『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

OWN=閲覧 谷 洋江

登録情報の数

有効な情報: 82件 + 無効な情報: 1件 = 全ての情報: 83件

全ての有効な情報 (82件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(4)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(4)
閲覧 閲覧 日本家族看護学会 …(2)
閲覧 (未定義) …(76)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 谷 洋江 : 糖尿病患児の療養行動における主体性に関する研究, 日本糖尿病教育·看護学会誌, Vol.2, No.2, 88-96, 1998年. ...
閲覧 谷 洋江 : 病の子どもと親が癒されるケア, 西日本法規出版, (都市), 2001年12月. ...
閲覧 二宮 恒夫, 谷 洋江 : 児童虐待予防を視点においた乳幼児検診の効果と課題, --- 育児困難家族スクリーニング問診項目回答状況とフォローの現状 ---, 徳島県小児保健協会総会並びに第46回講演会, (巻), (号), (頁), 2002年9月. ...
閲覧 二宮 恒夫, 谷 洋江 : 2卵性双生児の妹の死によりPTSDをきたした患者への箱庭療法の経験, JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.1, No.1, 3-9, 2003年. ...
閲覧 津田 芳見, 谷 洋江, 二宮 恒夫 : 地域保健と医療機関の連携による周産期からの児童虐待予防の試み, 第120回 日本小児科学会徳島地方会, (巻), (号), (頁), 2003年6月. ...
閲覧 谷 洋江, 二宮 恒夫 : 親による子どもの体型認知と希望する体型, 第13回 中国四国小児保健学会, (巻), (号), (頁), 2003年7月. ...
閲覧 二宮 恒夫, 谷 洋江 : 糖尿病治療にコンプライアンス不良を示す神経性大食症例, JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.2, No.1, 37-43, 2004年. ...
閲覧 谷 洋江, 二宮 恒夫, 横田 一郎, 松田 純子, 黒田 𣳾弘 : 摂食障害を合併した乳児期発症1型糖尿病の1例, 第11回 中国四国小児心身症学会, (巻), (号), (頁), 2004年5月. ...
閲覧 二宮 恒夫, 谷 洋江 : 自傷行為例にみるインターネットの影と医療, 第12回 中国四国小児心身症学会, (巻), (号), (頁), 2004年5月. ...
閲覧 二宮 恒夫, 谷 洋江 : 挫折体験場所で再生を図り,良い子への強迫要因に気づいた摂食障害, 第22回 日本小児心身医学会, (巻), (号), (頁), 2004年10月. ...
閲覧 二宮 恒夫, 谷 洋江 : 子育て支援者による虐待(施設内虐待)と対応の問題, 第51回 日本小児保健学会, (巻), (号), (頁), 2004年10月. ...
閲覧 二宮 恒夫, 谷 洋江, 橋本 浩子 : 母親と祖父母との関係性改善による母親の養育不適切の改善, 第13回 中国四国小児心身症学会, (巻), (号), (頁), 2005年5月. ...
閲覧 二宮 恒夫, 谷 洋江, 橋本 浩子 : 休日乳児検診の父親同伴と育児困難スクリーニング項目の関連性, 第14回 中国四国小児保健学会, (巻), (号), (頁), 2005年6月. ...
閲覧 佐原 玉恵, 谷 洋江, 橋本 浩子 : 周産期のおける育児困難家族への地域連携支援の試み(1), --- 育児困難の要因の検討 ---, 家族看護学研究, Vol.11, No.2, 48, 2005年8月. ...
閲覧 谷 洋江, 佐原 玉恵, 橋本 浩子 : 周産期のおける育児困難家族への地域連携支援の試み(2), --- 連携支援状況と課題 ---, 家族看護学研究, Vol.11, No.2, 49, 2005年8月. ...
閲覧 二宮 恒夫, 谷 洋江 : 教育機関へのフィードバックによる虐待対応, 第23回 日本小児心身医学会, (巻), (号), (頁), 2005年9月. ...
閲覧 谷 洋江 : 1型糖尿病女性患者のにおける痩せ願望と摂食態度, 第10回 日本糖尿病教育・看護学会, Vol.9, (号), 148, 2005年9月. ...
閲覧 二宮 恒夫, 谷 洋江 : 教育困難事例に対する産科·周産母子センターからの継続支援体制の現況, 第52回 日本小児保健学会, (巻), (号), (頁), 2005年10月. ...
閲覧 原田 路可, 坂本 理美子, 山田 知子, 船戸 豊子, 二宮 恒夫 : 周産期からの子どもの虐待防止継続支援体制, 子どもの虐待とネグレクト, Vol.8, No.1, 107-113, 2006年. ...
閲覧 二宮 恒夫 : 教育との緊密な連携による軽度発達障害児の他害的観念・行動の修正支援, 第109回日本小児科学会学術集会, (巻), (号), (頁), 2006年4月. ...
閲覧 二宮 恒夫, 谷 洋江, 橋本 浩子 : 学校生活不適応感を抱く子どもへの看護学生の家庭教師的支援, 第14回 中国四国小児心身症学会, (巻), (号), (頁), 2006年5月. ...
閲覧 二宮 恒夫, 谷 洋江, 橋本 浩子, 佐原 玉恵, 岸田 佐智, 松茂保健相談センター保健師 : 休日乳児健診の父親同伴と幼児期に至ったときの母親の育児への思いとの関係, 第15回中国四国小児保健学会, 2006年7月. ...
閲覧 二宮 恒夫, 谷 洋江, 橋本 浩子, 佐原 玉恵, 岸田 佐智 : 休日乳児健診の父親同伴と幼児期に至ったときの母親の育児への思いと関係, 第15回 中国四国小児保健学会, (巻), (号), (頁), 2006年7月. ...
閲覧 二宮 恒夫, 佐原 玉恵, 谷 洋江, 橋本 浩子, 岸田 佐智, 川村 洋子, 原田 路可, 船戸 豊子 : 虐待ハイリスク因子養育者に対する周産母子センターから地域への連携支援の現状, 第38回徳島母性衛生学会, 2006年9月. ...
閲覧 佐原 玉恵, 谷 洋江, 橋本 浩子, 岸田 佐智, 二宮 恒夫, 川村 洋子 : 虐待ハイリスク因子養育者に対する周産母子センターから地域への連携支援の現状, 第38回徳島母性衛生学会, (巻), (号), (頁), 2006年9月. ...
閲覧 橋本 浩子, 谷 洋江, 二宮 恒夫, 佐原 玉恵, 岸田 佐智, 稲井 弘子, 河野 明子 : 虐待予防のための低出生体重児に対する周産期からの継続支援の現状と課題, 徳島県小児保健協会総会並びに第48回講演会, (巻), (号), (頁), 2006年9月. ...
閲覧 二宮 恒夫, 谷 洋江, 橋本 浩子, 佐原 玉恵, 岸田 佐智 : 父親の育児参加を促すための休日乳児健診の10年間の成果と今後, 徳島県小児保健協会総会並びに第48回講演会, (巻), (号), (頁), 2006年9月. ...
閲覧 二宮 恒夫 : 軽度発達障害児の特定生徒への他害的観念など二次障害への対応, 第24回日本小児心身医学会, (巻), (号), (頁), 2006年9月. ...
閲覧 増矢 幸子, 谷川 あゆみ, 橋本 浩子, 谷 洋江 : 1型糖尿病患者における血糖変動要因の理解に関する研究, 第11回 日本糖尿病教育・看護学会, Vol.10, (号), 143, 2006年9月. ...
閲覧 谷 洋江 : 小児思春期発症の糖尿病患者における摂食障害の発症要因, 千葉看護学会会誌, Vol.2, No.2, 88-96, 2006年. ...
閲覧 二宮 恒夫, 谷 洋江, 橋本 浩子, 佐原 玉恵, 岸田 佐智 : 学校生活不適応感を抱く子どもへの看護学生の家庭教師的支援, 小児心身症研究, Vol.14, (号), 45-49, 2006年. ...
閲覧 二宮 恒夫, 谷 洋江, 橋本 浩子, 佐原 玉恵, 岸田 佐智, 川村 洋子, 原田 路可, 船戸 豊子 : 周産母子センターからハイリスク因子養育者として地域と連携した事例の経過, 日本子ども虐待防止学会第12回学術集会みやぎ大会, 2006年12月. ...
閲覧 川村 洋子, 橋本 浩子, 佐原 玉恵, 谷 洋江, 岸田 佐智, 二宮 恒夫 : ハイリスク因子養育者の周産期母子センターからの退院後の病院における継続支援と課題, 日本子ども虐待防止学会第12回学術集会・抄録集, (巻), (号), 37, 2006年12月. ...
閲覧 橋本 浩子, 谷 洋江, 佐原 玉恵, 岸田 佐智, 二宮 恒夫, 川村 洋子 : 低出生体重児に対する地域での虐待予防の視点による継続支援の現状, 日本子ども虐待防止学会第12回学術集会・抄録集, (巻), (号), 42, 2006年12月. ...
閲覧 谷 洋江, 橋本 浩子, 佐原 玉恵, 岸田 佐智, 二宮 恒夫, 川村 洋子 : 周産母子センターからハイリスク因子養育者として地域と連携した事例の経過, 日本子ども虐待防止学会第12回学術集会・抄録集, (巻), (号), 42, 2006年12月. ...
閲覧 二宮 恒夫 : 児童虐待のアプローチ, 株式会社 中外医学社, 東京, 2007年4月. ...
閲覧 二宮 恒夫 : 目のイラストに表現される感情から推測される心の問題の対人関係性, 第110回日本小児科学会学術集会, (巻), (号), (頁), 2007年4月. ...
閲覧 二宮 恒夫, 谷 洋江, 橋本 浩子, 佐原 玉恵, 岸田 佐智 : 目のイラストを利用した簡易対人関係テスト, 第15回 中国四国小児心身症学会, (巻), (号), (頁), 2007年5月. ...
閲覧 二宮 恒夫, 谷 洋江, 橋本 浩子, 佐原 玉恵, 岸田 佐智 : 休日乳児健診に対する両親のアンケート結果と課題, 第16回 中国四国小児保健学会, (巻), (号), (頁), 2007年6月. ...
閲覧 松本 宙, 谷 洋江 : 小児1型糖尿病患児におけるインスリン注射部位拡大を促す看護援助の検討, 第12回 日本糖尿病教育・看護学会, Vol.11, (号), 228, 2007年9月. ...
閲覧 橋本 浩子, 谷 洋江, 二宮 恒夫, 佐原 玉恵, 岸田 佐智 : 休日乳児健診に対する両親へのアンケート結果, 徳島県小児保健協会総会並びに第49回講演会, (巻), (号), (頁), 2007年9月. ...
閲覧 橋本 浩子, 谷 洋江, 二宮 恒夫 : 休日健診における父親同伴の有無による育児認識, 第54回 日本小児保健学会, (巻), (号), (頁), 2007年9月. ...
閲覧 二宮 恒夫, 谷 洋江, 橋本 浩子, 佐原 玉恵, 岸田 佐智 : 目のイラストを利用した簡易対人関係性テスト, 小児心身症研究, Vol.15, (号), 55-59, 2007年. ...
閲覧 谷 洋江, 橋本 浩子, 佐原 玉恵, 二宮 恒夫, 岸田 佐智, 川村 洋子, 船戸 豊子, 桑内 敬子 : 子育て要支援家族における医療機関と地域との連携支援の向上, 日本子ども虐待防止学会第13回学術集会・抄録集, (巻), (号), 121, 2007年12月. ...
閲覧 二宮 恒夫 : 周囲の心理的後遺症への無理解による治療の困難性, 日本子ども虐待防止学会第13回学術集会, (巻), (号), (頁), 2007年12月. ...
閲覧 谷 洋江, 橋本 浩子, 二宮 恒夫, 佐原 玉恵, 岸田 佐智, 川村 洋子 : 徳島大学病院における周産期からの子どもの虐待予防活動の現状と課題, 第236回徳島医学会学術集会, (巻), (号), (頁), 2008年2月. ...
閲覧 二宮 恒夫 : 身体化障害, 厚生労働省雇用均等・児童家庭局, 東京, 2008年3月. ...
閲覧 二宮 恒夫, 谷 洋江, 橋本 浩子, 芝﨑 恵, 岸田 佐智 : 目のイラストに対する感情表現の個別性, 第16回日本小児心身医学会中国四国地方会, 2008年5月. ...
閲覧 二宮 恒夫, 谷 洋江, 橋本 浩子, 芝﨑 恵, 岸田 佐智, 古川 薫, 船戸 豊子, 桑内 敬子 : 子どもの虐待予防のための周産期からの連携支援事例の経過, 第131回日本小児科学会徳島地方会, 2008年12月. ...
閲覧 二宮 恒夫, 谷 洋江, 橋本 浩子, 芝﨑 恵, 岸田 佐智 : リジリエンスの視点からの事例検討により,社会適応への心理支援を考える, 日本子ども虐待防止学会第14回学術集会ひろしま大会, 2008年12月. ...
閲覧 二宮 恒夫, 谷 洋江, 橋本 浩子, 芝﨑 恵, 岸田 佐智 : 目のイラストに対する感情表現の個別性, 小児心身症研究, No.16, 53-58, 2009年. ...
閲覧 二宮 恒夫, 谷 洋江, 橋本 浩子, 芝﨑 恵, 岸田 佐智 : 目のイラストに対する感情を表現できない不登校児, 第17回日本小児心身医学会中国四国地方会, 2009年5月. ...
閲覧 古川 薫, 二宮 恒夫, 谷 洋江, 橋本 浩子, 芝﨑 恵, 岸田 佐智, 船戸 豊子, 桑内 敬子 : 子ども虐待の院内・院外連携支援の現状, 第132回日本小児科学会徳島地方会, 2009年6月. ...
閲覧 古川 薫, 二宮 恒夫, 谷 洋江, 橋本 浩子, 芝﨑 恵, 岸田 佐智 : 周産期からの子どもの虐待一次予防のための連携要因項目の検討, 日本子ども虐待防止学会第15回学術集会埼玉大会, 2009年11月. ...
閲覧 二宮 恒夫, 谷 洋江, 橋本 浩子, 芝﨑 恵, 岸田 佐智, 桑内 敬子, 多田 朋資 : 慢性疾患を有する子どものメディカルネグレクト疑い事例-子どもの虐待一次予防定例検討会より-, 第133回日本小児科学会徳島地方会, 2009年12月. ...
閲覧 二宮 恒夫, 谷 洋江, 橋本 浩子, 芝﨑 恵, 岸田 佐智 : 大学生のうつ病認知スケール結果と心理支援教育体制の必要性, 第18回日本小児心身医学会中国四国地方会, 2010年5月. ...
閲覧 工藤 友紀, 榎本 葵, 谷 洋江, 橋本 浩子, 二宮 恒夫, 香美 祥二 : 1型糖尿病患児の学校での療養行動における現状と課題, 第57回日本小児保健学会, (巻), (号), 187, 2010年9月. ...
閲覧 谷 洋江 : 摂食障害のリスクがある1型糖尿病をもつ思春期女性への支援, 日本糖尿病教育・看護学会, Vol.14, (号), 122, 2010年10月. ...
閲覧 二宮 恒夫, 芝﨑 恵, 谷 洋江, 橋本 浩子, 郷木 義子, 廣原 紀恵, 板東 孝枝, 奥田 紀久子, 岸田 佐智 : 高校生の授業参加と理解度,授業評価, 平成22年度全学FD大学教育カンファレンスin徳島.2011.1.21., 2011年1月. ...
閲覧 佐原 玉恵, 鈴井 江三子, 下屋 浩一郎, 前田 和寿, 谷 洋江 : 助産師による糖代謝異常妊婦への保健指導内容の検討, 糖尿病と妊娠, Vol.11, No.1, 127-133, 2011年. ...
閲覧 谷 洋江 : 摂食障害のリスクがある1型糖尿病をもつ思春期女性への支援, 日本糖尿病教育・看護学会誌, Vol.14, 144, 2011年9月. ...
閲覧 二宮 恒夫, 谷 洋江, 橋本 浩子, 岸田 佐智, 今村 麻依子 : 養育者の認知・感情・行動による養育行動の客観的評価と支援ポイントの明確化, 日本子ども虐待防止学会第17回学術集会いばらき大会, 2011年12月. ...
閲覧 谷 洋江, 橋本 浩子 : 糖尿病をもつ子どもの摂食障害予防に向けた看護, 小児看護, Vol.35, No.2, 185-191, 2012年2月. ...
閲覧 谷 洋江, 橋本 浩子 : 小児看護学実習におけるかご学生と看護師との合同カンファレンス導入による学生の学びと課題, 日本小児看護学会第22回学術集会, (巻), (号), 179, 2012年7月. ...
閲覧 谷 洋江, 中村 伸枝, 佐藤 奈保 : 摂食障害のリスクがある1型糖尿病をもつ思春期女性における摂食態度と影響要因にも基づく類型化による看護援助の検討, 千葉看護学会会誌, Vol.18, No.1, 61-68, 2012年. ...
閲覧 奥田 紀久子, 谷 洋江, 廣原 紀恵, 宮﨑 久美子, 郷木 律子, 梶原 京子 : 家族の喫煙が小中学生のたばこに関する知識および意識に及ぼす影響, 第31回日本思春期学会, (巻), (号), 112, 2012年9月. ...
閲覧 長谷 奈生己, 近藤 佐地子, 鈴木 察子, 平岡 峰子, 木田 菊恵, 片岡 三佳, 谷 洋江, 藤井 智惠子, 松下 恭子 : 対人援助向上プログラムの開発に向けたインシデント事例の検討, --- コミュニケーション要因に着目して ---, 第43回日本看護学会論文集 -看護管理-, (巻), (号), (頁), 2012年12月. ...
閲覧 谷 洋江, 橋本 浩子, 奥田 紀久子, 岩佐 幸恵 : 1型糖尿病をもつ思春期女性における摂食態度に関連する認知や行動と影響要因の特徴, インターナショナルNursing Care Research, Vol.12, No.2, 25-33, 2013年. ...
閲覧 中村 伸枝, 出野 慶子, 金丸 友, 谷 洋江 : 1型糖尿病をもつ10代の糖尿病セルフケアとサポート 学位論文の質的データの再分析, 日本糖尿病教育・看護学会誌, Vol.17, (号), 194, 2013年8月. ...
閲覧 谷 洋江, 佐原 玉恵 : ファミリーサポートセンター会員講習会「身体の発育と病気」に関する受講者のニーズ, 日本家族看護学会学術集会プログラム・抄録集 21回, 165, 2014年8月. ...
閲覧 加根 千賀子, 近藤 佐地子, 長谷 奈生己, 平岡 峰子, 木田 菊恵, 谷 洋江, 松下 恭子, 片岡 三佳 : 問題解決能力向上に着目した教育プログラムの効果に関する一考察, 日本看護研究学会雑誌, Vol.37, No.3, 183, 2014年8月. ...
閲覧 中村 伸枝, 金丸 友, 出野 慶子, 谷 洋江 : 1型糖尿病をもつ10代の小児/青年の糖尿病セルフケアの枠組みの構築, 千葉看護学会会誌, Vol.20, No.2, 1-10, 2015年. ...
閲覧 片岡 三佳, 谷 洋江, 松下 恭子, 藤井 智恵子, 加根 千賀子, 長谷 奈生己, 平岡 峰子, 近藤 佐地子, 木田 菊恵 : インシデント事例におけるコミュニケーションエラーに着目した研修プログラムの検討 『思い込み』に焦点をあてて, 日本看護学会論文集: 看護教育, Vol.45, 194-197, 2015年. ...
閲覧 Hiroko Hashimoto, Hiroe Tani, Tsuneo Ninomiya and Kenji Mori : The relationship between parents with a history of childhood problems and incidence of consequent child abuse., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.63, No.3-4, 209-215, 2016. ...
閲覧 中村 伸枝, 金丸 友, 仲井 あや, 谷 洋江, 出野 慶子 : 1型糖尿病をもつ小児のインスリンポンプの装着における工夫, 千葉大学大学院看護学研究科紀要, Vol.38, 31-37, 2016年. ...
閲覧 Tsuneo Ninomiya, Hiroe Tani and Hiroko Hashimoto : Statistical examination of adverse childhood experiences at family in order to improve engagement in the primary prevention of child abuse, 21st ISPCAN International Congress on Child Abuse and Neglect, (都市), Aug. 2016. ...
閲覧 谷 洋江, 増矢 幸子, 髙橋 久美, 橋本 浩子, 森 健治, 二宮 恒夫 : 妊婦へのDVの実態と地域連携支援, 小児保健とくしま, Vol.24, 5-8, 2016年. ...
閲覧 橋本 浩子, 谷 洋江 : 小児がんの子どもの親が自ら収集した情報とその活用に関する文献検討, インターナショナルNursing Care Research, Vol.15, No.3, 81-89, 2016年. ...
閲覧 富永 早百合, 谷 洋江, 奥田 紀久子 : 子どもの心の問題解決に向けたスクールソーシャルワーカーとの協働における養護教諭の役割, 日本養護教諭教育学会第24回学術集会, 2016年10月. ...
閲覧 谷 洋江, 増矢 幸子, 髙橋 久美, 橋本 浩子, 二宮 恒夫 : 妊婦へのパートナーからのDVの実態とスクリーニング方法の検討, 日本子ども虐待防止学会第22回学術集会, 2016年11月. ...
閲覧 Tsuneo Ninomiya, Hiroko Hashimoto, Hiroe Tani and Kenji Mori : Effects of primary prevention of child abuse that begins during pregnancy and immediately after childbirth., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.64, No.1.2, 153-159, 2017. ...
閲覧 中村 伸枝, 金丸 友, 仲井 あや, 谷 洋江, 出野 慶子, 髙橋 弥生 : インスリンポンプ療法を行う1型糖尿病小児・青年の皮膚トラブルの頻度と要因, 千葉大学大学院看護学研究科紀要, Vol.39, 65-69, 2017年. ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

無効な情報 (1件)

閲覧 二宮 恒夫, 橋本 浩子, 森 健治, 谷 洋江 : 子どもの時の家庭環境が"落ち着けなかった"養育者の子育てに関する検討 (特集 第21回学術集会(にいがた大会)), 子どもの虐待とネグレクト = Japanese journal of child abuse and neglect : 日本子ども虐待防止学会学術雑誌, Vol.18, No.2, 242-246, 2016年8月.

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 0.36, Max(EID) = 406931, Max(EOID) = 1103055.