『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

OWN=閲覧 清水 一郎

登録情報の数

有効な情報: 0件 + 無効な情報: 10件 = 全ての情報: 10件

全ての有効な情報 (0件)
  (見出し語句検索:)

抽出結果のリスト

0件の情報を発見しました.

(なし)

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

無効な情報 (10件)

閲覧 Ichiro Shimizu, Masumi Ono and Seiichiro Kishi : Post-prandial release of neurotensin- like immunoreactivity and its mechanism, Gastroenterol Jpn, Vol.19, No.6, 543-549, 1984.
閲覧 Ichiro Shimizu, Seiichiro Kishi and Masumi Ono : Post-prandial release of neurotensin- like immunoreactivity and its mechanism., Gastroenterol Jpn, Vol.19, No.6, 543-549, 1984.
閲覧 Ichiro Shimizu, Seiichiro Kishi and Masumi Ono : Post-prandial release of neurotensin- like immunoreactivity and its mechanism., Gastroenterol Jpn, Vol.19, No.6, 543-549, 1984.
閲覧 Y Mizobuchi, I Shimizu, M Yasuda, H Hori, M Shono and S Ito : Retinyl palmitate reduces hepatic fibrosis in rats induced by dimethylnitrosamine or pig serum., J Hepatol, Vol.29, No.6, 933-943., 1998.
閲覧 I Shimizu, Y-R Ma, Y Mizobuchi, F Liu, T Miura, Y Nakai, M Yasuda, M Shiba, T Horie, S Amagaya, N Kawada, H Hori and S Ito : Effects of Sho-saiko-to, a Japanese herbal medicine, on hepatic fibrosis in rats [see comments]., Hepatology, Vol.29, No.1, 149-160, 1999.
閲覧 Mitugi Yasuda, Ichiro Shimizu, Masako Shiba and Susumu Ito : Suppressive effects of estradiol on dimethylnitrosamine-induced fibrosis of the liver in rats [see comments]., Hepatology, Vol.29, No.3, 719-727, 1999.
閲覧 清水 一郎, 面家 敏宏, 劉 炎, Zhou Yajun, 豊田 敬生, 稲山 久美, 日下 至弘, 柴田 啓志, 本田 浩仁, 野村 昌弘, 伊東 進 : 女性ホルモン・エストラジオールの抗酸化作用と肝線維化抑制作用, メジカルセンス, 東京, 2000年(0月).
閲覧 X Cui, I Shimizu, G Lu, M Itonaga, H Inoue, M Shono, K Tamaki, H Fukuno, H Ueno and S Ito : Inhibitory effect of a soluble transforming growth factor β type II receptor on the activation of rat hepatic stellate cells in primary culture [see comments]., J Hepatol, Vol.39, No.5, 731-737, 2003.
閲覧 G Lu, I Shimizu, X Cui, M Itonaga, K Tamaki, H Fukuno, H Inoue, H Honda and S Ito : Antioxidant and antiapoptotic activities of idoxifene and estradiol in hepatic fibrosis in rats., Life Sciences, Vol.74, No.7, 897-907, 2004.
閲覧 X Cheng, Ichiro Shimizu, Y Yuan, M Wei, Shen M, H Huang, M Urata, K Sannomiya, H Fukuno, T Hashimoto-Tamaoki and Susumu Ito : Effects of estradiol and progesterone on tumor necrosis factor alpha-induced apoptosis in human hepatoma HuH-7 cells, Life Sciences, Vol.79, No.21, 1988-1994, 2006.

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 1.05, Max(EID) = 405170, Max(EOID) = 1098671.