『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

OWN=閲覧 [副研究部長]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部] (2015年4月1日〜)

登録情報の数

有効な情報: 462件 + 無効な情報: 0件 = 全ての情報: 462件

全ての有効な情報 (462件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(10)
閲覧 閲覧 岡山大学 …(2)
閲覧 閲覧 東北大学 …(1)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(10)
閲覧 (未定義) …(290)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 Yoshitake Nishimune and Tatsuji Haneji : Differentiation of type A spermatogonia in mouse testis, Workshop of Radiation Biology Center, Kyoto University, Kyoto, March 1980. ...
閲覧 Yoshitake Nishimune, Tatsuji Haneji and Yukihiko Kitamura : The effects of steel mutation on testicular germ cell differentiation, Journal of Cellular Physiology, Vol.105, No.1, 137-141, 1980. ...
閲覧 Yoshitake Nishimune, Tatsuji Haneji and Shiro Aizawa : Differential effects of cyclic AMP on DNA synthesis by germ cells and non-germ cells in mouse testicular culture, The Journal of Endocrinology, Vol.89, No.2, 257-262, 1981. ...
閲覧 羽地 達次 : 実験的マウス停留睾丸におけるタイプA精原細胞の分化に及ぼすホルモンの影響について, 大阪大学医学雑誌, Vol.32, No.5, 269-273, 1981年. ...
閲覧 Yoshitake Nishimune and Tatsuji Haneji : Testicular DNA synthesis in vivo: Comparison between unilaterally cryptorchid testis and contralateral intact testis in mouse, Archives of Andrology, Vol.6, No.1, 61-65, 1981. ...
閲覧 Yoshitake Nishimune, Tatsuji Haneji and Shiro Aizawa : Testicular DNA synthesis in vivo: Changes in DNA synthetic activity following artificial cryptorchidism and its surgical reversal, Fertility and Sterility, Vol.35, No.3, 359-362, 1981. ...
閲覧 Tatsuji Haneji, Mamiko Maekawa and Yoshitake Nishimune : Retinoic acid (Vitamin A acid) induces spermatogenesis in adult mouse cryptorchid testis in vitro, Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.108, No.3, 1320-1324, 1982. ...
閲覧 Tatsuji Haneji and Yoshitake Nishimune : Hormones and the differentiation of type A spermatogonia in mouse cryptoorchid testis incubated in vitro, The Journal of Endocrinology, Vol.94, No.1, 43-50, 1982. ...
閲覧 Tatsuji Haneji, Mamiko Maekawa and Yoshitake Nishimune : In vitro differentiation of type A spermatogonia from mouse cryptorchid testis in serum-free media, Biology of Reproduction, Vol.28, No.5, 1217-1223, 1983. ...
閲覧 Tatsuji Haneji, Mamiko Maekawa and Yoshitake Nishimune : Retinoids induce differentiation of type A spermatogonia in vitro: organ culture of mouse cryptorchid testes., The Journal of Nutrition, Vol.113, No.6, 1119-1123, 1983. ...
閲覧 Tatsuji Haneji, Noriyoshi Kurihara, Katsumi Ikeda and Masayoshi Kumegawa : 1α, 25-dihydroxyvitamin D3 and analogues of vitamin D3 induce alkaline phosphatase activity in osteoblastic cells derived from newborn mouse calvaria, The Journal of Biochemistry, Vol.94, No.4, 1127-1132, 1983. ...
閲覧 Yoshitake Nishimune, Tatsuji Haneji, Mamiko Maekawa and Yukihiko Kitamura : In vitro demonstration of deleterious effect of steel mutation on spermatogenesis in mice, Journal of Cellular Physiology, Vol.118, No.1, 19-21, 1984. ...
閲覧 Masayoshi Kumegawa, Eiko Ikeda, Shigeyasu Tanaka, Tatsuji Haneji, Takao Yora, Yoshikatsu Sakagishi, Naomi Minami and Masahiko Hiramatsu : The effects of prostaglandin E2, parathyroid hormone, 1a, 25-dihydroxy-cholecalciferol and cyclic nucleotide analogs on alkaline phosphatase activity in osteoblastic cells, Calcified Tissue International, Vol.36, No.1, 72-76, 1984. ...
閲覧 Tatsuji Haneji, Mamiko Maekawa and Yoshitake Nishimune : Vitamin A and Folicle-Stimulating Hormone synergistically induce differentiation of type A spermatogonia in adult mouse cryptorchid testis in vitro, Endocrinology, Vol.114, No.3, 801-805, 1984. ...
閲覧 Toshio Nagano, Fumie Suzuki, Yoshitake Nishimune, Tatsuji Haneji and Mamiko Maekawa : Endocrine Correlates of Reproduction, --- Sertoli and spermatogenic cells in organ culture of the seminiferous tubule in experimental cryptorchidism ---, Springer-Verlag, New York, Aug. 1984. ...
閲覧 Yoshitake Nishimune, Tatsuji Haneji, Mamiko Maekawa, Kazuhiro Sakamaki and Yukihiko Kitamura : Effects of Steel Mutation on Spermatogenesis Stimulated by Fetuin, Archives of Andrology, Vol.15, No.2, 117-121, 1985. ...
閲覧 Yoshitake Nishimune, Mamiko Maekawa, Kazuhiro Sakamaki and Tatsuji Haneji : Effects of duration of cryptorchidism in ability of mouse germ cells to regenerate and differentiate, Archives of Andrology, Vol.16, No.1, 89-96, 1986. ...
閲覧 Tatsuji Haneji, Samuel S Koide, Yoshitake Nishimune and Yasuo Oota : Dibutyryl adenosine cyclic monophosphate regulates differentiation of type A spermatogonia with vitamin A in adult moue cryptorchid testes, Endocrinology, Vol.119, No.6, 2490-2496, 1986. ...
閲覧 Yoshitake Nishimune, Kazuhiro Sakamaki, Ken Sawada, Mamiko Maekawa and Tatsuji Haneji : Testicular germ cell differentiation, The Tokai Journal of Experimental and Clinical Medicine, Vol.11, No.6, 391-394, 1986. ...
閲覧 Yoshitake Nishimune, Kazuhiro Sakamaki, Ken Sawada, Mamiko Maekawa and Tatsuji Haneji : Testicular germ cell differentiation, Tokai University European Symposium on Meiosis, Copenhagen, Denmark, March 1986. ...
閲覧 Tatsuji Haneji and Samuel S Koide : An immunoreactive human sperm antigen in rat spermatogenetic cells, Progress in Birth Control Vaccines, New Delhi, Oct. 1986. ...
閲覧 Tatsuji Haneji and Samuel S Koide : Identification of antigen in rat spermatogenetic cell interacting with an antihuman sperm monoclonal antibody, Biology of Reproduction, Vol.37, No.2, 467-477, 1987. ...
閲覧 Tatsuji Haneji and Samuel S Koide : The antibody from an infertile woman that induces sperm-agglutination interacts with rat testicular cells and sperm, Biology of Reproduction, Vol.37, No.3, 675-683, 1987. ...
閲覧 Tatsuji Haneji and Samuel S Koide : Identification of cell types in Sertoli cell-enriched cultures by immunohistochemistry and DNA-specific fluorochrome Hoechst 33342, Histochemistry, Vol.89, No.1, 57-61, 1988. ...
閲覧 Tatsuji Haneji and Samuel S Koide : Identification of avidin-interacting proteins in Spisula oocytes: Correlation with germinal vesicle breakdown, The Journal of Experimental Zoology, Vol.246, No.2, 216-222, 1988. ...
閲覧 Tatsuji Haneji and Samuel S Koide : Protein phosphorylation during 5-hydroxytryptamine-induced maturation of Spisula oocytes, Experimental Cell Research, Vol.177, No.1, 227-231, 1988. ...
閲覧 Tatsuji Haneji and Samuel S Koide : Contraception Research for Today and the Nineties, --- An immunoreactive human sperm antigen in rat spermatogenic cells ---, Springer-Verlag, New York, Aug. 1988. ...
閲覧 Tatsuji Haneji and Samuel S Koide : Transblot identification of biotin-interacting proteins in rat liver, Analytical Biochemistry, Vol.177, No.1, 57-61, 1989. ...
閲覧 Tatsuji Haneji and Samuel S Koide : Protein phosphorylation during oocyte maturation in Asterias oocytes, Experimental Cell Research, Vol.182, No.2, 664-667, 1989. ...
閲覧 Tatsuji Haneji and Samuel S Koide : Phosphorylation of a 30,000 dalton protein during meitic maturation in Spisula oocytes, Biochemistry International, Vol.21, No.1, 313-319, 1990. ...
閲覧 Samuel S Koide, Tatsuji Haneji and Sheldon J Segal : Serotonin action on Spisula gamete: Induction of oocyte maturation and stimulation of sperm motility, Joint Annual Meeting of National Shellfishery Association and Shellfish Institute of North America, Williamsburg Virginia, USA, April 1990. ...
閲覧 Tatsuji Haneji : Identification of the boar sperm antigen interacting with antibodies in serum from an infertile woman, Gordon Research Conferences, (Mammalian Gametogenesis & Embryogenesis), New London, New Hampshire, USA, Aug. 1990. ...
閲覧 Tatsuji Haneji and Samuel S Koide : Identification of the sperm antigen interacting with antibodies in serum from an infertile woman, Andrologia, Vol.22, No.5, 473-477, 1990. ...
閲覧 Tatsuji Haneji, Samuel S Koide, Yoichi Tajima and Yoshitake Nishimune : Differntial effects of Epidermal Growth Factor on the differentiation of type A spermatogonia in adult mouse cryptorchid testes in vitro, The Journal of Endocrinology, Vol.128, No.3, 383-388, 1991. ...
閲覧 Tatsuji Haneji, Toshio Nagano and Samuel S Koide : Identification and expression of boar sperm proteins that interact with antibodies in serum from an infertile woman, The Journal of Experimental Zoology, Vol.259, No.1, 109-116, 1991. ...
閲覧 Hiroshi Shima, Tatsuji Haneji, Yoshiaki Hatano, Isao Kasugai, Takashi Sugimura and Minako Nagao : Protein phosphatases in spermatogenesis, Sapporo Cancer Seminar (Carcinogenic Processes), Sapporo, July 1991. ...
閲覧 Hiroshi Shima, Tatsuji Haneji, Yoshiaki Hatano, Takashi Sugimura and Minako Nagao : Identification of members of the protein phosphatases 1 gene family and their involvement in spermatogenesis, EMBO-FEBS Workshop and Course, (Protein phosphatases), Leuven, Belgium, Aug. 1991. ...
閲覧 Hiroshi Ueno, Tatsuji Haneji, Yumiko Ueno, Samuel S Koide and Sheldon J Segal : Evaluation of spermatocidal activity of water soluble gossypol on the sperm of Arbacia punctulata and Spisula solidissima, The Biological Bulletin, Vol.181, No.2, 347-348, 1991. ...
閲覧 Tatsuji Haneji, Toshio Nagano and Samuel S Koide : Identification of pyruvate carboxylase in 3T3-L1 cells by transblot and its correlation with cell differentiation, Biochemistry International, Vol.25, No.2, 995-1001, 1991. ...
閲覧 Tatsuji Haneji, Mukesh K Sahni and Samuel S Koide : Purification of human sperm antigen interacting with antibodies in serum from an infertile woman, Molecular Andrology, Vol.4, No.1, 195-204, 1992. ...
閲覧 細谷 貴亮, 安達 真人, 佐藤 奈美, 菅井 幸雄, 山口 昂一, 菅原 千恵子, 柴田 考典 : 動脈と静脈の塞栓術により治療に成功した下顎骨動静脈奇形の1例, (月刊)臨床放射線, Vol.37, 503-506, 1992年. ...
閲覧 菅原 千恵子, 柴田 考典 : TREND-顎関節内障の過程におけるクロ-スドロック発生機序に関する新説., (発行所), (都市), 1992年(0月). ...
閲覧 菅原 千恵子, 柴田 考典 : TREND-顎関節の退行性変化における組織反応, ザ·クインテッセンス, Vol.11, 2187-2190, 1992年. ...
閲覧 柴田 考典, 菅原 千恵子, 安川 和夫, 須永 芳弘, 吉澤 信夫 : 顎関節滑膜軟骨腫症の3例, 第5回日本顎関節学会, 1992年7月. ...
閲覧 柴田 考典, 菅原 千恵子, 江良 謙次, 柴田 肇, 吉澤 信夫 : 急性クローズドロックにおける関節液貯留について, 第5回 日本顎関節学会総会, 1992年7月. ...
閲覧 Tatsuji Haneji, Yoshiro Toyama and Toshio Nagano : Detection of endogeneous avidin-interacting proteins in rat liver cells by transblot and electron microscope, Journal of Electron Microscopy, Vol.42, No.4, 232-235, 1993. ...
閲覧 Hiroshi Shima, Tatsuji Haneji, Yoshiaki Hatano, Isao Kasugai, Takashi Sugimura and Minako Nagao : Protein phosphatase 1g1 is associated with nuclei of meiotic cells in rat testis, Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.194, No.2, 930-937, 1993. ...
閲覧 Hiroshi Shima, Tatsuji Haneji, Yoshiaki Hatano and Minako Nagao : Expression of protein phosphatase 1 and 2A in rat testis, Advances in Protein Phosphatases, Vol.7, No.1, 489-499, 1993. ...
閲覧 菅原 千恵子, 柴田 考典 : TREND-顎関節円板切除術-5年間の経過観察における暫間的シリコン中間挿入の無効性について, ザ·クインテッセンス, Vol.12, 1336-1338, 1993年. ...
閲覧 菅原 千恵子, 柴田 考典 : TREND-MRスペクトルデ-タを用いた顎関節に関連する炎症の評価, ザ·クインテッセンス, Vol.12, 2672-2673, 1993年. ...
閲覧 Yoshiaki Hatano, Hiroshi Shima, Tatsuji Haneji, Akira Miura, Takashi Sugimura and Minako Nagao : Expression of protein phosphatase 2A (PP-2A) B regulatory subunit b isotype (BRb) in testis, The 5th International Congress of Andrology, Tokyo, May 1993. ...
閲覧 Yoshiaki Hatano, Hiroshi Shima, Tatsuji Haneji, Akira Miura, Takashi Sugimura and Minako Nagao : Expression of PP2A B regulatory subunit b isotype in rat testis, FEBS Letters, Vol.324, No.1, 71-75, 1993. ...
閲覧 Atsushi Jinno, Keiji Tanaka, Hitoshi Matsushime, Tatsuji Haneji and Masabumi Shibuya : Testis-specific Mak protein kinase is expressed specifically in the meiotic phase in spermatogenesis and is associated with a 210-kilodalton cellular phosphoprotein, Molecular and Cellular Biology, Vol.13, No.7, 4146-4156, 1993. ...
閲覧 柴田 考典, 冨樫 正樹, 溝口 智子, 菅原 千恵子, 安川 和夫 : 非線形有限要素法による転位関節円板の応力解析, 第6回 日本顎関節学会総会(倉敷), 1993年7月. ...
閲覧 菅原 千恵子, 冨樫 正樹, 溝口 智子, 江良 謙二, 安川 和夫 : 解剖実習屍体における関節円板所見, 第6回 日本顎関節学会総会(倉敷), 1993年7月. ...
閲覧 冨樫 正樹, 溝口 智子, 菅原 千恵子, 柴田 考典, 吉澤 信夫 : 顎関節腔内に石灰化物を認めた8例, 第6回 日本顎関節学会総会(倉敷), 1993年7月. ...
閲覧 溝口 智子, 冨樫 正樹, 菅原 千恵子, 安川 和夫, 柴田 考典 : 顎関節MRIにおけるeffuision像の検討, 第6回 日本顎関節学会総会(倉敷), 1993年7月. ...
閲覧 菅原 千恵子, 柴田 考典 : TREND-関節円板切除後のMRによる評価, ザ·クインテッセンス, Vol.13, 2379-2381, 1994年. ...
閲覧 溝口 智子, 山森 郁, 菅原 千恵子, 安川 和夫, 柴田 考典 : 顎関節MRIにおけるeffusion像の検討(第2法), 第7回 日本顎関節学会総会(松本), 1994年7月. ...
閲覧 柴田 考典, 山森 郁, 溝口 智子, 菅原 千恵子, 安川 和夫 : 非線形有限要素法による転位顎関節円板の応力解析(第2報), 第7回 日本顎関節学会総会(松本), 1994年7月. ...
閲覧 山森 郁, 溝口 智子, 菅原 千恵子, 安川 和夫, 柴田 考典 : 顎関節円板の石灰化に関する研究, 第7回 日本顎関節学会総会(松本), 1994年7月. ...
閲覧 菅原 千恵子, 上村 修三郎, 山森 郁, 溝口 智子, 柴田 考典 : 日本人高齢者の下顎頭の肉眼的観察, 第7回 日本顎関節学会総会(松本), 1994年7月. ...
閲覧 羽地 達次 : 新しく発見されたヘアレスラットとその歯科領域における応用の可能性, 九州歯科大学動物実験施設年報, Vol.5, 6-8, 1994年10月. ...
閲覧 Satoko Shirakawa, Takatoshi Murata, Tadamichi Takehara, Shigeru Kobayashi and Tatsuji Haneji : Identification of biotin-containing proteins in rat salivary glands, Journal of the Japan Salivary Gland Society, Vol.36, No.1, 63-66, 1995. ...
閲覧 佐藤 敦, 森 士朗, 永井 宏和 : Bilateral Perialar Crescentic Advancement flapおよびAbbe flapによる即時再建術を行った上唇癌の1例, 日本口腔外科学会雑誌, Vol.41, No.9, 811-813, 1995年. ...
閲覧 Takatoshi Murata, Satoko Shirakawa, Tadamichi Takehara, Shigeru Kobayashi and Tatsuji Haneji : Protein phosphatase inhibitors, okadaic acid and calyculin A, induce alkaline phosphatase activity in osteoblastic cells derived from newborn mouse calvaria, Biochemistry and Molecular Biology International, Vol.36, No.2, 365-372, 1995. ...
閲覧 Yukoh Muraki, Chihiro Yoshioka, Jinichi Fukuda, Tatsuji Haneji and Nobuyuki Kobayashi : Immunohistochemical detection of Fas antigen in oral epithelia, The 12th International Conference on Oral and Maxillofacial Surgery, Budapest, June 1995. ...
閲覧 Chihiro Yoshioka, Yukoh Muraki, Jinichi Fukuda, Tatsuji Haneji and Nobuyuki Kobayashi : Detection of Fas antigen in oral mucosal tissue, The 4th International Congress on Oral Cancer, Ogaki, Sep. 1995. ...
閲覧 Chihiro Yoshioka, Yukoh Muraki, Jinichi Fukuda, Tatsuji Haneji, Shigeru Kobayashi and Nobuyuki Kobayashi : Oral Oncology IV, --- Detection of Fas antigen in the oral mucosal tissues ---, Macmillan India, New Delhi, Oct. 1995. ...
閲覧 千葉 雅俊, 永井 宏和, 熊谷 正浩, 高橋 哲, 幸地 省子, 越後 成志 : 関節円板側方転位の臨床所見とMRI所見の検討, 日本顎関節学会雑誌, Vol.8, No.2, 413-423, 1996年. ...
閲覧 Chihiro Yoshioka, Yukoh Muraki, Jinichi Fukuda, Tatsuji Haneji and Nobuyuki Kobayashi : Identification of Fas antigen in human gingiva., Journal of Dental Research, Vol.75, No.6, 1353-1357, 1996. ...
閲覧 Satoko Shirakawa, Takatoshi Murata, Tadamichi Takehara, Shigeru Kobayashi and Tatsuji Haneji : Transblot identification of biotin-containing proteins in rat salivary glands., Biochemistry and Molecular Biology International, Vol.40, No.1, 67-72, 1996. ...
閲覧 Satoko Shirakawa, Hajime Mochizuki, Shigeru Kobayashi, Tadamichi Takehara, Hiroshi Shima, Minako Nagao and Tatsuji Haneji : Immunohistochemical and immunoblotting identification of protein phosphatase 1g1 in rat salivary glands., FEBS Letters, Vol.393, No.1, 57-59, 1996. ...
閲覧 斎藤 政二, 高橋 哲, 永井 宏和 : 当科における顎関節症患者の臨床統計的検討, 東北大学歯学雑誌, Vol.15, No.1, 8-17, 1996年. ...
閲覧 Tetsu Takahashi, Toshirou Kondoh, Kazutoshi Kamei, Hiroshi Seki, Masayuki Fukuda, Hirokazu Nagai, Hiroshi Takano and Yoshiyuki Yamazaki : Elevated levels of nitric oxide in synovial fluid from patients with temporomandibular disorders., Oral Surgery, Oral Medicine, Oral Pathology, Oral Radiology, and Endodontics, Vol.82, No.5, 505-509, 1996. ...
閲覧 福田 雅幸, 高橋 哲, 永井 宏和 : オッセオインテグレーテッド・インプラントを使用したオーバーデンチャーの1例, 東北大学歯学雑誌, Vol.15, No.2, 179-184, 1996年. ...
閲覧 村木 祐孝, 吉岡 千尋, 立石 晃, 福田 仁一, 羽地 達次 : 口腔扁平上皮癌における Fas 抗原の検出, 日本口腔外科学会雑誌, Vol.43, No.8, 590-595, 1997年. ...
閲覧 村木 祐孝, 吉岡 千尋, 福田 仁一, 羽地 達次 : 抗 Fas 抗体 (Fas D) を用いた免疫組織化学的研究, --- 口腔白板症,扁平苔せん,扁平上皮癌における Fas 抗原の検出 ---, 日本口腔外科学会雑誌, Vol.43, No.10, 693-698, 1997年. ...
閲覧 Yasuhiro Morimoto, Takeshi Ohba, Shigeru Kobayashi and Tatsuji Haneji : The protein phosphatase inhibitors okadaic acid and calyculin A induce apoptosis in human osteoblastic cells., Experimental Cell Research, Vol.230, No.2, 181-186, 1997. ...
閲覧 Yukoh Muraki, Chihiro Yoshioka, Jinichi Fukuda, Tatsuji Haneji and Nobuyuki Kobayashi : Immunohistochemical detection of Fas antigen in oral epithelia., Journal of Oral Pathology & Medicine, Vol.26, No.2, 57-62, 1997. ...
閲覧 Takatoshi Murata, Toshihiro Ansai, Tadamichi Takehara, Shigeru Kobayashi and Tatsuji Haneji : Extracts of Prevotella intermedia and Actinobacillus actinomycetemcomitans inhibit alkaline phosphatase activity in osteoblastic cells in vitro., Oral Diseases, Vol.3, No.2, 106-112, 1997. ...
閲覧 Yukoh Muraki, Chihiro Seta, Akira Tateishi, Jinichi Fukuda and Tatsuji Haneji : Fas expression and prognosis of oral squamous cell carcinoma, The 37th Annual Meeting of Korean Association of Oral and Maxillofacial Surgeons, Seoul, April 1997. ...
閲覧 Haruki Tamura, Hajime Mochizuki, Tadamichi Takehara, Shigeru Kobayashi and Tatsuji Haneji : Variability of argyrophilic nucleolar organizer regions in osteoblastic cells., The Journal of the Kyushu Dental Society, Vol.51, No.5, 623-628, 1997. ...
閲覧 Chihiro Seta, Yukoh Muraki, Jinichi Fukuda, Tatsuji Haneji and Shigeru Kobayashi : Expression of Fas antigen in oral cancer, The 13th International Conference on Oral and Maxillofacial Surgery, Kyoto, Oct. 1997. ...
閲覧 村木 祐孝, 立石 晃, 富永 和宏, 福田 仁一, 羽地 達次, 福山 宏 : 浸潤式 4C 型扁平上皮癌へと移行した舌白板症症例の病理学的,免疫組織化学的検討, 九州歯科学会雑誌, Vol.52, No.2, 271-275, 1998年. ...
閲覧 Tatsuji Haneji, Hiroyuki Morimoto, Yasuhiro Morimoto, Satoko Shirakawa, Shigeru Kobayashi, Chihiro Kaneda, Hiroshi Shima and Minako Nagao : Subcellular localization of protein phosphatase type 1 isotypes in mouse osteoblastic cells., Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.248, No.1, 39-43, 1998. ...
閲覧 Yamato Kikkawa, Naoki Yamanaka, Jun Tada, Norio Kanamori, Keiko Tsumura and Kazuo Hosoi : Prorenin processing and restricted endoproteolysis by mouse tissue kallikrein family ezymes (mK1, mK2, mK13, and mK22)., Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Protein Structure and Molecular Enzymology, Vol.1382, No.1, 55-64, 1998. ...
閲覧 高橋 哲, 福田 雅幸, 永井 宏和 : 顎関節の滑液解析:顎関節症患者からのNitric Oxideとインターロイキン1βの検出, 東北大学歯学雑誌, Vol.17, No.1, 92-99, 1998年. ...
閲覧 永井 宏和, 寺田 邦彦, 渡辺 剛, 杉山 俊博 : ラット肝臓由来の幹様細胞株の樹立とその分化能, 生化学, Vol.71, No.8, 1035, 1999年(0月). ...
閲覧 永井 宏和, 寺田 邦彦, 渡辺 剛, 佐藤 充, 妹尾 春樹, 杉山 俊博 : 星細胞と共培養によるラット肝臓幹様細胞の分化, 生化学, Vol.72, No.8, 837, 1999年(0月). ...
閲覧 Yukoh Muraki, Chihiro Yoshioka, Akira Tateishi, Jinichi Fukuda, Tatsuji Haneji and Nobuyuki Kobayashi : Localization of Fas antigen in oral squamous cell carcinoma., The British Journal of Oral & Maxillofacial Surgery, Vol.37, No.1, 37-40, 1999. ...
閲覧 Yasuhiro Morimoto, Hiroyuki Morimoto, Shigeru Kobayashi, Takeshi Ohba and Tatsuji Haneji : Extracts of Actinobacillus actinomycetemcomitans induce apoptotic cell death in human osteoblastic MG63 cells., Journal of Dental Research, Vol.78, No.3, 735-742, 1999. ...
閲覧 Keiko Nakamura, Yasuhiro Morimoto, Hiroyuki Morimoto, Shigeru Kobayashi, Hirofumi Kido, Masao Morikawa and Tatsuji Haneji : Prilocaine induces apoptosis in osteoblastic cells., Canadian Journal of Anaesthesia, Vol.46, No.5, 476-482, 1999. ...
閲覧 Hiroyuki Morimoto, Yasuhiro Morimoto, Takeshi Ohba, Hirofumi Kido, Shigeru Kobayashi and Tatsuji Haneji : Inhibitors of protein synthesis and RNA synthesis protect against okadaic acid induced apoptosis in human osteosarcoma cell line MG63 cells but not in Saos-2 cells., Journal of Bone and Mineral Metabolism, Vol.17, No.4, 266-273, 1999. ...
閲覧 Koji Nakamura, Hiroshi Shima, Masahiko Watanabe, Tatsuji Haneji and Kunimi Kikuchi : Molecular cloning and characterization of a novel dual specificity protein phosphatase possibly involved in spermatogenesis., The Biochemical Journal, Vol.344, No.3, 819-825, 1999. ...
閲覧 Yasuhiro Morimoto, Hiroyuki Morimoto, Shigeru Kobayashi, Takeshi Ohba and Tatsuji Haneji : The protein phosphatase inhibitors, okadaic acid and calyculin A, induce apoptosis in human submandibular gland cell line HSG cells., Oral Diseases, Vol.5, No.2, 104-110, 1999. ...
閲覧 Yukoh Muraki, Akira Tateishi, Kazuhiro Tominaga, Jinichi Fukuda, Tatsuji Haneji and Yoshio Iwata : Malignant peripheral nerve sheath tumour in the maxilla associated with von Recklinghausen's diseases, Oral Diseases, Vol.52, No.3, 250-252, 1999. ...
閲覧 Yukoh Muraki, Chihiro Seta, Akira Tateishi, Jinichi Fukuda, Tatsuji Haneji, Eiko Nakanishi and Hiroshi Fukuyama : The significance of PCNA labeling index at tumour invasion front in oral squamous cell carcinoma, Asian Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Vol.11, No.1, 41-46, 1999. ...
閲覧 羽地 達次 : 蛋白質脱リン酸化とアポトーシス, --- 骨芽細胞,口腔粘膜上皮細胞,唾液腺細胞を用いて ---, 九州齒科學會雜誌, Vol.53, No.2, 735-742, 1999年2月. ...
閲覧 羽地 達次 : 骨芽細胞のアポトーシスと蛋白質脱リン酸化, 平成9-10年度日本学術振興会科学研究費補助金基盤研究 (C) (2) 報告書, 徳島, 1999年3月. ...
閲覧 Yukoh Muraki, Chihiro Yoshioka, Akira Tateishi, Jinichi Fukuda, Tatsuji Haneji and Nobuyuki Kobayashi : Relationship between expression of Fas antigen and apoptosis in oral squamous cell carcinoma, The 14th International Conferance on Oral and Maxillofacial Surgery, Washington, D.C., April 1999. ...
閲覧 Michi Fujita, Chihiro Seta, Jinichi Fukuda, Shigeru Kobayashi and Tatsuji Haneji : Induction of apoptosis in human oral squamous carcinoma cell line SCC-25 cells by protein phosphatase inhibitors., Oral Oncology, Vol.35, No.4, 401-408, 1999. ...
閲覧 Tatsuji Haneji : Alteration of nucleolin in apoptotic cells, The 1st International GeneCell Workshop, Kyoto, Aug. 1999. ...
閲覧 Tetsu Takahashi, Hirokazu Nagai, Hiroshi Seki and Masayuki Fukuda : Relationship between joint effusion, joint pain, and protein levels in joint lavage fluid of patients with internal derangement and osteoarthritis of the temporomandibular joint., Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Vol.57, No.10, 1187-93;discussion11934, 1999. ...
閲覧 高橋 哲, 永井 宏和, 大谷 真紀, 高野 裕史, 船木 勝介, 大貫 敬嘉, 福田 雅幸, 山崎 嘉幸 : Joint Effusionを有する顎関節症患者における滑液中の蛋白濃度の上昇, 東北大学歯学雑誌, Vol.18, No.2, 149-158, 1999年. ...
閲覧 Chihiro Seta, Michi Fujita, Yukoh Muraki, JInichi Fukuda, Shigeru Kobayashi and Tatsuji Haneji : Fas expression and Fas monoclonal antibody-induced apoptosis in human squamous cell carcinoma cell line SCC-25 cells., Journal of Oral Pathology & Medicine, Vol.29, No.6, 271-278, 2000. ...
閲覧 Yasuhiro Morimoto, Hiroyuki Morimoto, Hirohiko Okamura, Kimiko Nomiyama, Nobuaki Nakamuta, Shigeru Kobayashi, Shinji Kito, Takeshi Ohba and Tatsuji Haneji : Upregulation of the expression of Fas antigen and Fas ligand in a human submandibular gland ductal cell line by okadaic acid., Archives of Oral Biology, Vol.45, No.8, 657-666, 2000. ...
閲覧 Yasuhiro Morimoto, Tatsuro Tanaka, Shinji Kito, Akiko Morimoto, Tatsuji Haneji, Mitsutaka Kimura and Takeshi Ohba : Quantitative radiographic changes in the mandible and the tibia in systematically loaded rats fed a low-calcium diet., Oral Diseases, Vol.6, No.5, 310-317, 2000. ...
閲覧 Yukoh Muraki, Akira Tateishi, Chihiro Seta, Jinichi Fukuda, Tatsuji Haneji, Ryoichi Oya, Kunio Ikemura and Nobuyuki Kobayashi : Fas antigen expression and outcome of oral squamous cell carcinoma., International Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Vol.29, No.5, 360-365, 2000. ...
閲覧 福田 雅幸, 高橋 哲, 船木 勝介, 大貫 敬嘉, 高野 裕史, 永井 宏和, 関 宏, 大谷 真紀, 山崎 嘉幸 : 下顎枝後方切開による下顎骨関節突起骨折の治療経験, 日本口腔外科学会雑誌, Vol.46, No.2, 69-74, 2000年. ...
閲覧 福田 仁一, 羽地 達次 : 口腔粘膜疾患とFas及びFasリガンド, 平成10-11年度日本学術振興会科学研究費補助金基盤研究 (C) (2) 報告書, 北九州, 2000年3月. ...
閲覧 羽地 達次 : 蛋白質脱リン酸化酵素と骨芽細胞, 第24回四国歯科学会総会, 2000年6月. ...
閲覧 森本 泰宏, 中牟田 信明, 大庭 健, 小林 繁, 羽地 達次 : オカダ酸誘導アポトーシスにおけるFas 抗原,Fas リガンドの関与, 第60回九州歯科学会総会, 2000年6月. ...
閲覧 羽地 達次 : 蛋白質脱リン酸化と骨芽細胞の分化とアポトーシス, 分子病理研究会2000年シンポジウム, 2000年7月. ...
閲覧 後藤 佳穂, 藤田 弥千, 福田 仁一, 羽地 達次 : オカダ酸によるヒト口腔扁平上皮癌細胞アポトーシス誘導とFasレセプターおよびFasリガンド発現の制御, 第42回歯科基礎医学会総会, 2000年9月. ...
閲覧 森本 景之, 岡村 裕彦, 小林 繁, 羽地 達次 : ヒト骨芽細胞における蛋白質脱リン酸化酵素1型と核内リン酸化蛋白, 第42回歯科基礎医学会総会, 2000年9月. ...
閲覧 桑原 三千代, 岡村 裕彦, 森本 景之, 羽地 達次 : 塩化コバルト(II) 六水和物による培養細胞のアポトーシス誘導とbcl-2 との関係, 第42回歯科基礎医学会総会, 2000年9月. ...
閲覧 岡村 裕彦, 森本 景之, 羽地 達次 : ヒト扁平上皮癌細胞の増殖能の変化とEgr-1遺伝子の発現, 第42回歯科基礎医学会総会, 2000年9月. ...
閲覧 羽地 達次, 岡村 裕彦, 森本 景之 : アポトーシス細胞のAgNOR蛋白の変化と蛋白質脱リン酸化酵素1d, 日本解剖学会第55回中国・四国地方会, 2000年11月. ...
閲覧 Yasuhiro Morimoto, Shinji Kito, Takeshi Ohba, Hiroyuki Morimoto, Hirohiko Okamura and Tatsuji Haneji : Alteration of argyrophilic nucleolar organizer region associated (Ag-NOR) proteins in apoptosis-induced human salivary gland cells and human squamous carcinoma cells., Journal of Oral Pathology & Medicine, Vol.30, No.4, 193-199, 2001. ...
閲覧 羽地 達次 : 蛋白質脱リン酸化酵素と骨芽細胞のアポトーシス, --- 核内蛋白と蛋白質脱リン酸化酵素1型との相互関係 ---, 四国歯学会雑誌, Vol.13, No.2, 221-229, 2001年1月. ...
閲覧 羽地 達次 : 骨芽細胞のアポトーシスと蛋白質脱リン酸化, 平成11-12年度日本学術振興会科学研究費補助金基盤研究 (C) (2) 報告書, 徳島, 2001年2月. ...
閲覧 森本 景之, 岡村 裕彦, 羽地 達次 : 蛋白質脱リン酸化酵素と核内リン酸化蛋白質の細胞内局在変化, 第106回日本解剖学会総会ーミニシンホ シ ウム, 2001年4月. ...
閲覧 岡村 裕彦, 森本 景之, 羽地 達次 : 蛋白質脱リン酸化酵素阻害剤によるヒト扁平上皮癌細胞の増殖能とEgr-1変化, 第106回日本解剖学会総会, 2001年4月. ...
閲覧 桑原 三千代, 羽地 達次 : 塩化コバルト誘導アポトーシスの塩化亜鉛による抑制, 第106回日本解剖学会総会, 2001年4月. ...
閲覧 後藤 佳穂, 藤田 弥千, 福田 仁一, 森本 景之, 羽地 達次 : ヒト口腔扁平上皮癌細胞のオカダ誘導アポトーシスとFas系カスケードの関連性, 第61回九州歯科学会総会, 2001年5月. ...
閲覧 Hirohiko Okamura, Hiroyuki Morimoto and Tatsuji Haneji : Peplomycin-induced apoptosis in oral squamous carcinoma cells depend on bleomycin sensitivity., Oral Oncology, Vol.37, No.4 1, 379-385, 2001. ...
閲覧 羽地 達次 : カラーアトラス 口腔組織発生学 第1版(分担), わかば出版, 東京, 2001年9月. ...
閲覧 岡村 裕彦, 森本 景之, 羽地 達次 : オカダ酸処理口腔扁平上皮癌細胞の転写調節因子とVEGFの発現, 第43回歯科基礎医学会総会, 2001年9月. ...
閲覧 藤田 弥千, 後藤 佳穂, 福田 仁一, 羽地 達次 : オカダ酸による口腔扁平上皮癌細胞のアポトーシスとFas系カスケード, 第43回歯科基礎医学会総会, 2001年9月. ...
閲覧 羽地 達次, 岡村 裕彦, 森本 景之, 森本 泰宏 : アポトーシス細胞のAgNOR蛋白とニュークレオリンの変化, 第43回歯科基礎医学会総会, 2001年9月. ...
閲覧 森本 景之, 岡村 裕彦, 山下 菊治, 北村 清一郎, 羽地 達次 : r-RNA合成と細胞周期における蛋白質脱リン酸化酵素1型, 第43回歯科基礎医学会総会, 2001年9月. ...
閲覧 那須 史男, 羽地 達次 : 鋤鼻器感覚上皮におけるNADPH-d活性の生後発達に伴う変化, 日本解剖学会第56回中国・四国地方会, 2001年10月. ...
閲覧 藤田 弥千, 後藤 佳穂, 福田 仁一, 羽地 達次 : 口腔扁平上皮癌細胞におけるオカダ酸誘導アポトーシスとFas系カスケード, 第46回日本口腔外科学会総会, 2001年10月. ...
閲覧 岡村 裕彦, 羽地 達次 : オカダ処理によるEgr-1活性の変化とその転写調節, 第108回徳島生物学会, 2001年11月. ...
閲覧 Kaho Goto, Jinichi Fukuda and Tatsuji Haneji : Okadaic acid stimulates apoptosis through expression of Fas receptor and Fas ligand in human squamous cell carcinoma cells., Oral Oncology, Vol.38, No.1, 16-22, 2002. ...
閲覧 大庭 健, 羽地 達次, 辻 龍雄, 上山 吉哉 : アポトーシスを指標にした口腔癌発生の解明とその臨床応用に関する研究, 平成12-13年度日本学術振興会科学研究費補助金基盤研究 (C) (1) 報告書, 北九州, 2002年2月. ...
閲覧 福田 仁一, 羽地 達次 : 培養口腔扁平上皮癌細胞におけるFas/Fasリガンドとシグナル伝達, 平成12-13年度日本学術振興会科学研究費補助金基盤研究 (C) (2) 報告書, 北九州, 2002年2月. ...
閲覧 Hirokazu Nagai, Kunihiko Terada, Go Watanabe, Yasuharu Ueno, Namiko Aiba, Tomomi Shibuya, Masami Kawagoe, Takashi Kameda, Mitsuru Sato, Haruki Senoo and Toshihiro Sugiyama : Differentiation of liver epithelial (stem-like) cells into hepatocytes induced by coculture with hepatic stellate cells., Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.293, No.5, 1420-1425, 2002. ...
閲覧 Hiroyuki Morimoto, Hirohiko Okamura and Tatsuji Haneji : Interaction of protein phosphatase 1 delta with nucleolin in human osteoblastic cells, The Journal of Histochemistry and Cytochemistry, Vol.50, No.9, 1187-1193, 2002. ...
閲覧 吉田 賀弥, 岡村 裕彦, 永田 俊彦, 羽地 達次 : マウス骨芽細胞様細胞MC3T3-E1においてオカダ酸はRANKLの発現を促進する, 第44回歯科基礎医学会総会, 2002年10月. ...
閲覧 藤田 弥千, 福田 仁一, 羽地 達次 : オカダ酸によるFasの転写調節を介したアポトーシス, 第44回歯科基礎医学会総会, 2002年10月. ...
閲覧 鬼頭 慎司, 森本 泰宏, 大庭 健, 羽地 達次 : オカダ酸誘導アポトーシス細胞における核内蛋白の動向, 第44回歯科基礎医学会総会, 2002年10月. ...
閲覧 森本 景之, 岡村 裕彦, 清水 克英, 山下 菊治, 北村 清一郎, 羽地 達次 : RNAiを用いた蛋白質脱リン酸化酵素I型アイソフォームの機能解析, 第44回歯科基礎医学会総会, 2002年10月. ...
閲覧 藤田 弥千, 羽地 達次, 福田 仁一 : オカダ酸による口腔扁平上皮癌細胞のFas転写調節とアポトーシス, 第47回日本口腔外科学会総会, 2002年10月. ...
閲覧 Shuji Shigemoto, Eiichi Bando and Hisahiro Takeuchi : Mandibular Movements Pre- and Post-hemimandibulectomy:A case Report, International Congress on Maxillofacial Rehabilitation, Vol.75, No.66, Okinawa, Oct. 2002. ...
閲覧 清水 克英, 岡村 裕彦, 羽地 達次 : アポトーシス細胞におけるAgNOR蛋白およびその構成蛋白の動向, 日本解剖学会第57回中国・四国地方会, 2002年11月. ...
閲覧 Fumio Nasu and Tatsuji Haneji : Differentioal histochemical localization patterns of reduced nicotinamide adenine dinucleotide phosphate-diaphorase and neuronal nitric oxide synthase during postnatal development of the rat vomeronasal organ, Histochemistry and Cell Biology, Vol.118, No.6, 473-477, 2002. ...
閲覧 Hirohiko Okamura, Hiroyuki Morimoto, Michi Fujita, Fumio Nasu, Eiko Sasaki and Tatsuji Haneji : Suppression of Egr-1 expression in human oral squamous carcinoma cells by okadaic acid., Oral Oncology, Vol.38, No.8, 779-784, 2002. ...
閲覧 成田 かすみ, 飯野 光喜, 熊谷 美香子, 能登谷 武, 面川 進, 高田 五郎, 山岡 薫, 大貫 敬嘉, 三好 好太郎, 永井 宏和, 福田 雅幸 : 自己PRPゲルの作製法と歯科口腔外科領域における臨床応用に関する検討, 自己血輸血, Vol.16, No.2, 139-145, 2003年. ...
閲覧 永井 宏和, 三好 康太郎, 大貫 敬嘉, 武蔵 哲貞, 山岡 薫, 福田 雅幸, 飯野 光喜 : ヒト顎関節滑膜細胞のメカニカルストレスに対する応答, 日本口腔外科学会雑誌, Vol.49, No.13, 929-930, 2003年(0月). ...
閲覧 羽地 達次 : 骨芽細胞における蛋白質脱リン酸化酵素とニュークレオリン, --- アポトーシス細胞におけるニュークレオリンの分解 ---, 解剖学雑誌, Vol.78, No.3, 71-75, 2003年3月. ...
閲覧 岡村 裕彦, 森本 景之, 羽地 達次 : 薬剤耐性扁平上皮癌細胞におけるMDR-1の発現と転写因子NF-Y, 第108回日本解剖学会総会, 2003年4月. ...
閲覧 森本 景之, 岡村 裕彦, 山下 菊治, 北村 清一郎, 羽地 達次 : 細胞周期およびアポトーシスにおける蛋白質脱リン酸化酵素1型アイソフォームの役割分担, 第108回日本解剖学会総会, 2003年4月. ...
閲覧 鬼頭 慎司, 森本 泰宏, 大庭 健, 羽地 達次 : アポトーシス誘導細胞におけるニュークレオリンとAgNORの分解, 第63回九州歯科学会総会, 2003年6月. ...
閲覧 羽地 達次, 佐々木 英子, 岡本 好史 : ビオチン結合蛋白の簡易検出法とその細胞内分布, 第22回四国歯学会総会, 2003年6月. ...
閲覧 Kaoru Yamaoka, Masayuki Fukuda, Seiichi Kuwajima, Hisako Hagiwara, Shinichi Toshima, Atsushi Matsuoka, Takayoshi Ohnuki, Hiroshi Seki, 永井 宏和, Mitsuyoshi Iino, Masato Sageshima : [Combination chemotherapy with nedaplatin and 5-fluorouracil for oral squamous cell carcinomas]., 癌と化学療法, Vol.30, No.7, 951-955, 2003年. ...
閲覧 Masayuki Fukuda, Mitsuyoshi Iino, Takayoshi Ohnuki, Hirokazu Nagai and Tetsu Takahashi : Vertical alveolar distraction osteogenesis with complications in a reconstructed mandible., The Journal of Oral Implantology, Vol.29, No.4, 185-188, 2003. ...
閲覧 鬼頭 慎司, 清水 克英, 森本 泰宏, 大庭 健, 羽地 達次 : オカダ酸誘導アポトーシス細胞におけるニュークレオリンの分解, 第45歯科基礎医学会総会, 2003年9月. ...
閲覧 清水 克英, 鬼頭 慎司, 岡村 裕彦, 羽地 達次 : アポトーシス細胞におけるニュークレオリンの分解とその分解産物の局在, 第45回歯科基礎医学会総会, 2003年9月. ...
閲覧 Akira Nakata, Takashi Kameda, Hirokazu Nagai, Kenji Ikegami, Yuqing Duan, Kunihiko Terada and Toshihiro Sugiyama : Establishment and characterization of a spontaneously immortalized mouse ameloblast-lineage cell line., Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.308, No.4, 834-839, 2003. ...
閲覧 飯野 光喜, 福田 雅幸, 永井 宏和, 大貫 敬嘉, 山岡 薫, 戸嶋 慎一 : チタンメッシュと両側後腸骨稜より採取した海綿骨細片による下顎骨再建, 日本口腔科学会雑誌, Vol.52, No.5, 253-260, 2003年. ...
閲覧 佐々木 英子, 那須 史男, 岡本 好史, 岡村 裕彦, 羽地 達次 : ビオチン含有蛋白の簡易検出法とその細胞内分布, 第58回日本解剖学会中国,四国地方会, 2003年11月. ...
閲覧 Kouichi Miura, Hirokazu Nagai, Yasuharu Ueno, Takashi Goto, Ken-ichiro Mikami, Kunio Nakane, Kazuo Yoneyama, Daisuke Watanabe, Kunihiko Terada, Toshihiro Sugiyama, Katsuyuki Imai, Haruki Senoo and Sumio Watanabe : Epimorphin is involved in differentiation of rat hepatic stem-like cells through cell-cell contact., Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.311, No.2, 415-423, 2003. ...
閲覧 永井 宏和, 大貫 敬嘉, 三好 康太郎, 武蔵 哲貞, 山岡 薫, 福田 雅幸, 宮本 洋二 : ヒト顎関節由来滑膜細胞の分離とその特性, 日本口腔外科学会雑誌, Vol.50, No.13, 906, 2004年(0月). ...
閲覧 羽地 達次 : カラーアトラス 口腔組織発生学 第2版 (分担), わかば出版, 東京, 2004年3月. ...
閲覧 S. H. Oh, Masanori Nakano, Eiichi Bando, Shuji Shigemoto and Motoharu Kori : Evaluation of proximal tooth contact tightness at rest and during clenching, Journal of Oral Rehabilitation, Vol.31, No.6, 538-545, 2004. ...
閲覧 藤原 めぐみ, 岡本 好史, 佐々木 英子, 羽地 達次 : アビジン結合蛋白の細胞内小器官における局在, 第23回四国歯学会総会, (巻), (号), (頁), 2004年6月. ...
閲覧 Masayuki Fukuda, Tetsu Takahashi, Hirokazu Nagai and Mitsuyoshi Iino : Implant-supported edentulous maxillary obturators with milled bar attachments after maxillectomy., Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Vol.62, No.7, 799-805, 2004. ...
閲覧 Masayuki Fukuda, Mitsuyoshi Iino, Kaoru Yamaoka, Takayoshi Ohnuki, Hirokazu Nagai and Tetsu Takahashi : Two-stage distraction osteogenesis for mandibular segmental defect., Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Vol.62, No.9, 1164-1168, 2004. ...
閲覧 Tatsuji Haneji : Association of protein phosphatase 1 delta with nucleolin in osteoblastic cells and cleavage of nucleolin in apoptosis-induced cells, The 4th International Conference of China on Anatomical Sciences, Wuhan, China, Oct. 2004. ...
閲覧 永井 宏和, 村山 大悟, 中田 憲, 武蔵 哲貞, 大貫 敬嘉, 福田 雅幸, 宮本 洋二 : 頬部に生じた孤立性神経線維腫の一例, 日本口腔外科学会雑誌, Vol.51, No.Suppl., 152, 2005年(0月). ...
閲覧 永井 宏和, 武蔵 哲貞, 三好 康太郎, 大貫 敬嘉, 中田 憲, 福田 雅幸, 宮本 洋二 : ヒト顎関節由来滑膜表層細胞の骨,軟骨,脂肪への分化, 日本口腔科学会雑誌, Vol.54, No.4, 497, 2005年(0月). ...
閲覧 Hirokazu Nagai, Y Miyamoto, T Musashi, T Ohnuki, M Fukuda, T Yuasa, Y Momota, S Matsuya and K Ishikawa : Effects of low crystalline carbonate apatite on proliferation and osteoblastic differentiation of human bone marrow cells., Arch BioCeramics Research., Vol.5, 83-86, 2005. ...
閲覧 M Fukuda, Y Miyamoto and Hirokazu Nagai : Application of carbonate apatite to bone reconstruction: fabrication and histological evaluation of low crystalline carbonate apatite., Arch BioCeramics Research., Vol.5, 75-78, 2005. ...
閲覧 Tatsuji Haneji : Association of protein phosphatase 1 delta with nucleolin in osteoblastic cells and cleavage of nucleolin in apoptosis-induced osteoblastic cells, Acta Histochemica et Cytochemica, Vol.38, No.1, 1-8, 2005. ...
閲覧 Shinji Kito, Yasuhiro Morimoto, Tatsuro Tanaka, Tatsuji Haneji and Takeshi Ohba : Cleavage of nucleolin and AgNOR proteins during apoptosis induced by anticancer drugs in human salivary gland cells, Journal of Oral Pathology & Medicine, Vol.34, No.8, 478-485, 2005. ...
閲覧 西田 宗秀, Bruna Rabelo Amorim, 羽地 達次 : アビジン結合蛋白の簡易検出法と細胞内小器官における局在, 第110回日本解剖学会総会, 2005年3月. ...
閲覧 羽地 達次, 森本 景之 : 骨芽細胞のアポトーシスにおける核タンパクニュークレオリンの分解とタンパク質脱リン酸化酵素, 平成15-16年度日本学術振興会科学研究費補助金基盤研究 (C) (2) 報告書, 徳島, 2005年3月. ...
閲覧 Shuji Shigemoto, Eiichi Bando and Masanori Nakano : Utilities of Jaw Tracking Device in Six Degrees of Freedom Using Magnetic Field, International College of Prosthodontists, Greece, May 2005. ...
閲覧 重本 修伺 : 顎運動の測りかた, 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2005年7月. ...
閲覧 西川 啓介, 重本 修伺, 坂東 永一 : コンピュータ支援診断システム MM-JIからチェアーサイド咬合診査機器, The Journal of Dental Engineering, No.154, 11-14, 2005年7月. ...
閲覧 Tatsuji Haneji : Association of protein phosphatase 1 delta with nucleolin in osteoblastic cells and cleavage of nucleolin in apoptosis-induced cells, The 8th Chinese Congress of Oral Medicine, Harbin, China, Sep. 2005. ...
閲覧 Yasuharu Ueno, Hirokazu Nagai, Go Watanabe, Kiyoshi Ishikawa, Kiwamu Yoshikawa, Yukio Koizumi, Takashi Kameda and Toshihiro Sugiyama : Transplantation of rat hepatic stem-like (HSL) cells with collagen matrices., Hepatology Research, Vol.33, No.4, 277-284, 2005. ...
閲覧 永井 宏和, 中田 憲, 岩波 洋一, 高野 裕史, 福田 雅幸, 宮本 洋二 : ヒト顎関節からクローニングした滑膜細胞の骨,軟骨,脂肪への分化能, 日本口腔外科学会雑誌, Vol.52, No.Suppl., 112, 2006年(0月). ...
閲覧 羽地 達次 : Ten Cate 口腔組織学第6版 (分担訳), 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2006年1月. ...
閲覧 羽地 達次 : Ten Cate 口腔組織学第6版 付録問題集 (訳), 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2006年1月. ...
閲覧 Akiko Ozaki, Hiroyuki Morimoto and Tatsuji Haneji : Okadaic acid induces phosphorylation of IkBa and p65NF-kB and activates NF-kB transcriptional activity in human osteoblastic MG63 cells, The 7th International Congress of Protein Phosphatases, Kobe, Feb. 2006. ...
閲覧 羽地 達次 : 口の機能と口に関するさまざまな病気, 食生活, Vol.100, No.3, 14-19, 2006年3月. ...
閲覧 尾崎 明子, 森本 景之, 羽地 達次 : 蛋白質脱リン酸化酵素阻害剤によるIkBa/NF-kBのリン酸化, 第111回日本解剖学会総会, 2006年3月. ...
閲覧 大庭 健, 森本 泰宏, 上山 吉哉, 羽地 達次, 森本 景之 : 口腔癌細胞における薬剤耐性とアポトーシス誘導機構の解明, 平成17-18年度日本学術振興会科学研究費補助金基盤研究 (C) (1) 報告書, 北九州, 2006年3月. ...
閲覧 羽地 達次 : 歯科医学教育白書2005, 日本歯科医学教育学会雑誌別冊教育白書2005, 東京, 2006年6月. ...
閲覧 羽地 達次 : 口腔組織 発生学 (分担), 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2006年8月. ...
閲覧 永井 宏和, 中田 憲, 岩波 洋一, 高野 裕史, 福田 雅幸, 宮本 洋二 : ヒト顎関節滑膜細胞を介したメカニカルストレスによる関節破壊機構の解明, 日本口腔外科学会雑誌, Vol.53, No.Suppl., 152, 2007年(0月). ...
閲覧 永井 宏和, 中田 憲, 大貫 敬嘉, 岩波 洋一, 湯浅 哲也, 武知 正晃, 福田 雅幸, 宮本 洋二 : 骨再生 低結晶性炭酸アパタイトの顎骨再建への応用に関する基礎的研究(第2報) ヒト骨髄細胞の増殖および骨芽細胞への分化に与える影響, 日本口腔科学会雑誌, Vol.56, No.1, 112-113, 2007年(0月). ...
閲覧 永井 宏和 : 専門医が答えるQ&A「秋田の病気あれこれ」改訂版(秋田大学医学部附属病院 編) 顎変形症について, 秋田魁新報社, 秋田, 2007年(0月). ...
閲覧 羽地 達次 : 手動式タイプライターからコンピューターへ, 徳島大学高度情報化基盤センター「広報」, Vol.13, 25-27, 2007年(0月). ...
閲覧 羽地 達次 : なるほど現代歯塾(分担), 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2007年2月. ...
閲覧 Akiko Ozaki, Hiroyuki Morimoto and Tatsuji Haneji : Okadaic acid induces phosphorylation of IkBa and p65NF-kB and activates NF-kB transcriptional activity in human osteoblastic MG63 cells, The 1st international symposium and workshop"The future direction of oral sciences in the 21st century", Awajishima, March 2007. ...
閲覧 羽地 達次, 森本 景之 : 骨芽細胞におけるオカダ酸誘導アポトーシスと核小体蛋白分解機構の解明, 平成18-19年度日本学術振興会科学研究費補助金基盤研究 (C) (2) 報告書, 徳島, 2007年3月. ...
閲覧 Hirohiko Okamura and Tatsuji Haneji : Role of transcription factors in multidrug resistance and apoptosis, Dentistry in Japan, Vol.43, No.1, 1-6, 2007. ...
閲覧 羽地 達次 : カラーアトラス口腔組織発生学 (韓国語訳), DaehanNarae Publishing , Inc, ソウル, 2007年4月. ...
閲覧 Akira Nakata, Masayuki Fukuda, Youichi Iwanami, Haruka Ito, Hiroshi Takano, 永井 宏和, Hiroshi Nanjo, Youji Miyamoto : 口腔扁平上皮癌に対するS-1とDocetaxel併用療法の臨床効果に関する検討, 癌と化学療法, Vol.34, No.13, 2237-2240, 2007年. ...
閲覧 永井 宏和, 中田 憲, 高野 裕史, 福田 雅幸, 伊藤 悠, 佐藤 扶美子, 宮本 洋二 : ヒト軟骨細胞のメカニカルストレスに対する応答, 日本口腔外科学会雑誌, Vol.54, No.Suppl., 65, 2008年(0月). ...
閲覧 羽地 達次 : 2007 Tokushima Bioscience・COE Retreat 実施報告書, (誌名), 徳島, 2008年2月. ...
閲覧 辻 けい子, 木内 奈央, 大庭 康雄, 森山 啓司 : 過去20年間に徳島大学医学部・歯学部附属病院矯正歯科に来院した開咬患者の実態調査, 中·四国矯正歯科学会雑誌, Vol.20, No.1, 97-103, 2008年. ...
閲覧 柳田 剛志, 黒田 晋吾, 山城 隆 : ミニスクリューを使用して治療を行った叢生を伴うアングルⅡ級成人症例, --- ミニスクリューを用いた上顎大臼歯の遠心移動 ---, 中·四国矯正歯科学会雑誌, Vol.20, No.1, 77-84, 2008年. ...
閲覧 菅原 康代, 黒田 晋吾, 山田 和代, 山本 照子, 山城 隆 : 下顎枝垂直骨切り術を行った上顎両側側切歯矮小歯を伴う骨格性下顎前突症例, 中·四国矯正歯科学会雑誌, Vol.20, No.1, 71-76, 2008年. ...
閲覧 黒田 晋吾, 藤井 昭仁, 魚井 静華, 杉江 麻衣子, 近藤 綾介, 安藤 涼子, 山城 隆 : 上顎前突に対する矯正治療の必要性の認識と専門的知識の関連性:矯正医,研修医,歯学部学生における比較, 第67回日本矯正歯科学会学術大会, 2008年9月. ...
閲覧 山田 和代, 黒田 晋吾, 出口 徹, 山本 照子, 山城 隆 : ミニスクリューを固定源に用いた非抜歯症例における上顎大臼歯の遠心移動, 第67回日本矯正歯科学会学術大会, 2008年9月. ...
閲覧 出口 徹, 及川 拓, 黒坂 寛, 橋本 隆志, 黒田 晋吾, 山城 隆, 山本 照子 : 成人開咬症例においてミニインプラントを固定源とした治療法の臨床評価, --- -従来の治療法との比較・検討- ---, 第67回日本矯正歯科学会学術大会, 2008年9月. ...
閲覧 酒井 雄一, 黒田 晋吾, 石原 嘉人, 山城 隆, 山本 照子 : ミニスクリューを用いて下顎第一,第二大臼歯の著しい近心傾斜と改善したアングルIII級症例, 第67回日本矯正歯科学会学術大会, 2008年9月. ...
閲覧 玉村 長都, 黒田 晋吾, 山本 照子, 山城 隆 : 上顎第二小臼歯を抜歯しミニスクリューと舌側マルチブラケット装置で治療した上下顎前突症例, 第67回日本矯正歯科学会学術大会, 2008年9月. ...
閲覧 石原 嘉人, 黒田 晋吾, 山城 隆 : 顎関節症の症状を有した高齢の骨格性下顎前突症患者に外科的矯正治療を行った一例, 第67回日本矯正歯科学会学術大会, 2008年9月. ...
閲覧 村上 隆, 黒田 晋吾, 山城 隆 : ミニスクリューを用いて片側性に艇出した大臼歯を圧下させて咬合平面の傾斜を改善した過蓋咬合症例, 第67回日本矯正歯科学会学術大会, 2008年9月. ...
閲覧 羽地 達次, 後藤 哲哉 : 組織細胞化学からみた硬組織研究の展開, 第49回日本組織細胞化学会総会・学術集会, 2008年10月. ...
閲覧 Takashi Hashimoto, Shingo Kuroda, Lihua E, Yuko Tanimoto, Shouichi Miyawaki and Teruko Takano-Yamamoto : Correlation between craniofacial and condylar path asymmetry., Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Vol.66, No.10, 2020-2027, 2008. ...
閲覧 T Hashimoto, Shingo Kuroda, T Kataoka, H Oikawa, S Miyawaki, T Yamashito and T Takano-Yamamoto : Influence of asymmetric mandible on masticatory performance, 第56回国際歯科研究学会日本部会(JADR) 総会・学術大会, Nov. 2008. ...
閲覧 玉谷 哲也, 内田 大亮, 茂木 勝美, 大江 剛, 尾上 富太郎, 東 雅之, 永井 宏和, 宮本 洋二 : 最近,頭を悩ませた臨床症例(その3), 四国歯学会雑誌, Vol.22, No.2, 202-203, 2009年(0月). ...
閲覧 永井 宏和, 宮本 洋二 : 顎関節症に対する顎関節腔穿刺療法の実際, 四国歯学会雑誌, Vol.22, No.2, 202, 2009年(0月). ...
閲覧 Shingo Kuroda, Takako Sugahara, Souichirou Takabatake, Hiroaki Taketa, Ryoko Ando and Teruko Takano-Yamamoto : Influence of anteroposterior mandibular positions on facial attractiveness in Japanese adults., American Journal of Orthodontics and Dentofacial Orthopedics (AJO-DO), Vol.135, No.1, 73-78, 2009. ...
閲覧 Kazuyo Yamada, Shingo Kuroda, Toru Deguchi, Teruko Takano-Yamamoto and Takashi Yamashiro : Distal movement of maxillary molars using miniscrew anchorage in the buccal interradicular region., The Angle Orthodontist, Vol.79, No.1, 78-84, 2009. ...
閲覧 Mitsuyoshi Iino, Masayuki Fukuda, Hirokazu Nagai, Yoshiki Hamada, Hiroyuki Yamada, Kazutoshi Nakaoka, Yoshiyuki Mori, Daichi Chikazu, Hideto Saijo, Ichiro Seto, Kazumi Ohkubo and Tsuyoshi Takato : Evaluation of 15 mandibular reconstructions with Dumbach Titan Mesh-System and particulate cancellous bone and marrow harvested from bilateral posterior ilia., Oral Surgery, Oral Medicine, Oral Pathology, Oral Radiology, and Endodontics, Vol.107, No.4, e1-8, 2009. ...
閲覧 羽地 達次 : カラーアトラス 口腔組織発生学 第3版 (分担), わかば出版, 東京, 2009年3月. ...
閲覧 羽地 達次, 名取 真一 : 歯の進化から人類の起源を探る, 第114回日本解剖学会総会, 2009年3月. ...
閲覧 Shingo Kuroda, Kazuyo Yamada, Toru Deguchi, Hee-Moon Kyung and Teruko Takano-Yamamoto : Class II malocclusion treated with miniscrew anchorage: comparison with traditional orthodontic mechanics outcomes., American Journal of Orthodontics and Dentofacial Orthopedics (AJO-DO), Vol.135, No.3, 302-309, 2009. ...
閲覧 Takashi Hashimoto, Shingo Kuroda, Hiroshi Kamioka, Katsuaki Mishima, Toshio Sugahara and Teruko Takano-Yamamoto : Bimaxillary protrusion with masseter muscle hypertrophy treated with titanium screw anchorage and masseter surgical reduction., American Journal of Orthodontics and Dentofacial Orthopedics (AJO-DO), Vol.135, No.4, 536-548, 2009. ...
閲覧 Y Sakai, T A. Balam, Shingo Kuroda, N Tamamura, T Fukunaga, M Takigawa and T Takano-Yamamoto : CTGF and apoptosis in mouse osteocytes induced by tooth movement., Journal of Dental Research, Vol.88, No.4, 345-350, 2009. ...
閲覧 Nagato Tamamura, Shingo Kuroda, Yasuyo Sugawara, Teruko Takano-Yamamoto and Takashi Yamashiro : Use of palatal miniscrew anchorage and lingual multi-bracket appliances to enhance efficiency of molar scissors-bite correction., The Angle Orthodontist, Vol.79, No.3, 577-584, 2009. ...
閲覧 Shingo Kuroda : Treatment of Class II patiens using microscrew anchorage:Non-extraction or extraction?, The 4th Annual World Microimplant Anchorage(WMIA ) Congress, Boston, May 2009. ...
閲覧 Shingo Kuroda, Kaoru Murakami, Yasuko Morishige and Teruko Takano-Yamamoto : Severe Class II malocclusion with facial asymmetry treated with intraoral vertico-sagittal ramus osteotomy and LeFort I osteotomy., American Journal of Orthodontics and Dentofacial Orthopedics (AJO-DO), Vol.135, No.6, 809-819, 2009. ...
閲覧 Sakai Yuichi, Shingo Kuroda, Tamamura Nagato, Yamashiro Takashi and Takano-Yamamoto Teruko : A case of severe crowding with nickel allergy, treated using non-nickel-containing orthodontic appliances, Orthodontic Waves, Vol.68, No.3, 129-136, 2009. ...
閲覧 森本 景之, 佐藤 永洋, 馬場 良子, 中俣 潤一, 土肥 良秋, 羽地 達次 : 蛋白質脱リン酸化酵素阻害剤によるアポトーシス誘導における蛋白質相互作用, 日本Cell Death学会 第18回学術集会, 2009年9月. ...
閲覧 Tatsuji Haneji : The improvement of teaching and learning quality of oral biology and basic sciences, Oral Biology Internal Workshop, Yogyakarta, Indonesia, Sep. 2009. ...
閲覧 Tatsuji Haneji : Cell culture and its application to dental basic research, Cell culture and its application to dental basic research: in Oral Biology Lecture for Undergraduate Students, Yogyakarta, Indonesia, Sep. 2009. ...
閲覧 Tatsuji Haneji : Basic methods and general techniques of cell culture and protein phosphorylation and dephosphorylation in bone cell function, Internal Workshop on Oral Hard Tissues to Improve Research Capacity of Oral Biology Departments, Yogyakarta, Indonesia, Sep. 2009. ...
閲覧 Teruko Takano-Yamamoto and Shingo Kuroda : [Diagnosis and therapy of adult patients with facial asymmetry], L' Orthodontie Française, Vol.80, No.3, 313-329, 2009. ...
閲覧 羽地 達次 : 蛋白質リン酸化および脱リン酸化と骨芽細胞の分化, 第123回徳島生物学会, 2009年11月. ...
閲覧 石原 嘉人, 黒田 晋吾, 福永 智広, 菅原 康代, 山本 照子, 山城 隆 : 多発顎顔面骨折受傷に起因した顔面非対称を伴う骨格性開咬患者に外科的矯正治療を行った一症例, 第68回日本矯正歯科学会学術大会, 2009年11月. ...
閲覧 柳田 剛志, 黒田 晋吾, 山城 隆 : ミニスクリューを固定源に用いて治療した重篤な叢生を伴う骨格性III級の一症例, 第68回日本矯正歯科学会学術大会, 2009年11月. ...
閲覧 Takashi Hashimoto, Tomohiro Fukunaga, Shingo Kuroda, Yuichi Sakai, Takashi Yamashiro and Teruko Takano-Yamamoto : Mandibular deviation and canted maxillary occlusal plane treated with miniscrews and intraoral vertical ramus osteotomy: Functional and morphologic changes., American Journal of Orthodontics and Dentofacial Orthopedics (AJO-DO), Vol.136, No.6, 868-877, 2009. ...
閲覧 Shingo Kuroda, Takumi Okada, Tetsuro Ishimitsu, Yuko Tanimoto, Shouichi Miyawaki and Teruko Takano-Yamamoto : Longitudinal craniofacial changes in Japanese adults with untreated maxillary and mandibular protrusions, Orthodontic Waves, Vol.68, No.4, 158-165, 2009. ...
閲覧 黒田 晋吾 : 別冊 Quintessence 矯正家のための矯正YEAR BOOK '09, --- 顎関節症をともなう骨格性Ⅱ級前歯部開咬症例 ---, クインテッセンス出版 株式会社, 東京, 2009年12月. ...
閲覧 高野 裕史, 高橋 哲, 永井 宏和, 中田 憲, 伊藤 悠, 遊佐 和之, 福田 雅幸 : ヒト顎関節由来培養滑膜細胞における機械的圧縮ストレスのRANKL発現に及ぼす影響, 日本口腔外科学会雑誌, Vol.56, No.Suppl., 234, 2010年(0月). ...
閲覧 高野 裕史, 高橋 哲, 永井 宏和, 中田 憲, 伊藤 悠, 福田 雅幸 : 機械的圧縮ストレスがヒト顎関節由来培養滑膜細胞へ及ぼす破骨細胞誘導メカニズムの解析, 日本顎関節学会雑誌, Vol.22, No.Suppl., 77, 2010年(0月). ...
閲覧 Shingo Kuroda, Akihito Fuji, Maiko Sugie, Shizuka Uoi, Ryosuke Kondo, Ryoko Ando and Takashi Yamashiro : Relationship between orthodontic expertise and perception of treatment needs for maxillary protrusion: comparison of dental students, residents, and orthodontists., American Journal of Orthodontics and Dentofacial Orthopedics (AJO-DO), Vol.137, No.3, 340-345, 2010. ...
閲覧 Rima Wazen, Shingo Kuroda, Clarice Nishio, JB Brunski and Antonio Nanci : Gene expression profiling by DNA microarray and histomorphometric analyses of healing bone around nanotextured implants, 37th European Symposium on Calcified Tissues (ECTS), Glasgow, June 2010. ...
閲覧 羽地 達次 : 基礎系教育講演「蛋白質リン酸化と脱リン酸化による骨形成と骨吸収」, 第29回四国歯学会総会, 2010年7月. ...
閲覧 森本 景之, 馬場 良子, 佐藤 永洋, 中俣 潤一, 土肥 良秋, 羽地 達次 : 消化管上皮における二本鎖RNA依存プロテインキナーゼ (PKR) の局在, 消化管上皮における二本鎖RNA依存プロテインキナーゼ (PKR) の局在, 2010年7月. ...
閲覧 Clarice Nishio, Rima Wazen, Shingo Kuroda, Pierre Moffatt and Antonio Nanci : Expression pattern of Apin and Amelotin during formation and regeneration of the junctional epithelium, 10th Tooth Morphogenesis and Differentiation, (巻), (号), (頁), Berlin, Sep. 2010. ...
閲覧 Yoshihito Ishihara, Shingo Kuroda, Noriaki Kawanabe, Teruko Takano-Yamamoto and Takashi Yamashiro : Intraoral vertical ramus osteotomy improved the stomatognathic function in an elderly patient with mandibular protrusion: a case report., Acta Medica Okayama, Vol.64, No.5, 345-349, 2010. ...
閲覧 村上 隆, 藤井 昭仁, 黒田 晋吾, 山城 隆 : 下顎前突に対する矯正治療の必要性の認識と専門的知識の関連性, 第69回日本矯正歯科学会大会, 2010年10月. ...
閲覧 C Nishio, R Wazen, Shingo Kuroda, P Moffatt and A Nanci : Disruption of periodontal integrity induces expression of apin by epithelial cell rests of Malassez., Journal of Periodontal Research, Vol.45, No.6, 709-713, 2010. ...
閲覧 Clarice Nishio, Rima Wazen, Shingo Kuroda, Pierre Moffatt and Antonio Nanci : Expression pattern of odontogenic ameloblast-associated and amelotin during formation and regeneration of the junctional epithelium., European Cells & Materials, Vol.20, (号), 393-402, 2010. ...
閲覧 Shingo Kuroda : Treatment strategy using TADs for adult Class III malocclusions, 2nd World Implant Orthodontic Conference & 9th Asian Implant Orthodontic Conference, Taipei, Dec. 2010. ...
閲覧 Shingo Kuroda, Clarice Nishio, Rima Wazen, Pierre Moffat and Antonio Nanci : Expression of Bril during periodontal tissue remodeling caused by mechanical stress, 57th Annual Meeting of the Orthopedic Research Society, Long beach, Jan. 2011. ...
閲覧 RIma Wazen, Shingo Kuroda, Clarice Nishio, JB Burunski and Antonio Nanci : Gene expression profiling by DNA microarray and histomorphometric analyses of healing bone around nanotextured implants, 57th Annual Meeting of the Orthopedic Research Society, Long Beach, Jan. 2011. ...
閲覧 Rima Wazen, Shingo Kuroda, Pierre Moffat and Antonio Nanci : Odam Gene Inactivation Results in a Defective Jounctional Epithelium, 89th The International Association for Dental Research, San Diego, March 2011. ...
閲覧 Kanji Hirashima and Tatsuji Haneji : Localization of protein phosphatase 1 delta and induction of apoptosis with a protein phosphatase inhibitor, The Jouranal of Physiological Sciences, Vol.61, No.Supplement 1, PS41, March 2011. ...
閲覧 Hirohiko Okamura and Tatsuji Haneji : Calcineurin regulates phosphorylation status of Osterix at Serine 73 site, The Jouranal of Physiological Sciences, Vol.61, No.Supplement 1, S262, March 2011. ...
閲覧 Toru Deguchi, Hiroshi Kurosaka, Hiraku Oikawa, Shingo Kuroda, Ichiro Takahashi, Takashi Yamashiro and Teruko Takano-Yamamoto : Comparison of orthodontic treatment outcomes in adults with skeletal open bite between conventional edgewise treatment and implant-anchored orthodontics., American Journal of Orthodontics and Dentofacial Orthopedics (AJO-DO), Vol.139, No.4 Suppl, S60-8, 2011. ...
閲覧 C Nishio, R Wazen, Shingo Kuroda, P Moffatt and A Nanci : P44-expression pattern of APIN and amelotin during formation and regeneration of the junctional epithelium, Bulletin du Groupèment International pour la Recherche Scientifique en Stomatologie & Odontologie, Vol.49, No.3, 111-112, 2011. ...
閲覧 Takeshi Yanagita, Shingo Kuroda, Teruko Takano-Yamamoto and Takashi Yamashiro : Class III malocclusion with complex problems of lateral open bite and severe crowding successfully treated with miniscrew anchorage and lingual orthodontic brackets., American Journal of Orthodontics and Dentofacial Orthopedics (AJO-DO), Vol.139, No.5, 679-689, 2011. ...
閲覧 Shingo Kuroda : MIA pushes the limits of clinical orthodontics, The 6th Annual World Microimplant Anchorage (WMIA ) Congress, Chicago, May 2011. ...
閲覧 Shingo Kuroda : Effective use of anchorage devices in non-growing Class III patients - Are traditional approaches outdated?, The 111th American Association of Orthodontists Annual Session, Chicago, May 2011. ...
閲覧 羽地 達次, 森本 景之 : 蛋白質脱リン酸化反応とアポトーシス:(シンポジウム:細胞死の分子機構 -形でみる細胞死-), 日本顕微鏡学会第67回学術講演会, 2011年5月. ...
閲覧 Shingo Kuroda, Rima Wazen, Sellin Karen, Pierre Moffat and Antonio Nanci : Ameloblastin dose not influence osteogenesis in vitro and in vivo, Enamel conference VIII, Utica, June 2011. ...
閲覧 Shingo Kuroda : Skeletal anchorage facilitates the treatment of jaw deformities with vertical discrepancy: its application and limitations, 第21回日本顎変形症学会総会・30周年記念国際シンポジウム, Tokyo, June 2011. ...
閲覧 石原 嘉人, 黒田 晋吾, 山本 照子, 山城 隆 : 多発顎顔面骨折受傷に起因した顔面非対称を伴う骨格性開咬患者に外科的矯正治療を行った一症例, 第21回日本顎変形症学会総会・30周年記念国際シンポジウム, 東京, 2011年6月. ...
閲覧 (種別) : Go Watanabe, Hiroshi Nanjo, Hirokazu Nagai, Jingshu Wang, Souichi Koyota, Yuzo Yamamoto and Toshihiro Sugiyama : A novel monoclonal antibody identified hepatic stem-like cells in rats., Medical Molecular Morphology, Vol.44, No.2, 103-110, (発行所), (都市), June 2011. ...
閲覧 平島 寛司, 中島 義基, 羽地 達次 : オカダ酸誘導アポトーシスとB23の分解, 第30回分子病理研究会, (頁), 2011年7月. ...
閲覧 重本 修伺 : 顎位,顎運動の表現方法, 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2011年9月. ...
閲覧 重本 修伺 : 顎運動と歯列形態・顎関節形態の可視化, 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2011年9月. ...
閲覧 重本 修伺 : 咬合の5要素, 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2011年9月. ...
閲覧 大塩 恭仁, 重本 修伺, 石川 輝明, 鈴木 善貴, 中村 真弓, 板東 伸幸, 郡 元治, 神原 佐知子, 杉尾 隆夫, 坂東 永一 : 観測点が顆頭運動経路に及ぼす影響, 平成22年度 日本補綴歯科学会中国・四国支部学術大会, 2011年9月. ...
閲覧 Shuji Shigemoto and Yoshitaka Suzuki : Characteristics Of Jaw Movement Patterns During Sleep Associated Bruxism, 14th Meeting of the International College of Prosthodontists Program and Abstruct, 178-179, Hawaii, Sep. 2011. ...
閲覧 Yoshitaka Suzuki and Shuji Shigemoto : Characteristics Of Jaw Movement Patterns During Sleep Associated Bruxism, 14th Meeting of the International College of Prosthodontists Program and Abstruct, 64, Hawaii, Sep. 2011. ...
閲覧 森本 景之, 羽地 達次 : 小腸上皮細胞におけるPKRを介したアポトーシスの誘導, 第53回歯科基礎医学会総会, 2011年10月. ...
閲覧 中島 義基, 羽地 達次 : RANKLに誘導される破骨細胞の分化におけるJmjd3-IF4シグナルの役割, 第53回歯科基礎医学会総会, 2011年10月. ...
閲覧 Shingo Kuroda : TADs facilitate interdisciplinary approach for patients with multiple missing teeth, 3nd World Implant Orthodontic Conference, Verona, Oct. 2011. ...
閲覧 石原 嘉人, 黒田 晋吾, 住吉 久美, 山本 照子, 山城 隆 : 健全歯の可及的な保存を目指して治療した骨格性上顎前突症例, 第70回日本矯正歯科学会学術大会, 2011年10月. ...
閲覧 岡村 裕彦, 羽地 達次 : PP2A C 骨芽細胞分化と破骨細胞誘導機能を調節する, 日本解剖学会 第66回中国・四国支部学術集会, 2011年11月. ...
閲覧 平島 寛司, 羽地 達次 : オカダ酸誘導アポトーシスとB23の分解, 「骨とCaクラスター」ミニリトリート, 2011年12月. ...
閲覧 黒田 晋吾 : 別冊 Quintessence 矯正家のための矯正YEAR BOOK '11, --- 矯正歯科専門医への道 in Canada カナダにおける矯正歯科卒後研究の現状 ---, クインテッセンス出版 株式会社, 東京, 2011年12月. ...
閲覧 Shingo Kuroda : Application of micro implant anchorage for Class II treatment, Munbai Update on MIA and Lingual Therapy 2011, Munbai, Dec. 2011. ...
閲覧 Juliana Santos Neves Dos, Rima M. Wazen, Shingo Kuroda, Sylvia Zalzal Francis, Pierre Moffatt and Antonio Nanci : Odontogenic ameloblast-associated and amelotin are novel basal lamina components., Histochemistry and Cell Biology, Vol.137, No.3, 329-338, 2012. ...
閲覧 Shingo Kuroda : Class II correction with interradicular mini-screws for distalizing the entire arch, Platinum Jubilee Celebrations of Nair Hospital Dental College, Mumbai, Jan. 2012. ...
閲覧 Shingo Kuroda : TADs facilitates the treatment of vertical discrepancy: its application and limitations, Platinum Jubilee Celebrations of Nair Hospital Dental College, Mumbai, Jan. 2012. ...
閲覧 Shingo Kuroda : Ten Cate's Oral Histology 8th ed., --- Facial growth and development ---, Elsevier, St.Louis, March 2012. ...
閲覧 森重 靖子, 黒田 康子, 黒田 晋吾 : 永久歯列完成期に2 x 4装置とヘッドギアの適用が奏効した上顎前突症例, 中·四国矯正歯科学会雑誌, Vol.24, No.1, 27-36, 2012年. ...
閲覧 村上 薫, 吉川 仁育, 古谷 昌裕, 黒田 晋吾 : 比較的高齢患者に上下顎同時手術を行った骨格性開咬症例, 中·四国矯正歯科学会雑誌, Vol.24, No.1, 37-44, 2012年. ...
閲覧 村田 智子, 石原 嘉人, 黒田 晋吾, 山本 照子, 山城 隆 : 上下顎骨骨切り術による外科的矯正治療を行った骨格性下顎前突症例の10年保定, 中·四国矯正歯科学会雑誌, Vol.24, No.1, 53-62, 2012年. ...
閲覧 Tatsuji Haneji and Hiroyuki Morimoto : Protein kinases and protein phosphatases in bone formation and bone resorption, 14th International Congress of Histochemistry and Cytochemistry, Kyoto, Aug. 2012. ...
閲覧 中島 義基, 森本 景之, 羽地 達次 : RANKLに誘導される破骨細胞の分化におけるIRF4の役割, 第54回歯科基礎医学会総会, 2012年9月. ...
閲覧 羽地 達次 : 蛋白質リン酸化と脱リン酸化による骨形成と骨吸収, 四国歯学会雑誌, Vol.24, No.2, 45-50, 2012年9月. ...
閲覧 Iwata Mitsuhiro, Shingo Kuroda and Tamamura Nagato : Orthodontic implants save many more teeth of patients with periodontitis, 98th Annual Meeting American Academy of Periodontology in collaboration with the Japanese Society of Periodontology, Los Angeles, Sep. 2012. ...
閲覧 Yoshihito Ishihara, Shingo Kuroda, Akiyoshi Nishiyama, Akira Sasaki, Teruko Takano-Yamamoto and Takashi Yamashiro : Functional improvements after orthodontic-surgical reconstruction in a patient with multiple maxillofacial fractures., American Journal of Orthodontics and Dentofacial Orthopedics (AJO-DO), Vol.142, No.4, 534-545, 2012. ...
閲覧 Shingo Kuroda : Do you believe the maxillary group distalization using interradicular miniscrews?, 4th World Implant Orthodontics Conference, Sydney, Oct. 2012. ...
閲覧 Di Yang, Hirohiko Okamura, Yoshiki Nakashima and Tatsuji Haneji : Involvement of Jmjd3 in osteoblast differentiation, 日本解剖学会 第67回中国・四国支部学術集会, Oct. 2012. ...
閲覧 岡村 裕彦, _Di Yang, 羽地 達次 : Protein phosphatase 2Aは骨肉腫細胞の形態および増殖能を制御する, 日本解剖学会 第67回中国・四国支部学術集会, 2012年10月. ...
閲覧 羽地 達次 : 徳島大学歯学部における研究医養成の現状, 日本解剖学会 第67回中国・四国支部学術集会, 2012年10月. ...
閲覧 平島 寛司, 羽地 達次 : オカダ酸によるMG63細胞のアポトーシス誘導とその機構, 日本解剖学会 第67回中国・四国支部学術集会, 2012年10月. ...
閲覧 重本 修伺 : 口腔顎顔面領域における磁気計測技術の応用, (誌名), (巻), (号), (頁), 2012年11月. ...
閲覧 平島 寛司, 羽地 達次 : オカダ酸によるMG63細胞のアポトーシス誘導とその機構, 徳島生物学会, 2012年12月. ...
閲覧 Hiroyuki Morimoto, Ryoko Baba, Tatsuji Haneji and Yoshiaki Doi : Double-stranded RNA-dependent protein kinase regulates insulin-stimulated chondrogenesis in mouse clonal chondrogenic cells, ATDC-5., Cell and Tissue Research, Vol.351, No.1, 41-47, 2013. ...
閲覧 中島 義基, 羽地 達次 : RANKLに誘導される破骨細胞の分化におけるIRF4の役割, 第118回日本解剖学会総会, 2013年3月. ...
閲覧 岡村 裕彦, Di Yang, 羽地 達次 : 骨肉腫細胞の増殖におけるProtein phosphatase 2Aの役割, 第118回日本解剖学会総会, 2013年3月. ...
閲覧 Di Yang, Hirohiko Okamura, Yoshiki Nakashima and Tatsuji Haneji : The regulation of osteoblast differentiation by Jmjd3, 第118回日本解剖学会総会, March 2013. ...
閲覧 平島 寛司, 羽地 達次 : オカダ酸によるMG63細胞のアポトーシス誘導とその機構, 第118回日本解剖学会総会, 2013年3月. ...
閲覧 阿久津 純一, 岡村 裕彦, 羽地 達次 : 骨芽細胞におけるプロテインホフォスファターゼ PP2Aの新たな標的因子の探索, 第118回日本解剖学会総会, 2013年3月. ...
閲覧 Yoshihito Ishihara, Shingo Kuroda, Yasuyo Sugawara, Tarek A. Balam, Teruko Takano-Yamamoto and Takashi Yamashiro : Indirect usage of miniscrew anchorage to intrude overerupted mandibular incisors in a Class II patient with a deep overbite., American Journal of Orthodontics and Dentofacial Orthopedics (AJO-DO), Vol.143, No.4 Suppl, S113-24, 2013. ...
閲覧 Shingo Kuroda : Diagnostic considerations in Class II treatment with TADs: extraction or distal movement?, The 113th American Association of Orthodontists Annual Session, Philadelphia, May 2013. ...
閲覧 Shingo Kuroda : Keep it simple - TADs making your orthodontics simple -, 2013 Alexander Discipline International sympogium, Arlinton, May 2013. ...
閲覧 菅原 千恵子 : 見逃さないでその症状!悪性病変の可能性はありませんか?, (誌名), (頁), 2013年6月. ...
閲覧 黒田 晋吾 : 歯科矯正用アンカースクリューを用いた治療の安定性, 第56回中·四国矯正歯科学会大会, 2013年7月. ...
閲覧 中島 義基, 羽地 達次 : RANKLに誘導される破骨細胞の分化におけるIRF4の役割, 第26回日本動物細胞工学2013年度大会, 2013年7月. ...
閲覧 Rima M. Wazen, Shingo Kuroda, Clarice Nishio, Karine Sellin, John B. Brunski and Antonio Nanci : Gene expression profiling and histomorphometric analyses of the early bone healing response around nanotextured implants., Nanomedicine, Vol.8, No.9, 1385-1395, 2013. ...
閲覧 Yoshiki Nakashima and Tatsuji Haneji : Stimulation of osteoclast formation by RANKL requires interferon regulatory factor-4 and is inhibited by simvastatin in a mouse model of bone loss, PLoS ONE, Vol.8, No.9, e72033, 2013. ...
閲覧 羽地 達次, 後藤 哲哉 : 多様化する骨形成・骨吸収細胞研究, 第55回歯科基礎医学会総会,サテライトシンポジウム2, 2013年9月. ...
閲覧 羽地 達次, 菱川 義隆 : 硬組織形成の組織細胞化学, 第54回日本組織細胞化学会総会・学術集会,ワークショップ3, 2013年9月. ...
閲覧 Takashi Murakami, Akihito Fujii, Yuya Kawabata, Hiroaki Takakura, Rie Tamaue, Tarek Ali Abdulsamad Balam, Shingo Kuroda, Noriaki Kawanabe, Hiroshi Kamioka and Takashi Takashiro : Relationship between orthodontic expertise and perception of treatment need for mandibular protrusion in Japan, Acta Medica Okayama, Vol.67, No.5, 277-283, 2013. ...
閲覧 Di Yang, Hirohiko Okamura, Yoshiki Nakashima and Tatsuji Haneji : Histone demethylase Jmjd3 regulates osteoblast differentiation via transcription factors Runx2 and Osterix, The Journal of Biological Chemistry, Vol.288, No.47, 33530-33541, 2013. ...
閲覧 石原 嘉人, 黒田 晋吾, 菅原 康代, バラム タレク, 山本 照子, 山城 隆 : 歯科矯正用アンカースクリューを間接的な固定源に用いた新しい下顎前歯圧下法の提案, 第72回日本矯正歯科学会大会, 2013年10月. ...
閲覧 黒田 晋吾 : 安全性に配慮した歯科矯正用アンカースクリューの使用法, 第72回日本矯正歯科学会大会, 2013年10月. ...
閲覧 黒田 晋吾 : 臨床家のための矯正YEAR BOOK '13, --- 歯科矯正用アンカースクリュー``アブソアンカーII''の臨床応用 ---, クインテッセンス出版 株式会社, 東京, 2013年10月. ...
閲覧 Shingo Kuroda : Effectiveness of MIA in non-growing Class II patients, The 8th Annual World Micro Implant Anchorage (WMIA ) Congress, Daegu, Oct. 2013. ...
閲覧 重本 修伺 : 摂食・咀嚼・嚥下の客観的機能評価法の確立を目指して, 日本口腔リハビリテーション学会, 2013年11月. ...
閲覧 黒田 晋吾 : 歯科矯正用アンカースクリュー アブソアンカーIIの臨床応用, 愛知学院大学歯学部同窓会ポストグラデュエートコース「歯科矯正用アンカースクリュー」薬事承認記念シンポジウム, 2013年11月. ...
閲覧 Shingo Kuroda : Effective usage of TADs for making your orthodontics simple, 48th Indian Orthodontic Conference, Ahmadabad, Nov. 2013. ...
閲覧 阿久津 純一, 岡村 裕彦, 羽地 達次 : 骨芽細胞におけるタンパク質脱リン酸化酵素 PP2Aの重要性, 徳島生物学会, 2013年12月. ...
閲覧 重本 修伺 : 口腔顎顔面領域における磁気計測技術の応用, 日本磁気歯科学会雑誌, Vol.22, No.1, 54-64, 2013年. ...
閲覧 Hirokazu Nagai : Jawbone Reconstructive Surgery -The role of Bone Health as a Key Successful on Dental Treatment-, インドネシア ガジャマダ大学歯学部創立66周年記念 Scientific Meeting, (都市), Feb. 2014. ...
閲覧 菅原 千恵子 : 見逃さないでその症状!悪性病変の可能性はありませんか?, 四国歯学会雑誌, Vol.26, No.2, 61-70, 2014年. ...
閲覧 (種別) : Yoshihito Ishihara, Shingo Kuroda, Yasuyo Sugawara, Hiroshi Kurosaka, Teruko Takano-Yamamoto and Takashi Yamashiro : Long-term stability of implant-anchored orthodontics in an adult patient with a Class II Division 2 malocclusion and a unilateral molar scissors-bite., American Journal of Orthodontics and Dentofacial Orthopedics (AJO-DO), Vol.145, No.4 Suppl, S100-13, Elsevier, (都市), April 2014. ...
閲覧 Yaqiong Yu, Lihong Qiu, Di Yang, Hirohiko Okamura, Jiajie Guo and Tatsuji Haneji : Tumor necrosis factor-α induces interleukin-34 expression through nuclear factor-κB, Molecular Medicine Reports, Vol.10, No.3, 1371-1376, 2014. ...
閲覧 Di Yang and Tatsuji Haneji : Osteoblast differentiation and histone demethylase Jmjd3, The 11th China-Japan Joint Seminar Histochemistry and Cytochemistry,, Matsumoto, Sep. 2014. ...
閲覧 重本 修伺 : 教育講演 補綴治療の新たなエンドポイント -咀嚼機能の維持・回復と健康長寿- 補綴治療のための摂食・咀嚼・嚥下機能評価法の確立を目指して, 平成26年度日本補綴歯科学会 西関東支部学術大会, 2015年1月. ...
閲覧 羽地 達次 : 口腔組織・発生学第2版, --- 歯の研究法・分子生物学的手法 ---, 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2015年2月. ...
閲覧 羽地 達次 : 如何にして納得できる写真を撮るか, 四国歯学会, 2015年3月. ...
閲覧 (種別) : 高丸 菜都美, 東 雅之, 玉谷 哲也, 茂木 勝美, 佐々井 明子, 尾上 富太郎, 大江 剛, 内田 大亮, 永井 宏和, 宮本 洋二 : プロテアソーム阻害剤による口腔癌細胞の放射線治療効果増強のメカニズム, 日本口腔腫瘍学会誌, Vol.21, No.4, 345-346, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 内田 大亮, 尾上 富太郎, 栗林 伸行, 玉谷 哲也, 永井 宏和, 宮本 洋二 : CXCR4選択的阻害剤AMD3100による口腔癌の転移抑制, 日本口腔腫瘍学会誌, Vol.21, No.4, 343, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 佐々井 明子, 大江 剛, 内田 大亮, 尾上 富太郎, 茂木 勝美, 玉谷 哲也, 東 雅之, 永井 宏和, 宮本 洋二 : 口腔癌由来液性因子がOK-432による末梢血単核球のIFN-γ産生に与える影響, 日本口腔腫瘍学会誌, Vol.21, No.4, 342-343, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : タランヌム フェルドウス, 玉谷 哲也, 内田 大亮, 永井 宏和, 宮本 洋二 : 口腔癌細胞におけるドセタキセルと5-FUの投与順序による抗腫瘍効果の検討(Anti-tumor efficacy of sequential treatment with docetaxel and 5-FU combination therapy against human oral cancer cells), 日本癌学会総会記事, (巻), (号), 477, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 内田 大亮, 尾上 富太郎, 栗林 伸行, 大江 剛, 玉谷 哲也, 東 雅之, 永井 宏和, 宮本 洋二 : ベスナリノンはCXCR4の発現抑制を介して唾液腺癌細胞の遠隔転移を抑制する(Vesnarinone inhibits distant metastasis of salivary gland cancer cells via downregulation of CXCR4 expression), 日本癌学会総会記事, (巻), (号), 439, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 尾上 富太郎, 内田 大亮, 栗林 伸行, 大江 剛, 玉谷 哲也, 東 雅之, 永井 宏和, 宮本 洋二 : ヒト唾液腺癌細胞株における癌幹細胞マーカーの発現とヌードマウス造腫瘍能との関連性(Association of expression of cancer stem cell markers with tumorigenicity of salivary gland cancer cells in nude mice), 日本癌学会総会記事, (巻), (号), 272-273, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 茂木 勝美, 東 雅之, 玉谷 哲也, 高丸 菜都美, 永井 宏和, 宮本 洋二 : ヒト唾液腺導管細胞におけるアクアポリン5の発現誘導の解析, 日本口腔科学会雑誌, Vol.58, No.4, 279, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 舘原 誠晃, 宮本 洋二, 永井 宏和, 藤澤 健司, 桃田 幸弘, 湯浅 哲也, 高野 栄之, 福田 雅幸 : 低結晶性炭酸含有アパタイトの顎骨再建への応用に関する基礎的研究 ウサギ大腿骨内での組織学的検討, 日本口腔科学会雑誌, Vol.58, No.4, 223, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 高野 裕史, 高橋 哲, 中田 憲, 永井 宏和, 伊藤 悠, 福田 雅幸 : ヒト顎関節由来培養滑膜細胞への機械的圧縮ストレスが破骨細胞誘導に及ぼす影響, 日本口腔科学会雑誌, Vol.58, No.4, 194-195, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 内田 大亮, 尾上 富太郎, 高丸 菜都美, 玉谷 哲也, 永井 宏和, 宮本 洋二 : 咀嚼筋腱・腱膜過形成症の1例, 日本口腔科学会雑誌, Vol.58, No.4, 194, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 高野 裕史, 高橋 哲, 永井 宏和, 中田 憲, 伊藤 悠, 福田 雅幸 : ヒト顎関節由来培養滑膜細胞への機械的圧縮ストレスはOPG産生を抑制する, 日本口腔外科学会雑誌, Vol.55, No.Suppl., 223, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 高丸 菜都美, 玉谷 哲也, 茂木 勝美, 大江 剛, 内田 大亮, 永井 宏和, 宮本 洋二 : 口腔扁平上皮癌におけるsurvivinの発現と浸潤度および転移との関連性の検討, 日本口腔外科学会雑誌, Vol.55, No.Suppl., 210, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 尾上 富太郎, 内田 大亮, 栗林 伸行, 大江 剛, 茂木 勝美, 玉谷 哲也, 東 雅之, 永井 宏和, 宮本 洋二 : 口腔扁平上皮癌細胞株における癌幹細胞マーカーの発現とヌードマウス造腫瘍能の関連性, 日本口腔外科学会雑誌, Vol.55, No.Suppl., 206, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 永井 宏和, 佐々井 明子, 大江 剛, 茂木 勝美, 内田 大亮, 玉谷 哲也, 中田 憲, 宮本 洋二 : ヒト幹細胞を用いた歯再生医療に関する基礎的研究 間葉系幹細胞の歯原性細胞への分化, 日本口腔外科学会雑誌, Vol.55, No.Suppl., 168, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 内田 大亮, 大江 剛, 藤岡 真左子, 栗林 伸行, 永井 宏和, 宮本 洋二 : インプラント治療に関連した合併症・偶発症の臨床的検討, 日本口腔インプラント学会誌, Vol.22, (号), 242, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 佐々井 明子, 大江 剛, 内田 大亮, 尾上 富太郎, 茂木 勝美, 玉谷 哲也, 東 雅之, 永井 宏和, 宮本 洋二 : 口腔癌由来液性因子がOK-432による末梢血単核球のIFN-γ産生を抑制する機序, 頭頸部癌, Vol.35, No.2, 176, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 玉谷 哲也, タランヌム フェルドウス, 高丸 菜都美, 茂木 勝美, 内田 大亮, 原田 耕志, 永井 宏和, 宮本 洋二 : ドセタキセルと5-FUの投与順序による口腔癌細胞の抗腫瘍効果の検討, 頭頸部癌, Vol.35, No.2, 175, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 内田 大亮, 尾上 富太郎, 栗林 伸行, 玉谷 哲也, 永井 宏和, 宮本 洋二 : ケモカインレセプターCXCR4を介した唾液腺腺様嚢胞癌の転移機構, 頭頸部癌, Vol.35, No.2, 107, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 手島 理絵, 茂木 勝美, 玉谷 哲也, 内田 大亮, 栗林 伸行, 永井 宏和, 宮本 洋二 : 口腔癌に対するレザフィリンを用いた光線力学療法の経験, 日本口腔科学会雑誌, Vol.58, No.2, 83, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 佐々井 明子, 永井 宏和, 栗林 伸行, 尾上 富太郎, 大江 剛, 内田 大亮, 茂木 勝美, 玉谷 哲也, 東 雅之, 宮本 洋二 : 当科におけるエナメル上皮腫の臨床統計学的検討, 日本口腔科学会雑誌, Vol.58, No.2, 81, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 宮本 洋二, 舘原 誠晃, 湯浅 哲也, 桃田 幸弘, 藤澤 健司, 中田 憲, 高野 裕史, 永井 宏和, 福田 雅幸 : 低結晶性炭酸アパタイトの骨補填材への応用に関する研究, 口腔顎顔面外傷, Vol.6, No.1, 25, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 高野 裕史, 高橋 哲, 永井 宏和, 有吉 渉, 新名主 耕平, 福田 雅幸, 中田 憲 : ヒト顎関節由来培養滑膜細胞はRANKLを発現し,破骨細胞形成を支持する, 日本口腔科学会雑誌, Vol.57, No.4, 481, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 佐藤 扶美子, 永井 宏和, 中田 憲, 畠山 成知, 伊藤 悠, 高野 裕史, 福田 雅幸, 宮本 洋二 : 抗血栓療法試行患者の抜歯における出血管理に関する検討, 日本口腔科学会雑誌, Vol.57, No.4, 476, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 中田 憲, 永井 宏和, 伊藤 悠, 高野 裕史, 福田 雅幸, 宮本 洋二 : 歯由来細胞株を用いた歯の再生医療の開発 マウス皮下におけるエナメル芽細胞の石灰化, 日本口腔外科学会雑誌, Vol.54, No.Suppl., 180, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 中田 憲, 永井 宏和, 高野 裕史, 福田 雅幸, 杉山 俊博, 湯浅 哲也, 松家 茂樹, 石川 邦夫, 宮本 洋二 : 歯由来細胞株を用いた歯の再生医療の開発(第1報) ハイドロキシアパタイトがマウス歯由来エナメル芽細胞株に与える影響, 日本バイオマテリアル学会大会予稿集, (巻), (号), 204, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 福田 雅幸, 宮本 洋二, 柏木 了, 中田 憲, 高野 裕史, 永井 宏和, 武知 正晃, 松家 茂樹, 石川 邦夫 : 低結晶性炭酸アパタイトの顎骨再建への応用に関する基礎的研究(第4報) 皮下における生体内挙動, 日本バイオマテリアル学会大会予稿集, (巻), (号), 200, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 高野 裕史, 高橋 哲, 永井 宏和, 有吉 渉, 新名主 耕平, 中田 憲, 伊藤 悠, 遊佐 和之, 佐藤 扶美子, 福田 雅幸 : ヒト顎関節における破骨細胞誘導メカニズムに関する実験的検討, 日本顎関節学会雑誌, Vol.20, No.Suppl., 142, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 真宮 あさり, 高野 裕史, 岩波 洋一, 吉本 正志, 永井 宏和, 中田 憲, 伊藤 悠, 鷲谷 一晴, 佐藤 暢也, 福田 雅幸 : 外傷により喪失した歯に対するインプラント治療の臨床的検討, 日本口腔インプラント学会誌, Vol.21, No.2, 340, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 伊藤 悠, 福田 雅幸, 岩波 洋一, 中田 憲, 高野 裕史, 永井 宏和 : 下顎骨区域切除後にインプラント治療を行った孤立性形質細胞腫の1例, 日本口腔インプラント学会誌, Vol.21, No.1, 164-165, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 中田 憲, 永井 宏和, 遊佐 和之, 佐藤 扶美子, 伊藤 悠, 高野 裕史, 福田 雅幸, 宮本 洋二 : 口腔扁平上皮癌に対するS-1とTXT併用療法に関する臨床的検討, 頭頸部癌, Vol.34, No.2, 214, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 高野 裕史, 高橋 哲, 永井 宏和, 有吉 渉, 新名主 耕平, 中田 憲, 岩波 洋一, 宮本 洋二, 福田 雅幸 : ヒト顎関節由来培養滑膜細胞の破骨細胞形成支持メカニズムに関する検討, 日本顎関節学会雑誌, Vol.20, No.1, 46, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 佐藤 扶美子, 中田 憲, 遊佐 和之, 真宮 あさり, 吉本 正志, 岩波 洋一, 伊藤 悠, 高野 裕史, 永井 宏和, 福田 雅幸 : 抗血栓療法を受けている患者における抜歯後の出血管理に関する検討, みちのく歯学会雑誌, Vol.38, No.1-2, 56, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 安藤 葉介, 和泉 裕子, 高野 裕史, 永井 宏和, 福田 雅幸 : 当院における顎変形症患者に対するチームアプローチでの医療, みちのく歯学会雑誌, Vol.38, No.1-2, 12-13, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 真宮 あさり, 中田 憲, 立花 陽子, 吉本 正志, 岩波 洋一, 高野 裕史, 永井 宏和, 福田 雅幸, 宮本 洋二 : 口腔扁平上皮癌に対するTS-1とTXT併用療法に関する検討, 日本口腔科学会雑誌, Vol.57, No.1, 167, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 福田 雅幸, 宮本 洋二, 岩波 洋一, 中田 憲, 高野 裕史, 永井 宏和, 桃田 幸弘, 武知 正晃 : インプラント 低結晶性炭酸アパタイトの顎骨再建への応用に関する基礎的研究(第5報) 生体内での吸収機転の解明, 日本口腔科学会雑誌, Vol.57, No.1, 106, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 中田 憲, 永井 宏和, 岩波 洋一, 高野 裕史, 福田 雅幸, 宮本 洋二 : 歯(基礎) 歯由来細胞株を用いた歯の再生医療の開発(第2報) 象牙芽細胞株の樹立とハイドロキシアパタイトのscaffoldとしての有用性, 日本口腔科学会雑誌, Vol.57, No.1, 88, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 成田 王彦, 大平 俊明, 山本 修, 田中 清志, 永井 宏和, 福田 雅幸 : 食品添加物・ドロマイトを応用した抗菌性義歯の開発, 日本歯科技工学会雑誌, Vol.28, No.2, 216, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 吉本 正志, 高野 裕史, 岩波 洋一, 伊藤 悠, 中田 憲, 永井 宏和, 福田 雅幸, 宮本 洋二 : 口蓋に生じた筋上皮腫の1例, 日本口腔外科学会雑誌, Vol.54, No.1, 32-33, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 岩波 洋一, 中田 憲, 真宮 あさり, 吉本 正志, 伊藤 悠, 高野 裕史, 永井 宏和, 福田 雅幸, 宮本 洋二 : 下唇粘膜に生じたpolymorphous low-grade adenocarcinoma(PLGA)の1例, 日本口腔外科学会雑誌, Vol.54, No.1, 29, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 中田 憲, 永井 宏和, 岩波 洋一, 高野 裕史, 福田 雅幸, 宮本 洋二 : 歯由来細胞株を用いた歯の再生医療の開発 ヌードマウス皮下へのエナメル芽細胞の移植, 日本口腔外科学会雑誌, Vol.53, No.Suppl., 188, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 高野 裕史, 高橋 哲, 永井 宏和, 有吉 渉, 新名主 耕平, 中田 憲, 岩波 洋一, 福田 雅幸, 宮本 洋二 : ヒト顎関節由来培養滑膜細胞は細胞接触を介し,破骨細胞形成を支持する, 日本口腔外科学会雑誌, Vol.53, No.Suppl., 153, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 岩波 洋一, 永井 宏和, 中田 憲, 高野 裕史, 福田 雅幸, 宮本 洋二 : TNF-αとIL-1βのヒト顎関節滑膜細胞を介した関節破壊への関与, 日本口腔外科学会雑誌, Vol.53, No.Suppl., 153, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 岩波 洋一, 福田 雅幸, 中田 憲, 高野 裕史, 永井 宏和, 鷲谷 一晴, 宮本 洋二 : 移植骨に応用したインプラントに関する臨床的検討, 日本口腔インプラント学会誌, Vol.20, No.2, 340-341, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 津村 太郎, 松田 哲朗, 桑島 精一, 中田 憲, 高野 裕史, 永井 宏和, 佐藤 暢也, 鷲谷 一晴, 宮本 洋二 : 歯科医院における回復室の有用性, 日本口腔インプラント学会誌, Vol.20, No.2, 340, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 高野 裕史, 高橋 哲, 福田 雅幸, 永井 宏和, 中田 憲, 岩波 洋一, 佐藤 暢也, 宮本 洋二 : 唇顎口蓋裂患者の顎裂骨移植後における骨量不足に対する骨造成法, 日本口腔インプラント学会誌, Vol.20, No.2, 338, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 加賀 龍太郎, 福田 雅幸, 岩波 洋一, 柏木 了, 中田 憲, 高野 裕史, 永井 宏和, 宮本 洋二 : 口腔癌切除後の機能回復に応用したインプラントに関する臨床的検討, 日本口腔インプラント学会誌, Vol.20, No.1, 92, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 柏木 了, 福田 雅幸, 藤澤 健司, 山内 英嗣, 永井 宏和, 高野 裕史, 中田 憲, 宮本 洋二 : オッセオインテグレーション獲得に関与する臨床的要因の検討 3種類のフィクスチャーのearly failureの比較, 日本口腔インプラント学会誌, Vol.20, No.1, 91, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 中田 憲, 永井 宏和, 岩波 洋一, 畠山 成知, 福田 雅幸, 宮本 洋二 : 歯と歯周組織の再生 エナメル芽細胞を用いた歯の再生医療に関する基礎的研究(第2報) 培養エナメル芽細胞株のin vivoにおける挙動, 日本口腔科学会雑誌, Vol.56, No.1, 126-127, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 福田 雅幸, 宮本 洋二, 岩波 洋一, 中田 憲, 大貫 敬嘉, 高野 裕史, 永井 宏和, 桃田 幸弘, 武知 正晃 : 骨再生 低結晶性炭酸アパタイトの顎骨再建への応用に関する基礎的研究(第3報) 長期の動物実験結果, 日本口腔科学会雑誌, Vol.56, No.1, 113, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 成田 王彦, 山本 修, 大平 俊明, 福田 雅幸, 田中 清志, 永井 宏和, 宮本 洋二 : 二酸化チタンを利用した歯科床用レジンの抗微生物活性, 日本歯科技工学会雑誌, Vol.27, No.2, 178, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 岩波 洋一, 永井 宏和, 中田 憲, 高野 裕史, 福田 雅幸, 宮本 洋二 : ヒト顎関節滑膜細胞を介した関節破壊に及ぼすTNF-αの影響, 日本口腔外科学会雑誌, Vol.52, No.Suppl., 114, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 岩波 洋一, 永井 宏和, 中田 憲, 福田 雅幸, 宮本 洋二 : 唇顎裂を伴ったCHARGE連合の1例, 日本口腔外科学会雑誌, Vol.52, No.12, 760, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 中田 憲, 永井 宏和, 岩波 洋一, 福田 雅幸, 宮本 洋二 : エナメル芽細胞を用いた歯の再生医療に関する基礎的研究(第3報) エナメル芽細胞株(ALC)におけるエナメル蛋白関連遺伝子の発現および生体内挙動, 日本口腔外科学会雑誌, Vol.52, No.12, 759-760, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 大貫 敬嘉, 岩波 洋一, 畠山 成知, 中田 憲, 永井 宏和, 福田 雅幸, 宮本 洋二 : 顎関節への自己血注入療法が奏効した習慣性両側性顎関節脱臼の1例, 日本口腔外科学会雑誌, Vol.52, No.12, 757, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 畠山 成知, 福田 雅幸, 武蔵 哲貞, 大貫 敬嘉, 永井 宏和, 高橋 聡, 渡会 二郎, 宮本 洋二 : 選択的動脈塞栓術を応用した口蓋血管腫の1治験例, 日本口腔外科学会雑誌, Vol.52, No.7, 434-435, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 村山 大悟, 永井 宏和, 戸嶋 慎一, 福田 雅幸, 小野寺 健, 宮本 洋二 : 高齢者の下顎に発生した顎骨中心性神経鞘腫の1例, 日本口腔外科学会雑誌, Vol.52, No.7, 433-434, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 大貫 敬嘉, 畠山 成知, 村山 大悟, 武蔵 哲貞, 永井 宏和, 福田 雅幸, 宮本 洋二 : 下顎骨に発生したLangerhans cell histiocytosisの1例, 日本口腔外科学会雑誌, Vol.52, No.7, 432, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 福田 雅幸, 宮本 洋二, 大貫 敬嘉, 永井 宏和, 松家 茂樹, 石川 邦夫 : 低結晶性炭酸アパタイトによる骨再建, 日本バイオマテリアル学会大会予稿集, (巻), (号), 283, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 古川 幸枝, 福田 雅幸, 中田 憲, 武蔵 哲貞, 大貫 敬嘉, 永井 宏和, 宮本 洋二 : 幼児期に放射線照射を受けた上顎骨にインプラント治療を行った1例, 日本口腔インプラント学会誌, Vol.19, No.1, 108, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 岩波 洋一, 福田 雅幸, 武蔵 哲貞, 大貫 敬嘉, 永井 宏和, 宮本 洋二 : インプラントによって治療した先天性多数歯欠損の1例, 日本口腔インプラント学会誌, Vol.19, No.1, 105-106, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 鷲谷 一晴, 梅原 正年, 佐藤 暢也, 津村 太郎, 桑島 精一, 中田 憲, 永井 宏和, 宮本 洋二 : 病診連携により口腔癌切除後にインプラント治療を行った一症例, 日本口腔インプラント学会誌, Vol.19, No.1, 59, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 古館 暢之, 鷲谷 一晴, 工藤 洋, 松橋 永年, 永井 宏和, 中田 憲, 佐々木 力男 : 睡眠時呼吸障害に対する歯科的アプローチ スリープスプリント療法1症例, みちのく歯学会雑誌, Vol.33, (号), 39, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 福田 雅幸, 宮本 洋二, 畠山 成知, 村山 大悟, 柏木 了, 武蔵 哲貞, 山岡 薫, 大貫 敬嘉, 三好 康太郎, 永井 宏和, 佐藤 暢也 : 下顎区域切除後にインプラントを応用した咬合再建, 日本口腔インプラント学会誌, Vol.18, No.2, 342-343, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 武蔵 哲貞, 福田 雅幸, 畠山 成知, 柏木 了, 村山 大悟, 山岡 薫, 大貫 敬嘉, 三好 康太郎, 永井 宏和, 宮本 洋二, 鷲谷 一晴 : チタンメッシュプレートと自家骨移植を併用した顎堤形成術の臨床的評価, 日本口腔インプラント学会誌, Vol.18, No.2, 342, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 三好 康太郎, 柏木 了, 大貫 敬嘉, 永井 宏和, 福田 雅幸, 宮本 洋二 : 著しい開咬を伴うハイアングルII級患者にスケレタルアンカレッジシステムと顎矯正手術を併用して治療した1例, 日本顎変形症学会雑誌, Vol.15, No.3, 192, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 中田 憲, 永井 宏和, 福田 雅幸, 宮本 洋二, 杉山 俊博 : エナメル芽細胞を用いた歯の再生医療に関する基礎的研究(第1報), 日本口腔外科学会雑誌, Vol.51, No.Suppl., 191, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 大貫 敬嘉, 福田 雅幸, 中田 憲, 武蔵 哲貞, 永井 宏和, 宮本 洋二, 石川 邦夫 : 低結晶性炭酸アパタイトの顎骨再建への応用に関する研究(第1報)リン酸化による炭酸アパタイトの作製と組織学的検討, 日本口腔外科学会雑誌, Vol.51, No.Suppl., 134, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 大貫 敬嘉, 永井 宏和, 武蔵 哲貞, 畠山 成知, 福田 雅幸, 宮本 洋二 : 下顎骨に発生した孤立性形質細胞腫の1例, 日本口腔科学会雑誌, Vol.54, No.4, 570, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 武蔵 哲貞, 永井 宏和, 畠山 成知, 大貫 敬嘉, 三好 康太郎, 福田 雅幸, 鎌田 伸之, 長山 勝, 宮本 洋二 : エナメルマトリックスタンパクによるヒト口腔組織由来細胞の石灰化誘導, 日本口腔科学会雑誌, Vol.54, No.4, 491, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 山岡 薫, 福田 雅幸, 畠山 成知, 村山 大悟, 柏木 了, 武蔵 哲貞, 大貫 敬嘉, 永井 宏和, 宮本 洋二 : TS-1が著効した超高齢者口腔癌の2例, 日本口腔腫瘍学会誌, Vol.17, No.3, 159-160, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 畠山 成知, 三好 康太郎, 大貫 敬嘉, 永井 宏和, 福田 雅幸, 飯野 光喜, 宮本 洋二 : 当科における過去5年間の顎矯正手術の臨床統計的観察, 日本口腔外科学会雑誌, Vol.51, No.8, 419, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 柏木 了, 大貫 敬嘉, 畠山 成知, 栃内 圭子, 山岡 薫, 武蔵 哲貞, 永井 宏和, 福田 雅幸, 三好 康太郎, 飯野 光喜, 宮本 洋二 : 顎関節症患者における前歯部被蓋と関節円板所見との比較検討, 日本口腔外科学会雑誌, Vol.51, No.8, 418, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 大貫 敬嘉, 福田 雅幸, 三好 康太郎, 永井 宏和, 飯野 光喜, 宮本 洋二, 高橋 哲 : 顎関節症の治療前後における下顎頭の形態変化について, 日本顎関節学会雑誌, Vol.17, No.1, 89-90, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 福田 雅幸, 宮本 洋二, 武蔵 哲貞, 大貫 敬嘉, 永井 宏和 : 上顎切除後のミリングバーを応用したインプラント顎義歯, 日本口腔インプラント学会誌, Vol.18, No.1, 128, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 武蔵 哲貞, 福田 雅幸, 大貫 敬嘉, 永井 宏和, 宮本 洋二 : チタンマイクロメッシュを応用した歯槽堤造成術の臨床的検討, 日本口腔インプラント学会誌, Vol.18, No.1, 62, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 福田 雅幸, 宮本 洋二, 山岡 薫, 武蔵 哲貞, 大貫 敬嘉, 永井 宏和 : 下顎区域切除後の欠損に対する咬合再建 チタンメッシュと腸骨海綿骨骨髄細片による下顎骨再建後のインプラント義歯について, 日本口腔外科学会雑誌, Vol.50, No.13, 952, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 大貫 敬嘉, 福田 雅幸, 柏木 了, 畠山 成知, 山岡 薫, 武蔵 哲貞, 三好 康太郎, 永井 宏和, 宮本 洋二 : 顎関節MR画像における関節腔造影効果の治療前後の変化について, 日本口腔外科学会雑誌, Vol.50, No.13, 940, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 大貫 敬嘉, 福田 雅幸, 柏木 了, 栃内 圭子, 山岡 薫, 武蔵 哲貞, 永井 宏和, 飯野 光喜, 宮本 洋二, 高橋 哲 : 顎関節症患者のMR画像における下顎頭の骨髄信号の評価 鏡視下手術前後の比較検討, 日本口腔科学会雑誌, Vol.54, No.1, 183, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 福田 雅幸, 高橋 哲, 山岡 薫, 大貫 敬嘉, 永井 宏和, 飯野 光喜 : 下顎区域欠損に対する口腔内延長装置を用いた二段階仮骨延長法, 日本口腔科学会雑誌, Vol.54, No.1, 181, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 三好 康太郎, 永井 宏和, 宮本 洋二, 五十嵐 薫 : 機械的刺激がヒト未分化間葉系細胞の骨芽細胞への分化に及ぼす影響, 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集, (巻), (号), 203, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 大貫 敬嘉, 福田 雅幸, 鈴木 宏忠, 柏木 了, 栃内 圭子, 山岡 薫, 武蔵 哲貞, 永井 宏和, 飯野 光喜, 高橋 哲 : 顎関節症患者のMR画像におけるjoint effusionおよび円板後部組織の低信号の評価 鏡視下手術前後の比較検討, 日本口腔外科学会雑誌, Vol.49, No.13, 935, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 飯野 光喜, 山岡 薫, 武蔵 哲貞, 大貫 敬嘉, 永井 宏和, 福田 雅幸 : チタンメッシュと腸骨PCBMによる下顎骨再建手術, 日本口腔外科学会雑誌, Vol.49, No.13, 840, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 鈴木 宏忠, 飯野 光喜, 山岡 薫, 大貫 敬嘉, 永井 宏和, 福田 雅幸 : 下顎骨中心性癌の2例, 日本口腔外科学会雑誌, Vol.49, No.13, 775-776, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 中田 憲, 亀田 隆, 永井 宏和, 池上 謙次, 段 玉清, 上野 康晴, 寺田 邦彦, 杉山 俊博 : 歯周組織再生のためのマウスエナメル芽細胞株の樹立と解析, 生化学, Vol.76, No.9, 1236, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 武蔵 哲貞, 福田 雅幸, 畠山 成知, 栃内 圭子, 鈴木 宏忠, 山岡 薫, 大貫 敬嘉, 三好 康太郎, 永井 宏和, 飯野 光喜 : 上顎洞底挙上術を用いたインプラント治療の臨床的評価, 日本口腔インプラント学会誌, Vol.17, No.2, 245, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 福田 雅幸, 武蔵 哲貞, 山岡 薫, 大貫 敬嘉, 三好 康太郎, 永井 宏和, 飯野 光喜 : 下顎骨区域欠損に対する咬合再建治療 仮骨延長法とインプラント治療による咬合再建例, 日本口腔インプラント学会誌, Vol.17, No.2, 244, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 大貫 敬嘉, 福田 雅幸, 永井 宏和, 飯野 光喜, 高橋 哲 : 円板前方転位症例における関節痛の有無と顎関節MR所見との関連について, 日本顎関節学会雑誌, Vol.16, No.1, 98, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 柏木 了, 大貫 敬嘉, 佐々木 達哉, 栃内 圭子, 鈴木 宏忠, 萩原 久子, 桑島 精一, 山岡 薫, 永井 宏和, 福田 雅幸, 飯野 光喜 : 顎関節症患者におけるOver jet及びOver biteと臨床症状に関する検討, 日本口腔外科学会雑誌, Vol.50, No.3, 207, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 山岡 薫, 福田 雅幸, 柏木 了, 鈴木 宏忠, 栃内 圭子, 桑島 精一, 萩原 久子, 大貫 敬嘉, 永井 宏和, 飯野 光喜, 提嶋 眞人 : 口腔領域扁平上皮癌に対するCDGPと5-FU併用療法の検討, 日本口腔外科学会雑誌, Vol.50, No.3, 202, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 栃内 圭子, 山岡 薫, 三好 康太郎, 飯野 光喜, 柏木 了, 佐々木 達哉, 鈴木 宏忠, 桑島 精一, 萩原 久子, 大貫 敬嘉, 永井 宏和, 福田 雅幸 : 鼻歯槽嚢胞の1例, 日本口腔外科学会雑誌, Vol.50, No.3, 197, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 大貫 敬嘉, 福田 雅幸, 柏木 了, 佐々木 達哉, 鈴木 宏忠, 栃内 圭子, 桑島 精一, 萩原 久子, 山岡 薫, 永井 宏和, 飯野 光喜 : 顎関節Gd-DTPA造影MR画像における関節腔造影効果と関節内障との関連性について, 日本口腔科学会雑誌, Vol.52, No.6, 465, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 山岡 薫, 福田 雅幸, 永井 宏和, 大貫 敬嘉, 桑島 精一, 萩原 久子, 柏木 了, 鈴木 宏忠, 栃内 圭子, 飯野 光喜 : 下顎骨切除後に用いた再建用チタンプレートの臨床的検討, 日本口腔科学会雑誌, Vol.52, No.6, 383, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 飯野 光喜, 三好 康太郎, 山岡 薫, 永井 宏和, 大貫 敬嘉, 福田 雅幸 : 両側下顎枝矢状分割術における下顎骨近位骨片の内外側方向の変位に関する検討, 日本顎変形症学会雑誌, Vol.13, No.3, 173-174, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 三好 康太郎, 福田 雅幸, 大貫 敬嘉, 関 宏, 永井 宏和, 飯野 光善 : 経過観察中に下顎頭の高度吸収を認めた若年者の1例 顎顔面形態とMR画像の変化について, 日本顎関節学会雑誌, Vol.15, No.1, 135-136, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 大貫 敬嘉, 福田 雅幸, 桑島 精一, 萩原 久子, 山崎 仁, 戸嶋 慎一, 永井 宏和, 飯野 光喜, 高橋 哲 : 治療前後のMRIでの顎関節構成体の比較検討 関節円板について, 日本口腔外科学会雑誌, Vol.48, No.13, 782-783, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 福田 雅幸, 飯野 光喜, 桑島 精一, 萩原 久子, 戸嶋 慎一, 山岡 薫, 大貫 敬嘉, 永井 宏和 : 下顎区域切除後のインプラント治療による咬合再建, 日本口腔外科学会雑誌, Vol.48, No.13, 761, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 飯野 光喜, 佐々木 知一, 三好 康太郎, 桑島 精一, 萩原 久子, 戸嶋 慎一, 山崎 仁, 大貫 敬嘉, 永井 宏和, 福田 雅幸 : Le Fort I型骨切り術により前方移動を行った口唇裂口蓋裂患者の上顎骨の術後変化, 日本口腔外科学会雑誌, Vol.48, No.13, 749-750, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 大貫 敬嘉, 福田 雅幸, 関 宏, 三好 康太郎, 永井 宏和, 飯野 光喜, 高橋 哲 : 顎関節症患者におけるMRIでのjoint effusionの評価 顎関節鏡視下剥離授動術前後の比較検討, 日本顎関節学会雑誌, Vol.15, No.1, 89, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 大貫 敬嘉, 福田 雅幸, 関 宏, 戸嶋 慎一, 桑島 精一, 松岡 篤, 山岡 薫, 萩原 久子, 永井 宏和, 飯野 光喜, 高橋 哲 : 顎関節クローズドロック患者のMR画像における関節円板の可動性の数値化による評価 鏡視下剥離授動術前後の比較検討, 日本口腔科学会雑誌, Vol.51, No.6, 503, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 桑島 精一, 大貫 敬嘉, 福田 雅幸, 関 宏, 戸嶋 慎一, 松岡 篤, 山岡 薫, 萩原 久子, 永井 宏和, 飯野 光喜, 高橋 哲 : 顎関節クローズドロック患者のMR画像におけるjoint effusionの治療前後の比較検討, 日本口腔科学会雑誌, Vol.51, No.6, 500-501, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 飯野 光喜, 桑島 精一, 萩原 久子, 戸嶋 慎一, 山岡 薫, 松岡 篤, 大貫 敬嘉, 関 宏, 永井 宏和, 福田 雅幸 : チタンメッシュと両側腸骨稜後縁より採取したPCBMによる下顎骨再建, 日本口腔科学会雑誌, Vol.51, No.6, 479, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 福田 雅幸, 桑島 精一, 萩原 久子, 戸嶋 慎一, 山岡 薫, 松岡 篤, 大貫 敬嘉, 関 宏, 永井 宏和, 飯野 光喜 : 口腔腫瘍患者へのインプラント治療の応用, 日本口腔科学会雑誌, Vol.51, No.6, 463, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 山岡 薫, 福田 雅幸, 関 宏, 戸嶋 慎一, 桑島 精一, 松岡 篤, 萩原 久子, 永井 宏和, 大貫 敬嘉, 飯野 光喜, 提嶋 眞人 : 口腔扁平上皮癌に対するNedaplatin(CDGP)と5-FU併用療法の検討, 日本口腔科学会雑誌, Vol.51, No.6, 443, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 萩原 久子, 福田 雅幸, 桑島 精一, 戸嶋 慎一, 山岡 薫, 松岡 篤, 大貫 敬嘉, 関 宏, 永井 宏和, 飯野 光喜, 山崎 嘉幸 : 当科における過去5年間の顎骨骨折の臨床的症例, 日本口腔外科学会雑誌, Vol.49, No.2, 149-150, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 桑島 精一, 大貫 敬嘉, 福田 雅幸, 萩原 久子, 戸嶋 慎一, 山岡 薫, 山崎 仁, 永井 宏和, 飯野 光喜, 山崎 嘉幸 : 初診時にクリック音を認めた症例に対するアンケート調査 臨床症状の変化について, 日本口腔外科学会雑誌, Vol.49, No.2, 144, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 戸嶋 慎一, 福田 雅幸, 桑島 精一, 萩原 久子, 山岡 薫, 松岡 篤, 大貫 敬嘉, 永井 宏和, 飯野 光喜, 山崎 嘉幸 : Nedaplatin(CDGP)+5-FU併用療法及び放射線療法に著効を示した口腔粘膜多発癌の1例, 日本口腔外科学会雑誌, Vol.49, No.2, 139, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 成田 かすみ, 面川 進, 熊谷 美香子, 能登谷 武, 鈴木 世志子, 高田 五郎, 大貫 敬嘉, 三好 康太郎, 永井 宏和, 福田 雅幸, 飯野 光喜 : 歯科口腔外科領域における自己血小板糊の作製とその検討, 自己血輸血, Vol.16, (号), S24, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 熊谷 美香子, 能登谷 武, 鈴木 世志子, 成田 かすみ, 面川 進, 高田 五郎, 大貫 敬嘉, 三好 康太郎, 永井 宏和, 福田 雅幸, 飯野 光喜 : 歯科口腔外科領域における自己血小板糊の使用経験について, 日本輸血学会雑誌, Vol.48, No.6, 506, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 大貫 敬嘉, 高橋 哲, 福田 雅幸, 関 宏, 船木 勝介, 三好 康太郎, 永井 宏和, 飯野 光喜 : 顎関節鏡視下手術前後のMRIでの顎関節構成体の比較検討 関節円板について, 日本顎関節学会雑誌, Vol.14, No.1, 100, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 飯野 光喜, 三好 康太郎, 永井 宏和, 関 宏, 大貫 敬嘉, 松岡 篤, 金澤 大介, 中田 憲, 山岡 薫, 戸嶋 慎一 : チューリッヒ小児用上顎ディストラクターにて上顎骨延長を行った左側口唇口蓋裂の1例, 日本口腔外科学会雑誌, Vol.47, No.13, 930, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 奈良 潤一郎, 福田 雅幸, 永井 宏和, 関 宏, 大貫 敬嘉, 飯野 光喜, 高橋 哲 : 上顎・隣接臓器悪性腫瘍切除患者における開口量の臨床的検討 筋突起切除症例と非切除症例との比較, 日本口腔科学会雑誌, Vol.50, No.6, 410, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 上野 康晴, 寺田 邦彦, 永井 宏和, 渡辺 剛, 澁谷 友美, 相場 なみ子, 杉山 俊博 : ラット肝臓由来幹様細胞の成熟化と移植への応用, 生化学, Vol.73, No.8, 919, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 寺田 邦彦, 相場 なみ子, 渡辺 剛, 永井 宏和, 杉山 俊博 : 肝臓幹様細胞のスフェロイド形成と成熟化, 生化学, Vol.72, No.8, 838, (年月日). ...
閲覧 (種別) : 鷲谷 一晴, 佐藤 暢也, 梅原 正敏, 高橋 哲, 福田 雅幸, 永井 宏和 : 上顎へのインプラント埋入後,鼻炎様症状を呈した1症例, 日本口腔インプラント学会誌, Vol.12, No.2, 282-283, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 永井 宏和 : 顎骨嚢胞摘出後の骨欠損部への腸骨海綿骨細片移植術の応用, 日本口腔科学会雑誌, Vol.46, No.5, 650, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 永井 宏和 : 口唇・口蓋裂患者へのオッセオインテグレーテッド・インプラントの応用 両側顎裂への腸骨海綿骨移植術後にステリオス・インプラントを植立した1例, 日本口腔インプラント学会誌, Vol.10, No.3, 348-349, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 永井 宏和 : 顎関節MRIにおけるjoint effusionと関節円板・下顎頭の位置,可動性との関連性について, 日本顎関節学会雑誌, Vol.9, No.1, 323, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 永井 宏和 : 顎関節MRIにおけるjoint effusionと滑液中の蛋白濃度との関連性について, 日本口腔外科学会雑誌, Vol.42, No.13, 1293-1294, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 永井 宏和 : 真皮欠損用グラフト・テルダーミスの使用経験, 日本口腔外科学会雑誌, Vol.43, No.3, 234-235, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 永井 宏和 : 関節円板側方転位症例の臨床的及びMRIによる検討, 日本顎関節学会雑誌, Vol.8, No.1, 253-254, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 永井 宏和 : MRL/lprマウス唾液腺炎発症に関与する遺伝的背景, 日本口腔外科学会雑誌, Vol.40, No.13, 1503, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 永井 宏和 : 口唇裂口蓋裂患者における顎関節機能障害の統計学的検討, 日本顎関節学会雑誌, Vol.7, No.1, 174, (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 (種別) : 永井 宏和 : 口唇裂口蓋裂患者における顎関節機能異常について, 日本口蓋裂学会雑誌, Vol.19, No.4, 330, (発行所), (都市), (年月日). ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

無効な情報 (0件)

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 2, LA = 0.34, Max(EID) = 368489, Max(EOID) = 985866.