『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

OWN=閲覧 田良島 典子 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.統合医薬創製科学系.生物有機化学])

登録情報の数

有効な情報: 15件 + 無効な情報: 0件 = 全ての情報: 15件

全ての有効な情報 (15件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 (未定義) …(15)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 Noriko Saito-Tarashima, Koya Hayashi, Maki Terasaki, Hirotsugu Taniike, Yusuke Inagaki, Kenji Hirose, Kazuhiro Furukawa, Akira Matsuda and Noriaki Minakawa : First Synthesis of Fully Modified 4-SelenoRNA and 2-OMe-4-selenoRNA Based on the Mechanistic Considerations of an Unexpected Strand Break, Organic Letters, Vol.16, No.18, 4710-4713, 2014. ...
閲覧 和田 知也, 田良島 典子, 吉良 太孝, 南川 典明 : RNA-タンパク質間相互作用解明のためのケミカルツールの創製, 第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2016年11月. ...
閲覧 田良島 典子, 南川 典昭 : 第8章 生物学的等価性を指向した化学修飾 DNA による核酸創薬研究, シーエムシ-出版, (都市), 2017年4月. ...
閲覧 Anindita D. Paulina, Sasaki Michihito, Okada Kazuma, Ito Naoto, Sugiyama Makoto, Noriko Saito-Tarashima, Noriaki Minakawa, Shuto Satoshi, Otsuguro Satoko, Ichikawa Satoshi, Matsuda Akira, Maenaka Katsumi, Orba Yasuko and Sawa Hirofumi : Ribavirin-related compounds exert in vitro inhibitory effects toward rabies virus, Antiviral Research, Vol.154, 1-9, 2018. ...
閲覧 田良島 典子, 井形 陽佑, 白石 和人, 古川 和寛, 南川 典昭 : mRNAの構造変化を誘起する中分子化合物の創製 –c-di-4'-thioAMPの合成とリボスイッチに対する結合親和性評価–, 日本ケミカルバイオロジー学会 第13回年会, 2018年6月. ...
閲覧 田良島 典子, 井形 陽佑, 白石 和人, 古川 和寛, 南川 典昭 : mRNAの構造変化を誘起するヌクレオチド誘導体の創製 –c-di-4'-thioAMPの合成とリボスイッチに対する結合親和性評価–, 日本核酸医薬学会 第4回年会, 2018年7月. ...
閲覧 田良島 典子 : 四本の水素結合を介してペアを形成するImNN:NaOO塩基対の複製, 日本核酸化学会誌, No.3, 17-21, 2019年. ...
閲覧 田良島 典子 : RNA干渉創薬の実現へ向けたケミカルアプローチ, 第58回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2019年11月. ...
閲覧 田良島 典子 : 環状ジヌクレオチド類を基盤とする創薬化学研究, 第3回 徳島大学統合的がん創薬研究クラスター合同ミーティング, 2019年12月. ...
閲覧 和田 知也, 山田 真由, 田良島 典子, 南川 典昭 : siRNA-タンパク質間相互作用解析のための標的捕捉型ケミカルプローブ導入siRNAの創製と性質評価, 日本薬学会 第140年会, 2020年3月. ...
閲覧 河野 滉也, 田良島 典子, 南川 典昭 : 抗デングウイルス活性の増強を目指したイミダゾールヌクレオシド誘導体の合成研究, 日本薬学会 第140年会, 2020年3月. ...
閲覧 上野 真奈, 田良島 典子, 南川 典昭 : 4'-チオガイドRNAを利用するゲノム編集の試み, 日本薬学会 第140年会, 2020年3月. ...
閲覧 木下 真緒, 田良島 典子, 南川 典昭 : c-di-4'-thioAMPの合成と自然免疫誘導能の評価, 日本薬学会 第140年会, 2020年3月. ...
閲覧 田良島 典子, 熊埜御堂 優介, 南川 典昭 : イミダゾール型環状ジヌクレオチド誘導体の合成研究, 日本薬学会 第140年会, 2020年3月. ...
閲覧 Noriko Saito-Tarashima : Chemical Approaches for RNAi Drug Development., Journal of the Pharmaceutical Society of Japan, Vol.140, No.10, 1259-1268, 2020. ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

無効な情報 (0件)

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 2, LA = 0.46, Max(EID) = 376471, Max(EOID) = 1008249.