『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

OWN=閲覧 齋藤 雅子 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.病理系.生体防御医学])

登録情報の数

有効な情報: 9件 + 無効な情報: 0件 = 全ての情報: 9件

全ての有効な情報 (9件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 (未定義) …(9)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 Masako Saito, Masayuki Nagasawa, Hidetoshi Takada, Toshiro Hara, Shigeru Tsuchiya, Kazunaga Agematsu, Masafumi Yamada, Nobuaki Kawamura, Tadashi Ariga, Ikuya Tsuge, Shigeaki Nonoyama, Hajime Karasuyama and Yoshiyuki Minegishi : Defective IL-10 signaling in hyper-IgE syndrome results in impaired generation of tolerogenic dendritic cells and induced regulatory T cells., The Journal of Experimental Medicine, Vol.208, No.2, 235-249, 2011. ...
閲覧 Yoshiyuki Minegishi and Masako Saito : Molecular mechanisms of the immunological abnormalities in hyper-IgE syndrome., Annals of the New York Academy of Sciences, Vol.1246, (号), 34-40, 2011. ...
閲覧 Masako Saito, Hajime Karasuyama and Yoshiyuki Minegishi : A molecular mechanism underlying atopic dermatitis in hyper IgE syndrome, 15th Biennial meeting of the European Society for Immunodeficiencies, (巻), (号), (頁), Firenze, (month)2012. ...
閲覧 和田 剛, 齋藤 雅子, 西川 裕美子, 峯岸 克行 : 高IgE症候群モデルマウスでの黄色ブドウ球菌に対する易感染性の病態, 第13回四国免疫フォーラム, (巻), (号), (頁), 2014年6月. ...
閲覧 和田 剛, 齋藤 雅子, 西川 裕美子, 峯岸 克行 : 高IgE症候群モデルマウスのマスト細胞の機能解析, 感染・免疫クラスターリトリート, (巻), (号), (頁), 2014年10月. ...
閲覧 Takeshi Wada, Masako Saito, Yumiko Nishikawa and Yoshiyuki Minegishi : Analysis of the mechanisms of the susceptibility to staphylococcal infection in a mouse model of Hyper-IgE syndrome, The 43rd Annual Meeting of The Japanease Society for Immunology, Dec. 2014. ...
閲覧 Nobuhiko Okamoto, Miki Watanabe, Takuya Naruto, Keiko Matsuda, Tomohiro Kohmoto, Masako Saito, Kiyoshi Masuda and Issei Imoto : Genome-first approach diagnosed Cabezas syndrome via novel CUL4B mutation detection., Human Genome Variation, Vol.4, (号), 16045, 2017. ...
閲覧 Tomohiro Kohmoto, Nana Okamoto, Takuya Naruto, Chie Murata, Yuya Ouchi, Naoko Fujita, Hidehito Inagaki, Shigeko Satomura, Nobuhiko Okamoto, Masako Saito, Kiyoshi Masuda, Hiroki Kurahashi and Issei Imoto : A case with concurrent duplication, triplication, and uniparental isodisomy at 1q42.12-qter supporting microhomology-mediated break-induced replication model for replicative rearrangements., Molecular Cytogenetics, Vol.10, 15, 2017. ...
閲覧 齋藤 雅子, 須賀 健一, 成戸 卓也, 河本 知大, 高橋 里鶴, 堀内 圭輔, 中山 寛尚, 東山 繁樹, 中川 竜二, 大津 雅信, 丹下 正一朗, 増田 清士, 香美 祥二 : Compound heterozygous missense mutations in the ADAM17 gene in patient with neonatal inflammatory skin and bowel disease 1, 日本人類遺伝学会, 2017年11月. ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

無効な情報 (0件)

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 0.63, Max(EID) = 383305, Max(EOID) = 1024514.