『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

OWN=閲覧 卲 文華 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.先端基礎医学教育研究プロジェクト]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.病理系.分子病理学])

登録情報の数

有効な情報: 11件 + 無効な情報: 14件 = 全ての情報: 25件

全ての有効な情報 (11件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 (未定義) …(11)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 Chunbo Xia, Lin Zhu, Wenhua Shao, Sisi Mi, Sen Du, Lin Ye, Manjun Liu, YongJun Pang, Linlin Nong, Changwen Jiang, Hailu Zhao and Guangying Qi : The Effect of Hippocampal Cognitive Impairment and XIAP on Glucose and Lipids Metabolism in Rats., Cellular Physiology and Biochemistry, Vol.38, No.2, 609-618, 2016. ...
閲覧 Guangying Qi, Jian Chen, Changrong Shi, Yukun Wang, Sisi Mi, Wenhua Shao, Xiangyuan Yu, Yili Ma, Jiapu Ling and Jian Huang : Cinnamic Acid (CINN) Induces Apoptosis and Proliferation in Human Nasopharyngeal Carcinoma Cells., Cellular Physiology and Biochemistry, Vol.40, No.3-4, 589-596, 2016. ...
閲覧 Haipeng Wang, Shengjian Jin, Huiling Lu, Sisi Mi, Wenhua Shao, Xiaoxv Zuo, Huangyi Yin, Sien Zeng, Fumio Shimamoto and Guangying Qi : Expression of survivin, MUC2 and MUC5 in colorectal cancer and their association with clinicopathological characteristics., Oncology Letters, Vol.14, No.1, 1011-1016, 2017. ...
閲覧 Yaping Ren, Wenhua Shao, Lijun Zuo, Wei Zhao, Haizhang Qin, Yingjie Hua, Dejie Lu, Chao Mi, Sien Zeng and Liao Zu : Mechanism of cadmium poisoning on testicular injury in mice., Oncology Letters, Vol.18, No.2, 1035-1042, 2019. ...
閲覧 Wenhua Shao, Yuan Jin, Sisi Mi, Guangying Qi and Sien Zeng : The research of HCG in the proliferation , invasion and metastasis of colorectal carcinoma, 第38回分子病理研究会, July 2019. ...
閲覧 Wenhua Shao, Umeda Masaaki, Takaaki Tsunematsu, Kisoda Satoru and Naozumi Ishimaru : Novel periostin inform promotes invasion and metastasis in head and neck squamous cell carcinoma., 第109回 日本病理学会総会, July 2020. ...
閲覧 Wenhua Shao, Yasuhiro Mouri and Yasusei Kudo : The role of Fat1 gene mutation in maxillofacial dysplasia, 第111回 日本病理学会総会, April 2022. ...
閲覧 Wenhua Shao, Yasuhiro Mouri and Yasusei Kudo : 額顔面形成におけるFat1の役割, 第64回歯科基礎医学会学術大会, Sep. 2022. ...
閲覧 Wenhua Shao, Yasuhiro Mouri and Yasusei Kudo : The novel function Fat1 in maxillofacial development, 第45回日本分子生物学会年会, Nov. 2022. ...
閲覧 卲 文華, 毛利 安宏, 尾矢 剛志, 工藤 保誠 : The novel function of Fat1 gene mutation in the development of maxillofacial anomalies, 第129回日本解剖学会総会・全国学術集会, 2024年3月. ...
閲覧 Wenhua Shao : 徳島での私の生活, 第113回日本病理学会総会, March 2024. ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

無効な情報 (14件)

閲覧 Guangying Qi, Jing Liu, Sisi Mi, Takaaki Tsunematsu, Shengjian Jin, Wenhua Shao, Tian Liu, Naozumi Ishimaru, Bo Tang and Yasusei Kudo : Aurora Kinase Inhibitors In Head And Neck Cancer., Current Topics in Medicinal Chemistry, Vol.18, No.3, 199-213, Jan. 2018.
閲覧 Tian Liu, Jing Liu, Qiuyue Chen, Shengjian Jin, Sisi Mi, Wenhua Shao, Yasusei Kudo, Sien Zeng and Guangying Qi : Expression of USP22 and the chromosomal passenger complex is an indicator of malignant progression in oral squamous cell carcinoma., Oncology Letters, Vol.17, No.2, 2040-2046, 2018.
閲覧 木曽田 暁, 卲 文華, 牛尾 綾, 佐藤 真美, 新垣 理恵子, 石丸 直澄, 工藤 保誠 : 口腔癌におけるpartial-EMTに関する遺伝子の悪性度への関与, 第38回分子病理研究会, 2019年7月.
閲覧 Kunihiro Otsuka, Akiko Yamada, Masako Saito, Aya Ushio, Mami Sato, Satoru Kisoda, Wenhua Shao, Takaaki Tsunematsu, Yasusei Kudo, Rieko Arakaki and Naozumi Ishimaru : Ascl2-Regulated Follicular Helper T Cells Promote Autoimmunity in a Murine Model for Sjögren's Syndrome., The American Journal of Pathology, (巻), (号), (頁), 2019.
閲覧 木曽田 暁, 卲 文華, 常松 貴明, 石丸 直澄, 工藤 保誠 : 口腔癌におけるpartial-EMTに関連する遺伝子の悪性度への関与, 第78回日本癌学会学術総会, 2019年9月.
閲覧 Satoru Kisoda, Wenhua Shao, Natsumi Fujiwara, Yasuhiro Mouri, Takaaki Tsunematsu, Shengjian Jin, Rieko Arakaki, Naozumi Ishimaru and Yasusei Kudo : Prognostic value of partial EMT-related genes in head and neck squamous cell carcinoma by a bioinformatic analysis., Oral Diseases, (巻), (号), (頁), 2020.
閲覧 Hidesuke Tada, Wenhua Shao, Naozumi Ishimaru and Yasusei Kudo : The life in Japan and status of private dental office at the times of COVID-19., Oral Diseases, Vol.27 Suppl 3, (号), 727-729, 2020.
閲覧 木曽田 暁, 卲 文華, Jin Shengjian, 常松 貴明, 石丸 直澄, 工藤 保誠 : 頭頸部扁平上皮癌の予後を予測する新規システムの構築, 第79回日本癌学会学術総会, 2020年10月.
閲覧 山村 佳子, 工藤 保誠, 毛利 安宏, 卲 文華, 横田 美保, 宮本 洋二 : 腺房細胞の再生に関わる遺伝子ネットワークの同定, 第75回日本口腔科学会学術集会, 2021年5月.
閲覧 Wenhua Shao, Natsumi Fujiwara, Yasuhiro Mouri, Satoru Kisoda, Kayo Yoshida, Kaya Yoshida, Hiromichi Yumoto, Kazumi Ozaki, Naozumi Ishimaru and Yasusei Kudo : Conversion from epithelial to partial-EMT phenotype by Fusobacterium nucleatum infection promotes invasion of oral cancer cells., Scientific Reports, Vol.11, No.1, 14943, 2021.
閲覧 大塚 邦紘, 山田 安希子, 齋藤 雅子, 牛尾 綾, 佐藤 真美, 木曽田 暁, 卲 文華, 常松 貴明, 工藤 保誠, 新垣 理恵子, 石丸 直澄 : Achaete-Scute Homologue 2-Regulated Follicular Helper T Cells Promote Autoimmunity in a Murine Model for Sjögren Syndrome., 第32回日本臨床口腔病理学会 奨励賞(実験病理分野), 2021年8月.
閲覧 木曽田 暁, 卲 文華, 金 晟劍, 毛利 安宏, 工藤 保誠 : クロスプラットフォーム正規化と機械学習を利用した頭頚部扁平上皮癌の予後予測モデルの構築, 第80回日本癌学会学術総会, 2021年10月.
閲覧 Wenhua Shao, Natsumi Fujiwara, Yasuhiro Mouri and Yasusei Kudo : フソバクテリウム・ヌクレアタム感染による上皮性からp-EMT表現型への変換は,口腔癌細胞の浸潤を促進する,, 第44回日本分子生物学会年会, Dec. 2021.
閲覧 大本 美奈, 寺島 実遥, 三宅 夏穂, 森内 快郁, 卲 文華, 毛利 安宏, 工藤 保誠 : 阻害剤スクリーニングによる多能性制御因子の同定, 第64回歯科基礎医学会学術大会, 2022年9月.

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 0.31, Max(EID) = 407829, Max(EOID) = 1104850.