『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

OWN=閲覧 田島 登誉子 または
閲覧 薩摩 登誉子 ([徳島大学.病院.診療科.歯科.かみあわせ補綴科(第二補綴科)]/->個人[田島 登誉子])

登録情報の数

有効な情報: 86件 + 無効な情報: 3件 = 全ての情報: 89件

全ての有効な情報 (86件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(35)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(35)
閲覧 (未定義) …(51)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 坂東 永一 : 下顎運動からみた診査·診断, --- 現状と将来展望 ---, 日本歯科医学会雑誌, Vol.13, (号), 116-120, 1994年. ...
閲覧 Motoharu Kori, Masanori Nakano and Eiichi Bando : Development of Six Degree of Freedom Jaw Tracking Device Utilizing Two Magnetic Fields in Quadrature Phase and Measurement of Jaw Movement, Dentistry in Japan, Vol.31, (号), 54-56, 1994. ...
閲覧 近藤 宏治, 大井 啓司, 近藤 一雄, 清水 俊也, 山本 伊一郎, 中野 雅德, 坂東 永一 : 咬筋におけるMusclular soundの検討, 日本顎口腔機能学会雑誌, Vol.1, No.1, 95-104, 1994年. ...
閲覧 河野 正司, 丸山 剛郎, 石橋 寛二, 坂東 永一, 川添 堯彬, 皆木 省吾 : クラウン·ブリッジの咬合採得, 日本補綴歯科学会雑誌, Vol.39, No.1, 1-18, 1995年2月. ...
閲覧 大井 啓司, 中野 雅德, 坂東 永一, 郡 元治, 近藤 宏治 : クリッキングの音響解析, --- クリッキング音の大きさと音響スペクトルとの関係について ---, 日本顎口腔機能学会雑誌, Vol.1, No.2, 261-267, 1995年. ...
閲覧 郡 元治, 上田 龍太郎, 竹内 久裕, 重本 修伺, 中野 雅德, 坂東 永一 : 磁気位相空間を応用した6自由度顎運動測定による女性被験者についての顎運動機能評価, 日本顎口腔機能学会雑誌, Vol.1, No.2, 269-274, 1995年. ...
閲覧 重本 修伺, 坂東 永一 : ブラキシズム解析用顎運動測定器の開発, 日本補綴歯科学会雑誌, Vol.40, No.2, 379-389, 1996年. ...
閲覧 大倉 一夫, 中野 雅德, 坂東 永一, 近藤 宏治, 竹内 久裕, 西川 啓介, 池田 隆志 : 睡眠時ブラキシズム発現に伴う生体信号の解析, 日本顎口腔機能学会雑誌, Vol.3, No.1, 83-93, 1996年. ...
閲覧 池田 隆志, 吉本 有紀子, 村山 弥生, 細木 眞紀, 鈴木 温, 坂東 永一, 中野 雅德, 一宮 斉子, 濱 昌代, 井上 昌幸 : 徳島大学歯学部附属病院第2歯科補綴科における金属アレルギー患者, 四国歯学会雑誌, Vol.9, No.2, 123-130, 1997年. ...
閲覧 大倉 一夫 : マルチテレメータシステムを用いた睡眠時ブラキシズムの測定と解析, 日本補綴歯科学会雑誌, Vol.41, No.2, 292-301, 1997年. ...
閲覧 藤村 哲也, 坂東 永一 : 光造形装置による顎位の実体モデル化, 信学技報, (巻), (号), (頁), 1997年. ...
閲覧 山内 英嗣, 中野 雅德, 坂東 永一, 松浦 広興, 佐藤 裕, 安陪 晋, 鈴木 温, 池田 隆志 : 顎運動の調和という観点からみた大臼歯咬合面形態の検討, 日本顎口腔機能学会雑誌, Vol.4, No.1, 77-84, 1997年. ...
閲覧 中野 雅德, 安陪 晋, 坂東 永一, 佐藤 裕, 山内 英嗣, 竹内 久裕, 西川 啓介, 池田 隆志, 鈴木 温 : 方向余弦のx成分と傾斜角をパラメータとした咬合小面の定量的評価法の提案, 日本顎口腔機能学会雑誌, Vol.5, No.1, 57-69, 1998年. ...
閲覧 西川 啓介, 坂東 永一, 中野 雅德 : 睡眠時ブラキシズムにおける咬合力の研究, 日本補綴歯科学会雑誌, Vol.42, No.5, 740-746, 1998年. ...
閲覧 坂東 永一, 中野 雅德, 藤村 哲也, 西川 啓介, 竹内 久裕 : 顎機能の臨床的診査, --- MM-JIを用いて ---, 日本補綴歯科学会雑誌, Vol.42, No.6, 894-901, 1998年12月. ...
閲覧 坂東 永一, 薩摩 登誉子, 重本 修伺 : 高分解能6自由度運動測定器の開発, 日本補綴歯科学会雑誌, Vol.43, No.1, 149-159, 1999年. ...
閲覧 Kazuo Okura, Keisuke Nishigawa, Eiichi Bando, Masanori Nakano, Takashi Ikeda and Atsushi Suzuki : The Relationship between Jaw Movement and Masseter Muscle EMG during Sleep Associated Bruxism, Dentistry in Japan, Vol.35, (号), 53-56, 1999. ...
閲覧 薩摩 登誉子 : 上顎第一小臼歯の運動の6自由度測定と解析, 日本補綴歯科学会雑誌, Vol.43, No.2, 344-354, 1999年. ...
閲覧 池田 隆志, 首藤 謙一, 坂東 永一, 松浦 広興, 安陪 晋, 三好 礼子, 山内 英嗣, 森木 裕貴, 中野 雅德 : 咬合紙記録における咬合接触像の評価, 日本補綴歯科学会雑誌, Vol.43, No.2, 321-327, 1999年. ...
閲覧 重本 修伺, 坂東 永一, 薩摩 登誉子, 佐藤 裕, 中野 雅德, 池田 隆志 : 咀嚼運動の再現, 日本咀嚼学会雑誌, Vol.9, No.1, 29-36, 1999年. ...
閲覧 西川 啓介, 石上 享嗣, 峙 和寛, 松田 りえ, 竹内 久裕, 細木 眞紀, 中野 雅德, 坂東 永一 : 徳島大学歯学部学生を対象とした顎機能診査, 四国歯学会雑誌, Vol.12, No.2, 245-250, 2000年. ...
閲覧 Eiichi Bando, Toyoko Satsuma, Shuji Shigemoto, Motoharu Kori, Atsushi Suzuki, Keisuke Nishigawa and Masanori Nakano : Measurement of Tooth Movement with a Novel Device in Six Degrees of Freedom, Dentistry in Japan, Vol.36, (号), 59-61, 2000. ...
閲覧 坂東 永一 : ブラキシズムをどのように攻略するか, 日本顎口腔機能学会雑誌, Vol.6, No.2, 109-110, 2000年8月. ...
閲覧 大倉 一夫 : 生体現象としてのブラキシズムの把握, --- 徳島大学での研究の紹介 ---, 日本顎口腔機能学会雑誌, Vol.6, No.2, 139-145, 2000年8月. ...
閲覧 Keisuke Nishigawa, Eiichi Bando and Masanori Nakano : Quantitative study of bite force during sleep associated bruxism, Journal of Oral Rehabilitation, Vol.28, No.5, 485-491, 2001. ...
閲覧 Toyoko Satsuma, Eiichi Bando, Shuji Shigemoto, Masanori Nakano, Keisuke Nishigawa and Hisahiro Takeuchi : Three dimensional analysis of a tooth movemant during occlusal force loading, IADR 79th General Session, Chiba, June 2001. ...
閲覧 呉 相鎬, 中野 雅德, 坂東 永一, 重本 修伺, 郡 元治, 西川 啓介, 三好 礼子, 川口 貴穂 : 小臼歯と大臼歯間の隣接関係の計測, 信学技報, Vol.49, (号), 105-109, 2001年. ...
閲覧 西川 啓介, 竹内 久裕, 細木 眞紀, 中野 雅德, 坂東 永一 : 当科顎関節外来受診患者および本学歯学部学生を対象とした顎機能調査, 日本顎関節学会雑誌, Vol.13, No.2, 204-210, 2001年. ...
閲覧 川口 貴穂, 坂東 永一, 薩摩 登誉子, 郡 元治, 竹内 久裕, 安陪 晋, 山内 英嗣, 大倉 一夫, 佐藤 裕, 中野 雅德, 重本 修伺 : 6自由度運動測定のための磁気空間とセンサコイルについての検討, 日本補綴歯科学会雑誌, (巻), (号), 87, 2002年(0月). ...
閲覧 Toyoko Satsuma, Eiichi Bando, Shuji Shigemoto, Motoharu Kori, Masanori Nakano, Keisuke Nishigawa, Eiji Yamauchi and Takaho Kawaguchi : Effects of occlusal force loading on tooth movement in six degrees of freedom, --- Development of an analysis system ---, The Journal of Japanese Society of Stomatognathic Function, Vol.8, No.2, 91-98, 2002. ...
閲覧 坂東 永一 : 高精度6自由度運動測定器の開発研究, 日本補綴歯科学会雑誌, Vol.46, No.3, 309-323, 2002年6月. ...
閲覧 坂東 永一 : 臨床応用を目指した咬合研究の現状, 中·四国矯正歯科学会雑誌, Vol.14, No.1, 9-13, 2002年8月. ...
閲覧 中野 雅德 : 加齢という観点からみた顎口腔機能の評価, --- 咬合評価のための顎運動測定 ---, 日本補綴歯科学会雑誌, Vol.46, No.4, 451-462, 2002年8月. ...
閲覧 重本 修伺, 坂東 永一, 薩摩 登誉子, 中野 雅德, 川口 貴穂 : 義歯装着者の咀嚼運動測定, 1st International Congress on Mastication and Health -Oral Health for Healthy Life-, 17, 横浜, 2002年9月. ...
閲覧 坂東 永一 : 磁気を応用した顎口腔機能研究, 日本磁気歯科学会雑誌, Vol.11, No.1, 1-8, 2002年10月. ...
閲覧 Shuji Shigemoto, T Kawaguchi, Eiichi Bando, Toyoko Satsuma, Masanori Nakano and T Fujimura : Effect of Presence of Balancing-side Postenor Tooth Contacts on Lateral Border Movements, IADR 81th General Session, No.2297, Goteborg, June 2003. ...
閲覧 石川 輝明, 坂東 永一, 重本 修伺, 薩摩 登誉子, 川口 貴穂, 郡 元治, 中野 雅德, 竹内 久裕, 三好 礼子, 北村 万里子 : 小型センサを用いた運動測定器の改良, 日本補綴歯科学会雑誌, Vol.47, No.110, 2003年10月. ...
閲覧 Shuji Shigemoto, T Kawaguchi, Eiichi Bando, Toyoko Satsuma, Keisuke Nishigawa, Masanori Nakano and Hisahiro Takeuchi : Relationship between lateral border movement and posterior tooth contacts, Interdisciplinary Prosthetic Dentistry, Taipei, Nov. 2003. ...
閲覧 西川 啓介, 薩摩 登誉子, 重本 修伺, 坂東 永一, 中野 雅德, 三好 礼子, 山崎 由紀子, 安陪 晋, 松浦 広興 : 6自由度咬合器を用いた機能的咬合面製作法の開発, 日本補綴歯科学会雑誌, Vol.48, No.3, 433-440, 2004年. ...
閲覧 北村 万里子, 薩摩 登誉子, 坂東 永一, 石川 輝明, 重本 修伺, 重本 貴穂, 竹内 久裕, 郡 元治, 中野 雅德, 山内 英嗣, 安陪 晋 : 口腔内センサによる6自由度顎運動測定, 日本補綴歯科学会雑誌, Vol.49, No.113, 2005年5月. ...
閲覧 北村 万里子 : 口腔内センサによる6自由度顎運動測定に関する研究, 四国歯学会雑誌, Vol.19, No.1, 67-76, 2006年. ...
閲覧 石川 輝明 : 三軸コイルを用いたチェアサイド用6自由度顎運動測定器の開発と応用, 四国歯学会雑誌, Vol.19, No.1, 55-66, 2006年. ...
閲覧 大倉 一夫, 加藤 隆史 : 痛みと睡眠の関連, 日本歯科評論, Vol.66, No.2, 182-184, 2006年2月. ...
閲覧 NT Huynh, T Kato, PH Rompre, Kazuo Okura, PA Lanfranchi, JY Montplaisir and GJ Lavigne : Sleep bruxism is associated to micro-arousals and an increase in cadiac sympathetic activity, Journal of Sleep Research, Vol.15, No.3, 339-346, 2006. ...
閲覧 山本 修史, 石川 輝明, 坂東 永一, 重本 修伺, 北村 万里子, 中野 雅德, 野口 直人, 西川 啓介, 竹内 久裕, 郡 元治, 大倉 一夫 : 咬合紙検査条件とタッピング運動との関係, 日本顎口腔機能学会 第37回学術大会抄録集, (巻), (号), 14-15, 2006年11月. ...
閲覧 Keisuke Nishigawa, Toyoko Satsuma, Shuji Shigemoto, Eiichi Bando, Masanori Nakano and Osamu Ishida : Development of a novel articulator that reproduced jaw movement with six-degree-of-freedom, Medical Engineering & Physics, Vol.29, No.5, 615-619, 2007. ...
閲覧 Takeshi Yamamoto, Shuji Shigemoto, Eiichi Bando, Teruaki Ishikawa, Mariko Kitamura, Masanori Nakano and Naoto Noguchi : Influencee of placing articulating paper intraorally on mandibular tapping movements, The 1st International Symposium and Workshop "The Future Direction of Oral Science in the 21th Century", (巻), (号), 41, 淡路島, March 2007. ...
閲覧 坂東 永一 : 「歯科専門医教育の指導者養成プログラム」の取り組み, (誌名), (巻), (号), (頁), 2007年3月. ...
閲覧 Takeshi Yamamoto, Teruaki Ishikawa, Shuji Shigemoto, Yutaka Sato, Toyoko Satsuma, Naoto Noguchi, Masanori Nakano and Keisuke Nishigawa : Kinematic characteristics of jaw movements in oatients with temporomandibular joint clicking, IADR 85th General Session, (巻), (号), 124, New Orleans, March 2007. ...
閲覧 Toyoko Satsuma, S. ERNI, L.M. GALLO and S. PALLA : Precision of condylar tracking with a new optoelectronic system, IADR 85th General Session, (巻), (号), 153, New Orleans, March 2007. ...
閲覧 GJ Lavigne, N Huynh, T Kato, Kazuo Okura, K Adachi, D Yao and B Sessle : Genesis of sleep bruxism: motor and autonomic-cardiac interactions, Archives of Oral Biology, Vol.52, No.4, 381-384, 2007. ...
閲覧 Naoto Noguchi, Shuji Shigemoto, Yutaka Sato, Eiichi Bando, Teruaki Ishikawa, Masanori Nakano, Takeshi Yamamoto and Toyoko Satsuma : A study on implementation of jaw movement analysis using six-degree-of-freedom jaw movement parameters, The Journal of the Japan Prosthodontic Society, Vol.51, No.116, 328, Kobe, May 2007. ...
閲覧 薩摩 登誉子 : 2年間のスイス留学を終えて, 平成19年度徳島歯科医学大会, (巻), (号), (頁), 2007年8月. ...
閲覧 山内 英嗣 : 上顎右側側切歯先天性欠如症例にインプラント治療を行った1症例, 日本口腔インプラント学会誌, Vol.20, No.3, 549-550, 2007年. ...
閲覧 Keisuke Nishigawa, Yamamoto Takeshi, Noguchi Naoto, Eiichi Bando, Toyoko Satsuma, Shuji Shigemoto, Maki Hosoki, Hisahiro Takeuchi, YOSHIHIRO KUBO and Masanori Nakano : Effect of different head postures on the jaw closing position during tapping movement, The 2nd Joint Meeting of the Japan Prosthodontic Society and the Greater New York Academy of Prosthodontics, (巻), (号), (頁), Tokyo, Oct. 2007. ...
閲覧 Naoto Noguchi, Shuji Shigemoto, Eiichi Bando, Teruaki Ishikawa, Toyoko Satsuma, Mariko Kitamura, Maki Hosoki and Hisahiro Takeuchi : Mandibular condylar movements in six-degree-of-freedom during chewing, The 2nd International Symposium on The Future Direction of Oral Sciences in the 21st Century -Oral Sciences for our healthy life-,, (巻), (号), (頁), Tokushima, Dec. 2007. ...
閲覧 野口 直人, 坂東 永一, 重本 修伺, 薩摩 登誉子, 山本 修史, 大倉 一夫, 中野 雅德, 細木 眞紀, 石川 輝明, 北村 万里子, 西川 啓介, 郡 元治 : 口腔内用偏心三軸コイルを用いた顎運動測定, 日本顎口腔機能学会 第40回記念学術大会, (巻), (号), (頁), 2008年4月. ...
閲覧 Takeshi Yamamoto, Eiichi Bando, Shuji Shigemoto, Eiichi Bando, Toyoko Satsuma, Naoto Noguchi, Masanori Nakano, Maki Hosoki, Teruaki Ishikawa and Mariko Kitamura : 磁気式歯科用6自由度デジタイザの開発, The Journal of the Japan Prosthodontic Society, (巻), (号), (頁), Nagoya, June 2008. ...
閲覧 Kazuo Okura, Naoto Noguchi, Eiichi Bando, Shuji Shigemoto, Toyoko Satsuma, Teruaki Ishikawa and Masanori Nakano : Development of Analysis System for Sleep Associated Bruxism, 86th General Session & Exhibition of the IADR, (巻), (号), (頁), Toronto, July 2008. ...
閲覧 Toyoko Satsuma, Tetsuya Fujimura, Shuji Shigemoto, Eiichi Bando, Maki Hosoki and Takeshi Yamamoto : Visualization of Tooth Movements in Six-Degree-of-Freedom during Occlusal Force Loading, 86th General Session & Exhibition of the IADR, (巻), (号), (頁), Toronto, July 2008. ...
閲覧 野口 直人, 重本 修伺, 細木 眞紀, 薩摩 登誉子, 石川 輝明, 垣内 佑亮, 竹内 久裕, 中野 雅德, 坂東 永一 : 咬合調整の定量評価法の検討, 平成20年度 日本補綴歯科学会 九州·中国·四国支部合同学術大会 プログラム·抄録集, (巻), (号), 36, 2008年8月. ...
閲覧 鈴木 善貴, 西川 啓介, 野口 直人, 山本 修史, 北村 万里子, 郡 元治, 大倉 一夫, 久保 吉廣, 池田 隆志, 坂東 永一 : 観察方法の違いが咬合接触部位の判定に与える影響, 平成20年度 日本補綴歯科学会 九州·中国·四国支部合同学術大会 プログラム·抄録集, (巻), (号), 27, 2008年8月. ...
閲覧 Naoto Noguchi, Shuji Shigemoto, Eiichi Bando, Toyoko Satsuma, Takeshi Yamamoto, Kazuo Okura, Masanori Nakano, Maki Hosoki, Teruaki Ishikawa, Mariko Kitamura, Keisuke Nishigawa and Motoharu Kori : Development of an Intra-Oral Sensor Consisting of three Non-Concentric Orthogonal Coils for Measurement of Jaw Movements, The International Symposium on Oral Sciences to Improve the Quality of Life, (巻), (号), (頁), Tokushima, Sep. 2008. ...
閲覧 Takeshi Yamamoto, Shuji Shigemoto, Toyoko Satsuma, Naoto Noguchi, Teruaki Ishikawa, Mariko Kitamura, Masanori Nakano, Eiichi Bando and Maki Hosoki : Development of Magnetic Three-dimensional Dental Digitizer for Visualization of Jaw Structure and Function, The International Symposium on Oral Sciences to Improve the Quality of Life, (巻), (号), (頁), Tokushima, Sep. 2008. ...
閲覧 Yoshitaka Suzuki, Keisuke Nishigawa, Naoto Noguchi, Takeshi Yamamoto, YOSHIHIRO KUBO and Eiichi Bando : Evaluation of Occlusal Contact Area with Different Examination Methods for Dental Articulation, The International Symposium on Oral Sciences to Improve the Quality of Life, (巻), (号), (頁), Tokushima, Sep. 2008. ...
閲覧 野口 直人, 重本 修伺, 大倉 一夫, 薩摩 登誉子, 鈴木 善貴, 山本 修史, 中野 雅德, 西川 啓介, 竹内 久裕, 久保 吉廣, 坂東 永一 : 睡眠中の6自由度顎運動測定システムの開発, 日本顎口腔機能学会 第41回学術大会, (巻), (号), (頁), 2008年11月. ...
閲覧 鈴木 善貴, 大倉 一夫, 重本 修伺, 野口 直人, 薩摩 登誉子, 山本 修史, 石川 輝明, 中野 雅德, 西川 啓介, 竹内 久裕, 坂東 永一 : 睡眠中のブラキシズムと嚥下に伴う顎運動の解析, 日本顎口腔機能学会 第42回学術大会, (巻), (号), (頁), 2009年4月. ...
閲覧 山本 修史, 西川 啓介, 野口 直人, 石川 輝明, 薩摩 登誉子, 細木 眞紀, 久保 吉廣, 坂東 永一 : 姿勢の変化や咬合紙の使用がタッピングポイントに及ぼす影響について, 第118回日本補綴歯科学会学術大会, (巻), (号), (頁), 2009年6月. ...
閲覧 Eiichi Bando, Keisuke Nishigawa, Masanori Nakano, Hisahiro Takeuchi, Shuji Shigemoto, Kazuo Okura, Toyoko Satsuma and Takeshi Yamamoto : Current status of researches on jaw movement and occlusion for clinical application, Japanese Dental Science Review, Vol.45, No.2, 83-97, 2009. ...
閲覧 板東 伸幸, 福井 真弓, 重本 修伺, 石川 輝明, 薩摩 登誉子, 中野 雅德, 坂東 永一 : 咬合採得材の介在が咬頭嵌合位に及ぼす影響, 平成21年度 日本補綴歯科学会 関西支部·中国·四国支部総会ならびに合同学術大会 プログラム·抄録集, (巻), (号), 36, 2009年11月. ...
閲覧 上領 哲也, 細木 眞紀, 石川 輝明, 薩摩 登誉子, 重本 修伺, 竹内 久裕, 坂東 永一, 岩永 浩幸 : 歯科用ジルコニアセラミックスの固定性ブリッジへの応用, 平成21年度 日本補綴歯科学会 関西支部·中国·四国支部総会ならびに合同学術大会 プログラム·抄録集, (巻), (号), (頁), 2009年11月. ...
閲覧 重本 修伺, 石川 輝明, 坂東 永一, 野口 直人, 鈴木 善貴, 福井 真弓, 大倉 一夫, 薩摩 登誉子, 山本 修史, 中野 雅德, 西川 啓介, 竹内 久裕, 久保 吉廣 : 運動論的顆頭点の検証, 日本顎口腔機能学会 第43回学術大会, (巻), (号), (頁), 2009年11月. ...
閲覧 薩摩 登誉子 : 重度歯周病を伴う顎関節症患者に対する補綴治療の1症例, 平成22年度 日本補綴歯科学会中国・四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2010年8月. ...
閲覧 板東 伸幸, 重本 修伺, 石川 輝明, 鈴木 善貴, 中村 真弓, 薩摩 登誉子, 中野 雅德, 坂東 永一 : 運動論的咬合採得法の検討, --- -顆頭位の決定法について- ---, 日本補綴歯科学会雑誌, Vol.3, No.120, 262, 2011年5月. ...
閲覧 板東 伸幸, 重本 修伺, 石川 輝明, 鈴木 善貴, 中村 真弓, 薩摩 登誉子, 中野 雅德, 坂東 永一 : 運動論的咬合採得法の検討, --- -顆頭位の決定法について- ---, 日本補綴歯科学会雑誌, Vol.3, No.120, 262, 2011年. ...
閲覧 薩摩 登誉子 : 咀嚼効率,咬合力,バイオメカニクス,歯の運動,歯のひずみ . 「咬合学と歯科臨床 よく嚙めて,嚙み心地の良い咬合を目指して」中野雅徳,坂東永一編, 医歯薬出版, 東京, 2011年9月. ...
閲覧 重本 修伺, 薩摩 登誉子 : 顎運動と歯列形態・顎関節形態の可視化 . 「咬合学と歯科臨床 よく嚙めて,嚙み心地の良い咬合を目指して」中野雅徳,坂東永一編, 医歯薬出版, 東京, 2011年9月. ...
閲覧 板東 伸幸, 重本 修伺, 石川 輝明, 鈴木 善貴, 中村 真弓, 薩摩 登誉子, 大塩 恭仁, 中野 雅德, 坂東 永一 : 運動論的咬合採得法の検討, --- -全運動軸の推定誤差- ---, 平成22年度 日本補綴歯科学会中国・四国支部学術大会, 2011年9月. ...
閲覧 薩摩 登誉子 : 「食べやすさ」の顎機能評価基準の考察, 第1回口腔健康科学創成室ミニフォーラム 口腔保健に基づく健康増進と疾病介護予防の徳島モデル構築に向けて, (巻), (号), (頁), 2012年2月. ...
閲覧 薩摩 登誉子, 重本 修伺, 中野 雅德, 坂東 永一, 細木 眞紀 : 主機能部位の運動論的検討, 日本顎口腔機能学会雑誌, Vol.19, No.1, 68-70, 2012年4月. ...
閲覧 薩摩 登誉子, 重本 修伺, 中野 雅德, 坂東 永一, 細木 眞紀 : 主機能部位の運動論的検討, 日本顎口腔機能学会雑誌, Vol.19, No.1, 68-70, 2012年. ...
閲覧 大塩 恭仁, 重本 修伺, 石川 輝明, 板東 伸幸, 鈴木 善貴, 中村 真弓, 薩摩 登誉子, 中野 雅德, 坂東 永一 : クリッキング側顆頭の同側側方滑走運動時の顆頭運動, 日本補綴歯科学会誌, Vol.3, No.121, 227, 2012年5月. ...
閲覧 大塩 恭仁, 重本 修伺, 石川 輝明, 板東 伸幸, 鈴木 善貴, 中村 真弓, 薩摩 登誉子, 中野 雅德, 坂東 永一 : クリッキング側顆頭の同側側方滑走運動時の顆頭運動, 日本補綴歯科学会誌, Vol.3, No.121, 227, 2012年. ...
閲覧 細木 眞紀, 薩摩 登誉子, 西川 啓介, 竹内 久裕, 郡 元治, 神原 佐知子, 高田 奈美, 上領 哲也, 坂東 永一 : チタンを原因とする金属アレルギーが疑われた症例, 日本補綴歯科学会誌, Vol.3, No.121, 286, 2012年5月. ...
閲覧 重本 修伺, 大倉 一夫, 薩摩 登誉子, 鈴木 善貴, 松香 芳三 : Digital Dentistry を活用した睡眠ブラキシズム診断システムの開発, 歯科医学を中心とした総合的な研究を推進する集い, (巻), (号), (頁), 2013年1月. ...
閲覧 西川 啓介, 坂東 永一 : 咬合可視化装置の開発, 日本歯科評論, Vol.66, No.7, 49-50, (年月日). ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

無効な情報 (3件)

閲覧 大倉 一夫 : 生体現象としてのブラキシズムの把握, --- 徳島大学での研究の紹介 ---, 日本顎口腔機能学会雑誌, Vol.6, No.2, 139-145, 2000年.
閲覧 Kazuo Okura, T Kato, JY Montplaisir, BJ Sessle and GJ Lavigne : Quantitative analysis of surface EMG activity of cranial and leg muscles across sleep stage in human, Clinical Neurophysiology, Vol.117, No.2, 269-278, 2006.
閲覧 NT Huynh, PH Rompre, JY Montplaisir, C Manzini, Kazuo Okura and GJ Lavigne : Comparison of various treatments for sleep bruxism using determinants of number needed to treat and effect size, The International Journal of Prosthodontics, Vol.19, No.5, 435-441, 2006.

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 10, LA = 0.56, Max(EID) = 357847, Max(EOID) = 958525.