『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

OWN=閲覧 福田 大受 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.循環器内科学])

登録情報の数

有効な情報: 25件 + 無効な情報: 1件 = 全ての情報: 26件

全ての有効な情報 (25件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 (未定義) …(25)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 島袋 充生, 福田 大受, 佐田 政隆, 益崎 裕章 : 血管内皮機能障害, 最新臨床糖尿病学(下) -糖尿病学の最新動向-, Vol.70, No.5, 236-242, 2012年7月. ...
閲覧 Asuka Shiota, Michio Shimabukuro, Daiju Fukuda, Takeshi Soeki, Hiromi Sato, Etsuko Uematsu, Yoichiro Hirata, Hirotsugu Kurobe, Hiroshi Sakaue, Yutaka Nakaya, Hiroaki Masuzaki and Masataka Sata : Activation of AMPK-Sirt1 pathway by telmisartan in white adipose tissue: A possible link to anti-metabolic effects., European Journal of Pharmacology, Vol.692, No.1-3, 84-90, 2012. ...
閲覧 Masataka Sata, Tanaka Kimie and Daiju Fukuda : Wire-Mediated Eendovascular Injury That Induces Rapid Onset of Medical Cell Apoptosis Followed by Reproducible Neointimal Hyperplasia., Springer Japan, (都市), (month)2016. ...
閲覧 Sachiko Nishimoto, Daiju Fukuda, Yasutomi Higashikuni, Kimie Tanaka, Yoichiro Hirata, Chie Murata, Joo-Ri Kim-Kaneyama, Fukiko Sato, Masahiro Bando, Shusuke Yagi, Takeshi Soeki, Tetsuya Hayashi, Issei Imoto, Hiroshi Sakaue, Michio Shimabukuro and Masataka Sata : Obesity-induced DNA released from adipocytes stimulates chronic adipose tissue inflammation and insulin resistance., Science Advances, Vol.2, No.3, e1501332, 2016. ...
閲覧 福田 大受 : Protease-Activated Receptor-2 Plays a Critical Role in Vascular Inflammation and Atherosclerosis in ApoE-Deficient Mice., 第38回血栓止血学会学術集会, 2016年6月. ...
閲覧 福田 大受 : ∼心不全を予防する∼ 遊離核酸断片を介した血管の炎症と動脈硬化症発症機序の解明., 第2回J-ISCP学術集会, 2016年6月. ...
閲覧 福田 大受 : (題名), 第21回アディポサイエンスシンポジウム, 2016年8月. ...
閲覧 Toshiaki Nakano, Daiju Fukuda, Jun-ichiro Koga and Masanori Aikawa : Delta-Like Ligand 4-Notch Signaling in Macrophage Activation., Arteriosclerosis, Thrombosis, and Vascular Biology, Vol.36, No.10, 2038-2047, 2016. ...
閲覧 福田 大受 : 動脈硬化発症におけるFXa-PARsシグナルのマクロファージ活性化調節機構の解明, 第64回日本心臓病学会学術集会, 2016年9月. ...
閲覧 Iwata Hiroshi, Goettsch Claudia, Sharma Amitabh, Ricchiuto Piero, Goh Wen Bin Wilson, Halu Arda, Yamada Iwao, Yoshida Hideo, Hara Takuya, Wei Mei, Inoue Noriyuki, Daiju Fukuda, Mojcher Alexander, Mattson C. Peter, Baraba´si Albert-La´szlo´, Boothby Mark, Aikawa Elena, Singh A. Sasha and Aikawa Masanori : PARP9 and PARP14 cross-regulate macrophage activation via STAT1 ADP-ribosylation, Nature Communications, Vol.7, 12849, 2016. ...
閲覧 Nishimoto Sachiko, Daiju Fukuda, Higashikuni Yasutomi, Tanaka Kimie, Hirata Yoichiro, Shusuke Yagi, Takeshi Soeki, Hiroshi Sakaue, Michio Shimabukuro and Masataka Sata : Genetic deletion of TLR9 promotes blood flow recovery in hind limb ischemia, 19th International Vascular Biology Meeting, (都市), Nov. 2016. ...
閲覧 福田 大受, Hotimah Masdan Salim, 八木 秀介, 添木 武, 佐田 政隆 : Dabigatran, a direct thrombin inhibitor, attenuates endothelial dysfunction in diabetic mice, 第17回日本NO学会学術集会, 2017年5月. ...
閲覧 GANBAATAR BYAMBASUREN, 福田 大受, Hotimah Masdan Salim, 八木 秀介, 添木 武, 佐田 政隆 : Canagliflozin, a novel selective SGLT2 inhibitor, ameliorated endothelial dysfunction and atherogenesis in diabetic mice, 第17回日本NO学会学術集会, 2017年5月. ...
閲覧 AINI KUNDUZIAYI, 福田 大受, Hotimah Masdan Salim, 八木 秀介, 添木 武, 佐田 政隆 : Dipeptidyl peptidase-4 inhibitor, linagliptin, ameliorates endothelial dysfunction and the development of atherosclerosis in normoglycemic apolipoprotein-E deficient mice, 第17回日本NO学会学術集会, 2017年5月. ...
閲覧 GANBAATAR BYAMBASUREN, 福田 大受, Hotimah Masdan Salim, 八木 秀介, 添木 武, 佐田 政隆 : Ticagrelor, a P2Y21 inhibitor, attenuated vascular dysfunction and inhibited atherogenesis in apolipoprotein-E-deficient mice, 第17回日本NO学会学術集会, 2017年5月. ...
閲覧 福田 大受 : 新しい動脈硬化のメカニズムの解明∼自己由来核酸断片による自然免疫機構の関与∼, 第38回日本循環制御医学会総会・学術集会, 2017年6月. ...
閲覧 福田 大受 : 自然免疫と肥満, 第38回肥満学会, 2017年10月. ...
閲覧 福田 大受, Hotimah Masdan Salim, 八木 秀介, 添木 武, 佐田 政隆 : 直接的トロンビン阻害薬であるダビガトランは糖尿病性血管内皮機能障害を改善する, CVMW2017, 2017年12月. ...
閲覧 高島 啓, 福田 大受, 田中 君枝, 東邦 康智, 平田 陽一郎, 八木 秀介, 添木 武, 佐田 政隆 : ω3系不飽和脂肪酸の抗動脈硬化作用, CVMW2017, 2017年12月. ...
閲覧 Aini Kunduziayi, Daiju Fukuda, Salim Masdan Hotimah, Shusuke Yagi, Takeshi Soeki and Masataka Sata : DPP-4 inhibitor, linagliptin, ameliorates endothelial dysfunction and the development of atherosclerosis in apolipoprotein-E deficient mice, CVMW2017, Dec. 2017. ...
閲覧 Ganbaatar Byambasuren, Daiju Fukuda, Salim Masdan Hotimah, Shusuke Yagi, Takeshi Soeki and Masataka Sata : Ticagrelor, a P2Y12 Antagonist, Attenuates Vascular Dysfunction and Inhibits Atherogenesis in Apolipoprotein-E-deficient Mice, CVMW2017, Dec. 2017. ...
閲覧 福田 大受, 佐田 政隆 : 自己DNA断片を介した自然免疫機構が心血管代謝性疾患の発症を促進する, 脳心血管抗加齢研究会2017, 2017年12月. ...
閲覧 AINI KUNDUZIAYI, 福田 大受, Hotimah Masdan Salim, 八木 秀介, 添木 武, 佐田 政隆 : Atheroprotective effects of Linagliptin, a DPP-4 inhibitor, in normoglycemic ApoE/mice, 脳心血管抗加齢研究会2017, 2017年12月. ...
閲覧 GANBAATAR BYAMBASUREN, 福田 大受, Hotimah Masdan Salim, 八木 秀介, 添木 武, 佐田 政隆 : Ticagrelor, a P2Y12 antagonist, prevents endothelial dysfunction and the development of atherosclerosis in apolipoprotein-E deficient mice, 脳心血管抗加齢研究会2017, 2017年12月. ...
閲覧 福田 大受 : 自然免疫機構が関与する慢性炎症と心血管代謝性疾患, 第47回 心脈管作動物質学会, 2018年2月. ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

無効な情報 (1件)

閲覧 Nishimoto Sachiko, Daiju Fukuda, Higashikuni Yasutomi, Tanaka Kimie, Hirata Yoichiro, Murata Chie, Kim-Kaneyama Joo-ri, Sato Fukiko, Bando Masahiro, Yagi Shusuke, Soeki Takeshi, Hayashi Tetsuya, Imoto Issei, Sakaue Hiroshi, Shimabukuro Michio and Sata Masataka : Obesity-induced DNA released from adipocytes stimulates chronic adipose tissue inflammation and insulin resistance., Science Advances, Vol.2, No.3, e1501332, 2016.

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 1, LA = 1.16, Max(EID) = 382164, Max(EOID) = 1020881.