Hironobu Shibata, Toshihiro Hashimoto, Masahiro Abe, Yasuhiko Nishioka and Toshio Matsumoto : Induction of HM1.24 peptide specific cytotoxic T lymphocytes by using peripheral-blood stem-cell harvests in patients with multiple myeloma, Blood, Vol.106, No.10, 3538-3545, 2005. ...
閲覧 (種別) : 二木 芳人, 吉田 稔, 島田 馨, 河野 茂, 正岡 徹, 山口 英世, 相川 直樹, 森 健, 安藤 真弘, 中田 紘一郎, 工藤 宏一郎, 新井 幸宏, 竹内 仁, 溝口 秀昭, 内田 耕, 三鴨 廣繁, 柳原 克紀, 宮崎 義継, 池松 秀之, 松岡 緑郎, 吉田 耕一郎, 三輪 哲義, 岡 慎一, 谷脇 雅史, 渡辺 正人, 本島 新司, 古西 満, 岡本 真一郎, 松田 隆秀, 村上 剛久, 中島 豊, 堀田 知光, 伊藤 良和, 恵美 宣彦, 武藤 良知, 西村 美樹, 木村 一博, 水谷 哲, 臼杵 憲祐, 高松 泰, 門田 淳一, 三浦 修, 坂巻 壽, 上 昌広, 山田 治, 和田 秀穂, 薄井 紀子, 永井 雅巳, 竹末 芳生, 田中 稔, 木村 文彦, 倉島 篤行, 安倍 正博, 猪狩 英俊, 高橋 隆幸 : 深在性真菌症に対する voriconazole の臨床試験 : 多施設共同, 非対照試験, 日本化学療法学会雑誌, Vol.53, No.0, 32-50, (発行所), (都市), 2005年11月. ...
閲覧 (種別) : 安倍 正博 : 多発性骨髄腫の骨病変成立機序と治療への展望 (特集 骨転移治療の最近の動向--第44回日本癌治療学会総会シンポジウムより), 癌の臨床, Vol.52, No.13, 881-888, 篠原出版新社, (都市), 2006年(0月). ...
閲覧 (種別) : 安倍 正博 : 高カルシウム血症と骨病変の分子機序 (特集 多発性骨髄腫), Mebio Oncology, Vol.3, No.2, 13-19, 株式会社 メジカルビュー社, (都市), 2006年(0月). ...
閲覧 (種別) : 藤村 光則, 赤池 雅史, 八木 秀介, 池田 康将, 竹内 恭子, 岩瀬 俊, 橋詰 俊二, 粟飯原 賢一, 安倍 正博, 東 博之, 松本 俊夫 : 75)酸化ストレスおよび心筋障害の改善にCarvedilolが有用であったアドリアマイシン心筋症の一例(第87回日本循環器学会中国・四国合同地方会), Circulation Journal, Vol.70, No.0, 1059, 社団法人日本循環器学会, (都市), 2006年4月. ...
閲覧 (種別) : 安倍 正博 : 悪性腫瘍の骨病変における骨破壊機序, ホルモンと臨床, Vol.54, No.9, 819-826, (発行所), (都市), 2006年9月. ...
閲覧 日浅 雅博, 安倍 正博, 橋本 年弘, 尾崎 修治, 井上 大輔, 木戸 慎介, 森山 啓司, 松本 俊夫 : GM-CSFとIL-4は単球のM-CSF破骨細胞分化を抑制し樹状細胞分化を誘導する, 日本骨形態計測学会雑誌, Vol.16, No.3, 66, 2006年12月. ...
閲覧 (種別) : 安倍 正博 : 多発性骨髄腫・癌の広範な骨転移 (特集 カルシウム・リン代謝異常症:診断と治療の進歩) -- (高カルシウム血症), 日本内科学会雑誌, Vol.96, No.4, 675-680, 社団法人 日本内科学会, (都市), 2007年4月. ...
閲覧 (種別) : 安倍 正博 : 多発性骨髄腫 : 病態と治療の進歩, 臨床血液, Vol.48, No.10, 1370-1377, 日本臨床血液学会, (都市), 2007年10月. ...
閲覧 (種別) : 安倍 正博 : 高Ca血症 (特集 多発性骨髄腫--分子標的治療を目指して) -- (臨床像・合併症), 日本臨牀, Vol.65, No.12, 2245-2249, 日本臨牀社, (都市), 2007年12月. ...
閲覧 (種別) : 伊勢 孝之, 住友 由佳, 岩瀬 俊, 八木 秀介, 種池 里佳, 橋村 一彦, 粟飯原 賢一, 尾崎 修治, 赤池 雅史, 安倍 正博, 松本 俊夫 : 34) 高度心機能障害に対して自家末梢血幹細胞移植が有効であった原発性心アミロイドーシスの一例(第91回日本循環器学会四国地方会), Circulation Journal, Vol.72, No.0, 910, 社団法人 日本循環器学会, (都市), 2008年4月. ...
閲覧 (種別) : 柴田 高洋, 柴田 洋文, 伏谷 秀治, 川添 和義, 安倍 正博, 樋口 富彦, 水口 和夫, 庄野 文章 : 20C-24 徳島大学病院病棟内における浮遊真菌調査(感染対策・ICT,来るべき時代への道を拓く), 日本医療薬学会年会講演要旨集, Vol.18, No.0, 246, 日本医療薬学会, (都市), 2008年9月. ...
閲覧 (種別) : 安倍 正博 : [New development in bisphosphonate treatment. Treatment with bisphosphonates for cancer-induced bone disease], Clinical Calcium, Vol.19, No.1, 55-62, (発行所), (都市), 2009年1月. ...
閲覧 (種別) : Ayako Nakano, Daizo Koinuma, Keiji Miyazawa, Takafumi Uchida, Masao Saitoh, Masahiro Kawabata, Jun-ichi Hanai, Hirotada Akiyama, Masahiro Abe, Kohei Miyazono, Toshio Matsumoto and Takeshi Imamura : Pin1 down-regulates transforming growth factor-beta (TGF-beta) signaling by inducing degradation of Smad proteins., The Journal of Biological Chemistry, Vol.284, No.10, 6109-6115, (発行所), (都市), Jan. 2009. ...
閲覧 (種別) : Masahiro Abe, Kenji Hiura, Shuji Ozaki, Shinsuke Kido and Toshio Matsumoto : Vicious cycle between myeloma cell binding to bone marrow stromal cells via VLA-4-VCAM-1 adhesion and macrophage inflammatory protein-1alpha and MIP-1beta production., Journal of Bone and Mineral Metabolism, Vol.27, No.1, 16-23, (発行所), (都市), Jan. 2009. ...
閲覧 (種別) : 神原 保, 黒部 裕嗣, 浦田 将久, 元木 達夫, 吉田 誉, 北市 隆, 安倍 正博, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫, 北川 哲也 : SF-097-4 当院におけるエリスロポイエチン誘導自己末梢幹細胞移植治療の検討(末梢血管1,サージカルフォーラム,第109回日本外科学会定期学術集会), 日本外科学会雑誌, Vol.110, No.2, 345, 社団法人 日本外科学会, (都市), 2009年2月. ...
閲覧 (種別) : Tomoko Kodama, Masahiro Abe, Shinsuke Iida, Shuji Ozaki, Akira Sakai, Morio Sawamura, Chihiro Shimazaki, Akira Miyata, Toshio Wakayama and Hirokazu Murakami : A pharmacokinetic study evaluating the relationship between treatment efficacy and incidence of adverse events with thalidomide plasma concentrations in patients with refractory multiple myeloma., Clinical Lymphoma & Myeloma, Vol.9, No.2, 154-159, (発行所), (都市), April 2009. ...
閲覧 (種別) : Hirokazu Murakami, Kazuyuki Shimizu, Morio Sawamura, Kenshi Suzuki, Isamu Sugiura, Hiroshi Kosugi, Chihiro Shimazaki, Masafumi Taniwaki, Masahiro Abe and Toshiyuki Takagi : Phase II and pharmacokinetic study of thalidomide in Japanese patients with relapsed/refractory multiple myeloma., International Journal of Hematology, Vol.89, No.5, 636-641, (発行所), (都市), April 2009. ...
閲覧 (種別) : 安倍 正博 : [Multiple myeloma], 日本臨牀, Vol.67, No.5, 991-995, (発行所), (都市), 2009年5月. ...
閲覧 (種別) : 安倍 正博 : 続発性骨粗鬆症の薬物療法 多発性骨髄腫 (特集 骨粗鬆症の薬物療法--薬効評価と臨床研究の進歩) -- (薬物療法各論), 日本臨牀, Vol.67, No.5, 991-995, 日本臨牀社, (都市), 2009年5月. ...
閲覧 (種別) : 安倍 正博 : 骨髄腫細胞と骨髄微小環境の相互作用, 臨床血液, Vol.50, No.6, 453-460, 「臨床血液」編集部, (都市), 2009年6月. ...
閲覧 (種別) : 安倍 正博 : 骨髄腫細胞と骨髄微小環境,骨病変を中心に (特集 多発性骨髄腫--最近の進歩) -- (病態), 最新医学, Vol.64, No.12, 2499-2505, 株式会社 最新医学社, (都市), 2009年12月. ...
閲覧 安倍 正博 : M蛋白と骨髄腫-診断へのステップとピットフォール <セミナー>きめ細かい最新の検査・診断とその生かし方, Medical Practice, Vol.27, No.2, 299-302, 2010年(0月). ...
閲覧 (種別) : 安倍 正博 : 多発性骨髄腫における血管新生と破骨細胞形成の促進 (特集 腫瘍と血管新生), 細胞, Vol.42, No.2, 56-59, ニューサイエンス社, (都市), 2010年2月. ...
閲覧 安倍 正博 : 多発性骨髄腫 造血間質(骨髄微小環境)から見た増殖動態, カレントテラピー, Vol.28, No.3, 13-17, 2010年3月. ...
閲覧 安倍 正博 : 多発性骨髄腫における血管新生と破骨細胞形成の促進, 細胞, Vol.42, No.2, 16-19, 2010年3月. ...
閲覧 Michihiro Nakamura, Shuji Ozaki, Masahiro Abe, Hiroyuki Doi, Toshio Matsumoto and Kazunori Ishimura : Size-controlled synthesis, surface functionalization, and biological applications of thiol-organosilica particles., Colloids and Surfaces B:Biointerfaces, Vol.79, No.1, 19-26, 2010. ...
閲覧 安倍 正博, 原田 武志 : 多発性骨髄腫 内科疾患の診断基準・病型分類・重症度, (誌名), Vol.105, No.6, 1429-1433, 2010年6月. ...
閲覧 安倍 正博 : MGUS 内科疾患の診断基準・病型分類・重症度, 内科, Vol.105, No.6, 1458, 2010年6月. ...
閲覧 (種別) : Toshio Matsumoto and Masahiro Abe : TGF-β-related mechanisms of bone destruction in multiple myeloma., Bone, Vol.48, No.1, 129-134, (発行所), (都市), June 2010. ...
閲覧 安倍 正博 : 骨髄腫骨髄微小環境のマクロファージは多発性骨髄腫の治療抵抗性と関連する, 血液・腫瘍科, Vol.61, No.2, 364-368, 2010年8月. ...
閲覧 安倍 正博 : 現在開発中の多発性骨髄腫に対する治療薬, Pharma Medica, Vol.28, No.9, 61-66, 2010年9月. ...
閲覧 安倍 正博 : 血液疾患における分子標的療法 ドラッグラグ解消に向けて, 血液フロンティア, Vol.20, No.S-1, 266-267, 2010年9月. ...
閲覧 安倍 正博 : サイトカインと骨髄腫骨病変, CLINICAL CALCIUM, Vol.20, No.10, 26-32, 2010年10月. ...
閲覧 Masahiro Hiasa, Masahiro Abe, nakano ayako, oda aska, amo hiroe, Keiichiro Watanabe, Shingen Nakamura, miki hirokazu, Kyoko Takeuchi, Kumiko Kagawa, Shuji Ozaki, Eiji Tanaka, Kenzo Asaoka and Toshio Matsumoto : Bone Marrow Stromal Cells Suppress TACE-mediated M-CSFR and RANK Shedding to Facilitate Osteoclastogenesis and Suppress DC Differentiation from Monocytes., ASBMR 2010 Annual Meeting, (巻), (号), (頁), Toronto, Oct. 2010. ...
閲覧 安倍 正博 : 多発性骨髄腫 Visual View 目でみるメカニズム, Trands in Hematological Malignancies, Vol.2, No.4, 4-7, 2010年12月. ...
閲覧 Michihiro Nakamura, Shuji Ozaki, Masahiro Abe, Toshio Matsumoto and Kazunori Ishimura : One-pot synthesis and characterization of dual fluorescent thiol-organosilica nanoparticles as non-photoblinking quantum dots and their applications for biological imaging, Journal of Materials Chemistry, Vol.21, (号), 4689-4695, 2011. ...
閲覧 三木 浩和, 安倍 正博 : Oncology Emergency 過粘稠症候群, メディカルビュー社, (都市), 2011年(0月). ...
閲覧 中村 信元, 安倍 正博 : 骨病変に対する薬物療法と患者予後の改善効果, 血液フロンティア, Vol.21, No.1, 43-52, 2011年1月. ...
閲覧 Shuji Ozaki, Takeshi Harada, Shiro Fujii, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Ayako Nakano, Kumiko Kagawa, Kyoko Takeuchi, Masahiro Abe and Toshio Matsumoto : Transient inflammatory reaction during lenalidomide plus reduced-dose dexamethasone therapy in two patients with relapsed multiple myeloma., International Journal of Hematology, Vol.93, No.2, 257-259, 2011. ...
閲覧 安倍 正博 : 高カルシウム血症, 医薬ジャーナル社, (都市), 2011年2月. ...
閲覧 安倍 正博 : 多発性骨髄腫の骨病変のマネージメント, 日本骨髄腫研究会雑誌, Vol.1, No.1, 26-32, 2011年3月. ...
閲覧 安倍 正博 : 多発性骨髄腫Update—診療の進歩と新規治療の展望 多発性骨髄腫の骨病変, 血液内科, Vol.62, No.3, 324-331, 2011年3月. ...
閲覧 Masahiro Abe : An acidic microenvironment enhances myeloma growth but triggers anti-tumor and anti-resorptive activity of reveromycin A, European Congress on Osteoporosis & Osteoarthritis ECCEO11-IOF, (巻), (号), (頁), (都市), March 2011. ...
閲覧 安倍 正博 : 腎障害を来す全身性疾患—最近の進歩 Ⅲパラプロテイン血症1.多発性骨髄腫, 内科学会雑誌, Vol.100, No.5, 1274-1281, 2011年5月. ...
閲覧 中村 信元, 安倍 正博 : 骨病変/局所病変の管理 (特集 多発性骨髄腫診療の新時代を迎えて--診断と治療に吹き込む「新しい風」) -- (多発性骨髄腫の合併症の管理), 内科, Vol.108, No.2, 274-281, 2011年8月. ...
閲覧 安倍 正博 : 多発性骨髄腫の骨病変とRANKLシグナル, Clinical Calcium, Vol.21, No.8, 59-66, 2011年8月. ...
閲覧 安倍 正博, 松本 俊夫 : RANKLと乳癌, Cancer Board乳癌, Vol.4, No.2, 71-74, 2011年9月. ...
閲覧 安倍 正博 : 患者背景を踏まえた骨髄腫の治療戦略, Myeloma & Lymphoma, Vol.4, 14-17, 2011年9月. ...
閲覧 Masahiro Hiasa, nakano ayako, Keiichiro Watanabe, C Qu, T Harada, Shiroh Fujii, Hirokazu Miki, Shingen Nakamura, Kumiko Kagawa, Kyoko Takeuchi, Eiji Tanaka, Kenzo Asaoka, Shuji Ozaki, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe : Dual effects of Pim inhibition on myeloma: induction of bone formation and tumor suppression., IOF-ANZBMS 2011 Annual Meeting, (巻), (号), (頁), Gold Coast, Sep. 2011. ...
閲覧 Masahiro Hiasa, nakano ayako, Keiichiro Watanabe, C Qu, T Harada, Shiroh Fujii, Hirokazu Miki, Shingen Nakamura, Kumiko Kagawa, Kyoko Takeuchi, Eiji Tanaka, Kenzo Asaoka, Shuji Ozaki, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe : Prevention of tumor growth and bone destruction in myeloma by Pim kinase inhibition., ASBMR 2011 Annual Meeting, (巻), (号), (頁), San Diego, Sep. 2011. ...
閲覧 Masahiro Abe : Guest editorial: understanding the pathogenesis and the evolving treatment paradigm for multiple myeloma in the era of novel agents., International Journal of Hematology, Vol.94, No.4, 307-309, 2011. ...
閲覧 Masahiro Abe : Targeting the interplay between myeloma cells and the bone marrow microenvironment in myeloma., International Journal of Hematology, Vol.94, No.4, 334-343, 2011. ...
閲覧 安倍 正博 : 多発性骨髄腫における骨破壊機構とその治療, 中外医学社, (都市), 2011年10月. ...
閲覧 Ayako Nakano, Daisuke Tsuji, Hirokazu Miki, Qu Cui, Mohamed Sayed Salah El, Akishige Ikegame, Asuka Oda, Hiroe Amou, Shingen Nakamura, Takeshi Harada, Shiro Fujii, Kumiko Kagawa, Kyoko Takeuchi, Akira Sakai, Shuji Ozaki, Kazuma Okano, Takahiro Nakamura, Kouji Itou, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe : Glycolysis inhibition inactivates ABC transporters to restore drug sensitivity in malignant cells., PLoS ONE, Vol.6, No.11, 2011. ...
閲覧 日浅 雅博, 新垣 理恵子, 山田 安希子, 大浦 徳永 律子 律子, 安倍 正博, 松本 俊夫, 林 良夫, 石丸 直澄, 淺岡 憲三 : A novel role of NF-B relB in bone remodeling., 第40回日本免疫学会学術集会, 2011年11月. ...
閲覧 Masahiro Abe : An Acidic Milieu Aggravates Myeloma Growth And Drug Resistance But Triggers Anti-myeloma Activity Of Reveromycin A, A Novel Anti-resorptive Agent, 11th International Meeting on Cancer Induced Bone Disease, (巻), (号), (頁), (都市), Dec. 2011. ...
閲覧 Ayako Nakano and Masahiro Abe : Inactivation of ABC transporters to restore drug sensitivity in myeloma cells by inhibition of hexokinase II, 53th Annual Meeting of the American Society of Hematology, (巻), (号), (頁), (都市), Dec. 2011. ...
閲覧 Yawara Kawano, Shikiko Ueno, Masahiro Abe, Yoshitaka Kikukawa, Hiromichi Yuki, Kenichi Iyama, Yutaka Okuno, Hiroaki Mitsuya and Hiroyuki Hata : TRAIL produced from multiple myeloma cells is associated with osteolytic markers., Oncology Reports, Vol.27, No.1, 39-44, 2012. ...
閲覧 Ayako Nakano, Hirokazu Miki, Shingen Nakamura, Takeshi Harada, Asuka Oda, Hiroe Amou, Shiro Fujii, Kumiko Kagawa, Kyoko Takeuchi, Shuji Ozaki, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe : Up-regulation of hexokinaseII in myeloma cells: targeting myeloma cells with 3-bromopyruvate., Journal of Bioenergetics and Biomembranes, Vol.44, No.1, 31-38, 2012. ...
閲覧 Kumiko Kagawa, Ayako Nakano, Hirokazu Miki, Asuka Oda, Hiroe Amou, Kyoko Takeuchi, Shingen Nakamura, Takeshi Harada, Shiro Fujii, Kenichiro Yata, Shuji Ozaki, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe : Inhibition of TACE activity enhances the susceptibility of myeloma cells to TRAIL., PLoS ONE, Vol.7, No.2, (頁), 2012. ...
閲覧 中村 信元, 安倍 正博, 松本 俊夫 : 新規治療薬の開発と臨床応用の可能性を探る (抗RANKL抗体などを中心に), (発行所), (都市), 2012年3月. ...
閲覧 賀川 久美子, 安倍 正博, 松本 俊夫 : がん骨転移治療―ビスフォスフォネート治療によるBone Management, 株式会社 先端医学社, (都市), 2012年3月. ...
閲覧 安倍 正博 : 骨髄腫の分子病態 造血器腫瘍学—基礎と臨床の最新研究動向—, 日本臨牀, Vol.70, No.2, 577-583, 2012年4月. ...
閲覧 安倍 正博 : 骨髄腫における骨破壊機構, 血液内科, Vol.64, No.4, 412-417, 2012年4月. ...
閲覧 N Hosen, Y Matsuoka, S Kishida, J Nakata, Y Mizutani, K Hasegawa, A Mugitani, H Ichihara, Y Aoyama, S Nishida, A Tsuboi, F Fujiki, N Tatsumi, H Nakajima, M Hino, T Kimura, K Yata, M Abe, Y Oka, Y Oji, A Kumanogoh and H Sugiyama : CD138-negative clonogenic cells are plasma cells but not B cells in some multiple myeloma patients., Leukemia, Vol.26, No.9, 2135-2141, 2012. ...
閲覧 安倍 正博 : 骨免疫学—研究最前線 骨髄腫の骨破壊機序, 医学のあゆみ, Vol.242, No.9, 697-702, 2012年9月. ...
閲覧 安倍 正博 : 多発性骨髄腫—現状と進歩 骨髄腫の骨病変:骨破壊機序と骨病変に対する標的療法, 医学のあゆみ, Vol.242, No.13, 1068-1073, 2012年9月. ...
閲覧 安倍 正博 : 骨病変, (発行所), (都市), 2012年10月. ...
閲覧 安倍 正博 : 骨代謝マーカー:検査値の見方と評価, (発行所), (都市), 2012年10月. ...
閲覧 安倍 正博 : 骨病変の評価(3)バイオマーカー, (発行所), (都市), 2012年10月. ...
閲覧 安倍 正博 : M蛋白がもたらす注意すべき病態,検査値異常, (発行所), (都市), 2012年10月. ...
閲覧 三木 浩和, 安倍 正博 : 多発性骨髄腫に対する合併症の治療(腎,骨,感染症), (発行所), (都市), 2012年10月. ...
閲覧 Masahiro Abe : Multiple myeloma: Topics in basic science applicable to the development of novel therapies, 第74回日本血液学会総会, Oct. 2012. ...
閲覧 原田 武志, 安倍 正博 : プロテアソーム阻害薬の薬理作用,副作用と適応疾患, 血液内科, Vol.65, No.4, 530-537, 2012年10月. ...
閲覧 Masahiro Abe, Masahiro Hiasa, Watanabe ken-ichiro, Nakamura Shingen, Harada Takeshi, Itsuro Endo and Toshio Matsumoto : Prevention of tumor growth and bone destruction in myeloma by Pim kinase inhibition, 12th CIBD International Meeting on Cancer Induced Bone Disease (CIBD) Lyon, Nov. 2012, (都市), Nov. 2012. ...
閲覧 藤井 志朗, 安倍 正博 : 腫瘍性疾患の分子標的薬 多発性骨髄腫 分子標的薬, 日本臨牀, Vol.70, No.8, 518-523, 2012年11月. ...
閲覧 安倍 正博 : 多発性骨髄腫の骨病変に対する抗RANKL抗体denosumabの効果, 血液内科, Vol.65, No.4, 692-698, 2012年11月. ...
閲覧 安倍 正博 : 多発性骨髄腫の骨病変, (発行所), (都市), 2012年12月. ...
閲覧 遠藤 逸朗, 安倍 正博, 松本 俊夫 : 骨転移の分子標的治療薬, (発行所), (都市), 2012年12月. ...
閲覧 安倍 正博 : 血液疾患と骨, Clinical Calcium, Vol.23, No.2, 256-262, 2013年2月. ...
閲覧 Masahiro Abe : Microenvironment for myeloma growth and drug resistance., International Journal of Myeloma, Vol.3, No.1, 2-11, March 2013. ...
閲覧 安倍 正博 : 骨病変 1) 病態,症状 多発性骨髄腫の症候/合併症とその対策, 医薬ジャーナル社, (都市), 2013年3月. ...
閲覧 安倍 正博 : 骨代謝マーカーの使い方, 医薬ジャーナル社, (都市), 2013年3月. ...
閲覧 安倍 正博 : 骨病変のマネージメント, 医薬ジャーナル社, (都市), 2013年3月. ...
閲覧 安倍 正博 : 骨病変に対する新規治療薬の開発動向, 医薬ジャーナル社, (都市), 2013年3月. ...
閲覧 安倍 正博, 遠藤 逸朗 : 高カルシウム血症, 医薬ジャーナル社, (都市), 2013年3月. ...
閲覧 Masahiro Abe : Overview of the pathophysiology of MBD and acquired genetic events: Bench work for the targeted therapy to the microenvironment of MBD, The 14th International Myeloma Workshop, (都市), April 2013. ...
閲覧 安倍 正博 : 骨粗鬆症の類縁疾患とその治療, 日本臨牀, Vol.71, No.2, 609-612, 2013年4月. ...
閲覧 安倍 正博 : 骨髄腫細胞と骨髄微小環境の相互作用を標的とした治療法の開発, 臨床血液, Vol.54, No.6, 522-532, 2013年6月. ...
閲覧 安倍 正博 : 多発性骨髄腫による骨形成の抑制とWntシグナル阻害因子, Clinical Calcium, Vol.23, No.6, 867-875, 2013年6月. ...
閲覧 安倍 正博 : 骨髄腫骨病変と腫瘍免疫.シンポジウム5骨免疫と炎症性疾患, 第34回日本炎症・再生医学会, 2013年7月. ...
閲覧 安倍 正博 : 骨痛に対する対策,ビスホスホネートとデノスマブの使い分け, 医薬ジャーナル社, (都市), 2013年7月. ...
閲覧 安倍 正博 : 多発性骨髄腫の骨病変, 臨床血液, Vol.54, No.8, 696-698, 2013年8月. ...
閲覧 安倍 正博 : 血液学から見た骨代謝, Clinical Calcium, Vol.23, No.9, 1271-1277, 2013年9月. ...
閲覧 安倍 正博 : 骨髄腫に伴う骨病変の発症機序, メディカルレビュー社, (都市), 2013年9月. ...
閲覧 安倍 正博 : 骨転移の増殖・進展のメカニズム 多発性骨髄腫, メディカルレビュー社, (都市), 2013年10月. ...
閲覧 安倍 正博 : 骨転移の骨病変形成のメカニズム 多発性骨髄腫, メディカルレビュー社, (都市), 2013年10月. ...
閲覧 安倍 正博 : 骨粗鬆症の類縁疾患とその治療, 医薬ジャーナル社, (都市), 2013年10月. ...
閲覧 Masahiro Abe : Bench work for targeted therapy to the microenvironment of myeloma bone disease., Clinical Lymphoma, Myeloma & Leukemia, Vol.14, No.1, 8-9, 2013. ...
閲覧 安倍 正博 : 多発性骨髄腫の骨病変形成機序とその治療, 腎と骨代謝, Vol.27, No.1, 33-40, 2014年1月. ...
閲覧 Masahiro Abe, Takeshi Harada and Toshio Matsumoto : Concise review: Defining and targeting myeloma stem cell-like cells., Stem Cells, Vol.32, No.5, 1067-1073, 2014. ...
閲覧 安倍 正博 : 新しい診断と治療のABC 84「多発性骨髄腫」概念:MGUS,くすぶり型から症候性骨髄腫, 最新医学, 5-23, 2014年6月. ...
閲覧 安倍 正博 : 骨髄腫の骨病変とサイトカイン, Clinical Calcium, Vol.24, No.6, 69-76, 2014年6月. ...
閲覧 原田 武志 : 血液疾患の分子標的薬 –進化する血液疾患治療研究の最新動向– 作用機序からみた分子標的薬, 日本臨牀, Vol.72, No.6, 1143-1148, 2014年6月. ...
閲覧 安倍 正博 : 多発性骨髄腫の骨病変, Clinical Calcium, Vol.24, No.8, 35-44, 2014年8月. ...
閲覧 三木 浩和, 安倍 正博 : アミロイド原性light chainの脾臓での産生 ALアミロイドーシス,多発性骨髄腫の類縁疾患, 医薬ジャーナル社, (都市), 2014年8月. ...
閲覧 中村 信元, 安倍 正博 : アミロイドーシス効果判定基準 効果判定基準 2005コンセンサスクライテリア,2011新基準.ALアミロイドーシス,多発性骨髄腫の類縁疾患, 医薬ジャーナル社, (都市), 2014年8月. ...
閲覧 中村 信元, 安倍 正博 : 臓器移植.ALアミロイドーシス,多発性骨髄腫の類縁疾患, 医薬ジャーナル社, (都市), 2014年8月. ...
閲覧 中村 信元, 安倍 正博 : 骨髄腫骨病変の治療, 血液内科, Vol.69, No.4, 525-533, 2014年10月. ...
閲覧 安倍 正博 : 骨髄腫の骨病変:分子機序, Parma Medica, (都市), 2015年(0月). ...
閲覧 安倍 正博, 三木 浩和, 中村 信元 : 「骨髄腫∼いつ治療するのか?∼初発,再発,そして早期介入」骨髄腫骨病変の管理:ゾレドロン酸かデノスマブか, 臨床血液, (都市), 2015年(0月). ...
閲覧 安倍 正博 : 今日の治療指針 2015年版-私はこう治療している, 医学書院, (都市), 2015年1月. ...
閲覧 安倍 正博 : デノスマブの作用機構とその臨床応用, 化学評論社, Vol.70, No.2, 279-284, 2015年2月. ...
閲覧 安倍 正博 : 多発性骨髄腫の病態解明と治療の進歩, 日本内科学会雑誌, Vol.104, No.2, 305-313, 2015年2月. ...
閲覧 安倍 正博 : 多発性骨髄腫, 羊土社, (都市), 2015年5月. ...
閲覧 安倍 正博 : 多発性骨髄腫.骨ペディア 骨疾患・骨代謝キーワード辞典, 羊土社, (都市), 2015年5月. ...
閲覧 Jin Temma, Munehide Matsuhisa, Toru Horie, Akio Kuroda, Hiroyasu Mori, Motoyuki Tamaki, Itsuro Endo, Ken-ichi Aihara, Masahiro Abe and Toshio Matsumoto : Non-invasive Measurement of Skin Autofluorescence as a Beneficial Surrogate Marker for Atherosclerosis in Patients with Type 2 Diabetes, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.62, No.3-4, 126-129, 2015. ...
閲覧 安倍 正博 : 話題 多発性骨髄腫のPim-2キナーゼの意義, 化学評論社, (都市), 2015年8月. ...
閲覧 Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Asuka Oda, Ryota Amachi, Jumpei Teramachi, Kimiko Sogabe, Hikaru Fujino, Tomoko Maruhashi, Shiroh Fujii, Kumiko Kagawa and Masahiro Abe : Susceptibility to bendamustine considerably varies among myeloma cells, but is enhanced in acidic conditions, International Journal of Myeloma, Vol.6, No.1, 7-11, 2015. ...
閲覧 安倍 正博 : 多発性骨髄腫.Principle and Practice 血液・造血器・リンパ系, 千葉滋集, (都市), 2015年10月. ...
閲覧 安倍 正博 : 多発性骨髄腫における骨病変の発症機構.ブラッシュアップ多発性骨髄腫, 中外医学社, (都市), 2015年10月. ...
閲覧 安倍 正博 : もっと知って欲しい多発性骨髄腫のこと 2015年版, 監修 キャンサーネットジャパン制作, (都市), 2015年11月. ...
閲覧 (種別) : Chihiro Shimazaki, Shin-Ichi Fuchida, Kenshi Suzuki, Tadao Ishida, Hirokazu Imai, Morio Sawamura, Hiroyuki Takamatsu, Masahiro Abe, Toshihiro Miyamoto, Hiroyuki Hata, Masahito Yamada and Yukio Ando : Phase 1 study of bortezomib in combination with melphalan and dexamethasone in Japanese patients with relapsed AL amyloidosis., International Journal of Hematology, Vol.103, No.1, 79-85, (発行所), (都市), Nov. 2015. ...
閲覧 安倍 正博, 三木 浩和, 中村 信元 : 臨床血液学—最新情報と今後の展望 2016年版, 臨床血液, (都市), 2016年(0月). ...
閲覧 (種別) : 安倍 正博, 三木 浩和, 中村 信元 : 「臨床血液学—最新情報と今後の展望 2016年版」, 多発性骨髄腫 臨床血液, Vol.57, No.2, 260-269, (発行所), (都市), 2016年(0月). ...
閲覧 安倍 正博 : 「臨床血液学—最新情報と今後の展望 2016年版」 多発性骨髄腫, 臨床血液, (都市), 2016年2月. ...
閲覧 (種別) : 安倍 正博 : 多発性骨髄腫学—最近の診療と基礎研究, --- 骨病変の分子機構と骨代謝 ---, 日本臨牀, Vol.74, (号), 110-114, (発行所), (都市), 2016年4月. ...
閲覧 (種別) : Shuji Ozaki, Hiroyuki Hata, Masahiro Abe, Takayuki Saitoh, Ichiro Hanamura, Hiroki Yano, Kazutaka Sunami, Hiroshi Kosugi, Morio Sawamura, Tomonori Nakazato, Taro Masunari, Mayumi Mori, Toshiyuki Takagi, Hirokazu Murakami and Kazuyuki Shimizu : Reduced frequency treatment with bortezomib plus dexamethasone for elderly patients with relapsed and/or refractory multiple myeloma: a phase 2 study of the Japanese Myeloma Study Group (JMSG-0902)., Annals of Hematology, Vol.95, No.6, 921-929, (発行所), (都市), April 2016. ...
閲覧 (種別) : 安倍 正博 : 多発性骨髄腫の骨病変と抗RANKL療法 癌の骨転移と抗RANKL療法, ファーマナビゲーター 抗RANKL抗体編, (巻), (号), 204-211, ディカルレビュー社 松本俊夫,田中栄編集, (都市), 2016年4月. ...
閲覧 (種別) : 安倍 正博 : 多発性骨髄腫学—最近の診療と基礎研究, --- Pim阻害薬 ---, 日本臨牀, Vol.74, (号), 349-354, 日本臨牀社, (都市), 2016年7月. ...
閲覧 (種別) : 安倍 正博 : 多発性骨髄腫Updating 第9巻(清水一之,安倍正博,島崎千尋,鈴木憲史,張高明編集), --- New bone modifying agents ---, 多発性骨髄腫Updating, Vol.9, 211-221, 医薬ジャーナル社, 大阪, 2016年7月. ...
閲覧 (種別) : 安倍 正博 : 多発性骨髄腫Updating 第9巻(清水一之,安倍正博,島崎千尋,鈴木憲史,張高明編集), --- PIMキナーゼ阻害薬 ---, (誌名), Vol.9, (号), 179-188, 医薬ジャーナル社, 大阪, 2016年8月. ...
閲覧 (種別) : 安倍 正博 : 多発性骨髄腫Updating 第9巻(清水一之,安倍正博,島崎千尋,鈴木憲史,張高明編集), --- HDAC阻害薬:パノビノスタット ---, 多発性骨髄腫Updating 第9巻., Vol.9, 24-27, 医薬ジャーナル社, (都市), 2016年8月. ...
閲覧 (種別) : Takeshi Harada, Cui Qu, Hirofumi Tenshin, Ryota Amachi, Ryohei Sumitani, Munenori Uemura, Hikaru Fujino, Kimiko Sogabe, Mamiko Takahashi, Tomoko Maruhashi, Masami Iwasa, Shiro Fujii, Jumpei Teramachi, Shingen Nakamura, Kumiko Kagawa, Masahiro Abe : Expansion of Th1-like T cells by lenalidomide or pomalidomide in combination with zoledronic acid レナリドミドおよびポマリドミドはゾレドロン酸共存下でTh1様 T 細胞を増幅させる, 第78回日本血液学会学術集会, (巻), (号), (頁), (発行所), 横浜市, 2016年10月. ...
閲覧 (種別) : Hirokazu Miki, Ariunzaya BAT-ERDENE, Hirofumi Tenshin, Ryota Amachi, Keiichiro Watanabe, Jumpei Teramachi, Asuka Oda, Masami Iwasa, Shiro Fujii, Kumiko Kagawa, Masahiro Abe : Alteration of Pim-2 synthesis and degradation in myeloma cells by anti-myeloma agents. 骨髄腫細胞のPim-2蛋白の合成と分解に及ぼす各種抗骨髄腫薬の影響, 第78回日本血液学会学術集会, (巻), (号), (頁), (発行所), 横浜市, 2016年10月. ...
閲覧 (種別) : Asuka Oda, Kimiko Sogabe, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Kumiko Kagawa, Ryota Amachi, Keiichiro Watanabe, Hirofumi Tenshin, Jumpei Teramachi : A unique anti-myeloma activity by thiazolidine-2,4-dione compounds with Pim inhibiting activity Pim阻害活性を有するチアゾリジンジオン化合物が発揮するユニークな抗骨髄腫活性, 第78回日本血液学会学術集会, (巻), (号), (頁), (発行所), 横浜市, 2016年10月. ...
閲覧 (種別) : Shingen Nakamura, Kumiko Kagawa, Asuka Oda, Shiro Fujii, Ryota Amachi, Hirofumi Tenshin, Jumpei Teramachi, Hirokazu Miki, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe : Panobinostat and proteasome inhibitors cooperatively degrade Sp1 to cause myeloma cell death, 第78回日本血液学会学術集会, (巻), (号), (頁), (発行所), 横浜市, Oct. 2016. ...
閲覧 (種別) : 安倍 正博 : 多発性骨髄腫診療 PROGRESS (赤司浩一編集), --- VISUALIZED目でみる多発性骨髄腫 多発性骨髄腫の治療戦略-プロテアオーム阻害薬の作用機序 ---, (誌名), (巻), (号), (頁), メディカルレビュー社, 大阪, 2016年11月. ...
閲覧 (種別) : 安倍 正博 : 多発性骨髄腫診療 PROGRESS (赤司浩一編集), --- VISUALIZED目でみる多発性骨髄腫 骨髄腫細胞と骨髄環境因子をめぐる細胞間相互作用-新規薬の作用 ---, 多発性骨髄腫診療 PROGRESS, (巻), (号), 12-13, メディカルレビュー社, 大阪, 2016年11月. ...
閲覧 (種別) : 安倍 正博 : 多発性骨髄腫Updating (清水一之,安倍正博,島崎千尋,鈴木憲史,張高明編集), --- 骨病変と腫瘍進展 ---, (誌名), Vol.10, (頁), 医薬ジャーナル社, (都市), 2017年5月. ...
閲覧 (種別) : 河野 直樹, 尾崎 修治, 宇高 憲吾, 関本 悦子, 柴田 泰伸, 重清 俊雄, 藤井 志朗, 賀川 久美子, 安倍 正博 : 著明な肝脾腫と骨髄浸潤をきたしたEBウイルス関連末梢性T細胞リンパ腫の1例, 第116回 日本内科学会地方会, (巻), (号), (頁), (発行所), 高知, 2017年5月. ...
閲覧 (種別) : 河野 直樹, 尾崎 修治, 宇高 憲吾, 関本 悦子, 柴田 泰伸, 重清 俊雄, 藤井 志朗, 賀川 久美子 and 安倍 正博 : EB T 1, 第116回 日本内科学会地方会, (巻), (号), (頁), (発行所), 高知城ホール, May 2017. ...
閲覧 (種別) : 村山 典聡, 田中 貴大, 松本 友里, 平尾 章博, 田中 宏典, 友成 哲, 谷口 達哉, 近藤 剛史, 安倍 正博, 高山 哲治 : Werner症候群に合併した非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)の1例, 第116回 日本内科学会地方会, (巻), (号), (頁), (発行所), 高知城ホール, 2017年5月. ...
閲覧 (種別) : 高橋 真美子, 中村 信元, 三木 浩和, 住谷 龍平, 上村 宗範, 岩佐 昌美, 藤井 志朗, 賀川 久美子, 安倍 正博 : 血清IgE値が病勢を反映した骨浸潤を伴う進行期ホジキンリンパ腫の2例, 第116回 日本内科学会地方会, 日本内科学会四国支部, 高知, 2017年5月. ...
閲覧 (種別) : 寺町 順平, 日浅 雅博, 安倍 正博 : 新規治療薬 基礎 骨形成誘導活性を有する新規抗骨髄腫薬の開発, 第42回日本骨髄腫学会学術集会, (巻), (号), (頁), (発行所), 日本赤十字看護大学 広尾キャンパス, 2017年5月. ...
閲覧 天知 良太, 中村 信元, 日浅 雅博, 小田 明日香, バットエルデネ アリウンザヤ, 寺町 順平, 天眞 寛文, 渡邉 佳一郎, 三木 浩和, 賀川 久美子, 藤井 志朗, 田中 栄二, 松本 俊夫, 安倍 正博 : 骨形成誘導による骨髄腫細胞のエネルギー代謝の抑制, 第42回日本骨髄腫学会学術集会, (巻), (号), (頁), 2017年5月. ...
閲覧 Masahiro Abe : Novel targets of treatment for myeloma-bone interaction, Australian New Zealand Bone Mineral Society (ANZBMS)-IFMRS-JSBMR 2017, Brisbane, June 2017. ...
閲覧 (種別) : 寺町 順平, 天真 寛文, 小田 明日香, 天知 良太, 日浅 雅博, 渡邉 佳一郎, Ariunzaya Baterdene, 岩佐 昌美, 藤井 志朗, 賀川 久美子, 中村 信元, 三木 浩和, 遠藤 逸朗, 田中 栄二, 松本 俊夫, 安倍 正博 : 骨髄腫腫瘍進展抑制と骨形成誘導活性を有する新規薬剤の開発, 第35回日本骨代謝学会学術集会, (巻), (号), (頁), (発行所), ホテル日航福岡, 2017年7月. ...
閲覧 (種別) : 安倍 正博 : 骨髄腫の難治性克服に向けた治療開発, BIO Clinica, Vol.32, No.9, 13, (発行所), (都市), 2017年8月. ...
閲覧 (種別) : 上田 浩之, 楠瀬 賢也, 瀬野 弘光, 數藤 久美子, 西條 良仁, 川端 豊, 伊藤 浩敬, 轟 貴史, 松浦 朋美, 伊勢 孝之, 飛梅 威, 山口 浩司, 八木 秀介, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 安倍 正博, 佐田 政隆 : 経食道心臓超音波検査の再検により診断し得た感染性心内膜炎の1例(会議録/症例報告), 第255回徳島医学会学術集会(平成29年度夏期), (巻), (号), (頁), (発行所), 徳島, 2017年8月. ...
閲覧 (種別) : 安倍 正博 : 一般内科でも必要!骨髄腫患者診療の注意事項 骨合併症, 内科, Vol.120, No.4, 935-939, (発行所), (都市), 2017年10月. ...
閲覧 (種別) : 前田 悠作, 原田 武志, 中村 信元, 賀川 久美子, 大浦 雅博, 高橋 真美子, 岩佐 昌美, 藤井 志朗, 三木 浩和, 安倍 正博 : リウマチ様関節炎に対する免疫抑制療法中に成人T細胞白血病/リンパ腫 を発症した2例, 第117回 日本内科学会地方会, (巻), (号), (頁), (発行所), 香川国際会議場, 2017年12月. ...
閲覧 (種別) : 八木 ひかる : 血友病Aに合併した急性出血性胆嚢 私のこの一枚(164), 血液フロンティア, Vol.28, No.2, (頁), (発行所), (都市), 2018年2月. ...
閲覧 (種別) : 大浦 雅博, 藤井 志朗, 山上 紘規, 前田 悠作, 岩佐 昌美, 高橋 真美子, 原田 武志, 中村 信元, 三木 浩和, 賀川 久美子, 安倍 正博 : 臍帯血移植が奏功した治療抵抗性肝脾型T細胞リンパ腫の1例, 第40回日本造血細胞移植学会総会, (発行所), ロイトン札幌, 2018年2月. ...
閲覧 (種別) : Mamiko Takahashi, Shingen Nakamura, Yusaku Maeda, Masahiro Oura, Masami Iwasa, Takeshi Harada, Shiro Fujii, Hirokazu Miki, Kumiko Kagawa, 安倍 正博 : Conditioning regimen with intravenous busulfan for autologous stem cell transplantation as treatment for refractory malignant lymphoma with CNS involvement, 第40回日本造血細胞移植学会総会, (発行所), ロイトン札幌, 2018年2月. ...
閲覧 (種別) : 中野 睦基, 大浦 雅博, 三木 浩和, 前田 悠作, 細井 美希, 原 倫世, 山上 紘規, 髙橋 真美子, 原田 武志, 藤井 志朗, 中村 信元, 賀川 久美子, 川端 豊, 伊勢 孝之, 上原 久典, 安倍 正博 : 遊離免疫グロブリン軽鎖の測定が診断と早期治療介入に有用であったALアミロイドーシスの1例, 第 256回徳島医学会術集会(平成29年度冬期), (巻), (号), (頁), (発行所), (都市), 2018年2月. ...
閲覧 (種別) : Tetsuhiro Kasamatsu, Shuji Ozaki, Takayuki Saitoh, Jun Konishi, Kazutaka Sunami, Mitsuhiro Itagaki, Hideki Asaoku, Takaaki Cho, Hiroshi Handa, Shotaro Hagiwara, Toshio Wakayama, Akiko Negoro, Naoki Takezako, Naoko Harada, Yoshiaki Kuroda, Chiaki Nakaseko, Takaaki Miyake, Nobumasa Inoue, Hiroyuki Hata, Chihiro Shimazaki, Tatsuharu Ohno, Junya Kuroda, Tohru Murayama, Takahiro Kobayashi, Masahiro Abe, Tadao Ishida, Eiich Nagura and Kazuyuki Shimizu : Unsuppressed serum albumin levels may jeopardize the clinical relevance of the international staging system to patients with light chain myeloma., Hematological Oncology, Vol.36, No.5, 792-800, (発行所), (都市), Sep. 2018. ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

無効な情報 (66件)

閲覧 (種別) : C Bergh, U Selleskog and T Hillensjö : Recombinant human gonadotropins stimulate steroid and inhibin production in human granulosa cells., European Journal of Endocrinology, Vol.136, No.6, 617-623, (発行所), (都市), June 1997.
閲覧 (種別) : 安倍 正博 : 癌と骨病変の病理-癌に伴う高カルシウム血症, 病理と臨床, Vol.17, No.0, 18-22, (発行所), (都市), 1999年(0月).
閲覧 (種別) : 安倍 正博, 日浦 賢治, 森山 啓司, 小笠原 光治, 井上 大輔, 小阪 昌明, 松本 俊夫 : 多発性骨髄腫におけるMIP-1の産生とその骨髄腫骨病変形成への関与, 日本骨代謝学会雑誌, Vol.17, No.2, 162, (発行所), (都市), 1999年6月.
閲覧 (種別) : 安倍 正博, 松本 俊夫 : ビスフォスフォネートによる骨転移の治療, 日本整形外科學會雜誌, Vol.74, No.6, 1024, (発行所), (都市), 2000年6月.
閲覧 (種別) : 藤村 光則, 加藤 みどり, 橋詰 俊二, 高森 信行, 森岡 将臣, 赤池 雅史, 安倍 正博, 東 博之, 松本 俊夫 : 1) 本態性血小板血症を合併した不安定狭心症の一例, Japanese Circulation Journal, Vol.65, No.0, 660, 社団法人日本循環器学会, (都市), 2001年4月.
閲覧 (種別) : 加藤 みどり, 安部 尚子, 住友 由佳, 柴田 泰伸, 尾崎 修治, 安倍 正博, 藤村 光則, 森岡 将臣, 赤池 雅史, 東 博之, 松本 俊夫 : 87) 右房内腫瘤による心不全に対し化学療法が奏功した非ホジキンリンパ腫の一例(日本循環器学会 第78回四国地方会), Japanese Circulation Journal, Vol.65, No.0, 818, 社団法人日本循環器学会, (都市), 2001年10月.
閲覧 (種別) : 岩瀬 俊, 藤村 光則, 日浅 由紀子, 加藤 みどり, 森岡 将臣, 金川 泰彦, 赤池 雅史, 安倍 正博, 東 博之, 松本 俊夫, 堀 隆樹, 北川 哲也 : 90)巨大脾膿瘍を形成した腸球菌による感染性心内膜炎の一例(日本循環器学会 第79回中国四国地方会), Circulation Journal, Vol.66, No.0, 971, 社団法人 日本循環器学会, (都市), 2002年4月.
閲覧 (種別) : 安倍 正博, 松本 俊夫, 小阪 昌明 : 骨病変に対するbisphosphonateの効果, 臨床血液, Vol.43, No.5, 349-352, 日本臨床血液学会, (都市), 2002年5月.
閲覧 (種別) : 安倍 正博, 松本 俊夫, 小阪 昌明 : 骨病変に対するbisphosphonateの効果, 臨床血液, Vol.43, No.5, 349-352, 日本臨床血液学会, (都市), 2002年5月.
閲覧 Masahiro Abe, Kenji Hiura, Javier Wilde, Kenji Moriyama, Toshihiro Hashimoto, Shuji Ozaki, Shingo Wakatsuki, Masaaki Kosaka, Shinsuke Kido, Daisuke Inoue and Toshio Matsumoto : Role for macrophage inflammatory protein(MIP)-1α and MIP-1β in the development of osteolytic lesions in multiple myeloma, Blood, Vol.100, No.6, 2195-2202, 2002.
閲覧 (種別) : 橋本 年弘, 安倍 正博, 井上 大輔 : 新しい医療技術 骨髄腫のビスフォスフォネート療法, 整形・災害外科, Vol.46, No.1, 61-66, 金原出版 株式会社, (都市), 2003年1月.
閲覧 (種別) : 大島 隆志, 安倍 正博, 関本 悦子, 田中 洋一, 柴田 泰伸, 橋本 年弘, 尾崎 修治, 木戸 慎介, 井上 大輔, 松本 俊夫 : 骨髄腫細胞はBMP-2による, 骨芽細胞分化の促進を抑制する, 日本骨形態計測学会雑誌, Vol.13, No.3, 56, (発行所), (都市), 2003年12月.
閲覧 (種別) : 七條 加奈, 関本 悦子, 三原 愛, 大田 加与, 田中 洋一, 大島 隆志, 柴田 泰伸, 橋本 年弘, 尾崎 修治, 安倍 正博, 松本 俊夫, 若槻 真吾 : Tandem transplantation が有効であった再発・難治性ホジキンリンパ腫の1例, 日本内科学会雑誌, Vol.93, No.10, 2210-2212, (発行所), (都市), 2004年10月.
閲覧 (種別) : 安倍 正博, 松本 俊夫 : 多発性骨髄腫 (特集 癌と骨病変--骨を冒す癌,骨を抱え込む骨,癌随伴症候群としての骨病変,そしてその間の信号分子) -- (REVIEW 3:癌と骨組織との相互作用), モレキュラーメディシン, Vol.41, No.11, 1367-1373, 中山書店, (都市), 2004年11月.
閲覧 (種別) : 日浅 雅博, 安倍 正博, 橋本 年弘, 尾崎 修治, 井上 大輔, 木戸 慎介, 森山 啓司, 松本 俊夫 : GM-CSFとIL-4は単球のM-CSF破骨細胞分化を抑制し樹状細胞分化を誘導する, 日本骨形態計測学会雑誌, Vol.16, No.3, 66, (発行所), (都市), 2006年12月.
閲覧 (種別) : Ken-ichi Kitazoe, Masahiro Abe, Masahiro Hiasa, Asuka Oda, Hiroe Amou, Takeshi Harada, Ayako Nakano, Kyoko Takeuchi, Toshihiro Hashimoto, Shuji Ozaki and Toshio Matsumoto : Valproic acid exerts anti-tumor as well as anti-angiogenic effects on myeloma., International Journal of Hematology, Vol.89, No.1, 45-57, (発行所), (都市), Jan. 2009.
閲覧 (種別) : 神原 保, 黒部 裕嗣, 浦田 将久, 元木 達夫, 吉田 誉, 北市 隆, 安倍 正博, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫, 北川 哲也 : SF-097-4 当院におけるエリスロポイエチン誘導自己末梢幹細胞移植治療の検討(末梢血管1,サージカルフォーラム,第109回日本外科学会定期学術集会), 日本外科学会雑誌, Vol.110, No.2, 345, 社団法人日本外科学会, (都市), 2009年2月.
閲覧 (種別) : 安倍 正博 : 続発性骨粗鬆症の薬物療法 多発性骨髄腫 (特集 骨粗鬆症の薬物療法--薬効評価と臨床研究の進歩) -- (薬物療法各論), 日本臨牀, Vol.67, No.5, 991-995, 日本臨牀社, (都市), 2009年5月.
閲覧 (種別) : 安倍 正博 : 骨髄腫細胞と骨髄微小環境の相互作用, 臨床血液, Vol.50, No.6, 453-460, 「臨床血液」編集部, (都市), 2009年6月.
閲覧 (種別) : 安倍 正博 : 骨髄腫細胞と骨髄微小環境の相互作用, 臨床血液, Vol.50, No.6, 453-460, 「臨床血液」編集部, (都市), 2009年6月.
閲覧 (種別) : 安倍 正博 : 骨髄腫細胞と骨髄微小環境,骨病変を中心に (特集 多発性骨髄腫--最近の進歩) -- (病態), 最新医学, Vol.64, No.12, 2499-2505, 株式会社 最新医学社, (都市), 2009年12月.
閲覧 (種別) : 安倍 正博 : 多発性骨髄腫における血管新生と破骨細胞形成の促進 (特集 腫瘍と血管新生), 細胞, Vol.42, No.2, 56-59, ニューサイエンス社, (都市), 2010年2月.
閲覧 Shingen Nakamura, Kenichiro Yata, Tadashi Jinno, Takeshi Harada, Shiro Fujii, Hirokazu Miki, Ayako Nakano, Kumiko Kagawa, Kyoko Takeuchi, Shuji Ozaki, Masahiro Abe and Toshio Matsumoto : [Multiple myeloma complicated with disseminated zygomycosis after bortezomib therapy]., The Japanese Journal of Clinical Hematology, Vol.51, No.8, 690-695, 2010.
閲覧 (種別) : Takako Taniguchi, Shinsuke Kido, Emiko Yamauchi, Masahiro Abe, Toshio Matsumoto and Hisaaki Taniguchi : Induction of endosomal/lysosomal pathways in differentiating osteoblasts as revealed by combined proteomic and transcriptomic analyses., FEBS Letters, Vol.584, No.18, 3969-3974, (発行所), (都市), Aug. 2010.
閲覧 (種別) : Takako Taniguchi, Shinsuke Kido, Emiko Yamauchi, Masahiro Abe, Toshio Matsumoto and Hisaaki Taniguchi : Induction of endosomal/lysosomal pathways in differentiating osteoblasts as revealed by combined proteomic and transcriptomic analyses., FEBS letters, Vol.584, No.18, 3969-3974, (発行所), (都市), Aug. 2010.
閲覧 Masahiro Abe : [III. Paraproteinemia: 1. Multiple myeloma]., Nihon Naika Gakkai zasshi. The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine, Vol.100, No.5, 1275-1281, May 2011.
閲覧 Masahiro Abe : [Myeloma bone disease and RANKL signaling]., Clinical Calcium, Vol.21, No.8, 1167-1174, Aug. 2011.
閲覧 安倍 正博 : 骨髄腫の分子病態 造血器腫瘍学—基礎と臨床の最新研究動向—, 日本臨床, Vol.70, No.2, 577-583, 2012年4月.
閲覧 尾華 絵里子, 安倍 正博, 山本 武範, 篠原 康雄 : ヘキソキナーゼとがんの代謝 がんと代謝, 実験医学, Vol.30, No.15, 36-41, 2012年9月.
閲覧 安倍 正博 : 骨病変の評価(3)バイオマーカー, 医薬ジャーナル社, 大阪, 2012年10月.
閲覧 Masahiro Abe : Prevention of tumor growth and bone destruction in myeloma by Pim kinase inhibition, 12th Int'l Meeting on Cancer Induced Bone Disease, (都市), Nov. 2012.
閲覧 安倍 正博, 中村 信元 : 移植医療と骨粗鬆症, THE BONE, Vol.27, No.2, 83-8, 2013年2月.
閲覧 (種別) : Jin Temma, Munehide Matsuhisa, Toru Horie, Akio Kuroda, Hiroyasu Mori, Motoyuki Tamaki, Itsuro Endo, Ken-ichi Aihara, Masahiro Abe and Toshio Matsumoto : Non-invasive Measurement of Skin Autofluorescence as a Beneficial Surrogate Marker for Atherosclerosis in Patients with Type 2 Diabetes., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.62, No.3-4, 126-129, (発行所), (都市), (month)2015.
閲覧 (種別) : Jin Temma, Munehide Matsuhisa, Toru Horie, Akio Kuroda, Hiroyasu Mori, Motoyuki Tamaki, Itsuro Endo, Ken-ichi Aihara, Masahiro Abe and Toshio Matsumoto : Non-invasive Measurement of Skin Autofluorescence as a Beneficial Surrogate Marker for Atherosclerosis in Patients with Type 2 Diabetes., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.62, No.3-4, 126-129, (発行所), (都市), (month)2015.
閲覧 (種別) : Michiko Yamashita, Yoshiyuki Fujii, Keiji Ozaki, Yoshio Urano, Masami Iwasa, Shingen Nakamura, Shiro Fujii, Masahiro Abe, Yasuharu Sato and Tadashi Yoshino : Human immunodeficiency virus-positive secondary syphilis mimicking cutaneous T-cell lymphoma., Diagnostic Pathology, Vol.10, 185, (発行所), (都市), Oct. 2015.
閲覧 (種別) : S Nakamura, H Miki, A Oda, R Amachi, J Teramachi, K Sogabe, H Fujino, T Maruhashi, S Fujii, K Kagawa and Masahiro Abe : Susceptibility to bendamustine considerably varies among myeloma cells, but is enhanced in acidic conditions, International Journal of Myeloma, Vol.6, No.1, 11, (発行所), (都市), (month)2016.
閲覧 (種別) : Shuji Ozaki, Hiroyuki Hata, Masahiro Abe, Takayuki Saitoh, Ichiro Hanamura, Hiroki Yano, Kazutaka Sunami, Hiroshi Kosugi, Morio Sawamura, Tomonori Nakazato, Taro Masunari, Mayumi Mori, Toshiyuki Takagi, Hirokazu Murakami and Kazuyuki Shimizu : Reduced frequency treatment with bortezomib plus dexamethasone for elderly patients with relapsed and/or refractory multiple myeloma: a phase 2 study of the Japanese Myeloma Study Group (JMSG-0902)., Annals of Hematology, Vol.95, No.6, 921-929, (発行所), (都市), April 2016.
閲覧 (種別) : 安倍 正博 : New bone modifying agents, 多発性骨髄腫Updating 第9巻, Vol.9, (号), 211-221, 医薬ジャーナル社, (都市), 2016年8月.
閲覧 (種別) : 安倍 正博 : New bone modifying agents, 多発性骨髄腫Updating 第9巻, (巻), (号), (頁), 医薬ジャーナル社. 清水一之,安倍正博,島崎千尋,鈴木憲史,張高明編集., (都市), Aug. 2016.
閲覧 (種別) : 安倍 正博 : PIMキナーゼ阻害薬, 多発性骨髄腫Updating 第9巻, (巻), (号), 179-188, 医薬ジャーナル社. 清水一之,安倍正博,島崎千尋,鈴木憲史,張高明編集., (都市), 2016年8月.
閲覧 (種別) : 曽我部 公子 : 自家末梢血幹細胞移植後発症の特発性血小板減少性紫斑病に対する治療中に併発したテント下限局の進行性多巣性白質脳症., (誌名), Vol.106, (号), 2595-2602, 日内会誌, (都市), 2017年(0月).
閲覧 (種別) : 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 遠藤 逸朗, 湯浅 智之, 福本 誠二, 安倍 正博 : 骨格筋におけるアンドロゲン受容体の耐糖能への影響, 第90回日本内分泌学会学術総会, (巻), (号), (頁), (発行所), ロームシアター京都,京都市観業館みやこめっせ(京都市), 2017年4月.
閲覧 (種別) : 西山 美月, 倉橋 清衛, 桝田 志保, 近藤 剛史, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 小松 まち子, 福本 誠二, 安倍 正博 : 維持透析中に管理困難な高Ca血症を契機に診断されたサルコイドーシスの1例, 第116回 日本内科学会地方会, (巻), (号), (頁), (発行所), 高知城ホール, 2017年5月.
閲覧 (種別) : Kohei Muto, Naoko Matsui, Yuki Unai, Waka Sakai, Shotaro Haji, Kengo Udaka, Hirokazu Miki, Takahiro Furukawa, Masahiro Abe and Ryuji Kaji : Memory B cell resurgence requires repeated rituximab in myasthenia gravis., Neuromuscular Disorders, Vol.27, No.10, 918-922, (発行所), (都市), June 2017.
閲覧 (種別) : Kohei Muto, Naoko Matsui, Yuki Unai, Waka Sakai, Shotaro Haji, Kengo Udaka, Hirokazu Miki, Takahiro Furukawa, Masahiro Abe and Ryuji Kaji : Memory B cell resurgence requires repeated rituximab in myasthenia gravis., Neuromuscular Disorders, Vol.27, No.10, 918-922, (発行所), (都市), June 2017.
閲覧 (種別) : 安倍 正博 : 骨髄腫の難治性克服に向けた治療開発, BIO Clinica, Vol.32, No.9, 13, (発行所), (都市), 2017年8月.
閲覧 (種別) : 山口 純代, 住田 智志, 中村 信元, 前田 悠作, 大浦 雅博, 高橋 真美子, 岩佐 昌美, 原田 武志, 藤井 志朗, 賀川 久美子, 安倍 正博, 三木 浩和 : リウマチ様関節炎に対する免疫抑制療法中に発症した成人T細胞性白血病/リンパ腫の1例(会議録/症例報告), (誌名), (巻), (号), (頁), 第255回徳島医学会学術集会(平成29年度夏期), 徳島県医師会館, 2017年8月.
閲覧 (種別) : 上田 浩之, 楠瀬 賢也, 瀬野 弘光, 數藤 久美子, 西條 良仁, 川端 豊, 伊藤 浩敬, 轟 貴史, 松浦 朋美, 伊勢 孝之, 飛梅 威, 山口 浩司, 八木 秀介, 山田 博胤, 添木 武, 若槻 哲三, 安倍 正博, 佐田 政隆 : リウマチ様関節炎に対する免疫抑制療法中に発症した成人T細胞性白血病/リンパ腫の1例(会議録/症例報告), 第255回徳島医学会学術集会(平成29年度夏期), (巻), (号), (頁), (発行所), 徳島県医師会館, 2017年8月.
閲覧 賀川 久美子, 前田 悠作, 大浦 雅博, 曽我部 公子, 藤野 ひかる, 髙橋 真美子, 丸橋 朋子, 岩佐 昌美, 宇高 憲吾, 原田 武志, 伊勢 孝之, 藤井 志朗, 中村 信元, 三木 浩和, 八木 秀介, 竹内 恭子, 尾崎 修治, 安倍 正博, 藤野 ひかる : 治療後長期生存が得られた心不全合併ALアミロイドーシス症例の検討, 臨床血液, (都市), 2017年10月.
閲覧 (種別) : 安倍 正博 : 一般内科でも必要!骨髄腫患者診療の注意事項 骨合併症, 内科, Vol.120, No.4, (頁), (発行所), (都市), 2017年10月.
閲覧 (種別) : Kumiko Kagawa, Hikaru Fujino, Hirokazu Miki, Kimiko Sogabe, Mamiko Takahashi, Tomoko Maruhashi, Kengo Udaka, Masami Iwasa, Shiro Fujii, Shingen Nakamura and Masahiro Abe : Cryptosporidiosis in a transplant recipient with severe intractable diarrhea: Detection of Cryptosporidium oocysts by intestinal biopsies., Transplant Infectious Disease, Vol.20, No.2, e12826, (発行所), (都市), Jan. 2018.
閲覧 (種別) : Kumiko Kagawa, Hikaru Fujino, Hirokazu Miki, Kimiko Sogabe, Mamiko Takahashi, Tomoko Maruhashi, Kengo Udaka, Masami Iwasa, Shiro Fujii, Shingen Nakamura and Masahiro Abe : Cryptosporidiosis in a transplant recipient with severe intractable diarrhea: Detection of Cryptosporidium oocysts by intestinal biopsies., Transplant Infectious Disease, Vol.20, No.2, e12826, (発行所), (都市), Jan. 2018.
閲覧 (種別) : Abe Takahashi Shingen Nakamura Yusaku Maeda Masahiro Oura Masami Iwasa Takeshi Harada Shiro Fujii Hirokazu Miki Kumiko Kagawa Masahiro Mamiko : Conditioning regimen with intravenous busulfan for autologous stem cell transplantation as treatment for refractory malignant lymphoma with CNS involvement, 第40回日本造血細胞移植学会総会, (巻), (号), (頁), (発行所), ロイトン札幌, Feb. 2018.
閲覧 (種別) : Tetsuhiro Kasamatsu, Shuji Ozaki, Takayuki Saitoh, Jun Konishi, Kazutaka Sunami, Mitsuhiro Itagaki, Hideki Asaoku, Takaaki Cho, Hiroshi Handa, Shotaro Hagiwara, Toshio Wakayama, Akiko Negoro, Naoki Takezako, Naoko Harada, Yoshiaki Kuroda, Chiaki Nakaseko, Takaaki Miyake, Nobumasa Inoue, Hiroyuki Hata, Chihiro Shimazaki, Tatsuharu Ohno, Junya Kuroda, Tohru Murayama, Takahiro Kobayashi, Masahiro Abe, Tadao Ishida, Eiich Nagura and Kazuyuki Shimizu : Unsuppressed serum albumin levels may jeopardize the clinical relevance of the international staging system to patients with light chain myeloma., Hematological Oncology, Vol.36, No.5, 792-800, (発行所), (都市), Sep. 2018.
閲覧 (種別) : 宮上侑子 中村信元 大浦雅博 岡本惠暢 高橋真美子 曽我部公子 岩佐昌美 原田武志 藤井志朗 三木浩和 賀川久美子 上原久典 安倍正博 : 不明熱と著名な高CRP血症で発症したde novo CD20陰性びまん性大細胞型B細胞リンパ腫の1例, (誌名), Vol.74, No.5-6, 193-200, 四国医学雑誌, (都市), 2018年12月.
閲覧 (種別) : Masahiro Abe : 3. Okada N, Fushitani S, Azuma M, Nakamura S, Nakamura T, Teraoka K, Watanabe H, Abe M, Kawazoe K, Ishizawa K. Clinical evaluation of pharmacist interventions in patients treated with anti-methicillin-resistant Staphylococcus aureus agents in a hematological ward. Biol Pharm Bull. 2016;39(2):295-300. doi: 10.1248/bpb.b15-00774., (誌名), (巻), (号), (頁), (発行所), (都市), (年月日).
閲覧 (種別) : (著者) : 4. Nakamura S , Miki H, Oda A, Amachi R, Teramachi J, Sogabe K, Fujino H, Maruhashi T, Fujii S, Kagawa K , Abe M. Susceptibility to bendamustine considerably varies among myeloma cells, but is enhanced in acidic conditions International Journal of Myeloma. 6(1): 7 11, 2016., (誌名), (巻), (号), (頁), (発行所), (都市), (年月日).
閲覧 (種別) : (著者) : 安倍正博.骨病変の分子機構と骨代謝 多発性骨髄腫学—最近の診療と基礎研究- 日本臨牀 74巻増刊号 110-114, 2016, 日本臨牀, Vol.74, (号), (頁), (発行所), (都市), (年月日).
閲覧 (種別) : (著者) : 骨病変の分子機構と骨代謝 多発性骨髄腫学—最近の診療と基礎研究-, 日本臨牀, Vol.74, (号), 110-114, (発行所), (都市), (年月日).
閲覧 (種別) : (著者) : Pim阻害薬 多発性骨髄腫学—最近の診療と基礎研究- 日本臨牀 74巻増刊号 349-354, 2016, 日本臨牀, Vol.74, (号), 349-354, (発行所), (都市), (年月日).
閲覧 (種別) : (著者) : (題名), (誌名), (巻), (号), (頁), (発行所), (都市), (年月日).
閲覧 (種別) : (著者) : 著明な肝脾腫と骨髄浸潤をきたしたEBウイルス関連末梢性T細胞リンパ腫の1例, (誌名), (巻), (号), (頁), (発行所), (都市), (年月日).
閲覧 (種別) : 前田 悠作, 原田 武志, 中村 信元, 賀川 久美子, 大浦 雅博, 岩佐 昌美, 藤井 志朗, 三木 浩和, 安倍 正博 : 菌状息肉症から移行した中枢神経症状を呈する治療抵抗性セザリー症候群に対して forodesineが有効であった一例, 第57回日本血液学会中国四国地方会, (巻), (号), (頁), (発行所), 松江, (年月日).
閲覧 (種別) : 大浦 雅博, 藤井 志朗, 山上 紘規, 前田 悠作, 岩佐 昌美, 高橋 真美子, 原田 武志, 中村 信元, 三木 浩和, 賀川 久美子, 安倍 正博 : 臍帯血移植が奏功した治療抵抗性肝脾型T細胞リンパ腫の1例, 第40回日本造血細胞移植学会総会, (巻), (号), (頁), (発行所), ロイトン札幌, (年月日).
閲覧 (種別) : 高橋 真美子, 中村 信元, 前田 悠作, 大浦 雅博, 岩佐 昌美, 原田 武志, 藤井 志朗, 三木 浩和, 賀川 久美子 and 安倍 正博 : Conditioning regimen with intravenous busulfan for autologous stem cell transplantation as treatment for refractory malignant lymphoma with CNS involvement, 第40回日本造血細胞移植学会総会, (巻), (号), (頁), (発行所), ロイトン札幌, (年月日).
閲覧 (種別) : 高橋 真美子, 中村 信元, 三木 浩和, 住谷 龍平, 上村 宗範, 岩佐 昌美, 藤井 志朗, 賀川 久美子, 安倍 正博 : 血清IgE値が病勢を反映した骨浸潤を伴う進行期ホジキンリンパ腫の2例, 第116回 日本内科学会地方会, (巻), (号), (頁), (発行所), 高知城ホール, (年月日).

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 7, LA = 0.77, Max(EID) = 378134, Max(EOID) = 1011723.