『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

OWN=閲覧 鈴木 善貴 ([徳島大学.病院.診療科.歯科.かみあわせ補綴科(第二補綴科)])

登録情報の数

有効な情報: 20件 + 無効な情報: 2件 = 全ての情報: 22件

全ての有効な情報 (20件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(1)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(1)
閲覧 (未定義) …(19)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 鈴木 善貴 : ARCUS digma moduleを用いたデンティストリーへの試み, Kavo CAD/CAM システムユーザー会, 2015年8月. ...
閲覧 Yoshitaka Suzuki, KHOURY Samar, ARBOUR Caroline, CHAUNY Jean-Marc, PAQUET Jean, GIGUÈRE Jean-François, DENIS Ronald and LAVIGNE Gilles : Sleep need is not higher in mild traumatic brain injury (mild TBI) patients after one year regardless post-trauma pain: An actigraphy study, The 7th Conference of the Canadian Sleep Society, (都市), Sep. 2015. ...
閲覧 安藤 健, 佐々木 誠, 鈴木 善貴, 徳田 佳嗣 : 医工連携による実践的医療福祉ロボットの開発, 日本顎口腔機能学会雑誌, 2015年10月. ...
閲覧 Yoshitaka Suzuki, KHOURY Samar, GIGUÈRE Jean-François, DENIS Ronald and LAVIGNE J. Gilles : Absence of secondary sleep bruxism in mild traumatic brain injury patients at one month post trauma, Journée scientifique 2016 de la Faculté de médecine dentaire, Jan. 2016. ...
閲覧 Yoshitaka Suzuki, Khoury Samar, Giguère Jean-François, Denis Ronald and Lavigne J. Gilles : No increase in sleep bruxism or sustained orofacial muscle activity during sleep in mild traumatic brain injury patients: A controlled study, 25th American Academy of Dental Sleep Medicine final program, 49-50, (都市), June 2016. ...
閲覧 Yoshitaka Suzuki, Caroline Arbour, Samar Khoury, Hejar El-Khatib, Jean-Marc Chauny, Jean Paquet, Francois Giguere, Ronald Denis, Nadia Gosselin and Gilles Lavigne : Individuals with pain need more sleep in the early stage of mild traumatic brain injury (mTBI)., 16th World Congress on Pain, (巻), (号), (頁), Yokohama, Sep. 2016. ...
閲覧 Yoshitaka Suzuki, Caroline Arbour, Samar Khoury, jean-Francois Giguere, Ronald Denis, Louis Beaumont De and Gilles Lavigne : Does sleep bruxism contribute to headache disabilities after mild traumatic brain injury?, Journée scientifique 2017 de la Faculté de médecine dentaire, (巻), (号), (頁), Jan. 2017. ...
閲覧 Yoshitaka Suzuki, Samar Khoury, Hejar El-Khatib, Jean-Marc Chauny, Jean Paquet, Jean-Francois Giguere, Ronald Denis, Nadia Gosselin, Gilles Lavigne and Caroline Arbour : Individuals with pain need more sleep in the early stage of mild traumatic brain injury., Sleep Medicine, Vol.33, 36-42, 2017. ...
閲覧 鈴木 善貴 : ナイトガードの乱用から脱却する睡眠時ブラキシズムの適切な診断法., 第12回睡眠歯科医学エキスパートセミナー, (巻), (号), (頁), 2017年7月. ...
閲覧 Yoshitaka Suzuki, Caroline Arbour, Samar Khoury and Gilles Lavigne : Response to the letter from Professor Helena Hachul and colleagues., Sleep Medicine, Vol.37, 219-220, 2017. ...
閲覧 Yoshitaka Suzuki, Caroline Arbour, Samar Khoury, Jean-Francois Giguere, Ronald Denis, Louis Beaumont De and Gilles Lavigne : Does sleep bruxism contribute to headache-related disability after mild traumatic brain injury? A case-control study., Journal of Oral & Facial Pain and Headache, Vol.31, No.4, 306-312, 2017. ...
閲覧 (種別) : 鈴木 善貴, 川上 滋央, 田中 佑人, 葭澤 秀一郎 : 昼夜のブラキシズムをコントロールする, 日本補綴歯科学会誌, Vol.10, No.127, (頁), (発行所), 岡山, 2018年6月. ...
閲覧 (種別) : 鈴木 善貴 : 咬合異常を訴える閉塞性睡眠時無呼吸症患者の歯冠補綴症例, 平成30年度公益社団法人日本補綴歯科学会中国・四国支部学術大会プログラム・抄録集, (巻), (号), (頁), (発行所), 徳島, 2018年9月. ...
閲覧 (種別) : 鈴木 善貴, 加藤 隆史, 大倉 一夫, 安陪 晋, Lavigne Gilles : 律動性咀嚼筋活動発現前後の酸素および二酸化炭素の変動, 第10回日本臨床睡眠医学会学術集会プログラム・抄録集, (巻), (号), (頁), (発行所), 淡路, 2018年10月. ...
閲覧 Yoshitaka Suzuki, Pierre Rompré, Pierre Mayer, Takafumi Kato, Kazuo Okura and Gilles Lavigne : Changes in oxygen and carbon dioxide in the genesis of sleep bruxism:a mechanism study, Journal of Prosthodontic Research, Vol.64, No.1, 43-47, 2019. ...
閲覧 鈴木 善貴, 大倉 一夫, 冨田 洋介 : 作業環境の違いによる咀嚼筋・肩甲帯筋への影響, 第11回顎口腔機能セミナー, 2019年8月. ...
閲覧 鈴木 善貴 : 咀嚼困難を訴える閉塞性睡眠時無呼吸症患者に対する補綴症例, 日本補綴歯科学会誌, Vol.11, No.4, 427-430, 2019年. ...
閲覧 鈴木 善貴 : ナイトガード使用の検討, 第18回日本睡眠歯科学会総会・学術大会, 2019年11月. ...
閲覧 Manon Galoppin, Pierre Berroir, Jean-Paul Soucy, Yoshitaka Suzuki, Gilles J. Lavigne, Jean-François Gagnon, Jacques Y. Montplaisir, Emmanuel Stip and Pierre Blanchet : Chronic Neuroleptic-Induced Parkinsonism Examined with Positron Emission Tomography, Movement Disorders, Vol.35, No.7, 1189-1198, 2020. ...
閲覧 鈴木 善貴 : ナイトガード使用に関する検討, 睡眠口腔医学, Vol.6, No.2, 129-135, 2020年. ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

無効な情報 (2件)

閲覧 Yoshitaka Suzuki, Samar Khoury, jar H El-Khatib, Jean-Marc Chauny, Jean Paquet, ois re Jean-Fran Gigu, Ronald Denis, Nadia Gosselin, Gilles J. Lavigne and Caroline Arbour : Individuals with pain need more sleep in the early stage of mild traumatic brain injury., Sleep Medicine, Vol.33, (号), 36-42, 2016.
閲覧 鈴木 善貴 : ナイトガード使用の検討, 睡眠口腔医学, Vol.16, No.1, 44, 2019年11月.

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 0.75, Max(EID) = 371563, Max(EOID) = 992432.