『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

OWN=閲覧 堀ノ内 裕也

登録情報の数

有効な情報: 44件 + 無効な情報: 53件 = 全ての情報: 97件

全ての有効な情報 (44件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 (未定義) …(44)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 井上 喜美子, 西谷 典子, 田崎 絵美, Yuya Horinouchi, 菅沼 雅美, 影近 弘之, 首藤 紘一 and 藤木 博太 : Antioxidant Activity of Retinoids, 6th Japan-Korea Workshop on Cnacer and Ageing Research, (巻), (号), (頁), Tokushima, Feb. 2004. ...
閲覧 Yuya Horinouchi, Koichiro Tsuchiya, 石澤 啓介, 田島 壮一郎, 元林 有紀, 山口 邦久, 川添 和義, Kazuo Minakuchi and Toshiaki Tamaki : Endothelial cell protective activity of nitorosonifedipine, Biomedical Redox Navigation (EPR2008), (巻), (号), (頁), Fukuoka, Sep. 2008. ...
閲覧 田島 壮一郎, Koichiro Tsuchiya, Yuya Horinouchi, 石澤 啓介, 寺岡 和彦, 冨田 修平, 川添 和義, 芳地 一, Toshiaki Tamaki and 水口 和生 : ANGIOTENSIN II INCREASED INTRACELLULAR LABILE IRON IN THE PRESENCE OF TRANSFERRIN IN HGEC, Basic & Clinical Pharmacology & Toxicology, Vol.105, (号), 127, (都市), (month)2009. ...
閲覧 土屋 浩一郎, 大坂 祐貴 and Yuya Horinouchi : Adverse effects of anti-cancer drugs, Shikoku Acta Medica, Vol.65, No.3, 67-73, 2009. ...
閲覧 森 剛志, 西迫 寛隆, 中村 敏己, 三木 幸代, 堀ノ内 裕也, 櫻田 巧, 阿部 真治, 寺岡 和彦, 久次米 敏秀, 川添 和義, 水口 和生 : P1-121 外来がん化学療法における副作用モニタリング : クラスター解析を用いた患者背景・要因ごとの副作用予測の試み(一般演題 ポスター発表,がん薬物療法(外来化学療法),医療薬学の創る未来 科学と臨床の融合), 日本医療薬学会年会講演要旨集, Vol.19, (号), 313, 2009年9月. ...
閲覧 堀ノ内 裕也, 櫻田 巧, 中村 敏己, 森 剛志, 小中 健, 三木 幸代, 田島 壮一郎, 西迫 寛隆, 阿部 真治, 川添 和義, 水口 和生 : O1-07 血圧上昇を指標としたベバシズマブ投与結腸・直腸がん患者の効果予測に関する検討(一般演題 口頭発表,がん薬物療法(外来化学療法/入院化学療法),臨床から学び臨床へと還元する医療薬学), 日本医療薬学会年会講演要旨集, Vol.20, (号), 256, 2010年10月. ...
閲覧 堀ノ内 裕也, 櫻田 巧, 中村 敏己, 森 剛志, 小中 健, 三木 幸代, 田島 壮一郎, 西迫 寛隆, 阿部 真治, 寺岡 和彦, 久次米 敏秀, 川添 和義, 水口 和生 : 分子標的治療薬ベバシズマブによる血圧上昇について ∼発現状況調査ならびに効果予測の検討∼, 第49回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2010年11月. ...
閲覧 Yuya Horinouchi, Koichiro Tsuchiya, Chiaki Taoka, Soichiro Tajima, Yoshitaka Kihira, Yuko Matsuda, Kozo Shishido, Masahiro Yoshida, Shuichi Hamano, Kazuyoshi Kawazoe, Yasumasa Ikeda, Keisuke Ishizawa, Shuhei Tomita and Toshiaki Tamaki : Antioxidant effects of photodegradation product of nifedipine, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.59, No.2, 208-214, 2011. ...
閲覧 櫻田 巧, 石澤 啓介, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 富永 えりか, 谷口 順平, 藤井 聖子, 木平 孝高, 池田 康将, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : AngiotensinⅡ誘発血管リモデリングに対するニトロソニフェジピンの抑制作用, 第40回日本心脈管作動物質学会, (巻), (号), (頁), 2011年2月. ...
閲覧 田島 壮一郎, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 山野 範子, 堀ノ内 裕也, 木平 孝高, 石澤 啓介, 川添 和義, 冨田 修平, 水口 和生, 玉置 俊晃 : 鉄除去は脂肪肥大を抑制して糖尿病を改善する, 第40回日本心脈管作動物質学会, (巻), (号), (頁), 2011年2月. ...
閲覧 堀ノ内 裕也, 土屋 浩一郎, 田島 壮一郎, 木平 孝高, 池田 康将, 石澤 啓介, 冨田 修平, 川添 和義, 玉置 俊晃, 水口 和生 : Nitrosonifedipine の細胞保護効果に関する検討, 日本薬学会第131年会, (巻), (号), (頁), 2011年3月. ...
閲覧 Yuya Horinouchi, Takumi Sakurada, Toshimi Nakamura, Soichiro Tajima, Hirotaka Nishisako, Shinji Abe, Kazuhiko Teraoka, Toshihide Kujime, Kazuyoshi Kawazoe and Kazuo Minakuchi : Hypertension as a predictive factor of effect of bevacizumab in treatment of colorectal cancer, Journal of the Pharmaceutical Society of Japan, Vol.131, No.8, 1251-1257, 2011. ...
閲覧 Yuya Horinouchi, Takumi Sakurada, Toshimi Nakmura, Tsuyoshi Mori, Ken Konaka, Soichiro Tajima, Shinji Abe, Kazuhiko Teraoka, Toshihide Kujime, Kazuyoshi Kawazoe, Hitoshi Houchi and Kazuo Minakuchi : Correlation between development of hypertension and efficay in metastatic colorectal cancer patients treated with bevacizumab, Abstracts of 10th Congress of the Europian Association for Clinical Pharmacology and Therapeutics, Vol.109, No.S1, 57, Budapest, June 2011. ...
閲覧 田島 壮一郎, 明石 晃代, 宮本 登志子, 渡邉 美穂, 池森 明, 堀ノ内 裕也, 伏谷 秀治, 寺岡 和彦, 久次米 敏秀, 川添 和義, 三ツ井 貴夫, 水口 和生, 楊河 宏章 : P-1130 治験終了後の情報提供に関する被験者の意識調査(一般演題 ポスター発表,治験・臨床試験,Enjoy Pharmacists' Lifestyles), 日本医療薬学会年会講演要旨集, Vol.21, (号), 370, 2011年9月. ...
閲覧 堀ノ内 裕也, 片桐 由貴, 小中 健, 森 剛志, 中村 敏己, 田島 壮一郎, 山口 美代子, 三木 幸代, 寺岡 和彦, 久次米 敏秀, 川添 和義, 水口 和生 : P-0220 クラスタ解析を用いたオキサリプラチン投与大腸がん患者の過敏症発現に影響を与える因子の検討(一般演題 ポスター発表,がん薬物療法(外来化学療法),Enjoy Pharmacists' Lifestyles), 日本医療薬学会年会講演要旨集, Vol.21, (号), 218, 2011年9月. ...
閲覧 堀ノ内 裕也, 中村 敏己, 櫻田 巧, 森 剛志, 小中 健, 三木 幸代, 田島 壮一郎, 阿部 真治, 寺岡 和彦, 久次米 敏秀, 川添 和義, 水口 和生 : ベバシズマブ投与大腸がん患者における早期高血圧の効果予測因子として の意義, 第50回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2011年11月. ...
閲覧 櫻田 巧, 田島 壮一郎, 柿内 聡司, 上松 卓, 森 剛志, 堀ノ内 裕也, 川添 和義, 西岡 安彦, 楊河 宏章, 水口 和生 : P1-373 癌薬物療法における薬剤性間質性肺炎の実態調査(がん薬物療法(その他),ポスター,一般演題,岐路に立つ医療~千年紀の目覚め~よみがえれ!ニッポン!薬の改革は我らが手で!), 日本医療薬学会年会講演要旨集, Vol.22, (号), 329, 2012年10月. ...
閲覧 堀ノ内 裕也, Fiona A. SUMMERS, Marilyn EHRENSHAFT, 玉置 俊晃, Ronald P. MASON : フリーラジカル直接検出法immuno-spin trapping, In-Cell Westernとconfocal microscopyを用いた環境汚染物質の細胞毒性評価, 第40回日本毒性学会学術年会, 2013年6月. ...
閲覧 Yuya Horinouchi, Fiona A. Summers, Marilyn Ehrenshaft, Hitoshi Houchi, Toshiaki Tamaki, Kazuo Minakuchi and Ronald P. Mason : Cytotoxity evaluation of environmental chemicals via free radical detection using newly technique immuno-spin trapping, In-Cell Western and confocal microscopy, 49th Congress of the European Societies of Toxicology (EUROTOX), (都市), Sep. 2013. ...
閲覧 堀ノ内 裕也, Summers A. Fiona, Ehrenshaft Marilyn, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, Mason P. Ronald : Investigating free radical generation in HepG2 cells induced by aromatic amine compounds using immuno-spin trapping, 第87回日本薬理学会年会, 2014年3月. ...
閲覧 櫻田 巧, 柿内 聡司, 堀ノ内 裕也, 森 剛志, 西迫 寛隆, 寺岡 和彦, 中村 敏己, 川添 和義, 西岡 安彦, 水口 和生 : 27-O5AM-06 ペメトレキセドによる皮疹予防としてのステロイドの有効性と至適投与量の検討(がん薬物療法(副作用対策)2,一般演題(口頭),新時代を拓く医療薬学フロンティア), 日本医療薬学会年会講演要旨集, Vol.24, (号), 222, 2014年8月. ...
閲覧 Yuya Horinouchi, A Fiona Summers, Marilyn Ehrenshaft and P Ronald Mason : Free radical generation from an aniline derivative in HepG2 cells: a possible captodative effect., Free Radical Biology and Medicine, Vol.78, (号), 111-117, 2014. ...
閲覧 Yuya Horinouchi, A Fiona Summers, Marilyn Ehrenshaft, Kazuyoshi Kawazoe, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki and P Ronald Mason : Investigating free radical generation in HepG2 cells using immuno-spin trapping., Free Radical Biology and Medicine, Vol.75 Suppl 1, (号), (頁), (都市), Dec. 2014. ...
閲覧 堀ノ内 裕也 : イムノスピントラッピング法を用いたフリーラジカル検出, 第23回大阪市大フォーラム, 2016年8月. ...
閲覧 宮本 理人, 友川 剛己, 松田 裕樹, 山根 萌, 服部 真奈, 大西 怜奈, 池田 康将, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 : 身体運動時に生じる骨格筋代謝状態の変化における,中枢性調節機構の意義, 第90回日本薬理学会年会, (巻), (号), (頁), 2017年3月. ...
閲覧 石澤 有紀, 細岡 真由子, 齊藤 尚子, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 座間味 義人, 武智 研志, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 石澤 啓介, 玉置 俊晃 : ケルセチンの内皮保護作用を介したマウス大動脈解離発症に対する効果, 第90回日本薬理学会年会, 2017年3月. ...
閲覧 今西 正樹, 田中 恭平, 生藤 来希, 座間味 義人, 武智 研志, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 : フェブキソスタットはアンジオテンシンII誘発性大動脈線維化を抑制する, 第90回日本薬理学会年会, 2017年3月. ...
閲覧 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : Xa因子阻害薬は一側尿管結紮誘導性腎線維化を抑制する, 第90回日本薬理学会年会, 2017年3月. ...
閲覧 Yasumasa Ikeda and Toshiaki Tamaki : Excess iron on the risk of tissue injury, 第90回日本薬理学会年会, March 2017. ...
閲覧 生藤 来希, 今西 正樹, 田中 恭平, 座間味 義人, 武智 研志, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 : アンジオテンシンII 誘発性血管リモデリングに対するキサンチンオキシダーゼ阻害剤の影響, 日本薬学会 第137年会, 2017年3月. ...
閲覧 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : FXa 阻害剤の片側尿管結紮モデルマウスにおける腎間質線維化抑制作用, 日本薬学会 第137年会, 2017年3月. ...
閲覧 三井 茉綸, 座間味 義人, 石澤 有紀, 漆崎 汐里, 桐野 靖, 斉家 和仁, 森口 浩史, 武智 研志, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 : 有害事象自発報告データベースを基にしたベバシズマブの抗腫瘍効果を減弱させる薬剤の探索研究, 日本薬学会 第137年会, 2017年3月. ...
閲覧 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : FXa阻害剤は腎間質線維化を抑制する, 第60回日本腎臓学会学術総会, 2017年5月. ...
閲覧 濱野 裕章, 池田 康将, 渡邉 大晃, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : インドキシル硫酸はヘプシジンを介した鉄代謝異常に関与する, 第60回日本腎臓学会学術総会, 2017年5月. ...
閲覧 Masaki Imanishi, Kyohei Tanaka, Raiki Ikutoh, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yasumasa Ikeda, Hiromichi Fujino, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki and Keisuke Ishizawa : THE EFFECTS OF FEBUXOSTAT ON ANGIOTENSIN II-INDUCED VASCULAR REMODELING, 27th European Meeting on Hypertension and Cardiovascular Protection, (都市), June 2017. ...
閲覧 Yuki Izawa-Ishizawa, Keisuke Ishizawa, 田淵 正樹, Masaki Imanishi, Mai Takata, Eriko Sairyo, Yoshito Zamami, Yuya Horinouchi, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki : NITROSONIFEDIPINE, A NOVEL ANTIOXIDANT, AMELIORATES NEUROLOGICALSYMPTOMS AND PROLONGS THE SURVIVAL IN A MALIGNANT STROKE-PRONE SPONTANEOUSLY HYPERTENSIVE RATS, 27th European Meeting on Hypertension and Cardiovascular Protection, (都市), June 2017. ...
閲覧 Yuya Horinouchi, Yasumasa Ikeda, Masaki Imanishi, Yoshito Zamami, Yuki Izawa-Ishizawa, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki : FACTOR XA INHIBITOR ATTENUATES RENAL INTERSTITIAL FIBROSIS IN MICE WITH UNILATERAL URETERAL OBSTRUCTION, THE 13TH CONGRESS OF THE EUROPEAN ASSOCIATION FOR CLINICAL PHARMACOLOGY AND THERAPEUTICS(EACPT2017), (都市), June 2017. ...
閲覧 濱野 裕章, 池田 康将, 渡邊 大晃, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 今西 正樹, 座間味 義人, 武智 研志, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : インドキシル硫酸蓄積はヘプシジン制御を介して鉄代謝恒常性破綻に関与する, 第131回 日本薬理学会近畿部会, 2017年6月. ...
閲覧 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 石澤 有紀, 今西 正樹, 座間味 義人, 武智 研志, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : 第Xa因子阻害剤は腎間質線維化を抑制する, 第131回 日本薬理学会近畿部会, 2017年6月. ...
閲覧 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 今西 正樹, 座間味 義人, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : 経口FXa阻害剤の腎線維化抑制効果, 医療薬学フォーラム2017 第25回クリニカルファーマシーシンポジウム, 2017年7月. ...
閲覧 座間味 義人, 石澤 有紀, 桐野 靖, 三井 茉綸, 漆崎 汐里, 武智 研志, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 : 有害事象自発報告データベースを切り口としたベバシズマブの抗腫瘍効果を減弱させる薬剤の探索研究, 医療薬学フォーラム2017 第25回クリニカルファーマシーシンポジウム, 2017年8月. ...
閲覧 Yuya Horinouchi, Yasumasa Ikeda, Masaki Imanishi, Yoshito Zamami, Yuki Izawa-Ishizawa, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki : Direct activated factor X inhibitor attenuates renal fibrosis on unilateral ureteral obstruction-induced nephrotoxicity., 53rd Congress of the European Societies of Toxicology (eurotox2017), (都市), Sep. 2017. ...
閲覧 Yuya Horinouchi, Yasumasa Ikeda, Hirofumi Hamano, Masaki Imanishi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki : The effect of iron on skeletal muscle atrophy in chronic kidney disease., Free Radical Biology and Medicine, Vol.112, No.1, 204-205, (都市), Dec. 2017. ...
閲覧 Katsunori Tsuda, Licht Miyamoto, Shuichi Hamano, Yuri Morimoto, Yumi Kangawa, Chika Fukue, Yoko Kagawa, Yuya Horinouchi, Wenting Xu, Yasumasa Ikeda, Toshiaki Tamaki and Koichiro Tsuchiya : Mechanisms of the pH- and Oxygen-Dependent Oxidation Activities of Artesunate., Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.41, No.4, 555-563, 2018. ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

無効な情報 (53件)

閲覧 Koichiro Tsuchiya, Yuya Horinouchi, Yasuhisa Kanematsu, Shinji Abe, Hideki Ohnishi, Soichiro Tajima, Keisuke Ishizawa, Toshiaki Tamaki and Yoshiharu Takiguchi : Production of nitrosonifedipine radical from nifedipine and its antioxidative activity in cultured cells, 13th annual meeting of society of free radical and biology of medicine, (巻), (号), (頁), Denver, Nov. 2006.
閲覧 Koichiro Tsuchiya, Satoshi Iwanaga, Hideki Ohnishi, Yayoi Fukuhara, Chiaki Taoka, Soichiro Tajima, Yuya Horinouchi and Toshiaki Tamaki : In vivo and in vitro studies on NO formation from iron-quercetin-nitrite complexes, Second International Role of Nitrite in Physiology, Pathophysiology and Therapeutics Meeting, (巻), (号), (頁), Bethesda, Maryland, Sep. 2007.
閲覧 Toshiaki Tamaki, Kunihisa Yamaguchi, Narantungalag Dorjsuren, Yayoi Fukuhara, Yuya Horinouchi, Yuki Motobayashi, Koichiro Tsuchiya and Keisuke Ishizawa : Olmesartan inhibits the TNF--induced cytotoxicity in human glomerular endothelial cells, ISN Nexus Symposium on Diabetes & the Kidney, (巻), (号), (頁), Dublin, June 2008.
閲覧 大西 秀樹, 土屋 浩一郎, 田島 壮一郎, 堀ノ内 裕也, 福原 弥生, 山口 邦久, 石澤 啓介, 冨田 修平, 玉置 俊晃 : 腎とフリーラジカル第9集, --- ハイドロエチジウム蛍光分析法による細胞内スーパーオキシド検出法の評価 ---, 株式会社 東京医学社, 東京, 2008年9月.
閲覧 Koichiro Tsuchiya, 田島 壮一郎, 濱本 磨以, 大西 秀樹, 元林 有紀, Yuya Horinouchi, 山口 邦久, 石澤 啓介, 川添 和義, Kazuo Minakuchi and Toshiaki Tamaki : EFFECT OF ANGIOTENSIN II ON IRON(II) TURNOVER IN HGEC, Biomedical Redox Navigation (EPR2008), (巻), (号), (頁), Fukuoka, Sep. 2008.
閲覧 Keisuke Ishizawa, Kunihisa Yamaguchi, Yuya Horinouchi, Yayoi Fukuhara, Soichiro Tajima, Shuichi Hamano, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki : Drug discovery for overcoming chronic kidney disease (CKD): development of drugs on endothelial cell protection for overcoming CKD., Journal of Pharmacological Sciences, Vol.109, No.1, 14-19, Jan. 2009.
閲覧 田島 壮一郎, 土屋 浩一郎, 濱本 磨以, 堀ノ内 裕也, 冨田 修平, 石澤 啓介, 川添 和義, 玉置 俊晃, 水口 和生 : Angiotensin IIによるヒト腎糸球体血管内皮細胞(HGEC)内における鉄動態の検討, 日本薬学会129年会, (巻), (号), 0, 2009年3月.
閲覧 森 剛志, 西迫 寛隆, 中村 敏己, 三木 幸代, 堀ノ内 裕也, 櫻田 巧, 阿部 真治, 寺岡 和彦, 久次米 敏秀, 川添 和義, 水口 和生 : 外来乳がん化学療法におけるクラスター解析を用いた副作用予測の試み, 第48回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2009年11月.
閲覧 田島 壮一郎, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 堀ノ内 裕也, 櫻田 巧, 木平 孝高, 石澤 啓介, 川添 和義, 冨田 修平, 水口 和生, 玉置 俊晃 : KK-Ay マウスにおける鉄キレート剤Deferoxamineによる糖尿病病態改善効果の検討, 第83回 日本薬理学会, (巻), (号), (頁), 2010年3月.
閲覧 池田 康将, 土屋 浩一郎, 田島 壮一郎, 堀ノ内 裕也, 木平 孝高, 石澤 啓介, 冨田 修平, 高石 喜久, 玉置 俊晃 : 徳島県名産スダチ果皮の抗生活習慣病作用, 第83回日本薬理学会年会 シンポジウム「 肥満の栄養ゲノミクスと薬理ゲノミクス」, (巻), (号), (頁), 2010年3月.
閲覧 Soichiro Tajima, Koichiro Tsuchiya, Yuya Horinouchi, Keisuke Ishizawa, Yasumasa Ikeda, Yoshitaka Kihira, Masayuki Shono, Kazuyoshi Kawazoe, Shuhei Tomita and Toshiaki Tamaki : Effect of angiotensin II on iron-transporting protein expression and subsequent intracellular labile iron concentration in human glomerular endothelial cells, Hypertension Research, Vol.33, No.7, 713-721, 2010.
閲覧 田島 壮一郎, 土屋 浩一郎, 濱本 磨以, 久住 祥子, 堀ノ内 裕也, 八木 祐子, 櫻田 巧, 石澤 啓介, 池田 康将, 木平 孝高, 冨田 修平, 玉置 俊晃 : 腎とフリーラジカル第10集, --- アンジオテンシンII刺激による細胞内遊離鉄を介した酸化ストレス増強機構 ---, 株式会社 東京医学社, 東京, 2010年6月.
閲覧 石澤 啓介, 今西 正樹, Erika Tminaga, 堀ノ内 裕也, Takumi Sakurada, Zyunpei Taniguchi, Seiko Fujii, 木平 孝高, 池田 康将, 冨田 修平, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 : Nifedipine代謝物はangiotensinⅡによる血管平滑筋細胞遊走および増殖を抑制する, 第63回日本酸化ストレス学会, (巻), (号), (頁), 2010年6月.
閲覧 今西 正樹, 石澤 啓介, 富永 えりか, 堀ノ内 裕也, 谷口 順平, 藤井 聖子, 木平 孝高, 池田 康将, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : Nifedipine代謝物によるangiotensin II 誘発血管平滑筋細胞遊走及び増殖に対する抑制作用, 第117回日本薬理学会近畿部会, (巻), (号), (頁), 2010年7月.
閲覧 Yayoi Fukuhara, Shuhei Tomita, Yuko Imamura, Yuya Horinouchi, Masaki Imanishi, Takumi Sakurada, Tetsuya Kitagawa and Toshiaki Tamaki : Role of HIF-1b in endothelial cells in monocrotaline-induced pulmonary hypertension in mice, 16th World Congress on Basic and Clinical Pharmacology, (巻), (号), (頁), (都市), July 2010.
閲覧 藤井 聖子, 石澤 啓介, 今西 正樹, 富永 えりか, 桜田 巧, 谷口 順平, 堀ノ内 裕也, 木平 孝高, 池田 康将, 冨田 修平, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 : AngiotensinⅡ誘発血管リモデリングに対するnitrosonifedipineの抑制効果, 次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム2010, (巻), (号), (頁), 2010年9月.
閲覧 田島 壮一郎, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 山野 範子, 堀ノ内 裕也, 木平 孝高, 石澤 啓介, 川添 和義, 冨田 修平, 水口 和生, 玉置 俊晃 : 2型糖尿病モデルマウスに対する鉄キレート剤による糖尿病改善効果の検討, 第34回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会, (巻), (号), (頁), 2010年9月.
閲覧 Keisuke Ishizawa, Masaki Imanishi, Yuya Horinouchi, Yayoi Fukuhara, Yuki Izawa-Ishizawa, Yasumasa Ikeda, Yoshitaka Kihira, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki : Nitroso-nifedipine is a new class drug to protect endothelial function for overcoming organ damage, International Society of Hypertension 2010, (巻), (号), (頁), Vancouver, Sep. 2010.
閲覧 今西 正樹, 石澤 啓介, 富永 えりか, 櫻田 巧, 堀ノ内 裕也, 谷口 順平, 藤井 聖子, 木平 孝高, 池田 康将, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : Angiotensin II による血管平滑筋細胞の遊走および増殖に対するnifedipine代謝物の抑制作用とそのメカニズム, 第33回日本高血圧学会, (巻), (号), (頁), 2010年10月.
閲覧 田島 壮一郎, 池田 康将, 堀ノ内 裕也, 木平 孝高, 冨田 修平, 山野 範子, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : 鉄キレート剤 deferoxamine は内皮細胞活性化により血管新生を促進する, 第20回日本循環薬理学会, (巻), (号), (頁), 2010年11月.
閲覧 富永 えりか, 石澤 啓介, 今西 正樹, 櫻田 巧, 谷口 順平, 藤井 聖子, 堀ノ内 裕也, 木平 孝高, 阿部 真治, 川添 和義, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 水口 和生 : アンジオテンシンII による血管リモデリングに対するニトロソニフェジピンの影響, 第49回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2010年11月.
閲覧 Koichiro Tsuchiya, Yuya Horinouchi, Soichiro Tajima, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Keisuke Ishizawa, Yoshiyuki Yoshimura, Shuhei Tomita, Shuichi Hamano and Toshiaki Tamaki : Antioxidant effects of photodegradation product of nifedipine, 17th Annual Meeting of the Society for Free Radical Biology and Medicine (SFRBM 2010), (巻), (号), (頁), (都市), Nov. 2010.
閲覧 (種別) : Yuya Horinouchi, Takumi Sakurada, Toshimi Nakamura, Soichiro Tajima, Hirotaka Nishisako, Shinji Abe, Kazuhiko Teraoka, Toshihide Kujime, Kazuyoshi Kawazoe and Kazuo Minakuchi : [Hypertension as a predictive factor of effect of bevacizumab in treatment of colorectal cancer]., Yakugaku zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan, Vol.131, No.8, 1251-1257, (発行所), (都市), (month)2011.
閲覧 (種別) : Yuya Horinouchi, Takumi Sakurada, Toshimi Nakamura, Soichiro Tajima, Hirotaka Nishisako, Shinji Abe, Kazuhiko Teraoka, Toshihide Kujime, Kazuyoshi Kawazoe and Kazuo Minakuchi : [Hypertension as a predictive factor of effect of bevacizumab in treatment of colorectal cancer]., Yakugaku zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan, Vol.131, No.8, 1251-1257, (発行所), (都市), (month)2011.
閲覧 Yayoi Fukuhara, Koichiro Tsuchiya, Yuya Horinouchi, Soichiro Tajima, Yoshitaka Kihira, Shuichi Hamano, Kazuyoshi Kawazoe, Yasumasa Ikeda, Keisuke Ishizawa, Shuhei Tomita and Toshiaki Tamaki : Protective effect of photodegradation product of nifedipine against tumor necrosis factor alpha-induced oxidative stress in human glomerular endothelial cells, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.58, No.1, 2, 118-126, 2011.
閲覧 Yayoi Fukuhara, Koichiro Tsuchiya, Yuya Horinouchi, Soichiro Tajima, Yoshitaka Kihira, Shuichi Hamano, Kazuyoshi Kawazoe, Yasumasa Ikeda, Keisuke Ishizawa, Shuhei Tomita and Toshiaki Tamaki : Protective effect of photodegradation product of nifedipine against tumor necrosis factor alpha-induced oxidative stress in human glomerular endothelial cells, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.58, No.1, 2, 118-126, 2011.
閲覧 今西 正樹, 石澤 啓介, 櫻田 巧, 富永 えりか, 堀ノ内 裕也, 谷口 順平, 藤井 聖子, 木平 孝高, 池田 康将, 冨田 修平, 水口 和生, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : Nitrosonifedipineによる血管リモデリング抑制効果の検討, 日本薬学会第131回年会, (巻), (号), (頁), 2011年3月.
閲覧 田島 壮一郎, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 堀ノ内 裕也, 山野 範子, 木平 孝高, 石澤 啓介, 川添 和義, 冨田 修平, 水口 和生, 玉置 俊晃 : ヒト腎糸球体血管内皮細胞において細胞内遊離鉄はangiotensin ⅡによるICAM-1の発現を増強する, 第54回日本腎臓学会学術集会, (巻), (号), (頁), 2011年6月.
閲覧 田島 壮一郎, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 山野 範子, 堀ノ内 裕也, 櫻田 巧, 木平 孝高, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 川添 和義, 冨田 修平, 水口 和生, 玉置 俊晃 : 肥満の脂肪組織における鉄の役割, 第35回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会, (巻), (号), (頁), 2011年9月.
閲覧 Soichiro Tajima, Yasumasa Ikeda, Kaori Sawada, Noriko Yamano, Yuya Horinouchi, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Yuki Izawa-Ishizawa, Kazuyoshi Kawazoe, Shuhei Tomita, Kazuo Minakuchi, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki : Iron reduction by deferoxamine leads to amelioration of adiposity via the regulation of oxidative stress and inflammation in obese and type 2 diabetes KKAy mice., American Journal of Physiology, Endocrinology and Metabolism, Vol.302, No.1, E77-86, 2012.
閲覧 田島 壮一郎, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 堀ノ内 裕也, 櫻田 巧, 木平 孝高, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 川添 和義, 冨田 修平, 水口 和生, 玉置 俊晃 : 十二指腸からの鉄吸収に対するAngiotensinⅡの影響, 第36回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会, (巻), (号), (頁), 2012年9月.
閲覧 Takumi Sakurada, Keisuke Ishizawa, Masaki Imanishi, Yuki Izawa-Ishizawa, Shoko Fujii, Erika Tominaga, Teppei Tsuneishi, Yuya Horinouchi, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Shuhei Tomita, Ken-ichi Aihara, Kazuo Minakuchi, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki : Nitrosonifedipine ameliorates angiotensin II-induced vascular remodeling via antioxidative effects, Naunyn-Schmiedeberg's Archives of Pharmacology, Vol.386, No.1, 29-39, 2013.
閲覧 土屋 浩一郎, 石澤 啓介, 宮本 理人, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 木平 孝高, 冨田 修平, 玉置 俊晃 : 腎とフリーラジカル第11集, --- 亜硝酸塩による腎保護作用 ---, 株式会社 東京医学社, 東京, 2013年1月.
閲覧 田島 壮一郎, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 堀ノ内 裕也, 櫻田 巧, 木平 孝高, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 川添 和義, 水口 和生, 玉置 俊晃 : The influence of angiotensin II on duodenal iron absorption, 第86回日本薬理学会年会, (巻), (号), (頁), 2013年3月.
閲覧 Takumi Sakurada, K. Miyako, Yuya Horinouchi, Kazuhiko Teraoka, T. Kujime, Kazuyoshi Kawazoe, Hitoshi Houchi, Toshiaki Tamaki and Kazuo Minakuchi : NITROSONIFEDIPINE, A PHOTODEGRADATION PRODUCT OF NIFEDIPINE, SUPPRESS THE PROGRESSION OF DIABETIC NEPHROPATHY WITH THE ENDOTHELIAL DYSFUNCTION, 11th EACPT Congress, (巻), (号), (頁), (都市), Aug. 2013.
閲覧 池田 康将, 田島 壮一郎, 今尾 瑞季, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 木平 孝高, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : フェリチンの炎症惹起作用, 第37回日本鉄バイオサイエンス学会, (巻), (号), (頁), 2013年9月.
閲覧 Yasumasa Ikeda, Iori Ozono, Soichro Tajima, Mizuki Imao, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Licht Miyamoto, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki : Iron chelation by deferoxamine prevents renal interstitial fibrosis in mice with unilateral ureteral obstruction, PLoS ONE, Vol.9, No.2, e89355, 2014.
閲覧 今尾 瑞季, 池田 康将, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 木平 孝高, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : 鉄によって引き起こされる骨格筋萎縮のメカニズム, 第87回日本薬理学会年会, (巻), (号), (頁), 2014年3月.
閲覧 櫻田 巧, 田島 壮一郎, 柿内 聡司, 堀ノ内 裕也, 寺岡 和彦, 久次米 敏秀, 川添 和義, 西岡 安彦, 水口 和生 : ペメトレキセド治療における皮疹に対するデキサメタゾン投与量の検討, 日本薬学会第134年会, (巻), (号), (頁), 2014年3月.
閲覧 Yasumasa Ikeda, Soichiro Tajima, Mizuki Imao, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki : Ferritin induces IL-1 production through inflammasome activation via NF-B-dependent manner in macrophages, Experimental Biology 2014, (巻), (号), (頁), (都市), April 2014.
閲覧 池田 康将, 田島 壮一郎, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 木平 孝高, 宮本 理人, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : アンジオテンシンIIは鉄吸収制御と生体内鉄分布変化に関与する, 第125回日本薬理学会近畿部会, (巻), (号), (頁), 2014年6月.
閲覧 池田 康将, 今尾 瑞季, 佐藤 明穂, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 木平 孝高, 宮本 理人, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : 鉄による骨格筋萎縮メカニズムの検討, 日本鉄バイオサイエンス学会 第38回学術集会, (巻), (号), (頁), 2014年9月.
閲覧 池田 康将, 金井 佑亮, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 木平 孝高, 宮本 理人, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : ビリルビンは血管内皮細胞を活性化させて,虚血後血管新生を促進する, 第24回 循環薬理学会, (巻), (号), (頁), 2014年12月.
閲覧 池田 康将, 金井 佑亮, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 木平 孝高, 宮本 理人, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : ビリルビンの血管新生促進作用の検討, 第44回 日本心脈管作動物質学会, (巻), (号), (頁), 2015年2月.
閲覧 池田 康将, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 木平 孝高, 宮本 理人, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : ビリルビンは虚血後血管新生を促進する, 第88回 日本薬理学会年会(愛知), (巻), (号), (頁), 2015年3月.
閲覧 Takumi Sakurada, Souji Kakiuchi, Soichiro Tajima, Yuya Horinouchi, Naoto Okada, Hirotaka Nishisako, Toshimi Nakamura, Kazuhiko Teraoka, Kazuyoshi Kawazoe, Hiroaki Yanagawa, Yasuhiko Nishioka, Kazuo Minakuchi and Keisuke Ishizawa : Characteristics and risk factors of interstitial lung disease induced by chemotherapy for lung cancer, The Annals of Pharmacotherapy, Vol.49, No.4, 398-404, 2015.
閲覧 Soichiro Tajima, Yasumasa Ikeda, Hideaki Enomoto, Mizuki Imao, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Licht Miyamoto, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki : Angiotensin II alters the expression of duodenal iron transporters, hepatic hepcidin, and body iron distribution in mice, European Journal of Nutrition, Vol.54, No.5, 709-719, 2015.
閲覧 Yasumasa Ikeda, Hamano Hirofumi, Satoh Akiho, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Ken-ichi Aihara, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki : Bilirubin exerts pro-angiogenic effects through an Akt-eNOS-dependent pathway, Hypertension Research, Vol.38, No.11, 733-740, 2015.
閲覧 池田 康将, 佐藤 明穂, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 木平 孝高, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : 鉄欠乏は骨格筋量減少の原因となる, 第39回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会, (巻), (号), (頁), 2015年8月.
閲覧 Takumi Sakurada, Souji Kakiuchi, Soichiro Tajima, Yuya Horinouchi, Ken Konaka, Naoto Okada, Hirotaka Nishisako, Toshimi Nakamura, Kazuhiko Teraoka, Kazuyoshi Kawazoe, Hiroaki Yanagawa, Yasuhiko Nishioka and Keisuke Ishizawa : Pemetrexed-induced rash may be prevented by supplementary corticosteroids, Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.38, No.11, 1752-1756, 2015.
閲覧 Yasumasa Ikeda, Mizuki Imao, Akiho Satoh, Hiroaki Watanabe, Hirofumi Hamano, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Licht Miyamoto, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki : Iron-induced skeletal muscle atrophy involves an Akt-forkhead box O3-E3 ubiquitin ligase-dependent pathway., Journal of Trace Elements in Medicine and Biology, Vol.35, (号), 66-76, 2016.
閲覧 大島 啓亮, 池田 康将, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 木平 孝高, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : 鉄のエリスロポエチン発現への影響の検討, 第45回日本心脈管作動物質学会, (巻), (号), (頁), 2016年2月.
閲覧 Hirofumi Hamano, Yasumasa Ikeda, Hiroaki Watanabe, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki : Indoxyl Sulfate Involves Abnormality of Iron Metabolism Through Hepcidin Regulation., Experimental Biology 2017, (都市), April 2017.

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 0.77, Max(EID) = 383309, Max(EOID) = 1024540.