『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

OWN=閲覧 市原 多香子

登録情報の数

有効な情報: 0件 + 無効な情報: 27件 = 全ての情報: 27件

全ての有効な情報 (0件)
  (見出し語句検索:)

抽出結果のリスト

0件の情報を発見しました.

(なし)

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

無効な情報 (27件)

閲覧 市原 多香子, 田村 綾子 : 日本版STAIによる手術患者の不安の検討, 徳島大学医療技術短期大学部紀要, Vol.4, (号), 117-123, 1994年.
閲覧 市原多香子 (名), 田村綾子 (名), 南妙子 (名) : 植物症患者の看護, --- 植物状態患者を見るということ ---, 看護技術, Vol.42, No.3, 338-343, 1996年3月.
閲覧 市原多香子 (名), 田村綾子 (名), 南妙子 (名), 高橋由紀 (名), 松田佳子 (名) : 成人臨床実習前後の看護学生の精神障害に対する態度の変化, 徳島大学医療技術短期大学部紀要, Vol.5, (号), 91-97, 1996年.
閲覧 近藤裕子 (名), 生野繁子 (名), 栄玲子 (名), 田村綾子 (名), 市原多香子 (名) : 看護大学生と短大生の卒業直前における自己効力感の比較, The Journal of Nursing Investigation, Vol.1, No.1, 61-65, 2003年.
閲覧 田村綾子 (名), 森本忠興 (名), 近藤裕子 (名), 市原多香子 (名), 桑村由美 (名) : 乳癌縮小手術を受けた患者の術後回復過程に影響する研究(1), --- 肩関節可動域の回復遅延に関わる要因の分析 ---, The Journal of Nursing Investigation, Vol.1, No.1, 19-25, 2003年.
閲覧 (種別) : (著者) : (題名), (誌名), (巻), (号), (頁), (発行所), (都市), (年月日).
閲覧 市原 多香子 : 脳梗塞患者の看護, 株式会社 メディカ出版, 大坂, 2005年7月.
閲覧 市原 多香子 : 必ず役立つ脳血管障害の看護技術, 株式会社 メディカ出版, 大阪, 2006年2月.
閲覧 Ichihara Takako, Tamura Ayako, Kataoka Tyyoshi, Morimoto Tadaoki, Minagawa Takako and Kuwamura Yumi : Accuracy of tissue thickness of the rectus femoris region as measured by ultrasound, JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.4, No.2, 79-86, 2006.
閲覧 (著者) : (題名), (誌名), (巻), (号), (頁), 2006.
閲覧 Takako Ichihara, Ayako Tamura, Kataoka Tuyoshi, Tadaoki Morimoto, Takako Minagawa and Yumi Kuwamura : Accuracy of thickness of the rectus femoris region as measured by ultrasound, JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.4, No.2, 10-15, 2006.
閲覧 市原 多香子 : チャートでわかる・ ツールが使いこなせる 脳神経疾患看護のアセスメントマスターブック, 株式会社 メディカ出版, 大阪, 2007年2月.
閲覧 市原 多香子, 田村 綾子, 南川 貴子, 桑村 由美 : 急性期におけるADL向上のケアの目的, Brain Nursing, Vol.24, No.8, 746-750, 2008年8月.
閲覧 市原 多香子, 南川 貴子, 桑村 由美, 田村 綾子 : ADLや運動機能に関連する脳神経疾患患者に必要な評価, Brain Nursing, Vol.24, No.8, 751-762, 2008年8月.
閲覧 田村 綾子, 市原 多香子, 南川 貴子, 桑村 由美 : 急性期におけるADL向上ケアの目的, Brain Nursing, Vol.24, No.8, 746-750, 2008年8月.
閲覧 田村 綾子, 市原 多香子, 南川 貴子 : 半側の運動麻痺がありつかめない,歩けない,寝返りができない,手が上げられない,足が上げられない,バランスがとれない, メディカ出版, 大阪, 2009年8月.
閲覧 市原 多香子, 南川 貴子, 桑村 由美, 田村 綾子 : 片麻痺擬似体験後のレポート分析からみた看護学生の学び, 日本脳神経看護研究学会誌, Vol.32, No.2, 145-149, 2010年.
閲覧 市原 多香子, 南川 貴子, 桑村 由美, 田村 綾子 : 急性期のベッドサイドでよく使われるアセスメントツールの使い方, Brain Nursing, Vol.9, No.26, 14-23, 2010年9月.
閲覧 (種別) : 中本 真理子, 酒井 徹, 首藤 恵泉, 安藝 菜奈子, 小杉 知里, 秦 明子, 篠田 香織, 桑村 由美, 南川 貴子, 市原 多香子, 田村 綾子, 船木 真理 : 勤労者の夕食終了から就寝時間までの間隔と健康状態との関係, 日本栄養・食糧学会誌, Vol.66, No.4, 185-193, 公益社団法人 日本栄養・食糧学会, (都市), 2013年(0月).
閲覧 (種別) : 中本 真理子, 酒井 徹, 首藤 恵泉, 安藝 菜奈子, 小杉 知里, 秦 明子, 篠田 香織, 桑村 由美, 南川 貴子, 市原 多香子, 田村 綾子, 船木 真理 : 勤労者の夕食終了から就寝時間までの間隔と健康状態との関係, 日本栄養・食糧学会誌, Vol.66, No.4, 185-193, 公益社団法人 日本栄養・食糧学会, (都市), 2013年6月.
閲覧 (種別) : Mariko Nakamoto, Tohru Sakai, Emi Shuto, Toshio Hosaka, Nanako Kataoka, Chisato Kosugi, Akiko Hata, Kaori Shinoda, Yumi Kuwamura, Takako Minagawa, 市原 多香子, Ayako Tamura, Makoto Funaki, 中本 真理子, 酒井 徹, 首藤 恵泉, 保坂 利男, 片岡 菜奈子, 小杉 知里, 秦 明子, 篠田 香織, 桑村 由美, 南川 貴子, 市原 多香子, 田村 綾子, 船木 真理 : 食物摂取および生活習慣とアレルギー疾患との関連について, Journal of Rehabilitation and Health Sciences, Vol.11, (号), 5, 大阪府立大学総合リハビリテーション学研究科, (都市), 2013年12月.
閲覧 (種別) : Mariko Nakamoto, Tohru Sakai, Emi Shuto, Toshio Hosaka, Nanako Kataoka, Chisato Kosugi, Akiko Hata, Kaori Shinoda, Yumi Kuwamura, Takako Minagawa, 市原 多香子, Ayako Tamura, Makoto Funaki, 中本 真理子, 酒井 徹, 首藤 恵泉, 保坂 利男, 片岡 菜奈子, 小杉 知里, 秦 明子, 篠田 香織, 桑村 由美, 南川 貴子, 市原 多香子, 田村 綾子, 船木 真理 : 食物摂取および生活習慣とアレルギー疾患との関連について, Journal of Rehabilitation and Health Sciences, Vol.11, (号), 5, 大阪府立大学総合リハビリテーション学研究科, (都市), 2013年12月.
閲覧 南 妙子, 田村 綾子, 市原 多香子 : 看護学生のリスク感性測定尺度の信頼性・妥当性の検討, 第2回日本ニューロサイエンス看護学会学術集会, 5, 2014年7月.
閲覧 市原 多香子, 田村 綾子, 南川 貴子, 日坂 ゆかり, 西村 美穂, 秦 明子, 船木 真理 : 縦断調査による勤労男性における移動に伴う身体活動とメタボリックシンドロームの関連, 日本糖尿病教育・看護学会誌, Vol.19, No.sep, 200, 2015年9月.
閲覧 (種別) : (著者) : (題名), (誌名), (巻), (号), (頁), (発行所), (都市), (年月日).
閲覧 (種別) : (著者) : (題名), (誌名), (巻), (号), (頁), (発行所), (都市), (年月日).
閲覧 (種別) : 中本 真理子, 酒井 徹, 首藤 恵泉, 安藝 菜奈子, 小杉 知里, 秦 明子, 篠田 香織, 桑村 由美, 南川 貴子, 市原 多香子, 田村 綾子, 船木 真理 : 勤労者の夕食終了から就寝時間までの間隔と健康状態との関係, 日本栄養・食糧学会誌, Vol.66, No.4, 185-193, (発行所), (都市), (年月日).

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 0.90, Max(EID) = 373348, Max(EOID) = 998911.