『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

OWN=閲覧 福島 圭穣 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.先端薬学教育研究プロジェクト]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.生命薬学系.生命薬理学])

登録情報の数

有効な情報: 19件 + 無効な情報: 2件 = 全ての情報: 21件

全ての有効な情報 (19件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 (未定義) …(19)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 Seira Naofumi, Hiromichi Fujino, Otake Sho, Regan W. John, Takahashi Hiroki and Murayama Toshihiko : EP4 prostanoid receptor expression by HIF-1a in human colon cancer HCA-7 cell line., 2nd World Congress of Cancer Research & Therapy, (都市), Oct. 2017. ...
閲覧 Araki Yumi, Suganami Akiko, Endo Suzu, Masuda Yuta, Keijo Fukushima, Regan W. John, Murayama Toshihiko, Tamura Yutaka and Hiromichi Fujino : PGE1 and E3 show lower efficacies than E2 to -catenin-mediated activity as biased ligands of EP4 prostanoid receptors., FEBS Letters, Vol.591, No.22, 3771-3780, 2017. ...
閲覧 荒木 祐美, 菅波 晃子, 遠藤 すず, 水口 博之, 福島 圭穣, W John REGAN, 村山 俊彦, 田村 裕, 藤野 裕道 : PGE1とPGE3のバイアス性と癌抑制機構の解明, 第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2017年10月. ...
閲覧 福島 圭穣, 市川 和哉, 上野 崇宏, 稲垣 孝行, 宮川 泰宏, 千﨑 康司, 藤野 裕道, 山田 清文 : 関節リウマチ治療薬を対象とした有害事象自発報告データベースFAERSを用いた感染症リスクの比較, 第256回徳島医学会学術集会, 2018年2月. ...
閲覧 渡嘉敷 夏海, 倉田 直希, 三竿 顕也, 荒木 祐美, 清良 尚史, 山際 菜月, 杉山 学, 福島 圭穣, W John REGAN, 村山 俊彦, 藤野 裕道 : ヒト結腸がんHCA-7 細胞における酪酸によるEP4 受容体発現系への影響, 日本薬学会第138年会, 2018年3月. ...
閲覧 Naofumi Seira, Kazuyuki Yamagata, Keijo Fukushima, Yumi Araki, Naoki Kurata, Naoki Yanagisawa, Masato Mashimo, Hiroyuki Nakamura, W John Regan, Toshihiko Murayama and Hiromichi Fujino : Cellular density-dependent increases in HIF-1α compete with c-Myc to down-regulate human EP4 receptor promoter activity through Sp-1-binding region., Pharmacology Research & Perspectives, Vol.6, No.6, (頁), 2018. ...
閲覧 Keijo Fukushima, Tadanobu Takahashi, Masahiro Takaguchi, Seigo Ito, Chihiro Suzuki, Takashi Agarikuchi, Yuuki Kurebayashi, Akira Minami and Takashi Suzuki : A I131V Substitution in the Fusion Glycoprotein of Human Parainfluenza Virus Type 1 Enhances Syncytium Formation and Virus Growth., Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.42, No.5, 827-832, 2019. ...
閲覧 Naoki Kurata, Natsumi Tokashiki, Keijo Fukushima, Takaya Misao, Nanae Hasuoka, Kana Kitagawa, Masato Mashimo, W John Regan, Toshihiko Murayama and Hiromichi Fujino : Short chain fatty acid butyrate uptake reduces expressions of prostanoid EP4 receptors and their mediation of cyclooxygenase-2 induction in HCA-7 human colon cancer cells., European Journal of Pharmacology, Vol.853, (号), 308-315, 2019. ...
閲覧 増田 雄大, 松本 聖加, 松本 礼, 福島 圭穣, 藤野 裕道 : 抗ヒスタミン薬による大腸がん誘発への有害事象の検討, 第26回日本免疫毒性学会学術年会, 2019年7月. ...
閲覧 遠藤 すず, 妹尾 香奈穂, 鷹野 晴美, 荒木 祐美, Regan John W., 福島 圭穣, 藤野 裕道 : PGE2代謝物 15-keto-PGE2はバイアスアゴニストとしてEP2およびEP4プロスタノイド受容体に作用する, 第93回日本薬理学会年会, 2020年3月. ...
閲覧 北川 加奈, 濱口 綾花, 間下 雅士, Regan John W., 福島 圭穣, 藤野 裕道 : ヒト結腸がんHCA-7細胞においてインターロイキン4はEP4プロスタノイド受容体発現を抑制する, 第93回日本薬理学会年会, (巻), (号), (頁), 2020年3月. ...
閲覧 山際 菜月, 小林 春花, 福島 圭穣, 岡林 春花, 川村 純, 琴浦 聡, 藤野 裕道 : アラキドン酸による神経毒性作用を緩和する有効な生理活性脂質としてのプラズマローゲン種の同定, 日本薬学会第140年会, (巻), (号), (頁), 2020年3月. ...
閲覧 杉山 学, 大西 朗人, 森崎 巧也, 重永 章, 福島 圭穣, 大髙 章, 藤野 裕道 : inteinシステムを用いたプロスタノイドEP4受容体の局在解析を目指して, 日本薬学会第140年会, (巻), (号), (頁), 2020年3月. ...
閲覧 Suzu Endo, Akiko Suganami, Keijo Fukushima, Kanaho Senoo, Yumi Araki, W John Regan, Masato Mashimo, Yutaka Tamura and Hiromichi Fujino : 15-Keto-PGE 2 acts as a biased/partial agonist to terminate PGE 2-evoked signaling, The Journal of Biological Chemistry, Vol.295, No.38, 13338-13352, 2020. ...
閲覧 三竿 顕也, 福島 圭穣, 藤野 裕道 : 内因性カンナビノイドによる抗結腸がんメカニズムの解明, 日本薬学会第141年会, 2021年(0月). ...
閲覧 松本 礼, 植木 花織, 増田 雄大, 間下 雅士, 福島 圭穣, 藤野 裕道 : 結腸癌転移に関与するヒスタミンH1受容体作用の解明, (誌名), 2021年3月. ...
閲覧 鷹野 晴美, 妹尾 香奈穂, 山下 真由, 荒木 祐美, Regan John W, 福島 圭穣, 藤野 裕道 : EP4プロスタノイド受容体を介したプロスタグランジンD2のバイアス性による抗癌作用, 第94回日本薬理学会年会, 2021年3月. ...
閲覧 松本 聖加, 中野 佑基, 高橋 弘喜, 楠屋 陽子, 村山 俊彦, 福島 圭穣, 藤野 裕道 : PGE2による結腸がん細胞内代謝変化の解析, 日本薬学会第141年会, 2021年3月. ...
閲覧 蓮岡 奈苗, 縣 美穂, 間下 雅士, 福島 圭穣, 藤野 裕道 : PGD2およびその代謝物によるCRTH2受容体へのバイアス作用の解明, 日本薬学会第141年会, 2021年3月. ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

無効な情報 (2件)

閲覧 (種別) : Masaki Imanishi, Yuki Izawa-Ishizawa, Takumi Sakurada, Yusuke Kohara, Yuya Horinouchi, Eriko Sairyo, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Masayuki Chuma, Keijo Fukushima, Yasumasa Ikeda, Hiromichi Fujino, Masanori Yoshizumi, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki and Keisuke Ishizawa : Nitrosonifedipine, a Photodegradation Product of Nifedipine, Suppresses Pharmacologically Induced Aortic Aneurysm Formation., Pharmacology, Vol.102, No.5-6, 287-299, (発行所), (都市), Sep. 2018.
閲覧 (種別) : Masaki Imanishi, Yuki Izawa-Ishizawa, Takumi Sakurada, Yusuke Kohara, Yuya Horinouchi, Eriko Sairyo, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Masayuki Chuma, Keijo Fukushima, Yasumasa Ikeda, Hiromichi Fujino, Masanori Yoshizumi, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki and Keisuke Ishizawa : Nitrosonifedipine, a Photodegradation Product of Nifedipine, Suppresses Pharmacologically Induced Aortic Aneurysm Formation., Pharmacology, Vol.102, No.5-6, 287-299, (発行所), (都市), Sep. 2018.

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 1.22, Max(EID) = 386186, Max(EOID) = 1046440.