『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

OWN=閲覧 出口 祥啓 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.機械科学系.エネルギーシステム分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.機械科学コース.エネルギーシステム講座])

登録情報の数

有効な情報: 582件 + 無効な情報: 14件 = 全ての情報: 596件

全ての有効な情報 (582件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 (未定義) …(571)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

582件の情報を発見しました.(表示情報数の上限を越えたため表示を省略します.)

表示する情報数の上限を増やすには,[BROWSER]→[環境設定]で,[閲覧&編集変数の設定]の閲覧モードの「1頁に表示する情報の件数の上限」を増やして下さい.

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

無効な情報 (14件)

閲覧 A. Yamaguchi, T. Takata, H. Ohshima, Y. Kohara and Y. Deguchi : Numerical Prediction and Optimization of Depressurized Sodium-Water Reaction Experiment with Counterflow Diffusion Flame, Journal of Engineering for Gas Turbines and Power, Vol.131, No.2, 022907.1-022907.7, 2009.
閲覧 曽我部 (名), 山口 (名), 高田 (名), 大島 (名), 菊地 (名), 出口 (名) : 減圧条件でのナトリウム-水蒸気対向流拡散反応場の数値実験, 日本原子力学会 2009年秋の大会, 100, 2009年(0月).
閲覧 A. Setiawan, T. Suekane, Yoshihiro Deguchi and K. Kusano : Pore-scale investigation of the effect of connate water on water flooding behavior, Journal of Fluid Science and Technology, Vol.9, No.2, JFST0012, 2014.
閲覧 Kamimoto T., Yoshihiro Deguchi and Kiyota Y. : Accuracy verification on 2D temperature measurement method using CT-tunable diode laser absorption spectroscopy, Proceedings of the 15th International Heat Transfer Conference-IHTC-15, (巻), (号), IHTC-9929, Kyoto, Japan, Aug. 2014.
閲覧 Yoshihiro Deguchi, Kamimoto T. and Kiyota Y. : Time-resolved 2D concentration and temperature measurement using CT tunable laser absorption spectroscopy, 5th International Workshop on Process Tomography - IWPT-5, (巻), (号), ETA-2, Jeju, Korea, Sep. 2014.
閲覧 Kamimoto T., Yoshihiro Deguchi and Kiyota Y. : 2D Concentration Measurement of Methane using CT Tunable Diode Laser Absorption Spectroscopy, 18 th International Conference on Mechatronics Technology-ICMT 2014, (巻), (号), ID-107, Taipei, Taiwan, Oct. 2014.
閲覧 出口 祥啓, (著者) : CT半導体レーザ吸収法を用いた温度・濃度の2次元,時系列計測技術, 多様なニーズに対応する計測・診断技術, Vol.NO.12-15, (号), 65-71, 2016年1月.
閲覧 DOOWON CHOI, KWANGNAM KIM, GYONGRAE CHO, Joon Hwan Shim, DONGHYUK KIM, YOSHIHIRO DEGUCHI, DEOGHEE DOH : Developments of a Cross-Correlation Calculation Algorithm for Gas Temperature Distributions Based on TDLAS, Transactions of the Korean Hydrogen and New Energy Society, Vol.27, No.1, 127-134, 2016年.
閲覧 CHOI DOOWON, KIM KWANGNAM, CHO GYONGRAE, SHIM JOONHWAN, KIM DONGHYUK, 出口 祥啓, DOH DEOGHEE : Developments of a Cross-Correlation Calculation Algorithm for Gas Temperature Distributions Based on TDLAS, Trans. of the Korean Hydrogen and New Energy Society, Vol.27, No.1, 127-134, 2016年.
閲覧 泰中 一樹, 丹野 賢二, 神本 崇博, 中川 真人, 出口 祥啓 : CT-波長可変半導体レーザ吸収分光法を用いた定格3 kg/h微粉炭燃焼場における2次元温度および水蒸気濃度分布時系列計測, 第53回石炭科学会議, No.No.2-3, 2016年10月.
閲覧 Kosaku Kurata, Takashi Yoshii, Yoshihiro Deguchi and Hiroshi Takamatsu : Raman microspectroscopic detection of thermal denaturation associated with irreversible electroporation, International Journal of Heat and Mass Transfer, Vol.111, (号), 163-170, 2017.
閲覧 Kawazoe Kohei, Kubota Takahiro and Deguchi Yoshihiro : Evaluation of 3D Measurement Performance of Laser Scanner with Simplified Receiver Optics, Journal of Vibration Testing and System Dynamics, Vol.1, No.3, 195-206, 2017.
閲覧 出口祥啓 (名), Wang Zhenzhen and Kamimoto Takahiro : Application of LIBS and CT-TDLAS to Industrial Processes, Proceedings of POEM International Photonics and OptoElectronics Meetings, (頁), Wuhan, China, Nov. 2017.
閲覧 Hayashi Daisuke, Nakai Junya, Minami Masakazu, Fujita Kazuki, Kamimoto Takahiro and Yoshihiro Deguchi : CH4 Concentration Distribution in a Semiconductor Process Chamber Measured by the CT-TDLAS, ECS Journal of Solid State Science and Technology, Vol.7, No.11, Q211-Q217, 2018.

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 1, LA = 0.62, Max(EID) = 362775, Max(EOID) = 970319.