『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

OWN=閲覧 岡田 直人

登録情報の数

有効な情報: 19件 + 無効な情報: 8件 = 全ての情報: 27件

全ての有効な情報 (19件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 (未定義) …(19)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 米田 年恵, 大谷 ひとみ, 岡田 直人, 近藤 明子, 吉田 郁子, 山川 和宣 : お薬手帳,薬剤情報提供書持参の実態調査および服薬状況と理解度についての調査, 徳島赤十字病院医学雑誌, Vol.1, No.15, 129-133, 2010年. ...
閲覧 岡田 直人, 山本 武範, 渡邊 政博, 吉村 勇哉, 尾華 絵里子, 山﨑 尚志, 川添 和義, 水口 和生, 篠原 康雄 : 機能未同定のタンパク質TMEM45Bに見られた熱凝集と熱凝集を引き起こすアミノ酸領域の同定, 第33回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2011年11月. ...
閲覧 岡田 直人, 山本 武範, 渡邊 政博, 吉村 勇哉, 尾華 絵里子, 山﨑 尚志, 川添 和義, 篠原 康雄, 水口 和生 : 機能未知タンパク質TMEM45Bの熱凝集に関与するアミノ酸配列の同定, 第85回生化学会, 2012年12月. ...
閲覧 Naoto Okada, Kazuyoshi Kawazoe, Kazuhiko Teraoka, Kujime Toshihide and Kazuo Minakuchi : Evaluation of risk factors for hypocalcemia induced by denosumab, 48th ASHP Midyear Clinical Meeting, Orlando, Dec. 2013. ...
閲覧 Naoto Okada, Takeshi Hanafusa, Takumi Sakurada, Kazuhiko Teraoka, Toshihide Kujime, Masahiro Abe, Yasuo Shinohara, Kazuyoshi Kawazoe and Kazuo Minakuchi : Risk Factors for Early-Onset Peripheral Neuropathy Caused by Vincristine in Patients With a First Administration of R-CHOP or R-CHOP-Like Chemotherapy, Journal of Clinical Medicine Research, Vol.6, No.4, 252-260, 2014. ...
閲覧 岡田 直人, 川添 和義, 石澤 啓介 : 考える力の醸成を目指した実務実習の実践, 医療療薬学フォーラム2015/第23回クリニカルファーマシーシンポジウム, 2015年7月. ...
閲覧 岡田 直人, 阿部 真治, 佐藤 智恵美, 東 満美, 川添 和義, 大髙 章, 石澤 啓介 : 徳島大学病院における模擬体験型学習を用いた実務実習の評価, 第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2015年11月. ...
閲覧 岡田 直人, 伏谷 秀治, 東 桃代, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 川添 和義, 石澤 啓介 : 抗MRSA薬を用いた治療に対する薬剤師介入の有用性:プロトコルに基づく薬物治療管理と多職種介入による臨床効果及び医療経済効果, 第25回日本医療薬学会年会, 2015年11月. ...
閲覧 花房 剛志, 岡田 直人, 生田 賢治, 小中 健, 川添 和義, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 安倍 正博, 石澤 啓介 : 自家末梢血幹細胞移植併用大量化学療法施行時の味覚障害に対するクライオセラピーの有用性, 第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会,, 2015年11月. ...
閲覧 柴田 高洋, 岡田 直人, 伏谷 秀治, 柴田 洋文, 川添 和義, 石澤 啓介 : 実態調査からみる来院者が院内MRSAの伝播に及ぼす影響, 第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2015年11月. ...
閲覧 辻 弥生, 佐藤 陽一, 川添 和義, 山内 あい子, 石澤 啓介 : NSAIDsの種類及び服薬期間,頻度と発癌リスクに関するメタ解析, 第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2015年11月. ...
閲覧 濱野 裕章, 中本 亜樹, 村上 明希, 田中 里奈, 岡田 直人, 寺岡 和彦, 中村 敏己, 石澤 啓介 : イリノテカンによる好中球減少症に対するアルカリ化剤の効果, 第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2015年11月. ...
閲覧 西迫 寛隆, 中川 博之, 東 桃代, 岡田 直人, 上村 卓広, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 川添 和義, 石澤 啓介 : 当院におけるカンジダ血症治療に対するガイドライン遵守率向上への取り組み, 第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2015年11月. ...
閲覧 柴田 高洋, 岡田 直人, 伏谷 秀治, 柴田 洋文, 川添 和義, 石澤 啓介 : 院内MRSA分布へ来院者が及ぼす影響, 第25回日本医療薬学会年会, 2015年11月. ...
閲覧 岡田 直人, 石澤 啓介 : 今求められているNSTと薬剤師の役割: 臨床・研究・教育を柱とするNST活動の実践, 薬事新報, Vol.2921, 1306-1310, 2015年12月. ...
閲覧 Naoto Okada, Shuji Fushitani, Takumi Sakurada and Keisuke Ishizawa : Pharmacist interventions can improve clinical outcomes in patients treated with anti-methicillin-resistant Staphylococcus aureus agents in a hematological ward, 50th ASHP Midyear Clinical Meeting, New Orleans, Dec. 2015. ...
閲覧 Naoto Okada, Shuji Fushitani, Momoyo Azuma, Shingen Nakamura, Toshimi Nakamura, Kazuhiko Teraoka, Hiroyoshi Watanabe, Masahiro Abe, Kazuyoshi Kawazoe and Keisuke Ishizawa : Clinical evaluation of pharmacist interventions in patients treated with anti-methicillin-resistant Staphylococcus aureus agents in a hematological ward, Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.39, No.2, 295-300, 2015. ...
閲覧 岡田 直人, 花房 剛志, 阿部 真治, 佐藤 智恵美, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介, 川添 和義 : 自家造血幹細胞移植併用大量化学療法における味覚障害の発現に関与する危険因子の探索, 日本薬学会第136年会, 2016年3月. ...
閲覧 Naoto Okada, Takeshi Hanafusa, Shinji Abe, Chiemi Sato, Toshimi Nakamura, Kazuhiko Teraoka, Masahiro Abe, Kazuyoshi Kawazoe and Keisuke Ishizawa : Evaluation of the risk factors associated with high-dose chemotherapyinduced dysgeusia in patients undergoing autologous hematopoietic stem cell transplantation: Possible usefulness of cryotherapy in dysgeusia prevention, Supportive Care in Cancer, Vol.24, No.9, 3979-3985, 2016. ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

無効な情報 (8件)

閲覧 Masahiro Watanabe, Takenori Yamamoto, Rei Kakuhata, Naoto Okada, Kazuaki Kajimoto, Naoshi Yamazaki, Masatoshi Kataoka, Yoshinobu Baba, Toshiaki Tamaki and Yasuo Shinohara : Synchronized changes in transcript levels of genes activating cold exposure-induced thermogenesis in brown adipose tissue of experimental animals., Biochimica et biophysica acta, Vol.1777, No.1, 104-112, 2007.
閲覧 渡邊 政博, 山本 武範, 角幡 玲, 岡田 直人, 梶本 和昭, 山﨑 尚志, 片岡 正俊, 馬場 嘉信, 玉置 俊晃, 篠原 康雄 : 褐色脂肪組織の機能亢進に関与する新規因子の探索, 第6回ファーマ・バイオフォーラム 2007, (巻), (号), (頁), 2007年12月.
閲覧 森 千尋, 渡邊 政博, 岡田 直人, 山本 武範, 山﨑 尚志, 片岡 正俊, 篠原 康雄 : 脂肪組織に特異的に発現している機能未知遺伝子の同定とそのキャラクタリゼーション, 第6回ファーマ・バイオフォーラム 2007, (巻), (号), (頁), 2007年12月.
閲覧 Masahiro Watanabe, Takenori Yamamoto, Chihiro Mori, Naoto Okada, Naoshi Yamazaki, Kazuaki Kajimoto, Masatoshi Kataoka and Yasuo Shinohara : Cold-induced changes in gene expression in brown adipose tissue: implications for the activation of thermogenesis., Biological & pharmaceutical bulletin, Vol.31, No.5, 775-784, 2008.
閲覧 新山 加菜美, 山本 武範, 渡邊 政博, 森 千尋, 岡田 直人, 荻野 真理, 山﨑 尚志, 片岡 正俊, 篠原 康雄 : 脂肪組織に選択的に発現した遺伝子の同定とその発現プロフィールの解析, 第129回 日本薬学会, (巻), (号), (頁), 2009年3月.
閲覧 Naoto Okada, Yamamoto Takenori, Masahiro Watanabe, Yuuya Yoshimura, Obana Eriko, Yamazaki Naoshi, Kawazoe Kazuyoshi, Shinohara Yasuo and Kazuo Minakuchi : Identification of TMEM45B as a protein clearly showing thermal aggregation in SDS-PAGE gels and dissection of its amino acid sequence responsible for this aggregation., Protein Expression and Purification, Vol.77, No.1, 118-123, 2011.
閲覧 Naoto Okada, Yamamoto Takenori, Masahiro Watanabe, Yuuya Yoshimura, Obana Eriko, Yamazaki Naoshi, Kawazoe Kazuyoshi, Shinohara Yasuo and Minakuchi Kazuo : Identification of TMEM45B as a protein clearly showing thermal aggregation in SDS-PAGE gels and dissection of its amino acid sequence responsible for this aggregation., Protein Expression and Purification, Vol.77, No.1, 118-123, 2011.
閲覧 川野 壮一, 新谷 保実, 鈴江 朋子, 岡田 直人, 佐藤 陽一, 山内 あい子 : 当院での糖尿病治療におけるDPP-4阻害薬の有効性と安全性の評価, 日本薬学会第135年会, 2015年3月.

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 1.15, Max(EID) = 407307, Max(EOID) = 1103849.