『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

OWN=閲覧 [センター長]/[徳島大学.研究支援・産官学連携センター] (2010年7月15日〜)

登録情報の数

有効な情報: 43件 + 無効な情報: 0件 = 全ての情報: 43件

全ての有効な情報 (43件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(10)
閲覧 閲覧 株式会社 グリーンネット …(1)
閲覧 閲覧 電子情報通信学会 …(1)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(10)
閲覧 (未定義) …(23)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 下村 滋, 池田 早苗, 赤田 良信, 桜井 弘, 森田 秀芳, 佐竹 弘, 山崎 満, 中嶋 暉躬, 岡崎 雄交, 椛澤 洋三, 吉田 久信 : 機器分析 基礎と応用, 株式会社 廣川書店, 東京, 1982年10月. ...
閲覧 達家 雅明, 八木 孝司, 織田 聡, 角永 武夫 : 高電圧パルスによる細胞融合と外来遺伝子の 導入., 細胞工学, Vol.6, 494-506, 1987年(0月). ...
閲覧 T Kakunaga, K Makino, T Kawamoto, H Sugiyama and Satoshi Orita : Molecular mechanisms of induction of transcription of beta-actin gene by tumour promoters and serum factors., IARC Scientific Publications, No.92, 90-101, (month)1988. ...
閲覧 T. Kawamoto, K Makino, Satoshi Orita, A. Nakata and T Kakunaga : DNA bending and binding factors of the human beta-actin promoter., Nucleic Acids Research, Vol.17, 523-537, 1989. ...
閲覧 Satoshi Orita, K Makino, T. Kawamoto, H Niwa and H. Sugiyama : Identification of a site that mediates transcriptional response of the human beta-actin gene to serum factors., Gene, Vol.75, No.1, 13-19, 1989. ...
閲覧 M. Tatsuka, Satoshi Orita and T Kakunaga : Analysis of cell variants showing differential susceptibilities to radiation- or chemical-induced neoplastic transformation: differences in their responses to growth factors., Journal of Cellular Physiology, Vol.139, 18-23, 1989. ...
閲覧 N Terada, J. Miyoshi, K. Kawa-Ha, H Sasai and Satoshi Orita : Alteration of N-ras gene mutation after relapse in acute lymphoblastic leukemia., Blood, Vol.75, 453-457, 1990. ...
閲覧 Satoshi Orita, A Saiga, S Takagi, T Tanaka and K. Okumura : AA novel alternatively spliced viral mRNA transcribed in cells infected with human T cell leukemia virus type 1 is mainly responsible for expressing p21X protein., FEBS Letters, Vol.295, 127-134, 1991. ...
閲覧 Satoshi Orita, T. Higashi, Y Kawasaki, A. Harada and H. Igarashi : A novel point mutation at codon 146 of the K-ras gene in a human colorectal cancer identified by the polymerase chain reaction., Virus Genes, Vol.5, 75-79, 1991. ...
閲覧 Hiromu Satake, Takahiro Miyata and Shoji Kaneshina : Coated Wire Electrode Sensitive to Local Anesthetic Cations and Their Application to Potentiometric Determination, Bulletin of the Chemical Society of Japan, Vol.64, No.10, 3029-3034, 1991. ...
閲覧 織田 聡 : 増殖刺激によるβ-アクチン遺伝子発現制御機構の解析, 大阪大学医学雑誌, Vol.43, 11-20, 1992年. ...
閲覧 Y Aono, J. Imai, K. Tominaga, Satoshi Orita and A Sato : Rapid, sensitive, specific, and quantitative detection of human T-cell leukemia virus type 1 sequence in peripheral blood mononuclear cells by an improved polymerase chain reaction method with nested primers., Virus Genes, Vol.6, 59-71, 1992. ...
閲覧 Atsuko Yokono, Hiromu Satake, Shoji Kaneshina, Satoshi Yokono and Kenji Ogli : Sensor Electrodes for Local Anesthetics, Anesthesia and Resuscitation, Vol.28, No.2, 119-126, 1992. ...
閲覧 Satoshi Orita, S Takagi, A. Saiga, N Minoura and K. Araki : Human T cell leukaemia virus type 1 p21X mRNA: constitutive expression in peripheral blood mononuclear cells of patients with adult T cell leukaemia., The Journal of General Virology, Vol.73, 2283-2289, 1992. ...
閲覧 K. Fukudome, M Furuse, N. Fukuhara, Satoshi Orita and T. Imai : Strong induction of ICAM-1 in human T cells transformed by human T-cell-leukemia virus type 1 and depression of ICAM-1 or LFA-1 in adult T-cell-leukemia-derived cell lines., International Journal of Cancer, Vol.52, No.3, 418-427, 1992. ...
閲覧 佐竹 弘, 若槻 美保, 金品 昌志, 横野 敦子, 横野 諭, 小栗 顕二 : 局所麻酔薬ブピバカインカチオンに応答する被覆線型電極の試作とその生体での応用, 分析化学, Vol.41, No.11, 573-580, 1992年. ...
閲覧 Atsuko Yokono, Hiromu Satake, Shoji Kaneshina, Satoshi Yokono and Kenji Ogli : Local Anesthetic-Sensitive Electrodes: Preparation of Coated-Wire Electrodes and Their Basic Properties in Vitro, Anesthesia & Analgesia, Vol.75, No.6, 1063-1069, 1992. ...
閲覧 織田 聡, 貝淵 弘三, 中西 宏之, 高井 義美 : 低分子量G蛋白質の活性制御蛋白質., 実験医学, Vol.11, 96-104, 1993年(0月). ...
閲覧 Satoshi Orita, K. Kaibuchi, S. Kuroda, K Shimizu and H. Nakanishi : Comparison of kinetic properties between two mammalian ras p21GDP/GTP exchange proteins, ras guanine nucleotide-releasing factor and smg GDP dissociation stimulation., The Journal of Biological Chemistry, Vol.268, 25542-25546, 1993. ...
閲覧 Satoshi Orita, S. Sato, Y. Aono, N Minoura and T. Yamashita : Identification of novel singly spliced pX mRNA transcripts common to all human T-cell leukemia virus type 1-related retroviruses., Virus Genes, Vol.7, 197-204, 1993. ...
閲覧 Satoshi Orita, H. Kobayashi, Y. Aono, A. Saiga and M. Maeda : p21X mRNA is expressed as a singly spliced pX transcript from defective provirus genomes having a partial deletion of the pol-env region in human T-cell leukemia virus type 1-infected cells., Nucleic Acids Research, Vol.21, 3799-3807, 1993. ...
閲覧 A. Saiga, T Tanaka, Satoshi Orita, A Sato and S. Sato : Human T-cell leukemia virus type 1 protease protein expressed in Escherichia coli possesses aspartic proteinase activity., Archives of Virology, Vol.128, 195-210, 1993. ...
閲覧 H. Nakanishi, Satoshi Orita, K. Kaibuchi, K Miura and H Miki : Kinetic properties of Ash/Grb2-interacting GDP/GTP exchange protein., Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.198, No.3, 1255-1261, 1994. ...
閲覧 H. Miki, K Miura, K Matuoka, T. Nakata and Satoshi Orita : Association of Ash/Grb-2 with dynamin through the Src homology 3 domain., The Journal of Biological Chemistry, Vol.269, 5489-5492, 1994. ...
閲覧 Satoshi Orita, H. Kobayashi, A. Saiga, R Kubota and M. Osame : A spontaneous point mutation in the human T-cell leukemia virus type 1 pX gene leads to expression of a novel doubly spliced pX-mRNA that encodes a 25-kD, amino-terminal deleted rex protein., DNA and Cell Biology, Vol.13, 353-364, 1994. ...
閲覧 H Nakanishi, K. Kaibuchi, Satoshi Orita, N Ueno and Y Takai : Different functions of Smg GDP dissociation stimulator and mammalian counterpart of yeast Cdc25., The Journal of Biological Chemistry, Vol.269, 15085-15091, 1994. ...
閲覧 佐竹 弘, 杉田 善浩, 金品 昌志, 池田 早苗 : 四チオン酸イオンとの酸化還元反応を利用したシステイン,ペニシラミン,アミノエタンチオール及びジチオスレイトールのノンサップレサー型イオンクロマトグラフィー, 分析化学, Vol.43, No.6, 539-544, 1994年. ...
閲覧 佐竹 弘, 矢島 美紀, 池田 早苗, 金品 昌志 : 高速液体クロマトグラフィーによるヒト全血中の局所麻酔薬リドカインの定量, 分析化学, Vol.43, No.10, 799-803, 1994年. ...
閲覧 下村 滋, 椛澤 洋三, 池田 早苗, 赤田 良信, 桜井 弘, 森田 秀芳, 佐竹 弘, 藤井 洋一, 中嶋 暉躬, 岡崎 雄交, 山崎 満, 朝日 豊 : 機器分析 基礎と応用 [第2版], 株式会社 廣川書店, 東京, 1997年3月. ...
閲覧 佐竹 弘, 影山 卓男, 金品 昌志, 佐野 秀, 小栗 顕二 : 局所麻酔薬リドカインセンサーによるイカ巨大神経軸索内リドカイン濃度のモニタリング, 麻酔と蘇生, Vol.33, No.3, 223-227, 1997年. ...
閲覧 Shigeru Sano, Satoshi Yokono, Hiroyuki Kinoshita, Kenji Ogli, Hiromu Satake, Takuo Kageyama and Shoji Kaneshina : Intra-axonal Continuous Measurement of Lidocaine Concentration and pH in Squid Giant Axon, Canadian Journal of Anaesthesia, Vol.46, No.12, 1156-1163, 1999. ...
閲覧 佐竹 弘, 生駒 良雄, 池上 泰弘, 藤井 章夫, 大塩 誠二, 吉井 清明, 齋藤 史郎, 三輪 惠, 山下 健二 : 徳島大学における事業化支援体制, 産学連携学会第1回大会講演予稿集, 81-82, 2003年9月. ...
閲覧 佐竹 弘, 米川 孝宏, 大塩 誠二, 池上 泰弘 : 徳島大学における研究開発ニーズと地元企業との連携, 産学連携学会第1回大会講演予稿集, 94-95, 2003年9月. ...
閲覧 佐竹 弘, 生駒 良雄, 池上 泰弘, 三輪 惠 : 研究成果の育成マネージメントシステムの構築, 産学連携学会第2回大会講演予稿集, 72-73, 2004年6月. ...
閲覧 生駒 良雄, 佐竹 弘, 池上 泰弘, 三輪 惠 : 研究成果の育成マネージメントシステム構築に関する研究, 生体医工学, Vol.42, No.Suppl. 2, 227, 2004年11月. ...
閲覧 佐竹 弘, 生駒 良雄, 池上 泰弘 : 徳島大学におけるMOT教育, 産学連携学会第3回大会講演予稿集, 115-116, 2005年5月. ...
閲覧 豊栖 広雅, 野村 昌弘, 佐竹 弘, 川邊 二郎, 豊栖 康弘, 木内 陽介 : 体表面心電図のバンドエリミネイトフィルタによる影響, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.106, No.162, 17-20, 2006年7月. ...
閲覧 佐竹 弘, 金城 功 : 徳島大学パラダイムシフト創出ネットワークTPAS-net, (誌名), (巻), (号), (頁), 2007年3月. ...
閲覧 佐竹 弘, 生駒 良雄, 矢野 照久, 濱田 泰法, 西岡 久子, 金城 功, 西山 裕五郎 : 特許情報配信を核とした技術マッチングシステムの構築とその活用, 産学連携学会第5回大会講演予稿集, 71-72, 2007年6月. ...
閲覧 生駒 良雄, 佐竹 弘, 矢野 照久 : 利益相反事例解析における検討項目の抽出, 産学連携学会第6回大会, 2008年6月. ...
閲覧 佐竹 弘, 西岡 久子, 矢野 照久, 生駒 良雄, 金城 功 : 徳島大学産学官連携情報配信システム-徳島大学パラダイムシフト創出ネットワーク(TPAS-Net)-, 産学連携学会第6回大会, 2008年6月. ...
閲覧 生駒 良雄, 佐竹 弘, 矢野 照久 : 利益相反事例解析における検討項目の抽出, 産学連携学会第6回大会, 2008年6月. ...
閲覧 佐竹 弘 : 徳島大学の産学連携の歴史, 産学連携学会 関西・中四国支部 第2回研究・事例発表会, 2010年12月. ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

無効な情報 (0件)

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 1.34, Max(EID) = 376360, Max(EOID) = 1008069.