『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

OWN=閲覧 大西 康太

登録情報の数

有効な情報: 25件 + 無効な情報: 1件 = 全ての情報: 26件

全ての有効な情報 (25件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 (未定義) …(25)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 (種別) : Yoko Igarashi, Kohta Ohnishi, Kazuhiro Irie and Akira Murakami : Possible Contribution of Zerumbone-Induced Proteo-Stress to Its Anti-Inflammatory Functions via the Activation of Heat Shock Factor 1., PLoS ONE, Vol.11, No.8, e0161282, (発行所), (都市), Aug. 2016. ...
閲覧 大西 康太 : サンディエゴに留学して,感じたこと, フードサイエンスフォーラム 第23回学術集会, 2017年9月. ...
閲覧 大西 康太 : 食品成分によるオートファジー制御を目指して, 第10回北陸合同バイオシンポジウム, 2017年11月. ...
閲覧 Audrey S. Dickey, Dafne N. Sanchez, Martin Arreola, Kunal R. Sampat, Weiwei Fan, Nicolas Arbez, Sergey Akimov, Michael Kanegan J. Van, Kohta Ohnishi, Stephen K. Gilmore-Hall, April L. Flores, Janice M. Nguyen, Nicole Lomas, Cynthia L. Hsu, Donald C. Lo, Christopher A. Ross, Eliezer Masliah, Ronald M. Evans and Albert Spada R. La : PPARδ activation by bexarotene promotes neuroprotection by restoring bioenergetic and quality control homeostasis., Science Translational Medicine, Vol.9, No.419, eaal2332, 2017. ...
閲覧 Hsu L. Cynthia, Lee X. Elian, Gordon L. Kara, Paz A. Edwin, Shen Wen-Chuan, Kohta Ohnishi, Meisenhelder Jill, Hunter Tony and Spada R. La Albert : MAP4K3 mediates amino acid-dependent regulation of autophagy via phosphorylation of TFEB, Nature Communications, Vol.9, No.1, 942, 2018. ...
閲覧 岡本 彩椰, 大屋 真耶, 大西 康太, 河合 慶親 : 一重項酸素によって生じるリノール酸10-/12-リノール酸ヒドロペルオキシド異性体の単離とその分解物の探索, 第71回日本酸化ストレス学会/第18回日本NO学会 合同学術集会, 2018年5月. ...
閲覧 坂井 麻衣子, 大西 康太, 河合 慶親 : マクロファージのリソソーム活性を亢進する食品成分の探索と作用機序の解析, 第257回徳島医学会学術集会(平成30年度夏期), 2018年8月. ...
閲覧 坂井 麻衣子, 大西 康太, 河合 慶親 : イソラムネチンはmTORC2シグナル依存的にマクロファージ様細胞におけるリソソーム活性を亢進する, 第23回日本フードファクター学会学術集会, 2018年9月. ...
閲覧 Erika Nuka, Kohta Ohnishi, Junji Terao and Yoshichika Kawai : ATP/P2X7 receptor signaling as a potential anti-inflammatory target of natural polyphenols., PLoS ONE, Vol.13, No.9, e0204229, 2018. ...
閲覧 藤元 萌, 大西 康太, 坂井 麻衣子, 福田 哲平, 大西 愛花, 増田 真志, 奥村 仙示, 河合 慶親, 竹谷 豊 : オートファジー活性を制御する食品成分の探索, 日本農芸化学会2019年度大会, 2019年3月. ...
閲覧 Maiko SAKAI, Kohta Ohnishi, Teppei FUKUDA, Masashi Masuda, Naomi Kanoh, Hisami Okumura, Yoshichika Kawai and Yutaka Taketani : mTORC2 signaling is critical for lysosomal activation by isorhamnetin treatment in J774.1., FAOPS2019, (都市), March 2019. ...
閲覧 Cindy VALENTINE, Kohta Ohnishi, Kazuhiro IRIE and Akira MURAKAMI : Curcumin may induce lipolysis via proteo-stress in Huh7 human hepatoma cells., Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition, Vol.65, No.2, 91-98, 2019. ...
閲覧 坂井 麻衣子, 大西 康太, 大南 博和, 増田 真志, 奥村 仙示, 竹谷 豊 : mTORC2シグナルはマクロファージ様細胞において遺伝子発現調節を介してリソソーム活性を制御する, 第92回日本生化学会大会, (巻), (号), (頁), 2019年9月. ...
閲覧 Maiko SAKAI, Kohta Ohnishi, Masashi Masuda, Hirokazu Ohminami, Hisami Okumura, Taichi HARA and Yutaka Taketani : Elucidation of the molecular mechanism underlying lysosomal activation in J774.1 cells by isorhamnetin treatment, The 7th International Conference on Food Factors, (巻), (号), (頁), (都市), Dec. 2019. ...
閲覧 Kohta Ohnishi, Moe FUJIMOTO, Maiko SAKAI, Teppei FUKUDA, Aika OHNISHI, Hirokazu Ohminami, Masashi Masuda, Hisami Okumura, Yoshichika Kawai and Yutaka Taketani : Exploration of bioactive food factors for the control of autophagy flux, The 7th International Conference on Food Factors, (巻), (号), (頁), (都市), Dec. 2019. ...
閲覧 大西 康太 : "食"でオートファジーを制御できるか?, レドックス・ライフイノベーション第170委員会 20周年記念若手シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2020年1月. ...
閲覧 Maiko Sakai, Kohta Ohnishi, Masashi Masuda, Hirokazu Ohminami, Hisami Okumura, Taichi Hara and Yutaka Taketani : Isorhamnetin, a 3'-methoxylated flavonol, enhances the lysosomal proteolysis in J774.1 murine macrophages in a TFEB-independent manner., Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 2020. ...
閲覧 坂井 麻衣子, 大西 康太, 増田 真志, 大南 博和, 奥村 仙示, 原 太一, 竹谷 豊 : J774.1マクロファージ様細胞においてmTORC2シグナルはリソソーム活性を制御する, 日本農芸化学会2020年度大会, 2020年3月. ...
閲覧 福田 哲平, 大西 康太, 増田 真志, 松崎 泰教, 今野 歩, 藤元 萌, 大西 愛花, 坂井 麻衣子, 大南 博和, 奥村 仙示, 原 太一, 平井 宏和, 竹谷 豊 : 近赤外蛍光イメージングを用いたin vivoオートファジー活性評価法の構築, 日本農芸化学会2020年度大会, 2020年3月. ...
閲覧 山越 正汰, 坂井 麻衣子, 藤元 萌, 大西 康太, 原 太一 : 食品による栄養飢餓非依存性オートファジーの分子機構の解明, 日本農芸化学会2020年度大会, 2020年3月. ...
閲覧 坂井 麻衣子, 大西 康太, 増田 真志, 大南 博和, 奥村 仙示, 原 太一, 竹谷 豊 : 栄養素応答シグナルmTORC2を介したリソソーム活性制御機構の解明, 第74回日本栄養・食糧学会大会, 2020年4月. ...
閲覧 矢野 敏史, 山越 正汰, 太田 智絵, 宇都 拓洋, 坂井 麻衣子, 大西 康太, 原 太一 : 新規機能性食品によるmTORC1シグナルに依存しないオートファジーの活性化機構と作用成分, 第74回日本栄養・食糧学会大会, 2020年4月. ...
閲覧 山本 浩範, 田尻 真梨, 中橋 乙起, 増田 真志, 大南 博和, 大西 康太, 武田 英二, 竹谷 豊 : 糖尿病時におけるビタミンD・カルシウム代謝異常の分子機構の解明, 第74回日本栄養・食糧学会大会, 2020年4月. ...
閲覧 大西 康太 : "食"とオートファジー, 株式会社 羊土社, (都市), 2020年6月. ...
閲覧 Kohta Ohnishi, Yano Satoshi, Fujimoto Moe, Sakai Maiko, Harumoto Erika, Furuichi Airi, Masashi Masuda, Hirokazu Ohminami, Hisami Okumura, Hara Taichi and Yutaka Taketani : Identification of Dietary Phytochemicals Capable of Enhancing the Autophagy Flux in HeLa and Caco-2 Human Cell Lines, Antioxidants, Vol.9, No.12, E1193, 2020. ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

無効な情報 (1件)

閲覧 Cindy Valentine, Kohta Ohnishi, Kazuhiro Irie and Akira Murakami : Curcumin may induce lipolysis via proteo-stress in Huh7 human hepatoma cells., Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition, Vol.65, No.2, 91-98, 2019.

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 1, LA = 0.33, Max(EID) = 393188, Max(EOID) = 1063864.