『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

OWN=閲覧 松崎 利也

登録情報の数

有効な情報: 77件 + 無効な情報: 1件 = 全ての情報: 78件

全ての有効な情報 (77件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 (未定義) …(77)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 Akira Kuwahara, Yu Tanaka, Yukari Tsutsumi, Kenji Hinokio, Toshiya Matsuzaki, Masahiko Maegawa, Toshiyuki Yasui, Shuji Yamano and Minoru Irahara : Clinical outcomes of "true" unexplainedinfertility after laparoscopy, The 4th Conference of the Pacific Rim Society for Fertility and Sterility, Okinawa, March 2004. ...
閲覧 岩佐 武, 松崎 利也, 水口 雅博 : 薬剤の臨床 ARCHITECTアナライザーi2000を用いた血中エストラジオール,プロゲステロンおよびテストステロン測定の臨床的検討, 産科と婦人科, Vol.73, No.1, 133-140, 2006年1月. ...
閲覧 Takeshi Iwasa, Toshiya Matsuzaki, Naoko Tanaka, Masahiro Minakuchi, Fumi Shimizu, Rie Ogata, Machiko Kiyokawa, Masahiko Maegawa, Toshiyuki Yasui, Akira Kuwahara and Minoru Irahara : Comparison and problems of measured values of LH, FSH, and PRL among measurement systems., Endocrine Journal, Vol.53, No.1, 101-109, 2006. ...
閲覧 Takeshi Iwasa, Toshiya Matsuzaki, Machiko Kiyokawa, Fumi Shimizu, Masahiro Minakuchi, Akira Kuwahara, Masahiko Maegawa, Toshiyuki Yasui and Minoru Irahara : The type 2 corticotrophin-releasing hormone receptor mediates orexin A-induced luteinising hormone suppression in ovariectomised rats., Journal of Neuroendocrinology, Vol.19, No.9, 732-738, 2007. ...
閲覧 Takeshi Iwasa, Toshiya Matsuzaki, Masahiro Minakuchi, Naoko Tanaka, Fumi Shimizu, Yohko Hirata, Akira Kuwahara, Toshiyuki Yasui, Masahiko Maegawa and Minoru Irahara : Diagnostic performance of serum total testosterone for Japanese patients with polycystic ovary syndrome., Endocrine Journal, Vol.54, No.2, 233-238, 2007. ...
閲覧 Fumi Shimizu, Toshiya Matsuzaki, Takeshi Iwasa, Masahiro Minakuchi, Akira Kuwahara, Toshiyuki Yasui and Minoru Irahara : Estradiol suppresses NMU mRNA expression during sexual maturation in the female rat pituitary., International Journal of Developmental Neuroscience, Vol.26, No.3-4, 381-384, 2007. ...
閲覧 Takeshi Iwasa, Toshiya Matsuzaki, Masahiro Murakami, Fumi Shimizu, Akira Kuwahara, Toshiyuki Yasui and Minoru Irahara : Decreased expression of kisspeptin mediates acute immune/inflammatory stress-induced suppression of gonadotropin secretion in female rat., Journal of Endocrinological Investigation, Vol.31, No.7, 656-659, 2008. ...
閲覧 Fumi Shimizu, Toshiya Matsuzaki, Takeshi Iwasa, Naoko Tanaka, Masahiro Minakuchi, Akira Kuwahara, Toshiyuki Yasui, Hiroyuki Furumoto and Minoru Irahara : Transition of leptin receptor expression during pubertal development in female rat pituitary., Endocrine Journal, Vol.55, No.1, 191-198, 2008. ...
閲覧 Masahiro Murakami, Toshiya Matsuzaki, Takeshi Iwasa, Toshiyuki Yasui, Minoru Irahara, Tomohiro Osugi and Kazuyoshi Tsutsui : Hypophysiotropic role of RFamide-related peptide-3 in the inhibition of LH secretion in female rats., The Journal of Endocrinology, Vol.199, No.1, 105-112, 2008. ...
閲覧 岩佐 武, 松崎 利也, 木内 理世 : 思春期から妊娠前 (特集 肥満およびやせ女性における栄養代謝学的問題点と対策) -- (肥満女性の栄養代謝学的問題点とその管理), 産婦人科の実際, Vol.57, No.8, 1211-1217, 2008年8月. ...
閲覧 Takeshi Iwasa, Toshiya Matsuzaki, Masahiro Murakami, Riyo Kinouchi, Fumi Shimizu, Akira Kuwahara, Toshiyuki Yasui and Minoru Irahara : Neonatal immune challenge affects the regulation of estrus cyclicity and feeding behavior in female rats., International Journal of Developmental Neuroscience, Vol.27, No.1, 111-114, 2008. ...
閲覧 Takeshi Iwasa, Toshiya Matsuzaki, Masahiro Murakami, Riyo Kinouchi, Rie Ogata, Akira Kuwahara, Toshiyuki Yasui and Minoru Irahara : Neonatal lipopolysaccharide exposure attenuates the homotypic stress-induced suppression of LH secretion in adulthood in male rat., International Journal of Developmental Neuroscience, Vol.27, No.4, 345-349, 2009. ...
閲覧 Takeshi Iwasa, Toshiya Matsuzaki, Masahiro Murakami, Fumi Shimizu, Akira Kuwahara, Toshiyuki Yasui and Minoru Irahara : Reproducibility of luteinizing hormone hypersecretion in different phases of the menstrual cycle in polycystic ovary syndrome., The Journal of Obstetrics and Gynaecology Research, Vol.35, No.3, 514-519, 2009. ...
閲覧 Rie Ogata, Toshiya Matsuzaki, Takeshi Iwasa, Machiko Kiyokawa, Naoko Tanaka, Akira Kuwahara, Toshiyuki Yasui and Minoru Irahara : Hypothalamic Ghrelin suppresses pulsatile secretion of luteinizing hormone via beta-endorphin in ovariectomized rats., Neuroendocrinology, Vol.90, No.4, 364-370, 2009. ...
閲覧 Takeshi Iwasa, Toshiya Matsuzaki, Masahiro Murakami, Shinobu Fujisawa, Riyo Kinouchi, Ganbat Gereltsetseg, Akira Kuwahara, Toshiyuki Yasui and Minoru Irahara : Effects of intrauterine undernutrition on hypothalamic Kiss1 expression and the timing of puberty in female rats., The Journal of Physiology, Vol.588, No.Pt 5, 821-829, 2010. ...
閲覧 Takeshi Iwasa, Toshiya Matsuzaki, Riyo Kinouchi, Shinobu Fujisawa, Masahiro Murakami, Machiko Kiyokawa, Akira Kuwahara, Toshiyuki Yasui and Minoru Irahara : Neonatal LPS injection alters the body weight regulation systems of rats under non-stress and immune stress conditions., International Journal of Developmental Neuroscience, Vol.28, No.1, 119-124, 2010. ...
閲覧 松崎 利也 : 月経異常・排卵障害, 株式会社 医学書院, (都市), 2010年3月. ...
閲覧 松崎 利也 : プロラクチンの再考, --- 生涯研修プログラム 「生殖医療のup-to-date」 ---, 第62回日本産科婦人科学会学術講演会, (巻), (号), (頁), 2010年4月. ...
閲覧 Toshiya Matsuzaki, Takeshi Iwasa, Shinobu Fujisawa, Riyo Kinouchi and Minoru Irahara : Neonatal LPS Injection Alters the Body Weight Regulation Systems of Rats under Non-Stress and Immune Stress Conditions., The Endocrine Society's 92nd Annual Meeting, (巻), (号), (頁), San Diego, CA ,USA., June 2010. ...
閲覧 K Tsutsui, VS Chowdhury, T Osugi, T Ubuka, Toshiya Matsuzaki, Takeshi Iwasa, Minoru Irahara, LJ Kriegsfeld and G Bentley : Discovery of GnIH: first in birds and then in mammals Symposium: Gonadotropin inhibitory hormone (GnIH) functions in mammals., The Endocrine Society's 92nd Annual Meeting, (巻), (号), (頁), San Diego,CA,USA., June 2010. ...
閲覧 Takeshi Iwasa, Toshiya Matsuzaki, Shinobu Fujisawa, Riyo Kinouchi, Gereltsetseg Ganbat and Minoru Irahara : Effects of Intra-Uterine Undernutrition on Hypothalamic Kiss1 Expression and the Timing of Puberty in Female Rats., The Endocrine Society's 92nd Annual Meeting, (巻), (号), (頁), San Diego,CA,USA., June 2010. ...
閲覧 岩佐 武, 松崎 利也, 苛原 稔 : ストレス・摂食調節因子によるゴナドトロピン分泌制御 (今月の臨床 ここが問題 若年女性のやせ・肥満), 臨床婦人科産科, Vol.64, No.9, 1293-1299, 2010年9月. ...
閲覧 松崎 利也 : 「見過ごしてならない肥満合併症(婦人科,整形外科,呼吸器科,循環器科)」, --- 女性の肥満と月経異常 ---, 第3回日本肥満症治療学会学術集会, (巻), (号), (頁), 2010年9月. ...
閲覧 苛原 稔, 松崎 利也, 桑原 章 : 排卵誘発, 産婦人科の実際 (特集 外来診療マニュアル), Vol.59, No.11, 1850-1855, 2010年10月. ...
閲覧 松崎 利也 : 多嚢胞性卵巣症候群の診断と治療, 第55回日本生殖医学会学術講演会, (巻), (号), (頁), 2010年11月. ...
閲覧 松崎 利也 : 特別講演:排卵障害の診断と治療, 下関産婦人科医会学術集会, (巻), (号), (頁), 2011年5月. ...
閲覧 松崎 利也 : シンポジウム:生殖領域におけるホルモン療法最前線-PCOSにおけるホルモン療法–, 第121回関東連合産科婦人科学会, (巻), (号), (頁), 2011年6月. ...
閲覧 松崎 利也 : 特別講演: 多嚢胞性卵巣症候群患者の排卵誘発におけるメトホルミンの有用性に関する検討, 第64回中国四国産科婦人科学会学術講演会, (巻), (号), (頁), 2011年9月. ...
閲覧 松崎 利也 : ランチョンセミナー:安全性と至便性を兼ね備えた排卵誘発法, 第59回北日本産科婦人科学会学術講演会, (巻), (号), (頁), 2011年9月. ...
閲覧 松崎 利也 : ホルモン療法のすべて「Ⅲ.ホルモン値の評価」, 研修ノート, (巻), No.88, 93-102, 2011年12月. ...
閲覧 松崎 利也 : モーニングセミナー:よくわかる排卵誘発剤の使い方, 第64回日本産科婦人科学会学術講演会, (巻), (号), (頁), 2012年4月. ...
閲覧 岩佐 武, 松崎 利也, 苛原 稔 : シンポジウム: GnIH,キスペプチン/メタスチンによる性腺機能調節, --- 胎生期の低栄養がキスペプチン/メタスチンに及ぼす影響 ---, 第85回日本内分泌学会学術総会, (巻), (号), (頁), 2012年4月. ...
閲覧 松崎 利也, 木内 理世, 中澤 浩志, 苛原 稔 : OHSSを防ぐ排卵誘発, 産科と婦人科, Vol.79, No.7, 875-882, 2012年7月. ...
閲覧 木内 理世, 松崎 利也, 松井 寿美佳, 中澤 浩志, 苛原 稔 : エクルーシス試薬エストラジオールⅢの基礎的および臨床的有用性についての検討, 医学と薬学, Vol.68, No.2, 319-326, 2012年8月. ...
閲覧 松崎 利也 : 特別講演:多囊胞性卵巣症候群の病態に基づく診断と治療, 第126回近畿産科婦人科学会学術集会, (巻), (号), (頁), 2012年10月. ...
閲覧 松崎 利也 : シンポジウム: 中枢と性腺の機能制御に関する最近の話題, --- 胎性期の低栄養が成長後の性機能と視床下部kisspeptinに及ぼす影響 ---, 第57回日本生殖医学会学術講演会, (巻), (号), (頁), 2012年11月. ...
閲覧 松崎 利也 : (題名), (発行所), (都市), 2013年3月. ...
閲覧 松崎 利也 : (題名), メディックメディア, (都市), 2013年3月. ...
閲覧 松崎 利也 : シンポジウム: 多囊胞性卵巣症候群(PCOS)の病因・病態と管理 -インスリン抵抗性を持つ多嚢胞性卵巣症候群患者の診断とメトホルミン療法の適応の検討-, 第65回日本産科婦人科学会学術集会, (巻), (号), (頁), 2013年5月. ...
閲覧 松井 寿美佳, 松崎 利也, 苛原 稔 : 第1章,4.肥満,A.肥満と不妊症・PCOS, 株式会社 金芳堂, (都市), 2013年6月. ...
閲覧 松崎 利也 : シンポジウム: 肥満症の実態と問題 –各診療科の現場から- 肥満を伴う月経異常患者の病態, 第31回日本肥満症治療学会学術集会, (巻), (号), (頁), 2013年6月. ...
閲覧 松崎 利也 : 肥満症の総合的治療ガイド, (発行所), (都市), 2013年6月. ...
閲覧 松崎 利也, 岩佐 武, 苛原 稔 : 新たに開発されたアーキテクト・テストステロンⅡの性能評価と多囊胞性卵巣症候群(PCOS)の診断における有用性の検討, 医学と薬学, Vol.70, No.20, 331-339, 2013年8月. ...
閲覧 松崎 利也 : インスリン抵抗性を持つ多囊胞性卵巣症候群患者の診断とメトホルミン療法の適応の検討, 日本産科婦人科学会雑誌, Vol.65, No.12, 2698-2708, 2013年12月. ...
閲覧 松崎 利也 : クリニカルカンファレンス: –排卵誘発Update- 排卵誘発の現状と将来, 第66回日本産科婦人科学会学術講演会, (巻), (号), (頁), 2014年4月. ...
閲覧 松崎 利也 : PCOSにおけるメトホルミン療法, (発行所), (都市), 2014年7月. ...
閲覧 松崎 利也 : PCOSに対する排卵誘発, 産婦人科臨床懇話会セミナー –不妊治療2014-, (巻), (号), (頁), 2014年8月. ...
閲覧 松崎 利也, 松井 寿美佳, 岩佐 武, 苛原 稔 : 月経不順と女性医療, フジメディカル出版, (都市), 2014年11月. ...
閲覧 岩佐 武, 松崎 利也, 苛原 稔 : 卵巣機能とストレス反応, Hormone Frontier in Gynecology, Vol.21, No.4, 21-25, 2014年12月. ...
閲覧 松崎 利也 : 専攻医教育プログラム: 続発性無月経, 第67回日本産科婦人科学会学術講演会, (巻), (号), (頁), 2015年4月. ...
閲覧 松崎 利也 : 特別講演:多嚢胞性卵巣症候群の代謝異常症的側面, 第35回高知県内分泌代謝研究会, (巻), (号), (頁), 2015年10月. ...
閲覧 (種別) : 岩佐 武, 松崎 利也, 苛原 稔 : ストレスによる生殖機能低下におけるGonadotropin inhibitory hormone (GnIH)の意義, 日本生殖内分泌学会雑誌, Vol.21, (号), 13-15, (発行所), (都市), 2016年(0月). ...
閲覧 (種別) : 岩佐 武, 松崎 利也, 鎌田 周平, 苛原 稔 : 出生前の低栄養が思春期発来前のレプチン値およびレプチン反応性に及ぼす影響, 日本産科婦人科栄養・代謝研究会誌, Vol.22, (号), 19-20, (発行所), (都市), 2016年(0月). ...
閲覧 松崎 利也 : Ⅲ不妊症の原因と転帰 1.原因疾患,卵管因子,子宮因子, 医薬ジャーナル社, (都市), 2016年1月. ...
閲覧 松崎 利也 : Ⅴ不妊症の治療 1.排卵障害,2.多囊胞性卵巣症候群(PCOS)の治療法,3.高プロラクチン血症の治療法,その他, 医薬ジャーナル社, (都市), 2016年1月. ...
閲覧 松崎 利也 : 差分解説:多囊胞性卵巣症候群(PCOS) 治療の必要性, 日本医事新報, (巻), No.4788, (頁), 2016年1月. ...
閲覧 (種別) : 松崎 利也, 岩佐 武, 徳井 貴子, Mayila Yiliyasi, 杉本 光, 苛原 稔 : 電気化学発光免疫測定法(ECLIA法)を用いたプロゲステロン測定キット「エクルーシス試薬プロゲステロンⅢ」の基本性能評価および基準範囲の検討, 医学と薬学, Vol.73, No.3, 323-333, (発行所), (都市), 2016年3月. ...
閲覧 (種別) : 松崎 利也 : 産婦人科処方実践マニュアル 多囊胞性卵巣症候群, 産科と婦人科, Vol.83, (号), 243-247, (発行所), (都市), 2016年3月. ...
閲覧 岩佐 武, 松崎 利也, 苛原 稔 : 中枢性月経異常, 臨床婦人科産科, Vol.70, No.6, 481-485, 2016年6月. ...
閲覧 松崎 利也 : インスリン増感剤, 株式会社 中外医学社, (都市), 2016年11月. ...
閲覧 矢野 清人, 松崎 利也, 苛原 稔 : 卵胞発育異常の病態と治療 多嚢胞性卵巣症候群, 臨床婦人科産科, Vol.70, No.12, 1117-1123, 2016年12月. ...
閲覧 松崎 利也 : インスリン抵抗性改善薬, 薬局, Vol.68, No.2, 70-74, 2017年2月. ...
閲覧 矢野 清人, 松崎 利也, 苛原 稔 : 多嚢胞性卵巣症候群テストステロン, 最新女性医療, (巻), (号), (頁), 2017年2月. ...
閲覧 Toshiya Matsuzaki : Symposium:Exploring pathophysiology and future treatment for human anovulation using rat models, The 3rd World Conference on Kisspeptin, (巻), (号), (頁), Orlando, March 2017. ...
閲覧 松崎 利也 : ランチョンセミナー: 一般不妊治療の多胎を防ぐ, 第69回日本産科婦人科学会学術講演会, (巻), (号), (頁), 2017年4月. ...
閲覧 松崎 利也 : 生涯研修プログラム:多嚢胞性卵巣症候群患者の代謝異常と長期的な管理, --- 多嚢胞性卵巣症候群(polycystic ovary syndrome : PCOS )∼基礎から臨床まで∼ ---, 第69回日本産科婦人科学会学術講演会, (巻), (号), (頁), 2017年4月. ...
閲覧 岩佐 武, 松崎 利也, 矢野 清人, 苛原 稔 : 産婦人科画像診断トレーニング:多嚢胞性卵巣症候群の画像診断とその臨床的意義は?, 臨床婦人科産科, Vol.71, No.4, 199-202, 2017年4月. ...
閲覧 松崎 利也 : 特別講演: 月経周期の異常と不妊治療, 東予産婦人科医会, (巻), (号), (頁), 2017年5月. ...
閲覧 松崎 利也 : 無月経・月経不順, Progestin Insights, (巻), No.4, 10-11, 2017年. ...
閲覧 Toshiya Matsuzaki : Symposium : Manipulating hypothalamus using rat models of anovulation and optimizing ovulation induction in human -Control of HPG axis to improve the fertility in animals and humans-, Fourth World Congress of Reproductive Biology, (巻), (号), (頁), Okinawa, Sep. 2017. ...
閲覧 矢野 清人, 松崎 利也, 柳原 里江, 岩佐 武, 苛原 稔 : 産婦人科外来パーフェクトガイド : いまのトレンドを逃さずチェック!, --- 思春期・月経異常 視床下部・下垂体性無月経. ---, 臨床婦人科産科, Vol.72, No.4, 64-68, 2018年. ...
閲覧 松崎 利也 : ランチョンセミナー:排卵誘発におけるFSH製剤の安全な使い方, 第70回日本産科婦人科学会学術講演会, (巻), (号), (頁), 2018年5月. ...
閲覧 松崎 利也 : 特別講演: 月経不順と患者に対する不妊治療とホルモン療法, 広島県中部地区産婦人科医会学術講演会, (巻), (号), (頁), 2018年6月. ...
閲覧 (種別) : 岩佐 武, 松崎 利也, 矢野 清人, 苛原 稔 : キスペプチン・キスペプチン受容体 (特集 産婦人科関連ホルモンの基礎を学びなおす), 産科と婦人科, Vol.85, No.7, 770-774, 株式会社 診断と治療社, (都市), 2018年7月. ...
閲覧 Tomoko Yoshida, Toshiya Matsuzaki, Mami Miyado, Kazuki Saito, Takeshi Iwasa, Yoichi Matsubara, Tsutomu Ogata, Minoru Irahara and Maki Fukami : 11-oxygenated C19 steroids as circulating androgens in women with polycystic ovary syndrome., Endocrine Journal, Vol.65, No.10, 979-990, 2018. ...
閲覧 松崎 利也 : 特別講演: 一般不妊治療における排卵誘発・卵巣刺激, 第43回不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座, (巻), (号), (頁), 2018年10月. ...
閲覧 松崎 利也 : 各論 Ⅲ.生殖内分泌分野,7.一般不妊治療における排卵誘発, ホルモン療法実践マニュアル 産科婦人科増刊号, Vol.80, (号), 211-215, (年月日). ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

無効な情報 (1件)

閲覧 (種別) : Toshiya Matsuzaki, Altankhuu Tungalagsuvd, Takeshi Iwasa, Munkhsaikhan Munkhzaya, Rie Yanagihara, Takako Tokui, Kiyohito Yano, Yiliyasi Mayila, Takeshi Katou, Akira Kuwahara, Sumika Matsui and Minoru Irahara : Kisspeptin mRNA expression is increased in the posterior hypothalamus in the rat model of polycystic ovary syndrome., Endocrine Journal, Vol.64, No.1, 7-14, (発行所), (都市), Sep. 2016.

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 5, LA = 0.53, Max(EID) = 377754, Max(EOID) = 1010912.