『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

OWN=閲覧 渡辺 崇人 ([徳島大学.バイオイノベーション研究所])

登録情報の数

有効な情報: 44件 + 無効な情報: 1件 = 全ての情報: 45件

全ての有効な情報 (44件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(2)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(2)
閲覧 (未定義) …(42)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 渡辺 崇人 : 徳島大学発ベンチャーと無印良品の商品開発 ∼コオロギがせんべいに?∼, 「『食』を通じた新たな産学創造に学ぶ∼産学の知恵∼」オンラインセミナー, (巻), (号), (頁), 2020年8月. ...
閲覧 渡辺 崇人 : Gryllusの未来に向けた挑戦, ヨコハマ・パラトリエンナーレ, (巻), (号), (頁), 2020年10月. ...
閲覧 渡辺 崇人 : 新食品資源としての循環型食用コオロギタンパク開発の現状と応用, 食品開発展2020, (巻), (号), (頁), 2020年11月. ...
閲覧 渡辺 崇人 : コオロギを食料資源に! ∼循環型タンパク質生産体制構築の試み∼, 徳島大学公開シンポジウム「SDGsの達成に向けて」, (巻), (号), (頁), 2020年11月. ...
閲覧 渡辺 崇人 : 徳島大学おける研究内容と(株)グリラスの活動内容, ムーンショット型農林水産研究開発事業「地球規模の食料問題の解決と人類の宇宙進出に向けた昆虫が支える循環型食料生産システムの開発」キックオフシンポジウム, (巻), (号), (頁), 2020年12月. ...
閲覧 渡辺 崇人 : 新食品資源としての循環型食用コオロギタンパク開発の現状と応用, 日本産業機械工業会環境ビジネス委員会, (巻), (号), (頁), 2020年12月. ...
閲覧 渡辺 崇人 : 昆虫から地球の未来をどう学ぶ?, SHIBUYA QWS主催パネルディスカッション, (巻), (号), (頁), 2021年4月. ...
閲覧 渡辺 崇人 : 新たな循環型タンパク質としての食用コオロギ生産∼基礎研究から応用研究,そして会社経営へ∼, 第20回シカゴ在住若手研究者による研究会, (巻), (号), (頁), 2021年4月. ...
閲覧 渡辺 崇人 : 革新的なアグリ・フードテックサービスのスケールに向けた成長戦略, AG/SUM Symposium 2021パネルディスカッション, (巻), (号), (頁), 2021年6月. ...
閲覧 渡辺 崇人 : 『フードテックの最新動向』 第13章,循環型タンパク質としての食用コオロギの飼育と食品への応用, 株式会社シーエムシー出版, (都市), 2021年7月. ...
閲覧 渡辺 崇人, 岡部 慎司 : 『「代替プロテイン」 ∼植物肉製品の開発,昆虫・藻類の食品素材利用と培養肉の作製∼』第3篇第2章第1節,食用コオロギの飼育と食品への応用, 株式会社エヌ·ティー·エス, (都市), 2021年7月. ...
閲覧 渡辺 崇人, 三戸 太郎 : 『「代替プロテイン」 ∼植物肉製品の開発,昆虫・藻類の食品素材利用と培養肉の作製∼』第3篇第1章第1節,ゲノム編集による食用コオロギの品種改良技術, 株式会社エヌ·ティー·エス, (都市), 2021年7月. ...
閲覧 渡辺 崇人 : 循環型食材``サーキュラーフード''としての食用コオロギの可能性について, 食品開発展2021, (巻), (号), (頁), 2021年10月. ...
閲覧 渡辺 崇人 : 食品ロスを解決する循環型``サーキューラーフード''と原料の開発状況について, 第1回国際食品商談Week, (巻), (号), (頁), 2021年11月. ...
閲覧 渡辺 崇人 : 世界のタンパク質不足と食品ロス問題を解消する循環型タンパク質「食用コオロギ」の生産・販売, アグリビジネス創出フェア2021, (巻), (号), (頁), 2021年11月. ...
閲覧 渡辺 崇人, 岡部 慎司, 三戸 太郎 : 『代替タンパク質の現状と社会実装へ向けた取り組み』第6章第2節食用コオロギの生産と商品展開, 情報機構, (都市), 2021年11月. ...
閲覧 渡辺 崇人 : 循環型食品``サーキュラーフード''としての食用コオロギについて, フード・フォラム・つくば, (巻), (号), (頁), 2021年12月. ...
閲覧 渡辺 崇人 : 食品と開発「循環型食品``サーキュラーフード''の推進」, インフォーママーケッツジャパン株式会社, (都市), 2022年1月. ...
閲覧 渡辺 崇人 : 食品ロスを循環させる新たなタンパク源としての「食用コオロギ」, 健康博覧会2022, (巻), (号), (頁), 2022年2月. ...
閲覧 渡辺 崇人 : サーキュラーフードとしての食用コオロギビジネスの事業展開について, 食品ニューテクノロジー研究会, (巻), (号), (頁), 2022年3月. ...
閲覧 渡辺 崇人 : 持続可能な循環型タンパク質としての食用コオロギ, 第66回バイオ・マイクロ・ナノテク研究会, (巻), (号), (頁), 2022年3月. ...
閲覧 渡辺 崇人 : 昆虫食を「サーキュラーフード」にアップデートするという挑戦, WIREDオンライン「THURS DAY NIGHT」, 2022年4月. ...
閲覧 渡辺 崇人 : コオロギ × テクノロジーが生み出す 新たな調和で実現する健康でしあわせな未来, フードテックオンラインセミナー, 2022年4月. ...
閲覧 渡辺 崇人 : コオロギ × テクノロジーが生み出す 新たな調和で実現する健康でしあわせな未来, LIFE Universityセミナー, 2022年4月. ...
閲覧 渡辺 崇人 : グリラスの事業内容と 私が起業した理由, 第56回日本発生生物学会キャリアパスセミナー, 2022年6月. ...
閲覧 渡辺 崇人 : 食用コオロギを活用した循環型食品の研究開発と事業化, (発行所), (都市), 2022年7月. ...
閲覧 渡辺 崇人 : 循環型食品としての食用コオロギの可能性, 広島バイオフォーラム, 2022年7月. ...
閲覧 渡辺 崇人 : 徳島大学の取り組み, アイ・エフ・キューブ プロジェクト シンポジム∼地球規模の食料問題の解決と人類の宇宙進出に向けた昆虫が支える循環型食料生産システムの開発∼, 2022年8月. ...
閲覧 渡辺 崇人 : 循環型食品としての食用コオロギの可能性, Daiwa Innovation Network, 2022年8月. ...
閲覧 渡辺 崇人 : 循環型タンパク質としての 食用コオロギの可能性, 第23回日本食品工学会, 2022年9月. ...
閲覧 渡辺 崇人 : サーキュラーフードという新常識 ~コオロギは地球を救う~, 東京エレクトロン社内講演, 2022年9月. ...
閲覧 渡辺 崇人 : 循環型タンパク質としての 食用コオロギの可能性, 徳島ロータリークラブ定例会講演, 2022年9月. ...
閲覧 渡辺 崇人 : 持続可能な循環型タンパク質としての コオロギの可能性, 第12回CSJ化学フェスタ2022, 2022年10月. ...
閲覧 渡辺 崇人 : 持続可能な循環型タンパク質としての コオロギの可能性, ニューシルクロード協議会, 2022年10月. ...
閲覧 渡辺 崇人 : 食用コオロギ研究による 地域・社会への貢献, 富岡西高校, 2022年10月. ...
閲覧 渡辺 崇人 : 昆虫食の社会実装に向けた課題, (発行所), (都市), 2022年11月. ...
閲覧 渡辺 崇人 : 食用コオロギの事業内容と 研究者の起業について, 化学とマイクロ・ナノシステム学会第46回研究会, 2022年11月. ...
閲覧 渡辺 崇人 : なぜコオロギ? ~昆虫食からSDG'sを考える~, 尼崎市主催市民公開講座, 2022年12月. ...
閲覧 渡辺 崇人 : 新規食品 昆虫食の現状と課題, 第18回 食品安全シンポジウム, 2023年3月. ...
閲覧 渡辺 崇人 : コオロギが実現する 持続可能な食用タンパク質生産, 日本学術会議事例紹介, 2023年3月. ...
閲覧 渡辺 崇人 : コオロギ食用化に向けた取り組み ~大学での研究から起業による社会実装まで~, 第67回日本応用動物昆虫学会, 2023年3月. ...
閲覧 渡辺 崇人 : 食用コオロギビジネスの最前線, 第三回JATAFF安全性・品質保証部会, 2023年3月. ...
閲覧 渡辺 崇人 : コオロギ研究の可能性 ~大学での基礎研究から起業による社会実装まで~, ⽇本動物学会関東⽀部⼤会公開シンポジウム, 2023年3月. ...
閲覧 渡辺 崇人 : コオロギに関する基礎研究と, 食用コオロギという社会実装について, 科学技術と経済の会シンポジウム, 2023年3月. ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

無効な情報 (1件)

閲覧 Yoshiyasu Ishimaru, Sayuri Tomonari, Takahito Watanabe, Sumihare Noji and Taro Mito : Regulatory mechanisms underlying the specification of the pupal-homologous stage in a hemimetabolous insect., Philosophical Transactions of the Royal Society of London. Series B, Biological Sciences, Vol.374, No.1783, 2019.

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 1, LA = 0.19, Max(EID) = 405240, Max(EOID) = 1099094.